申し込みブラックでも裏技なしで借りれたよ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

短期間のうちに複数の金融機関に借入を申し込み、審査落ちを繰り返してしまうと申し込みブラックになります。申し込みブラックは金融ブラックとは違いますが審査に通りにくく、お金が必要でも借りれません。

しかし申し込みブラックは信用情報に登録されても、長期間信用情報にキズが残るわけではありません。裏技を使う必要もなくようやく審査に通って借りれたよ、となる場合があります。ではどうすれば申し込みブラックでも借りれるのか、わかりやすくご説明していきたいと思います。

申し込みブラックのおさらい

申し込みブラックのことなんて知っているよ、という人でも一応申し込みブラックについてのおさらいをしておきましょう。

もしかしたら間違った情報で申し込みブラックのことを勘違いしている可能性もあります。申し込みブラックとはどのような状況のことを言うのか再確認しましょう。

銀行カードローンや消費者金融、クレジットカード会社などの金融機関に、契約申し込みを行うと必ず信用情報機関から信用情報を取得しますね。

取得した信用情報をもとに審査を行いますが、短期間の間に複数の金融機関に申し込み、すべての金融機関の審査に通らなかった、の状況を申し込みブラックと言います。

肝心なのは審査に落ちてしまった、審査に通らなかったということで、複数申し込んでも審査に通ってしまえばそれは申し込みブラックとは言いません。

また申し込みブラックは金融ブラックと違い、金融事故を起こしたわけではありませんので、申し込みブラックだから審査に通らないということも法律で定められているわけでもありませんよ。

たとえ申し込みブラックだったとしても、金融機関の判断によっては審査に通ることもあります。

繰り返しますが短期間に複数申し込んだだけで申し込みブラックとはなりませんよ。審査に落ちることが加わらなければ申し込みブラックにはなりません。

関連記事をチェック!

1886view

カードローン仮審査と信用情報の関係は?履歴を残したくない人必見!

いざと言う時、お金がない時に、カードローンを利用したいと考える人は多いのではないでしょうか? でも審査に落ちたら、申込情報が残り、信用情報に傷がついてしまうと、申込を躊躇している人も少なくありません...

申し込みブラックだとなぜ借りれないの?

申し込みブラックになってしまうと金融機関の審査に落ちてしまい、カードローンやクレジットカードが作れません。

カードローンでお金を借りようと思っても審査に通らなければ借りれませんね。クレジットカードのキャッシングで借りようと思っても、審査に通らなければ借りれません。

なぜ申し込みブラックだと借りれないのか、その答えは簡単です。申し込みブラックになる条件を考えてみれば、一目瞭然ですよ。

申し込みブラックになる条件をもう一度再確認してみましょう。

・短期間の間に複数の金融機関に申し込む
・すべて審査に落ちてしまう

以上二つの条件を同時に満たすことで申し込みブラックとなるのでしたね。

つまり申し込みブラックだと借りれないというよりも、そもそも信用情報に何らかの問題があって借りれないと考えた方が良いです。

申し込みブラックになっている人は、何度も金融機関に申し込んでも審査落ちを繰り返しますので、何らかの対策をしなければお金を借りることは厳しいですね。

申し込みブラックが裏技なしでお金を借りるには

インターネットの情報サイトでまことしやかに流れる「裏技」は申し込みブラックにはありません。

申し込みブラックは金融ブラックと違い、お金を借りて長期返済滞納したとか、債務整理したのではありませんよね。

単に金融機関に借入を申し込み、審査落ちを繰り返してしまっただけです。

信用情報には様々な項目が登録されますが、その一部に申し込み情報と契約情報があり、申込情報だけがあって契約情報がないことが審査によってわかることで、借入申し込みの審査に落ちるのです。

