おまとめローンでも郵送なしのウェブ完結で家族バレの心配なし!

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

おまとめローンを申込みたいけど、自宅へと届く郵送物で家族にバレてしまうのが心配だという人も多いでしょう。

ローン契約時だけでなくローン返済中も郵便物が送られてくることがありますので、郵便物でローンの存在がバレてしまう可能性が低いとは言えません。

基本的にはどの銀行も契約書や利用明細書などを郵送しますが、家族にバレたくない人にとっては好ましいことではありません。

郵送なしのおまとめローンを扱っている金融機関は本当にないのでしょうか。

この記事はこんな方におすすめです

ローン関連の書類を自宅に郵送しないおまとめローンを探している方
郵送物なしでローン契約するコツを知りたい方
郵送物なしでローン返済するコツを知りたい方

おまとめローンを身内バレせず契約したい

できるなら、家族にはローンの存在を知られたくないという人は多いでしょう。

しかし、複数の業者からお金を借りると、契約する業者数が多くなる分、郵便物が送られてくる可能性も増えますので家族にバレる確率も高くなります。

返済の手間を楽にするためにも、そして、郵便物が自宅に送られてくる確率を減らすためにも、おまとめローンでローンを一本化するというのは賢い選択です。

しかし、おまとめローンに契約してしまったばっかりに、ローンの存在が家族にバレるという可能性もないわけではありません。

おまとめローンを家族にバレずに契約するためには、少なくとも次の2つに注意してください。

郵便物に注意

現在、大抵のローンはインターネットで申し込めるようになっていますが、契約は窓口か郵便かいずれかに限定されている商品も少なくありません

郵送契約となると、契約書類が送付されてくる可能性もあり、家族バレの可能性も高まります。

また、窓口やインターネットで契約したとしても、専用のローンカードが郵送されることもあります。

おまとめローンではローンカードが発行されることは滅多にないのですが、おまとめとしても利用できるカードローンに契約した場合は、ローンカードが郵送されてくる可能性が高いです。

電話確認に注意

ローンに申し込んだときも、3回ほど自宅に電話がかかってくる可能性があります。

1回目は申し込んだフォームに不備や不明瞭な点があるときです。

通常はあなた個人の携帯電話に電話をかけてきますが、あなたがすぐに電話に出ないときは、審査をスピーディーに進めるためにも自宅の固定電話に電話をかけることもあるのです。

2回目は契約の意思確認です。

契約をインターネットで済ませるローン商品の場合は、契約に進む前に申込者に直接電話をかけて意思確認をするのです。

もちろん、この場合も、最初はあなたの個人携帯に電話をかけますが、すぐに電話に出ないときや留守電に折り返しを入れないときは、自宅の固定電話に電話がかかってくることがあります。

最後は自営業の場合の在籍確認の電話です。

あなたが自営業者や個人事業主の場合は、申し込みフォームに記入した事業所の電話番号に電話がかかってくるでしょう。

利用中も滞納すると電話がかかってくる

電話がかかってくるのは契約時だけではありません。

滞納すると自宅に電話がかかってくることもあるのです。

しかし、滞納したからと言ってすぐに自宅に電話がかかってくるわけではなく、まずは郵便やあなたの個人携帯で連絡を取ろうとし、あなたがすぐに返済しなかったり、個人携帯で応対しなかったりすると、自宅の固定電話に督促の電話がかかってきます

契約時も利用中も大抵の自宅への電話は、あなたが携帯電話にすぐに出れば、あるいは留守電をすぐに折り返していれば、避けられるものです。

ローンを契約するときや契約中は、とにかく電話には注意をし、留守電にはすぐに折り返すようにしてください。

郵便物なしのおまとめローンを選ぶコツ

では、郵便物なしに契約できるおまとめローンを選ぶ方法について見ていきましょう。

おまとめローンを新しく契約する場合、通常は、契約書やカードなどの郵送物が自宅に届くようになっています。

しかし、次の2点を実践すれば、郵便物なしに契約を済ませることが可能です。

ローン契約機を使う

メガバンクや大手消費者金融の中には、ローン契約機を設置していることがあります。

ローン契約機を使うと契約とカードの受け取りがその場でできますので、後日、自宅に契約書類やローンカードが送られてくることはありません。

ただし、ローン契約機のある金融機関でも、おまとめローンに関してはローン契約機では対応していないことがあります。

「ローン契約機があるから」と安易に借入業者を選ぶのではなく、「おまとめローンにローン契約機を利用できるのか」を確認してから申し込むようにしてくださいね。

関連記事をチェック!

