馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法と借りれない原因や対処法

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

今得ている収入ではどうしても生活していくことができない。

しかし、今の状態では金融機関に融資を申し込んでも、審査に通る見込みがない。

そんな時に利用検討してもらいたいのが生活福祉金貸付制度。

生活福祉金貸付制度とは民間の金融機関からお金を借りられない方を対象に、無利子または民間の金融機関では考えられない低金利で必要資金を貸し付けし、一般的な社会生活がおくるれるよう促すために用意された制度です。

よって、一般的には低所得者層がこの制度の利用対象者となってきますが、申請を行った方の中からは下記のような避難も多く、実際に利用するには難しい点が多々あることは否めません。

  • 審査が厳しすぎる
  • 誰のための貸付制度かわからない

そこで今回はこの生活福祉金貸付制度の概要を確認しながら借りれない原因を解明し、その際の対応策を紹介していくことにします。

執筆者の情報
名前:馬井実
年齢:49歳
性別:男性
職歴:1992年~2008年まで地方銀行で貸付業務に従事

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

生活福祉資金制度とは?

一口に生活福祉金といっても、その内容は大きく分けると下記の4つに分類され、さらにその中でも細かく分類されています。

  • 総合支援資金 生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費
  • 福祉資金   福祉費、緊急小口資金
  • 教育支援資金 教育支援費、就学支度費
  • 不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金

資金使途に応じで最適な生活福祉資金制度を利用するというわけです。

生活福祉資金制度の概要

各生活福祉金貸付制度の概要は下記のとおりとなっています。

①総合支援資金

  • 生活支援費
    金利 連帯保証人アリの場合0%、ナシの場合1.50%
    据置期間 最長6ヶ月
    借入限度額 15万円/月(同居人が2人以上の場合20万円/月)
    資金使途 生活の建て直し
  • 住宅入居費
    金利 連帯保証人アリの場合0%、ナシの場合1.50%
    据置期間 最長6ヶ月
    借入限度額 40万円
    資金使途 賃貸契約にかかる費用
  • 一時生活再建費
    金利 連帯保証人アリの場合0%、ナシの場合1.50%
    据置期間 最長6ヶ月
    借入限度額 60万円
    資金使途 生活支援費よりも大きな出費(滞納等への穴埋め)

②福祉資金

  • 福祉費
    金利 連帯保証人アリの場合0%、ナシの場合1.50%
    据置期間 最長6ヶ月
    借入限度額 580万円
    資金使途 生活費やその他福祉関連など
  • 緊急小口資金
    金利 0%
    据置期間 最長2ヶ月
    借入限度額 10万円
    資金使途 緊急出費

③教育支援資金

  • 教育支援費
    金利 0%
    据置期間 最長6ヶ月(卒業後)
    借入限度額 高校3.5万円/月、高専6万円/月、短大6万円/月、大学6.5万円/月
    資金使途 義務教育外の進学にかかる教育費
  • 就学支度費
    金利 0%
    据置期間 最長6ヶ月(卒業後)
    借入限度額 50万円
    資金使途 義務教育外の進学にかかる教育費

④不動産担保型生活資金

  • 不動産担保型生活資金
    金利3%または長期プライムレートのいずれか低い方
    据置期間 最長3ヶ月
    借入限度額 土地評価額の70%程度、または30万円/月
    資金使途 不動産を持つ高齢者世帯の生活資金
    *推定相続人による保証人が必要
  • 要保護世帯向け不動産担保型生活資金
    金利3%または長期プライムレートのいずれか低い方
    据置期間 最長3ヶ月
    借入限度額 土地評価額の70%程度(集合住宅は50%)、または生活扶助学の1.5倍
    資金使途 不動産を持つ要保護高齢者世帯の生活資金

生活費として利用するのであれば総合支援資金、または福祉資金となり、進学のための資金調達ならば教育支援資金、高齢者が住宅を担保として生活資金を受けるならば不動産担保型生活資金といったように、資金使途によって利用できる生活福祉資金制度が違ってきます。

また総合支援資金と福祉資金は誰でも利用することができますが、教育支援資金と不動産担保型生活資金は利用者が限定されてくるので、この点はよく理解しておきましょう。

関連記事をチェック!

