ローンが通らない理由を調べるには信用情報開示が一番

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

ローンに申し込んで審査に落ちても落ちた理由を教えてくれることはありません。

ローンが通らない理由を知りたいと懇願しても審査基準はブラックボックスとなっているため教えてくれることはないのです。

しかしブラックボックスになっている審査基準もある程度推測することは可能です。

ローンの審査基準は確かに金融機関や商品によって異なりますが、基本的にチェックするポイントに大きな変わりはないためです。

何も基準を知らずにローンに申し込んで審査落ちになってがっかりするよりも、審査に不安がある人は事前に審査基準を理解し、審査に通過するためにはどうすれば良いのかご説明します。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は以下のような人におすすめの記事になります。

  • カードローンの審査に落ちた理由を知りたい人
  • 審査に落ちないためにはどうすればいいか知りたい人
  • 信用情報に不安がある

ローン審査のポイントや信用情報の開示方法について詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

ローンが組めない理由

ローンが組めない理由

ローンの審査には、半分以上の人が落ちているというのが現実です。

審査に落ちるには原因があり、それは、そのローンの審査基準を満たすことができないことに原因があります。

ローンの審査基準は会社によって微妙に異なりますが、審査内容は大きく変わりありません。

審査で必ずチェックするのが信用情報です。

審査に通過することができない人の大部分は信用情報に問題がある人で、その中でも金融事故情報が記録されてい人はかなりの確率で審査に通過することはできません。

金融事故情報とは、どのような情報なのでしょうか?

関連記事をチェック!

5354view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

過去に金融事故を起こしていないか?

金融事故情報とは信用情報に以下のようなお金のトラブルが記録されている人です。

  • 債務整理
  • 長期間(61日または3ヶ月超)の延滞
  • カードローンやクレジットカード契約の強制解約
  • 保証会社による代位弁済

これらの情報は、過去に借りたお金を踏み倒したか、長期間延滞した人ですので、信用情報は注意喚起のために一定期間これらの信用情報を保管しているのです。

ポイントとしては、一度金融事故を起こすと、その情報を信用会社は5〜10年間保管するという点です。

この間は、いわゆるブラックという状態ですので、キャッシング枠はおろか、クレジットカードのショッピング枠の審査にも通過することができなくなります。

ローンの審査に通らない時には、まず自分の信用情報に「金融事故情報がないか」ということを疑った方がよいでしょう。

ブラックの場合には、まず何をしても審査に通過することは難しいでしょう。


関連記事をチェック!

6173view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

ブラックでなくてもローン通らない

ブラックでなくてもローン通らない

信用情報ブラックの場合にはほぼ確実に審査に通過することができません。

しかし、反対に、信用情報から何も情報を得ることができない人は、クレジットカードや他社借入の返済履歴すら情報がないことになるので、審査材料が何もないことになってしまいます。

このような人を「スーパーホワイト」と言いますが、スーパーホワイトの人も審査に通過することはかなり難しいと考えられます。

審査不利なスーパーホワイト

カード審査を行う時には、信用情報から「この人は貸したお金を返済することができる人かどうか」ということを審査し、申込者の信用力をチェックします。

この審査はカード審査だけでなく、消費者金融、メガバンク、ネット銀行、地方銀行など、ありとあらゆる審査で行われる審査です。

ここでは、金融事故情報の有無の他、ローンやクレジットカードの申し込み情報、利用状況、支払状況など、あらゆる情報をチェックして、信用力を審査しますが、ここで何も情報がないスーパーホワイトの人は、単に「金融事故情報がない」ということ以外に、審査材料がありません。

もしかしたら、お金の返済にルーズな人かもしれないので、安全のために審査に落とされてしまう可能性があるのです。

ローンの申し込みをする前には、少額でもよいので、クレジットカードを契約しておき、返済実績を作ってから申し込みをした方がよいでしょう。

何も過去の支払いでトラブルがないのに審査に落ちてしまう人は、信用情報がスーパーホワイトになっている可能性がありますよ。

関連記事をチェック!

588view

スーパーホワイトだとカードローンは作れない?

今までクレジットやカードローンも利用せず、借金などを全くしたことがない人(現金主義で生活)をスーパーホワイトと言います。 しかし、申込みをした会社によって審査基準は違うので一概には言えませんが、カー...


関連記事をチェック!

3696view

CIC問題なしなのに…なぜ審査に通らない?

CICの信用情報には全く問題なしなのにカードローンやクレジットカードの審査に通らない人がたまにいます。 信用情報に問題があって審査に通らないなら納得できるのですが、問題なしでも審査に落ちてしま...

