借金が多い!おまとめローンの限度額は年収以上でも可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金をまとめる方法は、消費者金融、銀行カードローン、銀行おまとめローン、不動産担保ローンの4つの方法があり、ローンによっては年収以上のおまとめに対応してくれる場合もあります。

この記事では、借金をまとめる方法と、その審査、年収以上のおまとめは可能かどうかなどについて解説していきます。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当
この記事はこんなひとにおすすめ

この記事はこんな人におすすめです。

  • 借金が複数本あり、返済に悩んでいる人
  • おまとめによって返済期日をまとめたい人
  • どのでおまとめをしたらよいのか悩んでいる人

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

年収以上借りられるおまとめローンはどこ?

年収以上借りられるおまとめローンはあるのでしょうか。

可能性が高いのは銀行のおまとめローン

銀行のおまとめローンは、返済専用です。

そもそも複数の借り入れ金がある人を対象にした融資ですので、年収に対して金額がそれなりに高額になってしまった場合でも、融資を受けることができる可能性がある商品です。

銀行にとっても、おまとめローンは多くの「融資額を稼ぐことができる商品」ですので、返済に問題がないと判断できれば、年収以上の融資にも応じてくれる可能性があります。

消費者金融の総量規制を知っておこう

消費者金融は、貸金業法が定める「総量規制」という規制の範囲内で融資を行わなければなりません。

総量規制とは「貸金業者は申し込み者に対して年収の3分の1を超す金額の融資を行ってはならない」という規制です。

ただしおまとめローンは、この規制の対象外です。

おまとめローンは規制対象外だが…

おまとめローンであれば、「総量規制対象外」なので、消費者金融で年収以上借りられる可能性もあります。

しかし、審査の関係上、実質的には厳しいでしょう。

なお、銀行カードローンも本来、総量規制対象外のローンではありますが、近年銀行の過剰融資に対する世間からの声が厳しくなってきています。

そういった背景もあって、銀行では自主的に総量規制相当の規制を設けています。

したがって、銀行カードローンでも、おまとめローンでなければ、年収以上の借り入れを行うことは厳しいのが現状です。

不動産担保ローンでのおまとめも可能

一部の銀行や、消費者金融には不動産担保ローンという商品があり、こちらもおまとめに使用できるローンです。

不動産担保ローンは自分や家族が所有する不動産を担保として、担保評価額の一定範囲内までお金を借りることができ、借りたお金は自由に使用できます。

年収などの関係からカードローンやおまとめローンの融資に断られた人でも、不動産担保ローンであればおまとめ資金を借りることができる可能性があり、おまとめの最後の手段であるといえるでしょう。

関連記事をチェック!

6266view

土地を担保に銀行からお金を借りる方法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 そもそも担保(たんぽ)って何? 担保という言葉はよく耳にするものの、具体的な仕組みを知らないと...

