借入の返済方法の種類

執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

借入返済方法とは

銀行などから融資を受けるときに、その融資の返済方法についてあらかじめ契約書において取り決めをしてから借入します。

基本的にはこの契約書で取り決めした返済方法に従って返済していかなければなりませんが、もしも取り決めた返済方法通りに返済できなかった場合には高い金利の延滞損害金を支払わなければならず、より多くの利息を支払うこととなります。

期限一括返済・分割返済の返済方法

借入の返済方法には期限一括返済と分割返済があります。

一般的に期限一括返済は法人などの事業性融資でのみの取り扱いで、個人の融資では取り扱いをしていませんし、個人で期限一括返済を契約する人はそういません。

分割返済は、個人と法人などの事業性融資のどちらでも選択することができます。

期限一括返済

期限一括返済とは、期限を決めてその期日までに借入金を返済する方法です。

この返済方法を選択するのは、法人などの事業性融資の中でも、借入金を使用する目的が買掛金の支払いや売掛金が入金されるまでのつなぎ融資などのいわゆる運転資金を借入するときに期限一括返済を選択します。

また、借入期間が1年以上の長期の借入では期限一括返済することができず、借入期間が1年未満の短期借入金の場合に選択することができます。

分割返済

契約のときにその借入金の元金と利息の返済方法、返済期間、毎月の返済日(銀行などではこの日のことを約定日と呼ぶ)を決めて、それに基づき毎月返済していく方法です。

法人などの事業性融資でも建物の購入資金や機械の購入などのいわゆる設備資金で主に借入期間が1年以上の長期借入金の場合に分割返済を選択します。

個人の場合は住宅ローンや自動車ローン、フリーローンなどが分割返済となります。

関連記事をチェック!

借入の返済は分割払いよりもリボ払いがお得?

クレジットカードでの借入返済はリボ払いよりも分割払いがお得と言われていますが実際のところどうでしょうか。 急なお金の出品に対してもコンビニATMから24時間いつでもお金を借りることができるのは大...

元利均等返済・元金均等返済の違い

分割返済において、毎月の元金と利息の返済方法には2つの方法があり、元金均等返済と元利均等返済があります。

どちらもメリット・デメリットがありますが、主に法人などの事業性融資では元金均等返済を、個人の自動車ローンやフリーローンでは元利均等返済とするのが一般的です。

元金均等返済

借入金の元金を返済期間の回数分で均等にし、利息は毎月の元金残高に利息を乗じて日割り計算された分の利息を元金と共に返済していく方法で、毎月の返済額は変動しますが、返済していくと徐々に利息分が減っていくために毎月の返済額は減っていきます。

元利均等返済

借入金の元金と今後残高にかかる利息分をあらかじめ計算したうえで、元金と利息を返済期間の回数分で均等にした金額を返済していく方法で、毎月の返済金額は一定となります。

元金均等返済と元利均等返済の違いは、元金のみを均等して返済するか、元金と利息を均等して返済するかの違いとなります。

この違いにより、同じ借入額、同じ利率、同じ返済期間でも、元金均等返済と元利均等返済では借入をすべて返済するまでの総返済額に違いがあり、元金の返済割合が多い元金均等返済の方が少なくなります。

融資金借換に伴う返済方法

融資金の借換とは、既に借入している融資金を同じ金融機関または別の金融機関において新たに借入をして、その新たな借入金で既存の借入を返済することです。

借換には、既存の借入金のみを借換するものと、既存の借入金に必要分をプラスして借換するものとがあります。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の借入を1つの新しい借入によって返済することで、「一本化ローン」ともいわれています。

おまとめローンは自動車ローンや教育ローンもまとめることができますが、一般的にはカードローンをフリーローンで借換するなど、高い金利のものを比較的低い金利のもので借換する場合がほとんどです。

自動車ローンや教育ローンなどの金利が低いものとカードローンなどの金利の高いものをまとめることはあまりありません。

法人などの事業資金においてもおまとめローンがあり、複数の金融機関(金融公庫含む)のものを一本化します。

この場合、法人のカードローンや借入資金の使い道が仕入れ資金などの運転資金を一本化することが一般的です。

また、各都道府県にある信用保証協会の制度融資にも借換資金を対象とした制度があります。

関連記事をチェック!

複数あるキャッシング返済をまとめる!おまとめローンとは

複数キャッシングを行っている人の多くは早晩多重債務者になってしまうことが多いです。返済困難となる前に対策しましょう。 最初のうちは軽い気持ちでキャッシングを行っていたとしても、キャッシング契約数...

銀行借入折り返し融資とは

折り返し融資とは、主に運転資金として借入した借入金を数年返済した頃に当初の借入金を上限に、再度借入することをいいます。

例えば、当初1,000万円を10年で返済する借入契約をし、5年間返済を続けて借入金残高が約500万円となったときに、借入金残高に500万円をプラスして再度1,000万円借入するということです。

折り返し融資でそのときに必要な資金を借りることも、内部留保を確保することもできます。

借入の一般的な返済期間

返済期間は個人と法人によって違い、資金の使い道である資金使途によっても一般的な返済期間は違います。

また、個人であれば年収や借入の件数や残高によって個人差はありますし、法人でも業績や資金繰りによってもそれぞれ違いがありますので、あくまでも参考的な返済期間であり、一般的な返済期間の幅は広くなっています。

【個人の借入の一般的な返済期間】
・住宅ローン:20年~30年
・自動車ローン:5年~7年
・教育ローン:3年~5年
・フリーローン:3年~7年

【法人の場合の一般的な返済期間】
・短期運転資金:6か月~1年
・長期運転資金:3年~5年
・設備資金:5年~10年

延滞した場合の金利・利息計算方法

毎月の返済日に返済できないことを延滞といいますが、延滞をするとその延滞が解消されるまで契約時に決められた利率で計算された利息を通常の毎月返済分に上乗せして返済しなければならなくなります。

延滞した場合の利息については借入契約書の「延滞損害金」に記載されており、14%~18%が一般的です。

延滞利息の計算方法は日割りで計算され、延滞利率は延滞した時点での借入金残高に対してかかりますので、借入して間もない残高が多い時期では多額の延滞利息がかかってしまいます。

【延滞利息計算例】
借入契約:当初借入金300万円、返済期間10年、毎月返済額25,000円

毎月の返済日10日、延滞時の借入金残高150万円

このような契約があったとして、10日の返済日に返済できず30日に返済をして延滞を解消させる場合の利息と返済額を計算していきます。

また、延滞利率は14.0%として計算します。

1 1日当たりの延滞利息=借入金残高150万円×延滞利率14%÷365日=575円
2 延滞した日数にかかる延滞利息=575円×20日=11,500円
3 延滞返済額=毎月返済額25,000円+延滞利息11,500円=36,500円

このような計算となり、残高150万円に対して20日延滞すると11,500円もの延滞利息がかかる計算になります

まとめ

返済方法は、借入金を契約通りに返済していくために特に重要な項目です。

借入期間中にまとまった資金で一部を返済して返済期間の短縮や、毎月の返済額を少なくする分には特に問題はないのですが、契約した返済が遅れがちになり、当初の返済方法では今後返済していくことが難しいとなった場合の返済期間延長(このことを条件変更といいます)ともなれば、信用情報にも悪い影響が出ます。

返済方法は基本的には契約で決めた通りに返済していくものですので、借入するときは今後の収支状況や急な出費などがあっても余裕を持って返済していけるような、計画的な返済方法にすることが望ましいです。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談