お金がなくて生活できない!借金苦から脱出する方法と対策

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

皆さん、「お金がない…」という経験はありますか?

このような経験がある方は、奮発しすぎてお金が無くなってしまったり、物を衝動買いしてしまったりなど原因は様々だと思いますが、行き過ぎてしまうと「生活できない…」なんて苦しい思いをしてしまってもおかしくない話です。

一般の方であれば、そうなってしまったらどうしようもない…と思うでしょう。

ですが、実はこの問題を解決する方法があるのです。

今回は、お金がなくて生活できない時に知っておきたい事や対処法、そして解決方法について紹介していきます。

記事の目次

お金に困っている人は意外に多い?

お金に困っている人=金策に走る人…となる訳ですが、実際のところ今の日本の貧困事情はどのようになっているのでしょうか?

様々なデータから調べてみましょう。

20代の収入では生活できない?

世間のお金事情については、年代別でお伝えしたいところではありますが、今回は20代にスポットを当ててご紹介したいと思います。

以下は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が20代を対象に行った、お金に関する意識調査の結果です。

自由に使えるお金に満足=29.5%

この調査によると、20代の1,000人に「あなたは自由に使える金額に満足していますか?」と質問したところ、なんと満足していると応えた人は29.5%と、全体の三割にも満たないことが分かりました。

独身で自由にお金を使えるイメージがある20代ですが、調査結果では“それほど裕福ではない”という事情が垣間見れます。

もっとも、独身ならではの「お金の使い方」に問題がある場合もあります。

20代の子育て事情

さらに、20代の人が家庭を持った場合に、「20代のうちに、出産・子育てに困らない世帯年収に到達できると感じますか?」という質問に対しては、全体の74.4%が「到達できるとは思わない」と回答しています。

確かに、20代の年収と言えば、場合によっては手取りで200万円台となるケースも多くなりますから、毎月平均で考えれば20万円程度の手取りとなります。

この年収で、家賃・食費・衣類・子育てなどの費用を捻出するのは、なかなか厳しいのが現実なのでしょう。

◆SMBCコンシューマーファイナンス公式サイト:「若者のアンテナ」

関連記事をチェック!

1view

a

...

a

関連記事をチェック!

共働きなのに子供のためのお金がたまらない人への処方箋

子育てには何かとお金が掛かります。 しかし、同じような収入でもお金がたまる人とたまらない人がいるのも事実です。 ここではお金がたまらない人の問題点と、子供がいてもためられるようにするための方法を教えま...

共働きなのに子供のためのお金がたまらない人への処方箋

日本の借金人口

借金人口…と一言で言っても、借金には様々な種類があり、住宅ローンやマイカーローンも一種の借金ですし、カードローンやクレジットカードのキャッシングも借金と言えます。

そんな借金をしている人の数…となると、中々明確な数字を出すのは難しいのですが、一つの目安になるのは、消費者金融やクレジットカード会社が加盟する「信用情報機関」のデータです。

JICCやCICなどの信用情報機関には、借金をしている人の数やその人達の借り入れ件数・金額などが全て記録されています。

一例を挙げると、CICに登録されている「借金をした事があり、且つ借入れ残高がある人の数」で調べてみると、直近で1,673万件のデータが登録されている事がわかりました。

またそのうちの783万件は1件のみの借り入れですが、それ以外の殆どは2件以上の債務を抱えている事になっており、金額・件数ともに借金に苦しんでいる人が多い事がよくわかります。

関連記事をチェック!

カードローンで借金している人数ってどれくらい?その理由は?

最近の報道では、日本のGDPも28年ぶり8四半期連続で成長を遂げており、一見すると景気が良さそうな今の日本…。 しかしその裏では、貧困に悩む世帯も増え続け、借金で生活が破綻している家庭も少なくありませ...

カードローンで借金している人数ってどれくらい?その理由は?

関連記事をチェック!

借金する若者が増えた理由と、完済までの難しさとは?

景気回復や失業率の低下など、景気のいい話が飛び交う最近の日本ですが、実はその裏で安易な借金に苦しむ若者が増えている現実を、みなさんはご存知でしょうか? 今回は、そんな借金する若者にスポットをあて、その...

借金する若者が増えた理由と、完済までの難しさとは?

日本の貧困世帯は6人に1人

さらに、もっと調べてみると、厚生労働省の国民生活基礎調査の結果では、可処分所得(税金などが引かれた後の収入)が122万円以下となる世帯は、日本の世帯の「16.1%」となっている事がわかりました。

「手取り収入が年に122万…」となると、1ヶ月の手取りが10万円程度ですから、相当お金に困っていることになりますが、そのような世帯は、実に6人に1人の割合になっているのが現状のようです。

ちなみに、この貧困率を世界の他の国を見てみると、韓国で14.6%・ギリシャ15.1%・イスラエル18.6%・アメリカ17.2%となっています。

興味深いのは、財政難で苦しんでいるギリシャと、日本の貧困率がそれほど変わりないという点です。

借金を抱えるリスク

では、以上のように借金を抱えてしまった人には、将来どんなリスクが起こり得るのでしょうか?

借金があると余裕のある生活が送れない…というのは当たり前の話なのですが、最も心配したいリスクは「老後の不安」です。

現在の日本では、もらえる年金だけでは老後の生活は賄えないと言われています。

現役時代に借金を抱えていると、定年時の理想的な貯蓄額3,000万円も用意できない事になり、いわゆる下流老人になってしまうリスクも発生します。

また、借金を抱えてしまった故の貧困が連鎖するリスクもあります。

親が借金を抱える事で子供に充分な教育を受けさせる事が出来なくなり、その結果子供も恵まれた就職が出来ずに、貧困に陥る…という負のスパイラルも懸念されます。

関連記事をチェック!

1view

照会記録開示書2

...

照会記録開示書2

借金で生活苦になってしまう原因

借金返済に苦しんでいる人は、どうしても目の前の返済ばかり気になってしまうものです。

特に返済ができない場合には、金策に奔放をしたりしますから、借金のために生活苦になってしまう原因までは考えられない人の方が多いのではないでしょうか。

借入をすることで楽になるはずだった生活ですが、気づけばその借金のせいで余計に苦しくなってしまうならば、まずは生活苦になる原因から知ることが重要になってきます。

どのような例があるのかを確認し、自身に当てはまっていないかを見てみましょう。

返済が苦しくてまた借金する

借金をした原因が「生活費が不足していた」という場合には、その生活費が一時的なものか慢性的なものなのかがポイントと言えるでしょう。

一時的であれば、借金をしても問題なく支払うことは可能です。

しかし慢性的であれば、生活苦だから借入をする、借りた以上は返済をしなくてはいけない、元々足りない生活費から支払いを行うのでますます生活費が足りなくなります。

そして、不足分は新たな借金で補うという、負のサイクルが出来上がってしまうのは自然なことです。

支払いが多すぎて生活できない状態になる

借金の返済のために借金をするという自転車操業を続けていると、当然ですが借金は減ることはなく増え続ける一方となります。

余りに借金を続けていると、そのうちにどこからも借りられなくなってしまいます。

借金がこれ以上できないなら自力で返済するしかありませんが、余りに増えた借金のために返済額も相当な額になり、自身の収入全て充てても足りないという状況になる可能性もでてくるでしょう。

そうなると、まともな生活を維持することはできなくなり、精神的にも追い詰められてしまう人もいるでしょう。

借金でどうにもならなくなった人ができることはあるのか、次の記事で確認していきましょう。

返済計画を立てていない

次の多い特徴としては、「そもそも返済の計画を立てず、無計画にカードローンを利用している」というケースです。

返済計画については、この後でも詳しく触れていきたいと思いますが、このケースにあてはまる人の多くは「借金状態から目を背けている」ということがよくあります。

つまり、先が見えない返済生活に嫌気がさして、その現実から目を背けてしまうのです。

高い利息のところから借りている

カードローンの中には、銀行系カードローン・大手や中小の消費者金融カードローンなど、いくつかの種類がありますが、年率18%のカードローンを利用すると、50万円借りただけでも月に8,000円程度の利息が発生します。

こうなると、毎月の返済も利息だけ…ということになったりするため、いつまで経っても返済が終わらないということになります。

関連記事をチェック!

562view

無利息でお金を借りる方法は2通り!消費者金融の無利息サービスを比較することが重要

お金を借りるときに気になるのが「金利」です。 金利は高ければ高いほど返済時に発生する利息が増えるため、できるだけ低い金利、極論を言えば無金利でお金を借りたいというのが多くの人の願望でしょう。 そこ...

借金返済が辛いと思う3つの理由

借金をしてしまう人の多くは、最初から「返せないかも…」という思いでお金を借りている訳ではありません。

銀行や消費者金融などから融資を受ける際には、「絶対に返せる」「なんとかなる」という思いで、ローンの契約をしています。

しかし、途中で返済不能になってしまう…という事態になるケースが後を絶ちません。

では、「借金をしたものの、途中で返済が辛くなる人の特徴」とは、どのようなケースが多いのでしょうか?

そもそも収入が少ない

借金返済の途中で、返済が辛くなってしまう…。

そのような人のほとんどは、「そもそも収支のバランスが崩れている」というケースが多いようです。

年収のうち、「借金返済額」が占める割合(※返済比率)の理想は、35%前後と言われています。

例えば年収300万円の人なら、理想の年間返済額は「105万円」です。

105万円を12ヶ月で割ると、毎月9万円弱といった感じになると思いますが、そこから全てのローン返済をする事ができれば、なんとか返済は続けていくことが出来ます。

しかし、収支のバランスが崩れている人は、返済比率が50%を超えるケースもあるようです。

こうなると、生活費を圧迫するようになり、どんどん返済は辛くなっていきます。

関連記事をチェック!

借金のどん底から這い上がる方法は?

人生何が起こるか分からないもので、事業が失敗したり、借金が膨らんでしまったりとどうにもならない状況に追い込まれてしまうこともあります。 今回は多額の借金を負ってどうしようもなくなったときに、どうにか抜...

借金のどん底から這い上がる方法は?

返済の目処が立たない

次の特徴は、将来的に完済の目処が立っていない…というケースです。

たとえ長くても数年後に「今の借金がなくなる」という明確な道筋が見えていると、なんとか毎月の借金返済は頑張れますが、返済額が多すぎて毎月利息のみの返済しか出来ないような場合では、やはり「いつになったら借金が終わるのだろう…」という思いばかりが脳裏に残り、返済は辛くてたまらないものになっていきます。

関連記事をチェック!

借金した場合の返済期間と完済テクニック

TVで消費者金融のCMなどを見ていると、「ご利用は計画的に…」などというメッセージが流れます。 しかし、キャッシングをする時は、どうしても切羽詰ったケースが多いため、なかなか返済の計画を立ててからキャ...

借金した場合の返済期間と完済テクニック

緊急事態に備えがない

最後のケースは、借金があるが為に緊急事態への備えをしていない…というケースです。

当然の事ながら、毎月の返済で生活がギリギリである場合、緊急事態に備えた貯金などができない場合がほとんどだと思います。

しかし、そのような人でも急な病気や、家電の故障、そして冠婚葬祭など、急な出費が必要になる事も出てきます。

そんな時、緊急用の貯金をしていないと、さらに借金を重ねることになり、どんどん自転車操業に陥っていきます。

こうなると返済の目処が立たなくなるので、返済は益々辛くなっていきます。

市役所に相談する

市役所に相談する

お金に本当に困っていて、どうしようもない場合は「市役所」が助けになります。

というのも、「生活福祉資金制度」という公約制度があり、この制度は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えつつ、在宅福祉、社会参加の促進を援助する事を目的とした貸付制度となっております。

貸付対象者は以下の通りです。

・低所得世帯
十分な収入を受け取れないが、貸付制度を受けることで、一般の人と同等の生活を送ることができる世帯。

また、金融業者からお金を借りることが難しいと判断された世帯。

・高齢者世帯
65歳以上に達しており、療養や介護を受けている世帯。

・障害者世帯
身体障害者手帳、または精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付を受けている世帯。

また、どのような目的で、どれくらいの金額を借りることが出来るのかについては、以下の通りになります。

関連記事をチェック!