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

国からお金を借りられる 厚生労働省が行っている支援 皆さんのイメージとしては、お金を借りるのは銀行や消費者金融で、というイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、国もお金を貸し付ける...

どんな人が利用できるの?

この制度が利用できるのは前の項で軽く触れたように以下のいづれかに当てはまる人です。

低所得者世帯目安として市町村民税が非課税となる程度(自治体により基準が異なる)
高齢者世帯介護が必要となる65歳以上の高齢者がいる
障害者世帯身体障害者手帳・療育手帳・精神保健福祉手帳のいづれかが交付されている人がいる
失業者世帯失業により生活が困難となった

借りられる条件

制度の対象となる人は大まかに言えば表にあげたとおりですが、更に細かく幾つかの条件があります。

主な条件は以下の通りです。

  • 同制度による連帯保証人になっていない。
  • 住民票の所在地に申し込んでいる。
  • 他の公的な給付や貸付を受けることができない。
  • 返済できる見込みがある。

生活福祉資金貸付制度は自分の住民票があるところでないと申し込めません。

そのため、住民票と異なる場所に住んでいる場合は住民票を移したりする必要があります。

また、この制度以外に他の制度を利用することで現状を改善できる場合はそちらの制度を利用することになります。

生活保護などの他の制度を利用している場合は基本的にはこの制度を利用できませんが、事情によっては利用できることがあるようです。

これは社会福祉協議会の判断によりますので、他の制度を利用しているけれどもこの制度も使いたいという人は一度相談してみるのがいいかもしれません。

他にも、返済できる見込みがあるかどうかというのは大事なポイントになってきます。

この制度はお金を給付しているわけではなく、貸し付けているだけなので返せなさそうな人には貸してくれません。

無職で就職の見込みがなかったり、多重債務を背負っていたりといった場合は制度の利用が厳しくなるでしょう。

審査に通りやすくなる条件

借りられる条件について見てきましたが、審査に通りやすくなる条件はあるのでしょうか。

審査に通りやすくなる条件は、本当にこの制度を必要としていて、しっかりと計画を立てて返していける人かどうかです。

具体的に書くと下のようになります。

  • 困窮していて緊急にお金が必要
  • 家計の状態をきちんと家計簿やレシートと行った形で記録・保管している
  • 連帯保証人がいる
  • 余計なことにあまりお金を割いていない

これらに当てはまったり、同様の事情があると審査に通りやすくなるようです。

関連記事をチェック!

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

国からお金を借りられる 厚生労働省が行っている支援 皆さんのイメージとしては、お金を借りるのは銀行や消費者金融で、というイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、国もお金を貸し付ける...

関連記事をチェック!

市役所でお金を借りる方法【借りられる条件や金利は?】

お金がない。そんなときは市役所に相談することでお金を借りることができるかもしれません。 役所がお金を貸すなんてあり得るのか?と思うことでしょう。 確かに役所が貸金業の代わりにお金を貸してく...

どうやったら使えるの?

