馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

財布が欲しい場合にチェックしておきたいポイント

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

財布は生活必需品である一方、ファッション性を重視する商品も多数販売されています。

使う人の好みに応じて、価格が大きく変動する商品です。

ここでは財布が欲しい場合にチェックしたいポイントを解説します。

財布の種類はいろいろ

財布には折りたたみ式、長財布など、さまざまなものがあります。

また最近では女性を中心に、小さい財布も人気です。

折りたたみ式の財布

二つ折りの財布は、代表的な財布のひとつです。

お札を折る必要がある代わりに、ポケットに入れられたり、かばんの中でも小さいスペースに入れられることがメリットです。

小銭入れやカードの収納スペースといった機能を持つ財布も多くなっています。

長財布

代表的な財布のなかには、長財布もあります。

お札を折らないまま入れられたり、出し入れがしやすいことが魅力です。

一方でポケットには入らないため、収納にはかばんに入れる必要があります。

財布によってはカードの収納スペースや、財布を開けるとトレイのように開くタイプの小銭入れを用意している長財布もあります。

別途小銭入れを持ちたくない方は、このような財布を用意するとよいでしょう。

また商品によっては、スマートフォンを入れられる財布もあります。

小さい財布

最近では三つ折りなど、通常の二つ折り財布よりも小さい、いわゆる「小さい財布」も発売されています。

特に女性の間に人気で、小さいかばんの中にも入ることが魅力です。

小さいとはいえ機能性を兼ね備えているため、お札や小銭の収容力が十分ある商品が多いことも特徴です。

欲しい財布はどこで買えるか

財布はさまざまな場所で購入できます。

それぞれの購入箇所の特徴について、解説します。

量販店

財布は大型スーパーやディスカウントストア、ホームセンターなどで取り扱っています。

さまざまな種類の財布があり、販売価格もさまざまです。

このため、予算に応じて好みの財布を選べることが魅力です。

どちらかというと、機能を重視した財布選びをする方に向いているといえます。

ブランドショップ

財布は、ブランドショップでも購入できます。

高価となる場合も多いですが、ブランドにこだわりがある場合は確実に購入できる方法といえるでしょう。

価格を押さえたい場合は、アウトレットモールに入居するブランドショップで購入することも1つの選択肢です。

免税店

財布は旅行の際に、免税店で購入する方法もあります。

基本的には海外での購入となりますが、沖縄の「Tギャラリア沖縄 by DFS」では、日本国内からの旅行者も免税ショッピングの利用が可能です。

なお偽ブランドの商品を購入すると税関で没収されますから、海外での購入には注意が必要です。

通信販売

財布は、通信販売で購入することもできます。

通信販売業者は店舗を持たないため、安く購入することが可能です。

また各種ブランドを取り扱う業者も多いため、近くにブランドショップがない地域の方でも、手軽に購入することができます。

コンビニ受け取りなどの方法が選べれば、深夜でも受け取れますので便利です。

周りの人が欲しい財布は何か?

男性・女性それぞれについて、人気があったり、おすすめの財布があります。

ここでは「楽天週間ランキング」(2018年7月16日~22日)に基づき、どのような財布が人気なのか解説していきます。

男性に人気の財布

男性に人気の財布は、二つ折りタイプと長財布に分かれていますが、二つ折り財布の方がやや人気です。

ブランドも多種多様で、ポールスミス、レガーレ、ディーゼル、ココマイスター、イルビゾンテ、HUKUROやPORTERなどが上位にあがっています。

価格帯は4,000円から10万円を超える金額までありますが、上位20品目を見ると、15,000円~35,000円の商品が多くあがっています。

女性に人気の財布

女性に最も人気の財布は長財布です。

但し、二つ折りタイプや三つ折りタイプの小さい財布も、一定の支持を集めています。

ブランドは男性と異なり、コーチ、イルビゾンテ、ケイト・スペード、レガーレ、フルラ、ATAOなどが上位にあがっています。

価格帯は1万円未満が主流で、2万円以上の財布はあまり上位にはあがっていません。

財布の価格について

財布の価格は、商品やブランドなどによりさまざまです。

ブランドを重視するか、機能性を重視するかによって購入価格は大きく変わります。

ブランドによっては10万円を超える場合も

財布の価格は、ブランドによって大きく変わります。

特にルイ・ヴィトンやクロコダイルといったブランドは高価で、10万円を超える財布もあります。

この価格設定は、ブランドを維持するための費用として使われている場合もあります。

あえて高額な価格設定にしている場合もあるでしょう。

それでもブランドにこだわる人にとっては、欲しい品物となります。

機能性を重視する場合は、数千円程度でよい

もしブランドにこだわらない場合は、大型スーパーやディスカウントストア、ホームセンターなどでも財布を購入することができます。

値段は4桁の場合が多いですから、1万円以下で好きな財布が購入できます。

とにかく財布としての機能があれば良いという方は、これで良いといえるでしょう。

うまくセールのタイミングで購入できれば、1,000円程度で欲しい財布が手に入る場合もあります。

100円ショップでの購入も1つの方法

購入価格を抑えたいならば、100円ショップで購入することも選択肢となります。

もちろん、100円では購入できない財布もたくさんありますが、高くても数百円で購入できる点は魅力です。

最近の100円ショップの商品は、価格以上の価値がある点も見逃せません。

まとめ

財布はさまざまな場所で購入できますが、一方でさまざまな商品があることも事実です。

財布のタイプを見ても、二つ折り財布、長財布、小さい財布の3種類があります。

どのような財布を選ぶべきかについては、あなたのライフスタイルによって大きく変わります。

たとえば財布をポケットに入れる場合は、二つ折り財布や小さい財布が選択肢となります。

お札を折りたくない場合は、必然的に長財布となるでしょう。

お持ちのかばんが小さい場合は、小さい財布だけが選択肢となる場合もあるかもしれません。

財布の価格は数千円程度の場合が多く、100円ショップなどでは数百円での購入も可能です。

機能的な財布でよい場合は、毎月のやりくりで購入できる範囲といえるでしょう。

同じ機能を持つ財布でも、店舗によって価格は大きく異なりますから、お得に購入するには店舗をまわって比較することも有効です。

一方でブランドによっては10万円を超える場合もありますから、収入の少ない方は貯金したり、クレジットカードなどを使って購入するケースも考えられます。

単にブランドへの憧れが動機の場合は、まずあなたの収入を増やしてから購入するようにすると、返済に苦しむこともなく楽に購入できます。

また財布は同じ商品でも、購入箇所によって安く買える場合もあります。

アウトレットモールや免税店であれば、多少出費を抑えることも可能です。

欲しいものをなるべくお得な価格で購入することは、かしこい購入方法といえるでしょう。

関連記事をチェック!

長財布はお金が貯まらないって本当?長財布のメリットデメリット

あなたは長財布だとお金が貯まらないという噂をお聞きになったことがありますでしょうか? この記事では、その因果関係を解明し、長財布のメリットデメリット、お金が貯まる財布の選び方について紹介します。...

関連記事をチェック!

お金がない人におすすめ!金運アップのおまじない&御金神社

ちょっとした習慣が、金運アップにつながることもあります。 もちろん習慣やおまじないに科学的根拠はありませんが、実際に試した人の多くが「効果があった!」と言うなら、科学を超えた何かの力が働いている...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1pro-1 aifl-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能