お金に困ったときは「お金がない馬」

クオカード残高不足分の端数の支払い方法

 4.3  (3)
+ この記事を評価する
×
 4.3  (3)

この記事を評価する

決定

クオカードクオカードはコンビニやファミレス、ガソリンスタンドや本屋さんなど、さまざまな場所で便利に活用することができます。

この記事では、そんなクオカードの残高不足について詳しく解説いたします。

この記事はこんなひとにおすすめ
  • クオカードの残高確認方法を知りたい方
  • クオカードを上手に利用し、管理したい方
  • クオカードを換金時の注意点を知りたい方

にとても参考になる記事です。

クオカードの残高を知りたい

クオカードは、全国各地のお店およそ57,000店で利用することができるカードです。

かつて流行ったテレフォンカードで公衆電話を利用するように、利用分がカード残高から差し引かれ、とても手軽にショッピングを楽しむことができます。

しかし、クオカードの残高不足を想定せずに買い物をしてしまうと、十分な現金を用意していないこともあり得ますし、残高が少ないクオカードをたくさん保有している場合には、かえって支払いは手間になることもあり得ます。

そのため、ある程度残高を把握しておくことをおすすめします。

まずはクオカードの残高不足を知る方法について見ていきましょう。

ネットやアプリでは残高確認できない

電子マネーの場合はアプリを使用して残高不足を確認することが可能です。

マルチ残高リーダーFreeというアプリを利用すると、ほとんどの電子マネーの残高を確認することが可能です。

また、nanacoやWAONに関しては、ポイント残高やポイントの有効期限を確認できますので、電子マネーの管理がしやすくなるでしょう。

ただし、残念ながらクオカードはアプリでの残高確認はできませんので、他の方法で確認する必要があります。

QUOカードPayならアプリで確認OK

QUOカードPayは株式会社クオカードが発行しているデジタルギフトサービスです。

QUOカードPayであれば、プレゼントされたギフトカードの残高をアプリ内で一括管理できます。

さらに、ギフトカードの有効期限の通知などのサービスが受けられます。

ただし、残念な点が3つあります。

1つ目は、QUOカードPayとクオカードには互換性がありません。

したがって、既に保有しているクオカードをQUOカードpayと合算し残高管理することはできません。

さらに、利用できる店舗にも違いがあります。

例えば、コンビニを例に挙げると、クオカードであれば、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等色々なコンビニで使用可能ですが、QUOカードPayは、ローソンの系列のコンビ二のみとなります。

このようにQUOカードPayに対応している店舗が少ないというデメリットがあります。

2つ目は、QUOカードPayは換金ができません。

QUOカードPayは、デジタルギフトですので、専用のアプリケーションを利用しなくても、カードのURLをメールで送付することで相手にプレゼントすることができるメリットがありますが、その一方で、金券ショップなどで換金できないというデメリットがあります。

3つ目は、自身で購入するには手数料がかかります。

QUOカードPayは、クオカードと異なり購入時6%の手数料が必要です。

例えば、1,000円のカードであれば60円の手数料ということになります。

したがってコスト面では、メリットは感じられません。

さらに、QUOカードpayはカードの有効期限を3年と設けられております。

専用のアプリであれば、使用期限の通知機能や、期限が短いものを優先して決済時に使用できるなどのサービスがありますが、どうしてもうっかり使用期限が過ぎてしまったというリスクがあります。

穴を見れば目安が分かる

クオカードの残高確認は、券面の穴を見てチェックしましょう。

原始的な方法であり、なおかつ目安残高しか分かりませんが、何も確認しないよりは残高の管理ができます。

具体的にいうと、金額が1,000円のクオカードの場合は0と5と10の目盛りが書かれています。

10の場所が1,000円だとすると、5の場所は500円となり、0の場所はゼロ円となりますので、利用後にどこに穴が開いているかを確認すると、残高を類推することが可能となります。

0円よりも左なら残高ゼロ

クオカードの券面を見て、ゼロ円のところよりも左側に穴が開いている場合には、そのカードは残高がないことになります。

ただし、穴の場所は見た目での判断となるため、人によってはゼロ円なのか、少しぐらい残高が残っているのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

残高が少ないクオカードを利用する場合には、商品購入をする際に十分な現金も保有しておくことをおすすめします。

もしくは残高がたっぷりと残っているクオカードを持参しましょう。

クオカードの正式な残高の確認方法

クオカードの残高をパンチ穴だけで確認しようと思うと、正確な金額が分かりません。

より正確にクオカードの残高を知るためには、一体どのようにすれば良いのでしょうか?

