馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

お金の借入方法

カードローン(キャッシング)に申し込む際、必ず聞かれる他社借入とは何か?ざっくり解説すると…

■お金の借入(いわゆるキャッシング)の件数・金額のこと

■住宅ローンなど、商品購入が目的のものは含まない(注)特記事項がある場合はそれに従います。

では、他社借入れの申告はなぜ必要なのでしょうか。本章で順を追って、詳しく解説していきます。

特徴別でみるカードローン

おすすめカードローン

プロミス

アコム

新生銀行カードローン レイク

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

借り入れとローンの違い

そもそも借入とローンの違いとは何か、わかりやすくまとめてみました。

■借入:お金(または物)を借りること。用途がはっきりと決まっていないケースもある。

■ローン:先に商品を手に入れ、返済を行う仕組みのこと。車や住宅等、用途が決まっている

基本的には、他社借り入れにはローンは含みません(注)特記事項がある場合はそれに従います。

借入(借入れ)とは

借入とは、広義ではお金や物を借りること全般を意味します。

借入の読み方

借入、または借入れは、「かりいれ」と読みます。会社の経理に携わる人は「借入金」などで、親しんでいる言葉ですね。

一般の人が目にするとすれば、「他社借入」くらいでしょうか。

個人は無担保のカードローンが主流

「給料日前で生活費がピンチ」なんていうときに、いちいち保証人を立てて借金をするのは煩わしいですね。

時代劇なら証文を介して借金するシーンがありますが、時代は便利に変わりました。

現在、個人の借り入れは無担保・保証人不要カードローンが主流となっています。テレビコマーシャルでもキャッシングという言葉を聞くことが増えました。

キャッシングとは

ATMなどから専用のカードを使ってお金を引き出すことをキャッシングと言います。狭い意味ではキャッシングと言えば、カードローンのことと考えて差し支えありません。

もちろん、利用者の利便性の為に、カードローン業者から銀行口座に振り込みで融資を受けるという選択肢もあり、これもキャッシングと言えます。

いずれにしても、お金を引き出すためにはカードローン用のカードか、銀行口座のキャッシュカードが必要ですから、カードローンという名で通っているのです。

カードローンの利便性と金利

カードローンはあらかじめ決められた限度額内で、何度でも借りたり返したりできる上、ネット自動契約機ATMを利用して誰にも会わずに貸し借りを実現できます。

また、融資スピードに優れているのもカードローンの特徴で、大手消費者金融であれば新規申し込みから最短1時間程度でお金を借りることも可能です。

返済方法も多様で、専用のカード(ローンカード)があればATMからの返済も可能ですし、口座振替、ネットバンキング等が利用できます。

金利について

かつて問題となっていたグレーゾーン金利は撤廃され、現在は上限金利年18%(10万円未満なら20%)で統一されています。なお、テレビドラマで見るような厳しい取り立ても、貸金業法で禁止されています。

但し延滞した場合には上限20%の範囲で延滞金(正しくは遅延損害金)が課されます。くれぐれもご利用は計画的に行いましょう。

銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローンには大きく分けて、銀行貸金業(消費者金融・信販会社)とがあります。貸金業はノンバンクとも呼ばれます。ここでは銀行と消費者金融について両者の違いを見ていきましょう。

それぞれの特徴を表にまとめてみました。(年利は10万円以上100万円未満で表示)

銀行消費者金融
年利14.6%前後18%が上限
新規の即日融資不可可能
審査基本は土日休み土日もOK
無利息期間なし大手で実施
審査難易度比較的厳しい比較的やさしい