3265view

【国の制度】お金がないなら社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度で借りる

一生懸命働いているのにもかかわらず低収入のために、銀行カードローンや消費者金融で借りられない人がいます。生活費で足りない部分はとりあえずお金を借りて解決しようと考えるのが普通ですね。 しかし低収入の...

関連記事をチェック!

1900view

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法と借りれない原因や対処法

今得ている収入では、どうしても生活していくことができない。 しかし、今の状態では金融機関に融資を申し込んでも、審査に通る見込みがないでしょう。 そんな時に利用検討してもらいたいのが、生活福祉金貸付...

生活が難しくなった場合

例えば、お金が足りないなど理由があって生活ができなくなってしまった場合、生活再建までの間に必要な費用を借りることができます。

金額については、月に15万円以内の金額を借りることができ、貸付期間については、原則3ヶ月となっていますが、最長12ヶ月まで引き伸ばすことも可能です。

また、据置期間は「最終貸付日から6ヶ月以内」となっており、返済期間は「据置期間経過後10年以内」となっております。

住宅の賃貸契約に必要な費用

新しい住宅に住む際に、賃貸料金が必要な場合、「生活福祉資金制度」によって40万円以内の金額を借りることが可能です。

こちらも据置期間は「最終貸付日から6ヶ月以内」となっており、返済期間も「据置期間経過後10年以内」となっております。

一時的にお金が必要な場合

就職や転職に伴い必要になってくるお金を借りたい場合、滞納している公共料金を立て替えるのに必要な場合などの一時的にお金が必要な場合でも、お金を借りることが可能です。

この時に借りることが出来る金額は、60万円以内となっており、こちらも据置期間は、「貸付の日から6ヶ月以内」となっており。

返済期間も「据置期間経過後10年以内」となっております。

福祉費が必要な場合

福祉資金として借りることができる目的は、以下の通りです。

・生活費
・技能習得費
・住宅の増改築、補修等の費用

など、様々な目的でお金を借りることが可能です。

借りることが出来る金額は、最大580万円以内です。

こちらも据置期間は、「貸付の日から6ヶ月以内」となっており、返済期間は「据置期間経過後20年以内」となっております。

一時的に生活が難しくなった場合

緊急時に少額のお金を借りることが出来る制度です。
借りられる金額は10万円で、据置期間は「貸付の日から2ヶ月以内」と他のものと比べると少額で、据置期間も短いです。

また、返済期間は「据置期間経過後12ヶ月以内」となっております。

就学の際にお金が必要となった場合

低所得世帯に位置する人が、高校や専門学校、大学などの義務教育ではない学校に就学する場合に、お金を借りることが可能です。

また、学校の種類によっても、支援金が変化します。

高校→月3.5万円以内
高専→月 6万円以内
短大→月 6万円以内
大学→月6.5万円以内

しかし、「さらに必要」と判断された場合にのみ上記の金額の、1.5倍までの貸付が可能です。

据置期間は、「卒業後6ヶ月以内」となっており、返済期間は「据置期間経過後20年以内」となっています。

入学の際にお金が必要となった場合

低所得世帯に位置する人が、高校や専門学校、大学などの所謂義務教育ではない学校に入学する場合に、お金を借りることが可能です。

こちらは、どの学校に入学する際も支援金は同一で50万円以内となっています。

据置期間は、上に同じく「卒業後6ヶ月以内」となっており、返済期間は「据置期間経過後20年以内」となっています。

不動産を担保する形で、生活費を借りる場合

低所得の高齢者世帯に対して、一定の居住用不動産を担保として 生活資金を貸し付ける制度となっています。

借りられる金額は月30万円以内となっており、据置期間は「契約の終了後 3月以内」となっており、返済期間は「据置期間終了時」となっています。

保護世帯向けの、不動産を担保する形で、生活費を借りる場合

要保護の高齢者世帯に対して、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける制度となっています。

借りられる金額は「生活扶助額の1.5倍以内」となっており、据置期間は、こちらも「契約の終了後 3月以内」となっており、返済期間も「据置期間終了時」となっています。

その他に、以下の目的での支給も「生活保護」として利用可能となります。

生活扶助(生活支援)

「3万~4万」までの、「その世帯の最低生活費」が支給されます。

しかし、これには「逓減率」という決まりが有り、「何人で生活しているか」によっては、支給額が以下のように減らされます。

[世帯人数]  [逓減率]
1人→ 1.0倍
2人 → 0.885倍
3人 → 0.835倍
4人 → 0.7675倍
5人 → 0.7140倍

これは、「単身世帯に比べて、一般世帯の方が多くお金をもらってしまう」事を防ぐ為の決まりとなっています。

住宅扶助(家賃支援)

基本的には家賃分支給されますが、場所によって支給額の上限があるため、住んでいる家の家賃によっては十分な額が支給されない場合もあります。

教育扶助(義務教育金支援)

小学生への支援金は、およそ5540円、中学生への支援金は、およそ9530円が月ごとに支給されます。

医療扶助(医療金支援)

医療費の全額が支援されるため、実質無料で医療を受けることができます。

ただし、例外として「収入が最低生活費を超えている場合」については、超えている金額分、自己負担となり、支援額も減ります。

介護扶助(介護サービス支援)

原則として、介護保険と同範囲、同水準の金額が支援されます。

その為、人に寄って受け取れる金額も違いますが「26000円~51900円程」の支援が一般的とされています。

出産扶助(出産支援)

出産費、出産に伴う入院費、衛生材消費に掛かる料金が支援されます。

その為、合計金額で見ると、約40万円ほどの支援を受けることができます。

なお、双子を出産する場合は、出産支援費が二倍になります。

生業扶助(就職に必要な能力を身に付ける為の支援)

原則として、45000円以内の金額が支給されますが、どうしてもやむを得ない場合などは特別基準として75000円以内となります。

また、支給方法は、現金支給となります。

葬祭扶助(葬祭支援)

金額の不足により葬祭が行えない場合、足りない分を支援してくれるという扶助です。

最高でも「206000円以内」での支援が可能となりますが「葬祭をする際の、最低限の金額」が支給されることが殆どな為、必ずしも206000円が貰えるというわけではありません。

ちなみに、低所得世帯についてですが、仕事をしていなければ対象となる、というわけではありません。

あくまでも「現在働いている仕事の給料での生活が厳しい方」それに合わせて「金融業者からお金を借りても、返すのが難しい」と判断された方のみとなります。

つまり「本当にお金に困っている人」にしか利用できないという点に気をつけてください。

関連記事をチェック!

2211view

市役所や国からお金を借りる方法【借りられる条件や金利は?】

お金がない。そんなときは市役所に相談することでお金を借りることができるかもしれません。 役所がお金を貸すなんてあり得るのか?と思うことでしょう。 確かに役所が貸金業の代わりにお金を貸してくれるわけ...

総合支援資金の貸付けを申し込むには

この支援制度を利用する為には、まずハローワークへの求職申し込みと職業相談が必要です。

そのうえで、市区町村の社会福祉協議会へ支援の相談と申し出を行ってください。

ちなみに、この公的支援を利用する為には、以下の必要書類が必要になってきますので、詳しくは社会福祉協議会の窓口で聞くようにして下さい。

必要書類の例
  • 健康保険証及び住民票の写し
  • 世帯の状況が明らかになる書類
  • 連帯保証人の資力が明らかになる書類
  • 住宅借入れが必要な場合は、不動産契約書のコピー

◆政府広報オンライン公式サイト:「生活福祉資金貸付制度とは」

辛い返済を少しでも楽にする方法

しかし、そんな辛い借金返済も、努力や工夫次第で「少しでも楽にする」方法があります。

ここからは、そんなテクニックや考え方について、お伝えしていきたいと思います。

現実に目を向ける

借金返済が辛くてたまらない人の特徴として、「自分の借金から目を背ける」という習性があります。

途方も無い負債額や毎月の返済額という現実を見るのが怖くて、それらの現実から目を背けてしまいます。

その結果、毎月の返済も無計画になってしまい、いつまで経っても借金が減らないという負のスパイラルに陥ります。

そのような人は、まずは自分の「借金」という現実に目を向けるようにして下さい。

そして、返済計画をきっちり立てるようにし、それを手帳などに書き起こして「見える化」するようにして下さい。

毎月の返済額を明記して、それをペンで消していくと、達成感も味わえます。

これを繰り返していくと、着実に返済していっている実感を抱く事ができ、返済の辛さからも少し解放されます。

繰り上げ返済

返済計画を立てた後は、毎月の返済指定日だけ返済をするのではなく、給料日の直後や臨時収入があった際など、常に随時返済をするようにして下さい。

借金返済を少しでも早く済ませるコツは、「とにかく元金を減らす事」です。

利息だけの利払いだけでは、当然いつまで経っても借金は減りません。

例え1万円でもかまいませんから、余分なお金はとにかく返済に回すようにする事がポイントです。

関連記事をチェック!

借金の返済をしながら貯金するための節約方法

お金を借りては返済する・・・といったことを繰り返していると、「このまま貯金もせずに、返済を続けていてもいいのだろうか?」と不安になるときがありますよね。 お金が必要になる度にどこかから借りる習慣がつい...

借金の返済をしながら貯金するための節約方法

新たな借金をしない

いくら返済が辛くても、返済の為の新たな借金をする事などは、絶対にやめておきましょう。

その場を切り抜けることが出来たとしても、結局は負債が増えるだけです。

もしそのような事態に陥りつつある場合は、近い将来まとまった収入が予定されている以外は、債務整理という選択をしたほうが無難です。

家族に相談する

借金をしている人は、家族に内緒でお金を借りている人がほとんどだと思います。

しかし、借金返済の辛さかから抜け出す為には、家族に打ち明けることが重要になってきます。

借金を告白した際には、怒られるかもしれませんが、そこは家族です。

最終的には完済まで応援してくれるケースが多いようです。

特に夫婦間で秘密の借金をしている場合は、辛いでしょうが思い切って打ち明けてみることをおすすめします。

計画的に返済をするテクニック

計画的に返済をするテクニック
では、このような常に返済が厳しい人…というのは、どんな対策をすればいいのでしょうか?