1891view

【体験談】自動契約機らららむじんくんのここが怖いよ!

自動契約機(むじんくん)を利用したことがないあなたに、消費者金融であるアコムの自動契約機(むじんくん)は、一体どういったものなのか、中での様子などを詳しく伝えていきたいと思います。 このような人にお...

WEB完結のおまとめローンを選ぶ

数は多くはありませんが、中にはWEBで申し込みから契約までのすべてを完結できる銀行も存在します。

ただし、その銀行に口座を既に所有していることが条件となるケースが多いですので、利用したいWEB完結型のおまとめローンが見つかったら、先に銀行に出かけて口座を開設しておくのも良いでしょう。

現在、口座を持っている銀行がおまとめローンを取り扱い、WEB完結のサービスもしているのであれば見逃す手はありません。

万が一、郵便物が自宅に届いたとしても、普段から利用している銀行なら家族も特に不審に思わないというメリットもあります。

関連記事をチェック!

1335view

WEB完結で契約可能!東京スター銀行のおまとめローン徹底解説!

複数の借入金を抱えている人は、返済額が多く毎月の返済に困窮したり、信用状態が悪くなり、他のローンやクレカの審査い不利になるなどの様々なメリットがあります。 また、お金に困っているからと言ってクレジッ...

カードや契約書は自分で取りに行く

「ローン契約機もない、WEB完結型のおまとめローンもない・・・。やっぱり郵便物は避けられないのだろうか・・・。」

そんなときでも、まだ諦めてはいけません。

家族に絶対におまとめローンの存在を内緒にしておきたいのであれば、自宅に書類やカードが届くのを待つのではなく、自ら銀行に取りに行くという方法もあります。

しかし、銀行によっては、住所を確認する意味も兼ねて自宅に送付しなければならないと決められていることもありますし、カード発行業者が銀行とは別のためカードを銀行では受け取れないということもあります。

審査が進んでから「え、郵送は避けられないの?」と驚くことがないよう、ローンに申し込む前にカードや契約書の受け取りについてカスタマーセンターで確認しておきましょう

【郵送物なし】おまとめに使える銀行カードローン3選

郵送物なしで契約できる銀行カードローンの中には、おまとめローンとしても利用可能なものがあります。

おまとめとして利用できるローンの中でも、全国どこにお住まいの方でも申し込み可能なカードローンを3つ紹介しますので、郵便物を避けたい方はぜひ検討してみましょう。

三菱UFJ銀行バンクイック

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、おまとめローンとして利用することができます。

最高上限額は500万円、金利は年1.8%~14.6%です。

銀行内に専用のローン契約機がありますが、「テレビ窓口」という案内板があるすりガラスの半個室タイプとなっています。

一見すると、高齢者向けや何か個別で質問がある人向けの個室のようなイメージですので、入りにくくもなくプライバシーも守られているので、人目を気にせず申し込みができるでしょう。

おまとめの案内を送ってくるということは、バンクイックはおまとめローンに積極的に取り組んでいるということですよね。

無作為におまとめの案内を送っているということはないと思われますので、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

668view

三菱UFJ銀行バンクイックのおまとめローンで借金一本化

借金が複数件に膨らんで、返済負担や手間暇が辛くなったと言うかたには、借金の一本化がおすすめです。 その際、「低金利」で利用できる可能性のある三菱UFJ銀行の「カードローン」は魅力的です。 三菱UF...

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンは、最高上限額は800万円、金利は年4.0%~14.5%です。

もちろん、おまとめにも対応していますので、現在利用しているローンの金利が三井住友銀行カードローンの金利よりも高いときは、申し込んでみることをおすすめします。

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行内にあるローン契約機だけでなく、プロミスに設置されているローン契約機からも契約できます。

三菱UFJ銀行のローン契約機と同じく半個室タイプの契約機ですが、外側に大きく「ローン契約機」と記載されているため、迷う心配はないものの、契約機から出てくるところを誰かに見られてしまうと借金したことがバレてしまう可能性はあります。

絶対に誰にもバレたくない方は、居住する住所や勤務先から少し離れた場所のローン契約機を使うようにしてくださいね。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンも、おまとめローンとして利用できるローン商品です。

融資上限額は800万円、金利は年2.0~14.0%ですが、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は適用金利が0.5%引き下げられ、年1.5~13.5%で利用できます。

みずほ銀行にはローン契約機はありませんが、みずほ銀行のキャッシュカードにカードローン機能を付帯できますので、郵便物不要で契約できます

しかも、利用中もローンカードとは気づかれませんし、ATMで借入手続きをしても、普通にみずほ銀行の口座から預金を引き出しているようにしか見えないというメリットもあります。

関連記事をチェック!

