お金に困ったときは「お金がない馬」

セゾンカードの増枠方法とその注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛

年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

申し込みすることで増枠できる

セゾンカードはポイントに有効期限のない永久不滅ポイントがありますのでポイントサービスが人気のクレジットカードです。

セゾンカードにおいて利用するカードの利用可能枠は新規でカードを申し込んだ際にセゾン側が決定する限度枠を利用しますが、中には利用枠がもっと多ければいいのにと思っている人も少なくありません。

基本的にクレジットカードは利用中の途上与信で基準を満たしている場合にはクレジット会社の方から増枠してくれますが、増枠される時期などのタイミングはわかりません。

人によってはそれでもクレジット会社が増枠指定くれるまで待つという人もいますが、増枠は申し込みをすることでも行うことができます。

増枠の申し込みはそれぞれのクレジット会社によって異なりますので、セゾンカードにおける増枠の申し込み方法と増枠するにあたって注意しなければならないことを紹介していきたいと思います。

増枠には審査がある

増枠を申し込むと誰でも簡単に利用可能枠を増やすことができるというわけではありません。

増枠をする場合にも審査が必要であり、新規でカードを申し込んだ際の審査より厳しいです。

というのも、利用可能枠の増枠はクレジット会社側から行うのが基本であり、増枠を利用者が希望した場合にはそれなりの理由や信用がなければなりません。

増枠の審査では基本的な信用調査はもちろんなのですが、特に重要なのは利用実績です。

利用実績とはそのカードをどのように利用し、その支払や返済はどのようにされてきたのかという履歴のことです。

増枠の正当性を判断してもらうためにも適度にカードを利用していなければなりませんし、支払いや返済もきちんとしていなければなりません。

新規の審査よりも見る項目が多くなるということや増枠の妥当性も見られることから増枠の審査はどうしても厳しくなってしまい、審査にかかる時間も長くなってしまいます。

信用によっては減枠や利用停止となることもある

増枠の申し込みをした場合、その審査で通らずに増枠することができないということはよくあることなのですが、人によっては増枠できないばかりか減枠や利用停止となってしまうこともあります。

増枠の審査は単に増枠だけの審査をしているというわけではなく、総合的な利用可能枠の妥当性を審査します。

ですので、滞納や延滞などによって信用や利用実績が悪いようであれば減枠や利用停止となってしまうこともありますので注意が必要です。

ショッピング枠の増枠方法

セゾンカードにおいてショッピング枠を増枠したい場合にはインフォメーションセンターに申し込むことで行うことができます。

また、ショッピング枠の増枠には「継続的な増枠」と「一時的な増枠」の2種類があり、いずれの増枠もインフォメーションセンターに申し込みをします。

継続的な増枠とは今後もずっと増枠された利用可能枠で利用していくことであり、一時的な増枠は一定期間のみ増枠して利用するということです。

継続的な増枠は普段の利用で利用可能枠を増やしたいという場合に申し込みをし、一時的な増枠は海外旅行やブライダル費用などの一時的な出費がある時に申し込みをします。

ショッピング枠増枠の注意点

ショッピング枠を増枠する際には「割賦販売法」で定められている上限枠に注意しなければなりません。

ショッピング枠の上限枠は「支払可能見込額の90%まで」と定められており、この金額を超える増枠はすることができません。

支払可能見込額は決められた計算式で計算することによって算出することができ、その計算式は以下のようになっております。

  • 支払可能見込額 = 年収 ‐ 年間請求予定額 ‐ 生活維持費

計算に使用される年収や年間の請求予定額は申し込みの際に記入した数字が使用されることになりますが、生活維持費は法律によって居住の形態や生計を同一とする人に人数に応じた数字を使用します。