いくつかのテクニックをご紹介したいと思います。

①返済計画を明確に立てる

まず最初にやるべきこと、それは「返済計画をたてて、それを見える化する」ということです。

返済計画を漠然と頭で考えているだけでは、意識は弱まってしまいます。

ノートや手帳に書き出して、「毎月いくら返済するのか?」「完済まであと何日」ということをいつも目にするところに書き留めておくことが大切です。

そして、そうやって書いたことを、毎日目を背けずに見ていけば、返済への意識も高まって、無計画に借金を繰り返すことはありません。

借金の効果的な返済計画の立て方!完済すると決意した人必見!
借金返済を頑張る4つの秘訣

元本を減らす

借金を返済する際に重要なことは、借金の「元本」を減らすことです。

借り入れを行っていると、定期的に返済を行わなければなりませんが、その際に返済するお金は元本の返済と利息の支払いに充てられています。

利息の支払いに充てられている金額が、返済している金額の大半を占めているようだと、元本はなかなか減らずにいつまで経っても借金の返済が終わらないということになりかねません。

消費者金融等の返済シミュレーションを利用すれば、支払っている金額における、元本の返済と利息の支払いに充てられているお金の内訳を確認できるので、返済計画を立てる際の参考にするといいでしょう。

なるべく早く、元本の返済に充てられているお金が多くなるところまでたどり着きたいですね。

返済に優先順位をつける

多重債務者のかたは、返済しなければならないところが多いので、いつまで経っても借金が完済できないという悩みを抱えがちです。

複数のところから借り入れを行っている場合、最低限行わなければならないことが「すべてのところに延滞せずに返済する」であるということは、間違いありません。

それが行えているのであれば、次は返済に優先順位を付けて、金利が高い借り入れを早めに完済してしまうことが重要です。

返済が長引くことは仕方ないとしても、金利が高いところの返済を長引かせるのと金利が低いところの返済を長引かせるのでは、前者のほうが総返済額が増えてしまうのは言うまでもありません。

手持ちのお金に余裕があるときに随時返済を行う場合は、金利が高めのところに優先的に返済を行うようにしましょう。

②収入を増やす

つぎに、中々難しいことではありますが、収入を増やすということも重要です。

もしサラリーマンなど給与所得を得ている人なら、何らかの副業をすることで少しでも収入を増やせるでしょう。

もしそれが無理なら、家の不要品を売って少しでも返済に充てるなど、とにかく「コツコツ努力をする」ということが、とても重要になってきます。

収入足りない!と悩んだ人が読むべき対処法

③借り換えも検討

先でも触れましたが、特に消費者金融カードローンなどの比較的高い金利のカードローンを、複数社から借りている場合などは、各社の金利負担も相当なものになっている可能性があります。

そんな時には、是非借り換えローンを検討してみてください。

アコムやプロミスでは、借り換えローンを取り扱っており、審査の結果次第では数社の借金をまとめられて、さらに現在の借り入れ利率より金利を下げてもらうことも可能になります。

しかも、この借り換えローンは返済専用のローンになりますので、返済が厳しい時に「ついつい借りてしまう…」という意思が弱いかたにとっても、最適なローンと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

653view

借金の借り換えとは?メリット、デメリット

借金を借金で返す。 この自分で自分の首を絞めるだけの方法で、借金返済に追われている人も多いことでしょう。 しかし、この方法で借金を完済できた話は聞いたことがありません。 そこでおすすめしたいのが...

④不用品を売って返済に充てる

毎月の収入だけでは返済に充てるお金を捻出するのが正直しんどい…という場合には、自宅にある不用品を売って得たお金を返済に充てることも検討してみましょう。

これまでまがりなりにも返済を続けてこられたのであれば、あるタイミングで返済金額がまるまる全部足りなくなるというような可能性は低く、「今月はちょっと足りない…」というようなケースが大半でしょう。

そのような場合は、不要品を質屋やリサイクルショップで販売して得たお金を返済に回すことで、何とかしのげるはずです。

ただ、返済が厳しくなるたびに不用品を売ってお金を作るというのは、その場しのぎの対処と言われても仕方ありません。

それならいっそのこと、車のような高い金額で売却できるものを売ってしまって、一気に返済を進めてしまうというのも1つの考えかたかもしれません。

ただ、車を売ってしまうと日常生活を送るのが不便になってしまう可能性もあるので、そういった点は十分に考慮してくださいね。

⑤副業をする

先ほど少し触れましたが、副業を行って収入を増やすという方法も、計画的に返済を行っていくためには効果的です。

計画的に返済を行っていくためには、返済に充てるお金をきちんと確保することが何よりも重要ですが、家計の出費はいろいろあるので、返済ばかりにウェイトを置いていられません。

そのため、本業で得られる収入で家計をまかない、副業で得られる収入で返済を行っていくようにすれば、家計に負担をあまり与えることなく、返済を継続していけるでしょう。

最近では、インターネット経由で仕事を行えるシステムが増えてきており、選べる仕事の種類が非常に幅広くなってきているのも、副業を行ううえでは追い風になるでしょう。

ただ、副業を禁止している会社も多いため、実際に副業を行う前には会社の就業規則を確認しておいたほうがいいですね。

節約して、生活費を確保する。

節約して、生活費を確保する。

こちらは対処法というよりは対策法となるのですが、節約して十分な生活費を確保するというのは重要なことです。
では、その為にどのような節約をすればよいのか、それについて紹介していきます。

・無駄な出費を押さえる

無駄な出費といっても人によって様々ですが、例えば「外食を控えて自炊する」なども効果覿面です。

それ以外にも、あまり遠くない場所には、電車や車を使わないで歩いて行く、などの些細な物でも、結果的には大幅な節約となります。

・ガスや水道を使い過ぎない

王道と言えば王道なのですが、実はこれを見直すだけでもかなり出費を抑えることができます。

本当に必要なときにだけに使う、ということを意識しましょう。

・予め、月に払う生活費を知っておく

月に必ず払う金額、例えばガス代や家賃、水道代などをあらかじめ知っておくことで、自分が自由に使える金額も知ることができます。

その為、お金の使い過ぎを事前に防ぐこともできますし「自由に使える金額」を増やすためには「月に必ず払う金額」を押さえる必要があるので、場合によっては「節約」の意識も高まるでしょう。

関連記事をチェック!

2913view

収入少なくて生活費が足りない時のオススメ副業と節約方法

生活費が足りない時は、いつまでにお金が必要なのか考えてから動きましょう。副業するかどうかは、それから考えても遅くありません。 まずは【借金VS公的資金(貸付)VS副業】の、資金調達スピードについ...

お金を借りる

お金を借りる

生活が厳しい場合には、お金を借りるという手段も有効です。

しかし、お金を借りるといっても2種類の手段があり。

「金融業者からお金を借りる」「知人からお金を借りる」これらの二つが主になってきます。

金融業者からお金を借りる

金融業者の仕事は「お金を貸す事」なので、一般の方からお金を借りる時と比べると比較的気楽にお金を借りることが出来るでしょう。

しかし、その分デメリットもあります。

そのデメリットは「利子が付く」「借りることが出来る金額に上限がある」「自分で返済日を決めることができない」という所にあります。

その中の「借りることが出来る金額に上限がある」については「自分が借りることが出来る金額は年収の三分の一以下」という規則があるので、場合によっては借りたい金額を借りることができない、ということもあるかもしれません。

関連記事をチェック!

3041view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

知人からお金を借りる

知人とは言えど、一般の方からお金を借りるわけですから多少の躊躇いがあってもおかしくないでしょう。

その為、「金融業者から借りる」に比べると、気楽に借りることができません。

しかし、その分メリットがあり「利子がつかない」所はもちろん、これは人にもよりますが「借りることが出来る金額に上限がない」「返済日を自分で決めることができる」という所もあるので、自分の借りたいように借りたい、という人にはおすすめできるでしょう。

しかし、その行為には当然「信頼関係」が絡んでくるので、絶対に返せると思ったときにのみ実行しましょう。

関連記事をチェック!

1178view

身内から上手にお金を借りる方法~税金がかかる?~

何気なく親や親戚など身内からお金を借りる場面って結構多いですよね。しかしお金を借りる方法を一歩間違えると税金がかかる場合があります。 どのようなお金の借り方なら税金がかからないのか、税金がかから...

即日でお金を借りる

即日でお金を借りる

「今すぐにでもお金を借りないと苦しい!」という方には「カードローン」がオススメです。

有名所であれば、即日でお金を借りることができたり、審査が簡単という所もあります。

「カードローン」と言っても種類はたくさんあるのですが、その中でもおすすめできるカードローンは「プロミスカードローン」です。

お金を借りる速さで言えば、他に勝るとも劣っておらず、もちろん即日でお金を借りることも可能です。

その上審査も簡単且つ素早く終わるので、誰でも早くお金を借りることが出来るカードローンだと言えます。

しかし、カードローンは金融の一種なので必ず利子が付きます。

あくまでもその場しのぎの方法となるので「今月だけはお金が必要!」という方などには有効です。

掲示板を利用する

掲示板を利用する

現在ではこのような掲示板があり、見ての通りネットを通じてお金を借りることが出来る方法となっております。

この掲示板のメリットは「知らない人からお金を借りるので気楽である」という所と「利子がつかない」「話し合いで返済日を決めることができる」という所です。

しかし、その分デメリットも豊富で「確実性が無い」「詐欺がある」という所もあります。

実際に過去には詐欺があったようで、詐欺手口の対処法なるページも作られています。

気楽でなおかつ、自由にお金を借りることが出来るというところを見るとお金借りる手段としては、これに勝るものは無いようにも思えますが、そもそもお金を貸してくれるか分からない、また貸す側にメリットがないという所もあるのであまりオススメはできないように思います。

お金振り込んで下さい掲示板は有効なのか?その真相に迫る!

貯金ができずに生活が苦しい人の特徴

貯金ができずに生活が苦しい人の特徴

人生においては多くのお金が必要です。

特に子供の教育費用や老後資金は、1,000万円から2,000万円以上の資金が必要だといわれています。

そのため、貯金をするということはとても重要なのです。

しかし、分かってはいるけれども貯金ができず、苦しい生活を余儀なくされている人もいらっしゃいます。

まずは、その特徴として、「節約しすぎでストレスを貯めた人」「高い家賃の一人暮らし生活がきつい人」「住宅ローンが負担で生活苦しい人」について紹介します。

節約しすぎでストレスを貯めた

貯金ができずに生活が苦しい人の特徴として、節約しすぎでストレスを貯めたことがある人があげられます。

節約をしすぎると、毎日苦しい日々を送らなければなりません。

食べたいものも食べれず、着たい服も着れず、娯楽も満足にできません。

そのため、ストレスが溜まってしまい、反動で貯金ができないのです。

厳しい節約によって本末転倒にならないように、気を付ける必要があるでしょう。

貯金し過ぎで生活が苦しい?それって本末転倒じゃないの?

高い家賃の一人暮らし生活がきつい

貯金ができずに生活が苦しい人の中には、一人暮らしの人も数多くいらっしゃいます。

一般的なイメージだと、一人暮らしの人は、自分の食い扶持さえ稼げば良いので、豊な生活をしていると思われがちですが、実はそんなことはありません。

一人暮らしは生活費の単価が高いので、案外貯金ができにくいのです。

特に、高い家賃のところに暮らしている場合には、固定費が高いため、生活が苦しい状態となっていることが多いのです。

生活がギリギリできつい家計に見られる3つの共通点

住宅ローンが負担で生活苦しい

ファミリー世帯の場合には、住宅ローンが負担によって生活が苦しいケースが多いようです。

身の丈に合った住宅購入価格である場合には、生活が苦しくなることは稀ですが、背伸びをした購入価格であったり、購入後に収入が減ってしまった場合には、生活は一気に苦しくなります。

住宅ローンは数十年の間、毎月支払い続けなければなりませんので、ローンを組む際には慎重になる必要があります。

住宅ローンで生活苦になる理由と、その対処法

生活が苦しい人が知るべき節約術

生活が苦しい人が知るべき節約術

生活が苦しい場合には、適切に節約をする必要があります。

今まで生活が苦しいなりにも、赤字にはならず成り立っている場合には、節約した分だけ貯金に回すことができるでしょう。

ここでは、適切な節約の方法として「事前に献立を決めて食材をまとめ買い」「月額料金がかかるものを見直す」「家計簿を付けて使途不明金をなくす」の3つを紹介します。

ぜひ、実践してみてくださいね。

事前に献立を決めて食材をまとめ買い

適切に節約する方法として、まずは食費から見直しましょう。

食費は節約の中で、最も手軽に行える方法ですので、次の買い物の時からさっそく取り組むと良いでしょう。

食費は、事前に事前に献立を決めて食材をまとめ買いすることで、効果的な節約が可能です。

献立を事前に決めておけば、余計な食材を買う必要がなくなりますし、食材を余らすこともありません。

特売チラシなどを見ながら、献立を決めるとお得にお買い物ができるでしょう。

月額料金がかかるものを見直す

月額料金がかかる家計項目の見直しも重要です。

いわゆる固定費は、一旦節約ができれば、翌月以降毎月出費が減ります。

毎回意識しなくても自動的な節約ができますので、全ての固定費を一旦見直すと良いでしょう。

具体的には、住宅ローン、保険、携帯代、インターネット、水道光熱費、新聞代などがあげられます。

ほかにも毎月かかっているものがあれば、他社切り替えや支払方法の変更で、節約効果が期待できます。

関連記事をチェック!