ここまでどのような条件があれば制度を利用できるかや制度の細かい説明を見てきました。

ここからは実際にどうやったら制度を利用することが出来るのかを説明していきたいと思います。

必要書類

まずは用意する書類についてです。

必要な書類は申請する自治体によって異なりますが、

基本的に必要な書類は申込書、収入証明書類、住民票、健康保険証などの本人確認書類、連帯保証人の収入証明書類や住民票などです。

これに加えて制度を利用する事情や、制度の種類によって自立計画書・雇用施策利用状況確認票・債務状況のわかる書類などが必要になってきます。

具体的にどの書類が必要かは各県の社会福祉協議会のホームページで確認することができます。

手続き

手続きとしては、各市区町村にある社会福祉協議会に行って相談し、必要な書類を揃えて申し込みます。

この際に、社会福祉協議会の代わりに地域の民生委員の人に相談することもできます。

申込書類は都道府県の社会福祉協議会で審査され、制度を利用できるかどうか判断されます。

審査の結果が送られてきて、無事に審査が可決されていれば、あとは借用書を提出すればお金を借りることができます。

この審査は時間がかかることが多いため、もし急ぎでお金が必要な場合は緊急小口資金に申し込みましょう。

こちらであれば大体一週間程度で借りることができます。

また、審査の過程で、実際にどういう生活をしているのか確認するために民生委員の人が家に来て確認することもあります。

返せなかったらどうなる?

借りたはいいものの想定外の出費などで返済が遅れたり、返済期間内に返しきれなかったりした場合はどうなるのでしょうか。

この制度を行っている社会福祉協議会は公的機関であるため、非常識な取り立てなどはありません。

また、この制度の利用や延滞は信用情報に影響しないので、その点に関しては大丈夫です。

ただ、支払いが遅れたりすると電話や手紙などで督促されます。

他にも、延滞した期間分はペナルティとして通常の利子に加えて延滞利子というものがかかることもあります。

このようなことになる前に支払が厳しそうであれば、社会福祉協議会に行って相談することも大切です。

相談すれば、事情によって返済期間を伸ばしたり、返済頻度を変えたりと行ったことも柔軟に対応してくれます。

あまりに返済しないでいると所持している財産を差し押さえられる可能性もあります。

返済できない事情があれば早めに相談に行きましょう。

返済が難しい場合は償還免除してもらえる

生活福祉資金の交付は原則として借主の指定口座へ振り込まれますが、社会福祉協議会窓口で直接現金を受け取ることも可能です。

借入金の償還中は3カ月に一度の割合で借入残高のお知らせが発行され、返済の延滞が発生すると社会福祉協議会の担当者が仮受人の督促を行います。

返済が厳しい場合通常は償還猶予として1年間の支払猶予をしてもらえます。

しかし生活福祉資金を借りる人はほとんどの場合生活困窮者であることから、督促を行うことが妥当でないと判断した場合償還免除されることがあります。

もちろん返済可能な状況にあるにも関わらず返済することに対して誠意が見られない場合は、最終的に法的措置によって回収されることになりますが、返済困難な状況が以下に該当する場合は生活福祉資金貸付金償還免除となります。

① 仮受人が死亡
・連帯保証人がいない、いたとしても償還が困難と認められる場合

② 仮受人の返済困難
・連帯保証人がいない、いたとしても死亡している場合

③仮受人の行方不明
・連帯保証人がいない、またいたとしても召喚が困難である場合

④仮受金の返済困難
・連帯保証人がいない、またはいたとしても2年以上行方不明

⑤償還期限を2年延長しても返済困難な場合
⑥返済困難のまま時効が成立した場合

ただし上記に該当する場合でも、仮受人がいる世帯が生活の見直しに対して努力を行っていることが条件となり、生活福祉資金貸付金によって浪費をしていると認められた場合は償還免除にはなりません。

なお償還免除については都道府県知事の承認を得て決定を行います。

いくら努力しても返済できないという場合は、悩むことなく直接社会福祉協議会に連絡するか、民生委員を通じて相談を行いましょう。

生活保護受給者でも借りられるの?

