今すぐ6,7,8万円借りたい!今日中に借りる方法

 2.5  (2)
+ この記事を評価する
×
 2.5  (2)

この記事を評価する

決定

今すぐ6,7,8万円を借りたい人は、カードローンでお金を借りることがおすすめです。

6万円程度の比較的少額であれば、様々な種類のローン商品で借入ができますが、中には借り入れ完了するまでに時間がかかるものも少なくないです。

そこで、6,7,8万円程度をすぐに借りたいときの方法や借り方を紹介します。

お金を借りて6万円を用意する方法

今すぐ7万円借りるなら即日審査で6万円を借りるときには、幾つかの借入先がありますが、代表的なものは以下の7点です。

  1. 消費者金融のカードローン
  2. 銀行カードローン
  3. クレジットカードのキャッシング
  4. 配偶者貸付(専業主婦)
  5. 親から借りる
  6. 生命保険の契約者貸付
  7. 質屋を利用する
  8. 公的な制度を利用する

この中でも今すぐ6,7,8万円を借りたい人は、消費者金融のカードローンを利用がおすすめです。

短い時間で借入ができ、他の借入方法よりも利用条件が比較的簡単で誰でも利用しやすい点が、おすすめできる理由です。

また、少額の借入を希望する人は、再度お金が必要になる可能性も高いため、気軽に追加借入ができる消費者金融カードローンが適しています。

1.消費者金融のカードローン

今日中に7万なら消費者金融

「カードローンって高金利だから利用すると損なんでしょ?」

たしかに、一昔前の消費者金融の金利は非常に高いと有名でしたので、勘違いしやすいですが、現在の金利は最大でも20%となっているため、高額な利息を請求される可能性は低いです。

例えば、大手消費者金融のアコムは金利が一番高くても18%で、仮に6万円を借りたとしても、1か月で900円程度しか利息の支払いはありません。

また、消費者金融には無利息期間が設定されていることが多いため、短期間で返済できる場合には利息が0円で済む可能性もあるため、利息でも損しない方法もあります。

利用してみたいという人は、「消費者金融のカードローンは即日融資が可能」までジャンプして下さい。

2.銀行カードローン

6,7,8万円程度の10万円以下の借入を行いたい場合は、銀行カードローンでも気軽に借り入れができます。

消費者金融のカードローンと同じように、10万円程度の少額の借入金額を設定できるため、借りすぎてしまう心配もそこまでなく、金利も消費者金融よりも低めであるというメリットもあります。

「じゃあ、消費者金融じゃなくて銀行カードローンがよくない?」

そうですよね。一見、そのように思えますが、銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも借入までの期間が長いため、素早く借りたい人にはあまり適していません。

詳しくは後ほど紹介しますが、銀行カードローンは申し込みしてから翌日以降の借入となってしまうため、即日での借入は不可能です。

3.クレジットカードのキャッシングを利用

クレジットカードのキャッシングも、事前に登録していればカードローンと同じように、限度額内の金額を借りられます。

このキャッシング機能を事前に登録していれば、追加の申込みをすることなく、ATMから6,7,8万円を借入れが可能になるのです。

ただし、契約当初にキャッシング機能を申込みしていないときには、追加で申込を行い審査に通過しなければなりませんので、当日中に審査が完了しないことや、追加でのキャッシング申込みに対応していないこともあるため注意が必要です。

クレジットカードのキャッシングについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

4.専業主婦は配偶者貸付を利用しよう

専業主婦で消費者金融を利用したい場合には、配偶者貸付を行っている貸金業者に申し込みをしてください。

専業主婦は総量規制の影響を受けるため、借入はできませんが、配偶者貸付で配偶者の収入と合算され借入可能です。

「配偶者貸付ってどの貸金業者が行っているの?」

配偶者貸付は手続きが複雑になり、手間がかかるため、残念ながら大手消費者金融はどこも取り扱っていません。

以下の記事でも詳しく解説していますが、中小消費者金融のキャネットや信販会社のセディナなど、配偶者貸付を取り扱っている貸金業者を探してください。

5.借用書を書いて親に借りる

親に経済的に余裕のある人は、恥をしのんで借金を6万円貸してもらえないか頼み込むのもひとつの手です。

ただし、親から借入をするときには、必ず借用書を作成するようにしてください。

「えっ?借用書なんて書類をわざわざ作らなきゃいけないの?」

たしかに、借用書なんて専門的なものを準備するのは面倒ですよね。

しかし、家族からの借入と言っても、借用書を用意しておかなければ、後々金額や返済日でトラブルが起こってしまうかも知れません。

金銭トラブルのせいで親子間の関係が悪化することもあるため、手書きでもいいので借用書の作成を行ってください。

借用書に最低限必要な項目は以下の6点です。

  1. 契約日時
  2. お金を借りる側の名前、住所、印鑑
  3. お金を貸すおかね側の名前、住所、印鑑
  4. 金額
  5. お金の受け渡しの日時
  6. 返済方法、返済期日

