審査が甘いバイクローンはある?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

バイクを購入したいときにはローンを利用する人も多いですが、収入によってはバイクローンの審査にとおらない可能性もあります。

そこで、気になる情報と言えば、バイクローンの審査が甘い業者がないかでしょう。

今回はバイクローンの審査が甘い会社があるのか、バイクローンの審査にとおるためのコツは何かなど解説します。

執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務
この記事はこんな人におすすめ

今回の記事は以下の人におすすめの内容です。

  • 審査の甘いバイクローンについて知りたい人
  • バイク購入できるローン商品について気になる人
  • バイクローンの審査にとおるためのポイントが気になる人

バイクローンの提供先

バイクを購入するときに、スクーターなどの小型バイクであれば現金一括で購入できる人もいるでしょうが、大型のバイクともなれば金額的に多くの人がローンを組んで購入するでしょう。

こういった場合に利用するのが「バイクローン」です。

バイクローンを借りるときにも、マイカーローンなどのように必ず審査に通らなければ借りることはできず、より審査が甘いところに申し込みしたいものです。

しかし、バイクローンといっても、多くのところで提供していますので、どこで申し込む方が良いのか分かりにくいです。

バイクローンを提供している先は、主に次の3つです。

  • 銀行などの金融機関
  • 信販会社
  • 消費者金融

それぞれの会社を比較すると審査の甘さやローン内容は異なります。

この記事では、バイクローンを提供している先で、どこの審査が甘いのかについて解説していきます。

一般的な借入目安は年収の1/2

一般的に銀行などの自動車ローンであれば、借りられる金額の目安は借入期間にもよりますが「年収と同額」と言われています。

バイクローンも自動車と同じようなローン商品なので、「年収と同額までが借入限度額の相場となると考えられますが、バイクローンの場合は「年収の1/2」が借りられる相場とされています。

