借金の返済!60万円はどう返すのが良い?

給料日までにお金が足りない、飲み会のお金がない、という時にカードローンに頼るという人も少なくありません。

「少し借りてすぐに返そう」と考えていたのに、気づけば毎月借りてしまって借金総額が60万円にもなってしまったという人もいるのではないでしょうか。

「60万円もすぐには返せない!」という場合にはどのような返済方法が選択できるのか、60万円の借金返済方法について具体的に紹介していきます。

借金で悩んでいる人は参考にしてみてください。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 60万円の借金の返済方法を知りたい人
  • 返済期間と支払利息の目安を知りたい人

このような内容を探しているのであれば、特に参考になります。

60万の借金返済方法

今足りないのは5000円だけど、5,000円位なら借金してもすぐに返せるなどと思って、借金を繰り返してしまったことはありませんか?

一回の金額が5,000円でも、それが度重なると気が付いた時には、何十万円にもなってしまっています。

総額が60万円になってしまうと、一括で返済することは難しくなってしまいますが、何とか分割で返済することはできる人は多いと思います。

ですが、多数の借入先がある場合や、金利が高くて返済が苦しい場合もあります。

ここでは、少しでも楽に返済できる方法を、見ていくこととしましょう。

高価なものを売って返済を早める

借金を返す方法として、自分の持っている高価なものを売って、返済に充てる方法があります。

高価なものですので、貴重なものだったり思い出に残るものであったり、こだわりがあるものだったりしますが、これらのものを売ってお金を作って返済に充てます。

60万円という金額ですが、ものによっては全てを完済できるだけの金額を、手にできることもあります。

もし、60万円全てを完済することができない場合でも、これからの返済額が減りますので、利息も減らすことができ、毎月の返済額も減額することができます。

自分ひとりで60万円の借金を何とかしたいと思う場合には、考えてみると良いでしょう。

確かにせっかく手にしたものですので、手放すことは考えられないかもしれないですが、借金返済のために生活の質を落とすようであれば考えるべきと思います。

関連記事をチェック!

202934view

意外と高く売れるもの31選【完全保存版】

「取りあえずお金が必要だから家にあるものを売ってお金に換えたい」と考えたときに、何が高値で取引されているのか、どこなら高値で売れるのか、を知っておくことは非常に重要です。 少しでも多くの...

生命保険を利用する

60万円の借金を返済するのが難しいものの、金利だけでも安くしたい時に利用すると良いのが生命保険の契約者貸付制度です。

生命保険に入っているのであれば、契約者貸付けに関する取決めを見直してみると良いです。

借りることができますが、返済を強要されることもありませんし、金利も低くできます。

ただし、気を付けないといけないのが、金利の部分になります。

金利は低いのですが、契約にもよりますが複利になっていることが多いので、返済の期間が長くなれば、それだけ多くのお金を返さなければならなくなります。

それから、保険金を受け取る時までに完済していない場合には、保険金から貸付額を差し引かれることにもなります。

また、貸付金と金利を合わせた金額が、保険の解約返戻金を超えてしまうと、保険契約が失効してしまうこともありますので注意が必要です。

関連記事をチェック!

5904view

生命保険でお金を借りる方法、銀行借入よりお得!?

9割以上の方が加入している生命保険ですが、この生命保険でお金を借入できることをご存知でしょうか。 生命保険には、「契約者貸付制度」というものがあり、この制度を利用して生命保険会社から融資を受けること...

親から借金して返す

借金を一本化する方法として、これからの返済も簡単になって、金利も掛からなくなる方法として、親に借金をする方法があります。

親の経済状況などにもよりますが、親から借金ができるなら最初に検討すると良いです。

確かに、借りる時に小言も言われるし色々と口出しもされるので、嫌に思うかもしれないですが、実は貴重なアドバイスをしてくれているということを忘れてはいけません。

しかも、無理な支払を強要されることはありません。

借金がある場合には、まずは親に相談することから始めるのが良いでしょう。

借り換えローンを利用する

複数の借入先があり、返済日を一括にして、少しでも金利を低く抑えたい場合には、借り換えローンを利用することもできます。

借り換えローンにすることで、返済日を一本化できるのが一番のメリットと言えます。

金利に関しては、変更前と変更後の金利を見比べてから決めると良いですね。

ただし気を付けないといけないこともあります。

それは、借り換える時に毎月の返済額を減らした場合です。毎月の返済が少なくなると、生活に余裕が出てくるでしょう。

しかし、返済額を減らすと、返済期間が延びます。

その結果、支払利息が増え、トータルで見ると最終的に返済する金額が、借り換え前より増えている場合があります。

返済が可能になることが重要であれば問題はないですが、最終的に返済する金額も減らしたい場合には、借り換えをする前によく計算しておくことが必要です。

関連記事をチェック!

