お金に困ったときは「お金がない馬」

お金の管理ができない人の特徴と対処法をご紹介

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

お金の管理ができない人は、経済的に苦しい生活となる可能性があります。

そんなことを回避するために、お金の管理ができない人の特徴と対処法を紹介します。

ぜひ参考にしていただき、しっかり管理を行いましょう。

お金の管理ができない人の特徴

お金の管理ができない人の特徴

お金の管理ができない人には、共通の特徴があります。

お金の管理ができない人の特徴を見ていると、お金がどんどん逃げて行くような状態であることが分かります。

まずは、自分が当てはまっていないかをチェックしながら、該当する項目があれば、すぐにでも改善した方が良いでしょう。

ここでは、「浪費が多い」「貯蓄用の通帳を作っていない」「収支を把握していない」の3つを紹介します。

浪費が多い

浪費が多い人は、あとさきを考えずにお金を使ってしまいます。

欲しいと思ったら瞬間的にお金を使うため、いくらお金を持っていても不足しがちとなるのです。

結局、冷静に考えてみると不要だったというオチが待っているため、単なる無駄遣いとなってしまいます。

買い物をする時には、一旦買わずに帰宅し、それでも欲しい場合に買うなど、ワンクッション置いた方が良いでしょう。

貯蓄用の通帳を作っていない

貯金用の通帳を作っていない人も、お金の管理ができない人の特徴です。

貯金用の通帳がないと、生活費と預貯金の境目が分かりませんので、家計が曖昧になってしまいます。

毎月一定金額を積み立てるなど、ライフプランに合わせた資金計画を立てておけば、効率的にお金を貯えることができます。

自分で管理するのが面倒であれば、定期預金などを利用して銀行に管理してもらいましょう。

収支を把握していない

収支を把握していない場合にもお金の管理ができているとはいえません。

単純な話をすると、収入よりも支出が少なければ、その分お金は増えて行きます。

しかし、収支を把握していないと、使い過ぎても気が付かず、支出の方が増えがちとなるでしょう。

毎月いくら収入があって、いくらの支出なのかを知ることで、買い物をする時の指針となります。

最低限、収支は把握しておきましょう。

関連記事をチェック!

お金がない人は性格を直そう!共通するダメな48の特徴

お金がない人は性格が悪い、とまで言い切ることはできません。 ですが、お金がない人はお金がなくなりやすい性格をしていることは事実です。 反対に言えば、お金がなくなりやすい性格さえ直せば、お金...