これらの項目が含まれていれば、借用書としての効果を発揮するため、忘れずに記入してください。

関連記事をチェック!

28813view

親にお金を借りる上手な頼み方・言い方・言い訳【適した理由とは】

まとまったお金が必要だけれど自分では用意できないという時、金融機関でお金を借りる前に親にお金を借りたいとお願いしてみるのも選択肢の一つです。 しかし、親にどのように話せばお金を貸してもら...

関連記事をチェック!

19854view

無効とならない借用書(金銭消費貸借契約書)の書き方とテンプレート

民法第91条で、お金の貸し借りは口約束でも有効とされています。 しかし、口約束はトラブルの元ですし裁判に持ち込まれた場合に証拠になりません。 トラブルの防止や裁判を有利に進めていくためには、借用書...

無効とならない借用書(金銭消費貸借契約書)の書き方とテンプレート

6.生命保険の契約者貸付け

生命保険加入者であれば、契約者貸付という制度を利用すればその日のうちに借入ができます。

生命保険の契約者貸付とは、生命保険の積立金に対して9割の金額を貸付してもらえる制度で、数年以上契約していれば積立金額が6万円以上貯まっており、貸付してもらえる可能性が高いです。

ただし、生命保険などの保険を契約している人の中で、積立型のタイプの保険加入者でなければ契約者貸付は利用できないので気を付けてください。

関連記事をチェック!

2489view

生命保険でお金を借りる方法、銀行借入よりお得!?

9割以上の方が加入している生命保険ですが、この生命保険でお金を借入できることをご存知でしょうか。 生命保険には、「契約者貸付制度」というものがあり、この制度を利用して生命保険会社から融資を受けること...

7.質屋にものを預ける

質屋に預けられるものがある人は質入れをしてお金を準備する手もあります。

質屋に預けるものには、ブランドものの財布や貴金属のアクセサリーなどをイメージしやすいですが、他にもデジタル家電や楽器なども預けられます。

質屋に入れる品物がない人は、手持ちのスマホを預けてお金を用意することも不可能ではありません。

ただし、質屋に一定期間以上預入すると、質流れとなってしまい預けた品物が戻ってこなく可能性があります。

他にも質屋の仕組みは消費者金融や銀行とは大きく異なるため、以下の記事を参考に利用前に仕組みを確認してください。

関連記事をチェック!

2196view

質屋とは担保を預けてお金を借りるところ

皆さんこんにちは、馬三郎です。 街中を歩いているとたまに質屋の看板を見かけると思います。 改めて思い返すと、結構いろんなところに質屋はありますが、外から私たちが目にするのは、ショーウインドウの中に...

8.公的制度を利用

公的な制度であるため誰しも利用できるというわけではありませんが、どのような制度があるのかを見ていきましょう。

制度名借入利率対象者
生活福祉資金貸付制度無利子、1.5%低所得者、高齢者、障害者
母子父子寡婦福祉資金貸付制度無利子、1.5%母子、父子、寡婦かつ低所得である
緊急小口資金貸付制度無利子低所得者かつ緊急でお金が必要な人

上記で紹介した公的制度は、誰でも利用できるものではないという点と、申し込みから借入まで時間がかかるものが多いというデメリットがありますが、低利子で借り入れできるという利点があります。

他にも公的制度があるため、利用できるものがあるか確認してみてください。

関連記事をチェック!

10753view

【国の制度】お金がないなら社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度で借りる

収入が少ない人は、民間の貸金の審査に通らないことがほとんどですから、生活福祉資金貸付制度を利用を検討してみましょう。低利子、場合によっては無利息でお金を借りられます。 この記事がおすすめな人 ...

