馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

お金がないと夫婦関係が悪くなる!円満に暮らす方法は?【喧嘩を回避】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「お金がなくても愛さえあれば幸せに暮らせる」というのは妄想です。

実際には、お金がないことは幸せなことではありませんし、精神的にも余裕がなくなり、ちょっとしたことで言い争うようになります。

お金がないと夫婦関係が悪くなるという現実、そして、お金がなくても夫婦円満に仲良く暮らす方法があるのかについて探っていきましょう。

みんなお金のことで揉めている!

夫婦関係にひびが入る原因はたくさんありますが、その中のほとんどが「お金」に関係していると言っても言い過ぎではありません。

例えば、世の旦那が不満に思う「小遣いの少なさ」もお金の問題ですし、家事を手伝わない夫が多いことが問題になるのも「お金のために結婚後も働く女性が増えている」ことが根底にありますし、少額の生活費しか渡さない夫や自分の稼ぎについて固く口を閉ざす妻など、多くの夫婦が何らかのお金の問題を抱えているのです。

夫も妻も充分に使えるお金があれば、夫婦の揉め事の大半は解消します。

週末ごとに夫がパチンコに行っても特に気にならなくなりますし、妻が見る度に新しいハイブランドのバッグや靴を身に着けていても気にならなくなります。

次の記事もぜひご覧になって下さい。

関連記事をチェック!

彼氏・夫が食費を払わない!どうする?

付き合いだしてすぐのときは、手料理を作ることも愛情表現の1つと言えます。 ですが、一緒にいる年数が増えると、手料理はイベントではなく日常生活の一部になります。 頻繁に手料理を作っているのに...

彼氏・夫が食費を払わない!どうする?

お金でもめる夫婦は多い

お金でもめる夫婦は非常に多いです。

「アイリサーチ」が25歳~34歳の既婚の男女400名に行った「夫婦喧嘩の実態」についての調査によると、夫婦喧嘩の原因として5位にランキングしています。

その他にも、インターネットの様々なランキングサイトを確認しても、お金が原因で夫婦喧嘩をするということは上位に入っています。

「お金の余裕は心の余裕」とも言われます。

お金がないと、必要なものが買えない、食べたいものが食べられないなど、満足いく生活ができないため、心も貧しくなってしまう人が多いのでしょう。

そのため、心に余裕がなくなり、些細なことで夫婦喧嘩を繰り返してしまうようになるのです。

夫婦の揉め事は金銭感覚の違いから生まれる

お金の揉め事は、大抵、夫婦二人の金銭感覚の違いや将来に対する考え方の違いから起こります。

将来に備えて貯蓄をしたいと妻が思っているのに、毎月貯蓄もできないほど使い続ける夫。

住宅ローンを支払うために毎月切り詰めた生活を送っているのに、高額な化粧品や有機野菜にお金をつぎ込む妻。

どちらかが「このままではいけない」と家計に対して危機感を持っているのに、他の一方が「何とかなるでしょ」とお金に対して無頓着だと、危機感を持つ妻もしくは夫のストレスは高くなり、ついイライラと口うるさくなってしまうのです。

お金がないのに危機感を感じていない夫婦は危険!

お金が充分にあるために揉め事が少ない夫婦は良いのですが、お金がないにも関わらず揉め事が少ない夫婦は、ある意味、危険をはらんでいると言えます。

もちろん、夫婦が「お金がないから、もっと切り詰められるように頑張っていこう」と同じ方向を向いているのなら問題はありませんが、夫婦共に「きっと何とかなるでしょ~」と根拠なく楽観的に構えているのなら、老後貧困に突入していく可能性が大なのです。

夫婦仲良く暮らすことは大切ですが、仲良く暮らすことと同じくらいに、家計についてしっかりと現状把握することも大切だと言えるのです。

生活費が赤字の家庭は、次の記事を参考に夫婦仲良く家計改革を実施して下さい。

関連記事をチェック!

毎月の生活費が赤字の状態から黒字にさせる方法

毎月生活費が赤字になってしまう方もいるのではないでしょうか。 人によって状況は違いますが、毎月赤字になるのには理由があります。 今回は毎月生活費が赤字になる方に焦点を当てて紹介していきます...

毎月の生活費が赤字の状態から黒字にさせる方法

関連記事をチェック!

4人家族の生活費が赤字の場合に見直すことは?出費の平均は?

長年日本の平均的な家族構成であった4人家族という家庭も多いのではないでしょうか。 4人家族だと、生活費もそれなりにかかってしまいますよね。 今回は、4人家族の生活費が赤字になる場合について...

