キャッシュカードの残高不足で口座振替が引き落とせないと信用情報に悪影響?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードの支払や、カードローンの返済に口座振替を利用している人も多いでしょう。

また、電気料金やガス料金などの公共料金の支払いの多くが口座振替が利用されています。

しかし、口座振替日に残高不足で引き落しできないときは、ブラックリストになるといわれています。

ブラックリストは信用情報機関に、金融事故情報が登録されることです。

信用情報がブラックになる支払いと、信用情報には影響がない支払いの2種類が存在しますので、どの支払いにどんな影響があるのかしっかりと理解しておくことが重要です。

金融事故がどのような影響をあたえるか解説していきます。

この記事はこんなひとにおすすめ

この記事は以下のような人におすすめの記事になります。

  • 口座振替の支払いに毎月遅れている人
  • 口座振替の支払い遅れでブラックになるか心配な人
  • 口座振替での支払い遅れを防ぐ方法を知りたい人

口座振替で引き落としができないリスクと対処法について詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

信用情報機関ってなに?どんな内容が記録されるの?

信用情報機関ってなに?どんな内容が記録されるの?

個人の信用情報は、信用情報機関によって管理されています。

そこで、信用情報機関とはどのような機関なのか、具体的にどのような情報が記録されているのか、順番に見ていきましょう。

信用情報機関の役割とは?

信用情報とはクレジットカードや、個人ローンなどの契約者の契約内容や返済、支払状況などの客観的事実をあらわす情報のことです。

このような信用情報は、信用情報機関によって記録・管理されています。

金融機関やクレジットカード会社などは、信用情報機関に記録されている情報を確認し、申し込み者の審査時の判断材料として役立てています。

また、逆に消費者が自分の信用情報がどうなっているのかをしることで、審査に役立てることもできます。

信用情報機関は国内に3つある

信用情報機関は日本に3つ存在します。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

  • JICC(日本信用情報機構)
    主に消費者金融と信販会社や、一部の銀行が会員となっている最も古い信用情報機関です。
  • CIC(シーアイシー)
    主にクレジットカード会社と、信販会社が会員となっている信用情報機関です。
    登録されている情報量が一番多い機関です。
  • 全国銀行個人信用情報センター
    主に銀行が会員になっている信用情報機関です。
    全国銀行協会が運営をしています。
    信用情報機関の中で唯一、自己破産をした時の官報情報を取り扱っています。

それぞれに取り扱っている情報に、多少の違いがあります。

そのため、自分の信用情報を確認する場合は、3社すべてで情報開示手続きをしておくと確実です。

ただし、これら3社の信用情報機関は相互に情報を共有しているので、どこか1社で金融事故などの情報が見つかった場合には、その他の信用情報機関もブラックになっていると考えて間違いありません。

関連記事をチェック!

6479view

CICに加盟していない消費者金融はないの?

「JICCのみに加盟している消費者金融、CICに加盟していない消費者金融が知りたい」 皆さんは過去にJICC加盟の金融機関でトラブルを起こして、こんなことを考えているのではないでしょうか。 確かに...

信用情報機関に登録される内容とは?

信用情報機関に登録されている内容の一部は下記のようなものです。

  • 本人を特定するための情報
    (氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、運転免許証等の記号番号など)
  • 契約内容に関する情報(契約の種類、契約日、貸付日、契約金額など)
  • 返済状況に関する情報(入金日、残高金額、完済日、延滞など)
  • 取引事実に関する情報(債権回収、債務整理、強制解約、破産申立など)

信用情報機関で登録されている情報には、一定の保有期間が定められています。

内容によって6か月程度から5年以上のものまで様々です。

特に、債務整理や強制解約などの情報は、5年程度消えないため注意が必要で、これらの情報が信用情報に記録されている人を一般的にブラックと言います。

関連記事をチェック!

12174view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

口座振替できなかったら信用情報に残る?

口座振替できなかったら信用情報に残る?

カードローンの返済や、クレジットカードなどの支払を口座振替にしていると便利です。

そのため、自動口座振替を利用している人は多いと思います。

しかし、残高不足で引き落しができなかったという経験はないでしょうか。

カードローンなどの返済で引き落しができなかった場合には支払い遅れとなり、信用情報に影響があるのか解説していきます。

残高不足で引き落しできないと「ブラック」になる?