消費者金融のカードローンは即日融資が可能

7万円の少額融資は審査も早い消費者金融のカードローンのメリットは、即日融資が可能であるため、今すぐ6,7,8万円借りられる点にあります。

当日中の借入はもちろんですが、早ければ1時間で借り入れができることも珍しくないため、一刻も早く借りたい人は利用してください。

同じカードローンでも銀行カードローンとは、審査速度の面で大きく異なってくるため、銀行との違いやさらに早く借入をするコツを解説します。

消費者金融カードローンの特徴

消費者金融カードローンは、審査をAIや機械が行っているため、審査時間が極端に短いのが特徴です。

大手消費者金融のプロミスでは、審査時間が最短30分、アプリローンでの申し込みであれば、申し込みから借入まで1時間しかかからないため、審査がうまく行けば午前中に申し込みをして、午後からの予定にお金の準備もできます。

対して銀行カードローンは、比較的短いとされている三菱UFJ銀行のバンクイックでも最短翌日の借入であるため、その日のうちに借入はできません。

「あれ、一昔前は銀行カードローンも即日融資を行ってなかったっけ?」

そこに気づくとは、カードローン事情に詳しいですね。

たしかに、2017年以前は銀行カードローンでも即日融資を行っている銀行が少なくありませんでした。

しかし、2017年に銀行は申込者が反社会的勢力と関係していないか、政府のデータベースに確認する必要ができてしまったため、どうしても審査時間が1日以上必要なのです。

したがって、即日融資をカードローンで受けたい場合には、消費者金融を利用してスピーディに借入ができるのがよいです。

早くお金を借りたいときはネット申し込みがおすすめ

消費者金融でお金を借りるときには、インターネットから申し込みをするとさらに借入までの時間が短いのでおすすめです。

消費者金融で借入をするときには、自動契約機で申込みすると早く借り入れができるイメージがありますが、実際には自動契約機まで移動する時間を考慮すると、人によっては1時間で借入は難しいです。

しかし、インターネットからの申し込みであれば、場所を選ばずに申し込みができ、自動契約機と同じスピードで審査を行ってもらえるため、最短で借入ができます。

「でも、インターネットから申し込みしたら、カードの発行が間に合わないから借入できないでしょ?」

実は、大手消費者金融はカードの発行を行わないWEB完結を行っている会社が増えており、WEB完結であればカードを発行せずに振込やスマホで借入ができるため、外出せずとも借入可能です。