ここではその方法として、「店員さんに聞いてみる」「レシートを確認する」「残高証明書を確認する」という3つの方法を紹介します。

ぜひ、今後クオカードを利用する場合の参考にしてみてください。

店員さんに聞いてみる

クオカードの正確な残高が知りたい場合には、店員さんに確認してもらうと良いでしょう。

クオカードの残高はレジで確認することが可能であるため、買い物をする前に予めチェックしておくと無難です。

事前に確認しておけば安心して買い物ができますし、もしも残高不足が最初から分かっていれば、買い物をする前に対策をとることができます。

ただし、レジが渋滞しているなど、混雑しているときに残高確認を依頼すると、周りの人に嫌な顔をされる可能性もありますので、一定の配慮は必要です。

レシートを確認する

買い物をした後にもクオカードの残高を確認することは可能です。

買い物後の残高確認はとても簡単で、レシートを見るだけで正確な金額が分かります。

一般的にはレシートの下の方にクオカードの残高が書かれているため、買い物する度にチェックする癖をつけましょう。

今までレシートをすぐに捨てて行った人は、これからはチェックしてから捨てるか、保有しているクオカードと一緒に保管しておくのがおすすめです。

クオカードが残高不足になったら

もしもクオカードが残高不足になった場合、残りの分はどのように支払えば良いのでしょうか?

クオカードは残高がゼロになるまで何度も利用できる反面、端数が残る可能性もあります。

しかし残っている端数残高と合わせて他の方法をとれば、きっちりと支払うことが可能です。

ここではクオカードと合わせて支払うことが可能な方法として、「不足分を現金で払う」「不足分をクオカードで払う」方法を紹介します。

また、利用できないと言われた場合の対処法についてもお伝えします。

不足分を現金で払う

クオカードの残高不足分は現金で支払うことが可能です。

例えば、1,000円の買い物をする場合、クオカードに100円だけ残っていれば、まずクオカードで100円を支払い、残りの900円を現金で支払うということが可能です。

クオカードの残高がいくらであっても同じことができるため、端数残高が少なそうなクオカードを使ったとしても、残額を現金で支払えば問題ありません。

それ以外にも、クレジットカードを日常よく利用する方などはクオカードの残高不足分をカード払いとするという方法もあります。

ただし、QUOカードPayの場合は、クレジットカードと併用して利用することができません。

複数枚のクオカードで払う

不足分はクオカードで支払うということも可能です。

クオカードは一枚のみならず、複数枚持っているという人も多いようです。

そのため、端数の残高が残ったクオカードを使い切って、残額を別のクオカードで支払うということは可能です。

一点注意すべきことして、まっさらのクオカードをどんどん使ってしまう人がいらっしゃいますが、少しでも使っているクオカードを優先して支払うように心がけましょう。

端数だらけになってしまうとレジで何枚もクオカードを出さなければならず、店員さんも利用者も、お互い手間が増えてしまいます。

せっかく便利なカードですから効率よく使いましょう。

関連記事をチェック!

ローソンでの賢いクレジットカード支払い方法

24時間いつでも欲しいものが購入できるローソンです。 1997年には全都道府県出店を達成するなど、どこへ行っても見かけます。 そんなローソンで、買い物をしようとした際に現金が無い!というピンチに陥...

ローソンでの賢いクレジットカード支払い方法

クオカードの買取には残高証明書が必要

金券ショップなどで買取を依頼する場合に、クオカードの種類によっては、残高証明が必要となる場合があります。

そのカードの特徴は、磁気情報の書き込みしないと使用できない種類のものです。

外見上の見分け方は、カードの裏面の固有番号が00で始まるカードとなります。

コンビニで購入できるカードの多くがこのタイプのカードとなります。

このタイプのカードは、見た目で磁気書き込みが済んでいるかの判別が難しい為、買取業者によっては買取NGとされるケースも多いようです。

コンビニで発行してもらえる

以外に知られていませんが、クオカードの残高証明書はローソンやファミリーマート等のコンビニの店頭で簡単には発行してもらえます。

ただし、セブンイレブンにおいては、残高証明書の発行は行っておらず、利用時のレシートで残高を確認することしかできないようです。

買取してもらえないクオカードもある

買取してもらえないクオカードの特徴は4つあります。

一つ目は、カードに穴が開いているものです。

一度でもカードを使用すると、目印として穴が開きます。

このように使用感があるカードは買い取ってもらえません。

2つ目は、カードに有効期限があるものに関してです。

現在では、既に発行されていませんがクオカードが誕生した初期の頃は、カードに使用期限が設けられたカードが発行されていたようです。

タンスの奥底から年代もののクオカードが出てきて、ラッキーと店舗にもっていったとしても換金できないだけではなく、期限切れの場合は使用することもできません。

3つ目は、カードの裏面にひどい汚れや傷があるもので、こちらも買取してもらえないです。

クオカードの裏面には磁気情報が記録されており、ここにひどい汚れや傷があれば、時期が読み取れずにカードが使用できないというリスクがあるためです。

4つ目は、カード裏面の固有番号が00で始まるものも買取してもらえません。

先ほども紹介しましたが、このタイプのカードは購入時に磁気書き込み処理をしなければ、そもそも、購入したとしても使用することができません。

そのようなトラブルを未然に防止するため、ほとんどの金券ショップでは、このような種類のカードを買取不可としています。

クオカードの使い方

クオカードを利用する上で知っておくと便利な情報をお伝えします。

ここではクオカードの豆知識として、「クオカードが使える場所」「利用できないもの」「お釣りは出るのか?」について紹介します。

クオカードが使える場所

クオカードが使える場所は上記でも紹介した通り、コンビニやファミレス、ガソリンスタンドや書店などがありますが、他にもドラッグストアや音楽映像専門店、トイショップ、ゴルフショップ、ホームセンター、ホテル、ステーショナリー、ショップショッピングセンターなどがあります。