申し込み属性が良くない

銀行の審査を行うのは保証会社です。

保証会社は、信用情報だけでなく、勤務先、年収、勤続年数など、申込者のあらゆる情報をチェックしています。

住宅ローンなどの団信加入が必要なローンでは、健康状態まで審査に影響します。

金融機関側の審査基準によって異なるものの、信用情報に問題がなくても、このような申し込み属性が悪いことによって審査落ちになってしまうケースも少なくありません。

安定した収入が求められる

借りたお金は返済していかなければなりません。

保証会社の仮審査や事前審査では、信用情報から申込者のお金の支払いに対する性格をチェックし、収入面で具体的に返済の負担に耐えることができるのかどうかということをチェックしています。

そのための具体的な指標が返済負担率です。

返済負担率とは、ローンの年間返済が年収の何%なのかということを示す指標で、例えば住宅ローンであれば返済負担率30%程度が限度になります。

このため、年収が高ければ高いほど審査では有利になり、具体的には安定して高い収入を期待することができる、公務員や上場企業会社員が審査では有利になります。

反対に、パートやアルバイトの人は審査では不利で、住宅ローンなどの高額低金利のローンになると、審査通過はほぼ不可能でしょう。

勤続年数が長いと有利

ローン審査で求められることは、収入の高さよりも安定性です。

特に住宅ローンなどは、返済が何十年も継続していくことが前提となっているローンですので、「現在の収入水準が今後も継続していく」という見通しが重要になります。

一般的に、勤続年数が短い人の方が離職率が高く、勤続年数が長い人の方が離職率が低い傾向にあります。

そのため、勤続年数が長い人の方が審査では「安定性がある」と判断されるのです。

具体的には勤続年数1年未満では審査で不利になります。

住宅ローンなどの審査難易度の高いローンでは、勤続年数は3年以上あった方がよいでしょう。

金融機関によっては詳細に聞かれる

これら細かい属性の審査については、金融機関や、購入する物件、審査担当者の判断など、銀行側の事情によって異なります。

金利の低いローンに申し込みをする場合には自ずと審査は厳しくなり、銀行側が求める属性も厳しくなります。

また、住宅ローンで中古住宅を購入するような場合には、多くの場合で担保割れするため、年収や勤務先がそれなりに高属性でないと、審査に落ちてしまうこともしばしばです。

関連記事をチェック!

378view

借り入れ審査で重要な属性

融資の審査の際に個人信用情報の他に最も重要視される審査項目は属性です。 一口に属性と言いますが、属性とはどのようなもので、審査の際にそれぞれどのような目線でみられるのでしょうか? ...

ローン組めないのはいつまで

一度審査に落ちてしまったら、その後は2度と審査に通過することはできないのでしょうか?

そのようなことはありません。

審査落ちの原因が「申込情報が多すぎる」というものでしたら、半年から1年経過すれば、問題なく審査を受けることができますし、金融事故情報があるブラックの人でも5年〜10年経過すれば審査に通過することができるようになります。
ローン組めないのはいつまで

ローン組めない考えられる理由は?

どの程度で、審査に通ることができるようになるのかは、自分がどんな理由で審査に落ちてしまったのかについて、しっかりと把握しておくことがもっとも重要です。

クレジットカード審査やカードローンなどの比較的審査が緩く、借入金額が少額のローンでの審査落ちであれば、信用情報に問題があって審査に落ちた可能性が高くなります。

この場合には、信用情報が回復するまで、一定期間待たなければなりません。

一方、住宅ローンのような借入額が大きなローンの審査落ちでは、属性が問題で審査に落ちることもあります。

この場合には、返済比率を下げるために借入額を減らす、他社借入を返済する、返済期間を延ばすということで審査に通過することができる場合もあります。

会社員の方で勤続年数が短い人は勤続年数3年を経過してから再申し込みをすれば審査に通過することがきる場合もあります。

担保評価額が低くて希望借入額に審査通過額が満たない場合には、自己資金を用意することで住宅ローンを借りることができる場合もありますよ。

このように、まずは自分の審査落ちの原因をしっかりと把握して、その原因を解決することができれば、一度審査落ちしても、再び審査に通過することができる可能性は十二分にありますよ。

関連記事をチェック!

8597view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...


関連記事をチェック!

3235view

CICやJICCの信用情報からブラックリストの記録を消す方法は存在する?

「私、ブラックリストに載っているからクレジットカードが作れないんだよね。」 某クレジットカード会社の営業時代に、筆者がよく聞いた言葉です。 ブラックリストとは、正確にはどのようなものなのでしょうか...

