申し込みブラックでも裏技なしで借りれたよ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

短期間のうちに複数の金融機関に借入を申し込み、審査落ちを繰り返してしまうと「申し込みブラック」という状態になります。

申し込みブラックは金融ブラックとは違いますが審査に通りにくく、お金が必要でも借りれません。

しかし申し込みブラックは信用情報に登録されても、長期間信用情報にキズが残るわけではありません。裏技を使う必要もなく、審査通過する場合もあります。

申し込みブラックだとなぜ借りれないの?

銀行カードローンや消費者金融、クレジットカード会社などの金融機関に契約申し込みを行うと、審査において、信用情報機関から申し込み者の個人信用情報を取得します。

信用情報には様々な項目が登録されますが、その一部に「申し込み情報」と「契約情報」があり、申込情報だけがあって契約情報が存在しないければ「他社において審査おちしている」と判断されます。

申し込みブラックとは

短期間に複数の金融機関に申し込み、かつすべての金融機関の審査に通らなかった、という状況を申し込みブラックと言います。

申し込みブラックになるケースとしてよくあるのが、自分の属性に合っていない銀行カードローンや、大手消費者金融に申し込んで、審査に落ちてしまうケースです。

当然ながら、他社の審査で連続して落ちている人に融資するのは、だれでも躊躇します。

そのため、カードローンやクレジットカードが作れなくなるという悪循環が出来上がるのです。

申込情報があって契約情報がないから審査に落ちたと推測しているだけ

ちなみに信用情報には、審査に落ちたことを示す項目はありません。

意外かもしれませんが、どの信用情報機関でも審査の当落を登録する項目が存在していませんので、借入申込者が審査に落ちたどうかは、上でも述べたように「申込情報」と「契約情報」のふたつがあるかどうかで推測しています。

申込者の中には、カードローンに申し込んでみたものの、キャンセルする人もいます。

しかしキャンセルするタイミングによっては信用情報が既に金融機関によって照会されているため、このような場合でも申込情報だけが残ってしまいます。

申し込みを受けた金融機関側ではなぜ申込情報があって契約情報がないのか、その理由は分かりません。

ですから申込情報がたくさんあっても、契約するに値すると判断できれば申込情報がたくさんある、いわゆる申し込みブラックでも審査に通ってしまいます。

なんと!申込情報は信用情報機関で共有されていない

政府が指定している信用情報機関は3か所あり、それぞれの信用情報機関は相互にデータ交流を行っています。

例えばどこか一か所の信用情報機関で金融事故情報が登録されれば、その情報は他の信用情報機関に直ちに共有されるというものです。

しかしながら「申込情報」は信用情報機関に加盟している業者が、信用情報を照会すると同時に登録される情報です。

したがって、ひとつの信用情報機関の申込情報が、他の信用情報機関にデータ共有されることはありません。

例えば銀行カードローンを提供している銀行などの金融機関は、全国銀行個人信用情報センターへ信用情報を照会しますが、消費者金融が多く加盟するJICCには銀行カードローンの申込情報は提供されないということです。

関連記事をチェック!

23531view

CIC、JICC、全国銀行協会の違いを徹底解説

日本では、JICC、CIC、全国銀行協会という3つの個人情報機関があるのをご存知ですか? 個人信用情報機関の違いは、「加盟している金融機関」と「登録されている情報の保管期間」です。 すでに金融商品...

申し込みブラックが裏技なしでお金を借りるには

インターネットの情報サイトでまことしやかに流れる「裏技」は、申し込みブラックに関して言えば、実は存在しません。

申し込みブラックは「金融ブラック」と違い、比較的短期間で情報が消えるので、それを待てば良いのです。

申込情報は6カ月で消える

申込情報が登録される期間は申し込みした日から6カ月です。

そのため、審査に落ちたら黙って6カ月辛抱してから、申し込む方法が確実です。

今お金が必要なのに6カ月も待っていられないという人は、次の項でご説明する申し込みブラックでも借りれる消費者金融に申し込んでみましょう。

関連記事をチェック!

3693view

CICの申込情報の履歴や申し込みブラックは半年で消える?

信用情報に全く問題がないはずなのにクレジットカードの審査に落ちてしまうという人は、CICの申込情報の履歴を疑ってみましょう。 申込情報は半年間CICに記録が残り、短期間の複数申込が原因になっている場...