2682view

毎月の給料より支払いが多すぎて生活が苦しい

私が某大手消費者金融で勤務していた時に、よくあったシーンですが、この時私はいつも心の中で葛藤を覚えていたのを今でも思い出します。 支払いが大変なので、お金を借りに来る人はたくさんいます。審査をして貸...

家計簿を付けて使途不明金をなくす

節約をする上で大敵なのが、使途不明金です。

使途不明金は無意識のうちに使っているお金なので、浪費となっている場合が多いのです。

使途不明金をなくすためには、家計簿をきっちりと付けることが重要です。

毎日小まめに家計簿を付けていれば、1日数分の作業で済みますし、毎日チェックしていれば、使途不明金を見逃すこともありません。

早速今日から家計簿をつけ始めましょう。

生活が苦しい人におすすめの貯金術

生活が苦しい人におすすめの貯金術

節約をしたからといって、必ずしも貯金ができるとは限りません。

せっかく節約して浮かしたお金も、うっかり油断していると浪費してしまうこともあるでしょう。

そこで、効果的な貯金術についても紹介します。

生活が苦しい人が無理なく貯金をするには、「定期預金で強制的に貯金する」「少額の積立投資を行う」「小銭を貯金箱に入れる」方法がオススメです。

定期預金で強制的に貯金する

定期預金は、定期的に預け入れを行う預金方法で、原則定められた期間は引き出しをしないという契約です。

超短期の定期預金は1週間程度からできるものもありますが、10年などと長い期間を設定する定期預金もありますので、都合に合わせて選ぶと良いでしょう。

普通預金の金利は0.02%であるのに対して、定期預金は0.1%の商品があるなど、普通預金よりも有利な金利となっているので、しっかりと貯めることができます。

少額の積立投資を行う

投資信託で、少額の積立投資を行うのも良いでしょう。

投資信託とは、プロが資産運用をしてくれる方法で、多くの商品がラインナップされています。

中でも、楽天証券が提供している投資信託は、毎月100円から行うことが可能なので、運用実績を確かめながら、無理なくお金を貯めて行くことができるでしょう。

投資初心者にもオススメの方法です。

小銭を貯金箱に入れる

小銭を貯金箱に入れることも実践してみましょう。

毎日100円ずつ貯金箱に入れる人もいれば、毎月500円ずつ貯金箱に入れる人もいますし、500円単位以下の小銭は毎回貯金箱に入れるという人もいらっしゃいます。

たとえ小銭だったとしても、長期間経つとそれなりのお金が貯まります。

実践しやすい手軽さもオススメの理由の1つです。

関連記事をチェック!

1099view

【急な出費に備えた貯金術】面白いほど貯まる5つのコツ

毎月、頭を悩ます数多くの出費…。 家賃や食費など、最初から支出額が分かっているものならともかく、時折生じる予期せぬ急な出費は生活費を圧迫し、家計をうまく回していくのが困難なときもあります。 今回は...

実家に頼る

生活していく中で、日用品や食材のような毎日利用するものに対する出費は、意外とバカになりません。

1つ1つの金額は高くはないものの、種類が多いうえに毎日利用しなければならないので、購入する機会も多くなりがちだからです。

そういった日用品や消費財に対する出費で困っている場合には、実家を頼ってみるのも1つの方法です。

学生のときに一人暮らしをしたことがあるかたなら、親から送られてくる仕送りがどれだけ生活の助けになったかは、忘れることはないでしょう。

「大人になってまで親に頼るのは…」と思われるかたもおられるかもしれませんが、借金をきちんと返して真っ当な生活を送っていくためには、背に腹は代えられません。

借金を完済して親からの仕送りが必要なくなったときには、感謝の言葉と共に親に何かしらの恩返しをするといいでしょう。

急場しのぎにはカードローンで借りる

急場しのぎにはカードローンで借りる

生活が苦しく、貯金ができない人は、金策の必要性にかられていることも多いようです。

急場さえしのげば自立できるけれども、資金がショートして困っている場合には、一時的な借金も効果的です。

ここでは、個人が無担保無保証人で金策できる手段として「銀行から低金利で借りる」「大手消費者金融で便利に借りる」「街金から確実に借りる」方法を紹介します。

銀行から低金利で借りる

銀行からお金を借りるには、個人の場合ハードルが高いように思われるかも知れませんが、銀行カードローンであれば気軽な借り入れが可能です。

およそ14%程度の金利で、安心の銀行ブランドでお金を借りることができるため、金策に悩んでいる人の助けとなってくれるでしょう。

関連記事をチェック!

374view

個人が銀行融資を低金利で受ける方法

お金を借りるときにはできる限り低い金利で融資を受けたいのは、誰もが同じです。 銀行には様々なローンがあり、金利の決まり方もローンによって異なりますし、そもそもローンの種類によって金利が高いものも...

大手消費者金融で便利に借りる

大手消費者金融であれば、さらに気軽にお金を借りることが可能です。

ほとんどの業者が最短即日融資を可能としているため、急ぎの時にも安心です。

無人契約機や、スマホアプリでの取引、レディースローンなど、サービスの充実ぶりには目をみはるものがあり、多くの人から支持を集めています。

金利は18%程度と、銀行カードローンよりも高めに設定されています。

関連記事をチェック!

4166view

一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか。 大手消費者金融は借りやすい? 大手消費者金融は、銀行と比べて借りやすいとよく言われます。 大手消費者金融では、IR情報として新規貸し付け率...

街金から確実に借りる

中小規模の消費者金融は、いわゆる街金と呼ばれ、審査に自信がない人にも積極的に融資をしています。

金利は20%と高い業者が多いのですが、幅広い層が気軽に利用できる身近な業者として、金策の相談を数多く受けています。

街金は会社ごとにサービスの個性がありますので、あなたの状況に合った業者を選ぶと良いでしょう。

関連記事をチェック!

2926view

審査が甘い借りやすい街金融ランキング【闇金との違いを見抜いて安心利用】

銀行や大手消費者金融のカードローンの審査に通らない。 そんな時は「どこからもお金を借りることができないのでは?」と暗い気持ちになってしまう人も少なくないのではないでしょうか? しかし、銀行や大手消...

返済が楽なリボ返済の危険性

また、カードの返済が厳しくなった際に、ついつい利用したくなる「リボ返済」ですが、このリボ返済にも注意が必要です。

元金が中々減らない

リボ返済で注意したい事…、それは「元金が中々減らない」と言う点です。

どういう事かと言うと、ほとんどのリボ返済の場合、毎月の借入れ残高に応じて、最少返済額が少なめに設定されています。

例えば、アコムの場合は「定率リボルビング方式」というリボ返済の方式が採用されていますが、例えば最後に50万円を借り入れた場合の最少返済額は、50万円×3%=1万5千円という事になっています。

ただし、このうちの半分は利息負担分となりますので、実際に元金が減るのは7,500円程度という事になります。

つまり、リボ返済は毎月の返済が一定で安心かもしれませんが、それに甘えているといつまで経っても中々元金が減らないという事になってしまいます。

借金返済地獄はリボ払いから始まる

つい追加でキャッシングしてしまう危険性

また毎月の返済が一定…という事は、「まだまだ借入しても大丈夫」という変な心理状態に陥るリスクもあります。

例えば先ほどの例でいくと、アコムは30万円~100万円までの借り入れなら、最終借り入れ金額×3%が最少返済額となりますので、50万円の借り入れで1万5千円、さらに借り入れを10万円増やしても60万円×3%=1万8千円が最少返済金額となります。

つまり10万円借入が増えても、最少返済額は3千円しか変わらない為、「もう少しくらい借りてもいいか…」という感じで、どんどん債務が膨らんでいくリスクがあります。

おまとめローンで借金をまとめるのもあり

まだある程度返済できる範囲で借金が多くなってきた場合だと、おまとめローンは有効です。

おまとめローンで借金をまとめるのもあり
※アコムHPから引用

おまとめローンは複数社の借り入れを1社にまとめることによって、毎月の返済金額を減らすものです。

毎月の返済額が減ることで、元金の返済が可能になる、また1社にまとめることで複数社と電話のやり取り等行わずに済みますので、精神的にも楽になります。

借金を返済しても返済しても元金が減らない場合は、おまとめローンの検討をおすすめします。

逆にもしあなたが借金が多く苦しい場合でも、元金を減らせているなら、あえておまとめローンでまとめる必要もないと思います。

関連記事をチェック!

1243view

おまとめローン後に他社借入をすることは可能?

おまとめローンを利用すると、もう他社借り入れできないという情報をよく目にします。 しかし、どうして借金を一本化すると、他社借入が難しくなってしまうのでしょうか。 金融関係の知識がないと、不思議に感...


関連記事をチェック!

670view

借金一本化の審査基準とできない理由【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと具体...

毎月の返済額が減らせる

おまとめローンのメリットとしては、複数あった借入先を低金利な1社でまとめることで返済管理がしやすくなり、支払利息も減らせる可能性があります。

また、もし毎月の返済額が多くて返済が大変だという場合は、おまとめ時に毎月の返済額を減らすことも可能です。

返済額を減らすことで毎月の生活に余裕がでる可能性もあり、余ったお金で少しずつでも毎月貯蓄をするようにしましょう。

少しずつでも返済に余裕がでるようになれば、生活を立て直せる可能性が高いです。

ただし、毎月の返済額を減らすと支払利息は増えます。

結果的におまとめ前よりも総返済額が増えたということにもなりかねないため、返済額をどれだけ減らすのかよくシミュレーションをする必要があるでしょう。

おまとめローンのデメリット

ではおまとめローンのデメリットは何でしょうか。

実は意外な落とし穴があります。

おまとめローンを利用すると返済先は1社。

金利も下がります。

かなり条件が良くなるのは確かです。

しかし、返済回数が長引くと、普通に返済した方が実は返すお金が少なかったと言う逆転現象が起きます。

これはほとんどの人はおまとめローンに1本化して、かなり楽になり返済するお金も少なくなったと思っていますから、意外にこの事実を知らない人が多いです。

知らない方が良かった話かも知れませんがこれが現実です。

ですので、もしあなたがおまとめローンを利用する際は、申し込みを行った後に支払利息が総額どれくらい掛かるか、計算をする必要があります。

※お金を借り入れした際に、書類として金利がどれくらいか明示されているかと思います。

また先にも紹介したように、返済総額は増えても毎月の返済金額を減らしたいケースの場合は、おまとめローンを利用してもいいかも知れません。


おまとめローンのデメリット

銀行などでは、おまとめを行うことで、利息負担がどの程度変わるのか、毎月返済額がどのくらい減少するのかなどのシミュレーションを行ってくれます。

また、自分でも検索エンジンなどで「返済予定表」と入力すれば、今の借入金残高、金利、毎月返済額さえ分かれば、完済時の利息負担はどの程度になるのかを調べることができます。

先ほどの例でいうと、

  • A社カードローン残高40万円、毎月返済額10,000円、金利18.0%
  • B社カードローン残高60万円、毎月返済額10,000円、金利17.8%
  • C社カードローン残高50万円、毎月返済額10,000円、金利18.0%

であった場合、

  • A社利息総支払額:約22万円
  • B社利息総支払額:約90万円
  • C社利息総支払額:約43万円

となります。

これを年率10%で10年かけて返済する場合、

毎月返済額:約20,000円、利息支払額:約88万円となり、金利負担だけで、約70万円のメリットが出るということが分かります。

おまとめの際に注意することは、

  1. 今の返済を続けていった場合の利息負担はいくらか
  2. おまとめを行った場合の利息負担はいくらか
  3. おまとめ後の毎月返済額を低くするために期限を延ばした場合におまとめ後の方が利息負担が大きくならないか

