借入金と貸付金の違いとは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

会社の経営の中で、他社や個人へのお金の貸し借りが起こることがあります。

この際に、貸借対照表時に「貸付金」とか「借入金」などと表示されることがあります。

この貸付金と借入金の違いを簡単に解説します。

貸付金とは

貸付金とは

貸付金とは、お金を誰かに貸したため「今後返してもらえる」という権利のことを指します。

このような権利は債権と呼ばれます。

今現金化されていないだけで、のちのち現金で返済される見込みがあるため、債権は当該会社の資産となります。

売掛金、受取手形とは異なる

売掛金や受取手形という似たような意味合いを持つ勘定科目がありますが、これら2つの勘定は使用する用途が全く異なります。

売掛金も受取手形も商品やサービスを販売して、未回収となっている場合に使用される勘定です。

受取手形も売掛金も売上の代金を後払い清算する時に使用されるもので、このうち受取手形は金額と期日記載されており、〇月〇日までに約束した代金を支払います。という契約書のようなものです。

手形のない売上の未収入金を売掛金と言います。

売掛金も受取手形も将来お金を支払ってもらえる権利である債権という点では貸付金と同じです。

しかし、勘定を使用する場面が貸付金とは異なります。

あくまでもお金を貸した時に使用する勘定が貸付金で、未払いの売上金を受取手形、売掛金であると理解しておきましょう。

短期貸付金と長期貸付金

貸付金は1年以内で返済期限が到来するものを短期貸付金、1年を超えて返済期限があるものを長期貸付金と分類します。

短期貸付金であれば、1年以内に貸付金が現金化され、今後の資金繰りが楽になると予想できますし、長期貸付金であれば、すぐには現金かされないが、返済に問題がなければ利息収入が期待できるなどと判断できます。

関連記事をチェック!

34view

短期貸付金を返済するときの注意点を紹介

会社が従業員や同じグループの会社、取引先に対して短期間の融資を行うことがあります。 この短期貸付金の利息がどれくらいになるのか、ほかに借金があっても借入れができるのか知りたいという人もいるでしょ...

短期貸付金を返済するときの注意点を紹介

貸付金の利息

銀行からお金を借りた時と同じように、誰かにお金を貸した場合に利息を受け取れることがあります。

この際の利息のことを「受取利息」と呼びます。

受取利息は当然ながら収入です。

しかし、本業での収入ではありません。

金融業や貸金業でもない限り、「誰かにお金を貸す」という行為は本業ではなく、あくまでも本業で得た資金を誰かに貸し付けるはずです。

このような本業とは関係のない収入を営業外収益と呼びます。

受取利息も営業外収益に分類されます。

貸付金まとめ

・貸付金は誰かにお金を貸したという債権で資産に分類される

・貸付金はお金を貸した時に使用する勘定科目で、商品を販売した際に発生する受取手形や売掛金とは異なる

・貸付金からから受け取った利息は受取利息として処理し、受取利息は営業外収益に分類される

関連記事をチェック!

395view

貸付金とは

貸付金とはその名の通り、誰かに貸したお金を指します。 会社の会計上、一口に貸付金と言っても様々な種類がありますし、銀行が決算書を評価する際にも、どのような種類の貸付金なのかによって評価の結果が分...

関連記事をチェック!

210view

短期貸付金の利息はどれくらいかかる?計算方法を解説

会社が子会社や従業員へ短期間の貸付けをすることがあります。 そのときは基本的に利息を付けて、返済してもらいます。 その利息をどのくらいの利率にすればいいのか、知りたい人もいるでしょう。 ...

短期貸付金の利息はどれくらいかかる?計算方法を解説

借入金とは

借入金とは

借入金とはお金を借りた時に使用する勘定科目です。

銀行からの借入金も、代表者個人からの借入金も、代表者や他社や第三者からお金を借りても皆借入金に分類されます。

借入金は将来お金を返済しなければならないという義務を負い、このような義務を債務と呼びます。

債務は負債に分類されるため、借入金は貸借対照表では負債の部に分類されます。

買掛金や支払手形とは異なる

将来お金を支払わなければならない借入金ですが、同じような意味合いを持つ買掛金や支払手形とは用途が全く異なります。

買掛金や支払手形は、売掛金と受取手形を全く同じ分類です。

商品を仕入れた時のみに使用する勘定科目です。

この際、代金の代わりに「いつまでにいくら支払う」という手形を発行した場合には支払手手形という勘定科目を使用します。

手形を発行せずに例えば「月末までに支払います」という約束だけであれば買掛金という勘定を使用します。

いずれにせよ、仕入れにかかる債務を負った際に使用する勘定科目が買掛金と支払手形であり、「現金を借りた」という債務を負った際に使用する勘定科目が借入金ですので、両者は用途が根本的に異なります。

短期借入金と長期借入金に分類

決算書では借入金を1年以内に返済期限が到来する借入金を短期借入金、1年を超えて返済期限が到来する借入金を長期借入金と分類します。

会社では主に短期借入金は資金ギャップを埋めるために使用します。

例えば売上金の入金が2ヵ月後になる場合に、会社に現金がなければ自社は入金があるまでの2ヶ月間の運転資金が手元にないことになります。

このため、2ヶ月間の運転資金の融資を受け、2ヶ月の売上金入金のタイミングで返済を行います。

このように短期借入金は主に売上金の入金までの資金ギャップを埋めるために使用します。

長期借入金は高額な設備資金を借りるためや、資金ギャップではなく、一過性の景気動向などによって長期で運転資金が必要な際などに利用するために融資されることが多い借入金です。

関連記事をチェック!

715view

短期借入金と長期借入金の違いとは

執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36歳) 職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当 短期借入金とは 短期借入金利とは、1年以内で返済期日が到来する借入金です。原則として返済は一括...