プロミスにはWEB完結の他に、アプリローンと呼ばれるサービスがあり、アプリを使ってATMから借入ができるので、WEB完結が気になる人は是非チェックしてください。

消費者金融は無利息期間がある

消費者金融は無利息期間を設定している会社も多いため、借り入れしてから短期間で返済できる人は利息を支払わずに済む可能性があります。

無利息期間を設定している主な消費者金融は以下のとおりです。

会社名無利息期間上限金額
アイフル30日なし
プロミス30日なし
アコム30日なし
レイク60/180日なし/5万円

基本的には、大手消費者金融のほとんどは30日間無利息期間を設けていますが、レイクは60日間と他の消費者金融よりも長めです。

「無利息期間は誰でも申し込みできるの?」

いえ、無利息期間を利用するためには、それぞれの消費者金融で設定されている条件を満たさなければなりません。

例えば、プロミスは契約後の明細の受け取りをWEB明細に設定しなければいけません。

また、初回利用時にしか利用できない消費者金融が多いため、解約してもう一度契約しても無利息期間は受けられないです。

消費者金融は土日でも借りられる

できるだけ早く7万円借りるには大手消費者金融のメリットとして、土日などの休日でも借り入れができるというメリットがあります。

大手消費者金融であれば、営業時間が土日でも変わらない会社も多いため、銀行と違い仕事の休みが土日の人でも気軽に利用できます。

「土日に申し込みするときの注意点はあるの?」

土日に申し込みするからと言って、よほど申込者が多いなどの特別な事情がなければ審査時間が長くなることはありません。

ただし、消費者金融以外の営業時間が関係する場合には注意が必要です。

例えば、振込で借入を希望している場合には、振込を希望する金融機関の営業時間が関係してきます。

平日の振込にしか対応していない場合には、土日に振込依頼をしても次の月曜日まで入金されません。

また、在籍確認も必ず行われるため、自分の勤めている会社が土日が休みの場合には、電話がつながらず審査がその場で完了しないこともあります。

振込に指定する口座や在籍確認の方法を工夫すれば、土日でも即日融資を受けられるため、それぞれ対応してみてください。

カードローンの申し込み方法から借り入れまでの注意点を紹介

即日融資を希望する場合には、カードローンの申し込みや借り入れをするときに、幾つかの注意点をしなければなりません。

ここでは、申込時、借入時、必要書類の3種類に分けて解説します。

申し込み方法

即日融資を受けたいときには、申込時にオペレーターに急ぎであることを伝えることと、カードの発行が必要かどうかを確認することが大切です。

ネット申込時に一刻も早く借りたいのであれば、申し込んだ後に大手消費者金融のオペレーターに電話することで、審査を優先的に行ってもらえます。

申し込み時期によっては、申込者が多数で審査時間が長くなってしまう危険性があるため、オペレーターに伝えることで順番を前にしてもらえる可能性があるのです。

また、借入をするためにはカードの発行をしなければならない消費者金融も存在するため、事前にカードの発行が必要か、ネットで即座に借入が可能かを確認してください。

「カードの発行が必要な場合には、即日融資はできないの?」

いえ、カードの受け取りを自動契約機などで行えば即日融資は受けられます。

大手消費者金融の場合、自動契約機や自動契約機などで最後の手続を行うことで同時にキャッシングカードを発行してもらえますし、自動契約機の設置場所によっては、ATMも併設されているので、カード発行からその場で借入が可能です。

借り入れ方法

借入時に注意しなければならないポイントは、振り込みで借りるのか、カードでATMを使って申し込みするのかによって変わります。

振込で借入する場合には、振り込み依頼をする時間帯に注意が必要です。

基本的に銀行振り込みは平日14時以降は、翌日以降の振込になってしまうため、即日融資が受けられません。

ただし、消費者金融によっては提携金融機関への振り込みが、平日14時以降でも行っていることもあるため、利用する金融機関に振込の対応を確認してください。

また、カードを使ってATMから借入をする場合には、カードさえ手元にあればいつでも借り入れができますが、カードの発行を自動契約機の営業時間内に行わなければならない点には気を付けてください。

必要書類を用意しておく

今すぐ7万円を借りる必要書類カードローンの申込をするためには、本人確認書類と収入証明書を準備しなければならず、書類に不備があった場合には審査に時間がかかったり、最悪の場合には審査落ちをしたりします。

しかし、借入金額が6,7,8万円と少額だと原則的に収入証明書は必要なく、最低限本人確認できる書類があれば十分です。

「本人確認書類って運転免許証があれば大丈夫でしょう?」

そうですね。基本的には運転免許証を提出すれば、本人確認書類として問題はありません。

ただし、運転免許証で本人確認とする場合は、現住所と一致しているかどうか確認してくださいね。

住所が一致していないと追加書類の提出を求められますので、住所変更を行っていない場合はどのような書類を用意すればいいのか、消費者金融のオペレーターに相談しましょう。

審査に落ちやすい人の特徴を紹介

借り入れを行う時に注意したい人即日融資を受けるためには、そもそもローンの審査に通過しなければなりませんが、審査に落ちてしまう人には共通する特徴があります。

具体的には、以下のような特徴を持つ人は審査落ちをしやすいです。

それぞれどのような人が当てはまるのか、詳しく確認していきましょう。

借りすぎている

6,7,8万円を借りようとする前に、既に他の消費者金融などから借金をしている人は、金額によって審査にとおりにくくなります。

このときに、重要になってくることは自分の年収に対してどの程度借金があるかです。

消費者金融からお金を借りるときには、総量規制という法律が関係しており、年収の3分の1以上は借り入れができません。

したがって、年収300万円の人は100万円以上、年収600万円の人は200万円以上借り入れができません。

「えっ?じゃあ、住宅ローンやマイカーローンで高額な借金をしているときには、審査にとおらないの?」

たしかに、住宅ローンなどは金額が高額で年収の3分の1以上借り入れしている可能性がありますね。

しかし、住宅ローンやマイカーローンなどは、基本的に総量規制の対象にならないため安心してください。

総量規制の対象となるのは、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング利用なので、これらのローンを高額利用していないか気を付けてください。