両者を比較すると、消費者金融は比較的金利が高いものの、融資に積極的で利便性が高いことが見て取れます。

特に、新規の申し込みから実際の融資に要する時間は、消費者金融であれば最短1時間で可能であるのに対して、銀行は最低2~3日を要します。

カードローン審査の基礎知識

カードローンは無担保ゆえに、利用者の返済が滞ると、業者が損害を被るのは明らかです。そのため審査を経て、返済能力がある人にだけ融資をします。

審査は2段階に分けて入念に行われます。

  1. スコアリング
  2. 個人信用情報の照会
スコアリング

スコアリングとは勤続年数・雇用形態・家族構成・居住形態・借入の有無などの申告内容を、項目ごとに点数化することです。

銀行や大手消費者金融であれば、コンピューターによる自動審査ですので、30分もあれば結果が出ます。

個人信用情報の照会

日本には信用情報機関が3つ存在し、個人のお金に関する契約の情報を集めています。もちろん、審査に役立てるためです。

カードローン業者(あるいは審査を担当する保証会社)はここに照会をかけることで、申し込みの情報と相違がないかを確認します。

氏名など、個人を特定する情報の他にも以下のような項目があります。

  • 他社借入
  • ローンの残高
  • 延滞
  • カードの強制解約
  • 保証会社の代位弁済
  • 債務整理
  • 申し込みの履歴(落ちても半年は履歴残る)

等が登録されています。

金融事故(長期の延滞・カードの強制解約・保証会社の代位弁済・債務整理)などは、最低5年は履歴が残るため、この間の新規契約は大手カードローンでは不可能です。

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は時効期間が経つまで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬...

借入で必須の知識「総量規制」

総量規制とは、貸金業法第13条の2にある概念で、「年収の3分の1を超えた貸付を行ってはいけない」というルールです。

本来は過剰な貸し付けから利用者を保護するのが目的ですが、総量規制がネックとなって借り入れができないというパターンも少なくありません。

他社借り入れの残高もカウントされますので、申し込み時につい過少申告したくなりますが、信用情報を照会すればすぐに嘘が見抜かれてしまいます。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知ってい...

銀行も総量規制?

総量規制は本来、貸金業者にのみ適応されるものですから、銀行カードローンでは、年収の2分の1までは借り入れが可能とされてきました。

しかし2017年、金融庁に促されたのをきっかけに、法的な縛りはないものの、大手都市銀行も総量規制に倣う動きが出てきています。

地方銀行もこの流れに追随すると考えられるため、今後は基本的に銀行の融資も年収の3分の1を超えない範囲となるでしょう。

借入残高の申告

借入の申し込みに際して、審査前に他社借入残高を申告しなければなりません。その場合、無担保借入額を記入します。

無担保借入とは

借入の申込書で「他社借入」または「無担保借入」の額を記入する欄がある場合、カードローンやクレジットカードのキャッシングの残額を余すことなく記入するようにします。

なお、審査担当者は個人信用情報へ照会を行うことで、正確な額を把握することができます。申込書に記入する借入額とは、借金を把握しているかのテストのようなものです。

多少のズレであれば問題ありませんが、意図して他社借入を隠したり、そもそも額を把握していない場合、審査の心象は極めて悪くなります。

関連記事をチェック!

無担保借入残高とは

新しくクレジットカードやカードローンの申込を行うときに無担保借入残高を申請しなければなりません。 しかし、中には無担保借入残高とは何なのかが分からないという人が多いようです。そこで今回は無担保借...

関連記事をチェック!

借入残高とは残っている借金の金額

借入残高とは何なのか分からないままお金を借りていると大変な事になりますよ。突然の借入停止や審査にも大きく関わってくることです。 支払わなければならない利息は借入残高と比例し、返済するにしたがって...

借入の残高・状況も審査に影響

貸金業(いわゆるノンバンク)からは総量規制の範囲を超えて借入をすることができません。そのため申し込み時に他社借り入れを申告する必要があります。

しかし中には総量規制に含まれず、申告しなくてよいものもあります。それは貸金業者以外から借りたお金です。

  • 銀行で借りたお金(カードローン含む)
  • 奨学金
  • クレジットカードのショッピング枠利用
  • 友人・知人・身内からの借金

これらは、貸金業の範疇ではないため、基本的には申告の必要はありません。銀行で組んだ住宅ローンや自動車ローンも総量規制の対象外です。

ただし冒頭でもふれましたように、記入に際して特記事項がある場合は、それに従うようにします。

借入とローンとの違い

冒頭でもふれましたが、借入とローンは、何がどう違うのでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンに申し込む場合を想定して、もう少しかみ砕いてまとめてみます。

■借入:お金を借りること(キャッシング)

■ローン:商品購入目的の契約。用途が決まっている

つまりは、借入という大枠の中に、ローンという仕組みが存在するという事です。

無職は借入可能か?

