お金に困ったときは「お金がない馬」

月2万を副業で稼ぐ方法10選!実際に稼ぐ方法を紹介します!

近年、インターネット技術の発達やスマホの普及などによって副業の幅が広がっています。

有名企業の中にも副業を禁止しない会社が出てくるなど、副業は社会的に認められつつありますね。

しかしながら、副業で安定して稼ぐことは難しいと思うのが一般的でしょう。

今回は、そんな副業で2万円を安定して稼ぐ方法について紹介します。

この記事は次のような人におすすめの記事となっています。

  • 月2万お小遣いを増やしたい人
  • 副業の仕方が分からない人
  • おすすめの副業を知りたい人

副業で月2万円を稼ぐ方法10選

早速、月々2万円の収入を稼ぐ方法について一般的なものを紹介していきますが、注意としてどの稼ぎ方も必ず誰でも2万円稼げると言うものではありません。

どの方法にも長所と短所があり、場合によっては全く稼げないものもあると思います。

しかしながら、この記事を執筆している自身の経験も含め、2万円程度であれば継続的に行うことで比較的簡単にクリアできる金額と言えるでしょう。

ここで紹介した稼ぎ方を参考に、継続して続けられそうなものを探してみてはいかがでしょうか?

1.クラウドソーシングの活用

月々2万円の安定収入を稼ぐのであれば、クラウドソーシングの活用をおすすめします。

クラウドソーシングとは、簡単に言うとインターネット上で企業とユーザーを繋げる仲介サービスで利用される仕事の手法を言います。

つまりは、PCを利用して企業の仕事を個人が受けられると言うことです。

大手で言えばクラウドワークスやランサーズが有名ですが、これらのサービスに登録することで様々な仕事を個人で簡単に請け負うことが可能となります。

仕事内容に関しても、自身の関心のある事柄に対してのライティングやブログ更新など誰でもできる内容が多く、他にも専門性の高い高収入の仕事も存在するなど豊富です。

サービス利用料として仲介手数料(システム利用料)を報酬から引かれてしまうことがありますが、誰でも仕事を好きなときに受けられるメリットを考えれば仕方のないことかも知れません。

ライティングなど、慣れない仕事に時間がかかり過ぎることも多々あると思いますが、慣れてくれば作成時間を短縮して数をこなせるようになりますので、誰でも月々2万円の安定収入を得られる可能性がある副業と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

本当にお金がない主婦のやりくり方法~パートやスキマ時間の副業で小遣い稼ぎ~

家計を預かっている主婦の方にとっては、お金が無い・足りないという状況は非常に重要な問題です。 また、毎日・毎月の家計のやりくりの中で「どうしてもお金が足りない」ということは、決して珍しいことではあり...

未経験OKの仕事を検索する方法

これまで副業をしたことがない人にとっては、未経験者でもできる仕事の探し方が分からないかも知れません。

そのような場合は、先ほど紹介したクラウドワークスから始めてみることをおすすめします。

クラウドワークスの求人には未経験者OKのものが多くあり、単価は低くなりますがライターを募集しているところがあります。

翻訳などの専門的な職種は未経験だと難しいかもしれませんが、スキルを積んでからテストを受けてみるといいでしょう。

2.ブログ等のアフィリエイト収入

ネットでの副業と言えば、アフィリエイトなどのワードを耳にしたことのある人も多いと思います。

アフィリエイトとは、自身のブログやコンテンツに広告を表示することによって、その広告をクリック、または広告の商品が購入されたときに手数料を受け取るビジネスモデルとなっています。

アフィリエイトの特徴としては、上記のクラウドサービスなどと比較して努力に対して大きなリターンが期待できるところにあるでしょう。

ただし、アフィリエイトは広告を表示するコンテンツが人気でなければ話になりませんので、コンテンツ自体を魅力的にするための準備などに時間がかかることがデメリットとなります。

その為、広告がクリックされるなどしない限り報酬が発生しないことから、どれだけ時間をかけてコンテンツを充実させても無給なんて可能性もあり得ます。

しかしながら、一度作り上げたコンテンツはクラウドサービスとは違い継続して報酬を産み続けるので、報酬に即時性を求めず時間を費やす覚悟がある人は試してみてはいかがでしょうか?