自動車とバイクの違いは、自動車の方が高額になりやすいということです。

また、自動車は日常生活を送るために使用されることが多いですが、バイクは趣味のために購入する人が多いです。

もちろんバイクも日常生活で使用する人もいますし、借入額が高額になることもありますが、自動車ほど多いわけではありません。

したがって、バイクローンを利用する場合には、最高でも年収の1/2となるようなバイクを購入、または頭金で借入金額を1/2以下にして申し込みましょう。

バイクローンを利用するメリット

バイクの値段はピンキリですが、現金で購入するとなると非常に大きな金額を一度に支払うことになります。

バイクローンを利用して購入すれば手元にあるお金は残りますし、計画的に返済をしていけるので生活に無理のない範囲でバイクのある生活を楽しめます。

欲しいバイクを手に入れられるほどの貯金が十分になくても、バイクローンなら早くバイクをゲットできる点もメリットとして挙げられるでしょう。

お金を融通する方法としてはバイクローン以外にも、フリーローンやカードローン、キャッシングなどがあります。

バイクローンはいずれのローン商品と比較しても金利が圧倒的に低く、総返済額をしっかり抑えられるのも特徴です。

借入可能額の幅が広く、高額なバイクであっても対応できるのがバイクローンです。

対象となる購入方法

新車のバイクではなく、中古車を手に入れようと考えている人もいるでしょう。

バイクローンは中古車の購入もほとんど対応できます。

しかし、バイクローン商品によっては、バイクの排気量に規定があったり、利用条件で除外されていたりすることがあるので、申込をする前によく確認しましょう。

一方、メルカリやヤフオクなどのオークションを含む個人間取引は、バイクローンを利用しての購入はできません。

それでも、手元に資金がなく、バイクをどうしても購入したいという人は、フリーローンやカードローンを利用して購入資金に充てましょう。

バイクローンの審査基準

バイクローンの審査基準や条件は基本的に、マイカーローンと同じように申込者の年収や、過去のローンやクレジットカードの利用状況がポイントとなります。

しかし、バイクローンの審査基準は、マイカーローンなど他のローン商品と比較すると少し内容が違うものもあるため、それぞれの条件ごとに確認して行きましょう。

1.年齢

バイクローンの審査基準のひとつとして欠かせないのが、申込者の年齢です。

バイクローンはもちろん借入契約を結ぶ場合は基本的に、収入のある人を対象にして行っています。

したがって、年齢が20歳以上の人を対象にしているものがほとんどです。

20歳未満の未成年者や本人に収入のない学生は、本人名義でバイクローンを組めませんので、保護者が代わりにバイクローンの申込をしなければなりません。

なお、年齢の上限設定はローンの種類によって異なりますが、返済完了時の年齢が満60~75歳の間に設定されているローンが多いです。

2.勤務先・勤続年数

バイクローンの審査において、申込者の勤務先や勤続年数はとても重要な項目になります。

勤続先は公務員や大手企業などであれば審査にとおりやすくなりますが、フリーターや契約社員だからと言って、申し込めないわけではありません。

ただし、無職や専業主婦では、条件を満たさないケースが多いため気を付けましょう。

利用検討中のバイクローンの商品概要をチェックして、無職や専業主婦が申込み対象者になっていれば利用できます。

また、勤続年数は審査通過するうえで重要な要素となっており、入社や勤務を開始してから半年以上経過していないと、他の条件が良くても審査にとおらない可能性が高いです。

入社してから間もない人や転職を繰り返している人は、勤続年数の条件を満たせずに審査落ちする可能性があることを覚えておきましょう。

3.収入

審査基準として収入も重要な要素ですが、年収の多さよりも借入を希望するバイクローンの支払い能力があるかを審査されます。

例えば、借入希望額が300万円、借入期間が1年、年収が500万円であるケースだと収入に占める返済額の割合が高いため、支払い能力がないと判断される可能性が高いです。

年収に対する1年間の返済額の総額を表した数値を返済比率と呼びますが、この割合を求めるときにはバイクローンだけでなく他社借入も含まれます。

そのため、特に他社借入が多い人は、いくら年収が高くてもバイクローンの審査に落ちる可能性があるのです。

バイクローンの返済比率が年間30%を超えると、審査にはとおりにくくなるので気を付けましょう。

また、収入があったとしても、株の取引などは安定収入と判断されない場合があるため審査落ちするケースもあることを覚えておきましょう。

4.家族構成

配偶者や子供の人数などの家族構成も審査に少し影響を与えます。

一般的に、独身よりも既婚者の方が金融機関の目的ローンにはとおりやすいですが、そこまで重要視される項目ではないため他の審査基準よりも気にしなくて良いでしょう。

5.総量規制

消費者金融や信販会社のローンを利用するときには、貸金業法内の総量規制と呼ばれる規制を受けます。

総量規制とは貸金業者に対して定められている法律で、年収に対して3分の1以上の借入額を貸してはいけない制度です。

仮に、貸金業者が総量規制に違反した貸付をすると罰金などの罰則を受けてしまいます。

銀行などの金融機関ではなく、消費者金融や審判会社で取り扱われているローン商品を利用する場合は、総量規制に該当しないかよく確認してから申し込まないと審査に落ちる原因になります。

総量規制の対象となる貸金業者からお金を借りるときには、他社と併せて借入額が年収の3分の1を超えないようにしましょう。

6.信用情報・金融事故

ローンの審査時には、本人確認書類から分かる個人情報の他にも個人信用情報と呼ばれる情報も確認されます。

個人信用情報には、過去のクレジットカードの支払い状況や、自己破産や異動情報と言った金融事故の情報が記録されています。

個人信用情報は、個人信用情報機関と呼ばれる専門の団体に保管されており、金融機関は提携している個人信用情報機関に審査のたびに申込者の個人信用情報を確認できるのです。

もし過去に長期延滞や債務整理をしたことがある人は、個人信用情報に記録が載っていると審査に落ちるため注意が必要です。

信用情報機関にある記録は金融機関などだけでなく、ローン申込者本人も開示できます。

過去にクレジットカードの利用料金を延滞したり、ローン返済を滞納したりした記憶がある人は、信用情報機関で確認することをおすすめします。

異動情報はいつまでも記録されているわけではありません。

取引内容によって定められた期間が経過すると情報はなくなります。

債務整理をした情報が信用情報機関にあればバイクローンの審査に通過することはないので、この機会にチェックしてみるといいでしょう。

頭金は審査に影響する?