無職の人が金融機関から借入可能だとしたら、次のパターンに限られます。

  1. 専業主婦(夫)がカードローンで借りる:配偶者に安定した収入のあることが条件
  2. 担保で借入する:質屋の利用、または年金・生命保険など

それぞれ解説いたします。

専業主婦が借りるには

専業主婦(夫)は、配偶者に安定した収入があれば、銀行カードローンに申し込むことが可能です。しかし専業主婦の申し込み自体をNGとしている業者も少なくありません。

イオン銀行・セブン銀行等のような流通系のカードローンは、専業主婦にも比較的寛容です。但し、本人に収入があるわけではないため、融資額は10~30万円が相場です。

※一部の消費者金融では「配偶者貸付」という制度がありますが、一般的ではありません。

関連記事をチェック!

無職の専業主婦でも銀行カードローンからキャッシングで借りれる

家計を預かる専業主婦であれば誰でも1度は「今月家計がピンチ」という経験があるものです。 また、旦那さんの収入以外にも自分にも自由に使えるお金が欲しいものです。 そんな時にはカードローンがと...

無職が担保で借りるには

収入がないとなると、無担保のカードローンで借りることは不可能(配偶者に安定収入のある専業主婦・主夫を除く)です。

唯一残された選択肢としては、担保で借入を行うことです。担保がある場合は、基本的に信用情報機関への照会も必要ありません。

  • 質屋(買取の8割程度の評価となる)
  • 年金担保融資(独立行政法人福祉医療機構の取り扱い)
  • 生命保険(解約返戻金が担保となる)

ここでは質屋以外について解説します。

年金担保で借入

年金担保貸付は、連帯保証人を立てる必要がありますが、年利は1.9%(労災年金担保融資は1.2%)と極めて低金利です。

国内で正規の年金担保貸付を行うのは独立行政法人福祉医療機構のみ。悪徳業者も多いことから注意が必要です。

関連記事をチェック!

年金担保でお金を借りる方法。即日融資は不可

年金のみで生活している人にとって、急な出費は困った問題です。 お金に困ったときにはカードローンから借りるという方法もありますが、収入が年金のみでは、審査に通りにくいものです。 審査に通って...

生命保険で借入

生命保険を解約しなくても、解約返戻金を担保としてその90%程度を保険会社から借りることができます。年利は2.15%(1994年以前の契約では年5.75%前後)です。

日本生命を例にとると、終身・養老・年金保険が対象。貸付上限額は解約返戻金の80%から3カ月分の保険料を差し引いた額です。金利は、年3.00~5.75%(契約の時期による)です。

関連記事をチェック!

日本生命でお金を借りる!借入,返済方法

日本生命では、解約返戻金(かいやくへんれいきん)の所定の範囲内の資金を貸し付ける「契約者貸付制度」を実施しています。 契約者貸付制度を利用する方法や返済の方法、利用の際の注意事項をまとめました。...

生活保護で借入はできる?