3.ハンドメイド作品を売る

ぬいぐるみや日用品、アクセサリーなどを作るのが趣味だという人には、作品を売ってお小遣いを稼ぐという方法があります。

どこで販売するか迷うかもしれませんが、断然ネットショップがおすすめです。

ハンドメイド作品はひとつひとつオリジナルのものとなるため、おしゃれな女子の中には手作りアクセサリーを選ぶ人も多いです。

ハンドメイド作品をネットショップで売る方法は、趣味が実益になるよい例と言えます。

4.中古品のせどりで稼ぐ

せどりとは、一言で言うと「安く仕入れて高く売って儲ける」ことを言います。

具体的には、中古本や中古ゲームを購入して、それをネットショップなどで買値よりも高く売ることにより、利益を得るという方法です。

ひとつひとつの儲けは少なくても、数をこなせば2万円程のお小遣いにはなるかも知れません。

誰にでも始めやすい稼ぎ方ですが、まず購入資金が必要となるため手持ちのお金に余裕がないとできないことになります。

5.アンケートサイトで報酬を得る

勉強が忙しい学生や、仕事が忙しい会社員の人は、ハンドメイド品を作ったり中古品を仕入れたりする時間を確保することは難しいでしょう。

そのような忙しい人におすすめなのが、アンケートサイトを利用してお小遣いを稼ぐ方法です。

例えば、コシゴトというアプリでは、アンケートなどの案件を完了するとポイントがもらえ、貯まったポイントはAmazonギフト券などと交換できます。

このような方法なら、忙しい人でも隙間時間を利用してコツコツお小遣いを貯められますね。

6.覆面調査員になる

特に女性に人気なのが、覆面調査員のバイトです。

覆面調査員は、美容室やエステ、飲食店などを実際に利用し、店員の対応やお店の状態をチェックする仕事をします。

また、在宅調査というものもあり、自宅に居ながらにして保険会社やデリバリー会社をチェックするものもあります。

これなら、外出するのが難しい人でも取り組みやすいですね。

実際に店舗や商品を利用できる上に報酬までもらえるので、2度おいしいバイトと言えます。

7.内職をする

外出できない人には内職をしてお小遣いを稼ぐ方法があります。

単価は非常に安いですが、数をこなせば月2万円程は稼げることもあります。

特別なスキルを必要としないので、誰でも気軽に始められるのがメリットです。

8.ポスティング

ポスティングは、ポストにチラシを入れる仕事で、隙間時間を有効に使いたい人に向いています。

働く時間が自由に決められるというメリットがありますが、不審者扱いされたりポストにチラシを入れたら住人に怒鳴られたりすることもあるといったデメリットがあります。

ポスティングは、戸建ての場合1軒1軒まわることになるため体力勝負となりますので、体力に自信のある人はいいですが、そうでない人は避けた方がいいでしょう。

9.結婚式出席代行

結婚式の出席代行なるバイトも存在します。

読んで字のごとく結婚式に出席代行するバイトで、おいしいフルコースが食べられたり引き出物がもらえたりという特典があります。

もちろん、報酬もそれとは別にもらえるので大変お得なバイトです。

ただし、怪しまれないようにふるまうスキルや友人として余興に参加しなければならないこともあるなど、ラクでお得なだけではない面もあるので注意しましょう。

10.自分の趣味をお金に変える

最近は、ユーチューブのように自身の趣味をお金に変えることが難しいことではなくなってきています。

ユーチューブを例にするのであれば、ゲーム好きがゲーム実況者として収入を得たり、料理好きがクッキングチャンネルで収入を得るなど様々な方法がありますね。

そんな趣味で稼ぐ方法は、何もユーチューブに限ったことだけではありません。

例えば、自身の得意なスキルをオンラインマーケットで販売できるココナラを利用することによって、様々な趣味でお金を稼ぐことが可能です。

また、絵が上手な人やデザインが得意な人は、LINEスタンプを作って販売するのもおすすめです。