ちなみに申込情報が登録される期間は申し込みした日から6カ月です。6カ月を過ぎれば申し込み情報がなくなり、結果として申し込みブラックではなくなります。

金融機関から借り入れする方法として、審査に落ちたら6カ月後に申し込む方法が確実です。

年収や勤続年数の水増しで申し込んでしまうと、逆に審査落ちの対象となる可能性が高いですから、黙って6カ月辛抱しましょう。

今お金が必要なのに6カ月も待っていられないという人は、次の項でご説明する申し込みブラックでも借りれる消費者金融に申し込んでみましょう。

申込みブラックにならないための方法

「万が一、審査に落ちた時の保険のため」と、よかれと思っていった行動が、裏目に出てしまっては、元も子もありません。

もしかしたら申込を1社に絞るだけで、審査に通過できていた可能性だってあるのです。

申込ブラックを回避するためには、どのような手段が有効なのかを見てみましょう。

短期間に複数申込まない

申し込みブラックと認定される件数については金融機関によって考え方が異なります。

1か月の間に2社申し込んだだけで申し込みブラック認定される場合もあれば、2か月に3件以上の申し込みで申し込みブラック認定される場合もあります。

もちろん一両日中で3社に申し込みを行えば、多重申し込みと判断されるには違いはありませんが、一般的な考え方としては「短期間のうち」とは1か月以内のことを指します。

すなわち短期間のうちに複数申し込みを行うということは、1か月の間に2社以上申し込むこと、と考えることもできるでしょう。

よって1月にカードローンやクレジットカードに申し込み、3月に再度申し込みを行っても申し込みブラックと認定されることはないでしょう。

しかし1月の初めと終わりの2回申し込みを行った場合は、短期間の複数申し込みと判断される可能性が高いです。

確実に申し込みブラックと認定される件数は申込先が銀行カードローンなのか、消費者金融なのか、またはクレジットカード会社なのかによって違いがありますので、一概に何件以上なら複数申し込みと判断されるのか断定することはできません。

各金融機関の審査基準によって大きく異なると説明する以外方法はありません。

1か月間に3社以上の申し込みを行わない

短期間とする期間を1か月と区切るのが一般的な考えであれば、3社以上の複数申し込みを行ってしまうと申し込みブラックと判断されることでしょう。

そのため、目安として1か月に3社以上の申込みを行わないことがベストです。

カードローンやクレジットカードは申し込みを多くすればそのうちどこか1社の審査に通るということではありません。

できるだけ審査に通りやすくするためにも、本命とする1社限定で申し込みを行うのが良い方法です。

万が一審査に落ちてしまったら、すぐに他社へ申し込むのではなく1か月以上間隔をあけてから申し込むのがおすすめです。

カードローンの申込条件を確認する

カードローンは誰しも申し込めるものではありません。

年齢制限はもちろんのこと、金融機関によっては前年度の年収も申込み条件として掲げているところも存在します。

それと同じく、「過去6か月以内に申込みを行われた方はお申込みいただけません」などの注意文言を、公式ホームページに掲げている金融機関も存在するのです。

わざわざ公式ホームページに書き込んである以上、申込をしても「貸付け条件も読んでいないのか」と即、審査落ちの対象になってしまいます。

そのため面倒ではありますが、無駄な申込みを避けるためにも申込前に一度、貸付条件の項目を確認することをおすすめします。

申し込みブラックでも借りれる中小消費者金融

申し込みブラックだったけれども借りれたよ、と噂や評判の高い金融機関があります。もちろん違法なヤミ金業者ではありません。

正規の貸金業者で、しかも申し込みブラックになっている状態でも借りれる業者はあるのです。それは中小消費者金融ですね。

申し込みブラックになるケースとしてよくあるのが、自分の属性に合っていない銀行カードローンや、大手消費者金融に申し込んで審査に落ちてしまうことです。

まいったな、今日中にお金を借りなければならないし、複数申し込んだのにどこも審査に落ちてしまったよ、という感じですよね。

申し込み情報が消えるまで6カ月も待っていられないという人は、中小消費者金融に申し込んでみてはいかがでしょうか。

中小消費者金融の審査基準は大手消費者金融よりも比較的甘めに設定されているため、申し込みブラックだからといってすぐに審査に落とされることはありません。

しかも中小消費者金融は顧客拡大をしていかなければ、営業を継続していけませんよね。大手消費者金融と同じ審査基準にしてしまうと貸すことのできる対象者がいなくなってしまいます。

中小消費者金融は名前も聞いたこともないし、本当に定期の消費者金融なの、と思う人もいるかもしれません。

もちろん闇金じゃないかと疑うことも必要ですが、これからご紹介する中小消費者金融は正規の貸金業者として登録しており、自信を持っておすすめできるところばかりです。

おすすめ①:フクホー

中小消費者金融だってきちんとお金を返してくれない人にはお金を貸したくはありません。しかし画一的な審査をしてしまったのでは、せっかくの営業チャンスを逃してしまいます。

フクホーの審査は信用情報による審査だけでなく、なぜ申し込みブラックになってしまったのか、直接借主から理由を聞くことによって人となりを判断し、それも審査の材料とします。

ちょっと審査に不安があるんだけど、という人は一度フクホーに電話相談してみてはいかがでしょうか。巨大掲示板やSNSでも審査は神対応、との評判も高いですよ。

関連記事をチェック!