結論から言えば、頭金の有無はバイクローンの審査結果にそれほど大きく影響はしません。

審査結果が少しでもよくなることを考えて頭金を入れようとしているなら、無理して用意する必要はないでしょう。

バイクを購入してから必要になる整備費用や保険代などに充てるといいでしょう。

少額の頭金は審査結果への影響はほとんどありませんが、借入総額の半分以上の金額を用意するのであれば通過率をアップできる可能性があります。

とは言え、借入希望額の半分以上を支払えるほどのまとまったお金があるなら、そもそもバイクローンを借りる選択はしないのかもしれません。

ローン審査を確実に通過するコツ

必ずローン審査に通るとは言えませんが、通過率をアップするためのコツを具体的に紹介します。

  • できるだけ年収が高い状態で申込をする
  • 審査を受けるローンの利用条件を事前に押さえておく
  • 他社借入をなるべく減らしておく
  • 利用していないカードローンやキャッシングがあれば解約しておく
  • 借入希望額はできるだけ少なくする
  • 自分の信用情報をチェックしてから申し込む
  • 申込書を誤記入しないように気を付ける
  • 正確な他社借入額を申告する

ローン審査は申込者の信用情報や返済能力などを総合して結果が出されます。

以上のコツを試したからと言って誰でもバイクローンの審査に通過できるわけではないですが、可能性はアップできるので試してみましょう。

毎月の返済方法

無事、バイクローンの審査に通過した場合は正式に契約書を書いて、融資が実行されます。

返済方法は利用するバイクローンを取り扱っている会社によって異なりますが、毎月指定日に口座から返済額が引き落とされるのが一般的です。

場合によっては、ATMなどから振り込みでお金を支払います。

バイクローンの返済を延滞したり、滞納したりすると信用情報にキズが残る原因になるので注意が必要です。

口座引き落としで返済する場合は、毎月引き落とし日の前日までに残高を確認するようにしましょう。

振り込みでの支払いは処理を忘れてしまいやすいので、カレンダーに印を付けたり、リマインダーを登録したりなどの工夫が効果的です。

大手バイクローンの金利一括比較

バイクローンとして借入ができる大手のローン商品を一括で比較できるように、一覧表を作成しました。

金利は2019年10月時点のものを表記していますが、場合によっては変更されている可能性があるので実際に申込をするときは公式ページを確認するようにしましょう。

取扱会社金利
三菱UFJ銀行1.7%~2.45%
損保ジャパン日本興亜1.9%~2.85%
りそな銀行1.9%~4.475%
日本証券金融1.8%~3.8%
ASAX(アサックス)2.6%~15.0%
アイフル3.0%~9.5%
アコム3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%

審査の甘いバイクローンは?

ここまでバイクローンの審査基準や審査に通るコツなどを紹介してきましたが、ここからは審査が甘いバイクローンはどこのローンかを見ていきます。

銀行のバイクローン

銀行にはバイクローンというバイク専用の融資商品はほとんぼなく、バイクの購入資金を借り入れる場合の申し込みは車購入と同じように自動車ローンで行うことになります。

ネット銀行が増えてきた影響で、金融機関に来店しなくても利用できる銀行系の自動車ローンも増えており、平日に銀行に行きづらい人でも利用しやすいです。

ただし、銀行の自動車ローンのメリットは低金利で借りられることですが、低金利であることは審査を厳しくする原因となっています。

設定されている金利が低いため、銀行は契約者から確実に貸出金を回収する必要があるので、信用が高い人でなければ借入れができません。

また、銀行で借入申し込みするために必要な書類も多いですし、借入金をすぐにバイクの購入先へ振込みしなければならない制限があります。

購入したいバイクが中古車の場合には、自動車ローンが利用できないケースも多いため、自動車ローンではなくフリーローンで借入するのもひとつの手です。

フリーローンであれば、購入したバイクを担保に入れずに済むため、所有権が動かない点がメリットのひとつです。

審査が甘いのは地方銀行や信用金庫

銀行のバイクローンは、すべてのところで審査が厳しいわけではありません。

審査の基準は各銀行で異なり、審査担当の人によっても審査の通る・通らないは変わってきます。

また、大手銀行だけではなく地方銀行や信用金庫などでも自動車ローンは提供しています。

基本的には、大手銀行と地方銀行、信用金庫で申込方法や返済方法、必要書類などの違いはありません。

また、窓口の営業時間に関しても平日15時までであるため、大手銀行以外は申し込みにくいということもないです。

自動車ローンの審査は、一般的に審査の柔軟性の高さは次の通りです。

  1. 信用金庫
  2. 地方銀行
  3. 大手銀行

確かに大手銀行の自動車ローンは金利が低いのが魅力ですが、地方銀行の方が審査に通る可能性は高いと言えます。

さらに、多少の金利の高さを許容できるのであれば、信用金庫の方が借りやすいです。

ただし、これは一般的な目安となりますので、銀行で借りられない人が信用金庫に申し込むと、必ず審査に通るわけではありません。

審査の難易度はあくまで目安と判断して、先ほど紹介した審査基準を満たしているかをまずは自分で冷静に確認してみましょう。

関連記事をチェック!

