お金に困ったときは「お金がない馬」

リクルートカードであとから分割する方法

当記事にはPRが含まれています
「お金がない馬」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

リクルートカードは、ポイントを多く貯めることができて、貯めたポイントも多くの場所で使うことができるのでお得なカードといえます。

今回はリクルートカードの支払いを後から分割する方法に関してご紹介します。

「あとから分割払いができないから、残高不足で引き落としできない……」という人は、早めにカードローンを契約しておくことをおすすめします。

5万円をカードローン最大金利年18.0%で30日間借りた場合、利息は750円以下。さらに大手カードローンには無利息期間が存在するため、一定期間であれば利息0円で利用できます(SMBCモビットは無利息期間なし)。

以下に今すぐ申し込めるカードローンをまとめたので、まずは公式サイトを確認してみてください。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短18分※₁
※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※₂
※₂審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

リクルートカードの分割手数料

一括払いの時には手数料はかかりませんが、分割払いになると手数料がかかってきます。

かかる手数料は、支払い回数が多くなればそれだけ増額されていきますので、支払い回数はできるだけ少なくしたほうがよさそうです。

手数料はカードの種類によっても変わってきます。

カードの種類と手数料は以下の通りです。

Mastercard/ Visaの分割手数料

 支払い回数手数料率
3回2.04%
 5回3.40%
 6回4.08%
 10回6.80%
 12回8.16%
 15回10.20%
18回12.24%
 20回13.60%
24回16.32%

三菱UFJニコスのクレジットカードである「MUFGカード」もほぼ同じ手数料率となっていますので、リクルートカードの手数料は平均的で決して高くはありません。

JCBの分割手数料

支払回数手数料率
 3回 2.51%
 5回3.78%
 6回 4.42%
 10回 7.00%
 12回8.31%
 15回10.29%
18回12.29%
 20回13.64%
24回16.37%

JCBの方がMasterCard/VISAよりも若干ですが分割手数料が高くなっています。

ただし、10万円を分割払いした時の、MasterCard/VISAの手数料は8,160円であるのに対して、JCBは8,310円ですので、そこまで大きく手数料が変わるわけではありません。

「分割で大きな買い物をしたい」と考える人はMasterCard/VISAの方がよいかもしれませんね。

2回払いなら分割手数料が無料

上記手数料の一覧でもお気づきかもしれませんが、リクルートカードは2回払いまでであれば、分割手数料は発生しません。

「一括で払うのが難しい」という場合で、頑張れば2回払いであれば支払うことができるのであれば、3回以上の支払いよりも2回の支払いとしておいた方がよいでしょう。

これはほとんどのクレジットカードでも同じですので「2回払いであれば分割手数料が無料」ということは覚えておいて損はないですよ。

分割手数料シミュレーション

では、10万円をMasterCard/VISAとJCBで買い物した場合の手数料はいくらになるのかシミュレーションをしてみましょう。

 3回6回12回18回24回
MasterCard/VISA2,040円4,080円8,160円12,240円16,320円
JCB2,510円4,420円8,310円12,290円16,370円