4936view

借金を返済できる限界はどれくらい?いくらまでなら返せる?

様々な原因で収入が減ったことによって、これ以上借金の返済を続けることが限界になることもあるでしょう。 このような状況では返済を続けることに気を取られ、毎日がつらくなってしまいます。 実際にどのくら...

借金60万円の実際の返済期間と支払利息はどの位?

全く借金をしていない時には、「60万円の借金なんて大変」と思っていた人でも、いざ借入れをすると「返済できない額ではない」と借金をしている感覚がマヒしてしまう人も多いようです。

もちろん収入によっては、本当に無理なく返済できる人もいるでしょう。

しかし、そうではない人の方が多数です。

特に返済金額が変わらない場合には、なかなか借金総額を把握する機会も少なくなります。

しかし借金は借金です。

返済金額が低いのはその分返済年数が長くなっているだけで、トータル返済額は非常に大きくなってきます。

借入総額が3桁になってしまう前の今の段階で、しっかりと返済期間や利息などを把握しておきましょう。

毎月の返済可能額の決め方

毎月決められた金額のみを返済しているのであれば、余裕がある月には多めに返済するなどできる限り早期返済を心掛けましょう。

つい目の前の返済金額にばかり注目してしまいますが、トータルで考えると返済期間が短い方がお得です。

借金が60万円であれば、5年程度で完済するようにすることをおすすめします。

早期返済を目指すなら

仮に金利14.5%で60万円借入れをして、毎月の返済額が2,000円だとしましょう。

その場合、完済までに必要になる年数は19年です。

確かに毎月の返済金額が少ないことは、魅力と言えます。

しかし19年も支払うことで、利息をより多く支払うようになるということを、頭に入れておかなくてはいけません。

元々借りたお金は60万円ですが、19年後最終的に支払った金額は1,221、401円ですから、借りた金額と同等程度の利息を支払っていることになるのです。

利息はどんなに多く支払っても、あなたの財産にはなりません。

金融機関の利益になるのみです。

そのためできる限り、早期完済することが重要になってくるのです。

早期返済を目指すのであれば、具体的な返済計画を立てることが重要です。

例えば、2か月ごとに1万円多く返済するとか、ボーナス時には10万円多く返済するとか言う計画を立てます。

返済額に関しては、一般的に収入の20%~25%が限界と言われています。

例えば、月の手取りが20万円の場合には、4万円から5万円が返済できる限界と言うことになります。

ただし、この数字は飽くまでも目安になります。

実際には実家に住んでいる人と、賃貸物件に住んでいる人では自由にできるお金に違いがありますので返済額にも違いがあります。

家賃が5万円必要だとすると、その分は差し引いて、返済に充てることができるのは3万円から3万7,500円の間と考える方が良いです。

この返済額を月々の返済上限額として考え、月々の返済額は決めると良いでしょう。

もし、相当な無理をしてでも返済する意思がある場合には、割合を30%まで上げても良いと思いますが、これ以上の割合では続けることが難しいです。

仮にもっと返せると思う場合には、計画の中には入れないで、返済ができる時に早期返済を行うようにすると良いです。

また、ボーナスを返済に充てることができる場合には、返済に充てることができる金額を全て返済に充てることを考えるのが良いでしょう。

早期返済を行うことができれば、支払う金利も少なくて済みますし、返済期間も短くできます。

毎月9万円で借金60万円を返済した場合

毎月9万円とは随分大きな返済金額にも感じますが、これは仮に月収30万円の人で返済額を30%まで上げた場合の金額の目安です。

