2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

借入件数と審査担当者の評価

借入件数担当者の評価
1件全く問題ない
2件返済状況が良ければ問題ない
3件要注意
4件属性が良くない人は審査通過困難
5件以上新規の借入はほぼ不可能

属性によって多少違いますが、借入本数に応じた担当者の評価は上の通りです。

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

この記事はこんな人におすすめ

この記事は次のような人におすすめの内容となっています。

  • 他社借入れがあるけどカードローンに申し込みたい人
  • 借入件数が多くて困っている人
  • 他社借入れがあっても貸してくれるところを探している人

記事の目次

他社借り入れ一件は新規借入可能?

他社借り入れ件数が一件なら基本的に新規借り入れは問題なくできるでしょう。

ただし条件があります。

それは現在借りているローン返済状況です。

すでに借り入れをしているわけですから金融事故を起こしていないと思います。

しかし思わぬところで金融事故扱いされてしまう返済状況があります。

それは毎月きちんと返済しているか、遅れながら返済しているならどのくらい遅れているのかという点です。

金融機関は返済期日の翌日から61日目までに返済しないと延滞として金融事故情報欄に登録してしまいます。

他にも一年の間に3回返済滞納してしまう滞納常習者も、同じように金融事故として登録されてしまいますね。

一度金融事故として登録されてしまうと、信用情報機関のデータ共有によって最低5年間はそのまま登録され続けますよ。

金融事故は金融機関が審査する上で最も重要とする項目ですから、現在借りている返済状況が遅れることなくきちんと毎月返済しているかによって、新規申し込みの審査に通るかどうかが決まってしまいます。

そのようなことがなければ、銀行カードローンでも消費者金融でも、新規借り入れをすることはそれほど難しいことではありません。

関連記事をチェック!

4586view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

他社借り入れが一件なら消費者金融

銀行カードローンは審査が厳しく、他社借り入れがあるとあまりいい返事をしてくれないことがあります。

それは既にカードローン契約をしていると返済能力が落ちてしまうからです。

できるだけカードローンの返済を銀行一本にしてほしいと言うのが本音ですね。

その点消費者金融なら総量規制に注意し、現在の返済状況が良好ならかなりの確率で契約することが可能です。

しかしすでにお金を借りている状態で、もう一社新規に申し込んだときに気をつけたいことがあります。

それは現在借りているカードローンの利用限度額と、今回申し込む借入希望金額の合計金額が100万円を超える場合です。

その場合は収入証明書を追加で提出しなければなりません。

現在のカードローンを契約するときに収入証明書を提出せず、WEBフォームに入力した年収で審査に通ったとなると場合によっては年収がバレてしまいますね。

正式な書類を提出することで年収が分かってしまうと総量規制額が確定してしまいます。

虚偽の申請によって現在のカードローンを契約したなら利用限度額を引き下げられるか、または新規申し込みで審査落ちになってしまう可能性があります。

関連記事をチェック!

2647view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

他社借入3件ならカードローンは借入可能

結論から先に言うと、他社借入3件ならばカードローンの借入は可能です。

銀行カードローンにしても消費者金融カードローンにしても、審査項目に「他社借入〇社まで」などという項目は存在しません。

収入や属性など申込者を取り巻く環境から、総合的に返済可能であるのかを審査する訳ですので、他社に何件借入があっても金融機関で返済能力に問題ないと判断されれば審査に通ります。

しかし、借入件数が多い=借入上限設定額が低いとみなされます。

借入上限設定額が低いということは、一社で少額しか借りられない状況だと言うことです。

一社の限度額が低い人はまだ借入をして日が浅い、若しくは何かしらの問題があって限度額が低く設定されていると言うことですので、金融機関からすると余り返済能力が高くない、信用度が低いとみなされます。

そのため借入件数が多い申込者は「一社で少額ずつしか借りられない人=信用に値しない人」と判断されてしまいます。

他社借入の許容範囲として3件程度ならば、さほど心配することはありませんが、4件以上になると今後審査に通る可能性が低くなってきます。

関連記事をチェック!

816view

消費者金融やカードローンの審査は何社まで借りられる?【業者が暴露】 

筆者は貸金業者をおよそ30年にわたり営業してきました。 カードローンは何社まで借りられるのか、と考えているということはもしかしたらあなたは多重債務者でしょうか? 複数借り入れはやめておいたほうがい...

関連記事をチェック!

2149view

消費者金融の他社借入に銀行カードローンは含むの?

消費者金融カードローンに申し込むときに他社借入額を申告しますが、銀行からの借入れが消費者金融の審査にどのように影響するのかについて、詳しく解説していきます。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄...

他社借入があっても即日融資は可能

他社借入がある場合でも即日融資を受けることは可能となっています。

カードローンにおいては他社借入している場合であっても初めての借入の場合であっても、即日融資の条件は特に変わりません。

他社借入があるからと言って融資までに数日待たなければならないということはないので、即日融資が可能なカードローン会社で時間内に申込めば問題ありません。

しかし、他社借入があることが原因で即日融資を受けられないことがあります。

それは、他社借入のせいで審査に通らない場合です。

審査に通らなければそもそも融資を受けられませんので、即日融資以前の問題となります。

他社借入は審査に影響を及ぼすため、他社借入のせいで審査に通らないと言うことは頻繁に起こります。

  • 他社借り入れがあっても審査に通る
  • 即日融資を受けられる条件を満たす

この2点を個別にクリアすれば他社借り入れがあっても即日融資を受けられるのです。

関連記事をチェック!

5208view

スピード融資カードローン

最短即日振り込みに対応しているカードローンを紹介します。 ※口座への振込の場合、振り込みが15時までとなりますので、カードローンは14時までに申し込みを済ませたほうがいいでしょう。 ※自動契約...


関連記事をチェック!

19671view

【明日までに必要】1日でお金を稼ぐ方法

このページでは1日でお金を稼ぐ方法を紹介します。 明日までにいくら必要なのかは人によって違うと思いますので、以下の目次から皆さんが必要な金額を選択して下さい。 それぞれの金額の手に入れ方を説明して...

3件を超えると審査通過困難

即日融資を受けるためには審査通過が必要ですが、他社からの借入があると審査は厳しく行われます。

借入金額を気にしている人は多いですが、見落としがちなのが借入件数です。

借入金額同様に、借入件数が増えれば増えるほど審査への悪影響が大きくなり、平均的には他社借入件数3件にボーダーラインが存在します。

3件までなら属性に問題がなければ審査通過も十分可能ですが、それを超えると途端に審査通過が難しくなります。

他社への返済が遅れていると厳しい

件数だけではなく他社での利用状況も重要な要素のひとつです。

他社への返済状況は信用情報によって確認できるため、全く遅れることなく返済していれば審査に有利となり、逆に返済の遅れが多いと審査には不利になります。

遅れることなく返済を行っていることも条件です。

他社借り入れが多いときに注意することは?