年収半分以上のおまとめは希望金額に届かないかも

「おまとめローンは総量規制の対象外だから」と言っても、年収の半分近く借金がある場合はよほど収入や属性が良くないと、希望金額に届かない可能性も出てきます。

年収だけでの判断ではありませんが、返済負担率が30%を超えると審査は厳しくなってきます。

返済負担率の計算方法は、年間の返済額÷税込み年収×100で出すことができます。

たとえば年収が200万円、年間の返済額が100万円だとした場合、返済負担率は50%となりますので、通常であれば借り入れ不可となります。

ただ、そもそもの審査に通らない、あるいは審査に通っても、金額は希望金額に満たない可能性もある、と思っておいたほうがいいでしょう。

銀行のおまとめローン

銀行のおまとめ専用ローンは、消費者金融のおまとめローンよりも金利が低く、10%~15%程度となっています。

しかし、審査は消費者金融よりも厳しい傾向があります。

おまとめローンと借り換え専用ローンの違い

おまとめローンは、複数の借り入れ金を1件にまとめられるローンです。

使い道自由の「フリーローン」をおまとめ目的として使用する際、人によっては便宜上「おまとめローン」という呼び方をすることがあります。

一方、借り換え専用ローンは、ローンの借り換えにしか使用できないローンです。

複数のローンを1件に借り換える目的で主に使用されますので、おまとめ専用ローンという言いかたもできるでしょう。

おまとめローンも借り換えローンも、複数のローンを1件にまとめるという意味では、使いかた自体は同じです。

審査に通りにくいことも

銀行のおまとめローンには保証会社がついており、保証会社はおまとめローンの返済が滞った時には銀行に融資残高を保証します。

最終的にリスクを背負う保証会社の保証料収入がいくらになるかと言えば、金利の半分程度と言われています。

金利15%のおまとめローンであれば、保証会社の保証料収入は7.5%程度です。

一方で、消費者金融のおまとめローンには、保証会社はついていません。

金利18%なら全てが消費者金融の収入になるので、リスク18%の人まで審査に通せますが、銀行ローンではその半分以下のリスクしか許容できません。

したがって、銀行のおまとめローンのほうが、審査が厳しくなります。

関連記事をチェック!

52809view

ブラックでも借りれる消費者金融ランキング【誰でもOK?】

「ブラックの自分でも借してくれる消費者金融はどこかにないかな」そんな風にお困りの皆さん、ようこそ。 「中小消費者金融が借りやすいらしいけど、数が多すぎてどこ借りればいいのかよくわからない…」そんな悩...

年収以上まとめられる可能性のある銀行ローン

おまとめローンとしても利用できる銀行ローンには、さまざまなものがあります。

それぞれの銀行によって金利や最高借り入れ額には違いがありますので、それらについてまとめてみました。

銀行名商品名最高融資額金利特徴
オリックス銀行フリーローン800万円3.5%~14.5%ボーナス返済可能
千葉銀行フリーローン800万円1.7%~14.8%ボーナス返済可能
最長15年返済
東京スター銀行おまとめローン1,000万円12.5%ボーナス返済可能
最短3日後融資可能
紀陽銀行おまとめローン1,000万円3.8%~13.8%ボーナス返済可能
横浜銀行フリーローン1,000万円1.9%~14.6%ボーナス返済可能
最短翌営業日回答

このように、さまざまな銀行でおまとめ目的で利用できるローンが取り扱われています。

フリーローンは使い道自由ですので、おまとめに利用できるのはもちろん、証書貸付なので、ボーナス返済も活用できるというのがメリットです。

カードローンでは臨時返済はできても、ボーナス返済はできません。

毎月の返済を抑えて、ボーナス時に多く返済をするという計画を立てられるのが、フリーローンでおまとめするメリットと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

1175view

バンクイックの借入方法まとめ【振込入金とATM】

バンクイックは三菱UFJ銀行が行っているカードローン商品です。銀行カードローンならではの低金利、安心感などから人気があります。 バンクイック はメガバンクである三菱UFJ銀行のカードローンですので、...

関連記事をチェック!

1019view

りそな銀行「りそなカードローン」の借入・一括返済方法や保証会社

りそなのカードローンは利息が安く、自動貸越のシステムもあり返済しやすいローンですが、貸出枠いっぱいまで借りているときは注意が必要です。 りそなのローンの返済で事故を起こさないために気を付ける点を教え...

年収以上の借金をまとめるときの審査ポイント

審査によって、年収以上のおまとめを行っても問題ないと判断されれば、銀行のおまとめローンデータ、年収以上のおまとめを行える可能性もあります。

審査では、信用情報・年収・勤務先・勤続年数といったカードローンの審査でチェックされるポイントはもちろん確認されます。

それに加えて、おまとめを行いたい借金の返済状況や、おまとめを行ったことにより毎月どの程度のメリットがあるかといったことも、審査材料になります。

銀行のおまとめローンの審査基準について詳しく解説していきます。

①信用情報

信用情報に金融事故が記録されている人は、審査には通過できません。

金融事故とは、3ケ月以上の長期滞納・債務整理・代位弁済・カードの強制解約などのことを言います。

また、他社借り入れやクレジットカードの返済の状況も重要です(過去24ヶ月分記録されています)。

スマホなどの携帯機器代金を分割払いにしている人も、この支払履歴は信用情報に記録されていますので、期日に遅れないように注意しましょう。

関連記事をチェック!

