お金に困ったときは「お金がない馬」

同棲相手と別れたいけどお金がない場合はどうすべき?

付き合いが長くなってきた恋人同士になると、2人で同じ家に住んで生活を行っていく、いわゆる「同棲」を行う人も多くなると思います。

将来を見越してのことだと思いますが、もちろん同棲をすることによって今まで知らなかった相手の一面を知ることになり、それがきっかけで別れ話につながってしまったりすることもありますよね。

そこで今回は、同棲相手と別れたいけれどお金がなくて困っている場合の対処法などについて、説明を行っていきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 同棲生活の解消を検討している人
  • 同棲解消時に必要なお金と用意する方法を知りたい人

同棲解消時にはどんなお金が必要?

上掲したツイートにもあるように、同棲を解消する場合には何かとお金が必要になるものです。

細かいものまで挙げていくとキリがありませんが、同棲解消時に必要になるお金としては、主に以下のようなものが挙げられます。

新しい家の家賃

もしもあなたが今の家を出ていく立場なのであれば、当然新しい家の家賃は必要になります。

同棲時には2人で家賃を折半するケースが多いため、今までも家賃は負担していたと思いますが、家賃を2人で支払うのか1人で支払うのかでは、負担がまったく異なりますよね。

入居前には1ヵ月か2ヵ月分程度を先払いしなければならないことが多いですので、家のグレードにもよりますが10万円前後の金額が手元から一気に消えることになるため、なかなか痛い出費だと言えるでしょう。

引っ越し代

新しい家に移るということは、当然引っ越しを行うということになるので、引っ越し代の負担も発生します。

引っ越し業者に頼まずに、自分で軽トラなどをレンタルして自力で荷物を運び出せば、費用も格安に抑えられる可能性があります。

ただ、同棲解消という心の痛手を負っているときにあまりハードな作業をする気にはなれない、という人が大半ではないでしょうか。

引っ越しの費用に関しても、荷物の量や引っ越し先・繁忙期かどうかなどいろいろな要素に左右されますが、5万円~10万円程度は見積もっておいたほうがいいでしょう。

最低限必要な家具等の購入費用

今の家から新しい家に引っ越してはい終わり、であれば必要なお金は上述したものでほぼすべてになるのですが、実際には新しい家でまた新たな生活を過ごしていかなければなりません。

そのため、最低限必要な家具等を購入するための費用も忘れてはならないでしょう。

同棲時に利用していた家具を持ってくるという選択肢もありますが、そもそもが相手の私物だという可能性もありますし、同棲を解消した相手と一緒に利用していた家具など使う気にならないという人もいるはずです。

そのため、家具付きの家に引っ越すのでもない限りは、家電等の購入費用としてそれなりの金額は見積もっておいたほうがいいと思いますよ。

関連記事をチェック!

冷蔵庫が欲しいけどお金がなくて買えない!対処法は?

生活するのに最低限必要な家電と言えば、「エアコン」「洗濯機」「照明」などいくつかありますが、その中でも必要不可欠なのが「冷蔵庫」です。 しかし、冷蔵庫と言っても値段は様々で、高いものになると20...

冷蔵庫が欲しいけどお金がなくて買えない!対処法は?

同棲解消を考え始めたときに準備すること

同棲の解消は、突発的に決めるようなことはほぼありません。

相手との性格の不一致や妥協できないことなどがきっかけで、徐々に同棲解消に向けての気持ちが高まっていくケースが大半です。

では、同棲解消を考え始めたときには、どのようなことを準備したり意識しておいたらいいのでしょうか。

生活費をまかなうための収入

まずは、同棲を解消して自分だけで生活していくことになった場合、生活費をまかなうだけの収入があるかということです。

貯金がたくさんあるからしばらくの間は安心という場合でも、定期収入がなければそのままではいつか生活が破綻してしまいます。

特に女性の場合は、同棲中は相手の収入に依存していたということも多いと思いますので、同棲解消をきっかけにして仕事を見つけなければならないかもしれません。

今の時代、中途採用で正社員として会社員で働くのはなかなか厳しいですから、契約社員やアルバイトなどの働き口を、なるべく早く見つける必要があるでしょう。

光熱費や賃貸契約の名義確認

同棲を解消することになった場合でも、今2人で住んでいる家はどちらかがそのまま住み続けることが多いでしょう。

しかしその場合、光熱費や賃貸契約の名義人が家を出ていくほうになっていたとすれば、名義の変更を行ったりする手間があるので、少々ややこしいことになります。

名義を自分名義に変更することで、新たに契約手続きを行わなければならなかったり、保証人を設定し直さなければならなくなったりと、大変です。

そういった契約関係の変更手続きが一切必要のない形で同棲を解消できるのが、もっとも楽でいいんですけどね。

彼氏や彼女への借金の有無

同棲を解消するということは、恋人関係もそこで終わりということでしょう。

この場合、彼氏が彼女にもしくは彼女が彼氏にお金を借りていた場合、そのお金の処遇をどうすべきかについても、考えておく必要があります。

もっとも揉めずに済むのは、同棲を解消する際に借りていたお金もすべて返済して借金をチャラにすることですが、そうそううまくいくとも限りません。

自分がお金を貸していた側の場合は、お金のことで揉めて同棲解消がスムーズに進まないぐらいなら、相手の返済を免除してあげるぐらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