571view

みずほ銀行カードローンの利用でハガキが届くことはある?

カードローンの利用を周囲に知られたくない人もいますよね。 そのような人は、ハガキなどの郵送物があるのか気になると思います。 今回は、みずほ銀行カードローンの利用でハガキが届くことあるのかを紹介しま...

【郵便物なし】消費者金融のおまとめローン4選

郵送物なしで契約したいのなら、大手消費者金融のカードローンも忘れてはいけません。

大手消費者金融では全国どこにお住まいの方でも便利に利用できるシステムが構築されていますので。

郵便物不要でスピーディーに契約できるようになっています。

一方、中小規模の消費者金融は、契約は店舗か郵便で実施することが一般的ですので、店舗に行けないときは自宅に郵便物が届きます。

家族バレを極力防ぎたいなら、中小ではなく大手の消費者金融に申し込みましょう。

プロミス

プロミスのおまとめローンは、融資上限額は300万円、適用金利は年6.3~17.8%となっています。

プロミスは消費者金融ですが、おまとめローンに関しては総量規制が適用されないため、年収の3分の1を超える金額をプロミスから借りることも可能です。

なお、おまとめローンはインターネットや電話では申し込めません。

かならず自動契約機かプロミスの有人店舗で申し込み、その場で審査と契約をしてください。

なお、プロミスのおまとめローンでまとめられる借入は、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの無担保ローンのみです。

SMBCモビット

SMBCモビットはおまとめ専用のローンではありませんが、総量規制の範囲でなら他社ローンのおまとめに利用できます。

三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座があればWEB完結が可能で、ローンカードが郵送されることもありません。

なお、SMBCモビットの融資上限額800万円、金利は年3.0%~18.0%です。

アイフル

アイフルではおまとめ専用のローン「おまとめMAX」を提供しています。

融資上限額は800万円、金利は年3.0~17.5%で、インターネットから申し込みが可能です。

ただし、おまとめMAXに関してはインターネットでの契約ができませんので、かならず郵便もしくは来店(有人店舗でも自動契約機でも可)で契約しなくてはなりません。

自宅に郵便物を送って欲しくない人は、有人店舗か自動契約機に出向いて契約と借入の手続きをしましょう。

関連記事をチェック!

1294view

アイフルのおまとめローン、おまとめMAXとかりかえMAXとでは条件や審査はどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。 ...

アコム

アコムでは、おまとめローンとしても利用できる「貸金業法に基づく借換え専用ローン」を提供しています。

融資上限額は300万円、適用金利は年7.7~18.0%で、インターネットではなく電話(0120-07-1000)で申し込みます。

契約は自動契約機・店舗・郵便で可能ですので、自宅に郵便物を届けてほしくない人は自動契約機かアコムの有人店舗に出向いてください。

おまとめローンの基本知識

自動契約機やWEB完結が利用できる業者でおまとめローンに申し込めば、郵便物なしに契約することが可能です。

また、契約後も、WEB明細書に申し込み、紙の利用明細書とDMは送らないでとローン業者に前もって伝えておけば、自宅に郵便物が届く可能性を減らせます。

当然のことですが、返済日までには最低返済額以上のお金を返済し、督促状が発送されないように注意しておくことも大切です。

ところで、おまとめローンと普通のローンとは何が違うのでしょうか

おまとめローンに申し込む前に、おまとめローンについて再度確認しておきましょう。

おまとめローンとは

複数のローンをまとめて一本化するローンを「おまとめローン」と言います。

例えばA社から50万円、B社から60万円、C社から40万円の借金があるときに、D社で150万円のおまとめローンを借りてA・B・C社の借金を清算し、以後はD社だけに返済することにします。

