消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

 4.8  (5)
+ この記事を評価する
×
 4.8  (5)

この記事を評価する

決定

お金を借りるためには、必ず申し込みと審査が必要になります。

審査に通るかどうかは、その人の信用が非常に重要となり、他社借入は少ないほうが通りやすくなります。

しかし、実際の申し込みをしたときに、他社借入をしているものを「していない」と嘘をつくと、バレてしまうのでしょうか?

今回は、カードローンなどの申し込みのときに、他社借入で嘘をつくと、どのようなことになるのかについて解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ

今回紹介するのは、以下の人におすすめの内容となっています。

  • 他社借り入れ状況が審査に及ぼす影響を知りたい
  • 他社借り入れがあるときに嘘をつくとどうなるか知りたい
  • 申込時の他社借入欄への記入金額が分からない
  • 自分の借り入れ状況の確認方法が知りたい

他社借入状況は審査に影響するのか?

他社借入状況は審査に影響するのか?

他社からの借入があると、審査に影響があります。

年収や勤続年数など審査に大きく影響する条件が良いとしても、他社借入の条件によっては審査落ちをしてしまう危険性があります。

そこで、他社借入があることで、審査にどのような影響が出るのか紹介していきます。

他社借入状況は審査に影響する

他社借入状況は審査に影響しますが、大きく影響する項目が借入金額と借入件数です。

カードローンでの借入金額だけではなく、クレジットカードのキャッシング利用金額などを併せた金額が大き過ぎると、お金を貸しても返ってこないと判断されるため審査落ちします。

また、他社借入金額だけではなく他社からの借入件数が多いかも、審査ではチェックされるため、カードローンやキャッシングを利用している会社が3~4件以上あると、審査落ちしやすくなります。

どちらにしても、他社借入状況が多過ぎる場合には審査に悪影響を与えやすいため注意が必要です。

関連記事をチェック!

11875view

他社借入件数とは?~クレジットカードショッピング枠は入る?~

すでにカードローンを利用している人が他社で新規に借入をする場合、審査で借入件数が影響するのではと考える人も多いでしょう。 他社借入件数に入るものとはなにか、またクレジットカードのショッピング枠...

返済不能となるリスクを回避のため影響する

消費者金融を含む金融機関は、融資をするときに不良債権となるリスクを極力避ける必要があります。

不良債権とは、融資した相手の収入がなくなるなどが原因で、融資したお金を回収できなくなってしまうことを指し、不良債権化すると金融機関は貸したお金を回収できない可能性が高くなります。

したがって、何社からも借りている人は貸し手側のリスクが高くなるため、審査に落とされる可能性も必然的に高くなるのです。

同じ金額を借りている場合でも、1社か複数社かによって、金利や返済額の負担は変わってきます。

具体的な例を挙げると、1社から200万円を金利15%で借りると次のようになります。

  • 毎月の返済額:40,000円
  • うち利息分は24,657円

これを、A社から100万円(金利15%)、B社から50万円(金利17%)、C社から50万円(金利18%)で借りた場合には、以下のような返済額と利息になります。

  • A社:毎月の返済額26,000円、利息12,328円
  • B社:毎月の返済額13,000円、利息6,986円
  • C社:毎月の返済額13,000円、利息7,397円
  • 3社合計:毎月の返済額52,000円、26,711円

1社から200万円を借りるよりも、毎月の返済額で12,000円、利息で2,054円も負担が多くなっているのが分かります。

したがって、返済の負担が大きくなると、返済不能となるリスクも高くなります。

申し込みの時に他社借入の嘘がバレる?

審査時に他社借入状況が大切なことを紹介しましたが、それでは申込時に他社借入について嘘の記述をすると審査に通りやすくなるのでしょうか。

もしも、申込時に嘘の他社借入を記入したことがバレないのであれば、非常に有効な手段のように思えます。 そこで、申し込みのときに他社借入として記入した嘘がバレてしまうのか、詳しく解説します。

他社借入状況で記載した嘘は信用情報確認でバレる

他社借入状況で記載した嘘は信用情報確認でバレる

他社借入状況に嘘の内容を記入しても、残念ながら審査時に即座に嘘をついているとバレてしまいます。

ローンの審査では、個人信用情報というものを使って、金融機関は顧客の氏名や住所、クレジットカードやローンの利用記録などを調べます。

個人信用情報を照会するだけで、簡単に他社からの借入は確かめられますので、嘘が必ずバレてしまうのです。

個人信用情報で確認される項目をもっと知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事をチェック!