現在生活保護を受けているという方が緊急でまとまったお金を必要とする場合は、公的な融資制度(生活福祉資金制度)が利用できるかもしれません。

公的融資の場合、最低でも申請から1週間は必要であるため、前もってケースワーカーに相談しておきましょう。

1週間も待てない・またはケースワーカーに相談できない場合、融資スピードに優れた民間業者から借入をすることはできるでしょうか。

結論から言えば、生活保護受給者が借入をすることは、一定の条件下では可能(理論上)です。その条件とは…

  • 過去に金融事故を起こしたことがない
  • 勤務先の在籍確認の電話をクリアできる
  • 収入証明書を提出する必要がない少額融資

…です。しかし、生活保護受給者はケースワーカーに定期的に口座をチェックされていますので、口座を介する借入の場合、借金を知られてしまう可能性は高いです。

最悪の場合、「借入=収入」とみなされ、生活保護を差し止めにあうことも考えられます。緊急の借入が必要な時ほど、事前にケースワーカーに相談するべきです。

関連記事をチェック!

生活保護受給者でもお金を借りる方法~金貸し利用時の注意点~

生活保護の人でも、まとまったお金が必要になるケースも存在します。 「財布を無くして現金を紛失した」「生活に必要な物資であるエアコンや冷蔵庫が壊れてしまった」などの場合が考えられます。 では...

債務整理中や後の借入は可能?

自己破産者や、任意整理後の借り入れは可能でしょうか?3つの信用情報機関ごとに、債務整理の情報の保有期間を見てみましょう。

信用情報機関自己破産個人再生任意整理
CIC5年記録なし
JICC5年
JBA10年記録なし

自己破産の場合、10年は、信用情報に金融事故として登録されていますから借り入れは難しいでしょう。また、任意整理や個人再生では返済が終わってからカウントが始まる点にも注意が必要です。

しかし、債務整理をした人にお金を貸してはいけないという決まりはありません。完済後、安定した収入があれば中小の消費者金融であれば借り入れができたという例があります。

関連記事をチェック!

自己破産後に消費者金融の審査は通る?

自己破産は金融事故ですよね。金融事故を起こしたのでは消費者金融での借入は難しいと言わざるを得ません。しかし金融事故情報は一生涯残るわけではありません。 信用情報機関に自己破産情報が登録される期間...

銀行での個人の借入とは

銀行の借入は法人ばかりではなく、個人でも可能です。住宅ローンや自動車ローン以外にも、使い道自由なカードローンもあります。

銀行カードローンは、消費者金融と比較すると融資に時間がかかりますが、比較的低金利であることが魅力です。

銀行の借入審査

銀行の審査は、消費者金融と比べて厳しくなる傾向にあります。これは金利の設定と関連があります。

消費者金融は間口を広げて、利用者を広く募る一方で、金利を法定金利の上限ぎりぎりに設定し、万が一の貸し倒れに備えています。

これに対し、銀行カードローンは低金利路線ですので、返済能力に問題がある人には、最初から融資をしないのです。

また、銀行カードローンの審査では、在籍確認の電話が必須となっています。(消費者金融では、電話の代わりに書類でパスされることもある)

このため、銀行カードローンの審査がダメなら、消費者金融という構図が成立します。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの審査は厳しい?口コミも調査

カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、一般的には銀行系カードローンの方が審査に厳しいと言われています。 それぞれ法律や商品設計によって審査のポイントなどは異...

キャッシュカードで借入ができる?

銀行ならではのメリットは、低金利だけではありません。銀行の発行するカードローンの中には、みずほ銀行のようにキャッシュカードと一体化することができるタイプもあります。

キャッシュカードであれば、ATMでカードローンを利用していても、他人から見れば預金を下ろしているようにしか見えません

また、審査時の在籍確認の電話も、届く郵便物も基本的に「銀行名」ですので、周囲に借金と気づかれにくいという一面もあります

審査なしの借入は可能か?

無担保の借入で無審査はありえない

無担保の貸付に関しては、個人の信用(返済能力)が唯一の担保となります。したがって、審査をしない(=個人信用情報を照会しない)という選択肢はありえません。

申し込み者の返済能力を審査するのは、貸金業者に義務づけられていることですので、審査なしを喧伝するのは違法業者です。

極甘ファイナンス?