このようにMasterCard/VISAとJCBでは数百円程度の手数料負担の違いしかありませんので、金額的にはどちらのカードを選択しても大きな違いは出ませんね。

問題なのは分割回数で、当然ですが分割する期間が長ければ長いほど手数料は大きくなってしまいます。

分割払いをする前には手数料を事前にシミュレーションして、無理なく払うことができ、手数料負担も少ないベストは支払い回数を検討した方がよいですね。

あとから分割するには

リクルートカードでは、請求された金額の支払いに困った時には分割払いに変更できます。

ただし、分割払いにするには、いくつかのルールを守らないと分割払いにはできないようです。

ここでは、分割払いにするときのルールをご紹介します。

変更受付機期間内に申請する

一括払いでカードを使ったけど、その月の支払額によっては分割にしたい時があります。

引き落とし日までの間にいつでも変更ができればいいのですが、カード会社から引き落としの処理がされるのは、実際には支払日の前になります。

ですので、その引き落とし処理がされる前に変更手続きが必要になるわけです。

リクルートカードでは、その国際ブランドによって若干手続きを行える期限が違っています。

MastercardやVisaの場合には、おおよそ2週間前となりますが特定の金融機関を引き落とし口座にしている場合には少し遅くなっています。

変更期限と特定の金融機関に関しては以下のページを参照してください。

◆三菱UFJニコス公式サイト:「変更受付期間」

◆三菱UFJニコス公式サイト:「受付期間延長対応金融機関」

国際ブランドがJCBの場合には、6営業日の前日の午後7:55までか5営業日前までになっているます。

変更期限と6営業日の前日が期限になる特定の金融機関は以下のページを参照してください。

◆JCB公式サイト:「お支払い方法・金額変更のご案内」

使っている国際ブランドや引き落とし口座としている金融機関によって期日が変わってきますので分割を利用する可能性がある場合にはしっかりと把握しておきましょう。

変更可能な分割回数

支払い方法を分割に変更するときに、一番気になるのが分割できる回数ですよね。

一括で支払うものを分割にできるのはうれしいですが、変更した後でも支払いが厳しい状況だと使ってもあまり意味がありませんからね。

支払い回数に関しては、国際ブランドに関係なく同じ回数に分割することが可能なようです。

具体的に分割で使用できる回数は3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回の9段階になっています。

回数は限られていますので適切な回数を選ぶようにすればいいですね。

ただし、回数が多くなると支払う手数料も増えてしまいますので、支払いができる範囲でできるだけ少ない回数にした方が良いですね。

あとから分割する方法

あとから分割する方法は、使っている国際ブランドによって申し込みをする方法も窓口も変わってきます。

さきほど記載した期限の違ってきますので、分割の申請を行うのはできるだけ早期に行う様に気を付けないといけません。

国際ブランドがMastercardやVisaの場合には、news+plusにログインをした後に以下の手順で手続きを行います。

◆三菱UFJニコス公式サイト:「News+plus ログイン」

「ご請求額・利用明細照会」->「お支払方法の変更」->「あとdeリボ・あとde分割」->「あとde分割の申し込み」で分割する明細を選択後回数を指定します。

国際ブランドがJCBの場合には、以下の3つの方法で変更できます。

  • 会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」
  • 自動音声(0120-802-570 )受付時間は24時間年中無休。
  • 電話(0120-833-633)受付時間は9:00AM~5:00PM (日・祝・年末年始休)

分割に変更すると支払額が増える

手数料の計算方法もそれぞれ違ってきますので、計算するのは少し面倒ですよね。

そのため、各カードの種類によって自動的に計算できるページが用意されています。

当たり前ですが、分割にすると支払額は増えてしまいますので「毎月の負担を軽くしたい」ばかりに、不要に分割回数を多くして、手数料負担が多くなりすぎないように十分に注意した上で変更したいですね。

分割へ変更する前にはシミュレーションをしっかりと行なった方がよいでしょう。

◆三菱UFJニコス公式サイト:「分割払いの手数料計算シミュレーション(MastercardやVisa)」

◆JCB公式サイト:「ショッピング分割払いのシミュレーション」

分割払いを繰り上げ返済するには

一時的に支払いが難しいので分割にした後に、支払うことができるようになれば繰り上げ返済をするのが良いですよね。

リクルートカードでは繰り上げ返済はできるようになっています。

ただし、カードの国際ブランドによって利用方法は違ってきます。

国際ブランド電話番号受付時間
MasterCard/VISA0570-007785
03-5489-0293
9:00~17:00
年末年始は休業
JCB0120-802-57024時間無休(自動音声)

国際ブランドがMastercardやVisaの場合には振込金額と口座を教えてもらう事となります。

年中無休で受付をしていますが、年末年始だけはお休みになっています。

国際ブランドがJCBの場合には、電話から毎月の返済額を増額するように設定します。

電話は自動音声ですので24時間365日対応しています。

リクルートカードの繰り上げ返済は、カードローンのようにATMからいつでも自由に返済することはできるわけではありません。

事前に上記の電話番号へ連絡してから繰り上げ返済をしなければならないので少々面倒です。

面倒ですが、支払回数をできる限り短くするためにできる限り繰り上げ返済をした方がよいですね。

リクルートカード分割払いの注意点

リクルートカードの分割払いをする時には、いくつか注意点があります。

特に、一度分割払いをした買い物を後から分割回数を変更することはできませんので、買い物の時に分割を選択する場合には、回数の選択は慎重におこなう必要があるので注意しましょう。