融資審査に、他社借入件数は影響を及ぼしますが、その傾向は大手であるほど顕著になります。

例え消費者金融であっても、誰でも名前を知っている大手消費者金融であれば、やはり審査も厳しくなる傾向にあります。

そのため、現在すでに他社借入件数が3件以上あるという人は、大手では厳しい結果になる可能性が高いと言えるでしょう。

もちろん、審査は他社借入件数のみで判断をする訳ではありません。

その他の項目との総合判断になりますので、場合によっては件数はオーバーしたとしてもリカバーできる可能性は出てきます。

それでは、他社借入件数をリカバーできる項目とは何かを見てみましょう。

借入額と年収の割合をよく考えよう

借入件数が多い=借入額が多いとは限りません。借入額が年収の割合と比較し、まだ少ないのであれば審査にとおる可能性は出てきます。

年収に対しどの程度の借入額ならばOKとするかは、各金融機関で変わってきますが、一般的には年収の30%~40%に抑えておくのが理想的だと言われています。

例えば年収が300万円であれば、90万円~120万円程度が上限だと思っておきましょう。

消費者金融なら総量規制にも注意

総量規制によって消費者金融などの貸金業者からの借入は年収の3分の1までという制限があります。

そのため、消費者金融から追加で借入を行おうと思っても総量規制を超える場合には利用できません。

消費者金融を利用している人やこれから利用しようとしている人は要注意です。

他社借入がある場合はこういった部分が審査で重要になります。

即日融資を受けるのであればまずは審査通過が必要ですので、他社借入がある人は審査に通るかどうかを考えなくてはなりません。

他社借入があっても審査に通るためのポイントはこちらで詳しく解説しています。

総量規制対象外の審査でみられるポイント

「消費者金融は総量規制になるのなら、どこにも申込みできない」と悲観するのはまだ早いです。

総量規制があるということは、総量規制「対象外」の金融商品だって存在するのです。

例えば、銀行からの借入はすべて総量規制の対象外となりますし、銀行以外でも総量規制の対象外になる借入れがあります。

総量規制対象外の金融商品であれば、現在の借入れ件数や年収だけで問答無用に審査落ちすることはありません。

しかしその分、審査は厳しく中には要担保な貸付も存在しますので、安易に飛びつく前にきちんと総量規制対象外に申込むメリットやデメリットを把握しておきましょう。

総量規制の除外と例外

総量規制の対象外と言っても、細かく見れば「除外」と「例外」に分かれます。

まずはこのふたつの違いから見てみましょう。

除外

  1. 不動産購入のための貸付け
  2. 自動車購入時の自動車担保貸付け
  3. 高額療養費の貸付け
  4. 有価証券を担保とする貸付け
  5. 不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
  6. 売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け

除外に該当するのは、住宅ローン、自動車ローン、担保貸付などの目的別ローンと呼ばれている商品です。

例外

  1. 顧客に一方的に有利となる借換え
  2. 借入残高を段階的に減少させるための借換え
  3. 顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
  4. 社会通念上、緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け
  5. 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
  6. 個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
  7. 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
  8. 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)

例外は、主におまとめローンが代表です。

「顧客に一方的に有利となる借り換え」が、おまとめローンに該当します。

そのため、消費者金融からの借入であっても、おまとめローンであれば総量規制の対象外となります。

それでは似たようなサービス内容である「フリーローン」はどの立ち位置になるのでしょうか。

銀行カードローンは総量規制対象外でも審査に影響がある

新たな借り入れ先として消費者金融を選ぶ場合、すでに借りている借り入れが銀行カードローンだとしても、借り入れ審査に影響が出ることが多いです。

なぜなら返済能力の有無は、必ずしも総量規制対象となる融資だけで審査しているわけではないからです。

もちろん新たな借り入れ先として銀行カードローンを選ぶ場合でも同じです。

最近になって銀行カードローンの過剰融資が社会問題化しているように、銀行は自主規制として貸付可能とする判断を総量規制に当てはめるようになっています。

したがって他社借り入れがある状態で審査に通るためには、銀行カードローンと消費者金融、及びクレジットカードのキャッシングの借り入れの合計が年収の3分の1になっているようにしましょう。

他社借入件数が多く信用が少ないときは

先に話したように、融資審査時には現在の借入れ「件数」も審査対象に入ります。

借入件数が多いと言うことは、一社あたりの上限貸付金額が低く設定されているということです。

どこの金融機関も、基本的に無担保、無保証の信用貸しで融資を行っています。

その審査結果で、借入上限金額は少ないと言うことは、まだ信用に値しないか年収が少ないかのいずれかです。

そのため、借入件数が多ければその分、融資をする金融機関から見れば、信用が少ないことと同じ意味になってしまいます。

可能な限り一社でも多く借入れ件数をまとめて、数を減らした方が審査時の心証も変わってきます。

現在、借入件数が3件以上あるという人は、できる限り件数を先にまとめておくことをおすすめします。

大切なのは個人信用情報

審査で重要視されるのは、やはり個人信用情報です。

融資を行う金融業者からすると、申込者が一体どのような人なのか皆目見当もつきません。

いわば見ず知らずの人に大事なお金を貸すのですから、現在どのような返済をしているのかで本当の返済能力を確認する必要が出てきます。

信用情報機関で得た、個人信用情報の中ですでにブラックなどの金融事故を起こしていた場合には、やはり返済能力がないと判断され一発で審査落ちの対象になってしまいます。

個人信用情報で特に問題がないと判明した時点で、そこからその他の審査項目を確認し、審査基準を上回っているのかを確認されます。

つまり個人信用情報ですでにキズがついている場合には、どんなにその他の審査項目がよくても即審査落ちになってしまう可能性が高いのです。

銀行ローンの保証会社の特徴は?