自分がお金を借りている側の場合は、お金を返済できるのがベストの選択肢としつつも、もしも返済できない場合は、どうすれば相手が納得してくれるかを真剣に考えましょう。

実家へ帰ることができるか

先ほど少し触れたように、同棲を解消する際には新居の家賃や家具等の購入費用で、まとまったお金が必要になりますが、実家に帰れる場合はその限りではありません。

実家に帰れるのであれば、差し当たって必要な費用は引っ越し代だけですし、引っ越し代も事情を聞いた親に出してもらえるかもしれません。

ただ、いきなり親に「実家に帰るから!」と言ってもビックリするでしょうから、同棲解消のことを考え始めたときから、親にも何となくそのことをほのめかしておいたほうがいいでしょう。

ある程度暮らしていけるだけの貯え

同棲を解消するのには、ものすごいエネルギーを必要としますから、いざ同棲を解消して一人だけの生活をスタートさせたとしても、エネルギー切れでしばらくの間は何も手に付かないかもしれません。

そんな場合でも、とりあえずある程度暮らしていけるだけの蓄えがあれば、しばらくの間は生活していけますから、自分の貯金がどれぐらいあるかは同棲解消前にしっかりと確認しておくべきでしょう。

逆に、自分が目標ラインとして定めた金額までお金を貯められたら、同棲解消を切り出すきっかけにしてもいいかもしれませんね。

同棲前に決めておきたいこと

Yahoo!知恵袋に、以下のような質問が投稿されていました。

同棲解消後のお金の清算について教えてください。
私の共通の友人が付き合い同棲しましたが、同棲解消となりました。
お金の話をするから同席して欲しいと頼まれ、同席しました。

が、話がまとまらず、もう一度三人で会います。
でも一般的にどうなの?と思いまして…。

同棲を解消するということは、今まで一緒にいた2人が別れるわけですから、お金の問題を筆頭にさまざまな問題で揉める可能性があります。

もしかしたら今生の別れかもしれないのに、そんなときにいろいろと揉めるのは何となく悲しいものですよね。

そこで、同棲解消の際に揉めることを避けるために、同棲前に決めておきたいことをいくつか挙げていきましょう。

家具や家電の処分方法

同棲を解消する際に問題になりやすいのが、家具や家電の処分方法です。

上掲したツイートにもあるように、処分にはお金がかかることも多いため、あらかじめどちらが引き取るかなどを決めておくのが賢明です。

今から同棲を始めようという幸せな気持ちでいっぱいのときに、「もし同棲を解消したら…」という前提で取り決めをするのは難しいかもしれませんが、そこは切り分けて考えるようにしましょう。

同棲を続ける期間

同棲をする以上は、将来的に結婚まで見据えてのことだと思いますが、同棲しているうちに相手に対する恋愛感情がなくなってしまうというケースも、少なくありません。

また、同棲することで安心してしまい、「結婚」というフェーズに進まずにずっとそのままというカップルも多々存在します。

そういった状態に陥るのを避けるためにも、同棲を続ける期間についても、あらかじめ決めておきたいところです。

もし今の相手以外の人とやり直すのであれば、男性はともかくとして女性は婚活のことも考えると、新しい一歩はできるだけ早く踏み出せるほうがいいですからね。

2人の関係がうまくいっている場合は、同棲を続ける期間を区切っておくことで、彼氏にプロポーズに踏み切らせやすくするという副次的な効果も、期待できるでしょう。

慰謝料などの取り決め

2人の価値観等が合わずに同棲を解消する運びになった場合、女性が同棲のために仕事を辞めているようなことがあると、男性に対して慰謝料を請求することもあります。

慰謝料の話は、双方が納得せずに話がこじれると、最悪の場合裁判沙汰になってしまうケースも考えられますが、愛し合っていた人と裁判で争うのは避けたいものです。

そのため、あらかじめ同棲が解消になった場合、「手切れ金」ではないですが多少なりともお金を支払うことをあらかじめ決めておくと、穏便に同棲解消できるでしょう。

お金で解決すると言うと、どことなく生々しい感じがしてしまいますが、物事を普遍的に解決してくれるのがお金であることは間違いありませんからね。

お金がない場合はどうすればいい?

