CICに加盟していない消費者金融はないの?

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

CICといえばカードローンなどの審査で重要な信用情報を取り扱う会社ですが、全ての金融会社がCICに所属しているというわけではありません。

今回はどんな会社がCICに所属していなくて、CICを避けてお金を借りる方法はないのかということを見ていきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は以下のような人におすすめです。

  • CICの信用情報に不安がある人
  • 信用情報機関の違いが知りたい人
  • CICに問題があるけどお金を借りたい人

CICと審査の関係について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

CICに加盟しているのはどんな会社?

そもそもどのような会社がCICに加盟しているのでしょうか。

CICは国に指定された信用情報機関で、同様に国に指定された機関としてはJICCがあります。

貸金業者は法律によってこの指定信用情報機関に与信の情報を登録して、審査の際に信用情報を照会して、返済能力を確認する必要があります。

つまり、貸金業をしているのであれば、CICかJICCの片方または両方に加盟していなければならないのです。

ただし、銀行だけは銀行法という法律で運営されていて、お金を貸していても貸金業としては扱われないため、この限りではありません。

さて、CICとJICCは同じように指定信用情報機関としての認定を受けていますが、違いがないわけではありません。

主な違いとして、CICは割賦販売法という法律に基づく信用情報機関も指定されています。

割賦販売法はクレジットの取引に関する法律ですから、クレジットカード会社はCICに所属しなければなりません。

これにより、CICはクレジットカードや携帯電話などの会社が登録している一方、JICCは消費者金融などの会社が登録していることが多いです。

ただ、最近では消費者金融であっても、審査のときにクレジットカードの状態を参照したりするなどのためにCICに加盟していることがよくあります。

とはいえ大手以外の消費者金融はCICには所属していないことが多いようです。

CICやJICCに加盟している会社はそれぞれのホームページに掲載されていて、会社名さえわかればその会社がどこに属しているかを簡単に調べることができます。

自分の気になる会社があれば調べてみるといいかもしれません。

信用情報機関の交流

信用情報機関は主にCICとJICC、それに銀行が所属するKSCの三つですが、これらの機関はお互いに一部の情報を共有しています。

その一つがFINEとよばれるものです。

FINE

FINEはCICとJICCが貸金業法に基づいて行っている情報共有です。

これは貸し過ぎや多重債務を防ぐ目的で行われているもので、CICに照会したときにJICCの情報も見ることができるというものです。

もちろん逆も同じで、JICCからもCICの情報を見ることができます。

これによって共有される情報は、ローンの申込み状況や借りている額、支払いの遅れなどの信用情報となっています。

債務整理などの情報は共有されないものの、それ以外は筒抜けとなってしまうため、CICに加盟していなくてもCICに審査に不利になる情報があればバレてしまします。

つまりCICにしか加盟していないクレジットカード会社に申込を行なっても、FINEによってJICCの情報もチェックされてしまいますし、逆もまた然りです。

また、債務整理をした場合も支払状況などが不自然になってしまうことが多く、そこから債務整理をしたことを推測されるということもあるようです。

ほかにも、KSCはFINEには属していませんが、CRINという情報交流ネットワークでCICやJICCと情報共有しています。

こちらは長期間に渡る支払いの遅れなどの異動情報や契約の内容のみの共有ですが、逆に言えば大きな支払いの遅れは全ての金融機関に伝わってしまいます。

この情報機関に所属していないから事故情報は伝わっていないだろうという認識は甘く、基本的に不利な情報はどの信用情報機関に加盟していても審査では伝わってしまう仕組みになっているため、注意するようにしましょう。