銀行にローンを申し込みすれば必ず審査は行われます。

ただ問題は、申込みをした銀行が必ず審査を行う訳ではないということです。

実際に審査を行うのは、銀行から業務委託を受けた審査の専門会社もしくは提携の消費者金融業です。

そのためどんなに銀行窓口でアピールしたとしても、審査をするのは顔も見たことがない人たちが行うのであまり意味はありません。

審査を委託されれば提出された書類の数字だけを見て審査の合否決定を行います。

銀行ローン審査の結果が出るまでに時間を要するのは、結局銀行が直接審査を行わないためです。

保証会社が消費者金融と同じ場合

先に話したように、銀行に申込みを行っても実際に融資可能かの審査を行うのは、提携している消費者金融業であることも珍しい話ではありません。

イメージとして「消費者金融が審査をしているのならば審査が甘いのかも」と思ってしまいますが、そんなこともありません。

それぞれの銀行によって「ここまでを合格ラインとする」という基準が設けられていますから、消費者金融が審査を行うにしても、審査基準は消費者金融のレベルではありません。

金融機関によって確かに審査基準は異なりますが、保証会社が消費者金融業だから審査が甘いということはないと思っておきましょう。

借入件数が5件以上のときはおまとめローンがおすすめ

「審査時には借入件数が少ない方が有利」と説明しましたが、懐事情によっては簡単にまとめられるものではありません。

借入件数がすでに5件以上ある多重債務者には、新たな借入先はカードローンではなく「おまとめローン」を検討することをおすすめします。

おまとめローンはその名の通り、借入を一本にまとめるための専用ローンです。

返済先がひとつになることで返済金額をまず抑えられます。

なお返済日も統一されるので、返済管理がしやすくなるというメリットが存在します。

ただし、おまとめローンの多くは今後追加融資ができず、ひたすら返済を行うのみとなります。

カードローンのように自由に使える借入上限額が設定されていることもありませんので、「ちょっと今月ピンチだな」というときも、新たな借入はできません。

「もう今後は借金を減らすことだけに専念したい」という人にとっては返済専用であるおまとめローンは非常にありがたいサービスですが、そうではないという人にはおまとめローンは不向きです。

関連記事をチェック!

1290view

おまとめローンとは?やり方や手続きを解説

借金が何本もあると、毎月の返済も楽ではありません。 毎月返済しなければいけない金額が多いうえに、返済日が月に何回もあるので、常に返済に追われているという人も少なくないのではないでしょうか? おまと...

おまとめローンできる消費者金融は限られている

おまとめローンを展開している消費者金融は、アイフルやプロミス、アイフルなどの大手消費者金融業です。

中には中小の消費者金融業でも展開している所もありますが、さほど数は期待できないのが現状です。

消費者金融のおまとめローンは先に説明したように返済専用です。

「借金はまとめたいけれども、もう少し使い勝手がいいおまとめローンがいい」となれば、消費者金融のおまとめローンよりも銀行カードローンを選択するといいでしょう。

銀行カードローンで借りたお金は何に使っても制限はありません。

また借入上限金額も高めに設定されているので、カードローンで借りたお金をそのまま他社返済に充てて完済をすれば、まとめたことと同じになります。

また上限枠内であれば、追加融資も可能です。

銀行は他社借り入れに厳しい

銀行は他社借り入れに厳しい

銀行の貸付は総量規制の対象外です。

しかし自主規制によって消費者金融並みに、年収の3分の1までを貸付の上限と定めていることが最近増えています。

本来であれば年収に関係なく、銀行の審査に通ってしまえば極端な話いくらでも借りられました。

その結果発生してしまったのは、返済が出来なくなったことによる自己破産を含めた債務整理です。

借金は何もカードローンに限ったことではありません。住宅ローンはもちろんのことながら、自動車ローンやクレジットカードの利用代金も立派な借金です。

銀行は一年間に支払う借金額の合計と年収のバランスを重点的に見るようになりました。このバランスのことを返済負担率または返済比率といいます。

健全な借金であることを判断する基準として返済比率が20%から25%未満であることとしています。

例えばクレジットカードのショッピング利用代金を含めた一年間に支払う金額の合計が150万円で、年収が300万円なら返済比率は次のように計算します。

・返済比率=150万円/300万円×100
これを計算すると返済比率は50%です。

これではとても健全な借金とは言えません。

年収300万円で返済比率を25%未満にするには借金の返済額を75万円未満にしなければ返済能力なし、と判断されます。

銀行カードローンに申し込む場合、他社借り入れが3件あったとしても審査に通る可能性はあります。

しかし返済比率を25%未満にするには可能な限り他社借り入れ件数を減らした方がいいですね。

即日融資は多くのカードローンで可能

以上の点に注意し、審査に通るという前提であれば、即日融資を受けること自体は特に難しいことではありません。

消費者金融のカードローンは順調にいけば申込から1時間程度で手続きが完了しますし、発行会社によっては無人契約機が22時まで稼働しているので、カードの発行に困ることもほとんどありません。

各カードローンの無人契約機は以下の時間まで利用することが可能です。

会社ブランド名無人契約機営業時間ATM営業時間
プロミス9:00~22:00
※一部21時
7:00~24:00
※ATMにより営業時間、休日が異なります。
アコム8:00~22:0024時間年中無休
レイクALSA8:00~22:007:30~24:00
※曜日により異なります。
SMBCモビット8:00~21:00提携ATM(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、セブン銀行など)

この時間までにインターネットから申し込みを行い、仮審査通過の連絡後に無人契約機に向かうのが最も早く、時間を有効に利用できる方法です。

カード発行さえ達成すればコンビニのATMで24時間利用できますので即日融資はいつでも受けられます。

在籍確認に注意

無人契約機を利用すれば22時までの申込でその日のうちに契約は可能ですが、一番気を付けるべきことは『在籍確認が無事に行えるか』という点です。

例えば土日祝日や営業時間外などで勤務先に誰もいない場合は職場への電話連絡を行えませんよね。

在籍確認を行わなければカードローンの契約はできませんので、その場合は電話連絡以外の方法が必要となります。

指定された書類を提出

在籍確認の電話に当日中に対応できない場合、収入証明書があると即日融資可能性はぐんとあがります。

土日祝日にカードローンを申込した場合、在籍確認&審査の流れのパターンは3つあります。

  1. 社会保険証、源泉徴収票、給与明細のいずれかの提出(在籍確認の書類代行)
  2. 書類なしで先に契約を進める。後日在籍確認を行ってもらう。
  3. 翌日以降に勤務先への電話での在籍確認を行わなければ契約してもらえない。

1に関してですが、社会保険証・源泉徴収票・給与明細この内社会保険証+どちらかで在籍確認は回避できます。

会社がやっている・やっていないに関わらずです。この場合は減額されることはなく、満額お金を融資してもらえます。このケースは満額融資確定案件なので、他社借入は余り影響しません。