極甘ファイナンスという言葉が、インターネット上にあふれていますが、これは造語と思われます。

もし審査が甘いことを売りにしている業者に出会ったら、それは違法な高利でお金を貸す闇金と考えられます。

闇金とは

闇金は、お金に困って判断能力が低下している人をターゲットに、法外な高金利でお金を貸付ける違法業者です。固定電話を持たず、携帯電話からかかってくる融資話は闇金です。

無名の正規の業者と見分けがつかない場合は、金融庁に登録がされているかどうかを調べてみましょう。中には実際に存在する正規の業者の登録番号を偽っている業者もいます

関連記事をチェック!

金貸しの登録番号,電話番号でわかる闇金業者とは~本当に実在する?~

金貸しを生業としないのであれば登録番号は必要ではありません。しかし反復継続して他人にお金を貸す場合は登録番号が必要です。 登録番号の見方を知っていると、正規の貸金業者かそれとも闇金業者なのか見分...

街金から借入するという選択肢

銀行や大手消費者金融ではスコアリングで即審査落ちという方の場合、街金から借りるという選択肢が残されています。

街金とは、大手消費者金融ほどは知名度がないものの、比較的事業規模が小さく、地域に特化して融資を行っている正規の貸金業者のことです。

自動契約機がなく、郵送や来店での契約になるため、大手と比べると融資スピードは劣りますが、法定金利内での貸付を行っています。

最大の特徴は、審査が柔軟なことです。債務整理の経験があったとしても、完済後であれば、現在の返済能力を重視した審査を行います。

融資スピードを早めるコツは、来店して対面与信(店舗で直接面談しながら、融資の可否や額を決める)に持ち込むことです。

関連記事をチェック!

審査が甘い街金融ランキング【闇金との違いを見抜いて安心利用】

銀行や大手消費者金融のカードローンの審査に通らない。 そんな時は「どこからもお金を借りることができないのでは?」と暗い気持ちになってしまう人も少なくないのではないでしょうか? しかし、銀行...

借入返済シュミレーション

借入において無視できないのが金利です。大手カードローン業者のHPであればシュミレーターがありますので、計算してみると良いでしょう。

中小の消費者金融ですと、自分で計算機をたたくことになります。計算方法は複雑ですので、当サイトでも以下のページでシュミレータ―を用意しました。

関連記事をチェック!

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」...

毎月の返済額や、返済にかかる月数を確認することができます。

借入の金利(利息)の仕組みとは?

カードローンの返済は、一般的にリボルビング払いです。

リボ払いの利点は、毎月の返済額が一律となることですが、常に残額に対して利息計算が行われるため、利息が把握しにくいのが難点です。

また、借りている間ずっと金利がかかっているのに、返済額が一律であるという事は、元金がなかなか減らないということでもあります。

(例)アコムで10万円(年利18%)を借りた場合:最低返済額の3000円で計算

回数返済金額元金利息残高
13000円1500150098500
23000円1523147796977
33000円1546145495431
43000円1569143193862
中略
463000円2932681615
471639円1615240
累計139639円10000039639

毎月3000円で払い続けると、完済までに約4年かかり、その間総額約4万円の利息を払うことになります。返済額に占める利息の割合が高いため、なかなか元金が減りません。

このため、資金に余裕ができれば繰り上げ返済を行う、毎月の返済額を増やすなどして早期の完済を目指しましょう。

関連記事をチェック!

アコムの返済方法、返済額【分割払いもマスター】

返済日は2パターン アコムの返済方法は2種類あります。これは契約時に決めるものですが、35日払い。返済したら次回の返済は35日後。但し、35日経つ前に返済してもOKです。 毎月指定期日...

借入後の返済と延滞金

個人が借り入れを行う場合、通常は毎月の返済日を決めて分割で返済を行います。返済日に遅れ、滞納してしまった場合は、遅延損害金(延滞金)が課せられます。延滞金の利率は業者にもよりますが、最高で年利20%で、延滞した翌日から返済に至るまでの日割り計算となるため、延滞を続ける限り雪だるま式に膨らみます。

また、延滞した段階での借入残高に延滞利率をかけて計算するため、借入直後で元金が多い時の延滞ほど利息が高くなります。

期日の返済が難しいことがあらかじめわかっている場合は、業者に電話して月々の返済額を最少返済額まで引き下げてもらう判断も必要です。

関連記事をチェック!

