お金に困ったときは「お金がない馬」

生活苦なのに働かない妻にはどう向き合えばいい?

当記事にはPRが含まれています
「お金がない馬」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

夫婦が共働きでも生活が苦しいという家庭がたくさんある以上、働き手が旦那だけの家庭だとそれ以上に生活苦に陥りやすいであろうことは容易に想像できます。

夫婦が共働きでも生活が苦しいという家庭は少なくありません。

働き手が夫だけの家庭だと、共働き以上に生活苦に陥りやすいであろうことは容易に想像できます。

できることなら妻にも働いてほしいと思っている旦那さんは多いと思いますが、その気持ちはきちんと妻に届いているのでしょうか。

そこで今回は、生活苦なのに働かない妻にはどう向き合えばいいかについて、説明を行っていきます。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短18分※₁
※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※₂
※₂審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

働かない妻に悩む人の体験談

ネットには、働かない妻をもつ夫の体験談や、相談が数多くあります。

今回はYahoo!知恵袋の質問を一つ紹介します。

質問内容はこちら

働かない妻と離婚することはできる?

結論から言うと働かない妻と離婚をすることはできますが、それには妻が離婚に応じる同意か裁判が必要になります。

夫婦双方の合意による協議離婚や調停離婚であれば、大きなトラブルはなく離婚は可能です。
妻が離婚を嫌がる場合は、裁判離婚になりますが、裁判離婚は民法第770条に定められている離婚原因が必要です。

民法第770条に定められている離婚原因は以下のものがあります。

  • 妻や夫が浮気をする、いわゆる配偶者の不貞行為があったとき
  • 民法752条の「同居の義務」「協力義務」「扶助の義務」を守らずに、正当な理由のない別居や、同じ収入があるのに配偶者から生活費をもらえないとき
  • 行方不明などで配偶者の生死が3年以上判明しないとき
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  • その他、犯罪の受刑など婚姻を継続していくには難しい重大な事由があるとき

以上を確認すると、妻が働かないということを離婚の理由にするのは難しいでしょう。

働かない妻と離婚したいとなると弁護士費用、裁判所に払う法定費用がかかり出費がかさみます。

また、裁判には時間がかかり、働かない妻という立場は夫に扶養義務があると判断されます。
可能であれば、双方話し合いで合意する協議離婚に持っていくことをおススメします。

妻が働かない理由は?

まずは、生活苦にも関わらず妻が働かない理由を考えていきましょう。

仕事は夫がするものだという価値観

最近では、女性が働くことは、ごく一般的な感覚としてとらえられるようになってきていますが、数十年前までは「男が仕事をして女は家庭を守る」というのがステレオタイプ的な考え方としてありました。
もし、妻の実家がそのような考え方の家庭であり、そういった考え方のもとで育てられてきたとすると、妻が「仕事は夫がするもの」と考えてしまうのも、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

価値観の違いによる衝突はどのような場面でも訪れますが、一度形成された価値観というのはなかなか修正できないものなので、この場合は妻に働いてもらうのは難しいかもしれませんね。

子供への影響を心配している

共働きになると子供への影響が心配だということで、働きたくないと思っている妻も多いかもしれません。

子供が学校から帰ってきたときに、家に誰もいない状態というのは子供にとってあまり好ましいものではないですよね。

子供の安全面の心配をするとともに、両親が共働きになることで子供が非行に走ってしまうと懸念している人もいるのではないでしょうか。

時短のパートやフレックスというようなスタイルで働けるようなところがあれば、妻も考えてくれるかもしれませんね。

そもそも生活苦という自覚がない

根本的な部分で、自分の家が生活苦であるということを妻が自覚していない可能性もあるのではないでしょうか。

たとえば、妻が学生時代に極貧生活をしていたような場合であれば、生活水準に対するハードルはかなり下がっていてもおかしくありません。

そうなると、今の生活が贅沢なものではないにしても標準的なものであると考えており、苦しいという感覚はまったく抱いていないかもしれませんよね。

結婚前の妻の生活や経済状況を詳しく知らない場合には、そういった部分ですれ違いが生じているかもしれません。

妻をどうにかして働かせるためには?