借入金の利息

お金を借りると当然ながら利息を借りた側の人間に支払わなければなりません。

支払った利息を支払利息と言い、支払利息は費用になります。

ただし、支払利息は借りたお金に対して発生するものであるため、本業によって発生する仕入れや人件費などの本業にかかる費用とは同じ費用でも別物です。

このように、本業とは関係のない費用を営業外費用と呼び、支払利息も営業外費用に分類されます。

関連記事をチェック!

1869view

借入金の返済の仕訳。なぜ損益計算書に計上されないのか?

借入金を返済すると、当たり前ですが、その分現金が会社から流出していきます。 「毎月、借金の返済が大変」と資繰りに苦労している経営者の方も多いのではないでしょうか? そのような方が、素朴に疑問に思う...

借入金まとめ

・借入金は債務になり、債務は負債の欄に計上される。

・買掛金や支払手形などの仕入れにかかる債務とは異なり、借入金は現金と借りた時にのみ使用する勘定科目

・借入金によって発生した利息は支払利息という費用の勘定科目を使用して、支払利息は営業外費用に分類される

関連記事をチェック!

105view

借入金とは

会社経営者は借入金とは切って切れない縁があります。 会社経営には借入金はつきものですから、借金自体は悪いことではありません。 最も大切なのは、借金とうまく付き合っていくことですが、無計画に...

簿記上の仕分け

それでは実際にお金を貸した時とお金を借りた時の仕分けを行ってみましょう。

Aさんへ100万円を貸し付けた

借方貸方
貸付金(100万円)←資産の増加現金(100万円)←資産の減少

さきほど説明したように、貸付金は資産です。

この場合、現金という資産が減少して、その代わりに貸付金という資産が増加したということになります。

B社から100万円借りた

借方貸方
現金(100万円)←資産の増加現金(100万円)←負債の増加

現金という資産を入手した変わりに、当該会社は将来的には100万円を返済しなければばらない義務、つまり債務を負うことになります。

前述したように債務は負債ですので、借入金という負債がお金を借りた金額分だけ増加することになります。

Aさんから100万円の返済を受けた

借方貸方
現金(100万円)←資産の増加貸付金(100万円)←資産の減少

お金を貸した時と全く逆の仕分けになります。

100万円を現金で返済してもらったため、現金という資産が100万円増加することになります。一方、お金を返してもらうという権利である債権は返済とともになくなるわけですから、100万円分貸付金という資産は減少します。

B社に100万円返済した

借方貸方
借入金(100万円)←負債の減少現金(100万円)←資産の減少

現金という資産を使用して、負債である100万円を返済したのですから、借りた時と全く逆の仕分けになります。

借入金という負債科目が100万円減少して、現金という資産科目も100万円減少することになります。

利息がある場合

A社から利息5万円と元金100万円の計105万円の返済を受けた

借方貸方
現金(105万円)←資産の増加貸付金(100万円)←資産の増加
受取利息(5万円)←収益

仕分けでは費用を借方、収益を貸方に仕分けします。

現金105万円の内訳は貸付金の減少100万円と、受取利息という収益の5万円ですので、上記のように仕分けします。

B社へ利息3万円と元金100万円の計103万円の返済を行った

借方貸方
借入金(100万円)←負債の減少
支払利息(3万円)←費用
現金(103万円)←資産の減少

現金で103万円を支払って内訳は、100万円の借入金返済と、利息分です。

費用は借方へ仕分けを行いますの、借入金100万円の減少とともに上記のように仕分けを行います。

売上2,000万円、売上原価1,000万円、販売費および一般管理費500万円の会社が受取利息5万円、支払利息3万円を計上した場合の損益計算書はどのようになるのでしょうか?

売上高:2,000万円
△売上原価:1,000万円
売上総利益:1,000万円
△販売費および一般管理費:500万円
営業利益:500万円
+受取利息:5万円
△支払利息:3万円
経常利益:502万円

この会社が本業で儲けたお金は500万円、受け取った利息と支払った利息を加味した収益(経常利益)が502万円となります。

関連記事をチェック!

714view

借入金と負債の違いとは

借入金と負債の違いとは 借入金と負債は似たような言葉ですが、厳密にいえば意味が全く違います。 貸借対照表上の負債の中に借入金という勘定科目が存在する 借入金とは「誰かに現金を借りた」とい...

関連記事をチェック!

207view

借入金の基本?長期・短期プライムレートを覚えて変動金利の仕組みを知ろう

企業は経営をするために、事業を円滑のための資金を確保する必要があります。 そこで、金融機関から借り入れをすることもあります。 そして、返済のときに重要なのが金利です。 金利が変わってしまうと、返...

まとめ

貸付金はお金を貸した際に発生する資産科目、借入金はお金を借りた際に発生する負債科目です。

また、貸したお金に対して受け取る利息を受取利息という収益勘定を使用し、お金を借りた際に支払う利息を支払利息という費用勘定を使用します。

仕分けの際には、資産の増加、負債の減少、費用は借方へ、負債の増加、資産の減少、収益は貸方へ分類すると覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

842view

借入金はしゃくにゅうきん?かりいれきん?

「借入金」はなんと読むんですか?しゃくにゅうきんですか?かりいれきんですか? たまに借入金の読み方が分かっていない方がいるようです。そこで借入金という言葉についてのページを作成しました。 ...

関連記事をチェック!

586view

借入とは?ローンや融資との違いは何

借入とローンの違い 「お金を借りる」という言葉を意味するものとして、借入という言葉とローンという言葉があります。 どちらも似たような使い方をされていますが、実は借入とローンには違いがありま...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    カードローン申込体験談