生活福祉資金貸付には様々な貸付制度があり、生活保護受給者及び生活保護受給世帯でも借入併用が可能です。

ただし生活保護を受けている場合は、総合支援金の借り入れはできません。生活保護は生活扶助など生活に関わる支援をすでに受けてもらっているためです。

総合支援金以外の福祉資金と教育支援金は、生活保護の各種扶助と二重にならないため生活福祉資金でお金を借りることもできます。

ここで問題になるのが生活福祉資金は返済しなければならない義務があることです。

生活保護を受けている状況でお金を借りてはいけないという法律はないとしても、支援をすでに受けている状況で、たとえ生活福祉資金だとしてもお金を借りるのに難色を示す自治体も少なくありません。

生活福祉資金でお金を借りても返済可能かどうか、返済できる見込みがあることが条件となることから生活保護を受けている状況で返済する能力があるかどうかということと、現実的に考えるとたとえ借りれたとしても少額になるようです。

貸付金制度の問題点

生活困窮世帯に対する支援は生活保護と生活福祉資金の二つがあり、共通点や類似点もいくつか見受けることもできます。

生活福祉資金貸付制度は生活保護と同じように世帯単位で貸付られ、民生委員が協力する体制も同じです。

また生活に関わる借入が民間の金融機関ではできない状況に置かれる世帯に対して、支援を行う目的も同じですね。

生活の安定を図るとともに支援活動を行う民生委員の役割についても、生活福祉資金貸付制度の目的は生活保護精度が反映されたものと言えるでしょう。

しかし経済的困窮者を援助するための生活福祉資金貸付制度は、生活保護制度とは違い自治体ではなく、社会福祉協議会に委託されていることが、貸付制度の運用がや考え方がねじれている可能性が否定できません。

生活保護を申請する人は自治体の役場で手続きできるものの、生活福祉資金の貸付は社会福祉協議会が行い、貸付を行うかどうかの判断が社会福祉協議会の相談担当者の裁量によって違いが出てくる危険性があります。

そのためせっかく生活福祉資金の借入相談に行っても、生活困窮状態をうまく説明することができずに借りることができないまま放置されるケースも目立っています。

つまり生活福祉資金貸付の審査を自治体が行うのか、社会福祉協議会が行うのかで貸付制度を利用できるかできないかが決まってしまうのは問題と言えるでしょう。

役場の生活保護担当者と社会福祉協議会の相談担当者が密に連絡を取り合い、誰が生活福祉資金の借入を申し込んできたのか、どのような状態で申し込んできたのかフィードバック体制が求められるところです。

民生委員にしても生活福祉資金についてどこまで踏み込んで良いのか曖昧な点が多く、場合によってはプライバシー侵害にも当たってしまいます。

以上のような問題点を解決するには、社会福祉協議会と民生委員、役場の生活福祉担当者がチームを結成し、きめ細かな相談や、状況によっては福祉施設を案内するなどのサービスが必要ですね。

生活福祉資金が借りれない原因は?

生活福祉資金制度の概要についてご理解いただけたかと思いますが、冒頭で申しましたようにこの制度は基本的には低所得世帯への貸し付けとなります。

その低所得世帯と定義されているのは下記の3世帯です。

  • 低所得者世帯 民間から借り入れができない世帯
  • 高齢者世帯  65歳以上の高齢者世帯
  • 障害者世帯  障害者手帳や養育手帳を交付された人の世帯

この中でも判断が曖昧になるのが低所得者世帯ですが、厚生労働省の国民健康・栄養調査では世帯所得が200万円未満を低所得者層と定義しており、そのほかにも市町村民税が非課税、つまり住民税が課税されない世帯を低所得者層とする定義もあります。

しかし、生活福祉資金制度の定義する低所得者層は、主に下記の条件がその定義となります。

  • 前年度所得が125万円以下、または前年度収入が204万円以下
  • 障害者
  • 未成年者
  • 寡婦、寡夫(配偶者と死別、生死が明らかでない、または離婚し、現在婚姻をしておらず、扶養親族がいる人)

しかし、これはあくまで貸付対象者に該当であるという話であって、ここに該当するから必ず貸し付けが行われるというわけではありません。

冒頭でも紹介した申込者からの避難があるのも、申し込んだはいいが却下されたという方が少なくないからです。

生活福祉資金制度は給付でなく貸付!