1657view

信用情報機関はCRINやFINEで情報共有している

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 審査に落ちるということは自分...


関連記事をチェック!

4434view

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。 しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 それでも何と...

したがって、個人信用情報を見ることで申込者の他社借入が申込内容とは違うということが、すぐに分かってしまうため嘘をつくメリットはないでしょう。

逆に嘘をついてしまったことがバレると、金融機関からの信用を失ってしまうため審査で大きく不利となります。

特に他社借入は審査に重要な項目ですので、嘘を書いたことが審査落ちに直結する可能性もあります。

申込書の他社借入状況には何を書く?

消費者金融の申込書を記入するときには、他社借入状況で嘘を書かないことが重要ですが、具体的にはどのような借金が他社借入に含まれるのでしょうか。

人によっては、銀行カードローンや住宅ローン、奨学金など様々な借金をしているかも知れませんが、これらの借金を全て記入する必要があるか気になります。

そこで、申込時の他社借入状況で間違った情報を記入しないためにも、他社借入状況で何を記入するか確認して行きましょう。

申込時に他社借入状況で記載する内容

カードローンなどで借りる場合は、申込時に「他社からの借入状況」を記載する必要があります。

具体的には、下記のような項目です。

  • 借入件数
  • 借入合計金額
  • 借入先
  • 借入種類

借入先と借入種類(カードローンやフリーローンなど)は申告しないこともありますが、件数と合計金額は申込むときには必要です。

他社からの借入はカードローンの審査で、非常に重要な項目です。

借入金額や借入件数が多いと審査は不利であり、借入件数が〇社以上という事実があると即審査落ちとなるケースもあります。

関連記事をチェック!

2465view

消費者金融の他社借入に銀行カードローンは含むの?

消費者金融カードローンに申し込むときに他社借入額を申告しますが、銀行からの借入れが消費者金融の審査にどのように影響するのかについて、詳しく解説していきます。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄...

他社借入状況に記入するべき借り入れ

他社借入で申告すべき項目を
正しく把握していないと、自分では嘘を吐いたつもりがないのに審査時に虚偽申告と判断されます。

他社借入に記入するもの他社借入に記入しないもの
カードローン住宅ローン
フリーローンクレジットカードショッピング枠
自動車ローン奨学金
教育ローン事業性ローン
クレジットカードキャッシング枠携帯電話や家電の分割払い
ブライダルローン親族や知人からの個人的な借入

申告しなければいけないローンの特徴は、担保が必要のないローン(無担保ローン)です。

消費者金融が取扱っている商品の多くは、担保が必要のない無担保ローンであるため、同じような商品をいくら利用しているか確認されます。

新たなローンの申し込みをする場合は、無担保ローンを申告しておけば虚偽申告と判断されることはありません。

なお、カードローンの中には「消費者金融からの借入を申告」、「カードローンの借入だけを申告」などの指示が書いてあることもありますので、注意書きにしたがってください。

申込書は後から訂正できないので注意しよう

申込書を記入するときには、何度も記入した内容にミスがないか確認を行いましょう。

確認をしなければならない理由は幾つかありますが、大きな理由に申込書の訂正が後からできない点があります。

もしも、記入した内容に間違いがあったと後ほど気づいたとしても、金融機関は申込書の修正を受付けてはくれません。

他社借入をひとつ記入し忘れてしまったとしても、修正できないため虚偽の申込みをしたと思われてしまいます。

申込書に記入した内容と、申込書記入に関する注意書きや備考欄などをしっかりと確認して、間違った情報を記入していないか何度も確認してください。

他社借り入れはいくらまでなら審査に通る?

