ブラックでも絶対通るおまとめローンはないの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金返済が困難になってきた場合、少しでも金利が低いところで借金をまとめて、月の返済額を押さえたいものです。

しかし、審査に通るかどうかが問題になります。

幾ら条件がいいところを見つけたとしても、審査に通らなければ意味がありません。

おまとめローンは、ローンの種類によって、商品内容な審査の基準が大きく異なるローンです。

そのため、1社目に審査に落ちても、2社目の審査には通過することができるというケースも少なくありません。

必ず誰でも確実に審査に通るおまとめローンは存在するのでしょうか?

おまとめローンの審査基準や、審査に通るコツなどについて詳しく見ていきましょう。

借り換え、おまとめローンを検討している方におすすめの記事です

この記事は複数の借入金の返済に困っており、借金をまとめたい人におすすめです。

おまとめをしたいけど、審査に通過できるか心配という人は、おまとめローンの審査のポイントを分かりやすく解説していますので、ぜひご覧下さい。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

審査の甘い消費者金融に申し込むのが借金完済の近道

審査が甘い金融機関がないのは十分分かってはいるけれども、それでもどうにかしたいのが借金問題です。

一般的に他社借入件数が既に4社以上ある人に対しては、なかなか新規貸付けが難しくなっています。

4社以上あるのならば、申込先は通常のキャッシングではなくおまとめローン一択になりますが、少しでも審査に有利に働くように事前に自分自身が動くことも必要になってきます。

消費者金融おまとめローンの特徴

消費者金融のおまとめローンは、貸金業法に基づくおまとめローンという、法律に則って商品設計が決められているローンです。

消費者金融のおまとめローンの特徴は以下のようになっています。

  • 貸金業者からの借入だけをまとめるローン
  • 総量規制対象外
  • 返済専用でおまとめ以外には1円も使えない

貸金業法に基づくおまとめローンでまとめることができるのは、消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販会社からの借入など、貸金業者からの借入だけで、銀行などの預金を融資で運用する金融機関からの借入をまとめることはできません。

また、貸金業者からの借入ですが、消費者にメリットのある借入ですので、総量規制対象外になっています。

さらに、あくまでもおまとめにしか利用することができないため、返済専用で、おまとめ以外には1円も借りることはできません。

銀行おまとめローンの審査は厳しい

銀行にもおまとめ専用のローンは存在します。

しかし、銀行のおまとめローンは金利が消費者金融よりも低くなります。

金利が低いということは必然的に審査も消費者金融のおまとめローンよりも厳しくなるということです。

返済状況や収入にもよるものの、消費者金融から複数本の借入があるような人は、審査に通過することは難しいでしょう。

おまとめローンの審査に通過しない人の共通点

ブラックではないけれども現在複数の借入先があり、借金総額も大きい多重債務者が審査に申込みをした場合、審査基準は各金融機関で異なりますので、A社に断られたからといって他社も絶対に審査には通らないというわけではありません。