詳しくは公式サイトに記載されていますので確認してみましょう。

利用できないもの

逆に利用できないものとしては、公共料金やプリペイドカード、切手、印紙、タバコ、チケットななどがあります。

支払いの時に慌てなくてよいように、あらかじめ知っておきましょう。

クオカードにおつりはでない

例えば商品券の場合はお釣りがもらえますが、クオカードの場合はお釣りはもらえません。

残額がゼロになるまで繰り返し利用できますので、使い切りましょう。

クオカードの保管には注意が必要

クオカードには磁気情報が記録されていますが、カードが磁気不良となってしまったり、変形や汚れなどでカードリーダーで正常に読み込めない場合があります。

例えば、クオカードは利用の都度残高が変動します。

その備忘録の為に、直接カードに油性マジックなどで残高をメモをする等ということは必ず辞めてください。

クオカードの保存に関する注意点はクオカードのWEBサイトでも掲載させれおりますので、一度ご自身の目で確認していただくことをおススメします。

利用できないといわれた場合

もしもお店でクオカードが読み取れないと言われてしまった場合には、クオカードのお客様相談室に連絡しましょう。

クオカードのお客様相談室は0120-340-541で通話料無料となっています。

対応は土日祝日を除く朝9時から夕方17時45分までとなっていますので、時間内にかけましょう。

使えなくなるよくある原因としては、磁気に近づけただめクオカードが使えなくなるというケースです。

例えばスマホケースの留め金や鞄の留め金、磁石が付いているシールなどに近づけることで、クオカードが読み取れなくなる可能性があります。

クオカードの残高に関するQ&A

ここでは、クオカードの残高に関して、皆様がよく疑問に思われることに関してQ&Aでお答えします。

クオカードを使いきったらそのカードはどうなるの?
基本的にゴミとして処分。ただし、コレクターアイテムとして価値が付くこともあります。皆さんも、コンビニなどで使用済みカードを回収することを尋ねられた経験はないでしょうか。ただ稀に、イラストなどに希少価値があるものはオークションで価値が付くことがあります。珍しいイラストのものはヤフオク等のオークションサイトで事前に値段を確認してみるのも1つの方法です。そのような価値のつくカードは使用後、店員に処分の有無を尋ねられた際には、必ず返してほしいことを伝えましょう。
穴の開いてないクオカードは未使用?
基本的に未使用品となります。カードに穴が開いていないものは未使用品であることに間違いはないです。しかし、場合によっては、購入時に磁気情報を書き込みしなければいけないカードが非合法な方法で市場に流通しているケースも必ずないとは言い切れません。そのようなカードはたとえ、未使用品であっても買い物に利用することはできません。運悪く、そのようなカードに巡り合ってしまった場合、クオカードお客様相談室へ連絡して下さい。
クオカードが使えないお店でも残高確認はできる?
正確な残高確認はできない。もちろん、クオカードのカードの穴あき位置を見ておおよその残高を確認することはできますが、正確な残高を確認することはできません。もし、あなたが正確な残高を知りたいのであれば、コンビニ等クオカード加盟店で残高の確認することをおすすめします。
知らない間に残高が減っていた,,,考えられる理由は?
カードが破損している可能性、レジ操作上の人為的なミスが考えられます。カードの保存状況によっては、磁気が破損してしまっている場合もありえます。このような場合も、お客様相談室へ問い合わせてください。とは言え、クオカード株式会社へカード再発行の依頼をしたとしても、カードの正確な残高を確認できなければ、カードを再発行は難しいようです。あなたが、クオカードを利用し、渡されたレシートは、カードの残高の推移を証明する資料となる場合もあります。捨てずに残しておくことをおすすめします。さらに、レシートを残しておくとレジ決済時に誤った金額を処理されたことを証明する上でも役立ちます。
使いかけのクオカードでも残高があれば買い取ってもらえる?
金券ショップなどでは基本的にNGです。金券ショップなどでは、使用済みカードの買取を断っている店がほとんどです。しかし、買取基準を決めるのは店側ですので、検討しているショップに電話等で確認することをおすすめします。数店舗に電話で確認した結果、買取を断られてしまった場合で、どうしても現金化したいということであれば、コンビニなどで残高証明を発行してもらい、オークションサイトに出品してみるのも1つの方法です。

まとめ

クオカードはカード1枚持っていれば残高がゼロになるまで何度でも利用することが可能です。

もしも残高不足になった場合には、現金や他のクオカードで補うことができますので、いずれの場合もゆとりを持っておきましょう。

また事前にカード残高を確認することもできますので、知っておくと良いでしょう。

 4.3  (3)
+ この記事を評価する
×
 4.3  (3)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能