カードローンやクレジットカードの支払に口座振替を利用していると便利な反面、たまたま出費が続いて口座の残高が少なくなっていることに気付かないといった場面もありえます。

気付いたら返済日が過ぎていて引き落としができなかったという場合、信用情報がどうなるのか不安になると思います。

しかし、残高不足で引き落しできなくても、1度でブラック状態になるということはありません。

金融機関によっては、再引き落とし日の連絡があり、その時に引き落としができれば大丈夫です。

ただし、1度でブラック状態にはならないとはいえ、銀行カードローンでは引き落しできなかったということで返済されるまでカードローンの利用を停止するところもあります。

特に銀行カードローンの場合には注意が必要です。

また、クレジットカードやローンの中には支払状況が信用情報に記録されるものがあり、1日支払いが遅れただけでも「遅れた」と記録されてしまいます。

これはブラックではありませんが、この情報が多い人は審査で不利になってしまうので注意が必要です。

関連記事をチェック!

7131view

信用情報機関にクレジットカードやローンの滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

関連記事をチェック!

13488view

再引き落としでも信用情報に傷がつく?

クレジットカードや借り入れ金には、毎月1回約定返済日というものが設定されています。 ほとんどの借り入れ金やクレジットカードでは、約定返済の前には請求がきません。 請求が来るのは約定返済時に入金をせ...

1度の引き落しミスで信用情報に記録される?

口座振替で引き落としできなかったという人は、うっかり支払日を忘れていたという場合も多いのではないでしょうか。

そんなうっかりミスであっても、銀行カードローンの場合は、延滞として信用情報に記録されてしまう場合があります。

また、1日であっても遅延損害金が発生してしまいます。

消費者金融やクレジットカードの支払いの場合は、1度の引き落としミスであれば信用情報に延滞として記録されない場合も多いため、金融機関によっても対応が違っています。

信用情報に延滞として記録されないからといって、延滞をすることは好ましくないため返済日には気を付けましょう。

また前述したように、クレジットカードやローンの中には1日の延滞で「返済に遅れた」という情報が記録されてしまうケースがあり、この情報をクレジットヒストリーと言います。

クレジットカードヒストリーに遅れが記録されることはブラックではありませんが、あまりに遅れが多いとその後に他の審査を受ける時に不利になってしまうので注意しましょう。

逆にクレジットヒストリーには期日を守った情報を記録され、この情報が多い人は審査で有利になります。

関連記事をチェック!

7131view

信用情報機関にクレジットカードやローンの滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

信用情報に必ず記録されてしまうケースは?

カードローンでもクレジットカードでも、信用情報に記録されてしまう可能性が高いのは長期の延滞です。

引き落としができない状態が数か月続くと、高い確率で信用情報に記録されます。

基本的に61日以上の延滞は、信用情報機関に「異動」情報として記録されてしまいます。

異動情報として記録されてしまうと、あらゆる審査に通らない可能性が高くなる「ブラック」な状態となります。

また、その場合はカードもクレジットカードの利用もできなくなり、強制退会などさせられる可能性もありますので、支払いの延滞は絶対にしないように気をつけましょう。

さらに、支払が困難になった場合に行う「債務整理」や、「代位弁済」なども信用情報に「異動」情報として記録されます。

この場合は5年程度記録が残ってしまうため、住宅ローンなどを借りたいと思っている場合は要注意です。

関連記事をチェック!

4196view

消費者金融で借りるとローンが組めない? 【借金もダメ?】

消費者金融を利用すると銀行のローンが利用できないというイメージを持っている人も多いいのではないでしょうか? しかし、消費者金融の利用が必ずしも審査が不利になるというわけではありません。 それは銀行...

関連記事をチェック!

3756view

自己破産した場合の信用情報機関の記録はいつ消えるのか

自己破産を行った場合、一番気になるのが「いつまで信用情報機関に記録が残るのか」という点でしょう。 インターネットでは「5~10年」と幅広く解釈されていますが、幅が広いので今後の見通しがたてにくいです...

口座振替で失敗しないようにするには?