特に専門性が高いものほど価値が上がりやすいので、特殊な趣味を持っている人は活用してみると楽しみながら2万円以上を稼げるかも知れません。

他にも、写真が趣味の人であれば写真を販売できるサービスもありますので、これらのサービスを利用するユーザーを想像して写真を撮ることも有効な稼ぎ方でしょう。

一見お金にならなさそうな趣味でもやりようによっては稼げる手段になり得ますので、自身の特技を販売してみてはいかがでしょうか。

月3万円以上稼ぐための副業

ここまでは、月2万円を稼ぐための副業を紹介してきましたが、ここからは月3万円を稼ぐ副業について説明していきます。

「時給は高い方がいい」「できれば在宅ワークがいい」「おすすめの副業が知りたい」「難易度の低い副業を探している」など、条件については人それぞれ求めるものが違うと思いますが、これから紹介する副業を参考にしてもらいたいと思います。

試験監督

試験監督は、学生の模擬試験や一般の資格試験の時に、問題用紙を配ったり試験中に見回りをしたりするバイトです。

業務としては他にも、受験者の誘導や案内、試験会場の準備、受験票の顔写真と本人の確認なども行います。

報酬は、時給の場合1,000円~1,500円程度で、日給の場合8,000円程度となることが多いです。

試験が集中する時期にもよりますが、月に4回試験監督のバイトを入れれば3万円程度のお小遣いを稼げますね。

交通量調査

歩道から道行く車の台数をカチカチとカウントしている交通量調査ですが、よく目にする光景ですよね。

交通量調査は、国や自治体、または道路会社などからの依頼を受けて、新しい道路を作る前と後では交通量にどのくらいの違いがあるのかを調べる仕事です。

そのデータを基にして店舗が出店するときなどの参考にするため、とても重要な調査になります。

他にも、信号機の調整、渋滞回避対策などにも役立てられています。

報酬は8,000円~12,000円ということが多く、平均1万円はもらえるようです。

したがって、月3回交通量調査のバイトができれば、3万円のお小遣いを稼げることになります。

ティッシュ配り

ティッシュ配りのバイトは、学生、フリーター、副業など誰でも応募でき、勤務も週1回から可能なので気軽に始められます。

また、交通費支給や日払いに対応しているところもあるなどのメリットもあります。

時給は平均で1,200円~1,300円程のところが多く、登録してすぐに仕事ができるので、すぐにお金が欲しいという人には重宝するでしょう。

ただし、ノルマがある場合もありますので、心配な人は事前に確認しておく必要があります。

「笑顔の作り方の勉強になる」「積極性が養える」といったメリットがある一方で、受け取ってもらえなかったときや迷惑がられたときなど落ち込むというデメリットもあります。

看板持ち

「〇〇会場はこちら」「△△展示場はこちら」といった看板を持って立っている(もしくは座っている)人を見たことがあるでしょう。

あの仕事が看板持ちのバイトですが、見たところラクして稼げそうだと思う人が多いようです。

しかし実際に働いた人の感想では「暇すぎてツライ」といったものが多く、時間のつぶし方に苦戦してしまうようです。

時給は1,000円~1,500円程度となっていますが、拘束時間がそれほど長くない場合は日給7,000円程になるようです。

ベビーシッター

ベビーシッターのバイトは、資格がないとできないと思われがちですが、無資格でも各事業所の基準をクリアしていれば応募できます。

勤務時間が短めで融通が利きやすいので、子供が好きな学生や主婦にぴったりの仕事です。

ただ、最近は子供の面倒を見るだけでなく、家事代行サービスを兼ねる事業所もありますので、業務範囲については事前にしっかりと確認しておきましょう。

時給は、1,000円~1,300円程度であることが多いですが、保育士や看護師などの資格を持っている人はさらに高額になります。

FXや株式投資

外に出て働くのがイヤな人や、空き時間でサクサク稼ぎたいと考えている人は、FXや株式投資をしてみてはいかがでしょうか?

