七十七銀行のフリーローンでおまとめ、借り換え【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

無担保で借りられる“フリーローン”。

大々的に宣伝しているカードローンと比べると地味な印象がありますが、実は、低金利でお得なローン商品でもあるのです。

七十七銀行のフリーローンのメリットとデメリット、審査の詳細、そして、おまとめや借り換えにも使えるのかについて徹底的に調査いたしました。

七十七銀行の営業エリアにお住まいの人は、ぜひご覧になって下さい。

宮城県を代表する銀行“七十七銀行”

国立銀行条例のもと、77番目の国立銀行として誕生した七十七銀行(創立当初は第七十七国立銀行)。

宮城県仙台市に本店を構え、142もの拠点を持つ銀行です。

帝国データバンクの調査によりますと、宮城県内の企業のうちの約56%が七十七銀行をメインバンクとしており、県内で圧倒的な支持を得ている銀行だということが分かります。

◆帝国データバンク公式サイト:「第8回 宮城県内企業のメーンバンク調査」

銀行ローンは3つに分けることができる

ローン商品は大きく3つに分けることができます。

1つは住宅ローンや自動車ローン、教育ローンのように使途がはっきりと決まっている“目的別ローン”。

2つ目はカードローン。

指定された金額内で、何度でも借り入れや返済を繰り返せる無担保ローンです。

そして、3つ目はフリーローンで、カードローンと同じく基本的には無担保かつ使途を問われず借り入れることができ、最初にまとまった金額を受け取って、返済途中は追加借り入れをすることができません。

七十七銀行のフリーローン商品

七十七銀行には9つものフリーローンがあります。

その中でも、特に使途の自由度が高い4つのローン商品の借り入れ条件を以下にまとめました。

プランフリープラン
(一般口)
フリープラン
(女性応援口)
フリープラン
(シルバー口)
フリープラン
(日専連口)
融資限度額10~500万円10~500万円10~100万円10~500万円
利用年齢20歳以上65歳未満20歳以上65歳未満60歳以上70歳未満20歳以上70歳未満
完済時年齢70歳未満70歳未満76歳未満75歳未満
勤務条件勤続1年以上
(自営業は3年以上)
安定した収入があること特になし特になし
その他の条件所得が安定しており昨年度年収が150万円以上特になし
  • 当行口座を年金振込口座に指定していること
  • 年金担保融資を利用していないこと
特になし
専業主婦・年金受給者いずれも可いずれも可いずれも可いずれも可
居住地宮城県内東北6県

※借り入れ条件は、いずれも2018年6月時点です。

七十七銀行フリーローンの金利条件

七十七銀行フリーローン各商品の金利条件と保証会社は、以下の通りとなっています。

プランフリープラン
(一般口)
フリープラン
(女性応援口)
フリープラン
(シルバー口)
フリープラン
(日専連口)
変動金利年5.475%
固定金利年7.000%
金利引き下げの条件当行住宅ローン利用者は適用金利が年2.0%引き下げ
  • 当行住宅ローン利用者は年2.0%引き下げ
  • 使途が資格取得・医療・美容・育児・介護関係なら年0.5%引き下げ
特になし特になし
使 途自 由
(事業資金を除く)
融資期間6ヶ月以上10年以内6ヶ月以上10年以内6ヶ月以上7年以内6ヶ月以上10年以内
保証会社七十七信用保証日専連ライフサービス

※借り入れ条件は、いずれも2018年6月時点です。

七十七銀行フリーローンは便利?

フリーローンだけでも9つも種類がある七十七銀行フリーローン。

自由度が高い“フリープラン”だけでも、4種類があります。

七十七銀行フリーローンは借りるべきローンと言えるのかどうか、七十七銀行のカードローン「77スマートネクスト」と比較しながらメリットとデメリットを探っていきましょう。