4人家族の生活費が赤字の場合に見直すことは?出費の平均は?

お金がなくても良好な夫婦関係を保つ5つの方法

お金がない夫婦が楽天的過ぎるのは、老後貧困を招く可能性がありますので、決してオススメできる状態ではありません。

ですが、現実に対するしっかりとした認識を持ちつつ、円満な夫婦関係を築くことも可能です。

お金がなくても、楽観的になりすぎずに良好な夫婦関係を保つ5つの方法を紹介します。

お金の話題をタブー視しない

お金の話を避けている夫婦も少なくありません。

特に、夫が生活費として収入の一部を専業主婦の妻に渡す家庭や、夫婦が共働きでお互いの収入を公開していない家庭では、お金の話を故意に避ける傾向があります。

しかしながら、お金の話を避けていると、何十年も経ってからお互いに貯金がないことが判明したり、隠し財産や隠し家庭の存在が明るみになったりと、将来的に大きな問題を生みだす可能性があるのです。

お金の話題をタブー視せず、お金のことも生活のことも何でも話し合える土壌を作っておきましょう。

お金の話をタブー視していると、お金に対する価値観の違いから離婚問題に発展することもありますよ。

関連記事をチェック!

非公開: 生活費が足りないから離婚をするという選択

二人で支え合って生活しようと思って結婚したはずなのに、生活していくお金が足りずに離婚を選択することもあります。 どのような理由で離婚を選択することになるのか、また、専業主婦やパート労働者等、毎月...

お互いに感謝を述べる

夫婦が仲良く暮らしていく上で、お互いに感謝を述べることは非常に重要なポイントです。

「お仕事いつも頑張ってくれてありがとう」「家がいつもキレイだね」「夕食が楽しみすぎて、つい、早く帰ろうを思ってしまうよ」など、直接お礼を言うだけでなく、お互いの行為で気付いたことを述べることも大切です。

共通の目標を立てる

やみくもに節約すると、心に余裕は生まれません。

「子供の教育費」や「住宅ローンの頭金」などの具体的な目標と具体的な金額を定めて、その共通の目標に向かって倹約を重ねていくようにしましょう。

ただし、教育費や住宅費についての価値観が夫婦で異なるときは、よく話し合って調整することが必要です。

子どもにどのような教育を受けさせたいのか、住宅はどのように考えているのか、納得できるまで話し合って下さい。

次の記事でも教育費と住宅ローンについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事をチェック!

教育費を払えないときに捻出するためのコツ

子供の教育には多額のお金が必要となります。 小学校~大学卒業までにかかる費用のことを考えるとクラクラしてしまいそうですが、子供にしっかりとした教育を受けさせてあげたいという気持ちは全ての親に共通...


1~3ヶ月に1度は家計管理の見直しを行う

夫婦二人で話し合って貯蓄額を決めたとしても、毎月予定通りに貯蓄できるわけではありません。

子どもが新しいお稽古ごとを始めたり、医療費や交際費などの臨時出費が続いたりして、予算内に支出が収められないこともあるでしょう。

家計簿をつけて家計を可視化し、1~3ヶ月に1度は見直し作業を行います。

夫婦で話し合った上で、切り詰められるところは切り詰め、お金が足りないところは予算を上方修正してください。

ポジティブな表現に言い換える

どんなに話し合っても旦那が節約に協力してくれなかったり、家計管理に不平不満ばかり言ったりするときは、喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

喧嘩してしまうと家計協力どころではなくなってしまいますので、どんなに腹が立つことがあっても、なるべくポジティブな表現を使ってお互いに傷つけないように注意するようにしてください。

例えば「あなたの実家に帰るには飛行機代だけでも家族で10万円かかるでしょ?それなのに実家に帰らないといけないの!?」と喧嘩腰に話すのではなく「飛行機代がかかるから今月から月に3万円ずつ引き締めようね!おばあちゃんに早く会いたいね!」など、節約を嬉しいものとして捉えて表現するようにしましょう。

夫婦喧嘩を回避するには?

お金が原因で夫婦喧嘩をしてしまう場合、以下の対処方法を試してみてください。

きっと今よりも喧嘩の回数を減らすことができるはずです。

相手への感謝を示す

大前提として「相手への感謝を示す」ことが必須です。

旦那さんは家族のために毎日一生懸命働いています。

毎朝満員電車で揉みくちゃにされ、会社では上司や取引先の理不尽な要求にも従い、夜遅くまでクタクタになるまで働いているのです。

そうまでしても仕事を続けるのは家族のためなのです。

そのような人に稼ぎが少ないからと言って、誰が責めることができるでしょうか?