口座振替での引き落としに間に合わない、などという失敗をしないためには次のような点に気をつけましょう。

引き落とし日の当日に入金するのはやめる

口座に入金するのを引き落とし日当日にする人がいますが、金融機関によっては入金確認を1度しかしないところもあります。

その場合は、タイミングが合わずに引き落としできないということになりかねませんので、余裕を持って前日までには入金をしておきましょう。

給与などの振込口座を指定する

つねに残高が少ない口座を口座振替で利用していると、引き落としのたびに入金をする手間がかかります。

引き落とし日を忘れていてもなんとかなるように、給与の振込口座から引き落としされるようにしておくことをおすすめします。

引き落とし日を忘れないようにアラートなどの設定をする

毎日忙しくしていると、引き落とし日を忘れてしまうということもあるでしょう。

そのため、スマホなどのリマインダーやカレンダーに登録するなど、忘れていてもアラームが鳴るなどの設定をしておくことをおすすめします。

関連記事をチェック!

10646view

CICの異動や金融事故はブラックリストからいつ消えるの?

信用情報機関CICは、クレジットカードや各種ローンの情報を保有している機関であり、CICに異動情報があるとクレカが作れない、自動車ローンが組めないなどと言われています。 CICの異動情報は、ローン関...

引き落としに間に合わないと分かったら?

引き落としに間に合わないと分かったら?

カードローンなどを借りていて、うっかり引き落とし日を忘れていた、また引き落としにお金を用意できなかったということもあるでしょう。

そのことが分かった場合に、できることは何か順番に見ていきましょう。

すぐに金融機関に連絡の電話をいれる

引き落としに間に合わないと判明した段階で、すぐに金融機関に電話連絡をしましょう。

連絡をするのとしないのとでは金融機関の対応も違ってきます。

どうすればいいのか指示をもらえたり、返済を待ってもらうなど柔軟な対応をしてもらえる場合もあります。

必ず返済するという意思も伝わるため、できるだけすみやかに電話連絡をしておきましよう。

金融機関はお金がない人に対して「無理してでも絶対に返済せよ」とは言いません。

理由があるのであれば待ってくれますし、代位弁済などの信用情報がブラックになる手続きを進めずに弁済を待ってくれることもあります。

また、「〇〇日には返済する」と、具体的な期日を約束してしまえば、その日まで督促が行われることもありません。

また、ただでさえ返済が遅れている状態であるため、お金の用意ができたらすみやかに口座に入金するなどの処理を行いましょう。

お金がなくて支払いできない!クレジットカードや電話の滞納は高リスク

信用情報に記録されているかを確認する

カードローンなどの返済が口座引き落としで処理できない場合、信用情報に記録が残る可能性があります。

もし、住宅ローンを借りたい、自動車ローンを組みたいなどの予定がある場合は、信用情報に記録が残っていないか信用情報機関に情報開示手続きをとることをおすすめします。

情報開示手続きには手数料がかかります。

3つの信用情報機関でそれぞれ処理方法が若干違っているため、よく確認をしてから手続きをしましょう。

信用情報機関開示申込手続き方法
CIC
(Credit Information Center)
パソコン、スマホ、郵送、窓口で手続き可能
日本信用情報機構
(JICC)
スマホ、郵送、窓口にて手続き可能
全国銀行個人信用情報センター郵送申込みのみ手続き可能

関連記事をチェック!

19379view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べてみましょう。 今回は信用情報を取扱っているCIC,JICC,KSCでの、信用情報を調べる方法を説明します。 この記事はこんな人にお...

引き落とし口座に残高はないがお金がある場合は?