4979view

信用情報機関にクレジットカードやローンの滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

②年収

おまとめローンで許容される返済額は、年収の30%程度であると考えておきましょう。

なお、おまとめローンは融資期間が10年以上の長期間設定できる商品も珍しくありません。

返済比率が高くなりすぎるという人は、返済期間を長くすることで審査に通過できる可能性もあります。

また、おまとめローンの中には前年度年収200万円以上といったような申し込み条件がついている場合も、珍しくありません。

いずれにせよ、年収が多いほど、おまとめローンの審査には有利になります。

関連記事をチェック!

7348view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは、申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申し込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借り入...

③勤務先

おまとめローンでは借り入れ額が高額になることも多いため、返済期間が長期にわたる場合もあります。

このため、現在の勤務先や年収が今後、借り入れ金の返済を続けている間継続できるという見通しが立たない場合には、融資を受けるのが難しくなります。

一般的に勤務先が公務員であったり、上場企業会社員であるような場合には離職率が低いため、今後も今以上の年収が継続できると判断されます。

一方、中小企業の代表者や個人事業主は事業規模が小さく、業況が不安定であり今後の継続性が疑わしいと判断されてしまうため、審査には最も通過しにくい属性と言われています。

④勤続年数

一般的に勤続年数が長ければ長いほど、現在の勤務先にその後も勤務し続けると考えられるため、勤続年数がいほど、審査には有利になります。

一方、勤続年数が短い人ほど離職率が高いため、現在の収入状況が今後も継続するかについては疑わしくなってしまいます。

おまとめローンの中には「勤続年数1年以上」という条件がついているものも珍しくありませんので、最低でも勤続年数は1年以上は必要で、できる限り長いほうが有利になることは間違いありません。

おまとめローンに申し込む場合には、できれば勤続年数が3年以上はあったほうがよいでしょう。

関連記事をチェック!

934view

勤続年数が短くてもお金を借りるには?転職するとローン審査は不利になる?

カードローンの審査項目には勤続年数の長さも無視することのできない重要な項目です。しかし終身雇用制が崩壊している状態で勤続年数を語るのはナンセンスなような気もします。 勤続年数が長ければそれだけきちん...

年収以上のおまとめを成功させるコツ

年収以上のおまとめを成功させるコツを、いくつかご紹介していきましょう。

借り入れ件数はできるだけまとめておく

借り入れ件数も借り入れ金額も、審査ではチェックされる項目です。

同じ200万円という金額を借り入れている場合でも、100万円ずつ2社から借り入れているよりは、200万円を1社から借り入れているほうが審査に通りやすいということですね。

一人暮らしなら実家へ戻る

収入に対してどれぐらいの出費があるかは、審査の合否を大きく左右します。

社会人になっている人は親元を離れて一人暮らしをしている人も多いと思いますが、毎月の家賃の支払いで収入の2割程度は飛んでいってしまいますよね。

実家に戻れば当然家賃分の出費がなくなることになるので、実質的にローンに対する返済余力が増すことになります。

使用していないカードは解約しておく

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの機能がありますが、このうち特にキャッシング枠は、ローン審査においてあまりいい影響を与えません。

キャッシング枠を利用するとキャッシングを行えますが、カードローン同様に利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し借り入れができるからです。

用途やシーンに応じて使い分けできるように、複数のクレカを所有している人は多いと思いますが、使用頻度の低いものがあれば解約してしまったほうがいいですね。

消費者金融おまとめローンでまとめられる金額とは

消費者金融のおまとめローンでは、銀行からの借入はまとめられません。

消費者金融のおまとめローンは、消費者金融や信販会社やクレジットカードのキャッシング枠のおまとめだけに利用できるローンです。

総量規制対象外だが実際は年収3分の1まで

消費者金融のおまとめローンは、「貸金業法に基づくおまとめローン」といいます。

本来、総量規制の対象外とされています。

しかし、現実的には貸金業法に基づくおまとめローンで年収の3分の1を超えるおまとめを行えることはないでしょう。

消費者金融のおまとめローン一覧

すべての借金が貸金業者からであり、100万円程度であれば消費者金融のおまとめローンもおすすめできます。

ここでは大手の消費者金融が取扱っているおまとめローンについて紹介していきます。

業者名商品名融資金額金利返済期間
アコム借り換え専用ローン最高300万円7.7%~18.0%最長13年7ヵ月
アイフルかりかえMAX
(初めてアイフル利用)
最高800万円12.0%~17.5%最長10年
おまとめMAX
(アイフル利用中)
最高800万円12.0%~15.0%最長10年
プロミスおまとめローン最高300万円6.3%~17.8%最長10年
フクホー貸金業法に基づく借り換えローン最高200万円7.3%~20.0%最長10年
中央リテールおまとめローン最高500万円10.95%~13.0% 最長10年