申し込みブラックでも借りれる中小消費者金融

正規の貸金業者で、しかも申し込みブラックになっている状態でも借りれる可能性がある業者はあります。

それは中小消費者金融です。

中小消費者金融の審査基準は大手消費者金融よりも比較的甘めに設定されているため、申し込みブラックでも、審査対象となります。

中小消費者金融は名前も聞いたこともないし、「本当に正規の消費者金融なの?」と思う人もいるかもしれません。

もちろん闇金じゃないかと疑うことも必要ですが、これからご紹介する中小消費者金融は正規の貸金業者として登録しており、自信を持っておすすめできるところばかりです。

おすすめ①:フクホー

フクホーの審査は信用情報による審査だけでなく、なぜ申し込みブラックになってしまったのか、直接借主から理由を聞くことによって人となりを判断し、それも審査の材料とします。

ちょっと審査に不安があるんだけど、という人は一度フクホーに電話相談してみてはいかがでしょうか。巨大掲示板やSNSでも審査は神対応、との評判も高いですよ。

関連記事をチェック!

3158view

フクホー「フリーキャッシング」の借入、返済方法【即日融資や総量規制も】

皆さんこんにちは、馬三郎です。 大手消費者金融の審査に落ちてしまった人の中には、次に中小消費者金融にトライするという人もいるでしょう。 中小消費者金融は大々的なCMや広告を打ち出していないので知名...

おすすめ②:アロー

アローは中小消費者金融で比較的規模の大きい業者ですが、独自審査によって申し込みブラックになっている人でも契約している実績をたくさん持っています。

インターネットの噂や評判でも、信用情報にキズがあるのにお金を借りれたとの書き込みが多いですね。

申し込みフォームには、金融事故を起こしてしまった理由を書く欄があり、しっかり反省していることを記入することで審査に不安を持っている人でも審査に通る確率が上がります。

関連記事をチェック!

2680view

キャッシングアローで借入,返済方法【即日融資は可能?】

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はアロー「フリープラン」について説明したいと思います。 アロー「フリープラン」について ※アロー公式WEBサイトより引用 株式会社アローは、愛知県名古屋市...

おすすめ③:ライフティ

ライフティも中小消費者金融としては規模が大きく、大手消費者金融なみの無利息期間や、セブン銀行ATMで借入や返済ができるカードも発行しています。

コンピューターによる自動審査は早く結果がわかり、申し込みブラックなどの信用不安があっても返済能力が十分にあると判断されれば借りれる可能性が高いです。

大手消費者金融に迫る顧客獲得の勢いがあり、規模拡大している今だからこそ審査に不安を持っている人が申し込むには最適かもしれません。

関連記事をチェック!

2428view

ライフティでお金を借りたい!審査に落ちた原因はなに?

審査が甘いと評判のライフティでも借りれない人はいます。 「借入件数が多くても審査に通る」とインターネットの比較サイトに書いてあったのに審査に通らないじゃないか…とがっかりしますよね。 ライフティは...