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は必ず知っておいた方が良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

借入可能額とは

借り入れには年収との関係(総量規制)で、額に制限があると述べましたが、住宅ローンは総量規制の対象外です。目安としては年収の6倍(年収500万なら3000万円)です。住宅ローンを組む際に、どのくらい借り入れが可能かは、各銀行のHPで試算することができます。(実際にローンが組めるかどうかは各金融機関の判断となります。)

借入の比率がカギ

住宅ローンに関しては、銀行は貸付の総額よりも、返済の比率を重視します。銀行の返済比率の許容範囲は30~40%とされています。

年収が500万の人は、年間の返済が150万円に収まるのが理想です。

年収が低い場合は、頭金を多く用意してローンの割合を減らす工夫が必要です。

また、配偶者に安定した収入があれば、連帯債務者になることを前提として、収入を合算して借りることも可能です。

クレジットカードで借入という手も

クレジットカードでも、キャッシング機能を利用すればお金を借りることができます。金利は18%が相場ですので、消費者金融とほぼ同じ水準です。新たにカードローンに申し込む時間がないものの、急な出費に対応したいときに利用すると良いでしょう。キャッシング枠は、契約時に自ら希望して外していない限り、最低10万円は枠が設けられています。さらに利用歴によっては、後から増額も可能です。また、海外のATMでは現地通貨を引き出すことができます。(要申し込み)

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

クレジットカードのキャッシング枠はいざというときに助かりますね。クレカにはキャッシング枠以外にも枠が存在します。 総利用枠やショッピング枠との関係も知っておかなければならないことです。上手にクレ...

オススメの消費者金融

大手消費者金融は、土日を含めてスピード審査や即日融資を売りにしています。また初めての利用に際し30日間の無利息キャンペーンを行っています。

さらに、それぞれの業者のオススメポイントをまとめてみました。

レイクALSAで借入れを行う

レイクは、かつて新生銀行カードローンの商品名でした。2018年4月に運営が新生フィナンシャル株式会社へ変わり、消費者金融に生まれ変わりました。

したがって銀行カードローンで不可能だった最短即日融資が、可能となりました。しかも、消費者金融でありながらコンビニの提携ATM手数料が無料である点も大きなメリットです。

また、全額30日間無利息または、契約額1〜200万円の場合、5万円までなら180日間無利息、何れかを選ぶことができます。

関連記事をチェック!

レイクALSA誕生!審査基準は甘い?

今まで新生銀行カードローンだったレイクが、2018年4月から新生フィナンシャル株式会社が運営する消費者金融「レイクALSA」へ変わります。銀行カードローンから消費者金融へと変わることによって審査基準は...

※30日間無利息、180日間無利息との併用不可

プロミスで借入を行う

プロミスは、SMBCグループに属する大手の消費者金融(SMBCコンシューマーファイナンス)が提供するカードローンの商品名です。

新規申し込みでもスピード審査・即日融資が可能なことで知られていますが、一定の条件(後述)を満たせば「瞬フリ」が可能です。

「瞬フリ」とは、その名のごとく一瞬(公式には10秒)で融資が実行されることなのです。

新規の申し込み者は、22時までに契約が完了していることが条件ですが、三井住友またはジャパンネット銀行の口座があれば24時間対応です。

但し、他社借り入れや返済状況によっては、借入れが急に借り入れができないこともあります。借入残高には注意しておきましょう。

限度額そのものをオーバーしている場合は、増資の申込を行うことが必要です。増資に関しては審査が必要ですが、土日は受付ていないため、平日に行いましょう。

関連記事をチェック!