信用情報の開示

もし自分の信用情報を確認したことがないのであれば、一度見てみるのもいいかもしれません。

信用情報は各機関で開示してもらうことができ、郵送やインターネット、スマホなどから開示請求をすることができます。

審査で重要になってくるのは異動情報と最近の借入れ状況です。

異動情報とは、三ヶ月以上の未払いや破産手続きなどがあったことを示す情報で、その状況が解消してから5年間は残り続けます。

異動情報がある人は、いわゆるブラックという扱いになり、クレジットカードやローンの審査に通過することはまず不可能になります。

また、最近の借入状況とは、いまどのくらいお金を借りているかや、それがきちんと期限通りに返済できているかどうかということです。

異動情報がのこっていたり、他社から何件も借りていたり、返済に遅れが見られたりといった場合は新たにお金を借りることが厳しくなります。

伝達ミスや法律の改正による手違いで過去の異動情報が残り続けていたりすることもあるので、おかしいと思ったら信用情報を開示して確かめるようにしましょう。

なお、CICの登録を開示するためにはクレジットカードとスマホさえあればすぐに行うことができます。

本人開示の手続きを行い、1,000円(税別)の手数料を支払うことで、スマホやパソコンの画面上で確認することができますよ。

簡単ですので、まずは自分に異動情報がないかどうかなど、確認を行なってみてはいかがでしょうか?

関連記事をチェック!

13477view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

関連記事をチェック!

6644view

【馬太郎が】CICの信用情報開示申請~報告書の見方も徹底解説~

信用情報ってよく聞く言葉ですが、実際どんなものでしょうか? 今回は私(馬三郎)と馬太郎のCICの信用情報を開示し、情報の意味など画像つきで見方を説明します。 CICにスマートフォンで開示申請してみ...

もしブラックでも借りたいときは

信用情報が原因でお金が借りにくくなっているような状態をいわゆるブラックと言いますが、ブラックの状態になったらそれが解消されるまでお金を借りることは厳しいのでしょうか。

確かに、大手でどうしても借りたいという場合は厳しいかもしれませんが、それでも実は借りられないというわけではありません。

中小の消費者金融で借りれば、ブラックであっても借りられることがあります。

通常、カードローンなどの貸付は信用をもとに行っているため、ブラックではすぐに審査に落ちてしまいます。

しかし、中小の消費者金融は顧客を増やして利益を上げるために、ブラックになった人であっても、独自の基準で審査をしてお金を貸してくれます。

もしも「お金をすぐに借りたい」と考えた時、どこへ申込に行くでしょうか?

普通は、安心できる銀行や大手の消費者金融へ申込をするのではないでしょうか?

このため、中小の消費者金融へ申込に来る人の多くが大手消費者金融の審査に落ちた人で、その多くが信用情報に何かしらの問題を抱えています。

中小の消費者金融は銀行や大手消費者金融のように、ブラックというだけで審査に落としてしまったら融資を行う顧客がいなくなってしまいます。

このため、ブラックでも独自の審査基準に通過することができれば審査に通過できることがあるのです。

独自の基準というのは多くの書類や借りる人の印象をみて、信用情報だけにとらわれない審査をしてくれるということです。

信用情報というのは過去の情報で、今その人が返済に問題がないと判断できる人であったとしても、過去の情報が原因で大手消費者金融などでは審査に落とされてしまいますが、中小消費者金融の独自審査では、過去にブラックの情報があっても「今」返済できると判断できる人であれば審査に通過することができる場合もあるのです。

手続きに必要な時間や書類の量が多くなってしまうという欠点はありますが、なかなか借りられない人にとっては強い味方でもあります。

ただ、大手以上に書類の内容や借りる人の対応をよく見ているので、審査に通るにはできるだけ誠実に対応した方がいいでしょう。

関連記事をチェック!

1723view

大手以外の消費者金融カードローンで借りる【怪しくない金融業者】

消費者金融は、出来るだけ大手と契約をした方が安心できますが、細やかな対応は大手じゃない消費者金融の方がいいといわれています。 今回は、大手じゃない消費者金融でおすすめの所を紹介します。 どうし...

関連記事をチェック!