他社借入の金額が重要になると紹介しましたが、具体的に幾ら以上の借入になると審査に落ちてしまうのか基準が気になるでしょう。 そこで、他社借入の金額と審査の関係性を詳しく解説します。

借入額がいくらまでという基準はない

他社借入の金額と審査の関係性を見る前に、借入金額が幾ら以下であれば確実に審査に通るという基準はありません。

他社借入額が多いか少ないかの判断は、申込者の年収による部分が大きいです。

例えば、年収300万円の人と1000万円の人の場合には、同じ100万円の他社借入があっても、借入金額が大きいと判断されるかは違います。

また、ローン審査は申込者の条件を総合して判断するため、他社借入だけが良くても審査に通らないので明確な基準を示せないのです。

法律で定められた総量規制が影響する

審査に通過するための明確な基準はありませんが、他社借入が原因で審査落ちをしてしまう基準はひとつ明確なものがあります。

それは、総量規制で制限されており、年収に対して貸付けられるのは3分の1までという基準があります。

消費者金融には総量規制により、他社借入金額と含めて年収の3分の1までしか融資ができないという前提があります。

このため、貸金業者(消費者金融など)からの他社借入がどれだけあるのかによって、借りられる金額に影響が出ます。

貸金業者からの借入が年収に対して3分の1を超えてしまう場合には、どれほど申込者の条件が良くても消費者金融からお金は借りられません。

対して、銀行カードローンは総量規制の対象外です。

しかし、最近は銀行の自主規制が強化され、カードローンで融資できる金額を厳しく規制しています。

自主規制は銀行によって内容が異なりますが、総量規制と同じ年収の3分の1までとしている銀行がほとんどです。

したがって、銀行カードローンにおいても、年収の3分の1以上を借入していると、新規でカードローンを契約するのは難しいでしょう。

消費者金融や銀行などの借り入れ額に区別はない

他社借入金額が審査に大きく影響しますが、審査のときにはカードローンからの借入であれば消費者金融や銀行などの区別はされません。

したがって、銀行カードローンの借入金額が大きければ、審査落ちの危険性も高まります。

また、信販会社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用している場合も、借入金額を合計して審査対象となるため、消費者金融や銀行カードローンの金額と併せてシミュレーションしましょう。

なお、先ほど紹介しましたが、クレジットカードのショッピング枠は審査対象にはならないため考慮しなくて大丈夫です。

申告させるのは管理能力と虚偽を確認するため

信用情報を確認すればすぐに分かることを、金融機関がわざわざ申込者に質問するのには訳があります。
それは、以下のふたつの点を確認するためです。

  • 自身の借入状況を正しく把握しているか(=金銭,自己管理ができているか)
  • 虚偽申告をしないか(=貸し付けるに値する、信用できる人か)

カードローンの借入は無担保で行われる「信用取引」ですので、正直でなければ審査に通過できません。

そのため、正確な状況を申告することは非常に重要です。

意図的に嘘をつくことはもちろん、うっかり間違って記入することもないように気を付けましょう。

関連記事をチェック!

779view

消費者金融は税務署に源泉徴収の裏取りしている?

消費者金融に借入を申し込む際に年収を記入しますよね。または収入証明書が必要な際には源泉徴収票や給与明細書などの書類も必要です。記入した年収や提出した収入証明書類に正しい金額が書いてあるのか税務署に確認...

他社借入で嘘をつかずに多く借入をする方法

他社借入で嘘をつかずに多く借入をする方法

借入を一切せずに、一旦カードローンを複数作ってからまとめて借入するという方法があります。

最初に複数枚のカードローンを作ることで、他社借入で嘘をつくことなく、本来よりも多く借りられる可能性があるのです。

限度額50万円のカードローンを全額借入していると、他社借入50万円として審査を受けされます。

カードを作っても借入をしなければ、他社借入は0円なので、審査結果が異なる可能性があるのです。

もちろん、借入は0円でも限度額が50万円なので、本当に他社借入が全くない場合と同じではありませんが、限度額いっぱいまで借入しているときとは当然違います。

この方法で複数のカードローンを作れば、限度額の合計が年収の3分の1を超えることもあります。(なお、当サイトの馬太郎も年収400万円申告で220万円までの枠があります)