2031view

フクホー「フリーキャッシング」の借入方法、返済方法~疑問を徹底解決~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 大手消費者金融の審査に落ちてしまった人の中には、次に中小消費者金融にトライするという人もいるでしょう。 中小消費者金融は大々的なCMや広告を打ち出していないので知名...

おすすめ②:アロー

アローは中小消費者金融でもどちらかと言うと規模の大きい業者ですが、独自審査によって申し込みブラックになっている人でも契約している実績をたくさん持っています。

インターネットの噂や評判でも、信用情報にキズがあるのにお金を借りれたとの書き込みが多いですね。

申し込みフォームには、金融事故を起こしてしまった理由を書く欄があり、しっかり反省していることを記入することで審査に不安を持っている人でも審査に通る確率が上がります。

関連記事をチェック!

1694view

キャッシングアローで借入,返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はアロー「フリープラン」について説明したいと思います。 アロー「フリープラン」について ※アロー公式WEBサイトより引用 株式会社アローは、愛知県名古屋市...

おすすめ③:ライフティ

ライフティも中小消費者金融としては規模が大きく、大手消費者金融なみの無利息期間や、セブン銀行ATMで借入や返済ができるカードも発行しています。

コンピューターによる自動審査は早く結果がわかり、申し込みブラックなどの信用不安があっても返済能力が十分にあると判断されれば借りれる可能性が高いです。

大手消費者金融に迫る顧客獲得の勢いがあり、規模拡大している今だからこそ審査に不安を持っている人が申し込むには最適かもしれません。

おすすめ④:セントラル

中国四国地方を中心に活躍しているセントラルは、中小消費者金融としてはライフティ並みの営業規模を誇っています。

首都圏にも無人契約機を設置するなど、インターネットからでも無人契約機からでも自由な申し込み方法が可能です。

信用情報に不安がある申し込みブラックの人にとって、セントラルはまさしく救世主となるかもしれませんね。

ただし審査時間は他の中小消費者金融よりは若干かかるようです。申し込みから契約完了まで一週間から10日くらいは見ておきましょう。

関連記事をチェック!

2862view

セントラル「振込キャッシング」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はセントラル「振込キャッシング」について説明したいと思います。 セントラル「振込キャッシング」について ※セントラル公式WEBサイトより引用 株式会社セ...

セントラル「振込キャッシング」

申込情報は6カ月で消える

カードローンの審査に落ちた原因が申し込みブラックだから、と考えているなら申込情報が消えてから再度申し込めば良い話です。

信用情報機関では申込情報の登録期間を6カ月(銀行カードローンは1年)と定めているため、審査に落ちたなら6カ月または1年を過ぎてから申し込めば、すでに申し込みブラックではありませんね。

しかし申込情報が消えて申し込みブラックでなくなっても、再び審査落ちを繰り返してしまう可能性の方が高いかもしれません。

申し込みブラックの人がお金を借りるには

申し込みブラックの意味が短期間の複数申し込みではなく、申込情報が信用情報機関に登録されている期間に申し込みと審査落ちを複数回繰り返した人であることがおわかりいただけたと思います。

ですから申し込みブラックだからといって審査に落ちるとは限らないのですね。

申し込みブラックになった人がお金を借りるには属性を良くする努力が必要です。属性は申込属性と信用情報の属性とに分かれますが、審査に落ちた理由がどこにあるのか冷静になって考えてみましょう。

例えば年収が少ないパートやアルバイトで、銀行カードローンに申し込んだら審査に落ちた、というのはちょっと無謀だった可能性がありますね。

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査基準が高く、年収は250万円から300万円以上で、できれば正社員が望ましいと言われています。