に注意する必要があります。

長期返済計画になる覚悟が必要

おまとめローンは金額が大きくなることから、借金の返済期間が長くなる傾向にあります。

いくら金利が低い銀行と言っても、5年や6年、まとめる金額によっては10年近くかかることもあります。

長期返済になるため、その期間内に起こるかもしれないイベントも返済計画の中に入れておく必要が出てきます。

イベントとは例えば次のようなものです。

・子供の入学や卒業
・冠婚葬祭
・車の買い替え
・住宅の購入
・引っ越し

借金を一本化するおまとめローンを契約した後では取り消しができません。

毎月の収支決算がどのくらいプラスになるのか、そして、できればおまとめローンとして返済するお金を差し引いても預貯金できるくらいの余裕があった方がいいですね。

急な出費となりやすい「お葬式などにお金を備えておくことが必要です。ボーナスなども計画を立てて、子供の入学や卒業に準備することも大変重要となってきます。

利息負担が大きくなる場合も

おまとめローンは複数ある借金を一本化できるために、おまとめローンの審査に通ったら借金問題が解決したと考える人が結構います。

しかしおまとめローンの返済期間は長期間です。

金額が多くなれば多くなるほど返済期間が長くなります。

その間返済しようとモチベーションを高めなければなりませんし、何と言っても、返済期間が長くなればなるほど利息負担が大きくなるのです。

確かに毎月の返済額が少なくなり、借金完済への道が開けたとは言っても、いくら利息を支払うのか考え、繰り上げ返済できるならボーナスなど臨時収入が入った時に少しでも返済しておきたいですね。

延滞すれば金融事故になる

返済期日になってどうしても返済することができなければ滞納です。

債権者が銀行だろうがノンバンクだろうが関係ありません。返済しなければマニュアル通りにあなたに対して請求をしてくるだけです。

最終的に催告書が送られてきても返済しなければ滞納ではなく延滞となり、信用情報機関に金融事故情報として登録されてしまいます。一度登録をされてしまうと借金を完済しない限り消えることはありません。

また借金を完済したとしてもすぐには消えません。情報が消えるのは借金を完済してから5年後のことです。

その間はカードローンやクレジットカード、もちろん住宅ローンや自動車ローンを契約することはできません。

収入で困っている場合はどうする?

収入で困っている場合はどうする?

ではそれぞれの項目のとらえ方について詳しく説明していきましょう。

まずは収入ですが、収入で困ることといえばほとんどのケースで「収入が少ない」ということだと思います。

収入が少ない状態を改善するにはどうすればいいのでしょうか。

収入を増やす方法を模索する

収入が少ないのであれば、どのような手を使ってでも収入が増えるような方法を模索すべきでしょう。

正社員の人であれば昇進・昇給を狙う、派遣社員の人であれば契約更新のときによりよい条件で契約を結んでもらえるようにする、アルバイトの人であれば今までよりもたくさんシフトに入るようにする、などが考えられます。

また、より柔軟に考えるのであれば本業以外に副業を行う、配偶者の人にもパートやアルバイトで収入を得てもらうなどの方法でも収入を増やすことは可能です。

生活が苦しくて困っているというのは家庭全体の問題でしょうから、自分だけでなく配偶者の人の力も借りて解決策を考える必要があるでしょう。

関連記事をチェック!

3119view

【月40,50万稼ぐには】バイト・副業・学生でも実現可能!

1ヶ月に40万円や50万円稼げると、ゆとりのある生活ができるかと思います。 しかし、同じ額を稼ぐとしても、社会的立場によって労力が変わります。 バイト・副業・学生、それぞれの立場で稼ぐ方法をお伝え...

年齢によっては転職も考える

収入を増やす方法としては転職という選択肢もありえます。

転職する前と転職した後の給料差によっては収入をグッと増やすことも可能ですが、必ずしもそんな条件のいい転職先が見つかるとも限りません。

また、年齢によってはそもそも転職という選択肢自体が厳しいという可能性もあります。

それでも転職を検討してみたいという場合には、まずは転職エージェントなどを利用して自分が実際に転職できそうな企業がどれぐらいのところになるのかを確認してもらうといいでしょう。

その結果によっては、転職を考えるという方向に舵を切ってみてもいいと思いますよ。

お金が欲しいから転職…は失敗する!?成功する転職のコツとは?

将来を見越して投資も検討する

また、収入を得る先を複数持っておいたほうが生活は安定します。

先ほど副業をオススメはしましたが、副業を行えるような状態にない場合には、本業以外に収入を得る方法として投資を行うということを検討してみてはいかがでしょうか。

投資と言ってもデイトレやFXのような短期のものは収支が安定しないため、安定して収入を増やしたいという場合にはあまりオススメできません。

いわゆる優良株と呼ばれるような株式を長期に亘って保有し続けて、配当金や株主優待を受け取るという方法がもっとも安定するでしょう。

しかし安定するとは言っても投資である以上、損をする可能性もゼロではありません。

個人で投資を行うのが不安だと思うのであれば、信託銀行や証券会社などの専門的な金融機関に頼りながら行うのがいいでしょう。

関連記事をチェック!

1018view

お金がないけどFXを始めるには?

お金が欲しい!FXの魅力 FXで儲けたという話を耳にしたことはありますか? 書店のビジネス書コーナーに行くと、FXに関する書籍が平積みされていますよね。 誰でも簡単に始めることができる投資・...

関連記事をチェック!

454view

投資資金の作り方。種銭を稼ぐための3つの方法

最近では仮想通貨やidecoなど、日本でも「投資」に関する話題が、ニュースでも盛んに取り扱われるようになってきました。 この記事を読まれている方の中にも、「既に何らかの投資をしている」、又は「投資に...

意志が弱いなら借金できなくする強制措置も

しかし、以上のように借金している人の中には自分の意志が弱く、ついついキャッシングをしてしまうという例も少なくありません。

そのような場合には、日本貸金業協会の貸付自粛制度を利用する、という方法があります。

この貸付自粛制度に登録しておくと、その情報は信用情報機関に登録されます。

その為、JICCやCICに登録しているローン会社などにキャッシングの申し込みをしても、信用情報機関への照会の時点で「この人には融資をしてはいけない」という事がわかる為、審査が通過できない仕組みになっています。

尚、この制度は本人はもちろん、家族でも行えます。

◆日本貸金業協会公式サイト:「貸付自粛制度」

お金借りれないようにする方法

借金生活からWワークで脱出?

借金生活からWワークで脱出?

生活費が足りない、だけれど借金するのはイヤだという考えは健全ですね。生活苦はともかく、借金苦は返済しなければならないという義務が生じるだけに心理的に追い込まれてしまいます。

それでも借金をしてしまったら毎月返済するのにお金が必要ですよね。

借金でも住宅ローンや車のローンのように、購入したものが残るなら返済しようというモチベーションも高く持ち続けることができますが、生活苦のために借金をするというのは、すでに使ってしまったお金を返済するのです。

返済する目的がどうしても薄くなってしまうのは避けることができません。それでも借金苦になってしまったのならWワークで働き、収入を増やすというのが本来あるべき姿と言えるでしょう。

多くの場合は実店舗で時給900円から1,000円程度で働くのが普通でしょう。会社の休みのとき、例えば土日に働くというのなら3時間ずつ合計6時間働くことができますね。

  • 時給1000円x6時間=6,000円
  • 6,000円x月4回=2万4,000円

以上のような計算が成り立ちます。でも実店舗で働くというのは体力も使うことから、からだを壊さない程度に仕事をするべきです。借金苦から脱出するには今ある借金がいくらあるのかということも考えなければなりません。

おすすめ!ばれない副業の選び方【給料手渡しはOK?】

借金100万円ならなんとかいける

借金100万円ならなんとかいける

借金が100万円になると毎月の返済額はいくらになるのかシミュレーションする必要があります。

筆者が計算したところによると、金利年14.5%のカードローンを利用し、36回払いで借金100万円を返済するなら毎月の返済額はおよそ3万4,500円です。前項のWワーク分だけでは足りませんね。

なんとか毎月2万4000円くらいで返済しようとするなら60回払いならできるようです。給料分はすべて生活費として使い、借金分はWワークで働いた分で返済することができます。

しかし返済するまで5年かかるわけですから、その間の精神力や肉体的な疲労度は相当でしょう。でも何とか借金100万円程度なら借金苦から脱出することはできそうです。

借金400万円では借金苦へ

借金400万円では借金苦へ

しかし借金額が400万円になるとさすがにWワークだけでは間に合いそうもありません。借金苦になるのが既に見えています。

なぜならカードローンの金利8.0%で60回払いだとしても毎月の返済額は、筆者計算で約8万1,000円です。毎月8万1,000円も稼ぐのは単なるアルバイトではなくほとんどパートと変わりがありません。

生活費を切り詰め、Wワークをこなしてもそれだけの金額を作るのは容易ではないでしょう。

アナタ名義の家や不動産があり、それを担保に銀行からお金を借りて返済するというのなら、金利2.5%で10年ローンができるかどうか銀行へ相談しないとなりません。

それでも筆者計算で毎月の返済額は約3万8,000円です。10年もWワークをするというのはちょっと現実的ではないですよね。10年の間にはいろんな出来事が起こるでしょう。その度に急な出費が必要となるものです。

毎月の給料だけで生活が精一杯だというのに、急な出費となると対応することができませんね。

関連記事をチェック!

1433view

400万円の借金を返済するには

「借金の返済」と言葉にするのは簡単ですが、実際に行うのは容易くはありません。特にそれが400万といったような高額な金額になった場合にはなおさらです。 今回はそんな借金の返済に関して、返済計画や支...

借金苦うつ病になってしまう前に

借金苦うつ病になってしまう前に

借金苦を思い悩むがためにうつ病にかかってしまう人が多いです。

うつ病になる原因がすべて借金苦のためということは言えませんが、少なくとも借金を返済するだけのお金がなければ、精神的に追い込まれていたとしても無理はありません。

ただでさえお金がないのに、友人や同僚から飲み会に誘われても財布の中に入っているお金はごくわずか。借金返済の期日が迫っているのに「飲んでいる場合ではない」。

なんとか無理をしてアルコールでストレス解消さようとしても、常に頭の中には借金返済のことが引っかかってしまいます。ストレスは一向に解消されることはありません。

頭の中の考えがほとんど借金のことで埋まっている状態では、おそらく仕事も手につくことはないでしょう。

借金返済のことを考えるあまりに、仕事でのミスを連発してしまうことも多くなってしまいます。仕事のミスは上司から叱責される以外にも同僚からの視線も気になります。

借金苦によるストレス、仕事がうまくいかないストレスが重なってしまえば会社に行くことさえつらいですよね。2倍のストレスを抱えていたのではとても精神的に持ちませんよ。

借金苦とうつ病で抜け出せない悪循環!完済のための対処法は?

借金をしていることに開き直る

いくら悩んだところで借金が減ることはありません。くよくよしていても仕方がありません。

「借金苦でうつになるなんて馬鹿らしい」

いくら借金をしても怖いお兄さんが自宅まで取り立てにくることや、勤務先まで追いかけられるということもありません。まして借金を支払わないから逮捕されてしまうということもありません。

「開き直りましょう」

無い袖は振れない、と開き直ってみるのも借金苦から脱出するには有効です。 借金苦で悩んでいるのなら後述する方法でいくらでも借金苦から逃れることはできるものです。

関連記事をチェック!

183view

7000万円の借金で死ぬなんてアホ過ぎる話し

7000万円の借金があったらまず返済するのは不可能ですよね。仮想通貨やFX取引で一発逆転することもあるかもしれませんが、逆に借金を増やしてしまう可能性の方が高いです。はっきり言って借金で死ぬなんてアホ...

借金苦で死亡するとどうなる?

借金苦で死亡するとどうなる?