妻が働かない理由としていろいろなことが考えられますが、そんな中でどうにかして妻に働いてほしい場合には、どうすればいいのでしょうか。

パートやアルバイトをお願いする

いきなり「フルタイムで働いてほしい」とお願いしても、家事もあるし子供の世話もあるということで、すぐOKしてくれるような妻はあまりいないでしょう。

ここでOKしてくれるような人は、すでに働いている可能性が高いです。

そこで、まずはパートやアルバイトで働いてもらって様子を見るのはどうでしょうか。

パートやアルバイトであれば働く日数や時間帯も調節できますから、家事や子供の世話に影響が出ない範囲で収入を増やすことが可能です。

そのようにまずは体を慣らしてもらってから、フルタイムで働いてもらうというのが理想的な流れです。

パートやアルバイトで働いてもらい、ある程度生活の状況が改善されるのであれば、無理をせずそのまま短時間勤務を継続してもらうのもいいでしょう。

パートやアルバイトを始めることで、今までとは異なる人間関係が生まれて気分転換にもなる、ということを推してみてもいいかもしれませんね。

今後の生活のことを2人で話し合う

このままの収入では、遅かれ早かれピンチになるということを妻に理解してもらうためには、今後の生活のことについて2人で話し合ってみるのが効果的です。

子供を大学に入れたり、車を購入したり、持ち家を購入したりといった展望を話し合ってみましょう。

自分たちの老後や、自分が働けなくなった時の費用についてを話すことも大切です。

これから必要なお金を計算すると、今のままの収入では将来厳しいことになるときっと気付いてくれるはずです。

夫としては情けない話ではあるのですが、今よりどれぐらい収入の上乗せが欲しいかということを2人の共通課題として認識することが大切です。

そして、自分も昇進や転職して頑張るから、少しでもいいから働いて収入を増やしてほしいということを伝えれば、妻もきっと納得してくれるのではないでしょうか。

家でできる仕事を探してみる

子供の成長のためにどうしても外で働きたくないと言われるのであれば、家でできる仕事がないかを探してみるのも、1つの選択肢として考えましょう。

家で英会話教室や裁縫教室・料理教室などを開くのであれば、家にいて子供の様子を見ながら仕事をすることが可能です。

初めのうちは生徒も集まりにくいかもしれませんが、口コミなどでうまく評判が広まってくれれば、安定した収入を得られる可能性もあります。

また、最近ではインターネット上でいろいろと仕事を探したり、請け負ったりすることも可能なので、スキマ時間を利用してちょっとしたお金を稼ぐこともできるでしょう。

ただし、インターネット上で仕事を行う場合はそもそもの仕事の量がなかなか安定しなかったり、仕事が継続しなかったりということもあるので、まとまった収入を得るためには運も必要となります。

どれぐらいの収入の上乗せが必要かによって、家で仕事を行うかどうかを決めるのがいいかもしれませんね。

4.家事の負担を減らす

妻が「家事が大変で働いている暇がない」といった場合、出来る限り夫も家事を手伝ってみましょう。

妻の家事の負担が減り、時間ができてくると働く意欲が出てくるかもしれません。
その時に「自分の収入だけだと生活が苦しいので、働いてもらえると助かる」といった話をしてみると効果があるかもしれません。

5.ライブや旅行に行く計画を立てる

妻が好きなタレントやミュージシャンのライブに行って機嫌を取ったり、妻が行きたいと思っている旅行先へ行くことも一つの手段です。

妻の気分が良くなったところで、現在の収入では生活が苦しく、妻に働いてもらえば助かるといったことを提案してみるのも良いかもしれません。

働かない妻との離婚を回避するには?

今度は逆に働かない妻との離婚を回避するにはどうしたら良いでしょうか?

家計簿を見直す

毎月の生活収入と支出の家計簿をきちんとつけて、家計の支出が見て明らかに分かるようにしましょう。

妻に家計が苦しいことを話し、どうにか生活収入をフォロ-してもらうようにお願いするのも良いですね。

妻との離婚を決意したときにすべきこと

妻との離婚を決意した時のメリット、デメリットを改めて考えてみましょう。

最後にもう一度、デメリットについて考える

妻と離婚をした後のことだけでなく、離婚協議の最中も含めて、どんなデメリットがあるか考えておきましょう。

離婚にかかる費用、離婚後の生活、子供の親権や養育費だけでなく、慰謝料は払っていけるのかなど、さまざまなことが予想されます。

働かない妻との離婚には困難な経済状況の結婚生活を解消できるメリットがある反面、離婚に際してのデメリットもあります。

その両方を天秤にかけて、自分や妻だけでなく、子供や親を含めた家族全員にとっての最良の選択肢なのかをじっくり考えて、最終的に離婚を決断したほうが良いでしょう。

弁護士に相談する

悩んだら専門家に相談しましょう。
弁護士は調停や裁判の仕事だけではなく、比較的安価な相談費用で、当事者間で離婚できるようにしていくのも彼らの仕事です。

無料相談もありますので、お近くの弁護士会、もしくは役所などに行って弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