先に話したように理想としては、月収の20%~25%以内に抑えた方がいいのですが、ここでは30%まで上げたとして返済金額などを見ていきましょう。

それでは先ほどと同じ条件(借入金額60万円、金利14.5%)で、60万円を毎月9万円返済した場合はどうなるのでしょうか。

返済回数 返済利息 返済総額
7回 29,322円 629,322円

毎月9万円返済した場合、返済回数は7回、つまり7か月で終わらせることができます。

総返済金額は629,322円で、元々借りた60万円から利息として、29,322円発生したことになります。

毎月7.5万円で借金60万円を返済した場合

「月に9万円も無理」ということであれば、少し金額を下げてみましょう。

返済回数 返済利息 返済総額
10回 37,252円 637,252円

月7万円で返済を行った場合の、返済回数は10回です。

総返済額は637,252円になります。

毎月6万円で借金60万円を返済した場合

もっと金額を下げてみましょう。

月6万円の返済金額は以下のとおりです。

返済回数 返済利息 返済総額
11回 43,387円 643,387円

返済回数は、11回です。

返済総額は、643,387円になります。

毎月5万円で借金60万円を返済した場合

まだまだ金額を下げてみましょう。

毎月5万円を返済した場合は、以下のとおりです。

返済回数 返済利息 返済総額
14回 52,136円 652,136円

返済回数は14回に増えます。

総返済額は652,136円です。

毎月4万円で借金60万円を返済した場合

それでは毎月4万円返済を行った場合の、回数はどうなるでしょうか。

返済回数 返済利息 返済総額
17回 66,028円 666,028円

毎月4万円の設定だと返済回数は17回になり、総返済金額は666,028円になります。

毎月2,000円ずつの返済であれば、1,221、401円、毎月4万円の返済であれば、666,028円ですから、4万円であっても随分と総返済金額に差が生じるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

16619view

借金が70,80,90,100万円ある場合の返済方法

借金が数億円あっても、きちんと完済する人もいます。 ですが、驚くような才能やバイタリティ、多額の遺産相続などの要素がない限り、数億円をきっちりと返済することは難しいことですよね。 普通は、借金70...

返済する時に注意すること

返済する方法には幾つかの方法があることが分かりましたが、返済をする時には注意しておくべきポイントがあります。

家族には打ち明けて協力してもらう

自分ひとりで返済をしていくのは、金銭的に難しい場合もありますが、精神的につらいことの方が多いです。

家族に借金返済のことを打ち明けて、支えてもらえるようにすると良いです。

返済のために節約をする場合でも、家族で一緒に節約に取り組んでもらえると、早く完済できることができるかも知れません。

ひとりで悩むより、何とか頑張っていけるように、家族に支えてもらうようにすると感じるつらさも半減させることができます。

誰にも言えない借金が、どうすればいいの?

節約して返済額を多くする

返済回数が減ればその分、総返済額が下がりますので、できるだけ節約して多く返済に充てるようにしましょう

早期に返済する額が大きくなると、利息の支払いを少なくすることができますし、完済までの期間も短くすることができます。

関連記事をチェック!

16641view

収入少なくて生活費が足りない時のオススメ副業と節約方法

お金が足りないときにできる方法はいくつかあります。 一番簡単なのがダブルワークや副業で、難しければキャッシングや公的制度の利用です。 これらの方法を知っておくだけでも、いざというときに慌てませ...