FXや株式投資は多額の資金がなくても少額から始められるので、手持ちの資金を増やせる可能性があります。

特にFXは24時間トレード可能なので、空いた時間に取引できるので忙しい人でも負担になりません。

「でも、FXや株式投資の知識がないから心配」という人もいると思いますが、最近はFXが学べるアプリなどもありますので試してみるのもいいでしょう。

ただし、FXや株式投資は元金の保証がありません。

そのため、大きく稼げる可能性もありますが、反対に大損をしてしまうリスクがあるのです。

気軽に始めることはできますが、投資は資金に余裕がある人のみ行うことをおすすめします。

仮想通貨

仮想通過とはデジタル上の通貨のことを言い、インターネット上で利用できるほか、海外への送金もできるものです。

仮想通過は、500円からといったようにFXよりも少額から始められるので取り入れやすく、24時間365日取引が可能となっています。

価格の上がり下がりが急なので、タイミングがよければ大きな稼ぎになりますが、同程度損するリスクもあります。
株式投資などと同様に、稼げるどころか大損する可能性があることを念頭にいれて資金の余裕がある場合のみ行うようにしましょう。

副業は誰にでもできる?

ここまで紹介した通り、現在ではスマホを多くの人が手にする高度な情報化社会へと発展を遂げてきました。

それに伴い、インターネットを活用した新たな形の仕事の内容が増え、副業の形も大きく変化しようとしています。

一般的に副業と聞くと、本業の他にアルバイトを掛け持ちするなど、雇われの仕事が一般的だったと思います。

そんな副業がこれらのインターネットの普及に伴い、空いた時間をお金に変える自分の都合のいい働き方に変わってきています。

もちろん、仕事を依頼される、または仕事を受けると言う面ではこれまでと大きな違いがないように感じますが、仕事を受けるまでの工程がインターネットによって大きく短縮できるのは大きな違いでしょう。

つまり、副業はスマホやPCを利用することで、誰にでも比較的簡単に副業を行えると言うことです。

携帯・スマホでお金を即日稼ぐ!金策にオススメ副業とは?詐欺にも注意

誰にでもできる副業は稼げない?

副業がPCなどを利用すれば誰にでもできると紹介しましたが、誰にでもできる仕事は儲からないと考えるのが一般的ですよね?

例えば、コンビニなどのアルバイトに対しては、仕事内容は意外にハードであるのに対して、「誰にでもできるイメージ」と「決して高いとは言えない給料」が印象的だと思います。

これは、コンビニのアルバイトに必要な資格などなく、対象となる労働者も学生やパートさんなど高収入を必要としない労働層であることが原因と言えるでしょう。

これは副業にも同じことが言えるでしょう。

誰にでもできる副業はもちろん報酬が低めに設定されていることがほとんどです。

しかしながら、全く稼げないかと言うとそれは間違いです。

ちょっとした臨時収入程度、目安として月2万円程度であれば比較的短期間で多くの人が達成できる具体的な金額だと言えます。

ただし、そのためには自身にあった効率の良い稼ぎ方を知る必要があるでしょう。

ここまで紹介してきた色々な稼ぎ方を比較して、自分が得意とする分野を見つけて継続してみることをおすすめします。

働き方改革で副業がしやすくなった

2018年は副業元年と言われていますが、働き方改革の一環として副業や兼業が推奨されるようになり、副業がしやすくなりました。

2018年のリクルートの調査によると、副業や兼業を容認している企業は全体の28.8%未満となっており、すべての企業に浸透しているというにはほど遠い状態ですが、大企業でも容認する企業が増えています。

と言うのも、副業で得た知識やスキルを本業にフィードバックすることで、企業としてもメリットがあるというとらえ方ができるためでしょう。

勤務先が副業や兼業に積極的であれば、こそこそと隠れることなく副業ができるので、変に気遣う必要がありませんね。

副業は会社にバレない?