確かに銀行カードローンはパートやアルバイトでも申し込みできるとは書いてありますが、たとえ申し込みができたとしても審査に通らなければ意味がありませんね。

銀行カードローンに申し込んだけれども審査に落ちちゃった、という人は申込情報が完全に消える前でも構いませんので、消費者金融に申し込んでみてはいかがでしょうか。

消費者金融は各大手消費者金融が発表している決算資料から見ても、年収が200万円以下の人の割合が全体の25%程度を占めています。

これは何を意味するのかと言うと、年収が低いパートやアルバイトでも審査内容によっては審査に通るということを意味しています。

カードローンに申し込む場合はどのような属性であれば審査に通りやすいのか、事前にインターネットなどで口コミ情報や評判を調べてから申し込むのが良さそうですね。

しかし消費者金融の審査に落ちてしまったという場合はどうすれば良いのかについて次項でご説明していきます。

消費者金融に落ちた人でどうしても借りたい場合

大手消費者金融の審査基準ははっきり言えばどこもそれほど変わりはありません。

例えばアコムの審査基準とプロミスの審査基準には明確な違いがあるわけではなく、アイフルの審査基準ともそれほどの違いはありません。

消費者金融に申し込んで審査に落ちてしまった、でもどうしてもお金を借りたいという場合は、少しでも申込属性と信用情報の属性の両方を良くするようにしましょう。

申込属性を良くするとは

申込属性とは年齢や年収、職業や職種、勤続年数などのことを言います。

もう少し広げると家族構成とか住宅ローンの有無なども含まれますが、消費者金融の審査でそこまで掘り下げて審査されることはほとんどありません。

消費者金融は年収の多い少ないは関係なく審査に通過することは可能です。しかしできるだけ審査に通りやすくするためには年収が多いことに越したことはありません。

例えば現在の職業がパートやアルバイトなら、派遣社員や契約社員になる方法も選択肢ですね。職業が飲食店や水商売なら、小売店や製造業などの一般企業に転職することも良い方法です。

勤続年数が短いなら、勤続年数1年を経過してから申し込むのも申込属性を良くする方法です。

消費者金融とはいえ、お金を貸したら必ず返してくれそうだと思わせるような仕事をすることが必要ですね。アパート暮らしなら親と同居するのも方法のひとつでしょう。

信用属性を良くする

信用属性とは信用情報に登録されている内容のことです。審査に落ちてしまった理由がお金の借りすぎかな、と思ったらまずは借金を減らすことを優先的に考えてみましょう。

消費者金融の貸付は総量規制対象貸付ですから、年収の1/3以上の契約はできません。どれほど申込属性が良くても関係なく審査に落とされます。

他社借入件数が多いなら減らし、総量規制に十分な枠があることを確認してから申し込むようにしましょう。

また他社借入返済状況に遅れがあったのでは審査には通りにくくなってしまいます。返済に遅れているのに新たな借金をしようとするのは審査に落とされる原因です。

もちろん金融事故情報があったのでは審査に通ることはまず不可能です。

金融事故は事故内容によって5年から10年信用情報に登録が残るため、金融事故を起こしてしまった人は金融事故情報が消えてから申し込むことです。

関連記事をチェック!

7646view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

消費者金融の多重申し込みに暗黙のルールはない

何度も繰り返すようですが、消費者金融は普通に働いていて安定継続した収入があり、年齢条件や信用情報に問題がなければ誰でも審査に通ります。

それに1カ月に3社借入申し込みをすると、申込みブラックと認定するというような暗黙のルールは存在しません。

コンピューターによる自動審査はあくまでも客観的に審査を行い、主観的な審査を行うわけではありません。

自動審査をしない中小消費者金融なら、審査担当者が個人信用情報を見て「申込情報が結構あるな。これは今回は様子見かな」と思うかもしれません。

しかし自動審査を行う消費者金融では、あくまでも他社借入件数や金額、他社返済状況や金融事故情報を中心に審査を行うため、多重申し込みが審査の項目に該当するはずがないのです。

また多重申し込みをして借入件数が3件まで達した時点で、ほぼ総量規制枠を使い切っていることでしょう。

例えば年収が300万円なら総量規制は100万円ですね。消費者金融の初回利用限度額は年収の10%程度ですから1社あたりの貸付額は30万円です。

契約を3件した時点で、借金総額は90万円となりほぼ総量規制枠です。

細かいことを言えば、あと10万円枠があるじゃないかとなりますが、総量規制は必ずしも年収の1/3まで正確に借りれる保証をしていません。

一般的に消費者金融3社から借入すれば、返済能力がすでに足りないとしてスコアリングされますので、4社目の消費者金融の審査には通りません。

関連記事をチェック!