上限枠を超えた増枠の申し込みは絶対に審査に通ることはありませんので注意が必要です。

一時的な増枠は一括払いのみが対象

ショッピング枠は一括払い、分割払い、リボ払いがあり、それぞれに利用可能枠が設定されています。

一時的な増枠はこのうちの一括払いの部分のみを増枠するものであり、分割払いやリボ払いの部分は増枠することができません。

また、セゾンカードの場合には「リボ宣言」を利用している場合には一時的な増枠は受付してくれませんので注意が必要です。

キャッシング枠の増枠方法

キャッシング枠を増枠する場合もショッピング枠の時と同じようにインフォメーションセンターに申し込むことで増枠することができます。

ただし、キャッシングの場合には金額によって収入を証明する書類を提出しなければならないことがあります。

収入を証明する書類が必要となる場合は、

  • 希望のキャッシング利用可能枠が50万円を超える場合
  • セゾンを含めた無担保借入残高が100万円を超える場合

のいずれかに該当する場合には源泉徴収票や納税証明書などの書類を提出しなければなりません。

この場合、収入証明書類の提出を拒否することはできず提出できないという場合には増枠することができなくなってしまいますので必ず提出するようにしましょう。

収入証明書はどこで手に入れることができるか

キャッシング枠増枠の注意点

ショッピング枠が割賦販売法の適用を受けるのに対し、キャッシングは「貸金業法」が適用されます。

貸金業法には「総量規制」という規制があり、これによって「年収の1/3まで」が上限となります。

従って、年収の1/3を超える増枠となる場合には審査に通ることはありませんので注意が必要です。

また、年収の1/3までというのはセゾンだけで超えてはならない金額というわけではなく、他のクレジットカードのキャッシングや消費者金融などからの借入も含んだ合計額で超えてはならない金額となりますのでこちらも注意が必要です。

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1に入る?

借入ならカードローンがおすすめ

クレジットカードのキャッシングはコンビニのATMなどで借りることができますので非常に便利なのですが、その分適用されている金利は高いです。

セゾンカードのキャッシングで適用される金利は12.0%~18.0%となっておりますが、よほど信用や利用実績が良くなければ12.0%というような金利は適用されず、ほとんどの人は18.0%となります。

金利18%ともなればその利息負担は非常に大きく、返済額における利息支払い部分の割合は相当なものとなります。

低い金利で借りて利息負担を減らすというのは誰しもが考えることですので、借入をするのであれば銀行や消費者金融で提供しているカードローンがおすすめです。

特に銀行カードローンであれば適用される最高金利で15%以下となることも多いですし利用限度額によってはさらに金利は低くなりますので利息負担を軽減させるのに適しているカードローンです。

消費者金融のカードローンも信用次第ではキャッシング金利よりも低い金利で借りられる可能性がありますので、利息負担を軽減させることができる可能性は十分にあります。

消費者金融とセゾンカード、借りるならどっち ?

すぐに借りたい場合もカードローンがおすすめ

クレジットカードの増枠は数日~1週間かかるのが一般的でありますので、すぐにでも借りたいという場合には対応することができません。

このような場合にも銀行や消費者金融のカードローンがよく、特に自動契約機を設置しているカードローンがおすすめです。

自動契約機であれば平日の夜や休日などの銀行が営業していない時でも申し込みやカードの発行をすることができますので即日融資に対応しています。

自動契約機というと大手消費者金融のアコムやプロミスを思い出す人が多いと思いますが、三菱東京UFJ銀行でも自動契約機をATMコーナーなどに設置していますのですぐに借りることができます。

また、銀行によってはインターネットで契約までをすることができるところもあり、すぐに借りられるところもありますので自動契約機ではなくそういったところを利用することも1つの方法です。

いずれにしても審査は必要となりますので信用が低ければ借りられないこともありますし、高い金利となって利息負担を軽減することができない場合もありますので注意が必要です。

まとめ

セゾンカードでショッピング枠やキャッシング枠を増枠したいという場合にはインフォメーションセンターに申し込むことで増枠することができます。

しかし、増枠の審査は厳しいですので信用や適切な利用実績がなければ増枠することができないばかりか減枠や利用停止となってしまう可能性もありますので慎重に考えたうえで申し込みしなければなりません。

信用や利用実績があまり良い状態ではないという場合には自分から増枠するということはあきらめ、セゾンから増枠してくれるまで待つというのも方法です。

それでもどうしてもお金が必要だという場合には増枠ではなく銀行や消費者金融のカードローンを最初から申し込むということも考える必要があります。

クレジットカードの増枠だけが方法というわけではなく、カードローンなどのように方法はさまざまありますので自分に合ったものを選んだほうがより良い結果となるはずです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能