2のケースですが、消費者金融の営業スタイル次第ですが、先に契約を結び満額50万円の所を、今日は20万円まで融資します。

在籍確認が取れれば残りの30万円も使えるようにします。これが基本的な流れです。

このケースは他社借入と微妙に関係しています。ラインとしてはまだ余裕があるもののお客さんの属性を考えると少し躊躇してしまう。そういった場合ですね。

3のケースは消費者金融が完全に守りに入っていますね。即ち、在籍確認が取れない現時点での信用度は高くないと言うことです。

信用情報を確認したときに、「結構ギリギリだ。」という風に消費者金融が判断すると、貸す・貸さないの天秤が激しく揺れます。結局どっちに天秤が傾くかです。

在籍確認が取れて(もしくは代わりとなる書類が用意されている状態で)信用度がようやく上がるといったところです。完全にこのケースは他社借入が影響しています。

「絶対に在籍確認をしないと貸さない」と言う、金貸し側のプライドを感じます。ケースが進むにつれ、信用状況が悪化していますね。

他社の借入件数や借入額は正直に伝えよう

融資申込み時に必ず聞かれるのが、他社の借入れ件数や借入金額の項目です。

結論から言えば、ここで件数や金額を誤魔化しても必ずバレます。

申込みと同時に、信用情報機関に申込み照合をかけますから、事実がすぐに判明するためです。

利用者からすれば「だったら最初からヒアリングなんてしなくてもいいじゃないか」と、憤ってしまいますが、どの程度借入れに関し認識があるのかもチェックされるため、質問として組み込まれているのです。

なお借入件数ですが、現在契約済みの金融機関すべてを含みます。

すでに完済した状態であっても解約手続きを行っていなければ、借入限度額は残ったままです。

つまり再度利用しようと思えばできる状態なので、件数にカウントされるので注意しておきましょう。

他社借入は件数が問題?それとも返済状況が問われるの?

他社借入審査の際に、チェックされる項目の優先順位は以下の順です。

他社借入は件数が問題?それとも返済状況が問われるの?
銀行では多重債務か否かと返済状況の遅れがないかを優先的に審査しますが、消費者金融では総量規制に抵触していないかを最優先事項とします。

上記の画像からも分かるように、銀行カードローンが審査で最も重視するのは他社からの借入件数ですが、消費者金融の場合はその前に総量規制という壁があります。

そのため、銀行カードローンと比べると他社借入件数の重要度は少し低くなっています。

そのため、既にカードローンを使って複数社から借入をしている人は銀行カードローンではなく消費者金融に申込を行いましょう。

特に、既存の借入が消費者金融の場合はなおさら消費者金融を選んだ方が良いでしょう。

その理由は後ほど説明します。

他社借入よりも総量規制を超えていないかが問題

ただし、消費者金融に申込む場合は総量規制に注意しなければなりません。

総量規制とは貸金業法で定められている法律で、貸金業者は顧客に対して年収の3分の1以上貸付してはいけないというものです。

他の審査ポイントは申込先の消費者金融独自の判断なので、基準はそれぞれです。

ただし総量規制だけは法律で決められていることなので絶対に守る必要があります。

初めてカードローンに申込む人なら金額が制限されるだけの話ですが、現在の他社借入金額の合計が既に年収の3分の1に達していれば、もちろん新規の借入はできません。

関連記事をチェック!

3990view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

消費者金融借入は、銀行カードローン審査に悪影響

他社借入は件数が問題?それとも返済状況が問われるの?

銀行からの借入れが多い場合と、消費者金融からの借入れが多い場合では新たに借入ができる可能性が異なってきます。

銀行からの借入本数が多い場合の方が、それ以上の借入れができる可能性は高いです。

消費者金融は銀行からの借入れはそれほど気にしません。

反対に銀行は消費者金融から借入れがあるというだけで、審査上は悪い印象を持ちがちです。

銀行は低金利で貸付する代わりに貸倒れリスクのない、信用度の高い顧客と契約したいと考えています。

そのため金利が銀行よりも高い消費者金融から借入を行っている人に対し、「返済できる余力はあるのか」「何かお金でトラブルを抱えているのではないか」と判断されてしまうのです。

他社借入件数よりも、きちんと返済しているかが大切

借入本数が多くても、既存の借入金の返済状況に全く問題がなければ、たとえ借入本数が4本以上になっても給料の範囲内で返済していけると判断されると、審査に通過できる可能性が高くなります。

一方、既存の借入金の返済で既に延滞を繰り返すなど問題がある人は、

「この人は今の借入金の返済が苦しくて新たな借入に申し込んできたんだな」

「現時点でも返済がままならない状態なのに、これ以上借入を増やすことは危険である」

と判断されてしまい審査に通過できない場合もあります。つまり借入本数が何本であっても、収入の範囲内で返済が行えているということが最も重要となります。

借入件数を増やすより、今のカードローン増額を検討しよう

一般的に3~4社以上の借入本数がある人を多重債務者と呼び、審査のときには大きなマイナスになってしまいます。

例えば、大手消費者金融のアコムやプロミスなどのホームページには、年齢や借入本数だけでお金を借りられるか判定してくれる「お試し診断」機能があります。

借入本数が4本以上だと入力すれば、借入合計金額が5万円でも借入OKと表示されなくなります。

大手消費者金融(Ex)アコムやプロミス)は借入本数が3本以内であれば多重債務者とせず、融資の可能性がある。

逆に4本以上の借入れになると審査通過は難しいということです。

では現在既に4本以上他社借入があるという場合にはどうしたらいいのでしょうか。

その場合には他社借入を検討するほかに、今使っているカードローンの限度額を「増額」するという手続きがあります。

限度額を増やす手続きである増額は、利用状況が良好な人には銀行や消費者金融が電話やDMなどで提案してくれる場合があります。

また、提案が来なくても自分から電話やインターネットで増額の依頼ができます。

増額の条件としては次のようになっています。

  1. 現在の返済状況に問題がない人
  2. 半年以上当該カードローンの利用実績がある人

増額の方が可能性は高い

返済状況に全く問題がない人であれば、新たに他社借入申込を行うより増額の方が簡単です。

銀行や消費者金融は、個人信用情報に記録されている情報以外でも過去の返済取引などという社内情報を持っています。

返済状況が良好な人は、個人信用情報だけでなく社内情報も良好であるため、増額審査に通過する可能性が高いためです。

反対に一度や二度でも返済に遅れがあるような人は新規申込みの方が審査通過の可能性は高い傾向にあるようです。

増額申込は半年以上利用してから

自分から増額の申込をする場合は、最低でも半年以上そのカードローンを利用してからにしましょう。

期間が短すぎると、いくらその間の利用状況が良好であっても参考にならず、カードローン会社も増額しても問題ないのかどうか判断できません。

もしその間に一度でも支払いに遅れてしまった場合は、そこから一年程度待ってから増額申請するのがおすすめです。

関連記事をチェック!

53view

銀行系カードローンを徹底比較!おすすめのカードローン一覧

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 銀行系カードローンの特徴 カードローンといえば、銀行や消費者金融で借りることが一般...


関連記事をチェック!

16view

カードローンが初めての人におすすめのカードローンは?