本当にうつ病になってしまうと正常な判断が出来なくなってしまうことがあります。

将来に対して希望が持てない「絶望状況」に追い込まれてしまうそうです。

明日返済期日なのにお金を工面することができない。

「いっそラクになりたい」

借金苦で自殺する人は少なくありません。でも考えてみてください。アナタが死亡したからといって根本的に借金を解決することができないこともありますよ。

カードローンの借金なら無担保・無保証ですから、アナタが自殺して死亡することにより家族に借金の請求が行くことはなくなるでしょう。

しかし借金は何もカードローンに限ったことではありませんよね。住宅ローンなど連帯保証人がある借金で、まして保証人が家族だったりすれば、アナタの借金はすべて家族に押し付けてしまうことになります。

関連記事をチェック!

1948view

借金苦で自殺したらどうなる?自殺したいと考える前の債務整理

私がカードローン会社に努めている際も、借金苦を理由に自殺されるお客さまもいました。 借金という観点からすると自殺は自分だけで事が済まされることではなくなり、場合によってはご家族やご両親に負担が回...

死亡保険金が支払われないこともある

死亡保険は自殺によって保険金が支払われないことがあります。

保険加入から1年以内や3年以内の契約期間内に自殺によって本人が死亡した場合は、保険金の支払いをしなくても良いことが保険契約約款の中に書いてあるはずです。

他にも借金を返済することを目的として自殺したことが調査によってわかってしまうと、同じように死亡保険金が支払わられない可能性が非常に高いです。

逆に自殺の仕方によって遺族に対して損害賠償請求されてしまうということもないとは言えません。

自宅で首を吊って自殺したのならまだなんとかなるとしても、ビルから飛び降りる、ホテルで自殺するように、他人に対して迷惑がかかるような自殺の方法は相手方から相当額の損害賠償をされてしまうことがあるのです。

電車に飛び込むこともそうですね。新幹線を止めてしまえばどれだけの人に迷惑をかけてしまうのか。新幹線に限らず踏切内で自殺した場合でも、事故処理や電車の遅延による乗客への迷惑のことも考えてみましょう。

借金苦のために税金を滞納していた場合は、当然ながらアナタがたとえ死亡したとしてもなくなることはありません。

遺産相続は財産のあるものだけを相続するのではなく、負の遺産に対しても相続の義務を負うのです。

借金による自殺は根本的な解決にはなりません。自殺するほどの勇気があるのなら信用情報をキズつけてしまうことなど軽いものですよ。

アナタが自殺をし、死亡保険金によって借金を解決しなければならないほどの多額の借金ならいっそ自己破産をした方がラクではありませんか?

家族はアナタを失った悲しみを背負って生きていかなければならないのです。それほど借金のことで悩んでいるのに助けてあげることができなかった、と責任を感じてしまうでしょう。

家族が精神的な重圧に耐えることができず、後追い自殺をしてしまうこともあることです。

アナタが自分勝手に精神的にラクになりたいというだけで自殺をすることは、決して許されることではありません。

関連記事をチェック!

73view

消費者金融は生命保険の保険金で弁済要求できない

生命保険の保険金で消費者金融に借金を返済することは借主や家族の自由意志によって行うことができます。しかし消費者金融は生命保険の保険金で返済を要求することはできません。 テレビドラマや映画で消費者金融...

消費者金融は生命保険の保険金で弁済要求できない

関連記事をチェック!

1798view

借金をしていた相手が死亡した場合返済する必要はあるのか

借金返済中に相手が死亡した場合、借金の事実もすべてなかったことになるのか、もし今後も返済が必要なのであれば「一体誰に返済をしなくてはならないのか?」という疑問点が出てきます。 借主が死亡した場合...

借金しないと生活できないは危険

そもそも借金しないと生活ができないというのは、支出と収入のバランスが完璧に崩れている状態です。

支出> 収入

上記のような状態だと借金の返済はおろか、毎月の生活までままならないという状態に陥ります。

借金が年収の1/2に達しても危険なのに、収入が支出に追い付いていないのはとても危ないです。

この状態に陥ると、徐々に精神が病んでいき、心身ともに元気がなくなっていきます。

身内や親せきからの援助や臨時収入の当てがない限り、債務整理を行うのが賢い方法でしょう。

年収1/2以上の借金は返済が苦しい

銀行カードローンの場合、総量規制対象外で年収の1/3以上でも借り入れすることは理論上可能ですが、銀行としても年収の1/2くらいまでしか貸し付けないケースがほとんどです。

これは返済限界と言われるもので、年収の1/2以上の借り入れをしている債権者は、非常に危ない、とみなされているためであります。

また、銀行カードローンの過剰融資が問題となったことで、銀行であっても総量規制に準ずる規制を行っているところも増え、1/3以上借りられなくなっているのも現状です。

もしあなたが借金によって精神的にも病んだ状態がここ最近すすんでいる、ということでしたら債務整理を検討してもいいでしょう。

そこまで借金をしてない生活苦の場合、元金の返済が十分に行えていないようでしたら、おまとめローンで複数の借り入れを1本にまとめるのがいいです。

生活が苦しくても元金の返済が行っているということでしたら、借金のおまとめはせず、収入源を増やしたり支出を減らしたりするなどして、なるべく借入先を減らしていくようしていくのがいいでしょう。

以下の記事でも書きましたが、夕食を食べる際も18時などに購入しようとせず、閉店ギリギリを狙って半額で購入する、など支出を減らす方法はいくらでもあると思います。

関連記事をチェック!

2682view

毎月の給料より支払いが多すぎて生活が苦しい

私が某大手消費者金融で勤務していた時に、よくあったシーンですが、この時私はいつも心の中で葛藤を覚えていたのを今でも思い出します。 支払いが大変なので、お金を借りに来る人はたくさんいます。審査をして貸...


100万円借金したら、どうやって返済する?

年収額にもよりますが100万円程度の借金なら何とか返済できそうです。

消費者金融カードローンなら2社からの借入、銀行カードローンなら1社からの借入を想像してみればいいでしょう。

消費者金融、銀行に限らず100万円の借金なら、毎月の返済額は2万円から3万円程度で収まります。

しかし既に収入よりも支出の方が多いとなると、返済金を捻出することはかなり難しくなります。

まずは収入と支出のバランスを整えることを優先的に考えましょう。

毎月いくらの収入があって支出額がいくらあるのか認識することが大切です。

家計簿をつけている人なら簡単なことですが、家計簿をつけたことがない人でも、入ってくる給料はほとんど一定額ですので、毎月返済しなければならない食費を含んだ生活費、借金の返済先などを全てノートに書き出してみましょう。

関連記事をチェック!

576view

200万,300万円の借金返済方法

この記事はこんな人におすすめ この記事は次のような人におすすめの記事となっています。 200万、300万円の借金があり、返済できるか不安な人 返済資金の捻出方法を知りたい人 借...

収入を増やして借金を返済する

どうしても借金の返済分だけ足りないようであれば、次に取るべき方法は2つです。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

どちらか一方だけでも構いませんが、両方行うことでより借金の返済がしやすくなるはずです。

しかし収入を増やすというのはサラリーマンならWワークとなり、できるだけ土日は休養日に当てたいと思いますよね。

でも仕事というのは何も外へ稼ぎにでるとは決まっていません。

在宅ワークによって収入を増やすことも決して難しいことではありませんね。

月に3万円くらいの収入で良ければインターネット検索で「在宅ワーク」と入力することで、あなたができそうな仕事を見つけることが行きます。

100万円くらいの借金返済なら在宅ワークでも十分賄えると思います。

関連記事をチェック!

2035view

借金を返せない、なんとかしたい人必見!一気に早く借金を返す方法

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考えなけ...


支出を減らして借金を返済する

支出を減らす、その中でも重要なのは食費や水道光熱費などですね。

今までコンビニを利用していたのなら会社の休みの日にスーパーで食料品や飲料水を調達するようにしましょう。

購入するものによっても異なりますがスーパーで買うことで20%程度浮かすことができそうです。

具体的に言えば缶コーヒー1本、コンビニなら130円程度ですがスーパーなら90円程度で買うことができます。

もちろん食事は自炊です。

たとえスーパーは安いと言っても、出来合いのものを買ってきたのでは人件費が掛かっている分だけ価格に加算されています。

1人分作るのでは食材が多すぎると言うのであれば、自炊して余ったものを冷凍して保存しておくのも節約生活には欠かせません。

ご飯を炊きすぎた、食パンの量が多すぎたと言うのならラップで包んで冷凍してしまいましょう。

他にも次のような節約方法が有効です。

  • 携帯電話料金のプランを見直す
  • 不要な雑誌は買わない
  • 水道を出しっぱなしにしない
  • 電気はこまめに消す

会社に持っていく昼ご飯も外食はやめて、お弁当にしましょう。

飲み水もステンレスボトルを利用して自宅で用意して持って行くこともかなり有効的です。

これだけを実行するだけで3万円程度なら浮かすことができます。

関連記事をチェック!

2200view

消費者金融の上手な借金返済にはコツがある!確実に減らす方法

借金を減らすには何かコツがあるのか、と返済しながら考えている人は多いのではないでしょうか。現実的に考えましょう。 1回でも借金してしまうとなかなか完済出来ないのが借金です。お金は魔力を持っており、今...

どうしても返済できないときは?

どうしても返済できないときは?
ここまでで、借金返済を少しでも楽にする方法などをお伝えしましたが、そのような対処方法をとったとしても、いつまでも返済の目処が立たない場合などは、どのようにすべきなのでしょうか?

毎月の返済で少しづつでも借金が減っているのならともかく、逆に借金が増えている場合などは、以下の対策を検討してみてください。

関連記事をチェック!

1414view

お金がないので借金返済できない。もう無理なときどうすればいいの?

お金がないのにお金を借りてしまい、案の定借金返済をすることができなくなってしまった。無計画に借金をしてしまった罰ですね。 最悪なことに借金返済することができないため、また新しい借金をしてしまった。こ...

親族に融資をお願いする

自分一人の力では返済を継続していけなさそうな場合には、親や親族からお金を借りて返済することも考えてみましょう。

現状の収支と抱えている借金の状況を正直に説明して、今のままでは返済を続けていくのが難しいことを伝えて頭を下げてお願いすれば、手を差し伸べてくれるかもしれません。

親や親族からお金を借りた場合は、たとえ血縁関係の人からの借金であるとは言え、きちんと貸借契約書を作成しておきましょう。

お金にまつわるトラブルは、人間関係を容易に壊してしまう力を持っていますが、契約書を作っておくことでトラブルになるのを防げる可能性が高いです。

実家や親族との関係次第では、お金を貸してもらえない可能性もあると思いますが、そのあたりは各自で判断してください。

ローン会社に相談する

どうしても毎月の返済が辛い場合には、まずはお金を借りている銀行や消費者金融、そして住宅ローンを借りている公庫等に相談をしてみてください。

中には一時的に利息だけの返済で猶予してくれたり、ボーナス払いを毎月払いに変更してくれたり、また一時的に返済額を減らし返済期限を延長してもらえる場合もあります。

おまとめローン

消費者金融など、金利18%程度のローンを数社で利用している場合には、毎月の利息負担だけでも相当なものになります。

そのような場合は、プロミスやアコムが提供している「おまとめローン」を利用する事で、返済日も一つになりますし、金利も下げる事が可能になります。(但し審査結果による)

思い切って債務整理を検討してみる

債務整理の方法としては、自己破産・任意整理・個人再生などがあります。

ただ、家族にバレることを心配したり、クレジットカードが使えなくなったりなど、ある程度の制限がかかってしまうことを懸念して、一歩踏み出せない人も多いようです。

しかし、あれこれ考えていても借金が減るわけではなく、逆に月日が経過すればするほど、借金は膨れ上がってしまいます。

債務整理をした場合には、弁護士費用がかかったり、家族に打ち明けることも必要かもしれませんが、しかし10年…20年先を考えると、一度整理したほうが良いケースはいくらでもあります。

まずは、1人で悩んでいないで、弁護士などに相談するようにして下さい。

関連記事をチェック!