お金の管理ができない人の傾向

お金の管理ができない人の傾向

お金の管理ができない人は、お金だけでなく、ほかの事柄の管理も苦手である傾向があるようです。

要するに、管理自体が苦手な人だから、お金の管理も苦手であるというケースもあるのです。

ここでは、その傾向として、「整理整頓が苦手」「時間管理が苦手」「先送りをする癖がある」という特徴を紹介します。

整理整頓が苦手

お金の管理が苦手な人は、整理整頓が苦手であることが多いようです。

一般論ではありますが、整理整頓は、最も基本的な自己管理といわれることも多いですし、心の中の状態といわれることもあります。

物をキレイに揃える整理と、合理的な配置にする整頓ができる人であれば、管理能力が高いため、お金もしっかりと管理することが可能です。

また、心の状態が整っていれば、衝動的な物欲に惑わされないため、結果的に無駄遣いを防止することができるのです。

時間管理が苦手

お金にルーズな人は時間にもルーズである場合が多いようです。

NLP(神経言語プログラミング)によれば、時間の捉え方はスルータイムとインタイムに分けられます。

スルータイムの人は、時間を逆算して現在すべき行動を考えるため、時間に対して正確です。

一方、インタイムの人は、現在の延長線上に時間軸を捉えているため、結果的に時間にルーズとなるケースが多いのです。

お金も同様に、逆算思考ができれば、効果的な貯金ができますので、刹那主義的な発想は控えた方が良いでしょう。

先送りをする癖がある

お金の管理ができない人は、ものごとを先送りしがちです。

今すぐ片付くことでも後まわしにするため、後でほかの事柄と一緒に、先送りしたこともやらなければなりません。

結果的に非効率を生み、生産性が落ちてしまいます。

お金の管理も、非効率であれば無駄な出費を生みますし、効率良く管理すれば、お金を増やすこともできます。

ものごとの管理をする時には、効率性を意識しましょう。

お金の管理ができない女性の特徴

お金の管理ができない女性の特徴

お金の管理ができない女性の特徴を紹介したいと思います。

お金の管理ができない女性は、ブランドものを購入しがちであったり、結婚相手の資産をあてにしていたり、親のスネをかじり続けているなどがあげられます。

お金に苦労しなくて良いように、これらの特徴をしっておきましょう。

ブランドものを購入しがち

女性の中には、ブランドものに身を包み、艶やかなファッションで過ごしている人がいらっしゃいます。

ファッション性はともかく、ブランドものは高級である場合が多く、大きな出費につながることが多々あります。

欲しいブランドものを欲しいままに購入していると、金欠に悩まなくてはならなくなるでしょう。

結婚相手の資産をあてにしている

結婚相手の資産をあてにして、全くお金の管理をしていない女性もいらっしゃいます。

結婚したら、生計を共にするため、自分に貯金がなくても平気だと考えているのです。

しかし、結婚相手が資産を豊富に持っているとは限りませんので、人の財布はアテにしない方が良いでしょう。

親のスネをかじり続けている

成人して立派な社会人となっている女性が、ずっと実家暮らしをしていて、親の経済下で生活をしているケースもあります。

家にお金を入れている場合は別ですが、1円も入れずに親の収入で生活している人もいらっしゃるようです。

また、社会人として独り暮らしをしていても、親から仕送りをもらっている人もいます。

このような人の中には、お金の管理が甘い人も多いのです。

関連記事をチェック!

いつもお金の足りない女性の特徴とは?

いつもお金の足りない女性には一定の特徴があります。 この記事では、いつもお金の足りない女性の特徴や口癖を紹介した上で、お金が貯まる女性の特徴や口癖も解説します。 それぞれの内容を知り、金欠を解消し...

いつもお金の足りない女性の特徴とは?

お金の管理ができない男性の特徴

お金の管理ができない男性の特徴

お金の管理ができない男性は、ギャンブル好きの人や、気前よく人に奢ってしまう人、ライフプランを持っていない人などがあげられます。

このようなケースに当てはまる場合には、すぐにでも生活を見直しましょう。

ギャンブルが好き

競馬や競輪、競艇やパチンコなど、ギャンブルが好きな男性は数多くいらっしゃいます。

余剰資金の範囲で遊ぶのであれば問題はないのですが、必要なお金を賭けてしまったり、ギャンブルにのめり込んでしまった場合には、お金がどんどん減ってしまうでしょう。

場合によってはギャンブル依存症になってしまうこともありますので、節度を持った範囲で楽しみましょう。

気前よく奢ってしまう

飲み会などで、気前よく奢ってしまう人もお金の管理ができていない男性の特徴です。

アルコールが入って、つい気が大きくなってしまったり、後輩や女性の前で恰好をつけて奢ってしまう人も多いのです。

しかし、奢る癖がついてしまうと、何となく毎回奢らなければならない雰囲気にもなりがちなので、あまり大盤振る舞いしないように気を付けましょう。

ライフプランがない

ライフプランがない人は、お金の管理のしようがありません。

人生において大きな出費のタイミングには、あらかじめ分かっているものもあります。

結婚資金、マイホーム購入資金、教育費、老後資金などが、人生の中でも大きな出費のタイミングです。

これらのタイミングに合わせた資産形成をするためには、ライフプランを立てておくことが大切です。

計画通りに行かなければ修整すれば良いので、その時なりのプランを持っておきましょう。

関連記事をチェック!

お金がない男の特徴を徹底解説!こんな男は要注意

交際や結婚をしたお相手が、実はお金がない男だとすると、後々苦労を背負うかも知れません。 この記事では、お金がない男の見分け方や、一生貧乏かも知れない男の特徴、お金がない男との結婚リスクついて紹介...