お金があるのに入金を忘れてしまい、口座引き落としができないということも珍しいことではありません。

このような場合にはすぐに対応することで延滞や信用情報に傷がつくことを回避できる場合もあります。

再引き落としの有無を確認

まずはカード会社やローン会社へ連絡を取り、再引き落としがあるかどうかを確認しましょう。

金融機関によっては再引き落としを行うことがあるので、すぐに入金すれば長期の延滞を防ぐことができます。

また金融機関の中には24時間引き落としを行なっている場合もありますので、ATMなどからすぐに手元のお金を入金すれば延滞そのものを回避することができます。

再引き落としがない場合にはいくら手元のお金を口座に入れても支払いが行われることはないので、まずは再引き落としの有無を確認するようにしましょう。

再引き落としが無いなら銀行振込をする

カード会社などに再引き落としの有無を確認して、再引き落としが無いのであれば、銀行振込で、できるだけ早く支払いしましょう。

カード会社へ「口座への入金を忘れて支払いができなかった」と伝えれば、支払用の銀行口座番号を教えてくれるので、できるだけ早くお金を支払うようにして下さい。

また、給料振込口座などに支払口座を変更したい場合には、その旨を伝えれば口座振替依頼書を送ってくれるので、支払口座を変更することも可能です。

後日支払い用紙が送られるのを待つ

口座振替によって支払いができないと、クレジットカードの利用料金の請求書を送ってくるカード会社も存在します。

カード会社によって対応は異なるものの、請求書とともに支払用紙が送られてくることがあります。

この支払用紙でコンビニや銀行窓口で利用料金も支払うことも可能です。

ただし、この方法は銀行振込などと比較して、支払いが完了するまでに最も時間がかかってしまう支払方法ですので、手元にお金があるのであれば、自分からすぐに電話をかけて、銀行振込などに支払ってしまった方が信用を失うことはないでしょう。

まったく返済するお金がない場合

手元にお金がない場合にはどうすべきでしょうか?

お金がない時こそ、カード会社などに相談しなければなりません。

自分から連絡しないと、カード会社にとっては悪質な延滞者になってしまうので、取り返しのつかない事態になってしまう可能性があるためです。

何があってもカード会社に電話

お金がなくて支払うことができないばあいには、できれば支払日になる前にカード会社などに連絡を入れましょう。

支払うことができない理由と、いつ支払うことができるのかということをら伝えれば、カード会社はその日まで支払いを待ってくれることかほとんどです。

連絡を入れないと、信用情報がブラックになる手続きへと進んでしまう可能性が高くなりますので、お金がない場合こそ、早めにカード会社などにその旨を伝えるようにして下さい。

リスケジュールの相談

会社をリストラされたなどの理由で長期的に返済が難しい場合には、毎月発生する利息のみ支払っていくなどのリスケジュールの対応をとってくれることもあります。

現在の収入の状況や、今後の収入改善の見込みなどをしっかりと伝え、それを理解してもらえれば、リスケジュールに応じてもらうことができる場合もあります。

お金がなくて支払うことができない時こそ、カード会社などの債権者とは連絡を取りたくないという気持ちになりますが、「債権者は自分の返済を支援してくれる味方」という意識を持ち、積極的に相談してみましょう。

どうしてもめどが立たない場合は債務整理を考える

リスケジュールを行なっても返済していくことが難しい場合や、あまりにも高額な借金を抱えてしまっているような場合には債務整理を検討し、借金の減額や返済条件の緩和を行いましょう。

債務整理に、任意整理や個人再生、自己破産などの手続きがあり、いずれの手続きも交渉能力や法律の知識が必要になります。

債務整理を検討する場合には法律のプロである弁護士にまずは相談するとよいでしょう。

法律相談会や法テラスを活用すれば相談料はかかりませんし、手元にお金がなくても着手金無料で手続きを始めることもできます。

また、過払金も調査してくれますので、お金が戻ってくることもあります。

支払遅延を起こさないために

このように、クレジットカードやローンの返済に遅れてしまうと、信用情報がブラックになってしまい、取り返しのつかない事態になってしまう可能性があります。

支払遅延を起こさないためには、以下の点に注意して日々支払いの管理をしていくようにしましょう。

お金を借りている事実を忘れない!

まずは、日頃からお金を借りているという認識を持つことが大切です。

クレジットカードも買い物代金をカード会社に立て替えてもらっているのですから借金と同じです。

借りたお金は返済するのが当然です。

例え数千円程度のクレジットカードの利用でも「自分は借金をしているんだ」という認識を強く持つようにしましょう。

この認識が強くなれば支払日に入金を忘れてしまうようなことは防ぐことができます。

支払日と支払額を忘れない様にする

「いつが支払日なのか」「いくらの支払いなのか」ということを忘れないようにしておきましょう。

スマホのリマインダー機能を利用したり、家族に伝えておくことによって、支払額や支払日を忘れないようにすることは可能です。

「使いすぎたから」と請求書を開けるのを避ける傾向にある人も多いですか、どうせ支払わなければならないものですので、支払日と支払額は早めに確認し、忘れないようにしておきましょう。