今までカードローンを利用したことがない人は、どの金融機関のカードローンに申し込めば良いのでしょうか? カードローン初心者に特におすすめのカードローンを紹介いたします! 初めての人は知名度の高いカー...

3件目の申し込みは信用度が落ちる

51b96be7d202f13a7b57a982ab7b2ed6_t

銀行カードローンや消費者金融の初回借入限度額は年収のおよそ10%です。

年収が300万円なら30万円、年収が500万円でも50万円が初めてカードローンに申し込む人の借入限度額に設定されることが普通です。

年収が300万円なら100万円まで借りられるのに、なぜ30万円しか借りられないのかと言うと、それは金融機関側が慎重になっているからです。

お金を貸してもきちんと返済してくれるか、信用情報機関だけのデータでは判断できません。

そうなってくると、初回契約時には年収300万円の人はたいてい30万円しか借りられません。30万円の利用限度額を使い切ってしまえば、また新たな借り入れ先に申し込むことになります。

このようにして契約件数が2件、3件と増えるに従って金融機関の審査は厳しくなります。なぜなら契約件数を増やさなくても、1件目のカードローンで利用限度額を増額すれば良いのではないかと考えるからです。

増額できないのは信用がないからではないか、と判断してしまいます。

また、むやみに借入件数を増やすのは多重債務状態を作ることになり、過剰貸付となってしまうことから審査が厳しくなるのです。

カードローン3件目でも審査に通らないことはありませんが、総量規制オーバーとならないようにだけは注意してください。

他社借入がある場合、大手消費者金融で借入可能か?

同じ消費者金融の中でも、大手消費者金融なのか地場の中小企業の消費者金融なのかで、審査状況も随分と変わってきます。

やはり大手の方が新規キャンペーンや認知度の高さから、申込者も多いのが現状です。その分、審査も中小の消費者金融業と比較すると厳しいと言われています。

他社借入が複数あったとしても、大手消費者金融で借入を行うことは可能なのでしょうか。

プロミスは他社借入3件以上でも審査通過する?

実質年率無利息期間限度額
4.5%~17.8%初回借入の翌日から30日間500万円

プロミスは多くの顧客を抱えた大手消費者金融です。

プロミスも審査通過率を公開しており、その数値は43%となっています。アコムと比べると低くなっています。

プロミスの上限金利は17.8%、新規借入の方は、初回借入の翌日から30日間無利息期間が適用されます。

もちろんプロミスも消費者金融のため、総量規制の対象です。現在の他社からの借入が年収の3分1に達していないか注意しましょう。

大手消費者金融ゆえに「借入件数が多いと審査に通らないのではないか」と考えてしまいますが、件数よりも返済能力を審査では重視する傾向にあります。

そのため借入件数が多くて審査に通るか不安だという人はできる限り申込金額を低めにしておくことで、審査に通る可能性は出てきます。

プロミス

関連記事をチェック!

205view

【馬太郎が】プロミスを申し込みした

どうも馬太郎です。借入を行う前に、ネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わった18時すぎに自動契約機に向かいました。 自動契約機の流れ プロミスの自動契約機の...

アコムは他社借入3件以上でも審査通過する?

実質年率無利息期間限度額
3.0%~18.0%契約の翌日から30日間800万円

アコムは代表的な大手消費者金融なので安心して利用できます。

金利は18.0%と低い数字ではありませんが、公開している審査通過率は48%と数値を公開している消費者金融の中でも、最も高く他社からの借入があっても審査に通過する可能性が高いです。

もちろん借入件数が多すぎるとアコムでも審査通過は難しくなりますが、銀行カードローンと比べれば他社借入の影響は小さくなります。

複数借入では利息の管理が大変ですが、アコムは契約日の翌日から30日間は無利息での借入が可能なため、その期間内は利息が発生しません。

ただし、アコムも総量規制の対象内のため、現在消費者金融から年収3分の1以上借入している人は利用できません。

アコム

関連記事をチェック!

1565view

馬太郎がアコムを申し込みした

むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わって夕食を食べ終わった19時過ぎ、アコムの無人契約機「むじんくん」へ向かいます。 むじ...

アイフルは他社借入3件以上でも審査通過する?

実質年率無利息期間限度額
3.0%~18.0%契約の翌日から30日間800万円

アイフルの審査通過率は47%です。

アコムよりは低いですがプロミスより高く、両社の中間の通りやすさと考えられます。

もし他社からの借入が原因で審査に通らないのであれば、追加で借金するよりもまずは返済することを考えましょう。

アコムのおまとめローン「おまとめMAX」年率15%以下で借入可能のため、高金利で複数の借入を利用するよりも返済しやすくなります。

アコム、プロミスと同じく借入可能な金額は年収の3分の1までですが、おまとめMAXは総量規制の対象外なので年収の3分の1を超えても借入可能です。

中小消費者金融からは借りられる?

他社借入件数が多く、なかなか審査に通らないとなれば次に申込み先として検討するのが、中小消費者金融です。

銀行や大手消費者金融と比較すれば、金利は高く、サービス面でも物足りなさを感じることもあるでしょう。

しかし銀行や大手消費者金融にはない「独自の審査」を展開してるのが、中小消費者金融の特徴です。

そのため他の金融機関では断られてしまった人でも、まだ融資の可能性は残っていると言っても過言ではありません。

それではどのような中小消費者金融があるのか、特徴も踏まえて見てみましょう。

セントラル

「新しい中小消費者金融は、少し不安」というならば、昭和48年創業の老舗消費者金融「セントラル」がおすすめです。

金利は4.80%~18.0%、貸付上限金額は最大300万円です。

また全国どこからでも申込み可能なWEB申込みを採用していますので、申込みのタイミングさえ間に合えば即日融資も期待できます。

関連記事をチェック!

548view

セントラルで即日融資は可能!

関東と四国に17もの支店を構える消費者金融「セントラル」。 準大手とも呼ぶべき規模の金融機関ですが、なんと即日融資が可能なのです! セントラルで即日融資を実施するための方法と融資スピードを...

ニチデン

「大手消費者金融のように初めての人には無利息キャンペーンが欲しい」と言うならば、初めての人に限り最大100日間無利息キャンペーンを行っている「ニチデン」がおすすめです。

展開している金融商品は、フリーローン、不動産担保ローン、事業者ローン、学生ローンと幅広いので、申込者の属性にあった内容で申込みを行えます。

金利はフリーローンであれば7.3%~17.52%、借入上限金額は最大で50万円までです。

金額だけ見ると少し少ないかなと感じてしまいますが、融資金額が少ないということは返済金額も少なくて済むということにも繋がります。

借入金額が10万円以下であれば、返済金額は毎月4,000円ですからさほど家計を圧迫する金額ではないでしょう。

審査は最短10分ですので、こちらも申込みのタイミングが合えば即日融資が可能です。

関連記事をチェック!