A・B・C社への返済はD社が代行してくれることもありますし、契約者自身がA・B・C社に返済し、完済証明書をD社に提出することもあります。

なお、原則としておまとめローンは「返済だけのローン」ですので、カードローンのように返済途中におまとめローンを使って追加融資を受けることはできません。

カードローンやフリーローンでもおまとめできる

使途自由のカードローンやフリーローンを使って、複数の借金を1つにおまとめすることもできます。

ただし、カードローンで借りると融資限度額の範囲内なら追加融資が可能ですので、借金をまとめる前よりも総借入額が増えてしまう恐れがあります。

カードローンをおまとめローンとして利用するときは、「絶対に借金を増やさない!早期に完済する」ということを心に誓い、強い意志を持って契約してください

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンの最大のメリットは、借入を1つにまとめて、返済管理をしやすくするところです。

複数の業者からお金を借りていると返済額や返済日を記憶するだけでも大変ですが、借金が1つしかないのなら、管理は非常にシンプルになります。

また、おまとめローンは返済専用のローンですので、新たに借金をしない限り借金は増えないという点もメリットです。

おまとめローンでは毎月の返済額は少なめに設定しないこと

しかしながら、おまとめローンの月々の返済額を少なく設定してしまうと、おまとめする前よりも総利息額が増えたり、返済期間が長引いたりする可能性があります。

おまとめローンの特性を活かすためにも、今までの返済額と同程度、あるいは今までの返済額以上の金額を毎月返済するようにしてください。

それに加え、おまとめローン中に融資が必要になっても、おまとめローンでは追加融資が受けられないというデメリットもあります。

しかも、おまとめローンはある程度高額の借金ですので、他社のローンに申し込んでも審査に通りづらくなってしまうこともあるでしょう。

銀行系と消費者金融のおまとめローンの違い

消費者金融や信販会社などのカードローンは総量規制が適用されますので、年収の3分の1以下の金額しか借りられず、すべての借金を1つにまとめられないこともあります。

おまとめしたい金額が大きいときは、おまとめ専門のローンか総量規制が適用されない銀行のカードローンやフリーローンを検討してください。

関連記事をチェック!

8141view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

おまとめローン審査通過のチェックポイント

本気で借金完済に取り組むなら、おまとめローンは良い選択肢と言えます。

しかし、おまとめローンに申し込むということは、すでに複数の借金を抱えているわけですから、普通にカードローンに申し込むよりも審査が厳しくなってしまいます。

また、おまとめローンの審査が厳しくなるもう1つの事情もあります。

カードローンは何度でも借入可能なローン商品ですから、契約者が何度も返済して何度も借入すれば、貸付側が受け取れる利息は上限なく増えていきますが、おまとめローンは追加融資が不可能なローン商品ですので、契約者が返済を滞納しない限り、貸付側は最初に計算した利息額以上の利息は受け取れません

つまり、おまとめローンは貸付側にとっては旨味の少ないローン商品ですので、カードローンよりも厳しい目で審査が実施される傾向にあるのです。

厳しいおまとめローンの審査を通過するポイントを3つ紹介しますので、ぜひセルフチェックしてからおまとめローンに申し込んでください。

借入件数

複数の借金をまとめるためのおまとめローンですが、あまりにも借入件数が多すぎると、ローン業者に「安易に借金する性格」だと判断され、審査に通りにくくなることがあります。

借入件数はできれば3件以内、多くても4件以内が望ましいでしょう。

関連記事をチェック!

3538view

他社借入件数が4件、5件以上でもキャッシングは可能?

借入件数が4社あると、金融機関から「この人は債務不履行の一歩手前」と判断されます。 もちろん、急にお金が必要になった場合に5社目に申し込むのは危険です。 借金を繰り返していると永遠に返済しなければ...