実家・義実家の力を借りるのもありかも

生活苦は家庭の問題ですが、自分の両親や義両親もきっと子供の生活のことを心配していることは間違いないでしょう。

両親・義両親はすでに子供を育て上げている実績がありますから、生活や育児にどれぐらいのお金が必要になるかということは重々承知しているはずです。

そういった実体験に基づく話を妻にしてもらって、今のままの収入では将来が危ないということをそれとなく伝えてもらうようにすれば、妻も危機感を持ってくれるかもしれません。

また、別な力の借り方として実家や義実家が近くにあるのであれば、妻が働いている間は実家や義実家で、子供の面倒を見てもらうというのもありなのではないでしょうか。

そうすれば、誰もいない家に子供が1人という状況は防げますから、妻も働きに出やすくなると思います。

両親・義両親としても、孫と接する機会が増えてwin-winの解決策になるかもしれませんね。

まとめ

以上、生活苦なのに働かない妻にはどう向き合えばいいか説明を行ってきました。

妻が働かないのには何かしらの理由があるはずなので、まずは2人で話し合い、その理由を正確に把握しなければなりません。

相手のことを思いやらずに、とにかく「働いてほしい」と言うことを伝えて直進的に物事を解決しようとしても、妻も動いてはくれないでしょう。

実際に妻が働きに出てくれるようになれば、決断に感謝して、「将来的には自分1人の収入だけで家計を支えられるように頑張る」ということを妻に伝えてみてはいかがでしょうか。

奥さんを早めに退職させてあげられるように、今まで以上に仕事に精を出しましょうね。
できることなら妻にも働いてほしいと思っている旦那さんは多いと思いますが、その気持ちはきちんと妻に届いているのでしょうか。

そこで今回は、生活苦なのに働かない妻にはどう向き合えばいいかということについて、説明を行っていきたいと思います。

妻が働かない理由は?

まずは、生活苦にも関わらず妻が働かない理由を考えていきましょう。

仕事は夫がするものだという価値観

最近では、女性が働くことはごく一般的な感覚としてとらえられるようになってきていますが、少し前までは「男が仕事をして女は家庭を守る」というのがステレオタイプ的な考え方としてありました。

奥さんのご実家がそのような考え方の家庭であり、そういった考え方のもとで育てられてきたとすると、奥さんが「仕事は旦那がするもの」と考えてしまうのもある意味仕方ないことなのかもしれません。

価値観の違いによる衝突はどのような場面でも訪れますが、一度形成された価値観というのはなかなか修正できないものなので、この場合は奥さんに働いてもらうのはかなり難しいかもしれませんね。

子供への影響を心配している

共働きになると子供への影響が心配だということで、働きたくないと思っている奥さんも多いかもしれません。

子供が学校から帰ってきたときに、母親も父親もいない状態というのは親にとってあまり好ましいものではないですからね。

子供の安全面の心配をするとともに、両親が共働きになることで子供が非行に走ってしまうと懸念している人もいるのではないでしょうか。

時短やフレックスというようなスタイルで働けるようなところがあれば、奥さんも考えてくれるかもしれませんね。

そもそも生活苦という自覚がない

根本的な部分で、自分の家が生活苦であるということを奥さんが自覚していない可能性もあるのではないでしょうか。

たとえば、奥さんが学生時代に極貧生活をしていたような場合であれば、生活水準に対するハードルはかなり下がっていてもおかしくありません。

そうなると、今の生活が贅沢なものではもちろんないにしても標準的なものであると考えており、苦しいという感覚はまったく抱いていないかもしれませんよね。

結婚前の奥さんの生活を詳しく知らない場合には、そういった部分ですれ違いが生じているかもしれません。

妻をどうにかして働かせるためには?