11553view

マイカーローンの借入限度額はいくら?

車を購入するにあたり、新車や中古車など車種だけでなく状態によっても金額はピンからキリまであります。 さほど状態の良くない中古車を購入するならまだしも、新車や状態の良い中古車を購入する際には大きなお金...

信販会社のバイクローン

信販会社のバイクローンはバイクを購入する店が提携しているものを利用しますので、バイクローンの中では最も申し込みしやすいローンです。

信販会社のバイクローンも銀行の自動車ローンと同じようにバイク専用のローンがないため、自動車を購入したときに利用できるローンと同じもので借りることになります。

バイク販売店で組めるバイクローンは、次の2つの種類があります。

  • メーカーディーラーが直接行っているディーラー系ローン
  • 信販会社が行っている信販系ローン

バイク購入店が直営ではないディーラーの場合には、必然的に信販会社のバイクローンを利用することが多いです。

バイクの販売店で購入するときにはどのようなバイクローンを取り扱っているか、購入店に確認しましょう。

信販会社のバイクローンのメリットは、銀行よりも審査が甘く、利用者の年齢が18歳や19歳などの未成年であっても利用できるものがある点です。

しかし、信販会社のローンは購入するバイクを借入の担保としますので、バイクの所有者は購入した人ではなく信販会社などになります。

無事にローンを完済したときには所有者は購入した人へ変更となるのですが、ローン返済中は所有者である信販会社などに無断で売却できなくなってしまいます。

保証人を付けることで審査に通りやすくなる

信販会社のバイクローンでは、信用が低い人であっても保証人を付けることで審査に通りやすくなります。

保証人とは契約者が返済できなくなった場合に、契約者に代わって借金を弁済していく責任が課されるので、バイクの担保と併せて設定することで信用を高くできるのです。

しかし、保証人にも返済能力がなければ借入れができず、場合によっては信販会社から保証人の変更を求められます。

信用に自信がないという場合には、最初から保証人を付けて申し込むことをおすすめします。

ただし、未成年が申し込む場合には、必ず保証人を付けなければなりません。

また保証人と連帯保証人では、ローン契約者が支払えなくなったときの対応が変わってくるため、申し込み前に保証人となってくれる人と確認しましょう。

消費者金融のバイクローン

消費者金融が取り扱う商品といえばカードローンやキャッシングが有名であり、バイクローンを提供していることを知らない人もいます。

といっても、バイクローンという専用商品があるというわけではなく、目的別ローンなどのように、使用する目的を限定して消費者金融から借入します。

例えば、大手消費者金融のアイフルでは、目的別ローンの中の「カーライフ」でバイクの購入費用の借入れが可能です。

消費者金融バイクローンのメリットは、どこよりも審査が甘いということであり、銀行や信販会社で審査にとおらなかった人でも、十分に借りられる可能性があります。

しかし、金利は通常のカードローンなどのように高く、例えばアイフルでは9.8%~17.0%が適用されますので利息負担は大きいです。

また、消費者金融系のカードローンであれば、アコムのように無利息サービスがあるため、30日間金利無料で借入ができます。

短期間の借入でお金を融通して、すぐに返済できるのであれば無利息サービスを賢く利用するのもおすすめです。

大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融でもバイクローンに活用できるローン商品を取扱っているため、幅広く借入会社探してみましょう。

少額しか借りられない

銀行や信販会社のバイクローンでは、500万円や1,000万円という高額な借入ができますが、消費者金融のバイクローンでは少額しか借入れできません。

先ほど紹介したアイフルでは、最高で100万円までしか借りられず、大型のバイクを購入するときには自費で頭金を用意する必要があります。

消費者金融のバイクローンは、信販会社のようにバイクを担保にしないために総量規制の対象となってしまいます。

したがって、他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用している場合には、100万円も借入られないこともありますので、注意しなければなりません。