おすすめ④:セントラル

中国四国地方を中心に活躍しているセントラルは、中小消費者金融としてはライフティ並みの営業規模を誇っています。

首都圏にも自動契約機を設置するなど、インターネットからでも自動契約機からでも自由な申し込み方法が可能です。

信用情報に不安がある申し込みブラックの人にとって、セントラルはまさしく救世主となるかもしれませんね。

ただし審査時間は他の中小消費者金融よりは若干かかるようです。申し込みから契約完了まで一週間から10日くらいは見ておきましょう。

申込みブラックにならないための方法

「万が一、審査に落ちた時の保険のため」と、複数社へ申し込みしたことが、裏目に出てしまっては、元も子もありません。

もしかしたら申込を1社に絞るだけで、審査に通過できていた可能性だってあるのです。

申込ブラックを回避するためには、どのような手段が有効なのかを見てみましょう。

短期間に複数申込まない

申し込みブラックと認定される件数については金融機関によって考え方が異なります。

1か月間に3社以上の申し込みを行わない

短期間とする期間を1か月と区切るのが一般的な考えであれば、3社以上の複数申し込みを行ってしまうと申し込みブラックと判断されることでしょう。

目安として1か月に3社以上の申込みを行わないことがベストです。

カードローンやクレジットカードは申し込みを多くすればそのうちどこか1社の審査に通るということではありません。

できるだけ審査に通りやすくするためにも、本命とする1社限定で申し込みを行うのが良い方法です。

万が一審査に落ちてしまったら、すぐに他社へ申し込むのではなく1か月以上間隔をあけてから申し込むのがおすすめです。

カードローンの申込条件を確認する

カードローンは誰しも申し込めるものではありません。

年齢制限はもちろんのこと、金融機関によっては前年度の年収も申込み条件として掲げているところも存在します。

それと同じく、「過去6か月以内に申込みを行われた方はお申込みいただけません」などの注意文言を、公式ホームページに掲げている金融機関も存在するのです。

わざわざ公式ホームページに書き込んである以上、申込をしても「貸付け条件も読んでいないのか」と即、審査落ちの対象になってしまいます。

そのため面倒ではありますが、無駄な申込みを避けるためにも申込前に一度、貸付条件の項目を確認することをおすすめします。

お役立ち情報①:クレジットカードの申込ブラックになったら

クレジットカード会社に複数申し込みをしてしまい、申し込みブラックになってしまうケースが最近増えています。

良くあるのがポイントサイトです。

どこそこのクレジットカード会社に申し込みを行うと1万ポイントもらえる、などと気軽に申し込んでしまうと、審査に通れば良いのですが万が一落ちてしまうと契約不成立の申し込み情報が積み重なってしまいます。

本当に欲しいクレジットカードに申し込んでも申し込みブラック認定されてしまい、審査に通ることはかなり難しいことになってしまいます。

一度申し込みブラック認定されると削除する方法はありません。

ポイントが欲しくて申し込んだだけです、と信用情報機関に異議申立てを行っても、クレジットカードに申し込んだ事実は否定できません。

クレジットカードの申し込みブラックになってしまったら、6か月間期間をあけて再度申し込みするしかないのでしょうか。

VISAデビットカードかプリペイドVISAカードに申し込む

クレジットカードが欲しいのに使えないというのは非常に不便です。

ふだんのショッピングやネットショッピングでも現金を用意しなければならない、代引きを利用するか、コンビニ決済をしなければならないなど手間がかかります。

クレジットカードの代用として使えるものにVISAデビットカード、 若しくはプリペイドVISAカードがあります。

どちらも提携ブランドとしてVISAが入っていますので、事実上クレジットカードと同じような使い方ができます。

VISAデビットカードは銀行口座と関連付けることによって、一見するとクレジット決済と同じように実店舗やネットショッピングで決済できますが、決済すると商品代金が直ちに銀行口座から引き落とされる仕組みとなっています。

またプリペイド型VISAカードもクレジットカード代わりとして利用できます。

Vプリカなどクレジットカード会社が発行しているプリペイド型クレジットカードは、コンビニでも販売しています。

使える金額はコンビニで販売している金額3,000円、5,000円、1万円などです。

また現金でもチャージすることができるため何度でも便利に使えるでしょう。

ちなみにauウォレットカードはMasterCardが提携しているプリペイド型のクレジットカードとして利用することもできます。

関連記事をチェック!

2222view

デビットカードでお金を借りることはできる?

デビットカードは、クレジットカードと違って、日本での認知度はまだ低いようです。 そのせいか、デビットカードはクレジットカードと(ほぼ)同じものだと考えている人もいるようです。 しかし、実はクレジッ...

お役立ち情報②:申し込みブラックの確認方法

確実にカードローンやクレジットカードの審査に通りたいと言うのであれば、自分が申し込みブラックに相当するのか確認しておくのも良い方法です。

それには各信用情報機関に対して開示請求を行うことです。

開示請求することによって短期間に複数申し込みを行っているのか調べることもできますし、他社契約状況や返済状況、金融事故情報なども見ることができるため、確実に自分の信用力がどの程度あるのか判断することができます。

開示請求は信用情報機関の窓口で手続きを行う方法と、インターネットから申し込む方法、郵送で申し込む方法などがあります。

それぞれ手続き方法が異なりますので、信用情報機関の公式サイトで確認してみてください。

なお開示請求は原則本人以外することができませんが、法定代理人であれば代理人による開示請求を行うことが可能です。

申し込み情報を登録している期間がKSCとJICC、CICで異なることから、銀行カードローン関係に申し込む場合はKSCにも開示請求を行いましょう。

消費者金融やクレジットカード会社に申し込む場合は、JICCとCICだけでも十分です。

関連記事をチェック!

7014view

【馬太郎はブラックリスト?】JICCの信用情報を開示する方法と見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 JICCへの開示申請は以下の方法があ...

開示請求申込書はどこにある?

開示申込書の記入は指定の用紙がありますので、公式サイトからダウンロードするか信用情報機関の窓口に備え付けてある申込用紙に記入するようにしましょう。

開示請求の手数料はいくらかかるの?

情報開示請求には手数料がかかります。

  • 信用情報機関窓口:500円
  • 郵送、インターネット:1,000円

開示請求に必要な書類

個人信用情報は大切な個人情報ですからむやみやたらに開示する訳にはいきません。

そこで必ず本人確認書類として次の書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

以上3点のうち1点用意すればOKです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)