借入総額

おまとめローンは総量規制が適用されないローンですので、借入総額が年収の3分の1を超えていても特に審査には響きません。

しかしながら、ローン業者としては返済してもらえないことには困りますので、返済負担率が30~40%を超える場合は審査に通りにくくなります

例えば年収が400万円の人なら、1年間の借金返済額が120万円を超えると審査通過が厳しくなり、1年間の借金返済額が160万円を超えると審査通過はほぼ不可能になります。

おまとめするローン以外に何も借りていないのなら、まずは年間の返済額がどの程度になるのかを計算し、返済負担率を算出してみてください。

返済履歴

ローン業者は、契約者がきちんと返済してくれるという条件を元に融資を実行します。

今までローン返済やクレジットカードの支払いを滞納してきた人返済が行き詰まって債務整理をしたことがある人には、大抵のローン業者はお金を貸すのをためらってしまうのではないでしょうか。

今までに返済や支払いが滞ったことはないか、10年以内に債務整理をしてはいないかを思い出し、問題ないと思われるときのみ、おまとめローンに申し込みましょう。

なお、携帯電話の機種代金の分割料金を毎月の携帯料金と合算して支払っている場合は、携帯料金の滞納もローン審査に響いてしまいます

最近、携帯料金の支払いが遅れたことがないかも、思い出してみてください。

関連記事をチェック!

3306view

携帯料金の滞納がCICに登録され、最悪ブラックになる!?

携帯料金の滞納がまさかCICに登録されるなんて知らなかった、と言う人も多いのではないでしょうか。 最近のスマホ機器代は高く、携帯料金と一緒に請求してもらう分割払いで、契約することが一般的です。 携...

「誰でも通るおまとめローン」は無い

おまとめローンは、通常のカードローン審査よりも厳しいことが一般的です。

厳しい審査が実施されますので、「誰でも通るおまとめローン」というものは存在しませんし、「審査なしで利用できるおまとめローン」というものも当然存在しません。

あなたがどこかで「誰でも通るおまとめローン」や「審査なしで利用できるおまとめローン」を見かけるなら、その業者は間違いなく闇金業者です。

つい手を出してしまうと、あなたの一生を狂わされてしまうことにもなりかねませんので、どんなに行き詰まっていたとしても闇金だけには関わらないようにしてください。

おまとめローンを郵便なしで返済し続ける方法

おまとめローンを郵便物なしで契約する方法を解説してまいりましたが、郵便物が届くタイミングは契約時だけではありません。

返済中にも、次のタイミングで郵便物が届くことがあるのです。

ATM利用による利用明細の郵送に注意

ローン業者によっては、毎月あるいは年に2回ほど「利用明細書」を自宅に送付しますので、家族に「最近、〇〇銀行からよくハガキが届くよね」と言われてしまうかもしれません。

WEB明細書のサービスを実施している業者なら、WEB明細書の手続きをすれば紙の利用明細書を送って来なくなることもありますので、気になる場合はカスタマーセンターに電話をかけて相談してみましょう。

また、利用明細書を送るサービスを実施していない金融機関でも、ATMで返済するとATM明細書を郵送するサービスを実施していることがあります。

ATMを利用すると明細書を送付する業者と契約したときは、なるべく追加返済はインターネットバンキングを利用するなど、返済方法も工夫するようにしてください。

延滞による督促状に注意

あなたがもし返済を滞納するなら、即、返済を請求する督促状が送られてくるでしょう。

督促状を送って欲しくないなら、絶対に毎月返済日までに最低返済額以上のお金を返済するようにしてください。

契約違反による一括請求に注意

延滞以外にも契約に反する行為をしたとき、あるいはローン業者側が強制的に契約を解消すべきだと判断したときは、契約途中で一括返済を請求されることがあります。

例えば、契約中にあなたが他の業者への返済を延滞し、その事実をおまとめローンを提供している業者が知ったとしましょう。

おまとめローンを提供している業者は「こちらの借金返済も延滞されるかも」と考え、早期に契約を終了させる方が良いと判断し、あなたに一括返済を要求するかもしれません。

一括返済は文書によって請求されますので、自宅にローン業者からの郵便物が届くことになります。

郵便物が届くのも困りますが、それ以上に、一括返済は困りますよね。

そのような事態にならないためにも、おまとめローン返済中は他のローンも返済が遅れないようにしてください。

DMが送られることもある

時折は新たなローン商品のDMを送ってくることもあります。

DMはカスタマーセンターに「以後、一切不要です」といえば送付を止められますので、郵便物を受け取りたくない方はかならずカスタマーセンターに連絡してください。

おまとめローン利用の身内バレや職場バレを防ぐ方法

おまとめローンの利用を家族にバレたくない人は、郵便物や電話に注意する必要があります。

しかし、郵便物や電話以外のモノやコトで、おまとめローンを利用していることが身内にバレてしまうこともあるのです。

身内や職場におまとめローンの利用をバレたくない方は、次の4つの点も注意してください。

カード無しの契約にする

ローンカードが存在すると、ローンの存在がバレやすくなります。

SMBCモビットのカードレス契約のようにローンカードが元々存在しないローンを選ぶようにしてください。

関連記事をチェック!