生活福祉資金制度で借りれなかった原因で一番多いのが、返済能力が認められなかったという理由です。

生活福祉資金制度自体が民間の金融機関から借りれない世帯に貸し付けし、一般的な社会生活がおくるれるよう促すためのものですから、申込者に高い返済能力を求めるのは酷な話でしょう。

返済能力がないから貸し付けできないでは、「誰のための貸付制度かわからない!」と憤慨する方の気持ちもわからないではありません。

しかし、生活福祉資金制度は給付制度ではなく、貸付制度ですから、返済できる見込みがあることが貸付条件となってくるのです。

この制度は決して高いとは言えない貸付額からもわかるように、この制度による貸付によって生活を軌道修正し、一般的な社会生活を送れる基盤づくりを行うことが最大の目的です。

「お金ないなら貸してあげますよ」といった一時救済のための制度ではありません。

よって、この貸し付けによって生活を立てなおし、返済できる状態になると判断されなければ、貸し付けが行われることはないのです。

よって、下記のような返済能力なしと判断される条件に当てはまる場合には、返済できないと判断されて借り入れすることはできません。

  • 無所得、もしくは所得収入があってもかなり低い
  • 多重債務者
  • 住宅確保ができていない、もしくはできる見込みがない
  • 以前に借りた生活福祉金が返済されていない

ここまでの実情を見て「民間の金融機関から借りれない人の救済制度なのに」と思われた方は少なくないでしょう。

事実、民間の金融機関から借りれないけれど、返済能力には問題ないなんて人が一体どれだけいるのだろうかと、事実この制度には頭をかしげてしまう点があるのは事実です。

しかし、明確な審査基準が好評されているわけではありませんし、国の制度といっても担当窓口となるのは市役所等の各自治体となってくるので、その審査基準にも違いが出てきます。

特に障害というハンデがあれば審査通過率が高くなることも予測されます。

ですが最終的には返済能力が決め手となってくるので、返済能力がなければ生活福祉資金制度を利用することができないことはよく理解しておきましょう。

関連記事をチェック!

貸付とは?

事業を行っているかたにとって、自分ができる範囲で調達できるお金には限度があるので、貸付を上手に活用できるかどうかは事業存続に関わる重要な問題です。 貸付に関する知識がないと銀行員の言いなりになる...

生活福祉資金は低所得者を対象とした制度

何度も言いますが生活福祉資金は低所得世帯を対象とした制度です。

よって、低所得者でないという事実が確認される場合には絶対に審査に通ることはありません。

下記のようなことが確認されれば借り入れできることはないでしょう。

  • 他の貸付制度が利用できる
  • 他の金融機関から借り入れできる可能性がある
  • 生活保護や失業保険給付を受給している

生活福祉資金制度は他から借りれない時の最終砦

生活福祉金制度は民間の金融機関から借りれない場合の借入先です。

金利が安いから利用したいという理由で利用することはできませんから、他の金融機関から借り入れできる可能性がある方が審査に通ることはありません。

また生活福祉資金制度は他の公的支援制度が受けられない場合に利用する、最後の砦的な側面を持つので、ほかの公的支援制度を受けられるのであればそちらを優先してくださいということになり、これもまた借りれない原因となってきます。

よって、ほかの公的支援制度が利用できる場合だけでなく、すでに利用している場合も借りることはできません。

生活福祉資金制度は生活保護や失業保険給付を受けれなかった方のための制度だと認識しておきましょう。

つまり、この生活福祉資金制度は民間、公共ともにどこもお金を貸してくれるところがないという場合に、最終的に利用することになる最後の砦とも言える公的支援制度という性質を持っているのです。