勤務先が副業や兼業を解禁していない場合、副業していることがバレないかどうか非常に気になります。

勤務先の人に誰にも話さなければバレないと思っている人もいますが、他言していなくても、収入が増えて翌年の住民税が増額すると、年末調整の時に副業がバレる可能性があります。

住民税決定通知書は本業の勤務先に送られますので、給料と比較して住民税の金額が高くなると「副業しているのでは?」とバレてしまうわけです。

もし本業の勤務先にバレたくないのであれば、副業で得た収入に対する住民税を自分で直接納付する「普通徴収」にするといいでしょう。

そうすれば本業の勤務先にバレずにすみますが、注意点として自治体によっては普通徴収に対応してもらえないところもありますので、事前に確認する必要があります。

月2万円の収入は確定申告が必要か

副業で確定申告をする必要があるかどうかは、「年間20万円」が基準になります。

アルバイトやパート、それ以外によって年間20万円の基準が異なりますので紹介します。

【アルバイトやパート】
年間の「収入」が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

毎月コンスタントに2万円稼いでいる場合は年間で24万円になるため、確定申告が必要になります。

【アルバイトやパート以外(内職やクラウドソーシング)】
年間の「所得」が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

アルバイトやパートの場合とは異なり、「所得」である点に注意が必要です。

所得とは、売上-経費で求められるもので、例えば売上50万円で経費が32万円の場合、所得は18万円となるので確定申告は必要ありません。

バイトと副業どっちがお得?

今回はネットを利用した副業をメインに紹介していますが、掛け持ちでバイトするのもひとつの方法です。

しかし、今回はあえてネットを利用した副業をメインで紹介しています。

その理由としては2つの大きなメリットがあるからです。

ひとつ目のメリットは、インターネットを利用しての副業は負担が少ないことです。

通常仕事をするには仕事場まで足を運び、お金をもらうために決まった時間を働かなくてはなりません。

これがネットの副業の場合だと、自身の時間があるタイミングのみ好きなだけ働くことが可能ですので、本業や本来の生活を圧迫することなくお金を稼ぐことが可能となります。

そしてふたつ目のメリットとして、仕事場までの移動にかかる経費や時間を短縮でき、時間を効率よく使えることがあるでしょう。

つまり、ネットの副業であれば無理なくバイトなどよりも仕事にかけられる時間を多くできるメリットがあるのです。

ただし、最悪の言い方をすればいるだけでもらえるバイトと異なり、ネットでの副業は基本的に成果に対して報酬が発生するものばかりですので、無理をしなければ報酬を得られない可能性があることがデメリットと言えるでしょう。

副業2万円は現実的な金額

今回は副業で2万円稼ぐための方法について紹介しましたが、月々2万円であれば継続的に努力できれば誰でも割と簡単に達成できる金額です。

もちろん、それなりに時間をかける必要はありますが、軌道に乗ればこの金額が通過点となることも多いでしょう。

大切なのは継続してコツコツ取り組めるかですので、副業は稼げそうではなく続けられそうかを基準に選ぶことをおすすめします。

関連記事をチェック!

副業で月に5万、6万、7万円を稼ぐ方法

月に100万円をいきなり稼ぐのは難しいですし、なんとなく怪しいですよね。 ここは手堅く1ヶ月に7万円程度のお金を稼ぐことから始めてみるのはいかがでしょうか。 月に7万円程度なら、本業が別にある人で...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1
条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談