馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。

今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します。

審査に通るカードローンのランキング


カードローンは、発行している会社によっていくつかの種類に分けることができます。審査間口が広い順番に並べると、

  1. 中小消費者金融カードローン
  2. 大手消費者金融カードローン
  3. 銀行カードローン

カードローンの中で一番審査に通りやすいのは中小消費者金融です。

中小消費者金融は他のカードローンでは審査に通らないブラックの方でも利用できる場合があります。

大手消費者金融がそれに続いて審査に通りやすいのカードローンとなります。銀行カーローンは最も審査が厳しく行われます。

銀行カードローンは金利が低く、貸倒れのリスクを少しでも抑える必要があるため慎重に審査が行われます。

もちろんそれぞれのカードローンの中でも審査の通りやすさが異なるので、その中でも審査に通りやすいカードローンをこれから紹介します。

審査が通りやすい中小消費者金融


中小消費者金融と言われても中々思いつかないと思いますが、実際にどこの業者があるのでしょうか。

  • フクホー
  • エイワ
  • スペース
  • キャネット

などが審査に通ると言われている代表的な中小消費者金融です。

もしかしたら中には聞いたことがある会社もあるかもしれません。

いくつか紹介しましょう。

フクホー

header_logo

大阪に本店を置いている「フクホー」は、審査が通りやすい中小消費者金融の中でも最も有名な業者です。

ネット上には、以下ののような口コミが多く存在します。

  • 自己破産しているのに審査に通った
  • 個人再生の1年以内に借りられた
  • 他では借りられなかったのに審査に通った
  • 申込ブラックでも大丈夫だった
  • 在籍確認がなかった

大量の申込書類が必要

また、中小消費者金融の場合は大手消費者金融や銀行カードローンよりも書類が必要になる場合があります。

カードローンの申込に必要な書類は、基本的には身分証と収入証明書の2つだけですよね。借入金額によっては収入証明書すら必要なく、免許証だけで契約することさえできます。

しかし以前、馬三郎がフクホーに申込した際には以下のすべての書類の提出を求められました。

  • 本籍地記載の住民票
  • 所得証明書または課税証明書
  • 給与明細のコピー(直近2ヶ月)
  • 運転免許証のコピー
  • 健康保険証のコピー
  • 年金手帳のコピーまたは年金定期便のコピー

普段から手元ににある書類ならまだしも、住民票や所得証明書、課税証明書は市役所で発行手続きを取る必要があります。

フクホーへの申込を検討している人はこのことを知っておきましょう。

即日融資は難しい

消費者金融カードローンといえば即日融資に代表されるように、申込から融資までのスピードが魅力ですよね。

しかし、それはあくまでも大手消費者金融の話です。中小消費者金融は以下の理由で即日融資を受けることが難しいです。

■フクホー公式HP (https://www.fukufo.co.jp/)

即日融資が難しい理由
無人契約機がなく、書類郵送での契約
店舗が少なく窓口での受付ができないことが多い
振込融資のため、銀行が閉まる15時までに手続きが必要
必要書類に市役所での発行手続きが必要なものが含まれる

関連記事をチェック!

【馬太郎が】融資申込した結果、フクホーの評判口コミは本当だったw

どうも馬太郎です。 一次審査には通りましたが、二次審査には落ちてしまいました。二次審査通過後、融資ということなので、フクホーの申込~借入手前まで体験した馬太郎なのです。 フクホーのクチコミ...

関連記事をチェック!

フクホー(ふくほー)株式会社に関する疑問を徹底解決

フクホー(ふくほう)はブラックの方にもお金を貸す中堅消費者金融になります。関西では名の知れた会社です。 大手消費者では必要のない書類の提出が必要です。関東の人が申し込むと、書類のやりとりで2週間...

エイワ

エイワ

エイワは中小消費者金融の中では規模が大きく、東北から九州まで幅広く店舗を運営しています。

エイワもフクホーと同様に、ブラック状態にも関わらず融資を受けることができたという方が多いのです。馬三郎が今までに唯一審査を通過できたのがエイワです。

エイワで融資を受けるためには、実際に店舗に来店することが必須のため、近くに店舗があることが条件となります。

そして、実際に申込者と会って審査する「対面与信」をモットーとしており、年収や信用情報だけで判断せずに融資してくれるのです。

この際に説教を受けるというのもエイワの有名なポイントですが、言い換えれば人間味のある審査を行うとも言えます。

関連記事をチェック!

消費者金融エイワの対面審査はほんとに説教されるww

インターネットでの申込後、実際にエイワの店舗まで本審査を受けに行きました。 その時の担当者とのやり取りを今回は紹介します。 エイワは対面審査が必須 エイワで融資を受けるためには、実際に店舗へ...