お金がない男の特徴を徹底解説!こんな男は要注意

お金を上手に管理するための対処法

お金を上手に管理するための対処法

では、お金を上手に管理するためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

その場合にはさまざまな方法がありますが、数ある方法の中から、特に意識すべきポイントは3つあります。

3つのポイントは、「家計簿を付ける」「消費と浪費と投資の違いを意識する」「お金のことを学ぶ」です。

家計簿を付ける

お金の管理の1丁目1番地ともいえる対策が、家計簿を付けるということです。

家計簿を付けると、お金の流れがガラス張りとなります。

どの家計項目にお金を使っているのかや、何を節約する必要があるのかが浮き彫りとなるでしょう。

また、赤字の場合には、家計簿を付けるだけでも危機感を持つことができますので、収支改善のきっかけと成り得ます。

家計簿を付けていない場合には、早速取り組むようにしましょう。

消費と浪費と投資の違いを意識する

買い物をする時に、消費と浪費と投資の違いを意識することも大切です。

消費は必要な出費、浪費は不要な出費、投資は将来返ってくる出費と考えると、買い物の優先順位は自ずと変わってくるはずです。

つい忘れがちになる事柄でもありますので、常に意識しておきましょう。

お金のことを学ぶ

お金のIQを高めることにも取り組みましょう。

日本の学校教育では、お金のことを教えてくれる授業は皆無に等しいです。

そのため、国語や算数ができても、お金の管理はできない人が多いのです。

ファイナンシャルプランナーの資格を取ったり、投資の勉強をするなど、お金のことについて学びましょう。

アスペルガー症候群で管理できない

アスペルガー症候群で管理できない

アスペルガー症候群とは、発達障害の一種で、現在では自閉症スペクトラムと呼ばれています。

アスペルガー症候群の方は、社会で適切な振る舞いが難しく、コミュニケーションを円滑にしずらいという特徴があります。

また、マイルールや環境に強いこだわりを持つため、仕事や生活に支障が出ることもあります。

アスペルガー症候群の場合には、お金の管理も苦手な方が多いともいわれているため、適切な対策が必要です。

お金を管理できない理由

アスペルガー症候群の場合にお金の管理が苦手といわれる理由には、大きく分けて3つの理由があります。

1つは、そもそも管理自体が苦手であること、1つはお金に対して興味がないこと、最後の1つは趣味にお金をつぎ込むことがあげられます。

必ずしもアスペルガー症候群の人全てに当てはまるわけではありませんが、お金の管理ができずに支出が大きくなっている人もいらっしゃるようです。

管理自体が苦手

アスペルガー症候群の人は、計画性を持ったり、収入と支出の把握ができていなかったり、整理整頓ができないなど、管理すること自体が困難です。

アスペルガー症候群の人は、記憶力や集中力が高いため、知能が高い面もあるのですが、空気を読むことが苦手だったり、自分が興味のないことは頑なにしないなど、自分の世界に共感することが難しいのです。

お金の管理だけでなく、スケジュール管理も苦手としています。

お金に対して興味がない

アスペルガー症候群の人が、自分が興味のないことには無頓着だとすると、お金に興味がないと、お金に興味を示しません。

アスペルガー症候群の人は、自分の名前を呼ばれないと、自分のことだと気づかなあったり、曖昧なことは理解できないという特徴もあるため、無防備であることも多いのです。

その上でお金に興味がなければ、人に騙されるなどの心配もあります。

アスペルガー症候群の子どもを持つ親が心配することの1つにも、人に騙されないかと心配している人は多いようです。

趣味にお金をつぎ込む

発達障害を持っていない人でも、趣味に没頭している場合には、お金に糸目を付けずに出費を重ねるケースがあるかと思います。

アスペルガー症候群の人が、自分が没頭する趣味がある場合、こだわりのあまり、お金をつぎ込んでしまうケースもあるようです。

アスペルガー症候群の場合の管理法

アスペルガー症候群の場合の管理法

では、もしもアスペルガー症候群である場合には、どのようなお金の管理をすれば良いのでしょうか?

ここでは、その方法として、「お金を多く保有しない」「家族に管理を任せる」「アスペルガー症候群を治療する」の3つを紹介します。

お金を多く保有しない

お金の管理ができない場合には、お金を持たないことが重要です。

財布にお金やクレジットカードが入っていると、無意識的に使ってしまうケースが考えられます。

そのようなことにならないためには、使いたくても使えないようにしておく必要があります。

財布には必要最小限のお金だけ入れるようにしましょう。

家族に管理を任せる

できれば、お金の管理は家族に任せた方が良いでしょう。

現金やクレジットカード、通帳も、家族が管理してくれていれば安心です。

アスペルガー症候群の人は、職場での人間関係の悪化や、業務の支障、いじめなどで、二次障害を引き起こす可能性があります。

お金の問題も二次障害の要因と成り得ますので、家族に委ねる方が無難です。

アスペルガー症候群を治療する

アスペルガー症候群は、原因が定かになっているわけではありませんので、根治する方法はありません。

ただし、アスペルガー症候群ならではの特徴を緩和したり、社会に順応するためのトレーニングによって、対応することは可能だといわれています。

アスペルガー症候群の特徴を緩和するためには、療育による対応と、薬物による治療があります。

状況に合わせて適切な対処法を取る必要があるため、専門家に相談すると良いでしょう。

まとめ

お金の管理ができない人には、一定の特徴があります。

それらの特徴を理解した上で、反面教師としていただき、しっかりと管理ができるようになりましょう。

お金を上手に管理するための対処法はシンプルですので、誰でも簡単に行うことが可能です。

また、アスペルガー症候群の場合には、根本的な管理対策や、特徴を緩和する方法を取りましょう。

いずれの場合も、早めの対策をおすすめします。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能