それぞれの特徴は、アコムでは金利の幅が広いことから幅広い人が利用できる可能性があり、返済期間も長いです。

アイフルでは初めてアイフルを利用する人と、現在利用しているまたは過去に利用していた人とで申し込める商品は異なり、金利に違いがあります。

プロミスでは、融資金額の最高と返済期間は他と変わりませんが、金利において他よりも低いのが特徴となっています。

また、中小消費者金融である中央リテールはおまとめ専門の消費者金融です。

最高金利は13%と低いため、高金利の消費者金融から借り入れがある人や、大手の審査に通過できない人にはおすすめです。

関連記事をチェック!

1157view

アイフルのおまとめローン、おまとめMAXとかりかえMAXとでは条件や審査はどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。 ...

銀行カードローンでまとめられる金額とは

銀行カードローンは何に使っても自由ですので、おまとめにも使用できます。

銀行カードローンは総量規制対象外のローンなので、まとめられる金額にも期待が持てますが、銀行カードローンではどの程度の金額をまとめられるのでしょうか。

年収の半分程度が限度

カードローンは借りたお金をおまとめにも使用できますし、一度借りてしまえば何に使用しても自由です。

このため、年収に対して一定範囲内までしか融資を行いません。

消費者金融のように、法律による定めはありませんが、銀行各社は自主規制で概ね年収の3分の1までの融資しか行わないと自主規制を行っています。

あくまでも自主規制であり、必ずしもその金額の範囲内でしか融資を行えないというわけではないのですが、規制を大きく逸脱した融資は行わないと考えておくべきでしょう。

申し込み者の属性・信用情報・抱えている事情・融資金額など、さまざまな要素を鑑みたうえで、年収の半分程度が限度ではないでしょうか。

このため、年収以上のおまとめをカードローンで行うことは現実的には不可能であると言えます。

資金使途確認を行わない

カードローンは、何に使っても自由なローンですので、おまとめに使うとカードローン申し込み時に申告を行ったとしても、融資実行後に本当におまとめに使用したかどうかの確認は行いません。

そもそも、カードローンは申し込み時に申告した資金使途に本当に借りたお金が使われると考えて商品設計がされないため、資金使途がおまとめだからといって、審査の際に特別な便宜が図られるわけではありません。

おまとめをしたい他社借り入れが100万円あったら、この100万円の追加で融資をするという形で審査が行われます。

このため、200万円の貸付に耐えられるだけの年収があるかという審査になるので、よほど年収が高い場合でないと、審査通過は難しくなるのです。

関連記事をチェック!

954view

なぜ?消費者金融から借りる理由と利用用途

消費者金融のイメージは悪いと言われながらも、お金を借りる人は後を絶ちません。 金利が高いのになぜ借りるのか、不思議に思う人も多いことでしょう。 筆者は中小消費者金融を長年経営してきましたが、よく借...

おまとめに使える銀行カードローン一覧

おまとめ目的で利用する場合に便利な銀行カードローンを、以下でいくつか挙げておきましょう。

銀行名商品名最高融資額金利特徴
三井住友銀行三井住友銀行
カードローン
800万円4.0%~14.5%ローン契約機で契約、カード発行が可能
りそな銀行りそなカードローン800万円3.5%~12.475%住宅ローン利用者は金利0.5%引き下げ
三菱UFJ銀行バンクイック500万円1.8%~14.6%テレビ窓口で契約、カード発行が可能
住信SBIネット銀行ミスターカードローン(プレミアムコース)1,200万円1.59%~7.99%SBIカード保有で0.1%、SBI証券口座保有登録済または住宅ローン残高ありで0.5%の金利引き下げ
ジャパンネット銀行ネットキャッシング1,000万円2.5%~18%はじめての借り入れから30日間無利息