関連記事をチェック!

消費者金融エイワの口コミはやっぱり本当だったww

中小消費者金融の「キャッシングエイワ」は一部では非常に有名な、知る人ぞ知る業者です。 そしてインターネット上にはエイワに関する数多くの口コミが存在します。 ですが、実際に利用したことがある...

キャネット

キャネット

北海道を中心に営業しているキャネットは債務整理中の人や他社の審査に通らなかった人でも利用できたという人が多いようです。

ただし、馬三郎と馬太郎が実際に申し込んでみたところ、残念ながら二人とも審査落ちとなってしまいましたので、当たり前のことですが誰でも借り入れできるというわけではありません。

馬三郎は必要書類の関係で申込のキャンセルと審査依頼を繰り返し、馬太郎はそもそも他社からの借入を繰り返しているなど、審査に不利になる理由が考えられます。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】キャネットに申込したところ、審査落ちだったww

キャネットという金融機関を聞いたことがあるでしょうか。 大手消費者金融程の知名度はありませんが、キャネットはそこそこ有名な消費者金融です。 今回私はキャネットに申込んだので、そのときの内容...

関連記事をチェック!

株式会社キャネットのキャッシングローン

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はキャネット「ローン」について説明したいと思います。 キャネット「ローン」について ※キャネット公式WEBサイトより引用 キャネット...

スペース

space_rogo

中小消費者金融のスペースも、やはりブラックでも借り入れできるという口コミが多く見つけられます。

エイワと異なり、店舗に行く必要はなく、銀行振り込みで融資を受けられるため日本中どこにいても利用することが可能です。

エイワの特徴は、満18歳以上であれば借り入れができるということです。

これは単純に対象年齢が広いということではありません。

年齢が低いということは返済能力も低いことが予測されるにもかかわらず貸付を行っているということから、ハードルを下げて幅広く融資を行っているということになります。

つまり、審査も柔軟に行ってくれるということです。

関連記事をチェック!

株式会社スペースのキャッシング

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は株式会社スペースのキャッシングについて説明したいと思います。 株式会社スペースのキャッシングについて ※株式会社スペース公式WEBサイトより...

大手消費者金融の審査通過率


大手消費者金融では審査通過率を公表していますので、それを見れば申込者の内の何%が審査を通過したかを知ることができるのです。

金融機関審査通過率
アイフル約47%
SMBCモビット非公開
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス約43%

なお当サイトの馬太郎はプロミスに申し込みしましたが、審査通過。審査に落ち続けた馬三郎もアイフルには審査通りました

関連記事をチェック!

【馬太郎が】プロミスを申し込みした

どうも馬太郎です。借入を行う前に、ネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わった18時すぎに自動契約機に向かいました。 自動契約機の流れ プロミスの自動契約機の...

関連記事をチェック!

馬三郎がアイフルに申し込んだ

アイフルを利用する場合は、いきなり自動契約機に行くのではなく、事前に申し込みを済ませておくと手続きがスムーズになります。私は電話で申込を行いました。 電話での申し込みの場合、まずは簡単な情報だけ...

銀行カードローンは審査が厳しく、消費者金融は審査間口が広い、ことが言えます。なお、各カードローン会社の審査の通りやすさは、上限金利や対象属性を確認すれば、ある程度分かります。

カードローンの審査の通りやすさが分かる項目

審査間口が広い条件
保証会社消費者金融プロミスなど
対象属性広い学生、専業主婦、年金受給者OK
上限金利(年率)高い18.0%(銀行カードローンの平均は14.5%程度)
対象年齢上限高い70歳(銀行カードローンの平均は65歳程度)
収入証明書原則不要額高い800万円(銀行カードローンの平均は300万円程度)
居住地等の制限有り福岡県にお住まいの方のみ申込可(営業している都道府県以外は不可など)

各項目について簡単に説明します。

保証会社

銀行カードローンにはほとんどの場合保証会社が付いており、審査は保証会社が大部分を負っています。どこが保証会社を務めているかによって審査難易度が推測できます。

対象属性

借り入れできる属性が多いほど「間口が広い(審査が通りやすい)」ことを意味します。

金利

上限金利の高さは「間口の広さ」を表します

対象年齢

対象年齢が広いほど「間口が広い」です。

収入証明書原則不要額

収入証明書原則不要額が大きい場合、「間口が広い」と言えるでしょう。

居住地等の制限

居住地制限のカードローンは、申込者数も限られるため、審査難易度がゆるく設定されることが多いです。

関連記事をチェック!

借り入れしやすい銀行系カードローンはココ

このページでは借入しやすい銀行の見分け方、借入しやすい銀行カードローンをご紹介します。 借入しやすい銀行の特徴とは? 銀行カードローンにも借入しやすいものと借入しにくいものがあります。 ...