ローン組めない原因を調べる

ローン組めない原因を調べる

審査で重要な信用情報。

審査に落ちるかどうか心配な人は、ローンの申し込みの前に自分の信用情報を確認するという方法があります。

自分の信用情報を調べれば、自分に金融事故情報があるかどうか、返済履歴はどうなっているの、前回の申込情報はまだ信用情報に残っているのかどうかということを知ることができます。

そして、問題がありそうなら、その問題点を改善することもできるのです。

信用情報開示の方法について詳しく解説していきたいと思います。

信用情報機関に開示請求する方法もある

信用情報期間は国内3社あり、それぞれ役割が異なります。

主にクレジットカードの情報を集めるCIC、主に消費者金融の情報を集める日本信用情報機関(JICC)、主に銀行の情報をあつめる全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3社です。

このうち、全国銀行個人信用センター(KSC)は書類での開示請求しか行うことができません。

郵便為替を同封して、書面にて開示請求を行う方法でKSCは信用情報を開示するので、手続きは少々面倒です。

一方、CICとJICCはインターネットの画面上で信用情報開示報告書を確認することがでします。

1,000円程度の料金が掛かりますが、全てネット上で確認ができ、料金はクレジットカードで支払うことができるので、CICとJICCはかなり気軽に自分の信用情報を確認することができますよ。

審査に落ちることが心配な人、審査に落ちてしまった人は、是非とも信用情報の本人開示を行ってみて下さい。

関連記事をチェック!

10357view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...


関連記事をチェック!

1900view

信用情報機関はCRINやFINEで情報共有している

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 審査に落ちるということは自分...

まとめ

審査に落ちるには必ず原因があります。

審査では申込人の年収、勤務先、勤続年数などの属性情報がチェックされ、この属性情報が原因で審査落ちになることもあります。

しかし、ここはローンや金融機関によって審査基準は様々です。

各金融機関共通してチェックする項目は信用情報です。

信用情報に金融事故情報が記録されているブラックの人はまず審査に通過することはできませんし、クレカは他社借入の返済に遅れが多い人は審査に通過することはできない場合があります。

自分の信用情報がどのようになっているのかは、開示請求を行えば確認することができます。

審査に落ちない自分を作りたいのであれば、信用情報を確認し、問題点を把握しておきましょう。

Q&A

最後に信用情報と審査について、よくある質問をご紹介していきます。

親の借金のせいで住宅ローンが通らない場合はある?

基本的にはありません。親に借金があるかどうかは信用情報からは分からないので、基本的に審査に影響することはありません。

本人の信用情報に問題さえなければ審査通過できます。

しかし、親の借金を相続したり、親の借金の連帯保証をしており、その返済請求が子供に行われてあるような特別な場合には審査に通過できないこともあります。

また、親が借金の返済を期日通りに行っていない銀行では、子供も親と同列と見なされて審査に通過できないこともあります。

事業を経営している人はローンが通らない?

自営業者や個人事業主は、事業規模が小さく、不安定なので審査に通過できないことも少なくありません。また、事業と生活が一体になっているので、生活費を事業の経費に織り込んで、意図的に所得を低くしている人が多いので審査にはやはり不利です。

しかし、このようの属性の人でも、ある程度事業が安定しており、信用情報に問題なく、総量規制の範囲内で(消費者金融からの借入の場合)、収入から考えて無理のない返済である場合には、審査に通過することができる可能性は十二分にありますよ。

過去に金融事故がある場合、配偶者名義で申込みしたら通る?

配偶者の信用情報に問題がなく、属性も審査通過に足るものであれば、審査通過の可能性はあります。ただし、過去に契約者である夫の連帯保証人となっている場合には配偶者本人もブラックになっている可能性があるので、この場合には審査に通過することができません。

最近は配偶者まで連帯保証人とする融資はほとんどありませんが、過去の住宅金融公庫などの住宅ローンでは、配偶者も当たり前のように連帯保証人としていましたので、このパターンで借主に金融事故がある場合には審査に通過できない可能性があります。

そうでない場合には、信用情報から得られる情報はあくまでもローンの申込者の情報だけですので、本人の信用情報や属性情報に問題がなければ、夫がブラックでも問題なくお金を借りることができますよ。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-12-20 08:17:44

    こんにちは。
    いままで借入したことがない現金主義者は、えてして審査に通らない可能性があります。それは信用情報に履歴がないホワイトだからです。債務整理して登録期間がすぎた状態にもにているためスーパーホワイトとも呼ばれています。そのような場合、まずはスマホを分割で購入するのが手っ取り早い方法です。また懇意にしている銀行があれば、担当者に話してクレカを作るのもいいでしょう。とにかくクレジットヒストリーを作ることですね。

  2. 坂本沙由香さん|2018-12-19 23:06:38

    今までローン組んだ事なくていざ組もうとしたら通らなくて今まで支払いとか延滞もしたことなくてクレジットカードも作ったこともなくてブラックにのる理由がわかんないんですけど教えてくれますか??

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談