887view

ニチデン

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はニチデンについて説明したいと思います。 ニチデンについて ※株式会社日電社公式WEBサイトより引用 株式会社日電社は、大阪市と吹田市、奈良市に店舗を持...

フクホー

「家族には借入れを内緒にしているから契約書が送られると困る」と言うことならば、全国のセブンイレブンのマルチコピー機から契約書を受け取れる「フクホー」がおすすめです。

フクホーはその他、「貸金業法に基づく借り換えローン(おまとめローン)」や「レディースキャッシング」にも対応していますので、少し借入れが多い人や女性に対応してほしいなどの要求にも応えられます。

金利は7.30%~18.0%、貸付上限金額は200万円までです。

WEB申込みも可能ですが、仮審査に通過したあとには必ず契約書にサインをしなくてはいけません。

セブンイレブンで受け取れますが、記載後再度フクホーに送り、そこから契約振込という流れなので、即日融資を希望するのならば、午前中の段階ですでに申込みを終えておかないと厳しいでしょう。

関連記事をチェック!

410view

フクホーにはおまとめローンがあるのか?

フクホーと聞いてすぐに、「大阪にある消費者金融」と思いつく人はさほど多くないでしょう。 いわゆる中小地場企業ですから、大阪府内以外に居住しているならば、名前も余り聞いたことがないと思います。 この...

キャレント

「お金を借りるのはいいんだけれども、できるだけ早めに完済したい」と言うことならば、元金均等払いを設定している「キャレント」がおすすめです。

多くの消費者金融では、リボ払いもしくは毎月定額の元利均等払いを採用しています。

確かに毎月同じ金額を返済するので、楽ではありますが、なかなか借入れ元金までに充当せず返済回数が増えてしまうというデメリットがあります。

キャレントの場合は、元金均等払いを採用していますので、毎月決まった金額が必ず元金に充当しますから、返済回数が短くて済みます。

金利は7.8%~18.0%、借入上限額は500万円、WEB完結が可能なので最短で即日融資も不可能ではありません。

関連記事をチェック!

955view

【馬三郎が】キャレントスーパーローンを徹底解説。総量規制との関係は?

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はIPGファイナンシャルソリューションズ「キャレントスーパーローン」について説明したいと思います。 この記事はこんな人におすすめ 今回紹介するのは、以下の人に...

スカイオフィス

「とにかく融資スピード重視」となれば、最短30分融資の「スカイオフィス」がおすすめです。

当日9時~14時までの間に申込みを行えば即日融資も可能です。

ただし申込みから融資までの流れを確認すると、必ず契約書への記載が求められます。

自宅にFAXがあれば問題ありませんが、ない場合にはほかに受取り可能な場所はどこなのかなど探さなくてはなりません。

申込み時間がギリギリならば、その手間で即日融資ができない可能性も出てきますから、必ず申込みは時間に余裕をもたせて行うようにしましょう。

金利は15.0%~20.0%、借入上限金額は50万円に設定されています。

関連記事をチェック!

136view

スカイオフィスからの借入は総量規制の対象となる?

福岡県にある小規模消費者金融 スカイオフィスは福岡市に本社を置く消費者金融であり、以前は「ニッセイ」・「ニッセイキャッシング」という社名で営業しておりました。 しかし、一切関係のない日本生命や...

スカイオフィスからの借入は総量規制の対象となる?

ライフティ

「無金利キャンペーンも即日融資もどちらも欲しい」と言うことならば「ライフティ」がおすすめです。

新規に限り35日間無金利キャンペーンを行っていますし、当日13時までの申込みであれば即日融資も期待できます。

金利は8.0%~20.0%、借入上限金額は500万円までと高額です。

もちろん初回から500万円融資してもらえることはありませんが、「高額融資希望」ということならば検討の余地はあります。

関連記事をチェック!

432view

ライフティでお金を借りたい!審査に落ちた原因はなに?

審査が甘いと評判のライフティでも借りれない人はいますよ。 そもそもインターネットの口コミや評判はあてになりませんからね。 借入件数が多くても審査に通る、とインターネットの比較サイトに書いてあったの...

他社借入件数を虚偽申告すると審査はどうなるか?

他社借入が一定条件を超えるとお金を借りることは難しくなります。

そこで、少しでも審査を有利にするために、申込時に他社からの貸し入れ状況を実際よりも良く見せようとする人がいます。

例えば、実際は三社から借入しているにもかかわらず貸し入れ件数を2件として申請したり、100万円借入している人が50万円として申込んだりなどです。

しかし、こういった他社借入状況に関する噓は簡単にバレてしまうのです。

なぜかと言うと、他社からの借入状況、他社への申し込み状況、返済状況などは、信用情報機関という団体に登録されており、金融機関は申込者の信用情報を照会できるからです。

そのため、もし噓をついても意味がないばかりか、噓をつく人ということで信用を失い、審査には通らなくなってしまいます。

もちろんわずかな間違いであればうっかりということで、それだけで審査に落ちることはないでしょうが、それでも自分の借入を管理できていないということで印象は良くないでしょう。

逆にしっかりと正確に申告すれば正直で、なおかつ自分の借入状況をちゃんと管理していると好印象を与えられます。

信用情報で分かるにもかかわらず自分で申告させるのにはこういった意味があるのです。

他社借入件数を虚偽申請すると、審査にどのような影響があるのかについては次の記事を参考にしてください。

関連記事をチェック!

8741view

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

お金を借りるためには、必ず申し込みと審査が必要になります。 審査に通るかどうかは、その人の信用が非常に重要となり、他社借入は少ないほうが通りやすくなります。 しかし、実際の申し込みをしたときに、他...

他社借入が多いなら総量規制の例外「おまとめローン」

他社借入が多いなら総量規制の例外「おまとめローン」
他社借入件数が余り多いなら、銀行や消費者金融のおまとめローンを契約することで借入件数を少なくできます。

消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外となるので、借入額が多い人でも利用できる可能性があります。

複数の他社借入をまとめて金利もダウンできる

例えば以下の3つのカードローンを、おまとめした場合

他社借入が多いなら総量規制の例外「おまとめローン」

単位:残高、毎月の返済額は万、金利は%

このように毎月の返済額は5,000円減り、金利負担もかなり少なくすることが可能です。

カードローンは、限度額が大きくなればなるほど金利が下がっていく商品です。

そのため、複数の少額カードローンを持つよりも、金額の大きなカードローンを1枚持った方が金利が低くなります。

以下は三井住友銀行カードローンの金利です。

  • 100万円以下:12.0%~14.5%
  • 100万円超200万円以下:10.0%~12.0%
  • 200万円超300万円以下:8.0%~10.0%
  • 300万円超400万円以下:7.0%~8.0%
  • 400万円超500万円以下:6.0%~7.0%
  • 500万円超600万円以下:5.0%~6.0%
  • 600万円超700万円以下:4.5%~5.0%
  • 700万円超800万円以下:4.0%~4.5%

100万円以下のカードローンの最高金利は14.5%です。

このカードローンを複数持って、合計額が150万円となった場合の最高金利は14.5%となりますが、2つのカードローンを合わせて1枚にした場合には、三井住友銀行カードローンでは、最高金利は12.0%となります。

複数の少額カードローンを持つのであれば、1枚のカードローンで高限度額のカードローンを作成した方が利息の負担は軽くなるのです。

審査通る?借り換えカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

関連記事をチェック!