関連記事をチェック!

2社目,3社目キャッシングOK!他社借入ありでも借りれるカードローン 

借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良く...

銀行によって違う審査基準

カードローンを申込みした時に、銀行によって「審査が通りやすい銀行」と「審査が通りにくい銀行」があると言われていますが、実際に銀行がカードローンの審査をする時の審査項目は、どこの銀行も同じ審査項目で審査をしています。

同じ審査項目で審査をしているのに、なぜ「審査が通りやすい銀行」と「通りにくい銀行」に分かれるのでしょうか。

それは、それぞれの銀行によって審査の基準が違うからです。

審査基準の違いとは、例えば年収に対して借入している金額がどれくらいの割合があるのか、年収に対して年間の借入金返済額の割合がどれくらいあるのかという割合が、10%を超えると落してしまう銀行と20%までならば通す銀行があるといったように、銀行によってどの程度までであれば貸付したお金を回収できなくなるリスクを取れるかによって違いがあるということです。

ですが、実際にはこの例えのように単純なことではなく、申込みをした人の信用状況や勤務先の状況、年収や借入金額などを細かく審査をして総合的に判断されるので一概は審査が「通りやすい銀行」や「通りにくい銀行」に分けることはできません。

しかし、審査の一般的な観点から言いますと「審査が通りやすい」銀行にはある特徴があり、その特徴によって「審査が通りやすい銀行」なのかどうかを見分けることが出来ます。

関連記事をチェック!

借入審査に通る基準と落ちる理由【銀行融資者が語る】

銀行カードローンの審査基準 銀行カードローンの審査で重要なのは以下の五項目です。 勤続年数(長い方が有利) 雇用形態(正社員が有利) 家族構成(所帯持ちが有利) ...

審査が通りやすい銀行の特徴

一般的に審査が通りやすい銀行の特徴は、契約することが出来る金利の上限が高いカードローンを取扱いしている銀行です。

カードローンの金利は通常、きちんと返済をしていける見込みがある人には低金利で貸付をし、返済していくのに不安がありそうな人には高金利で貸付をします。

契約することが出来る金利の上限が高い銀行は、返済に不安がある人でも高い金利によって銀行の保全を図ることにより、カードローンを契約することが出来る人の範囲を広げている可能性があります。

銀行にしてみれば、高金利で貸付をして契約通りに返済をしてもらえればそれだけ利益になりますので、他の銀行で落されてしまった人の受け皿として多少のリスクを取ってでも契約することのできる範囲を広げることはメリットにもなります。

これらのことから、カードローンの上限金利を高く設定している銀行は一般的に「審査が通りやすい銀行」と言えます。

金利の仕組み

そもそもなぜ金利が高いと一般的に審査が通りやすくなるのでしょうか。

実は一言で金利と言ってもその全てが銀行の取り分(俗に言う売上のこと)になっているわけではなく、金利の一部を保証会社に支払っています。

保証会社とは、その借入金が回収不能となった時に債務者に代わり銀行に残債分を支払う(保証する)会社のことで、いわゆる保証人のようなものです。

通常融資には債務者が返済できなくなった場合に債務者に代わり借入金を返済していく保証人を付けなければなりません。

カードローンなどの個人向け融資においては個人の保証人を付けることなく、保証会社が保証人の役割をすることによって契約することが出来ます。

ですので、保証会社は万が一の借入金返済分の確保や自社の利益を得る為に債務者から保証料を得ています。

「カードローン金利○○%」としている金利には保証会社が保証するための保証料があらかじめ決められた割合が含まれた金利となるわけです。

当然高金利であればそれに含まれる保証料も高くなりますが、高く保証料を取っている分債務を肩代わりするリスクが高いような人でも保証してもらえる可能性があります。

※保証会社は銀行に対して一時的に債務を肩代わりしますが、その後は保証会社が債権者となって銀行に返済できなくなった人に対して肩代わりした分の返済を求めます。

関連記事をチェック!

銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンの特徴に金利が安い、担保や保証人が不要を上げることができます。しかし申し込み条件の中に保証会社の存在がちらつきます。 保証会社とは何なのか、保証会社によって審査基準が違うのかなど...