後は、すべてのカードローンで限度額いっぱいまで借入すれば、通常よりも多くお金を借入できます。

ただし、総量規制を超えた借入額になると、新規の借り入れができなくなり、返済高になりますので注意をしてください。

タイムラグがなければ同時申込でもOK

基本的に、一度に申し込むのは2社までにしておきましょう。

半年間の申込件数が4件以上だと、申込ブラックと認定され半年間は借入審査否決となります。

各カードローン会社により申込ブラックの基準はことなります。銀行は3~4社、消費者金融は4~5社と言われています

申込確定の送信ボタンを押せば完了する状態を3社同じ状態にして、一気に3社確定ボタンを押します。

この方法なら3社から可決を受けられ、同時借入で一気に年収の3分の1以上借りられる可能性があります。

しかし、カードローン会社は申込時だけではなく、契約後も途上与信として利用者の信用情報を照会していますので、いずれ余分に借入していることはバレる恐れがあります。

この場合、残枠は直ぐにロックされ、これ以上のお金を借りられなくなってしまいますので、このお金の借り方は非常に危険な借り方と言えます。

違法性が高いとは言えませんが、正直な所、おすすめできるお金の借り方ではなく、借り方としてはグレーですね。

関連記事をチェック!

2678view

カードローンの同時申し込みはNG?複数したら審査通ったけどww

どうも馬太郎です。 どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くない...


関連記事をチェック!

4619view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

申告内容で嘘をつくリスク

申告した内容の嘘がバレたら一括請求もありうる!

申し込み時において、嘘の内容で申告すれば、必ずと言っていいほどバレてしまいます。

しかし、稀にですがウソをついたことがバレずに、審査に通過することがあります。

ただし、ウソが通ったとしても、借入中に適宜審査が行われますので、途中の審査でウソがばれてしまう危険性が高いです。

途中の審査でウソがばれた場合は、借りているお金を一括請求されることもありますので気を付けなければいけません。
利用中に適宜審査が行われることを、途上与信といいます。

途上与信でで嘘がバレてしまうと、一括請求を含めてどのようになるのか解説していきます。

再審査が行われ最高限度額ダウン

限度額は他社借入の状況によって決定されるので、契約後に事実と異なっていたことが判明すれば、限度額の再審査が行われます。

その結果、契約時の限度額が引き下げられることもあります。

もし、新しく設定された限度額よりも多く借入している場合、オーバーしている金額の返済をすぐに要求される場合もあります。

また、オーバーしている金額を一括請求されなかったとしても、追加の借入を行えないため、急なお金が必要になったとしても利用できない可能性があります。

新たな借り入れができなくなる強制解約

限度額ダウンだけでは済まず、問答無用でカードローンの契約を打ち切られてしまう場合もあります。

そうなれば、当然カードローンから借入はできなくなってしまいます。

また、カードローンを強制解約されてしまった場合、社内情報に解約の情報が残ってしまうため、再申込しても審査落ちをする危険性が出てしまうのです。

最も厳しい場合には一括請求

最も重い対応は、借入金の即時一括返済を求められるパターンです。

借入金が数万円であれば特に問題はないかも知れませんが、数十万円や最悪の場合数百万円の借入をしていたときには一括で返済するのは非常に困難でしょう。

このように、他社借入の嘘は意味がなく、もし審査に通過してもかえって危険が大きいですからやめておきましょう。

他社借入以外でも嘘は厳禁

他社借入以外でも嘘は厳禁

他社借入以外の項目でも嘘をつくとバレてしまい、他社借入と同様の処置が取られますので気を付けてください。

以下の項目は嘘をつく人が多いですが、審査の段階でバレてしまいます。

  • 年収
  • 勤務先

年収は、銀行や消費者金融とも、50万円を超える借入となる場合には収入証明書の提出が必須となります。

銀行によっては50万円より少額でも必要のないところもあります。

そのため、年収を実際より多く申告しても、書類によってすぐにバレてしまいます。

また、金融機関は他の属性からある程度の年収を推し量るノウハウを持っていますので、ノウハウから大きく離れた金額の年収を申告した場合は、収入証明書が不要な金額の借入でも提出を求められることがあります。

中小企業の場合、10名程度の会社を100名ほどの会社と嘘をつく(盛る)くらいでしたら、意外とバレにくいです。

審査担当者も、直接訪問して確認するワケではありません。

ただし、実際に勤務していない会社を勤務先と申告しても、在籍確認の電話でバレます。
そのため、以前勤務していた会社を書くような虚偽申告はやめましょう。

このふたつに限らず、審査に影響する可能性がある項目に関しては、カードローン会社は確認する方法を知っています。

嘘をついても審査に通りにくくなるだけですから、審査に通りたいのであれば、嘘をつかず正直に答えるのが一番です。

関連記事をチェック!