なお、77スマートネクストについては、次の記事で詳細を紹介しています。

ローンカードで手軽に借りられるカードローンに興味がある人は、ぜひチェックしてみて下さい。

金利が低い

77スマートネクストの金利は、年4.9~14.8%です。

いきなり最低金利の年4.9%が適用されることは滅多にありませんので、最高金利付近の年10~14.8%が適用されるケースが多いと考えられるでしょう。

一方、フリーローンなら固定金利は年7.0%ですし、変動金利でも最初の6月あるいは12月が来るまでは年5.475%の超低金利が適用されます。

低金利でお金を借りたいなら、カードローンよりもフリーローンを選びましょう。

他社からの借り換えローンとしても使える

七十七銀行フリーローンは、他社からの借り換えローンとして利用することも可能です。

七十七銀行のフリーローンよりも高金利のローンを借りている人は、借り換えローンとしての利用も検討してみて下さい。

なお、七十七銀行フリーローンの返済方法や借入期間を契約途中で変更するときは、“変更手数料”として税込み5,400円を支払わなくてはなりません。

最初から無理なく支払える金額&期間に設定しておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

300view

七十七銀行カードでキャッシング徹底解説

「急な予定が入りお金が必要になった」このようなときに便利なのが、「キャッシング」ですよね。 七十七銀行の「七十七カード」にもキャッシングサービスがありますので、現金の借入が可能です。 今回...

おまとめローンとしても使える

複数のローンをまとめたい人にも、七十七銀行のフリーローンは使えます。

9つのフリーローンのうちの1つ“フリープランワイド(ジャックス口)(美家美家プラン)”なら、使途は住宅関連のおまとめに限られますが、おまとめローンとしての利用も可能です。

なお、“フリープランワイド(ジャックス口)(美家美家プラン)”の融資条件は次の通りです。

固定金利制の場合年5.300%もしくは年6.300%
変動金利制の場合年2.975%もしくは年3.975%
資金使途住宅関連もしくは住宅関連のおまとめ
融資限度額10~2,000万円
(個人事業主は1,000万円以下)
融資限度額
(消費者金融のおまとめの場合)
10~500万円
融資期間6ヶ月~20年以内
保証会社株式会社ジャックス

※借り入れ条件は、いずれも2018年6月時点です。

住宅関連以外のおまとめは利用できない?

七十七銀行のフリーローンは、そもそもおまとめ用にプランニングされたローンではありませんので、“フリープランワイド(ジャックス口)(美家美家プラン)”以外でおまとめローンを申し込むことはできません。

七十七銀行ではおまとめ専用のローン商品がありませんので、リフォームや太陽光発電装置の設置などの住宅関連以外のローンをおまとめしたい人は、七十七銀行のローンセンターに直接お問い合わせください。

◆七十七銀行公式サイト:「ローンセンターのご案内」

窓口に行かないと契約できない

77スマートネクストは申し込みから契約までをすべてウェブ上で済ませることができますが、フリーローンの契約は来店のみとなっています。

審査通過後一定期間内に契約を実施しないと、審査通過が取り消されてしまいますので、日中に外出できない人にはちょっと困りますよね。

追加借り入れはできない

カードローンなら、ローンカードを使って設定された枠内で何度でも追加借り入れをすることができます。

しかし、フリーローンは追加融資を受けることはできませんので、追加融資が必要になったときは、再度、七十七銀行に申し込みを実行し、所定の審査を受けなくてはいけません。

関連記事をチェック!

319view

銀行から融資を追加で受けたいときはどうすればいいの?

銀行から融資を受けて新規事業を始めるとき、しっかりとした事業計画を立てたことでしょう。 しかし、計画した通りに事業がすすまないこともあります。 理由はどうであっても資金がなくなると、事業を続けるこ...

つい借りてしまう人にはフリーローンがおすすめ

ローンカードを使っていつでも気軽にお金を借りられるカードローン。

便利ですが、意思の弱い人にとっては借金が増える原因になってしまいます。

絶対に計画的にお金を使う自信がある人以外は、追加融資不可のフリーローンを選ぶ方が良いでしょう。

七十七銀行フリーローンの審査を徹底解剖

金利の低さが特徴の七十七銀行のフリーローン。

しかし、「利用したい!」と願っても、所定の審査に通らなければ利用することができません。

七十七銀行フリーローンの審査基準と審査難度について探っていきましょう。

審査基準は?

七十七銀行のフリーローンは、次の基準で審査が実施されます。

現在の年齢

七十七銀行フリーローンは、商品ごとに現在年齢と完済時年齢が定められています。

ご自身の年齢が基準に合うのかかならずチェックして下さい。

居住地

フリープラン(日専連口)以外は、宮城県内に住んでいることが求められます。

宮城県以外の東北(青森県・秋田県・岩手県・山形県・福島県)にお住まいの人は、フリープラン(日専連口)に申し込みましょう。

充分な収入があること

フリープラン(一般口)以外は具体的な年収額についての条件はありませんが、本人あるいは配偶者の収入があまりにも低い人は無担保融資を利用することは困難です。

借入金額に見合った年収、少なくとも融資を受けたい金額の2~3倍程度の年収があることが望ましいでしょう。

審査スピードは?