今までの話を踏まえると、同棲解消時にはかなりまとまったお金が必要になることが、お分かりいただけるのではないでしょうか。

貯金がそれなりにあるのであれば、それを利用することでなんとか乗り切れるとは思いますが、そういったお金がない人の場合は、どのようにしてこれらの費用を捻出すればいいのでしょうか。

短期バイトなどで急きょお金を作る

お金がないなら稼ぐ、というのがもっともシンプルにして効果的な方法です。

ただし、バイトの求人はある程度長期で働いてくれる人前提で募集を行っていることが多いので、同棲を解消して新天地で生活を行おうと思っている人の場合は、面接に通過できない可能性が高いでしょう。

そんなときに便利なのが、単発や短期のバイトです。

スポットで働ける人を募集しており、1日2日の勤務でもOKというところが多いので、お金を稼いだらすぐにでも引っ越してやろうと思っている人にとっては、願ったり叶ったりと言えそうです。

肉体労働系から事務作業系・エンターテインメント系まで、幅広い内容のバイトが募集されているので、自分に合いそうなバイトを探して応募してみるといいでしょう。

今月ピンチ!すぐお金が必要!日雇いバイト、日払い現金手渡しの方法や注意点まとめ

親に一時的に費用を負担してもらう

同棲解消というのは、本人にとって大きな出来事であることは間違いありませんが、結婚を前提にお付き合いしていたような場合では、親にとっても大きな出来事になってしまう可能性があります。

特に親にとってみれば、自分の娘が同棲を解消してまた新たに一人暮らしを始めるというときにお金がなくて困っているとなれば、気が気ではないでしょう。

新しい生活をきちんとした形でスタートできるように、親に一時的に費用を負担してもらうというのは、決してあり得ない選択肢ではないと思いますよ。

先ほどは自分の「娘」と表現しましたが、もちろん「息子」の場合でも同じ事が言えると思います。

親にお金を借りる上手な頼み方【思わずマネしたくなるネタ帳】

場合によっては相手に出してもらう

同棲を解消するような事態に陥ったのが交際相手が浮気していたからというような理由の場合には、自分には何の非もありません。

そのような場合は、引っ越し等に必要なお金の一部を相手に負担してもらうということも考えられるでしょう。

相手も自分に落ち度がある以上、こちらからの要求を退けることは難しいはずです。

とは言うものの、これまで同棲をしてきて情もある相手でしょうから、お金を負担してもらうにしても相手にとって無理のない金額程度に留めておくのが、今後のお互いのためにもいいとは思いますよ。

同棲時に貯めたお金に関しては揉めがち

貯金があるのであれば、それを利用して引っ越し費用なり新しい家の家賃なりを負担すればいいでしょう。

ただ、その貯金が同棲開始後に2人で一緒に貯めたものである場合には、その分配に関してもめる可能性が少々いやかなりあります。

お互い同じ金額ずつを出し合って貯金してきたのであれば、その貯金を半分に割ってそれぞれの取り分とするのが、真っ当な解決方法です。

しかし、同棲を解消する原因がどちらか片方にある場合(先ほど少し触れたように浮気など)には、そううまくは話が進みません。

同棲解消の原因にはなっていないほうからすれば、自分は本来であれば不必要なはずだった引っ越し等を余儀なくされるわけだから、貯金に関しても少し多めにもらう権利があるはずだと主張するでしょう。

これに対して同棲解消の原因になったほうは、それとこれとは別問題で同じ金額ずつ貯金してきたのだから割るときも半分にするのが筋だろうと主張するはずです。

こういった議論(というよりも言い争い)は、たいてい平行線のままどちらか一方が折れるまで続くことになります。

こうならないように、同棲を始める前にお金の取り決めについては、いろいろと話し合っておくことをおすすめします。

これから同棲をしていこうというのに、同棲が終わったときのことを考えるのは縁起が悪いと思われるかもしれませんが、どう転ぶか分からないのが人間関係ですからね。

同棲解消で金銭トラブルになったら専門家へ相談を!

同棲解消で金銭トラブルに陥ってしまった場合、お互い感情的になってしまって収拾が付かなくなってしまうこともあります。

こうなってしまうと、2人だけの話し合いや議論できちんとした落としどころを見つけるのはなかなか困難ですから、たとえば弁護士のような専門家のかたに解決を依頼するというのも、1つの方法です。

弁護士のかたが第三者的な立場から回答を行ってくれれば、当事者としても冷静に受け入れやすいのではないでしょうか。

ただ、弁護士のかたに解決を依頼するにしてもタダではできませんから、弁護士への依頼費用負担について揉めることのないように、お互いに同意のうえで依頼するようにしてくださいね。

まとめ

以上、同棲相手と別れたいけれどお金がなくて困っている場合の対処法などについて、説明を行ってきました。

人間はみんなそれぞれ違いますから、それぞれのカップルにはそれぞれの考えかたや対処があることと思います。

そのため今回説明させていただいた内容が、それぞれのカップルにとってよい解決方法かと言われると必ずしもそういうわけではないかもしれません。

ただ、ある程度普遍的に通用する内容だとは思いますので、同棲解消時にお金の問題で悩むことになった場合には、ぜひ参考にしていただければと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

特集記事