823view

カードローンでカードなし?カードレスとは

カードレスとは文字通り、「カードがない」ということです。 デビットカードやカードローンは、キャッシュカードに機能を付けることでカードレスなるカードが存在します。 カードの存在を家族や周りに知られた...

ATMの利用明細をしっかり管理する

ATMを利用する際に明細書は発行しないようにしてください。

明細書の発行有無を選択できないATMを利用したときは、できるだけその場で明細書を破棄します。

家族バレのタイミングでももっとも多いのが、ジャケットなどのポケットにATMの明細書が入っていたというシチュエーションです。

ATMの利用明細書は家に持ち込まない・衣服のポケットに入れない・鞄に入れないの3原則を守ってくださいね。

パソコンや携帯の履歴を消す

大手消費者金融や銀行などでは、パソコンや携帯から返済履歴や借入残高を確認できる会員サービスを提供しています。

今後の返済計画を立てるためには、インターネットの会員サービスをこまめにチェックすることは良いことです。

しかし、閲覧履歴がパソコンやスマホに残っていると、家族や同僚がふとあなたのパソコンやスマホを覗いたときにローンの存在を知ってしまうことにもなりかねません。

会員サービスを閲覧したら、すぐに閲覧履歴から消去し、ログイン画面もトップ画面などのすぐに分かるところに置かないようにしましょう。

職場に電話があったときの言い訳を考えておく

在籍確認ローン業者があなたに確認したいことがあるのにあなたが携帯電話を取らないときなどは、勤務先にローン業者から電話がかかってくることがあります。

しかし、会社に電話がかかってきたからと言って、慌てふためいていてはますます怪しまれてしまいます。

万が一、電話がかかってきたとしても、ローン業者は絶対にあなた以外の人に「〇〇金融です」と業者名を名乗ったり「ローンについてお電話しました」と要件を話したりすることはありませんので、安心してください。

電話を受け取った勤務先の人が「さっきの電話、どこから?」と尋ねたとしても、慌ててはいけません。

落ち着いた態度で「クレジットカードに申し込んだから、その確認みたい」と答えましょう。

おまとめローンの評判はどう?口コミチェック

本気でローン完済を目指すなら、追加融資不可のおまとめローンを利用することは賢明な判断です。

しかし、おまとめローンを利用したからといって、かならずしも借金が楽になるとは限りません。

おまとめローンを実際に利用した人の口コミをいくつか紹介します。

借金をまとめて支払いが楽になった

おまとめローンで借金が楽になったんですね。

特に銀行のおまとめローンは、消費者金融のおまとめローンと比べると低金利が適用されますから、借金返済も楽になる可能性が高まります。

こちらの方は、どうやらおまとめローンを使って月々の返済額を減らそうとしているようですね。

先ほども説明しましたが、おまとめローンを利用するときは、とにかく早期完済を目指すためにも、毎月の返済額を減らさないようにしてください

毎月の返済額を減らしてしまうと、トータルで支払う利息がおまとめする前よりも多くなってしまうことがありますよ。

借金をまとめて後悔している

事情は分かりませんが、とにかく後悔しているようです。

毎月の返済額を高額に設定しすぎてしまったのでしょうか?

おまとめローンの質問:郵便物編

おまとめローンを含むローン関連の郵便物について、よくある質問とその答えをまとめました。

ぜひ参考にして、疑問点を解消してからおまとめローンに申し込んでください。

ローン会社からの郵便物を郵便局に留め置いてもらうことはできる?

ローン会社によっては、郵便物を郵便局留めにしてくれることがあります。

もちろん、自主的にはしてくれませんので、かならず利用者の方から「郵便局留めで受け取りたいのですが」と頼まなくてはいけません

審査通過後にカスタマーセンターに連絡し、郵便局留めでローンカードや契約書類を受け取りたいという旨を伝えましょう。

なお、郵便局留めで受け取るときは、追加料金は不要です。

また、受け取る際には運転免許証などの本人確認書類を提示する必要があります。

郵便転送で自宅以外に送ってもらうことはできる?