3265view

借金を一つにまとめる方法!複数キャッシングでお困りな方必見

借金を一つにまとめて返済を楽にしたいという人のために、借金をまとめるにはどうすればいいのか、まとめる機関による違いをわかりやすく紐解いていきます。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36歳)...

おすすめの銀行おまとめローン

おまとめの最大のメリットは、金利を低く抑えられると言うことです。

消費者金融にもおまとめ専用の商品が用意されており、それを使えば総量規制以上の額を借入できますが、金利は通常の消費者金融カードローンの18%とほとんど変わりません。

そのため、おまとめを行うときは低金利の銀行カードローンを利用しましょう。

例えば三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら実質年率14.6%なので、消費者金融でまとめるよりもかなり金利を低くできます。

借入本数が多いほど毎月の返済額は大きくなります。

三井住友銀行カードローンで100万円借りた場合の最低返済額は15,000円です。

このローンを2本借りたら借入額200万円で返済総額は30,000円となります。

しかし、三井住友銀行カードローンで200万円を1本だけ作成した場合の最低返済額は毎月25,000円です。

関連記事をチェック!

909view

借金一本化の審査基準とできない理由【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと具体...

審査通る?借り換えカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

じぶん銀行借り換えコース

昨今は、実店舗を構えていないネット銀行の方が金利も低くて便利だと、利用する人が増えています。様々なネット銀行が存在しますがauと三菱UFJ銀行が共同出資した、「じぶん銀行借り換えコース」の金利が低いと話題です。

金利は通常2.2%~17.5%ですが、au限定割を利用すれば1.7%~12.5%と銀行カードローンの中でも低い金利となっています。

カードローンは借りる金額が大きければ、金利が下がりますので、おまとめ金額が大きい人にとっては見逃せない数字なのではないでしょうか。

ただし、auユーザーしか利用できないため注意が必要です。

東京スター銀行のおまとめローン

「1本に借金をまとめた以上は、今後は返済に集中したい」と言うことであれば、東京スター銀行のおまとめローンがおすすめです。

最高融資額は1,000万円、金利は12.5%という内容ですから、全ての借入をひとつにまとめることで月の返済金額を抑えることが可能になります。

またこれは返済専用のおまとめローンですから、通常のカードローンとは異なり、追加融資は受けられません。そのため、返済に集中できる環境が整っています。

消費者金融のおまとめローンは審査が早い

銀行カードローンは金利の低さが魅力ですが、審査結果が出るまでに時間を要するのがネックと言えます。

一刻も早くまとめたい、と言うならば、消費者金融のおまとめローンも選択肢のひとつに入れておきましょう。消費者金融独自の審査スピードですから、早めにまとめたいという人にはピッタリです。

しかし全ての消費者金融でおまとめローンを展開している訳ではありません。まずは大手消費者金融の、おまとめローンの契約内容などがどうなっているのかを見てみましょう。

アコムのおまとめローン

アコムのおまとめローンの商品名は「貸金業法に基づく借換え専用ローン」と言います。その名の通り貸金業法に基づくものですから、総量規制の対象外となります。

またまとめられるのは、貸金業からの借入のみと限定されること、また、アコムが融資するのは借入額の元金のみであること、今後追加融資はないことなど、デメリットと言えるところもありますので、注意しておきましょう。

金利は7.7%~18.0%、貸付上限金額は300万円です。銀行カードローンと比較すると低めの設定ですから、現在既に300万円以上の借入がある人にとっては不向きと言えるでしょう。

ただし審査結果は、アコム無人契約機での申込あれば、その場で回答というスピーディーさはメリットと言えます。

プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンの商品名は「おまとめローン」とそのままシンプルな名称です。金利は6.3%~17.8%、最高融資金額は300万円までです。

アコム同様に、貸付金額は借入の元金のみですので、完済日までの日割り利息は、契約者が負担しなくてはなりません。また今後の追加融資も不可です。

おまとめローン申込みの場合は、インターネット申込は受け付けておらず、最寄りの自動契約機へ申込に出向く必要があります。

その場で審査結果は出ますので、融資が決まったら、プロミスが他社へ振り込みを行います。

アイフルのおまとめローン

アイフルのおまとめローンの商品名は「おまとめMAX」です。金利は3.0%~17.5%、最高融資額は800万円と、アコム・プロミスよりも高めに設定されています。

そのため、他社借入額が300万円以上ある人の申込先は、アイフル一択になると言えるでしょう。

申込はインターネット申込が可能です。忙しくて無人契約機まで行けない人や誰にもバレずに申込を行いたい人にとっては便利なサービスではないでしょうか。

また他消費者金融と大きく異なるのが、銀行での借入やショッピングでのリボ払いもおまとめの対象となることです。

しかし、金利面を考慮すると、まとめることで余計に金利が高くなってしまうことも考えられますから、十分に検討する必要は出てきます。

関連記事をチェック!

1198view

おすすめカードローン会社ランキング!一覧で徹底比較

どこでお金を借りればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか? カードローンの選び方は、審査の難易度や融資までのスピードなど様々です。 このページでは人気のおすすめ借り入れ先を様々な角...

審査通る?借り換えカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

他社カードローンの連続申込で申し込みブラックに注意!