収入を増やして口座残高に余裕を持たせる

「毎月カードの支払額がギリギリ」という人は、副業などによって収入を増やして余裕を持たせることも検討しましょう。

クラウドソーシングなどを活用するば毎月1〜2万円の収入を増やすことはそれほど難しいことではありません。

退社後や休日などに何かできることはないかを探し、できることから収入を増やしていくことで、カードの利用代金を稼ぐことは可能です。

カードローンの自動融資を利用する

クレジットカードなどの振替口座を、カードローンの支払い口座として設定してしまえば、カードローンの自動融資機能を利用することができます。

自動融資とは、カードローンの返済用口座にクレジットカードや公共料金の引き落としがかかった時に、口座残高が不足していると、不足分を自動的にカードローンからの融資で、引き落としを成立させてくれる方法です。

例えば口座残高が3,000円の時に10,000円のクレジットカード利用代金の引き落としがかかれば、差額分の7,000円を自動的にカードローンから融資を行い、引き落としを行なってくれます。

この方法であれは残高がなくてもカードの支払いに遅れることはありません。

ただし、カードローンの利息が発生してしまいますし、カードローンにも返済が必要になるので、根本的な解決とは言えません。

万が一入金を忘れてしまった時の保険的に考えて、自動融資に頼るのはやめた方がよいでしょう。

残高不足を防ぐ3つの方法

「残高不足で引き落としや振込ができない!」と慌てることがないように、次の3つの方法を実践してみて下さい。

  • インターネットバンキングを利用する
  • 家計簿スマホアプリで口座を管理する
  • 引き落とし口座を1つか2つに絞る

インターネットバンキングを利用する

インターネットバンキングを利用している人も多いと思いますが、パソコンだけでなくスマートフォンでも口座残高や入出金明細が見られるように設定していますか?

スマホでいつでも残高や入出金明細が確認できるなら、引き落とし日や振込の前に「今、口座にどれくらいのお金が入っているかな?」と気軽にチェックすることができます。

また、引き落とし日の後に口座を確認して、クレジットカードの引き落としや公共料金の引き落としがスムーズにできたのかチェックすることもできるでしょう。

家計簿スマホアプリで口座を管理する

複数の口座を引き落としや振込に利用しているときは、1つ1つの口座残高をインターネットバンキングで確認しなくてはなりません。

しかしながら、家計簿アプリを利用すると、引き落としに利用する口座をすべてまとめて管理することができますので、1つ1つの口座をチェックする手間が省けます。

口座が多すぎて資産やお金の流れを把握しづらくなっている人は、家計簿アプリを導入してみるのはいかがでしょうか。

次の記事もぜひご覧になって下さい。

引き落とし口座を1つか2つに絞る

公共料金や携帯料金、クレジットカード会社の請求など、毎月引き落としによって支払うものはたくさんあります。

すべての引き落としを1つの口座あるいは2つの口座にまとめておくなら、口座残高不足で引き落としができないという事態は防ぎやすいのですが、引き落とし毎に別の口座に設定しているなら、どの口座にどの程度のお金を入金すれば良いのか把握することが難しくなってしまいます。

引き落とし口座はなるべく1つだけに指定すること、できれば給料振込口座のように毎月定期的に入金される口座に指定するようにしてください。

資金管理が楽になること間違いないでしょう。

まとめ

カードローンやクレジットカードなどの支払に口座振替を利用すると、返済の手間がかからないというメリットがあります。

しかしその一方で、残高不足で引き落としできない場合は信用情報に記録が残ってしまう可能性もあります。

なお、信用情報に支払状況が記録されるのは、借入金やクレジットカードは信販会社のクレジットなどの、お金を借りたり、モノを分割購入した場合だけです。

電気料金やガス料金や水道料金や税金などの公共料金は支払いに遅れても信用情報には記録されませんので、支払いに多少遅れても大きな問題にはなりません。

クレジットカードやローンの支払いで口座振替を利用する場合は残高不足には特に注意をして、返済日などを忘れないような対策をとることをおすすめします。

関連記事をチェック!

6945view

消費者金融に返済が1日遅れただけで信用情報にブラック登録される?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 信用情報は個人の信用に関わる情報 カードローンなどの借入やクレジットカードの契約、携帯端末代金...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アコム
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    プロミスレディース

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談