そのため審査が甘いというよりも、申込先の審査基準に沿うか沿わないかの差なのです。

具体的に審査ではどのような項目がチェックされるのかを確認していきましょう。

①返済履歴に未納や滞納がある

信用情報には、ローンやクレジットカードの返済状況が過去24ヶ月分記録されています。

ここで、返済に遅れが多い場合には、おまとめローンの審査に通過できないことがあります。

返済に遅れが多いローンというのは、債権者にとっては不良債権一歩手前のリスクが高いローンです。

このようなローンをまとめてしまったら、他社にとってのリスクを自社で引き受けてしまうことになるので、審査に通過することは難しくなるのです。

また、現在延滞中のローンやクレジットカードの支払いがある人は絶対に審査に通過することはできません。

延滞が発生する前に申込をするようにしましょう。

②債務残高が多い

おまとめローンのような無担保のローンは、いくら多くても絶対に年収以上の融資は行いません。

すでに年収を超えた他社借入がある人の審査通過はほぼ不可能ですし、よほど属性がよくない限りは、年収の2分の1以上でも融資は難しいでしょう。

③勤務年数が短い

おまとめローンは、複数の債務をまとめて、長期間かけて返済していくローンです。

そのため、現在の収入が今後も継続していくことが求められます。

収入の継続性を測るための指標の1つが勤続年数です。

勤続年数が長い人ほど、現在程度の年収が今後も継続すると見込むことができるので、審査では有利になります。

一方、勤続年数が短い人は審査に通過することは難しくなります。

最低でも1年以上の勤続年数がないと審査には通過することはできませんし、ローンの中には申込条件に勤続年数1年以上としている場合もあります。

おまとめローンの「審査に通る人」の5つの共通点

おまとめローンの基準はそれぞれですが、どこの金融機関であっても審査時に確認する項目は大体一緒です。

つまりは確認される項目さえクリアしておけば、融資につながる可能性は高くなってきます。

審査時に確認される項目を見ていきましょう。

①正直に申告する

申込時に年収や勤続年数、持家かどうかなどの申告を行いますが、これは後で提出書類などでも分かることでもあります。

それなのになぜ自己申告をさせるのかというと、虚偽の申告をしていないかどうかを確認するためでもあるのです。

貸す側(がわ)の金融機関からすれば、これから見知らぬ人に大金を貸すのですから、最低条件としてうそをついていない正直な申告をする人というのが大前提です。

借りるときですらうそをつく人は、これから先仮に延滞などがあった場合でも、必ずうそをつきます。

借入件数や他社借入額などを少なめに申告したとしても必ずばれてしまうため、少しでも審査に通過したいという気持ちで、安易に虚偽の申告を行うことはやめておきましょう。

②転職前に審査を申し込む

次に確認されるのが年収と属性です。

収入面が高ければそれだけでいいという話ではなく、継続して安定した収入があるかどうかという点で判断されます。

年収が高くても、毎月安定した収入がない不安定な職業の場合は審査で不利になります。

また属性は勤続年数や役職なども確認しますが、勤続年数が短いと「また転職する可能性もある」と判断されますし、安定した収入が得ることが難しいのではないかとも思われてしまいます。

勤続年数の基準も各金融機関によって違いますが、最低でも1年以上できれば3年ほど勤務実績があることが理想です。

③完済したカードから順に解約する

カードローンやフリーローンを利用する場合、どんなことに使っても特に制限はありませんので借入れ目的を聞かれる機会も少なくなっています。

しかし聞かれなかったからといって黙っておくよりはおまとめに利用することを伝えましょう。

あえて「この融資は他社をまとめるために必要である」「完済証明書も提出する」などのアピールをすることで、審査で有利になる可能性があります。

まとまったお金を借り入れ希望なのに資金使途がよく分からないというよりは、他社の借金をまとめると資金使途をはっきり伝える方が金融機関の担当者の信用度が上がります。

④過去10年間の信用情報がブラックではない

申込みがあると必ず最初に行われるのが、信用情報機関への照合です。

ここでは他社の借入件数や借金総額、毎月の返済に遅れがないか、申告された氏名住所に相違がないかを確認されます。

ここで既に他社返済を長期間滞納していたり、過去に自己破産などをしていたりすることが判明すればどんなに収入が高くても、その場で審査に通りません。

そのため「全く心当たりはないけれど毎回審査に通らない」という人は、一度自分自身の個人信用情報がどのように記載されているのかを確認するため、信用情報機関で情報を開示してもらうことをおすすめします。