52775view

ブラックでも借りれる消費者金融ランキング【誰でもOK?】

「ブラックの自分でも借してくれる消費者金融はどこかにないかな」そんな風にお困りの皆さん、ようこそ。 「中小消費者金融が借りやすいらしいけど、数が多すぎてどこ借りればいいのかよくわからない…」そんな悩...

闇金には注意する

一つだけ気をつけておきたいのが、闇金や犯罪行為には手を出さないように注意しなければならないということです。

闇金は確かにブラックの人にもお金を貸してくれるかもしれませんが、異常に高い金利や強引な取り立てで借金が膨らみ続けて精神的に追い詰められてしまいます。

連絡先が携帯電話になっていたり、利息が異常に高かったり、貸金業者として登録されていなかったりといった業者は全て違法な闇金なので、そういったところからはお金を借りないようにしましょう。

また、中には嘘の貸金業者登録番号までホームページなどに記載して、正規の業者であることを偽装している闇金も存在します。

このような業者からお金を借りてしまっても闇金は闇金ですので、やはりお金を借りてしまったら大変です。

このような業者に騙されないために、不安な場合には、必ず業者とコンタクトを取る前に金融庁へ登録貸金業者かどうかの確認を行いましょう。

なお、金融庁ホームページには「登録貸金業者検索サービス」というサービスがあり、ここでは業者の登録番号、名称、本店所在地などを照会することができます。

ここでヒットしない業者は確実に闇金ですので、絶対に取引を行なってはいけません。

関連記事をチェック!

22229view

ソフト闇金を実際に体験してみた結果ww

今密かに話題になっている、ソフトヤミ金という言葉は耳にしたことがありますか? 「ソフト」という名前ですが、法律で決められた金利以上での貸付けを行っています。 今、密かに利用者が増えつつある、ソフト...

関連記事をチェック!

9673view

100パーセント!絶対確実に借りれる消費者金融はある?

消費者金融からお金を借りようと思ってネット検索すると、「100パーセント借りれる」や「絶対借りれる」といった内容をよく目にします。 でも誰でも必ず借りれる消費者金融なんてありません。 そんな危ない...

Q&A

CICについてよくある質問をご紹介します。

JAの組合ならCICを通さずにすむ?

JAはCICに加盟しています。

そのため、CICに記録されている情報はJAの審査で丸わかりになってしまうので、CICを通さずに審査を受けるということはできません。

関連記事をチェック!

1372view

農協(JA)が利用している信用情報機関は?審査基準は厳しい?

現在、国内に農協(JA)は719行あり、組合員数は25万人以上いると言われています。農協についても、銀行、信用金庫と同様に、無担保、有担保のローンを扱っています。 農協が扱っているローンはどのような...

クレジットカード会社でCICに加入していない会社は違法?

クレジットカード会社は割賦販売法という法律によって業務が規定されています。

そして割賦販売法では、信用情報機関に登録しなければなりません。

このため、クレジットカード会社は必ずCICかJICCのどちらかの指定信用情報機関に登録しなければ違法となりますので、全てのクレジットカード会社がCICに加盟しています。

また、銀行カードローンでもジャックスやセゾンなどの信販会社が保証を行なっていることがありますが、これらの信販会社は割賦販売法に則り、CICに加盟しているので、CICに加盟していない銀行カードローンに申込を行なったとしても、直接CICに信用情報が照会されてしまいます。

なんで信用情報機関が複数あるの?

それぞれ背景や法律が異なるためです。

前述したように、銀行は銀行法と言う法律に則って業務を行なっており、銀行同士が取引情報を共有するKSC(全国銀行個人信用情報センター)という信用情報に情報を登録しています。

また消費者金融などは貸金業法という法律に則って業務を行なっており、株式会社日本信用情報機構JICCに信用情報を登録しています。

また、クレジットカード業務などを行う信販会社は割賦販売法に基づいて業務を行いCICに利用履歴や取引情報を記録しています。

それぞれ成り立ちが違うので、信用情報の管理は別々ですが、先ほど述べたように、それぞれの情報は相互共有しているので、どのローンやカードに申込をしたとしても、ブラックリストなどはわかってしまうと言う仕組みになっています。

関連記事をチェック!