借入希望額が大きい

借入希望額を必要以上に高額にして申し込みをすると、審査に落ちてしまう原因になります。

6,7,8万円が必要な場合でも、「いざというときに備えて高額な借入をできるように設定しておこう」と考えて、20万円以上の高額の借入希望額を設定する人がいます。

しかし、審査を行うときには借入希望額に合わせて、審査基準が決まるため、借入希望額が高額になるほど審査は難しくなるのです。

短期間に複数の申し込みをした

短期間に複数の申し込みをすると、申込ブラックと呼ばれる状態になってしまい、審査に確実に落ちてしまう状態になります。

申込ブラックとは、6か月以内に3~4社以上の申し込みを行った人に対して、金融機関が審査にとおさないようにする内容です。

「なんで他社での申し込み情報を把握しているの?」

そうですよね。ライバルとも言える他社の情報を把握しているのは違和感を抱いてしまいますよね。

実は、消費者金融などを利用した情報は個人信用情報として保管されて、全国の消費者金融や信販会社に共有されています。

したがって、他の会社にカードローンの申し込みをした情報も、申し込みした消費者金融に知られてしまうのです。

信用情報に傷がある

先ほど紹介した信用情報に、返済の滞納や債務整理の利用歴などの情報が残っていると審査に落ちてしまいます。

過去に長期間返済を滞納してしまった人や、債務整理や代位弁済を行った人は信用情報に傷がある状態と呼ばれ、基本的には審査に落ちてしまいます。

「信用情報に傷ができてしまったら、どうやって回復すればいいの?」

信用情報に傷ができてしまった場合には、回復するためには信用情報から該当する情報が消えるまで待たなければなりません。

ただし、長期滞納や債務整理の情報は5~10年消えないため、長期間待たなければ次の審査には通過できないです。

噓の申告をした

基本的なことですが、申込時の書類の記入や提出書類の内容で噓を吐いてしまうと、審査落ちをしてしまうので避けてください。

「えっ、でも噓の申告をしてもバレないから大丈夫でしょ」

残念ながら、その考えは甘いと言えます。

例えば、審査にとおるため実際の年収よりも高めの金額を記入したとしても、消費者金融側は「この人の年齢と職業からこの年収はおかしい」と、すぐに噓の申告をしているのではないかと疑われます。

また、他社借入などの内容は個人信用情報からも確認ができるため、明確に噓を吐いていることが分かるのです。

噓がバレた時点で審査落ちは免れませんし、何も得することはないため正直に記入をしてください。

闇金から借りるのはリスクが高すぎる

闇金からお金を借りることはリスクが高すぎるため、どのような状況であったとしてもやめてください。

闇金からは無職でも、専業主婦でもお金を貸してもらえますが、借金の取り立てが非常に激しいため、期日まで返済ができなければひどい目にあいます。

「でも、闇金以外に借入先がどこにもないんだよ」

うんうん。まともな金融機関の審査に落ち続けてしまう人は、最後の手段として闇金を利用してしまいやすいです。

しかし、本当の最後の手段は闇金を利用することではなく、債務整理や公的制度に頼ることです。

むやみに闇金を利用して違法な取り立てや犯罪行為に巻き込まれるのであれば、最初から弁護士などの専門家に相談して借金の問題を解決してください。

まとめ

6,7,8万円を今すぐ借りたい人は、消費者金融で借りれば即日融資が行えるためおすすめです。

ただし、消費者金融のカードローンは借り癖が付きやすいため、心配な人は返済が完了した時点で解約してください。

また、長期間借入をする予定の人は、銀行カードローンなど他のローンも検討してみてください。

 2.5  (2)
+ この記事を評価する
×
 2.5  (2)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-06-28 08:41:11

    こんにちは。

    借入のすべて、小林です。

    おそらくブラック、ってはっきりわかっていないんですか?

    長期返済滞納のブラックじゃなければ、中小消費者金融なら相談に乗ってもらえますよ。もちろん現在の借金額が総量規制の範囲内ということは言うまでもありませんが。

    明日から電気やスマホが止まるんですね。もう一度電力会社と話し合って、支払期限を延ばしてもらうことはできませんかね。

    スマホについては相談しても無理ですね。

    他にお金を作る方法としたら、家にあるものを売って作る、という方法もありますよ。

  2. まりあさん|2019-06-27 17:32:41

    すこし大きな入り用があり、今月が年金月だったって言うのに、最早大ピンチ(ToT)生活費がありません。最低限6万円がなければ私の次のギャラ日までやっていけません。おそらく、ブラックに入っているであろうわたしは、どこにいってもだめ。でもお金がなければやっていけません。明日からは、電気とスマホが…。どうしたら…?今すぐ6万円借れますか?教えて下さい 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談