そのため、「いつもありがとう」、「ごくろう様」というありきたりな言葉で良いので、旦那さんへの感謝を示してあげましょう。

コミュニケーションを欠かさない

コミュニケーションを欠かさないことも重要です。

コミュニケーションが少ないと、相手のことが理解できずにお互いの意識のズレが生まれやすくなります。

それが原因で喧嘩がエスカレートすることがあるため、普段からできる限りコミュニケーションをとるようにしてください。

こちらの意見を相手に押し付けない

話し合いをする時は、「こちらの意見を相手に押し付けない」ことも大切です。

夫婦とはいえ、もとは生まれも育ちも違う他人ですので、お互いの価値観も大きく異なる場合があります。

それなのに自分の意見を相手に押し付けようとすると、反発をくらい喧嘩の原因になってしまうケースが多いです。

そうしたことから、強引にこちらの意見を押し付けるのでなく、まずは相手の意見も聞き、折り合えるポイントを探したり、時には自分が譲ったりすることが大切になってきます。

他者に相談する

自分や夫婦間では、どうにもできない場合は「他者に相談する」という手もあります。

他者であれば別の視点を持っているため、なんらかの解決策が見つかるかもしれません。

そのため、友人や兄弟、両親、知人などに相談してみましょう。

普段から不満を溜め込まない

普段から不満を溜め込まないことも非常に重要です。

とくに女性の場合、我慢に我慢を重ねて、ふとしたきっかけで爆発してしまうという傾向が強いです。

そうなってしまうと、喧嘩がエスカレートして、離婚にまで発展するケースも珍しくありません。

不満を溜め込まないようにするための解決策は、「悩みを聞いてもらう」ことが一番です。

このため、普段から、夫婦間で話し合ったり、他人に相談したりして、ガス抜きをしておきましょう。

お金でもめた時のNGワード

どのような対処をしたとしても完全に夫婦喧嘩を無くすことは難しいです。

そのため、喧嘩をしてしまうこともあるかと思いますが、その時に旦那さんに言ってはいけない言葉というものがあります。

それは以下のような言葉です。

  • 安月給のくせに
  • 甲斐性なし
  • 周りよりも給料が低い
  • 給料がぜんぜん上がらない
  • 努力をしていない
  • アンタみたいのと結婚しなければ良かった

このような言葉を発してしまうと、旦那さんのプライドを深く傷つけることになり、夫婦間に大きな亀裂が入りかねないです。

そのため、口が裂けても上記のような言葉で責め立てないようにしてください。

夫婦ケンカしている内はまだマシ!?

意外に思うかもれ知れませんが、お金のことで夫婦ケンカしている内はまだマシと言えます。

その理由は、お金のことで喧嘩をするのは「これから先も一緒に暮らしていくつもり」であるからです。

旦那さんに「なんとかしてほしい」という思いがあるため、不安や不満が貯まり、文句を言って喧嘩をするのです。

これが離婚するつもりであれば、将来のことなんてどうでも良いため、旦那さんの収入で揉めることもなくなります。

このため、まだ喧嘩をしているうちはマシな状況であると言えるんですね。

これがお互いに無関心になってしまい喧嘩もなくなったら、非常に危険なサインです。

そうなってからでは、手遅れな場合もありますのでその前に手を打っておきたいところです。

お金がない生活はイヤ!収入を増やそう

お金がないと夫婦関係は悪くなり、毎日、お金に対する悩みだけでなく夫婦関係の悩みも抱えていかなくてはならなくなります。

先程紹介した5つの方法を生活に取り入れることで、お金がなくても良好な夫婦関係を築くことはできますが、現実問題としてすべての方法を実践することは容易なことではありません。

やはり、「お金がない生活」から脱皮することが、お金に対する悩みをなくし、夫婦関係を円満に保つ根本的な解決策だと言えるでしょう。

お金がない生活から脱出するために、節約して家計の無駄をなくすのは当然ですが、副業等で収入を増やすことも検討して見て下さい。

関連記事をチェック!

非公開: お金が欲しいなら副業を始めてみよう!確実に稼げる副業集

お金が欲しい場合には、副業で収入を得ることができるため、チャレンジされることをおすすめします。 しかし、どんな副業が自分に合うのか分からないという人も多いでしょう。 そこで、手軽にできる副...


 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能