5118view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

複数申込んでもお金を借りれる上限がある

まず申込情報がネガティブな情報なのか考える上で必要なのが、既にご説明してある個人信用情報に問題があったのかどうかという点です。

個人信用情報に審査に落とすような特別な問題がなければ、借入申込者は審査に落ちることはないでしょう。

金融機関によって多少審査基準に違いがあっても、基本的に審査の対象となるのが個人信用情報なのですから、消費者金融は総量規制、銀行カードローンは自主規制によって借りれる上限額が決まっています。

消費者金融は年収の1/3までしか借りることができませんし、銀行カードローンも過剰貸付の問題から貸付上限額を年収の1/3までとしている銀行が増えています。

つまり短期間の間に複数の申込情報だけがあって、契約情報が何もないというのは明らかに審査に落ちた場合ですから、単に複数の申込情報があるというだけで審査に落ちるわけではありません。

関連記事をチェック!

5118view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

申し込みブラックの知っておきたい豆知識!

申込ブラックがどのようなものか事前に知っていれば、わざわざリスクを背負ってまでも申込ブラックになる行為は避けていたはずです。

つまり、事前に情報・知識として知っていることが融資への最大の近道とも言えます。

申込みブラックに関して、他にも幾つか豆知識がありますので、情報として仕入れておくことで、今後につなげていきましょう。

複数同時申し込みは申し込みブラックにはならない

インターネット上でまことしやかに言われる「複数同時申し込み=申し込みブラック」の、図式は正確ではないと考えることから始めましょう。

カードローンやクレジットカードなど金融商品に申し込めば、必ず金融機関は加盟している信用情報機関から信用情報を入手し、客観的に契約するかどうかの判断を行います。

信用情報に登録されている他社借入件数や金額、毎月の返済状況、金融事故歴の有無などを確かめ、何も問題がなければ在籍確認を持って審査通過となることでしょう。

しかし金融機関によって審査基準が異なり、例えば銀行カードローンに申し込んで審査に落ちたけれども消費者金融に申し込んだら審査に通ったという話は多くあります。

それにどうしても今日中にお金を借りなければならない切羽詰まった状態で、どこの金融機関に申し込んだら良いのか判断できない、またはどこか一か所でも審査に通ってくれれば助かると考えてしまうことがあります。

このように考えると、立て続けに金融機関に複数申し込みしてもおかしい話ではありません。

複数同時申し込みでも審査に通る人は通りますし、審査に落ちる人はたとえ1社の申し込みでも審査に落とされます。

カードローンなどの審査に通るには、信用情報に登録されている信用力と返済能力を客観的に判断し審査の当落を決めているのですから、複数同時申し込みがそのまま申し込みブラックになる訳ではないのです。

申込情報があって契約情報がないから審査に落ちたと推測しているだけ

ちなみに信用情報には、審査に落ちたことを示す項目はありません。

意外だなと思った人もいるかも知れませんが、どこの信用情報機関でも審査の当落を登録する項目が存在していませんので、借入申込者が審査に落ちたどうかは、申込情報と契約情報のふたつがあるかどうかで推測しています。

申込者の中には、カードローンに申し込んでみたものの、キャンセルする人もいます。

しかしキャンセルするタイミングによっては信用情報が既に金融機関によって照会されているため、このような場合でも申込情報だけが残ってしまいます。

申し込みを受けた金融機関側ではなぜ申込情報があって契約情報がないのか、その理由は分かりません。

ですから申込情報がたくさんあっても、契約するに値すると判断できれば申込情報がたくさんある、いわゆる申し込みブラックでも審査に通ってしまいます。

申込情報と契約情報のふたつがないからと言って、審査に落ちたな、と判断するのではなく飽くまでも推測するだけです。

審査方法は前述の通りコンピューターによる自動審査のため、契約情報がないとしても信用情報に問題がなければ審査に通ります。

なんと!申込情報は信用情報機関で共有されていない

政府が指定している信用情報機関は3か所あり、それぞれの信用情報機関は相互にデータ交流を行っています。

例えばどこか一か所の信用情報機関で金融事故情報が登録されれば、その情報は他の信用情報機関に直ちに共有されるというものです。

しかしながら申込情報は信用情報機関に加盟している業者が、信用情報を照会すると同時に登録される情報です。

したがって、ひとつの信用情報機関の申込情報が、他の信用情報機関にデータ共有されることはありません。

例えば銀行カードローンを提供している銀行などの金融機関は、全国銀行個人信用情報センターへ信用情報を照会しますが、消費者金融が多く加盟するJICCには銀行カードローンの申込情報は提供されないということです。

関連記事をチェック!