1210view

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類があり...


関連記事をチェック!

215view

合法的に借金が免除される方法があるって本当?

借金返済に行き詰まっている人にとっては夢のような話ですが、違法ではなく合法的に借金が免除される方法があります。 選択肢によって全額免除、または借金を減額してもらいながら今後も分割で支払う方法など種類...

弁護士の相談窓口は?

債務整理を相談する場合は、まずは弁護士に相談するのが解決への早道になるのですが、正直なところどの弁護士に頼ればいいのかわからないケースもあると思います。

そんな時には、国によって設立された「日本司法支援センター 法テラス」という団体に相談してみてください。

身近な法律相談から、弁護士の相談などについても支援をしてもらえます。

◆日本司法支援センター法テラス公式サイト

借金の滞納を続けるリスク

どうしても返済期日までにお金が用意できずに、滞納してしまうということもあるかもしれませんが、返済に回せるお金ができ次第、速やかに返済することが肝心です。

借金の滞納を続けるリスクについて、説明していきましょう。

遅延損害金がかさむ

返済期日までに返済ができなかった場合、遅延損害金というペナルティのお金を支払わなければなりません。

遅延損害金の計算は「借り入れ残高×遅延損害金利率×遅延日数÷365」で行われるため、滞納している日数が長くなればなるほど、遅延損害金の金額が膨れ上がっていくことになります。

また、遅延損害金利率は通常の融資に適用される金利よりも高めに設定されていることが多いため、金額が増えていく速度も通常の利息以上です。

さらに、遅延損害金はあくまでもペナルティ的なお金なので、支払ったとしても借金の元本は一切減りません。

ただただ返済負担が増えるだけなので、1日でも早く滞納を解消して、遅延損害金を抑えるようにしましょう。

差し押さえまでの流れ

返済期日までに返済ができなかった場合、金融機関から電話や書類などで督促の連絡が行われます。

この督促の連絡に対して何も対応しない、もしくは「○○日までに返済します」などと約束したのに一向に返済されないような場合、督促状や催告書といった少し重めの書類が送られてきます。

これらの書類は複数回郵送されてきますが、それでもなお返済が行われない場合は、裁判所に持ち込まれて給与を差し押さえられてしまいます。

給与の差し押さえが行われる場合は、会社にもその旨が通達されますので、金融機関からの借り入れに対する返済を滞納していることが、会社にも把握されてしまいます。

先ほどお伝えした遅延損害金の件もありますので、できるだけ早く返済することが望ましいのは言うまでもないのですが、少なくとも給料が差し押さえになるまでには、何らかの手を打つようにしましょう。

借金は踏み倒せる?

借金の返済がしんどいとき、「いっそのことこのまま踏み倒してやろうか」なんてことが頭によぎる可能性もあるでしょう。

現実問題として借金は踏み倒せるのか、借金を踏み倒した場合の影響などについて、説明していきましょう。

踏み倒すのは現実的ではない

結論からお伝えしておくと、借金を踏み倒すことは現実的ではありません。

金融機関から借り入れを行う場合、申し込み者は個人情報を申告していますので、借金の返済を行わないままでいると、しっかりと督促が行われます。

また、債権者が裁判所に持ち込んだ場合は法律の範疇の問題になってくるので、どれだけ返済を拒んだとしても、給料を差し押さえるという形で強制的に支払いが行われてしまいます。

会社をやめて行方をくらましてしまえば、給与を差し押さえることもできなくなるかもしれませんが、そのような状態では返済を行うかどうか以前に、そもそも真っ当な生活を継続していくことも困難でしょう。

お金を借りた以上は、返済を行うことが当然の義務なので、借金を踏み倒すことを考えるのはやめておくのが賢明ですね。

社会的な信用が無くなる

借金を踏み倒すということは、当然返済を行わないということですから、信用情報に事故情報が登録されてしまいます。

事故情報が登録されると、その後金融関係の契約を行うことがほぼ不可能になるので、この先非常に苦労するでしょう。

また、借金を踏み倒したというような話は、どれだけ秘密にしていてもどこからか漏れてしまい、周囲の人に広まってしまうものです。

借金を踏み倒すような人を信じてくれる奇特な人はそうそういないでしょうから、あっという間に社会的な信用をなくしてしまうことになります。

借金を踏み倒したことで、これまでに築き上げてきたものがガラガラと崩れ去ってしまうのは、あまりにもしのびないのではないでしょうか。

人間関係も壊れる

これまであなたを信じたり慕ってくれていたりした人も、あなたが借金を踏み倒したということを知れば、あなたを見る目も変わるでしょう。

また、借金を行うにあたって、近しい人に連帯保証人をお願いしていることもあると思います。

連帯保証人がある借金の場合、債務者本人が返済を行わなければ、連帯保証人のところに借金返済の督促が行くことになります。

連帯保証人のかたからしてみれば、良かれと思って引き受けた連帯保証人のせいで、数百万円や数千万円単位の借金が自分に降りかかってくる可能性もあるわけですから、たまったものではないですよね。

「どれだけ親しい人からのお願いでも連帯保証人だけは引き受けるな」「そもそも連帯保証人をお願いしてくるような相手のことを友人だと思うな」と言われることが多いのは、このためです。

なお、親が借金を踏み倒したからと言って、子供にその返済義務があるわけではありませんが、子供はいろいろな面で生きづらくなるでしょう。

不幸の連鎖を自分の子供に引き継がないためにも、借金の踏み倒しなど考えないようにしてくださいね。

借金があると生活保護は?

病気やケガで仕事をすることができなくなった。

そのため生活が苦しいと言うなら市区町村の福祉課へ生活保護の相談をしてみましょう。

借金があると生活保護を受けることができないと言ううわさも聞きますが、生活保護の申請にはそのような条件は一切ありません。

生活保護は文化的な生活を送ることができない人に対して自治体が扶助を行うものですから、借金とは全く関係がありません。

生活困窮者に対する経済的な支援です。

しかし生活保護を受けるには審査が必要です。

審査の段階であなたに財産があるのなら全て処分しなければなりません。

それと同時に借金がある場合は自己破産をすすめられることになります。

財産と呼べるものが何もなければ自己破産は比較的簡単に行うことが可能です。

確かにその手続きにもお金は掛かりますが、掛かる費用の心配は必要ありません。

自治体が裁判所の手続きのアドバイスを行うこともあります。

個人で自己破産の手続きをすれば掛かる費用は1万数千円程度で済みますので、自治体は支援しやすいのです。

自己破産をしてしまえば借金をすることもできなくなります。

冠婚葬祭でお金が必要になったとしても、その分の費用はキチンと面倒を見てくれます。

自己破産をしてしまうと信用情報にキズがついてしまうのはやむを得ません。

それよりも必要なのは自分自身の生活であり命です。

気をつけなければならないのは、友人からお金を借りることです。

お金を借りてしまうと収入とみなされ生活保護費を減らされるようになります。

ケースワーカーから毎月家計簿をつけるように指導されると思います。

友人から借金したことを黙っていたとしても家計簿を見れば計算が合わず、結局バレてしまいますのでやめておきましょう。

借金していても申請できる

結論から言えば、借金があっても生活保護の申請は可能です。

もちろん、飽くまで申請ですから確実にとおるという話ではありません。

しかし先に話したように、借金の有無と生活保護の申請とは全くの別問題です。

ただし申請は可能ですが、生活保護の金額は、とても返済に充てられるような金額ではありません。

最低限の金額しか支給されませんし、その中から家賃や光熱費などの生活費を賄わなければならないのです。

そのためケースワーカーさんとの話合いで必ず「現在借金がある」という事実を伝えておきましょう。

自己破産になる場合も

現在借金があると伝えた場合、多くは自己破産をすすめられます。

理由は、生活保護費は飽くまでも生きていくため、生活を再建させる手段です。

その保護費を借金返済に充てることじたい、本末転倒であると考えられています。

また「借金があるからこの保護費では足りない」と言われても、規定の金額は決まっているので困ってしまうのです。

まずは現在の借金をキチンと整理することを優先されます。

借金苦からの脱出は相談すること

借金苦からの脱出は相談すること

借金苦になってしまってその辛さに耐えることができず、やむなく脱出を考えるのは至極当然なことです。借金苦から脱出するなら弁護士や司法書士などの法律の専門家へ相談することをおススメします。

フィナンシャルプランナーへ相談するという方法もありますが、家計の収入と支出のバランスを見てくれるだけで根本的な借金苦からの解放まで行うことはできません。もちろん法律的な行為もできません。

プライドがどうのとか、世間体がどうのとか言っている場合ではありません。家族がいるならアナタは家族を守る義務があります。借金苦から抜け出すことができれば 家族を守ることができるのです。

関連記事をチェック!

113view

【借金苦からの脱出】弁護士や公的機関に相談してみよう!

借金した理由はともかく返済できずに借金苦に苦しむのはツラいですね。借金苦の問題はひとりで抱えているよりも、金融問題に詳しい弁護士に相談しましょう。リボ払いはカードローンの利便性であると同時に、なかなか...

債務整理に強い専門家を探すこと

法律の専門家だからといって弁護士や司法書士なら誰でもいいということではありません。

法律の専門家といってもそれぞれ得意分野があり、刑事訴訟に強い、離婚問題に強い、借金問題に強い弁護士や司法書士などいますので、相談する場合は借金問題に強い法律の専門家に相談するようにしましょう。

誰が借金問題に強い法律の専門家なのか分からないと言うなら、まずはインターネットで検索することです。それぞれの公式サイトを見ながら無料の電話相談をして感触を確かめることです。

確実に借金苦から脱出したいと言うならそのくらいの努力は惜しんではいけません。

関連記事をチェック!

386view

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びようもあ...

債務整理には3種類ある

余りにも多くの借入れがあったり、返済に遅れがある場合にはおまとめの審査に通らないという場合もあります。

そのような場合には、弁護士や司法書士に依頼して、任意整理、個人再生、自己破産などの債務整理を行うという手段があります。

任意整理

任意整理とは、銀行や消費者金融などの債権者に「返済ができないので、返済条件の緩和や減額をお願いします」という方法です。

債権者が「全額返って来ない可能性があるなら返してもらえる分だけ返してもらおう」と判断すれば交渉に応じてくれる場合もありますし、「交渉には応じない」という判断であれば減額や条件の緩和はできません。

これには応じてくれる業者と応じてくれない業者があり、要するに個別の交渉が必要になるため、交渉のプロである弁護士や司法書士に依頼しないと、自分で交渉してもまず相手にしてもらえません。

個人再生

任意整理が不調に終わると、債務も資産もすべてゼロになる人生のリセットボタンである「自己破産」ということが頭によぎる人もありますが、今は自己破産の前に「個人再生」という方法があります。

個人再生とは住宅ローン以外の債務を5分の1か、その金額が100万円以下であれば100万円を3年以内に返済していくという方法です。

自己破産を行うと住宅まで取られてしまいますが、個人再生であれば住宅ローンはそのままに、債務の減額だけを行うことができるため、住む場所を失うことがありません。

個人再生は裁判所で調停を行う必要があり、通常は弁護士か司法書士に依頼して手続きを行います。

自己破産

これらの方法でも解決できない場合は自己破産を選択するしかないかもしれません。

自己破産を選択すると最低限の財産を残して、すべての財産と債務を放棄することになりますので、本当に自己破産しなければならないのかよく検討したうえで行うようにしましょう。

おまとめができない、返済にお金が回らないという人はこのような方法がありますので。弁護士か司法書士に相談してみるのがよいでしょう。

関連記事をチェック!

492view

個人再生とは

個人再生は住宅などの不動産やその他の財産を処分することなく、借金を1/5に減額させる債務整理のひとつです。とくに多額の借金を抱えながら、自己破産したくてもできない人が取る方法で、裁判所によって強制的に...

