お金に困ったときは「お金がない馬」

借金返済のノウハウを身につけて最速返済

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金をする理由は欲しいものを購入したり、生活費が足りなかったりなど様々です。

しかし、借りるときは軽い気持ちでも、返済すると元金が減らないと感じるでしょう。

返済に使っているお金を早く返済できれば、「別の使い道があるのに」と感じている人も多いでしょう。

そこで、返済速度を上げるためのノウハウを紹介します。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(仮名)
年齢:50歳
性別:男性
職歴:信用組合に20年以上勤務

借金を返済する前に確認すること

はじめに借金の残高と金利を確認

借金を効率よく返済したいと考えるならば、返済計画をしっかりと立てることが重要です。

そこで、計画を立てる前に、どの金融機関からどれだけ借金していて、金利の違いはあるのかなどを確認しておくことがおすすめです。

この作業が面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、3社程度からの借入であれば余り時間はかかりません。

中には5社以上という人もいるかもしれませんが、多くの金融機関から借金をしている人ほどしっかりと現状を把握する必要があります。

借入残高が多い順と、金利が高い順に分けて別々に並べて整理しておくことが大事で、この作業をしておくと返済の優先順位を決めるときに便利です。

簡単な作業になりますので、この作業は面倒くさがらずに実践してください。

借金返済に使える金額を把握する

借金がどのくらいあるかなどを正確に把握したら、自分の収入と支出の正確に確認をしましょう。

収入を把握するのは、給料の受取口座の通帳を記帳すればすぐにわかります。

さらに、支出もできる限り細かく把握することをおすすめします。

支出は毎月一定の金額を支払っているインターネットなどの固定費と、ある程度は金額が決まっている食費などを分けておくとよいでしょう。

また、支出を把握するために、家計簿をつけることもおすすめです。

ノートなどを使わなくても、スマホで簡単に家計簿をつけることができます。

関連記事をチェック!

借金返済に効果的な家計簿のつけ方とは?

借金が膨らんで困っている方、借金返済しようと努力されている方に、「家計簿」をつけることをおすすめします。 いまさら家計簿なんてと思われるかも知れませんが、家計簿は使い方次第で借金を減らす、高い効果が...

借金返済に効果的な家計簿のつけ方とは?

借金返済ノウハウ!返済速度アップの大事な方法

返済する優先度の決め方は?

最も返済する優先度が高い借金は、すぐに返済できるものです。

借入残高10万円のカードローンなど、もう少しで完済できる借金がある場合は、最優先で繰り上げ返済をしましょう。

月々の定められた返済をした後に、座借入残高が減った分だけ再びお金を借りて、残高が少ないものの繰上げ返済に回しましょう。

繰上げ返済はすべて元金の返済になりますので、借金がどんどん減っていきます。

すぐに返済できる借入がない場合は、金利の高い借金を優先して返済しましょう。

借金がなかなか減らない原因は利息です。

金利が高い場合は、最低返済額で返済していても利息の支払が多くなるため、元金がなかなか減りません。

そのため、金利が高い借金から、積極的に繰上げ返済を利用して早期完済を目指しましょう。

カードローンの最低返済額の意味や注意点

返済額を増やすため支出を減らそう

借金返済の速度アップには、繰上げ返済が必須になります。

そのため支出を減らして、1,000円でも多く返済に回すことを考えましょう。

まず見直したい項目は、インターネットやスマホなどの固定費です。

少しでも安いサービスに変えるだけで、簡単に支出を減らすことができます。

特にスマホの料金は格安スマホの利用や、プランの見直しで数千円の節約ができるのでおすすめです。

また、家計簿をつけていれば気づくのですが、コンビニの利用を控えることも検討しましょう。

コンビニは割高になっており、ついつい目についたものを購入してしまう可能性があります。

飲物を買うついでに、何となく新商品のガムも買ってしまうなどの経験は誰にでもあるでしょう。

コンビニの利用を控えることで、多くの人が支出を減らすことができるでしょう。

家計簿をつけていれば、支出を減らすポイントを見つけやすくなります。

お金の使い方は人それぞれですから、ここで紹介した以外にも節約ポイントを見つけるために、家計簿をつけることは検討してください。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)今月ピンチ!金欠で給料日前にお金があと500円!

給料日前に、あと500円とか1000円しかないというような場合には、どう切り抜ければ良いのでしょうか? この記事では、給料日前の金欠時の対処法について紹介します。 もしもの時のアイデアの材料にして...

非公開: (統合)今月ピンチ!金欠で給料日前にお金があと500円!

繰上げ返済のために収入を上げる

公務員などは副業が禁止されていますが、副業ができる人はアルバイトなどで収入を増やすこともおすすめです。

生活費を切り詰めるなど、支出を切り詰めるには限界があります。

節約に加えてアルバイトの収入を繰り上げ返済に回せば、借金の返済速度は一層速くなります。

長期間にわたってのダブルワークは、体を壊すリスクが高まります。

本業の繁忙期に体調を崩しやすいので、副業を検討する場合は体調管理が重要です。

そこでおすすめしたいのが、日雇いのアルバイトになります。

安定した収入にはなりませんが、自分で労働時間を管理しやすいというメリットがあります。

また、1社だけの返済を目指して短期間だけのダブルワークを検討してもよいでしょう。

20万程度の借金であれば副業で得た収入で、半年以内に完済できる可能性があります。

体力的に過度の負担とならないように、自己管理を心がける必要があります。

■生活費が足りない?ピンチなときは副業で収入を増やそう!

借金の返済が苦しいときは?

これまでに紹介した方法でも借金の返済が困難な場合には、債務整理を検討する必要があります。

債務整理は法律の知識のない人が行うことは難しく、弁護士などの専門家に依頼することになります。

債務整理にかかる費用が気になる人もいると思いますが、相談だけなら無料で対応してくれる弁護士事務所もあります。

また、債務整理にかかる費用は、借金の返済が終わってから分割での支払いに対応してくれる場合もあるため、安心して弁護士に債務整理を依頼することができるでしょう。

なお、債務整理には様々なものがあります。

借金をなくす自己破産や、金利をなくして返済額を少なくする債務整理、借金を減額する個人再生などです。

失う財産がない場合には自己破産を検討し、車や住宅などの財産を残したい人は債務整理や個人再生を選ぶこともできます。

また、自己破産や個人再生は、原則としてギャンブルや投資が原因の借金の整理はできないなどの条件がありますので注意をしてください。

債務整理に強い弁護士事務所に相談をして、自分に合った方法で借金問題の解決を目指すとよいでしょう。

■債務整理とは借金を合法的に減らす手段

まとめ

借金の完済を早めて、返済に使っている資金を別のことに利用したいなら、繰上げ返済が必須条件です。

借入先と支出を減らし、収入を増やすことで繰り上げ返済に使える資金を確保しましょう。

ただし、既に返済が苦しく元金が減らない状況が続いている場合には、債務整理の検討が必要です。

弁護士事務所に相談して、借金を解決するアドバイスをもらいましょう。

この場合は、お金を別のことに利用すると言うことはできません。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能