七十七銀行フリーローンは、電話あるいはインターネットで申し込みをしてから最短3営業日後に審査結果が電話で伝えられます。

郵送で申し込みをした場合は、申し込み書類が七十七銀行に到着してから最短3営業日後に審査の結果が出ます。

審査の結果を受けてから、七十七銀行の窓口で必要書類を提出して正式に契約へと進みます。

なお、融資タイミングは、契約の翌営業日以降です。

状 況最短で審査が進んだ場合
審査結果申し込み書類が七十七銀行に到着してから3営業日後
契 約審査結果が出たらいつでも窓口で契約可能。しかし、指定期限を超えると、審査に落ちたものと判断される。
融 資契約完了後、翌営業日以降

審査難易度は?

七十七銀行フリーローンは基本的にはおまとめローンとして利用できませんので、借入件数が多いと審査に落ちる可能性が高くなります。

また、保証会社が七十七銀行のグループ会社“七十七信用保証株式会社”もしくはクレジットカード系の“日専連ライフサービス”ですので、いずれにおいても慎重審査が実施されると予想されます。

他の銀行フリーローンと比べても、決して通りやすいローンとは言えないでしょう。

七十七銀行フリーローンの金利は低い方?

七十七銀行フリーローンの金利は、七十七銀行のカードローン“77スマートネクスト”の金利と比べるとかなり低金利に設定されています。

しかし、フリーローンとして低金利なのかどうかは、他の銀行フリーローンと比べないと分かりませんよね?

宮城県内で利用されることが多い大手都市銀行と地方銀行のフリーローン(無担保・変動金利型)の金利と比較してみました。

銀行名融資限度額金 利
七十七銀行500万円年5.475%
仙台銀行500万円年4.5~14.8%
杜の都信用金庫500万円固定:年4.5~14.7%
三井住友銀行300万円年5.975%
三菱UFJ銀行新規受付中止
みずほ銀行300万円年5.875%

※いずれも2018年6月時点の数字です。

七十七銀行フリーローンの金利は低い!

銀行フリーローンを始めて利用するときは、上限金利に近い金利が適用されることが多いです。

そのため、七十七銀行以外の地方金融機関では、いずれもカードローンと変わらない程度の高金利が適用される可能性が高いです。

しかし、七十七銀行では金利に幅がありませんので、すべての契約者は年5.475%(2018年6月時点)の超低金利で利用することができます。

都市銀行と比べても非常に低い金利ですので、宮城県内の人や東北6県の人は七十七銀行のフリーローンを検討してみてはいかがでしょうか。

七十七銀行フリーローンの金利を下げる方法

一般口もしくは女性応援口で申し込むと、住宅ローンを利用している人は適用金利がさらに年2.0%低くなります。

また、女性応援口で申し込んだ場合、資格取得・医療・美容・育児・介護いずれかの使途のときは適用金利が年0.5%引き下げられます。

七十七銀行のフリーローンをさらに低い金利で利用したい人は、フリーローンの種類をしっかりと吟味して下さい。

七十七銀行フリーローンの口コミチェック

実際に七十七銀行フリーローンを使っている人は、利用中の商品に対してどのような意見を持っているのでしょうか。

ツイッターから、利用者の口コミや評判を探ってみます。

評判がない!

ツイッターをチェックしましたが、七十七銀行フリーローンに対する口コミは1つも見つかりませんでした。

評判がないということは、七十七銀行フリーローンは不満を持ちにくい優良なローンだと考えられます。

実際に低金利ですし、融資までのスピードも他のフリーローンと比べると早い方です。

まとまった資金が必要な人は、七十七銀行のフリーローンを検討してみてはいかがでしょうか。

メガバンクと比べても低金利のフリーローン

七十七銀行のフリーローンのメリットの中でも、金利の低さは特筆すべきポイントと言えます。

なるべく低金利で融資を受けたい人は、選択肢の1つとして七十七銀行フリーローンを検討してみることができますね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談