プロミスの借入方法・返済方法~審査・返済日返済額・延滞まで~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は大手消費者金融であるプロミスについてご説明したいと思います。 消費者金融と言うとなんとなくイメージが悪いと感じる人も多いかもしれませんが、プロミスは金...

関連記事をチェック!

【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるとい...

アコムで借入を行う

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属する、大手の消費者金融です。銀行カードローンの審査通過率と比べて消費者金融は高い傾向にあります。

企 業審査通過率
プロミス46.0%
アコム49.1%
アイフル47.4%
銀行カードローン20.0%前後

それでも他社借入が3件以上の場合は、契約しないという自主規制がありますので、その点は理解しておく必要があります。

アコム専用のATMに加えて、セブンイレブンなどのコンビニATMでも借り入れが可能です。

増額を申し込む際は、電話かネット経由で申し込み、すぐに回答が得られますが、契約後少なくとも半年の利用歴は必要です。

関連記事をチェック!

アコムカードローンでお金を借りる方法!マスターカードは現金化できる?

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はアコムカードローンについて説明したいと思います。 ▼融資残高、口座数ともに業界№1.みんなに人気▼ アコムカードローンについて アコムは、三菱UF...

カードローン申込体験談


最新情報

2018年12月18日
未分類
フタバ株式会社
ここに画像①枚目が入ります(ビル・看板など) ②枚目③枚目は画像の内容によって場所を選びます。 名前 フタバ株式会社 住所 東京都千代田区岩本町3-2-10 電話 03-3863-3928(総合デスク) URL http・・・
2018年12月18日
未分類
サラ金で借りたいときはここ
何かの理由でお金が必要な時には、どこかでお金を借りることになりますが、銀行で借り入れをするのは難しいし時間がかかる場合が多いです。 そんな時に、審査も早く申し込みも簡単にできるサラ金でお金を借りたいと思うことが多いです。・・・
2018年12月18日
未分類
さっと借りれるローンってある?
「今すぐお金が必要なった!」そんなとき、さっと借りれるローンってあるでしょうか? 結論から言いますとあります。 今回はそんなすぐに借りられるローンを紹介するとともに、その特徴などを解説していきます。 記事の目次1 さっと・・・
2018年12月18日
未分類
ゴールドカードの支払に遅れるリスク
「憧れのゴールドカード」そう思って、頑張って勤続年数を長くして年収が上がるのを待ってやっとゴールドカードを所有することができたという人も多いのではないでしょうか? しかし、ゴールドカードであるからこそ、支払いの遅れは厳禁・・・
2018年12月18日
未分類
キャッシングの限度額は年収でどう変わる?
記事の目次1 法律で限度額は決められている2 限度額いっぱいまでは借りられない3 新規の申し込みでは少額限度額が多い4 限度額で金利の上限が決まっている5 銀行は自主規制で規制している6 まとめ 法律で限度額は決められて・・・
2018年12月18日
未分類
カードローンの借り換え手順と流れ
カードローンを金利の低い他のローンに借り換えたい、複数のカードローンを1つにまとめたいという人の中には、どのようにして借り換えを行うのか、借り換え後はどのように返済を行うのかを理解していない人も少なくありません。 この記・・・
2018年12月18日
未分類
モビットでお金借りる方法とメリット!!
モビットのことはご存知でしょうか。 モビットは消費者金融の会社ですが、審査に比較的通りやすいうえに、ご家族などに、ばれずに借入がしやすいということでも有名です。 今回は、モビットの特徴やメリットをご説明したいと思います。・・・
2018年12月18日
未分類
初めてお金を借りるときの注意点
お金がない!お金を借りたいけど、初めてだから不安という人も多いのではないでしょうか? 銀行や消費者金融からお金を借りるときには注意すべきことがいくつかあります。 注意するポイントを事前に抑えて、安心してお金を借りましょう・・・