債務整理のデメリット

その他の債務整理は法律の専門家に相談するのが最も良い方法でしょう。

ある程度費用がかかってしまいますが、アナタが裁判所に行く回数も少なくて済み、書類もきちんと作成してくれることは心強く感じることでしょう。

任意整理なら裁判所は関係がありませんので、一度法律の専門家に依頼してしまえば解決するまで数カ月間、専門家にお任せすればいいだけです。

場合によっては過払い金が発生している可能性もあり、条件が整えば過払い金によって借金がゼロになることもありますね。

また過払い金によって弁護士や司法書士への費用を賄うこともできるかもしれません。

かかる費用は弁護士事務所や司法書士事務所によって多少の違いがあります。

一般的に言われる相場として、任意整理5社程度なら司法書士で20万円から30万円、弁護士なら30万円から40万円と言った金額になります。

それだけの費用を一括で返済できないとしても、分割払いに応じてくれる事務所が多いため安心してください。

念のため依頼する場合は費用の支払い方法などもよく相談しておきたいですね。

関連記事をチェック!

121view

アコムを任意整理することによるメリットデメリットとは

アコムへの借金が返せないため弁護士などの専門家に相談をした結果、任意整理という方向性になったものの、ざっくりとした説明しかなく「よく分からない」ということも少なくありません。 任意整理とはよく聞...

信用情報にキズがつく

どうしても避けることができないのは信用情報にキズがついてしまうことです。

しかし何度も言うように返済を滞納すれば、それだけでも信用情報にキズがつくわけですから、借金返済で生活が苦しいとなったのならそれほど深刻になる必要はありません。

それよりも一日でも早く借金生活から抜け出すこと、今後の生活設計をきちんと行うことがアナタにとって有益となるでしょう。

人生の再スタートだと思えば何でもありません。借金がなくなることにより精神的なダメージやWワークによる肉体的なダメージもなくなります。

確かに債務整理は大きな選択とはなりますが、アナタの人生を考える上で、どうしても必要なこと、やらなければならないことだと割り切ることが重要です。

関連記事をチェック!

386view

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びようもあ...

8年くらいは何も契約できないことも

信用情報にキズがつくからといって、一生お金に関する契約ができないこととはなりません。

信用情報に登録される期間は最低でも5年です。たとえ自己破産をしたとしても5年を過ぎてしまえば信用情報から削除されます。

また借金が残って36回払いとなった場合、信用情報機関に登録されるのは、返済が終わった後5年となりますので、合計で8年間は登録されていることになります。

しかしこれも8年経ってしまえば消えてなくなる情報です。

ただし気を付けなければならないのは、債務整理した債権者先から再度借りることができるのはかなり難しいとなるでしょう。

信用情報機関からデータがなくなったとはいえ、債権者の社内コンピューターには情報としていつまでも残り続けるはずです。

信用情報機関からデータが削除されてから車のローンを組むことや、クレジットカードを作る場合は相手先がどこなのか確認しておくことも重要なことです。

◆日本信用情報機構 登録内容と登録期間

借金からの脱出には何があるの?

借金からの脱出には何があるの?

借金苦からの脱出にはどのような方法があるのか。これもインターネットで検索すればこんな方法があるのだということがすぐわかります。ここでは簡単にご紹介しておきます。

  • 任意整理
  • 過払い金請求
  • 自己破産
  • 特定調停や個人再生

以上の方法で借金苦から脱出することが期待できます。

ただし完全に借金苦から脱出する方法には自己破産しかありません。過払い金があるのなら話は別ですが、過払い金もなく任意整理や特定調停を行ったところでそれほど効果があるとは言えません。

貸金業法改正以降の契約は貸した側に不利になることがありませんので、相手が話し合いに応じない可能性が強くなっています。

たとえ法律の専門家が頑張っても、相手側によっては訴訟し財産の差し押さえを行ってくる可能性があります。

何も差し押さえされる財産がないとしても、アナタがサラリーマンなら給料が差し押さえの対象となります。給料の額が44万円以下なら1/4相当額まで抑えることが可能です。

給料差し押さえされてしまうのは、借金苦から脱出できたとしても今度は生活苦となってしまいますよね。そのため交渉にあたる法律の専門家はかなり優秀でないと借金苦から抜け出すことは難しくなります。

アナタにめぼしい財産がなく、預貯金や生命保険の解約返戻金、自動車など換金したとしても20万円未満なら自己破産するのが借金苦から脱出する最善の方法となるでしょう。

たとえ財産があったとしても、抱えている借金の額によっては不動産などを処分した方がその後の生活がラクになることもあります。本格的に借金苦から脱出したいと考えているなら自己破産を考えておきましょう。

借金地獄脱出後の生活は?

借金地獄脱出後の生活は?

前項で説明したような債務整理を行えば、どの方法をとっても信用情報にキズがついてしまうことは避けることができません。しかしそのキズは一生消えないものではありません。

任意整理なら5年から8年、自己破産なら5年から10年くらいで信用情報から記録が消去されます。最も借金地獄から脱出する方法として有効なのが自己破産です。

アパートに暮らし乗っている自動車も6年落ち、預貯金なしというのなら悲惨な借金地獄から脱出しましょう。自己破産をしたからといって差し押さえされるものもないし、会社も今まで通り勤務することが可能です。

自己破産すれば官報という政府が発行する新聞に掲載されることになりますが、金融機関の関係者でない限りその情報を見ることはほとんどありません。

インターネットで閲覧できるといってもわざわざ時間を割いて見る人は少ないでしょう。アナタが自己破産をしたということが会社にばれるということはまずありません。それよりも借金苦から脱出したメリットの方が大きいですね。

新たに借金はできないデメリット

債務整理のデメリットは金融事故として信用情報機関に登録されることです。それにより一定期間お金に関する契約を結ぶことが非常に難しくなります。

車が古くなったからといって自動車ローンを組むことは厳しくなります。もちろんカードローンの契約を結ぶことはできないでしょう。

でも自動車ローンは親の名義を借りる、兄弟の名義を借りるという方法で組むことができるでしょう。ローンの支払いはアナタが行えばいいだけのことです。

カードローンについてはしばらくの間諦めるしかありません。借金の返済がなくなった分だけお金に余裕ができるわけですか、その間お金を貯めることで対処していくようにしましょう。

関連記事をチェック!

5269view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

関連記事をチェック!

5075view

債務整理中(後)でも追加借り入れでお金を工面できる場所

債務整理は程度の差こそあれ、債務を減額してくれる手続きなので、多重債務者からすれば非常に助かる制度です。 しかし、いざ債務整理を行って新たな取決めの中で債務を返済していっている最中にも、身内の冠婚葬...

クレジットカードも作れない

もちろんクレジットカードも作ることはできません。ETCカードがないと高速道路や有料道路を利用した際に不便を感じるかもしれませんが、果たして一年の間に何回利用するのか考えてみましょう。

インターネットを通して商品の購入ができないと嘆く必要はありません。今はプリペイドカード式のクレジットカードがあります。

ETCにしてもプリペイド式のカードがありますね。またはデビットカードを利用するというのもかなり有効です。借金苦で悩むことを考えるよりはかなりましなのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

186view

債務整理した人でも通る審査が甘いクレジットカードはある?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 この記事はこんな方におすすめ 債務整理をしたがショッピングの為にクレジットカードが欲しい人 ...

ネットには借金の体験談もあるが

インターネットでいろいろと情報を検索していると、「多額の借金を抱えていたものの今ではすっかりきれいな身です」というような内容のブログなどを、頻繁に見かけます。

借金返済に苦労している人からすると、同じような境遇の人の体験談は非常に参考になるため、ついついチェックしてしまうのですが、そういった話は眉唾物だと思っておくべきでしょう。

上述したようなブログをいくつか見ていくと分かりますが、最終的に「~だから弁護士や司法書士のかたにお願いして債務整理を行いましょう」という結論になっていることが多いです。

こういったブログは、借金を抱えて困っているかたに債務整理を勧めるために、法律事務所が宣伝目的で開設しているケースが多いんですね。

もちろん、多額の借金を抱えて困っている場合に、債務整理が有効な手段の1つであることは間違いありません。

ただ、実際に債務整理を行うにしても、ブログで勧められている法律事務所にそのまま連絡をするのではなく、自分なりに情報を集めたうえで信頼できると感じたところにお願いするようにしましょう。

現金生活でもう借金苦にはならない

現金生活でもう借金苦にはならない

5年から最高10年の間は現金生活を行うことですね。アナタが作った借金なのかそれとも誰かの保証被りなのか理由はともかく、プリペイド式のクレジットカードやデビットカードを利用することでそれほど実生活が不便となることはないと思います。

問題があるとすれば、携帯電話の契約で端末代を分割する場合に審査に通らないということがあるかもしれません。そのときも自己破産するのはアナタだけですから、携帯電話の名義は家族名義にしておけば問題はないでしょう。

それよりも現金生活をすることによって借金苦に陥ることはなくなります。その間お金を貯めて次なる人生を歩むというのも良い選択なのではないでしょうか。

Q&A

では最後に、借金返済についてよくある質問に、Q&A形式でまとめてお答えしていきましょう。

Q.借金返済中に子供ができたら?

A.収支のバランスや返済計画を今一度見直したほうがいいでしょう

子供ができた場合、お金の使いかたが今までとは変わりますし、出費金額自体も一気に増えます。

今まで通りの収支のバランスや返済計画のままでは、すぐに立ち行かなくなってしまうと思いますので、今一度全体を見直したほうがいいでしょう。

住宅ローンの金利を見直したり、女性のかたであれば化粧品にかける金額を減らしたりなど、見直せる部分は意外とあるものです。

多少我慢をしなければならないことも増えると思いますが、うまく生活が回っていくようにしたいですね。

Q.返済しながら生活保護は受けられる?

A.生活保護受給中に借金の返済は行えません

生活保護で支給されるお金は、「健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長する」ためのお金であり、その範疇の中に「借金の返済」は含まれません。

生活保護で支給されているお金を、内緒で返済に充ててしまった場合、生活保護の支給が打ち切られる可能性もあります。

生活保護の受給手続きを行う前に、何とかして借金の返済を終えられるようにしましょう。

Q.婚約者に借金返済がバレたくないときは?

A.親に相談するなどして早めに完済してしまうのが理想です

婚約者と同棲しているような場合は、お互いのお金の使いかたがなんとなく分かるため、借金を返済していると感づかれてしまうこともあります。

自分の貯金で完済してしまえるのであれば、貯金を切り崩して返済してしまうのがいいのですが、それが無理な場合は親に援助を頼んでみるといいでしょう。

親にお金を借りて完済してしまえば、その後は多少時間をかけてでも、親に支払っていけばOKですからね。

Q.返済中にケガをしたり病気になったら?

A.債務者がどのような状況であろうと原則として返済義務はあります

金融機関としては、一度融資を行った以上は、債務者がケガをしようが病気にかかろうが、定期的に返済を行ってもらわなければなりません。

学校や会社は、ケガや病気で休めますが、借金返済はそんなに甘いものではないということです。

ただ、相談することでしばらくの間は利息の支払いのみでOKとしてくれるような場合もありますので、ケガをしたり病気になってしまったりした場合は、一度金融機関に相談してみるといいでしょう。

まとめ:原因を見つけ、対策する

様々な対処法、対策法を紹介しましたが、一番の解決策は「原因を見つけ、対策する」事です。

原因といっても、人によると思いますが、大半は「無駄な出費にお金を使いすぎた」という所にあると思います。

そういう意味では、やはり「節約」が有効でしょう。

「節約」をしても生活が厳しい、という方は一番最初に説明した「市役所に相談する」という手段もオススメです。

それ以外の、「お金を借りる」に関連する方法はあくまでも「借りる」ものであり、最終的には「返す」方法なので最後の手段として使うのが得策なのではないかと思います。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談