銀行カードローンは最大融資限度額も大きめに設定されていますし、当該銀行と指定の取引がある場合には金利優遇を受けられるケースもあります。

このため、おまとめ目的で利用するためのローンとしては理想的な条件を兼ね備えていることになるのですが、やはり銀行の自主規制がネックになる場面は多そうです。

自分が融資を希望している金額で、現実的に審査通過が可能かどうかを考えたうえで申し込む必要があるでしょう。

最後の手段は不動産担保ローン

銀行のおまとめローンは、信用情報に問題がある人や、返済状況に遅れが多い人、また、あまりにも借り入れ金額が多すぎる人は審査に通過できないことがあります。

そのような人の最後のおまとめの手段として、不動産担保ローンという商品が一部の銀行や消費者金融では用意されています。

不動産担保ローンでは、もしも返済ができなくなった際には担保となっている不動産を売却するか競売にかけることによって、融資金の回収に充てられます

そのため信用状況の芳しくない人や、返済能力以上の借り入れを行っている人でも、抵当に入れられる不動産さえあれば融資に応じてもらえる可能性があります。

不動産担保ローンは基本的に何に使用しても自由ですので、おまとめにも使用できます。

また、おまとめ以外の用途にも借りた金を利用できますので、1,000万円の融資のうち、600万円はおまとめで、残りの400万円は自分の趣味に使うなどという借りかたも可能になっています。

担保評価額まで融資可能

不動産担保ローンは、担保評価額の一定範囲内までは融資に応じてくれます。

通常は担保評価額の50%まで融資に応じてくれるという商品が多いため、評価額2,000万円の土地を持っていたら、1,000万円程度までは融資に応じてくれる可能性があると言えます。

また、借り入れ期間も15年~35年までの長期に対応していることが多いため、借り入れ額が大きくなっても収入の範囲内で返済できるような計画を立てることも可能です。

銀行の不動産担保ローン

銀行の不動産担保ローンは、不動産さえあれば融資に応じてくれるわけではありません。

借り入れ額に見合った返済能力があるかどうかを、信用情報・勤務先・年収といった項目から審査を行います。

また、本人の不動産でなくても担保とできるため、親の不動産を担保にして借り入れ金をまとめるようなことも可能です。

金利は10%程度と、それほど低い金利ではありませんが、カードローン金利よりは低いため、おまとめに使用するなら金利的なメリットはあると言えます。

ノンバンクの不動産担保ローン

ノンバンクでも不動産担保ローンの取り扱いがあります。

消費者金融の金利は15%以上になることも珍しくありませんが、不動産担保ローンを専門に扱っている会社は、10%を切るような金利設定の業者もあります。

ノンバンクの不動産担保ローンも信用情報等の審査は行うものの、担保価値の高い不動産が提供できれば融資に応じてもらえる可能性は高くなります。

ブラックの人に対しても融資実績がある業者も存在します。

また、ノンバンクの不動産担保ローンも本人でなくても、親族の不動産も担保とできるため、親の不動産を担保としておまとめを行うことが可能です。

中には、第3者の不動産でも取り扱い可能としている業者も存在するほどです。

また、ノンバンクの不動産担保ローンは、先に銀行等の抵当権がついている物件を後順位で取り扱いを行ってくれることもあります。

さらに、融資まで3営業日程度のスピード融資に対応している業者もありますので、おまとめ以外の目的で、急いで融資を受けたいという時にも活用できます。

手数料が高い

金利はおまとめローンよりも低いことが一般的ですし、審査もおまとめローンよりも甘いのが不動産担保ローンですので、資産がある人は最初から不動産担保ローンでまとめればいいと思ってしまう人も多いかと思います。

しかし、不動産担保ローンは手数料が高いのが玉に傷です。

不動産を担保とすると、登録免許税という税金が発生します。

これが融資金額の1,000分の4必要になるため、1,000万円借りるのであれば4万円必要になります。

また、司法書士に登記の手続きを頼むのが一般的ですので、司法書士への報酬が5万円~10万円程度必要になります。

さらに、不動産担保ローンは審査担当者が実際に現地に行き不動産評価を行うのが一般的ですので、この事務手数料が10万円程度必要になります。

金利10%の不動産担保ローンを1,000万円借りると、利息で年間100万円、登記関係で10万円程度、手数料で10万円程度の費用が必要になります。

初回で合計120万円程度の費用が必要になるため、費用負担が大きいという点がデメリットです。

年収以上のおまとめローンに関するQ&A

では最後に、年収以上のおまとめローンについてよくある質問に、Q&A形式でまとめてお答えしていきましょう。

①4社以上から借りていてもおまとめできる可能性はある?