⑤短期間に多重申し込みを行わない

ローンの審査では信用情報の確認を必ず行います。

信用情報には、ローンやクレジットカードへの申込をした情報が記録されており、申込情報が多い人ほど審査で不利になります。

申込情報は以下の期間記録されています。

  • クレジットカードや信販会社や消費者金融への申込:半年間
  • 銀行や信用金庫などへと申込:1年間

最後の申込をしてから、上記の期間が経過するまでおまとめローンへの申込は控えた方がよいでしょう。

上記の期間が経過すれば、信用情報はクリアになり、申込情報が問題で審査に通過することができないということはありません。

与信がアップするコツを教えます

審査に通過するためにはコツがあります。

誰でもコツをつかめば審査に通過することできるわけではありませんが、コツを覚えることで与信(審査通過)の可能性はだいぶ大きくなるでしょう。

申込前には以下の3つのコツを覚えておくとよいでしょう。

①過去の完済実績をアピールする

ローンを完済したという実績は、審査ではプラスの材料です。

そのため、審査担当者に、過去にローンを完済したという実績をアピールしましょう。

また、信用情報には完済から5年間は、過去に完済したローンの情報が記録されています。

この情報があるうちは、おまとめローンの審査で信用情報を照会した際に完済実績が照会されますので、審査では有利になります。

過去にローンを完済したことがある人は、完済から5年以内におまとめローンの申込をした方がよいでしょう。

②低い限度額で申し込む

借入限度額が大きい方が審査通過は難しくなります。

そのため、できる限り低い限度額で申込をした方がよいでしょう。

おまとめローンの場合、残高が多いものも少ないものも、1つにまとめてしまいます。

審査通過の可能性を上げたいのであれば、複数あるローンの中でもまとめるローンとまとめないローンを取捨選択し、まとめなくても短期間で完済できるローンは、まとめずに、おまとめローンの申込金額を少なくした方がよいでしょう。

③完済したカードから順に解約する

カードローンは、実際に借入残高がなくても、枠があるというだけで、審査で他社借入と認識される可能性があります。

他社借入が多ければ多いほど審査では不利になりますので、使っていないカードローンやクレジットカードのキャッシング枠があるのであれば、解約してから申込をした方がよいでしょう。

口コミで審査が甘いといわれている業者を調べました

結論からいうと、誰でも通る「ブラックでもOK」という金融機関はありません。

どこの金融機関であったとしても必ず審査は行います。

通常の金融機関であれば、ブラックといわれる自己破産や長期延滞などの金融事故を起こしている人に対しては新規の貸付けを行いません。

逆に、「ブラックでも借りられる」などとうたう貸金業者には要注意です。

そのような業者は、考えられない高金利で貸付けをしたり、強引な取立てを平然と行ったりする闇金業者である可能性が高いため、利用しないことをおすすめします。

おすすめの審査が甘い業者ランキング

①中央リテール

中央リテールという名前を聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?

中央リテールは中小の消費者金融で、おまとめだけを行なっている業者です。

特徴は何よりも金利で、最高金利13%という低金利でおまとめをすることができます。

では、審査は厳しいのかと言えば、債務整理経験者でも審査に通過したという口コミもあるほどですので、審査はそれほど厳しくはありません。

多重債務に悩んでいる人は中央リテールでのおまとめを検討してみましょう。

ただし、中央リテールは貸金業者ですので、貸金業者からの借入しかまとめることはできません。

銀行や信用金庫からの借入はまとめることができない点に注意しましょう。

②楽天銀行

楽天銀行のカードローンは、金利が14.5%と低金利でありながら、おまとめの実績のあるカードローンです。

楽天銀行カードローンは利用実績に応じて楽天スーパーポイントも貯まるため、金利以上のお得感もあります。

また、限度額が大きくなれば金利が低くなるというのもカードローンならではのメリットです。

③住信SBIネット銀行

金利が低い代名詞的な存在が住信SBIネット銀行カードローンです。

住信SBIネット銀行カードローンの金利は、0.99%〜14.79%で、SBI証券の口座を持っているなどの所定の条件を満たせば、100万円程度でもかなりの低金利でお金を借りることも可能です。

審査は甘くはありませんが、給与所得者であれば、金利の低いプレミアムコースの審査に通過できる可能性は低くはありません。

おまとめを希望している人は申込をしてみる価値は十分にあるでしょう。

④アコム

以前は「複数ある借金をまとめるのであれば金利が低い銀行カードローン」といわれていましたが、2016年に日弁連からの通告を受け、多くの銀行でカードローンの貸付け自粛を行っています。

元々銀行カードローンをおまとめに利用するには審査が厳しかったのですが、それに輪をかけての自粛ですので、銀行カードローンでおまとめすることは容易ではありません。

また、銀行カードローンでおまとめ利用できるということはホームページにもかかれているところが少なくなっています。

消費者金融のおまとめローンであれば、銀行に比べると金利が高いというデメリットがありますが、即日融資可能な場合もあり、急ぎでおまとめしたい人にはメリットが大きいものとなっています。

アコムのおまとめローンは、最短30分審査回答というメリットがあります。

最高金利18%と、アコムのカードローンと同じ条件で融資を受けることができます。

金利が下がることは期待できませんが、最長10年まで返済期間を設定することができるので、複数の消費者金融からの借入がある人は、毎月の返済額軽減を期待することができます。

関連記事をチェック!