13884view

CIC、JICC、全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

  業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 信用情報機関に登録されている情報は個人で照会できる 日本で「信用情報機関」というと、CIC...

お役立ち情報①:クレジットカードの申込ブラックになったら

クレジットカード会社に複数申し込みをしてしまい、申し込みブラックになってしまうケースが最近増えています。

良くあるのがポイントサイトです。

どこそこのクレジットカード会社に申し込みを行うと1万ポイントもらえる、などと気軽に申し込んでしまうと、審査に通れば良いのですが万が一落ちてしまうと契約不成立の申し込み情報が積み重なってしまいます。

本当に欲しいクレジットカードに申し込んでも申し込みブラック認定されてしまい、審査に通ることはかなり難しいことになってしまいます。

一度申し込みブラック認定されると削除する方法はありません。

ポイントが欲しくて申し込んだだけです、と信用情報機関に異議申立てを行っても、クレジットカードに申し込んだ事実は否定できません。

クレジットカードの申し込みブラックになってしまったら、6か月間期間をあけて再度申し込みするしかないのでしょうか。

VISAデビットカードかプリペイドVISAカードに申し込む

クレジットカードが欲しいのに使えないというのは非常に不便です。

ふだんのショッピングやネットショッピングでも現金を用意しなければならない、代引きを利用するか、コンビニ決済をしなければならないなど手間がかかります。

クレジットカードの代用として使えるものにVISAデビットカード、 若しくはプリペイドVISAカードがあります。

どちらも提携ブランドとしてVISAが入っていますので、事実上クレジットカードと同じような使い方ができます。

VISAデビットカードは銀行口座と関連付けることによって、一見するとクレジット決済と同じように実店舗やネットショッピングで決済できますが、決済すると商品代金が直ちに銀行口座から引き落とされる仕組みとなっています。

またプリペイド型VISAカードもクレジットカード代わりとして利用できます。

Vプリカなどクレジットカード会社が発行しているプリペイド型クレジットカードは、コンビニでも販売しています。

使える金額はコンビニで販売している金額3,000円、5,000円、1万円などです。

また現金でもチャージすることができるため何度でも便利に使えるでしょう。

ちなみにauウォレットカードはMasterCardが提携しているプリペイド型のクレジットカードとして利用することもできます。

関連記事をチェック!

1474view

デビットカードでお金を借りることはできる?

デビットカードは、クレジットカードと違って、日本での認知度はまだ低いようです。そのせいかクレジットカードと同じものだと考えている人もいるようです。 しかし、実はクレジットカードと、デビットカードは全...

お役立ち情報②:申し込みブラックの確認方法

確実にカードローンやクレジットカードの審査に通りたいと言うのであれば、自分が申し込みブラックに相当するのか確認しておくのも良い方法です。

それには各信用情報機関に対して開示請求を行うことです。

開示請求することによって短期間に複数申し込みを行っているのか調べることもできますし、他社契約状況や返済状況、金融事故情報なども見ることができるため、確実に自分の信用力がどの程度あるのか判断することができます。

開示請求は信用情報機関の窓口で手続きを行う方法と、インターネットから申し込む方法、郵送で申し込む方法などがあります。

それぞれ手続き方法が異なりますので、信用情報機関の公式サイトで確認してみてください。

なお開示請求は原則本人以外することができませんが、法定代理人であれば代理人による開示請求を行うことが可能です。

申し込み情報を登録している期間がKSCとJICC、CICで異なることから、銀行カードローン関係に申し込む場合はKSCにも開示請求を行いましょう。

消費者金融やクレジットカード会社に申し込む場合は、JICCとCICだけでも十分です。

関連記事をチェック!

3910view

【馬太郎はブラックリスト?】JICCの信用情報を開示する方法と見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示申請は以下の...

開示請求申込書はどこにある?

開示申込書の記入は指定の用紙がありますので、公式サイトからダウンロードするか信用情報機関の窓口に備え付けてある申込用紙に記入するようにしましょう。

開示請求の手数料はいくらかかるの?

情報開示請求には手数料がかかります。

  • 信用情報機関窓口:500円
  • 郵送、インターネット:1,000円

開示請求に必要な書類

個人信用情報は大切な個人情報ですからむやみやたらに開示する訳にはいきません。

そこで必ず本人確認書類として次の書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

以上3点のうち1点用意すればOKです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)