他社カードローンの連続申込で申し込みブラックに注意!
他社借入件数が少ないのに、カードローン審査に通らないということも中にはあります。

借入している金額も総量規制の範囲内で、信用情報にもキズがついていないのにどうして審査に通らないのか不思議だとなるでしょう。

そのような人はもしかしたら短期間の間に複数の借り入れ申し込みをしたことで「申込ブラック」扱いなのかも知れません。

信用情報機関に登録されるデータは、何も他社借入件数や金額、金融事故情報だけではありません。

いつどこにカードローンの申し込みをしたのかという情報も6か月間登録されることになっています。

短期間のうちに複数の借り入れ申し込みをしてしまうと、お金に困っているのではないかと言う疑いを掛けられてしまいます。

カードローン審査には非常に不利ですね。カードローンに申し込んだら審査に落ちてしまった、それなら次へ申し込もう、と考えるのは審査に落ちてしまう原因となります。

申込ブラックを避けるためにも、前回申込から6か月期間を置いておいた方がいいでしょう。

また万が一審査に落ちてしまったのなら、すぐに他社に申込む前にどうして落ちてしまったのか原因を考えなければなりません。

信用情報にキズがついていないのなら、多くの場合年収と借金額の割合が悪い、つまり総量規制枠を使い切ってしまっているということもあるのです。

銀行カードローンは総量規制の対象外だと言っても、既に総量規制枠を使い切ってしまっている状態では審査に通ることは難しいです。やはり問題になるのは返済能力でしょう。

関連記事をチェック!

2218view

カードローンの同時申し込みはNG?複数したら審査通ったけどww

どうも馬太郎です。 どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くない...

Q&A

キャッシングや総量規制に関して、疑問が生じてもなかなか友人や知人に気軽に相談できるものではありません。

しかし大事な契約のことですから「知らなかった」では済まないのです。

そのため事前にある程度知識を入れておき、理解し納得した上で借入を行うのが大人としてのマナーと言えるでしょう。

それでは友達には聞けないキャッシングや総量規制のリアルな疑問はここで解決していきましょう。

Q.総量規制以上の即日融資は受けられる?

結論から言えば不可能です。

即日融資が期待できるのは消費者金融一択なので、そもそも少量規制以上の借入れができません。

総量規制の対象外で融資を受けるのならば、銀行カードローンなどになりますが即日融資には対応しないようになっています。

そのため総量規制以上の即日融資を受ける事は不可です。

Q.総量規制対象外の借入れなら主婦でも可能?

総量規制は年収ありきですので、収入がない主婦では借入することすらできません。

しかし総量規制対象外である銀行カードローンなどであれば主婦も可能です。

ただし全く収入がない専業主婦なのか、パートなどで一定の収入を得ている主婦なのかでも変わってきます。

収入を得ている主婦であれば比較的どこのカードローンでも申込みできますが、専業主婦であれば申込みができるカードローンの数も限られてきます。

「専業主婦でも申込みは可能」と記載している所に申込みをしないと、時間の無駄になってしまいます。

Q.銀行で年収の3分の1以上借りているけど消費者金融でも借り入れ可能?

審査時には信用情報機関へ他社借入状況を確認しますが、銀行が記載している信用情報を消費者金融は見れません。

単純に言うと管轄が異なるのです。

また、銀行からの借入はそもそも総量規制の対象外です。

そのため銀行で年収の3分の1以上借りていたとしても、返済能力に問題がなければ消費者金融で借りられる可能性はあります。

Q.年金受給者でも借り入れ可能?

年金受給者だと申込みはできたとしても、審査にとおる可能性は低いものです。

理由は年齢制限と総量規制です。

多くの消費者金融では申込み条件として、年齢に制限を設けています。

また消費者金融であれば総量規制の対象なので、年金の3分の1以下の借入になります。

年金受給しているがアルバイトもして収入を得ている状態ならば、まだ可能性は広がってきますが収入が年金のみであれば厳しいのが現状です。

Q.債務整理中でも借りられる?

これはもうケースバイケースで、銀行や大手消費者金融では間違いなく断られます。

しかし独自の審査基準をもっている中小消費者金融であれば、他の審査項目をクリアしていれば少額融資を受けられる可能性は出てきます。

ただし「ブラックOK」などのうたい文句を出しているところは闇金融であることも多いので、安易に飛びつかず正規の金融業者なのかを見極める必要は出てきます。

Q.奨学金は他社借り入れに入るの?

奨学金は他社借入件数や金額にはカウントしません。

これも信用情報機関での話になりますが、奨学金を借入したとしても信用情報に記載されることはないからです。

そのため他社借入に数える必要はないのですが、もし奨学金返済に遅れが生じた場合(特に3か月以上の長期延滞)には、信用情報機関にその事実は記載されます。

奨学金であれば借りていても、問題なく返済していれば信用情報にキズがつくことはありません。

Q.信用情報に問題が無いのに審査に落ちる原因は?

信用情報以外に問題があったことが考えられます。

審査対象となるのは、信用情報だけではありません。

年収や職業、雇用形態、他社借入れ状況など総合的に判断されるため、たとえ信用情報に問題がなかったとしても、他の項目に難があれば審査に落ちる原因となります。

まとめ

既に4件から借入をしている人は、属性が良く、毎月の収入の中から返済が可能であると判断できる場合には追加借入れは可能です。

しかし、既存の借入金の返済を新規の借入れで行おうとしていると判断されるような場合には、追加の借入れは厳しいと言わざるを得ません。

既に消費者金融から複数の借入れがある状態で、銀行系のカードローンを追加で借りようとしても審査に通過できる可能性は低いと言えるでしょう。

特に借りているローンの返済金を追加の借入れで調達しようとする場合には、追加借入れは難しいでしょう。

一方、複数の借入れであってもしっかりと収入の中から返済できていると判断される場合には審査に通過できる可能性があります。

何本の借入金があるかよりも、借入金の返済を借入金で行う「金繰り資金」でないかどうかが複数借入れのときの審査で重要視されます。

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

この記事の執筆者

手塚竜馬(仮名)
1982年生まれ33歳
成蹊大学卒業後、地方銀行へ就職。
個人、法人への営業担当として8年勤務し、預金業務、融資業務を行い、住宅ローン、自動車ローン、フリーローン、カードローン、事業性ローンなどを7年行う。
保険業務、投資信託販売業務なども多数取り扱いを行う。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-07-05 08:12:06

    こんにちは。

    借入のすべて、小林です。

    クレジットカードの強制解約は、支払期日から2ヶ月目です。

    現在支払いができない状態だとしても、2ヶ月未満で返済すれば、信用情報に傷がついてしまうことはありません。

    ただしたとえ信用情報に傷がついていないとしても、クレジットカードの支払い遅れが審査の対象になる場合も多いです。

  2. マー君さん|2019-07-04 20:42:25

    はじめまして!お世話になります。自分は、アメックスカードを2ヶ月前に作って利用していますが、先月使い過ぎてしまって、支払いが苦しいので、分割払いできないか相談しましたが、入会後、3ヶ月立たないと、審査もできないらしく、結局分割には、応じてもらえません。とりあえず、今月末の給料でなんとかするつもりですが、信用も、なくしたくないですし、どの程度の遅れならば、信用情報にきずはつかないものですか?また、強制退会させらますか?教えて下さい。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談