841view

おまとめローンに積極的で審査が甘いところは存在するのか!?

おまとめローンの申込みをして審査には手間取らずに、すぐに借りたい、誰でも通るような激甘なおまとめローンに申し込みたいと思うものです。 しかし、現実にこのような激甘なおまとめローンは存在するのでしょう...

⑤プロミス

銀行カードローンやおまとめローンの審査に自信がないという人は、アコムの他にもプロミスもおすすめです。

プロミスにも、貸金業法に基づくおまとめローンが存在します。

金利はアコムより低く、17.8%が適用されます。

さらに、最短即日融資ですので、住宅ローンの申込などを控え、とにかく急いでお金を借りたいという人にはプロミスでのおまとめもおすすめです。

大手銀行や地方銀行は利点なし?

大手銀行カードローンの審査は甘くはありませんので、審査に通過することは簡単ではないでしょう。

申込をしてみて、審査に通過できればメリットはありますが、そもそも複数のローンがある状態で大手銀行カードローンの審査に通過することは難しいでしょう。

一方、地方銀行カードローンの審査は大手銀行よりも緩いことが多いので、審査に通過することができる場合があります。

また、地方銀行の中にはおまとめローンを扱っている場合も少なくありませんので、複数のローン返済に心配がある人は、お住いの地域の地方銀行へ相談してみるとよいでしょう。

借入件数が多い場合は件数を減らしてみよう

他社借入額が大きいことはもちろん審査に影響をしますが、借入件数が多いことも審査で不利になります。

借入件数が4件以上である場合には、残債が少ないものから完済を目指してみましょう。

借入件数を減らすことができれば、審査に通る可能性が高くなります。

また、完済した金融機関はそのまま放置していると借入枠が残ったままとなり、そのまま借りられる状態と見なされて審査で不利になります。

完済した金融機関は放置せずに解約手続をしておきましょう。

「絶対融資OK」は信用しない

先にも話をしましたが、「誰でも確実に」「絶対融資OK」などの文言を出している貸金業者はほぼ闇金だと考えておきましょう。

どこの金融機関であっても必ず審査をします。

社内規定に沿わなければ審査には通りません。

その審査もしていない状況で確実という文言を使うこと自体がもう怪しいのです。

闇金は違法な金利を搾取されますので、まとめるどころの話ではなくなってしまいます。

甘い言葉に惑わされないようにしておきましょう。

返済が困難な場合は債務整理も検討しよう

複数の借金をおまとめローンで何とかしたいと考えても、返済が困難な場合はおまとめローンの返済も困難になる可能性があります。

その場合は、債務整理の利用も検討してみましょう。

しかし、債務整理にはデメリットが多いと考えて実行できない人もいるのではないでしょうか。

確かに、債務整理をすると信用情報に記録が残り、最低5年はあらゆる審査に通らない可能性があります。

また、自己破産をしてしまうと、ほとんどの財産が没収されます。

しかし、自己破産以外の任意整理や個人再生などの方法であれば、現在の生活にそれほど影響なく利用することができるため、返済が困難になってしまった人は一度弁護士などに相談をしてみることをおすすめします。

関連記事をチェック!

545view

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びようもあ...

ブラックではおまとめローンは借りられない

ブラックリストに載るということは、自身の信用情報に大きな問題がある状態です。

基本的に、ブラックリストに載っていると、おまとめローンの審査に通ることは非常に厳しいです。

ただ、世の中には数多くのおまとめローンが存在しています。

では、ブラックリストに載っていると、絶対におまとめローンを借りることはできないのでしょうか?