支払回数の変更は不可

リクルートカードは後から支払回数を変更することはできません。

支払回数の変更ができるのは、一括払いで買い物をした分を分割にする場合のみです。

例えば24回払いとした買い物を「やっぱりもっと毎月多く支払うことができる」という理由で、12回払いへ変更するなどということはできません。

一度分割で買い物をしてしまうと、支払回数を長くすることも短くすることも変更不可能ですので、分割払いで買い物をするときにはやはりシミュレーションをしっかりと行なってから、慎重に回数を設定することが重要です。

分割払いできないことがある

リクルートカードは以下のいずれかに該当してしまうと分割払いをすることができません。

  1. 加盟店が分割払いに対応していない
  2. 対応していない分割回数を希望した
  3. 利用限度額オーバー
  4. 支払いを延滞してカードが利用停止になっている

このうち、3,4の理由の場合には一括払いでもリクルートカードを買い物をすることはできません。

1,2の理由の場合には、事前に確認しておけば「分割払いできません」とレジで言われて恥ずかしい思いをすることはありませんので、「加盟店が分割払いに対応しているか」、「分割払いに対応した支払回数なのか」ということはしっかりと確認しておきましょう。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短18分※₁
※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※₂
※₂審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

リクルートカードのメリット

ここまではリクルートカードで分割する方法に関してご紹介してきました。

ここからはリクルートカードを利用する2つの大きなメリットをご紹介します。

ポイントが貯まりやすい

リクルートカードでは、毎月の利用額合計の1.2%分のポイントが付与されます。

通常では利用金額の1%分のポイントが付与されることが多いですので、これだけでもリクルートカードのポイント還元率は高く、ポイントが良くたまるクレジットカードということができるでしょう。

更に、リクルートサービスであるじゃらんnetやポンパレモール等を利用すると別途1~3%(合計最大4.2%)のポイントが貯まることになります。

ポイントは多くのもので利用できる

貯まったポイントは、「Ponta Web」に登録すると「1リクルートポイント=1 Pontaポイント(ポンタポイント)」に交換できます。

Pontaポイント(ポンタポイント)はさまざまな店舗で利用できますので、便利に使えるようになります。

それに加えて、リクルートサービスであるじゃらんnetやポンパレモールでも使えますので、貯めたポイントは幅広く使うことができます。

リクルートカードの分割払いに関するQ&A

リクルートカードについてよくある質問をまとめてみました。

①分割払いとリボ払いのどちらが得?
分割払いの方が得です。 リボ払いは支払い回数に関係なく、15%~18%程度の手数料率が適用されますが、分割払いは支払回数が短ければ手数料は安くなります。 リボ払いには毎月の支払金額を安定化させることができるというメリットがありますが、手数料の負担は高くなってしまうので、手数料の負担を抑えたいのであれば、支払回数の短い分割の方がよいでしょう。
②繰り上げ返済すると手数料は減る?
減りません。 クレジットカードの分割払いにはアドオン方式が採用されています。 アドオン方式とは「今後支払っていく手数料も元金に加えられる方法」です。 つまり10万円の買い物で1万円の分割手数料が設定された場合には、合計の11万円を分割で支払っていくことになります。 繰り上げ返済をしても、今後支払う予定の手数料も含めて繰り上げ返済時に支払う必要があるので、手数料が節約できるというメリットはありません。 ただし限度額に余裕が出るというメリットはありますよ。
③毎月の支払金額を変更できる?
一度買い物をした分割払いの支払回数の変更はできませんので、支払金額を変更することはできません。 分割払いで買い物をするときには、支払金額と支払回数をよくシミュレーションした上で支払回数を設定するようにしてください。
④分割払いに審査はある?
分割払いには審査はありません。 クレジットカードを作った時点で分割払いの審査まで行われているので、クレジットカードを契約した際の限度額の範囲内であれば審査なしで分割払いを選択することが可能です。
⑤分割払いをリボ払いへの変更はできる?
リクルートカードは分割2回払いであれば、その利用代金の支払いを後からリボ払いへ変更することができます。 しかし2回以外の支払回数の支払いリボ契約に変更するということはできません。 支払回数の変更を後から行うこともできませんので、やはりリクルートカードで分割払いの買い物をするときには慎重に支払回数を決めることが大切ですよ。

まとめ

ポイントをお得に貯められて多くの場所で使うことができるリクルートカードを使う機会は多くなりますよね。

支払いに困った時には分割払いを利用するのもいいですね。

ただし、リクルートカードは後から分割払いの支払回数を変更することはできませんので、この点だけは十分に注意してくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。


最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    ご来店で即日融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。


事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

特集記事