奥さんが働かない理由としていろいろなものが考えられましたが、そんな中でどうにかして奥さんに働いてほしい場合には、どうすればいいのでしょうか。

パートやアルバイトをお願いする

いきなり「働いてほしい」とお願いしても、家事もあるし子供の世話もあるしということで、すぐOKしてくれるような奥さんはあまりいないでしょう。

(OKしてくれるような人はすでに働いている可能性が高いです。)

そこで、まずはパートやアルバイトで働いてもらって、様子を見てもらうのはどうでしょうか。

パートやアルバイトであれば働く日数や時間帯も調節できますから、家事や子供の世話に影響が出ない範囲で収入を増やすことが可能です。

そうしてまずは体を慣らしてもらってから、フルタイムで働いてもらうというのが理想的な流れですが、パートやアルバイトで働いてもらえることである程度生活の状況が改善されるのであれば、無理せずそのままパートやアルバイトを継続してもらうのもいいでしょう。

今までとは異なる人間関係が生まれることで気分転換にもなる、ということを推してみてもいいかもしれませんね。

今後の生活のことを2人で話し合う

このままの収入では遅かれ早かれピンチになるということを奥さんに理解してもらうためには、今後の生活のことについて2人で話し合ってみるのが効果的です。

子供を大学に入れたり車を購入したり持ち家を購入したりといった展望を話し合ったうえで、そのために必要なお金のことを考えてみれば、奥さんも今のままの収入では厳しいことにきっと気付いてくれるはずです。

(旦那としては情けない話ではあるのですが。)

今よりどれぐらい収入の上乗せが欲しいかということを2人の共通課題として認識して、自分としても昇進なり転職なりで頑張るから、少しでもいいから働いて収入を増やしてほしいということを伝えれば、奥さんもきっと納得してくれるのではないでしょうか。

家でできる仕事を探してみる

子供の成長のためにどうしても外で働きたくないと言われるのであれば、家でできる仕事がないかどうかを探してみるのも、1つの選択肢となるでしょう。

家で英会話教室や裁縫教室・料理教室などを開くのであれば、家にいて子供の様子を見ながら仕事をすることが可能です。

初めのうちは生徒も集まりにくいかもしれませんが、口コミなどでうまく評判が広まってくれれば、安定した収入を得られる可能性もあります。

また、最近ではインターネット上でいろいろと仕事を探したり請け負ったりすることも可能なので、スキマ時間を利用してちょっとしたお金を稼ぐこともできるでしょう。

ただし、インターネット上で仕事を行う場合はそもそもの仕事の量がなかなか安定しなかったり、仕事が継続しなかったりということもあるので、まとまった収入を得るためには運も必要となります。

どれぐらいの収入の上乗せが必要かによって、家で仕事を行うかどうかを決めるのがいいかもしれませんね。

実家・義実家の力を借りるのもありかも

生活苦は家族の問題ですが、自分の両親や義両親もきっと子供の生活のことを心配していると思います。

両親・義両親はすでに子供を育て上げている実績がありますから、育児にどれぐらいのお金が必要になるかということは重々承知しているはずです。

そういった実体験に基づく話を奥さんにしてもらって、今のままの収入では将来が危ないということをそれとなく伝えてもらうようにすれば、奥さんも危機感を持ってくれるかもしれません。

また、別な力の借り方として実家や義実家が近くにあるのであれば、奥さんが働いている間は実家や義実家で子供の面倒を見てもらうというのもありなのではないでしょうか。

そうすれば、誰もいない家に子供が1人という状況は防げますから、奥さんも働きに出やすくなると思います。

両親・義両親としても、孫と接する機会が増えてwin-winの解決策になるかもしれませんね。

まとめ

以上、生活苦なのに働かない妻にはどう向き合えばいいかということについての説明を行ってきました。

奥さんが働かないのには何かしらの理由があるはずなので、まずは2人で話し合うなどしてその理由を正確に把握しなければなりません。

相手のことを慮らずに、とにかく「働いてほしい」と言うことを伝えて直進的に物事を解決しようとしても、奥さんも動いてくれないでしょう。

実際に奥さんが働きに出てくれるようになれば、奥さんの決断に感謝すると共に、将来的には自分1人の収入だけで家計を支えられるようにして奥さんを早めに退職させてあげられるように、今まで以上に仕事に精を出しましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。


最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    ご来店で即日融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。


事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

特集記事