A.消費者金融であれば可能性はありますがかなり厳しいでしょう

銀行では4社以上から借り入れている場合、審査通過の可能性はほぼゼロですが、消費者金融であれば4社以上から借り入れていても、審査通過の可能性はわずかながら残されています。

ただ、4社以上からの借り入れは大きなマイナス要因であることは間違いなく、その他の要素に少しでもネガティブな要素があれば審査落ちになってしまうでしょう。

おまとめローンに申し込む前に既存の借金の整理を行って、借り入れ件数はできれば3社以内にしておくのが望ましいですね。

②アイフルのおまとめローンは年収以上をまとめることができる?

A.理論上は可能ですが現実的には厳しいです

アイフルのおまとめローンは総量規制対象外のローンなので、消費者金融が取り扱うローンでありながら年収の3分の1を超す金額の融資も可能です。

ただ、実際に多額の金額の融資を受けるためには審査に通過しなければならず、年収以上の金額をまとめる場合は審査はかなり厳しいものになるでしょう。

理論上可能ではあるものの現実的には厳しいということを理解したうえで、申し込む必要があります。

③東京スター銀行はおまとめに積極的だから年収以上の借り入れもOK?

A.審査結果次第です

確かに東京スター銀行はおまとめに積極的ではありますが、決して無理な融資を行っているわけではありません。

そのため、審査結果次第では年収以上の借り入れを行える可能性があるかもしれませんが、それに関しては他の銀行でのおまとめローンでも同じです。

年収以上の金額のおまとめを行いたい場合に、東京スター銀行のおまとめローンを選ぶというのは、なかなかいい判断ではありますが、過度な期待は禁物でしょう。

④パート収入でも主人に内緒でおまとめできる?

A.おまとめしたい金額次第ですができないわけではありません

パート収入があれば、自分名義でおまとめローンを利用することは可能です。

ただ、これまで繰り返しお伝えしているように、審査に通過できるかどうかは別問題です。

おまとめしたい金額とパートの収入のバランス次第では、審査に通過して配偶者に内緒でまとめられる可能性はあるでしょう。

⑤年収以上借りられて審査が甘いおまとめローンはどこ?

A.審査が甘いわけではありませんが東京スター銀行などがおすすめです

「年収以上借りられる」ということと「審査が甘い」ということを両立しているようなおまとめローンは、現実問題としてありません。

融資金額が大きくなれば審査が厳しくなるというのが、ローン審査においては当たり前のことだからです。

ただ、それでもあえて1つ挙げるとするなら、東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」になるでしょう。

東京スター銀行はおまとめローンでの融資実績が豊富なので、他の銀行では融資を受けられない場合でも融資を行ってくれる可能性があります。

ただし、東京スター銀行の審査に通過できる程度の属性・信用情報であるということは大前提になりますので、その点には注意しておいてくださいね。

まとめ

カードローンや貸金業法に基づくおまとめローンでは、年収以上のおまとめを行うのは(ほぼ)不可能です。

カードローンは年収の3分の1以上の借り入れは不可能ですし、貸金業法に基づくおまとめローンは貸金業者からの借り入れしかまとめられないため、現実的に年収以上の借り入れを貸金業者から行えないからです。

銀行のおまとめローンであれば、返済能力に問題なく、既存借り入れ金の返済に遅れがないメリットの出るおまとめなら、年収以上のおまとめができる可能性もあります。

おまとめローンの審査に通過できずに、どうしてもおまとめを行いたい人は、親などの親族の不動産を担保にして、不動産担保ローンを利用したおまとめを検討しましょう。

複数のローンをまとめることには確かにメリットがあります。

おまとめの後、追加の借り入れをしないことと、利息の負担総額はおまとめ前よりも大きくなってしまうという点に十分注意をして、おまとめローンの利用を検討しましょう。

関連記事をチェック!

1453view

300万、500万の高額な借金をおまとめローンで組む方法

複数ある借金をひとつにまとめてくれるのが、「おまとめローン」の魅力です。 しかし、おまとめローンの審査は厳しいものなので、もともと高額な借金を抱えている人にとってはますますハードルが高くなってしまい...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談