ローンカードなどの重要書類は、大抵、本人限定郵便で郵送されます。

本人限定郵便は「転送不要」と記載されていることが多いため、たとえ郵便局で転送手続きをしていたとしても、転送先で受け取ることは困難です。

銀行窓口や営業所の窓口担当者のところまで取りに行くことはできる?

銀行や営業所でローンカードを発行している場合は、直接、窓口まで取りに行くことも可能です。

しかし、ローンカードを発行している業者が銀行とは別業者の場合は、銀行ではカードを受け取ることができません

窓口で受け取りたい場合は、審査に通過したとの連絡をもらったときに、すぐに「窓口でローンカードを受け取りたいのですが、どうすればよいですか?」と契約した支店窓口に電話をかけて相談してください。

私書箱を設置して、そちらに送ってもらうことはできる?

ローンカードを契約者の住所に送付するということには、契約者がローン業者に申告した住所に本当に住んでいることを確認するという意味も含まれています。

そのため、ローンカードは本人限定郵便で受け取ることがほとんどですし、郵便を受け取るときに運転免許証などの本人の顔写真と住所が記された公的書類を配達員に提示します。

しかし、私書箱に送付してしまうと、本人確認ができませんし、そもそも私書箱を住所として登録している公的書類も存在しません

しかも、私書箱を設置するためには、次の4つの条件をすべて満たす必要があります。

  • 私書箱を設置している郵便局に私書箱の空きがあること
  • 毎日、相当数の郵便が届いていること
  • 6ヶ月以上は私書箱を使用すること
  • こまめに私書箱の中身を受け取りに来ること

条件さえ満たせば無料で私書箱は利用できますが、ローンカード受け取りのために、ここまで努力をする必要があるのかという疑問は残りますね。

おまとめローンの質問:審査編

おまとめローンの審査についてよくある質問とその答えをまとめました。

審査に申し込む前に、ぜひご覧ください。

おまとめローン審査通らない場合はどうすれば良い?弁護士に相談すべき?

おまとめローンの審査は通常のカードローン審査よりも厳しいですので、審査に通らないとしても何ら不思議はありません。

今まで通り、複数の借金を毎月遅れずに返済すればOKです。

しかし、借金返済が生活を圧迫し、少しでも借金の負担を軽くしようとおまとめローンに申し込み、おまとめローン審査に落ちた場合は、債務整理が必要な可能性が高いと思われます。

債務整理を専門とする法律事務所に出向き、弁護士に相談してみてください。

借金が多く年収以上をおまとめローンで借りたい。借りれる?

おまとめローンは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える金額であっても融資を受けることは可能です。

返済負担率が40%程度までに抑えることができるのなら、たとえ借金の額が年収以上であっても審査に通る可能性は十分にあります

例えば年収が300万円の人なら、年間返済額が120万円、つまり、毎月の返済額が10万円までなら融資を受けることは可能です。

借金額の合計が300万円を超えていたとしても、毎月の返済額が10万円以下になるように返済計画を組むなら、審査に通過することもあるでしょう。

希望金額が多いと今までのお金の使用用途を聞かれたりする?

おまとめする金額が多いとしても、今までの資金使途を尋ねられることは滅多にありません

ただし、総借金額よりも多い金額をおまとめローンで借りようとするときには、差額を何に使うのかについて質問されることはあります。

本気で完済を目指すなら、総借金額だけをおまとめローンで借り、借金を今以上に増やさないようにしてください。

契約社員でもおまとめローンでお金を借りられる?

利用者の条件は、おまとめローンを提供する業者ごとに定めています。

大抵のおまとめローンは、正社員以外にも契約社員や派遣社員も利用可となっていますが、稀に正社員のみのおまとめローンや最低勤続年数が決まっているおまとめローンもあります。

申し込む前にしっかりと貸し付け条件を確認してください。

まとめ

郵送物をなしにするためには「ローン契約機」や「WEB完結」を利用する必要があります。

しかし、郵便物が届くタイミングは契約時だけではありませんので、返済中も利用明細書やDM、そして督促状などに注意する必要があります。

また、郵便物以外の原因で、ローンを利用しているということが家族や同僚にバレることがあります。

家族や同僚にバレたくない方は、おまとめローンで借金をシンプルに管理し、毎月多めに返済して早期完済を目指しましょう

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談