21822view

CIC、JICC、全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 信用情報機関に登録されている情報は個人で照会できる 日本で「信用情報機関」というと、CICとJI...

消費者金融がだめでも銀行から借りられる?

可能性はゼロではありませんが、実際には厳しいと考えた方がよいでしょう。

そもそも銀行の方が審査が厳しいので、消費者金融の審査に落ちた信用力の低い人が銀行ローンに契約申込をしたとしても審査通過は厳しいでしょう。

銀行の審査でも絶対に信用情報の確認は行われるのです。

契約者の情報は本人確認書類に記載の住所、氏名、生年月日、電話番号などから照会を行う旨が、銀行との契約の書類で確認されています。

このため、銀行でも必ず信用情報の照会を行いますし、全国個人信用情報センターだけでなく、保証会社が加盟するCICやJICCにも信用情報が照会されます。

つまり、消費者金融で信用情報に問題があることが原因で審査に落ちた人は、やはり銀行の審査でも信用情報に問題があり落ちてしまいます。

また保証会社が存在しないプロパー住宅ローンでも、消費者金融の審査落ちの情報はバレてしまいます。

例えば、新生銀行の住宅ローンは保証会社がつきませんが、新生銀行自体がKSCとJICCに加盟しており、FINEによってCICの情報も照会されてしまうので、消費者金融の審査に信用情報が問題で落ちた人が銀行の審査に通過することはどのようなローンでもほぼ不可能なのです。

CICの金融事故の情報はいつ消えるの?

情報によって異なりますが、主な登録期間は以下のようになります。

申込情報
  • 本人を識別するための情報
  • 申込に関する情報
照会日より6ヶ月間
クレジット情報
  • 本人を識別するための情報
  • 契約内容に関する情報
  • 支払いに関する情報
  • 割賦販売法対象商品の支払いに関する情報
  • 貸金業法対象商品の支払いに関する情報
契約終了後から5年
利用履歴
  • 本人を識別するための情報
  • 利用した事実に関する情報
利用日から6ヶ月間

延滞を起こしたり、金融事故を起こした情報は、クレジット情報に該当しますので、契約終了後5年間記録されます。

ネガティブな内容ほど早く消えて欲しいものですが、金融事故などの異動情報は完済から5年間は消えません。

したがって、例えば長期延滞を起こして金融事故になったローンが完済まで3年かかった場合には、その情報は5年間CICに保管されるので、トータルで8年間はブラックのままということになります。

一般的に金融事故の情報は「5年間は消えない」と考えられています。

しかし、実際には「契約終了後5年間」ですので、完済までの時間がかかればかかるほどブラックでいる期間は長くなってしまうことに注意しましょう。

関連記事をチェック!

5550view

CICの異動や金融事故はブラックリストからいつ消えるの?

信用情報機関CICは、クレジットカードや各種ローンの情報を保有している機関であり、CICに異動情報があるとクレカが作れない、自動車ローンが組めないなどと言われています。 CICの異動情報は、ローン関...

まとめ

CICに加盟しているのはクレジットカード会社などの信販会社です。

クレジットカード会社の中でCICに加盟していない会社はありません。

また、信用情報機関は相互に信用情報を交換しているので、消費者金融の審査でも銀行の審査でも基本的にはCICの情報は丸裸になると考えて問題ないでしょう。

一度ブラックになってしまうと、ほとんどの金融機関から借入が難しくなってしまいますので、どのような情報がブラックになるのかをしっかりと確認しておき、もしも心配であれば、自分の信用情報を一度確認してみるようにしましょう。

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談