2018年12月18日
未分類
オリックス銀行のカードローンでシンプルキャッシング
ちゃんと仕事をしていて、収入は毎月安定していても、支出においては波があるのが世の常です。 計画的にお金を管理いていても、大型連休にレジャーへ出かけるための軍資金や仕事を頑張った自分へのご褒美などまとまった資金が必要なタイ・・・
2018年12月18日
未分類
おまとめローンを低金利な銀行で申し込みたい!審査に通るポイントとは?
複数の金融機関からカードローンなどを借りている人は、おまとめローンを利用すれば借金を一本化でき、月々の返済が楽になり、金利を下げることができる可能性があります。 そこで、低金利な銀行の選び方や、金利の差でどれだけお得にな・・・
2018年12月18日
未分類
おまとめローン?自己破産?どちらを選べばメリットがあるのか
借入先が複数あったり、月々の返済金額を考えたりすると借金を一本化する「おまとめローン」か「自己破産」という選択肢を検討する人もいます。 両方にメリット・デメリットはありますが、どちらを選べばよりデメリットが少なくなるので・・・
2018年12月18日
未分類
アイフルは総量規制対象外で借り入れが可能?
アイフルから融資を受ける場合、ホームページで公開している限度額を借りられるのではと考える人がいます。 しかし審査に問題がなくても、自分が希望した金額を借りることができないことがあります。 これは借入本人に問題があるのでは・・・
2018年12月18日
未分類
ソニー銀行カードローンは即日融資可能?申込みの注意点は?
この記事を読まれている皆さんは、「ソニー銀行のカードローン」と聞くと、どんなイメージを持たれますか? 「インターネットでのサービスが充実していそう…」 「銀行カードローンだから低金利で限度額も大きいのでは?」 「申込みも・・・
2018年12月18日
未分類
セブン銀行カードローンは即日融資可能?
今回はセブン銀行カードローンのご紹介です。 セブン銀行は、ご存知の通り「セブンイレブン」「イトーヨーカ堂」などと親和性の高いサービスを提供しており、他社にはないメリットがいくつかあります。 この記事では、セブン銀行カード・・・
2018年12月18日
未分類
じぶん銀行カードローンは即日融資可能か?
KDDIと三菱UFJ銀行によって設立された「じぶん銀行」。 その多彩な商品力と、KDDIサービスとの親和性は有名ですが、今回はそんな「じぶん銀行」の主力商品である、「じぶん銀行カードローン」について、詳しい情報をお届けし・・・
2018年12月18日
未分類
三菱UFJバンクィックは即日融資可能?
2008年にサービスが開始された、三菱UFJ銀行の「バンクィック」ですが、カードローンを利用している人なら、一度は利用を検討した事もあるのではないでしょうか? そこで、今回はあらためて「バンクィック」の商品概要・スペック・・・
2018年12月18日
未分類
イオン銀行カードローンで即日融資してもらうには?
今回の記事では、イオン銀行カードローンの特徴・即日融資の可否などについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。 銀行カードローンと聞くと、限度額が大きくて金利が低いというイメージが先行しますが、審査スピードなども含め、総・・・
2018年12月18日
未分類
北洋銀行カードローンで即日融資してもらう方法
銀行のカードローンを選ぶ際、重要視したいのは「スピーディーに審査通過できるかどうか?」という点だと思います。 そういう意味では「メガバンクのカードローンより、地方銀行のカードローンのほうが審査は通りやすいのでは?」と思っ・・・
2018年12月18日
未分類
プロミスの簡単審査の内容と審査通過のポイント
今回は大手消費者金融「プロミス」の審査について、詳しい情報をお届けしたいと思います。 特に、プロミスの簡単審査(お試し審査)について…、そして本審査で確認される項目に関する情報についても、詳しくお伝えしていきます。 記事・・・
2018年12月18日
未分類
犬猫の手術費用と払えない時のローン
最近のペットブームは衰えるところを知らず、犬や猫などのペットを飼われている方も多いと思います。 しかし、そんな犬や猫でも、病気をしてしまう事もあり、家族の一員となったペットの治療にお金がかかる事も少なくありません。 しか・・・