その割には審査が厳しいと言われる方もいるでしょうが、この点はよく理解しておいてください。

生活福祉資金に通りやすい人の特徴

それでは生活福祉資金制度が借りれない原因について理解してもらったところで、この話の締めとして生活福祉資金に通りやすい人の特徴を上げておきましょう。

ここまでの話で一体どんな人が審査に通るんだと思われた方もいることでしょうから、その特徴を見て自分に当てはまるかどうかを確認するのも1つの方法でしょう。

その特徴は下記のとおりです。

  • 家計簿等(明細やレシート)の提出で家計の実態を明確にしている
  • 税金の滞納がない
  • 緊急度が高い
  • 困窮度が高い
  • 連帯保証人を付けている
  • 第三者の生活福祉資金貸付制度の保証人になっていない
  • 他の公的支援制度が受けられない

この中でも一番大きい影響を与えるのは連帯保証人の有無です。

債務者となる申込者には連帯保証人を付ければ金利がかからないという大きなメリットがありますが、それと共に債権者には貸し倒れとならない保証をつけられるメリットが生まれます。

よって、返済能力に多少問題があったとしても連帯保証人の審査評価が高ければ、それを補って審査通過となる可能性は大いに考えられるのです。

国の制度利用による借り入れといっても借金であることには違いなく、申込者が返済不能となれば連帯保証人に返済が求められることになるので、依頼できる人は限られてくるでしょう。

しかし、なってくれる当てがあるのならば、連帯保証人を付けたほうが審査に通る確率は間違いなく高くなってくるでしょう。

生活福祉金が借りれない場合はどうすればいいの?

ここまでの説明で生活福祉資金制度は誰でも簡単に借りれるといった類のものではないことはお分かりいただけたでしょう。

となれば最後の頼みで申し込んで、審査に落ちた場合はどうすればいいのでしょうか。

これは全ての方の救済法とはなりませんが、その場合には下記のような対応策が考えられます。

  • 病気や障害などの理由で返済能力がないのなら生活保護を検討
  • 職業訓練受講給付金を活用

病気や障害などの理由で返済能力がないのなら生活保護を検討

病気や障害などの理由で返済能力がないと判断されたのならば、生活福祉資金制度の利用は諦めて方がいいでしょう。

返済義務が課せられた生活福祉資金制度では、返済能力なしで審査に通ることはないからです。

しかし、それが原因で生活が困窮しているのならば、生活福祉資金制度よりも生活保護の方が断然おススメですし、生活保護はそういう方のいる世帯を金銭的に助けるための制度ですから、こちらの方が審査通過もしやすいでしょう。

しかも生活保護なら貸し付けではなく、給付となるので返済義務はありません。

まずは福祉事務所等に訪れて相談してみることをおススメします。

職業訓練受講給付金を活用

失業保険が受けられない、生活福祉資金制度もダメだったという場合におススメなのが職業訓練受講給付金です。

職業訓練受講給付金は失業保険が受けられない求職者に対して、ハローワークの支援指示により職業訓練を受講することを条件に、その期間中の生活支援を目的として給付を行う制度で下記の給付を受けることができます。

  • 職業訓練受講手当 10万円/月
  • 通所手当 職業訓練機関までの交通費で上限設定あり
  • 寄宿手当 10,700円/月

利用するには下記条件を全て満たす必要がありますが、まずは受付先となるハローワークに相談してみることにしましょう。

  • 本人収入が8万円以下/月
  • 世帯の全体収入が25万円以下/月
  • 世帯全体の金融資産が300万円以下
  • 現在の居住地以外に不動産を所有していない
  • 全ての訓練実施日に出席している
    (理由がある場合でも支給単位期間ごとに8割以上の出席率が必要)
  • 世帯にこの給付金を受給している人がいない
  • 過去3年以内に虚偽、不正による特定の給付金支給を受けていない

関連記事をチェック!

ハローワークでお金を借りるには

ハローワークで求職活動している人こそ、生活費が足りなくなってお金を借りたいとなることが多いですよね。 就職口を見つけることができたとしても契約社員ばかりで、正規雇用の仕事を見つけることは厳しいで...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談