1749view

内緒で借りれるカードローンで借りる

内緒で借りれるカードローンを紹介します。 レイク ALSAで借りる ネットで完結。最短即日融資が可能 はじめての方向け。電話で3分相談実施中。 (新規の方)全額30日間無利息...

内緒で借りれるカードローンで借りる

信用情報で照会されることは?

金融機関が他社借入状況を確認する方法として、個人信用情報機関から個人信用情報を提供してもらうという方法があります。

この信用情報で照会される情報にはどのような内容があるのでしょうか。 個人信用情報として登録されている情報や内容について見て行きましょう。

契約内容

他社借入状況としてまず契約内容が具体的に記載されています。

カードローンのような何度でも借入ができるローンか、フリーローンのように一度契約をしたら追加借入ができないローンかなど、具体的な契約内容が個人信用情報から判断できます。

また、ローンを申込みした日にちや借入金額、カードローンの場合には借入限度額の金額など契約に関する細かい内容も確認されるのです。

金融事故の記録

個人信用情報には金融事故の情報も記録されています。

金融事故とは、申込者が返済を滞納してしまった情報や、支払いができずに債権回収会社に権利が移った「代位弁済」、返済ができずに借金を減免してもらった「債務整理」を指します。

これらの金融事故の情報はどれも審査時に大きなマイナス評価となってしまうため、個人信用情報に記録が残っている内は審査に通らないでしょう。

支払い状況

毎月の支払いが滞りなく行っているかの状況も、個人信用情報に登録されています。 返済期日に支払いをしていない場合には、未払いの状況が登録され最長2年間情報が残り続けます。

2年の間に滞納の情報が複数ある場合には、返済に困っていると金融機関から返済に困っていると判断されやすいため、気を付けましょう。

割賦販売の状況

カードローンの利用状況の他にも、クレジットカードなどの割賦販売の情報も登録されています。

また、割賦販売の情報にはクレジットカード以外にも、携帯電話の分割払いの情報も含まれるため、携帯電話料金を滞納している人は気を付けましょう。

個人情報

個人信用情報にはローン申込時に記入した個人情報も記録されています。

登録される個人情報とは、申込者の氏名、住所、電話番号の他に、勤務している会社の情報や勤続年数、年収などが記録されています。

もしも、新しくローン申込するときに個人情報の内容が違う場合には、確認のために審査時間が長くなりやすいため気を付けましょう。

使用用途に適した商品を借りよう

消費者金融や銀行には、カードローンやフリーローンなど様々な種類のローンがありますが、基本的には使用用途に適した商品の利用をおすすめします。

例えば、車やリフォーム、ブライダルなど、まとまったお金が借りたい場合には、カードローンを利用するよりも、フリーローンや目的ローンで借りた方が低金利で借入可能です。

しかし、借入金額が10万円以下で1か月以内に返済可能であれば、無利息期間が設定されているカードローンを利用した方が支払額は減らせます。

また、同じカードローンでも消費者金融と銀行では、審査期間や金利など商品の特徴が違うため、自分の使用用途を把握して返済シミュレーションを立ててから借入れしましょう。

他社借入金額、件数の確認方法

他社からの借入を自分で把握できていないなら申し込みの前に、他社からの借入を確認しておくことをおすすめします。

他社借入の確認方法には、ふた通りの方法があります。

  • 利用しているカードローン会社に問い合わせする
  • 自分の個人信用情報の開示を行う

個人信用情報は自分で開示できます。

利用しているカードローンやクレジットカードが複数ある場合や、以前に滞納をしてしまった場合には、個人信用情報の開示をしてもらう方が良いでしょう。

開示方法を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事をチェック!

9271view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

まとめ

他社借入状況に関する嘘はバレてしまう可能性が高いと紹介しましたが、そもそも他社借入が多い状況で追加借入をしても、返済ができる可能性はそこまで高くありません。 他社借入が多くて生活に困っている人は、おまとめローンや債務整理など他の解決方法も検討してください。

 4.8  (5)
+ この記事を評価する
×
 4.8  (5)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談