銀行や大手消費者金融でのおまとめは難しい

おまとめローンを検討する場合、真っ先に借入先として選ぶのが銀行や大手消費者金融です。

いずれも安心して借りることができ、借金の返済に不安を感じている人にとってはなんとかこれらのところから借りたいものです。

しかし、残念ながらブラックリストに載っている人は、銀行や大手消費者金融でおまとめローンを借りることはできません。

銀行や大手消費者金融の審査は、申込者の信用情報を重視しています。

そのため、申込者がブラックリストに載っていると、その時点で「融資不可」と判定します。

銀行や大手消費者金融はローンの申込数も多く、審査のほとんどは機械が自動的に行っており、判定結果が覆ることはあまりありません。

特に、返済の見込みが低いブラックの人は、機械が自動で判定した結果のとおりとなります。

安心・安全に借りられる公共性の高い銀行や大手消費者金融だからこそ、不良債権は極力出さない努力をしなければなりませんので、ブラックというだけで審査落ちとなってしまいます。

中小消費者金融ならおまとめローンの可能性あり

先程もお話しましたように、大手消費者金融はブラックリストに載っていると、おまとめローンの審査に通ることはほぼありません。

しかし、中小消費者金融であればブラックでも通る可能性があります。

中小消費者金融の場合、大手消費者金融よりも時間をかけて丁寧に審査を行ってくれる会社が多くあり、現在の状況や将来性も含めて審査してくれます。

審査のときに面談を設けてもらい、使い道や返済計画の相談を行ってくれることもあり、その場でブラックリストでもおまとめローンを利用したい事情を聞いてくれます。

そして、返済の見込みがあると判断がでれば、おまとめローンの利用も可能です。

ですが、あくまでも可能性が大手消費者金融よりもあるというだけで、相談の結果審査落ちをすることもあります。

どうしてもおまとめローンを利用したいという場合には、中小消費者金融に相談をすることで審査に通る可能性がでてきます。

関連記事をチェック!

841view

おまとめローンに積極的で審査が甘いところは存在するのか!?

おまとめローンの申込みをして審査には手間取らずに、すぐに借りたい、誰でも通るような激甘なおまとめローンに申し込みたいと思うものです。 しかし、現実にこのような激甘なおまとめローンは存在するのでしょう...

「誰でも通る」や「誰でも借りれる」に騙されてはダメ

インターネットや雑誌の広告などで、まれに中小の消費者金融が「でも借りれる」という謳い文句を書掲載していることがあります。

しかし、これらの中小消費者金融を信用して、おまとめローンの申し込みをすることは非常に危険です。

一部では、ブラックリストに登録されていても、貸し出す中小消費者金融も存在しますが、中には詐欺や違法行為を行なう悪徳業者も紛れています。

自分がよく知らない消費者金融におまとめローンを申し込みに行くことは、悪徳業者に引っかかるリスクが高くなるためおすすめすることはできません。

ただし、ブラックリストだからといって、お金を貸してはいけないという法律はありません。

そのため、中小消費者金融の中にも、大手消費者金融と差別化を図るため、ブラックリストに登録されている人にお金を貸すところもあります。

現状の生活でしっかりと返済が可能と判断してもらえれば、お金を貸してくれる優良な中小消費者金融も存在するのです。

これから利用するのが正規の業者なのか、それとも悪徳業者なのかを判断するためには、金融庁の登録業者検索や日本貸金業協会のヤミ金検索で調べることができますので、聞いたことがない業者の利用を検討する際は、申し込みをする前にしっかりと確認しましょう。

まとめ

おまとめローンを希望するということは、現在の借金を返済していく意思があるというあらわれでもあります。

金融機関によって審査の基準は異なりますので、できる限り審査に通過しやすい金融機関を選択すべきでしょう。

また、審査通過にはコツもありますので、申込の前には審査のコツをしっかりと理解しておくことも重要です。

しかし、どこの金融機関でも断られてしまった場合は、複数の借入金をコツコツと返済していくしかありません。

困った人を狙って「誰でも通る」「ブラックOK」などと甘い言葉をうたっている、闇金業者の誘いには乗らず、どうしても返済が困難なのであれば、債務整理などを検討していくこともひとつの方法なのではないでしょうか。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談