高金利の銀行ランキング

これまで解説してきた金利の上限を基にしてそれぞれの銀行のカードローンをランキングにしました。

1新生銀行カードローンレイク金利  4.500% ~ 18.000%
2ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」金利  2.500% ~ 18.000%
3住信SBIネット銀行「MR.カードローン」金利  0.990% ~ 14.790%
4三菱UFJ銀行「バンクイック」金利  1.800% ~ 14.600%
5三井住友銀行カードローン金利  4.000% ~ 14.500%
6楽天銀行スーパーローン「スーパーローン」金利  1.900% ~ 14.500%
7みずほ銀行カードローン※年 2.000% ~ 14.000%
8りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」金利  3.500% ~ 12.475%

ランキング1位は元消費者金融であった新生銀行のレイクで金利が上限だけでなく、下限も他の銀行と比べても4.500%と高いことから、審査は通りやすいのではないかと言えます。

ランキング9位のりそな銀行「りそなプレミアムカードローン」は、下限の金利は3.500%と高めに設定されていますが、上限の金利は12.475%とカードローンの上限金利としてはかなり低い金利を設定している為に契約することが出来る人の範囲が限られていることから、審査は通りにくいのではないかと言えます。

その他、傾向からみると主にネット系銀行のカードローンが上限の金利が比較的高い傾向にある為にランキングの上位に来ていますし、大手の銀行(メガバンク)上限金利が低く設定している為にランキングでは下の位置に来ています。

大手の銀行は基盤が磐石でリスクを取ってでもカードローンの契約件数と融資残高を増加させなくても運営できる体制が整っており、信用状況が良好な人にカードローンで多くの金額を借りてもらった方がメリットが大きい為に比較的審査は通りにくいと言えます。

逆にネット系銀行では、「来店不要」「インターネットだけで契約完結」といったように、申込みのしやすさや利便性の追求により、多少のリスクを取ってでも銀行にはなかなか行くことが出来ない人や大手の銀行で借入することができなかった人も契約することが出来るようにしていることから、比較的審査は通りやすいと言えます。

関連記事をチェック!

りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」の借入、返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はりそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」について説明したいと思います。 りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」について ...

関連記事をチェック!

レイクALSAの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はレイク ALSAについて説明したいと思います。 ▲当サイトで1番人気はやっぱり▲ レイクALSAについて ※レイクALSA公式WEBサイトより引...

人気の銀行カードローンのメリットとデメリット

メリット

銀行系カードローンは金利が消費者金融に比べて、低いということが何よりのメリットです。

金利は消費者金融の場合は3.0%~18.0%となっており、銀行系の場合は1.9%~14.8%となっています。

このことから、全体的にみても金利が低いことが分かります。また、借入額が高くなるほど金利は安くなっています。

そして収入が少なく、安定していないパートやアルバイト、又は専業主婦が利用できるのも大きな魅力です。

自分の身分証明書さえがあれば、家族や周りに知られずにローンを組むことが可能です。

さらに、総量規制の対象外のため年収の3分1以上の借入ができることは、大きなメリットとなるでしょう。複数の借入をまとめたり、高額の商品を購入する資金に充てたりできます。

デメリット

高額な借入が可能な銀行系カードローンは、簡単に貸付けをしてくれるわけではなく、やはり審査は厳しいようです。

銀行は預金者から集めたお金を貸していますので、借入をされたものが返ってこなくては問題があります。

また、多くの消費者金融で設けている、無利息期間はほとんどの銀行ではありません。短期間の借入では、無利息期間がある金融機関が返済額は少なくて済みお得です。

また審査に日数がかかるので、借入はすぐにはできない場合もあります。

新たに借入れを考えている人はおまとめローンを検討

既に複数の借入をしている人で新たな借入を検討している人は、銀行や消費者金融のおまとめローンを利用すると良いかも知れません。

なぜなら今借入しているものより金利が低い場合、月々の返済額が少なくなり新たに借入をする必要がなくなるかもしれないからです。

消費者金融でも銀行でもおまとめローンは、総量規制の対象外ですので高額の借入でも大丈夫です。

おまとめ・借換えローンをしている銀行は、みずほ銀行(おまとめは不可)、横浜銀行、セブン銀行と多くの銀行で利用できます。

ただし、注意しておくことは、金利が低くても返済期間が長くなる場合もあるということです。

返済期間が長くなると返済総額がおまとめローン前よりも、高くなってしまうケースがあるからです。

しかし月々の返済額は減ることが多いので、毎月の負担は減り余裕が出ます。

銀行のホームページにはおまとめローンのシミュレーションがあるところが多いので、おまとめローンを利用する際は試すことをおすすめします。

また、申し込みをしたおまとめローンの借入金額が、所持する債務総額よりも少ないこともあり得ます。

その場合は、金利の高いものからおまとめローンにすると良いでしょう。

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...


関連記事をチェック!

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンとか、マイカーローンって名前のままですが、フリーローン、おまとめローンって解りにくいですよね。 実際、フリーローンを誤解されている方は多いです。それぞれどういったローンなのかご説明いた...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

コメントを投稿できます!