最低限の返済計画は守る

お金がどうしても必要な時があって、返済計画通りに返済するのが難しいと感じることもあります。

しかし、返済計画はできるだけ守るように工夫をしましょう。

返済計画を立てて返済することを決めたのですから、途中であきらめるのではなく計画通りに実施するようにしておくといいでしょう。

借入金の返済計画書とは?お金を借りたいなら金利も把握

どうしても返済が難しい場合

返済することを決心して、頑張っていたとしても、思いがけない出費が重なったり、ケガや病気で返済が難しくなったりすることもあります。

そんな状態になった時には、最後の手段として債務整理を考える必要が出てきます。

債務整理をする方法としては、任意整理と民事再生、自己破産等の方法がありますが、60万円の返済をする場合には、任意整理や民事再生を利用することが多いようです。

それぞれについて見ていきましょう。

任意整理を利用する

任意整理とは、借金をしたものと貸したもので話合いを行って、借金の返済額を減らすことを目指します。

当事者同士で個別に話し合うことになりますので、話合いを行う相手を選ぶこともできます。

つまり、消費者金融などとは話合いを行って、友人や知人とは話合いを行わないと言う選択もできます。

話合いは、弁護士などの専門家にお願いすることとなりますが、貸したものが拒否をすると、この方法は取れません。

ただ、貸したものが拒否をすると、そのまま債務整理に入ることが多く、業者としても「一銭も回収できないよりは」と話合いに応じる姿勢をみせます。

そのため全く話し合いにならないという確率は低いようです。

民事再生を利用する

裁判所を通して、法的に返済額を減額する方法です。

返済計画は裁判所に認めてもらうことが必要ですが、借金の一部を免除してもらうこともできます。

また、住宅ローンについては民事再生を利用しないという選択もできるため、家を残しながら他の借金を減額することが可能です。

手続きは弁護士などの専門家に行ってもらうこととなります。

専門家に相談する

どうしても借金の返済に困る事態になった時には、個人の判断で対処できる場合以外は弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。

債務整理の方法には、それぞれのメリットとデメリットがありますので、個人にあった債務整理を行う必要があります。

中には、弁護士に債務整理の相談をするのは、恥ずかしいと言われる方がいらっしゃいますが、最近では相談する人も増えてきていますので、恥ずかしいとは考えなくても大丈夫です。

それよりも、早期に専門家に相談することで、つらい思いをすることもなくなります。

困った時には、無料相談なども行っている所がありますので、一度相談するのがおすすめです。

働けない場合のお金の調達方法

返済する意思はあっても、病気やケガなどで物理的に働くことができずお金がない、という場合もあるでしょう。

まずは目の前の生活を立て直すことが重要になってきますが、それでも毎月の返済はやってきます。

収入は激減しても、返済金額が合わせて減るということはありません。

そのため支払いを優先してしまい、当面の生活費がないということも出てきます。

働けなくなってしまった時の生活費はどう工面すればいいのか、見てみましょう。

傷病手当

業務外でのケガや病気で、4日以上働けない状態が続けば、傷病手当を申請することができます。

傷病手当は条件さえ満たせば誰しも申請可能ですから、まずは条件に該当しているのかを確認しましょう。

【傷病手当を申請できる条件】

  • 業務外での病気やケガであること(業務中であれば傷病手当ではなく労災になります)
  • 仕事に就くことが難しい状態であること
  • 3日連続で休み4日目以降も出勤できない場合

以上の条件に該当すれば、申請を行えます。

勤務先の総務課で、手続きを行うといいでしょう。

お金がないのに病気等で働けない!お金が必要な人の支援制度

障害年金

結論から先に言うと、障害年金受給は意外とハードルが高いものです。

なぜかと言うと申請を行うまでの条件が厳しく、かつ審査も厳しいものであるためです。

それでは最初に障害年金を受給する条件を見てみましょう。

【障害年金を受給するための条件】

  • 初診日に何らかの年金に加入していること(国民年金・厚生年金どれでもいいのですが、年金の種類によって金額が変わります)
  • 初診日の前々月までの過去1年間、年金の未納がないこと(9月初診であれば7月から過去1年間未納がないこと)

条件としては年金の未納がないことが、最低条件になります。

さらにここから審査が加わります。

どの程度の障害に該当するのか、という審査ですが、事細かに病状によってランク付けされています。

1級~3級に分類されるのですが、3級が最も受給金額が低く設定されています。

それでも障害の内容によっては、3級にも該当しないケースも珍しい話ではありません。

まずは診断をした医師に「障害年金を受給するレベルにあるのか」と、確認しておいた方がいいでしょう。

関連記事をチェック!

16401view

障害年金のみでも融資可能な商品や制度を紹介

障害年金を受給している場合、障害を理由に借りられるローンが制限されて、思うようにお金が借りられないこともあります。 しかし、障害年金を受給していたとしても借りられるローンは、世の中にたくさんあります...

障害年金のみでも融資可能な商品や制度を紹介

生活保護

傷病手当では暮らしていけない、かといって障害年金をもらえるレベルでもない、と言うならば生活保護も視野に入れておきましょう。

年齢を重ねた人や責任感が強い人ほど拒否を示しますが、一度保護を受けたからと言って、未来永ごう、生活保護のお世話になる訳ではありません。

また働けるようになれば、生活保護から外れればいいのです。

まずは自身の生活を立て直すことが重要ですから、遠慮なく居住する市区町村の役場で相談を行ってみるといいでしょう。

まとめ

60万円と言えば大きなお金になりますが、個人で返済することができないと思えるほど難しいものでもありません。

まずは、家族と相談をして返済計画を、しっかりと立てて頑張って返済していきましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事