バイクローン審査に落ちた際の対処法

銀行や信販会社のバイクローン審査に通らなかった、消費者金融のバイクローンでは借入金額が足りないという場合の対処法について紹介していきます。

この場合の対処法には、

  • 銀行のカードローンやフリーローンで借りる
  • 消費者金融のカードローンで借りる

の2つがあります。

まず、銀行のカードローンやフリーローンは、自動車ローンよりも審査は甘く、資金使途も自由な商品です。

しかし、金利は自動車ローンよりも高くなり、カードローンであれば15%程度の金利が適用されることもあります。

また、カードローンの場合には、希望する利用限度額で借りられないこともあるので、フリーローンの方がバイクローンの代わりとしてはおすすめです。

消費者金融のカードローンも銀行カードローンと同様であり、高い金利で借りることになりますし、希望額を借りられないこともあります。

ですが、カードローンであれば必要なときにATMなどを利用してお金を引き出せるの利便性が高いです。

見積書などを提出しなくてもカードローンで借入れができますし、審査も甘いですので借りやすさを重視するならおすすめです。

この他にもバイクローンの審査にとおるための方法や対処法がいくつかあるため、詳しく見ていきましょう。

他の借金を減らす

審査に落ちた場合は、他社からの借入をできるだけ減らしたり、完済させたりすると効果的です。

バイクローン以外にカードローンや、クレジットカードのキャッシングを利用している場合には、バイクローンの利用金額と併せて審査されるため、他社借入が多いほど審査に悪影響を与えます。

もしも、他社と契約しているカードローンなどの返済額が高額である場合には、一度借り入れ状態を確認して返済できるものは繰上返済を積極的に行いましょう。

また、ローンを完済していてもカードローンの場合には、解約しなければ審査に影響を与える可能性があるため、完済したカードローンは解約しましょう。

カードローンは借入額がなくてもいつでもお金を手にできるローン商品なので、利用限度額が返済比率に影響するのです。

カードローンの解約は手間に感じるかもしれませんが、素敵なバイクを手に入れるためにもしっかり手続きを完了させましょう。

申込金額を見直す

自分の年収に対してバイクの購入金額が高額である場合には、バイクローンの利用金額を見直した方が良いでしょう。

先ほども紹介したように、1年間の返済金額が年収の30%以上の金額だと審査結果が不利になります。

したがって、高額なバイクを購入しようとして審査に落ちた場合には、バイクのグレードを下げて借入れできるように調整しましょう。

もしくは、購入するバイクはそのままにして、少し自己資金を出して借入額を減らすなどの工夫をすると効果的です。

カードローンを利用する

先に少し触れましたが、バイクローンの審査に落ちた場合はカードローンを利用する方法もあります。

金融機関などの目的ローンは金利が低いですが、その分審査基準や申込の条件が厳しいことが多いです。

したがって、目的ローンが利用できない人は、カードローンの利用を検討すると良いでしょう。

カードローンの場合は、申込条件が易しく場合によってはフリーターやパートでも利用できるため、目的ローンよりも利用しやすいです。

ただし、利用限度額が希望額に届かない場合もあるため、全額カードローンで補えない可能性もあります。

期間を開けて申し込む

審査のポイントのひとつである個人信用情報の内容は、時間経過でしか回復ができません。

したがって、過去に滞納や金融事故を行いバイクローンの審査に影響を与えている人は、一定期間空けてから申し込みすると良いでしょう。

また、金融事故に関しては発生してから5年間情報が消えないため、5年経過して審査通過できる状況になってから申し込みしましょう。

まとめ

バイクローンの審査が甘いのは消費者金融であり、その次が信販会社、最後に銀行という順になります。

しかし、「審査の甘さ=金利の高さ」となりますので、審査の甘さばかりを重視していては金利負担が多くなってしまいます。

それでも、審査に通らなければバイクを購入できませんので、借りやすさと金利のバランスを考えて選ぶことが重要です。

関連記事をチェック!

7700view

新卒で車のローンやカードローンの契約は可能?

新卒で車のローンやカードローンの契約をすることは可能なのでしょうか。地域によっては車がなければ通勤できないということもありますね。 一人暮らしになれば欲しいものばかり出来てしまいます。会社の飲み会が...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)