イオン銀行カードローンの保証会社はどこ?その役割は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

イオン銀行カードローンはWEB完結で申し込みができ、金利も低いことから人気がありますが、保証会社がどこになっているのか気になりますよね。

銀行カードローンには必ず保証会社があり、保証会社の保証を受けることができなければカードローンの審査には通りません。

保証会社とはなに?どういう役目があるの?ということに関して、カードローン初心者へ分かりやすくご説明しますね。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • イオン銀行カードローンの保証会社を知りたい人
  • イオン銀行のカードローン利用を考えている人
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

イオン銀行カードローンの保証会社は2つある

2017-12-01_122541

イオン銀行カードローンの審査に通るためには、保証会社の審査に通らなければなりません。

なぜなら申し込み条件として、保証会社の保証を受けることができる、ということが挙げられているからです。

保証会社の保証を受けられなければ、イオン銀行カードローンの審査には通らないことになります。

イオン銀行カードローンの保証会社は、2つあります。

  • イオンクレジットサービス株式会社
  • オリックス・クレジット株式会社

どちらもクレジットカード会社ですね。

イオンで買い物を頻繁にしている主婦層にはイオンカードが人気で、加入割合も女性のほうが多いようです。

オリックス・クレジット株式会社は、オリックス銀行のグループ企業ということもあり、自動車ローンやおまとめローンなどでよく知られていますよね。

銀行カードローンは無担保無保証の契約ですが、実際は保証会社が保証人の役割を果たしており、そのおかげで担保も必要なければ保証人も必要なくお金を借りれるわけです。

イオン銀行カードローンには2つの保証会社がありますが、両方の保証会社の保証を受ける必要はありません。

どちらか一方だけでも保証してくれれば、それでイオン銀行カードローンの審査に通ることになります。

保証会社が2つある理由とその違い

883c6fc42ede8a30acc94d56cf256d04_t
なぜ、1つのカードローンに保証会社が2つも設けられているのでしょうか。

それには、イオン銀行カードローンに申し込んできた人を絶対逃したくない、という企業的な戦略が関わっています。

利用者を増やしたいため

銀行カードローンは、イオン銀行カードローン以外にもたくさんありますね。

保証会社がひとつだと万が一保証を受けることができない場合、申し込んできた人は他の銀行カードローン、または消費者金融に申し込みを切り替えてしまいますよね。

銀行カードローン業界はまさに過当競争であり、どれだけ顧客を獲得できるかによって、今後の事業計画にも大きく影響を与えます。

よって、他社カードローンとの競争に負けるわけにはいかないので、2つの保証会社と契約を結んでいるわけですね。

ちなみに、イオン銀行カードローンに申し込んできた人が最初に保証してもらえるかどうか依頼するのは、グループ企業であるイオンクレジットサービスです。

イオンクレジットサービスの保証を受けることができない場合に、2つ目の保証会社であるオリックス・クレジット株式会社に保証の依頼を行います。

保証会社によって難易度は違う

審査の難易度としては、自社グループ企業であるイオンクレジットサービスがやや厳しい感じです。

どちらの保証を受けることができるのかについては、イオン銀行カードローンに申し込んだ時点での本人確認や申し込み内容の確認の電話で判断できます。

オリックス・クレジット株式会社も、審査の難易度としてはクレジットカード会社らしく厳しいものがあり、消費者金融が保証会社を行っている銀行カードローンよりも、審査基準は厳しいと言われています。

なぜなら、クレジットカード会社はカードローン関係の審査だけではなく、クレジットカードの利用状況や返済方法・返済状況や、各種ショッピングローンの利用状況についても、細かいところまで調査するからです。

ただし、審査を担当する会社にはそれぞれ、審査の「クセ」とでも呼ぶべきものがあり、多少属性に難ありの場合でも、そのクセにうまくはまれば審査に通過できる場合もあります。

その結果、保証会社が2社あることによって、審査に通過できる確率は高まっているとも言えるでしょう。

関連記事をチェック!

2757view

保証会社オリックス・クレジットの審査は厳しい?

オリックス銀行カードローンに申し込もうと調べてみると、申し込み条件にオリックス・ クレジット株式会社の保証を受けることができること、と書いてあって驚いた人も多いのではないでしょうか。 調べてみると保...

保証会社が2つあるデメリットはあるの?

保証会社は、カードローンの審査に関わってくるため、複数の保証会社が設けられていることは、カードローン申し込み者にとってデメリットではないか、と感じる人もいるかもしれませんね。

しかし実のところ、保証会社が2つあることによって申し込み者が被るデメリットは、一切ないのです。

なぜなら、保証会社が2つあるとは言え、実際に融資を受けるためにはその保証会社両方ともの保証を受ける必要はないからです。

これが2社両方ともの保証を受けられなければ融資は行えない、というのであれば、保証会社が2社あることは確かにデメリットだったかもしれませんね。

むしろ、2社設けられていることで、どちらか一方の保証を受けられさえすればいいというのは、申し込み者にとってはメリットでしょう。

保証会社は、消費者金融やクレジットカード会社が務めていることも多く、申し込み者の中には過去にそれらの会社との取引で問題を起こしてしまったことがある人もいるかもしれません。

しかし、一方の保証会社がそういう会社であったとしても、もう片方の保証会社との取引には何の問題もなければ、そちらからは問題なく保証を受けられるはずですからね。

イオン銀行カードローン以外のカードローンを利用する場合でも、保証会社が1社のカードローンよりも2社のカードローンを選ぶことで、審査通過の可能性が高まる、という考え方は有効活用できるかもしれません。

保証会社の3つの役割について

b0473cff4b217e0a89f6c1cf576d7210_t

保証会社の役割についてご存じの人もいるかもしれませんが、カードローン初心者の人のために再確認しておきましょう。

保証会社の役割は、以下の3つです。

  • カードローンの審査
  • 電話やハガキでの催促の連絡
  • 不良債権になった場合の借金の肩代わり

それぞれの役割について、説明していきましょう。

イオン銀行カードローンの審査

銀行が取り扱っているカードローンなのに、その審査を銀行が行わないことを不思議に思われるかたもいるでしょう。

しかし実際のところ、イオン銀行カードローンをはじめとした銀行カードローンでは、審査の大部分を保証会社が行っています。

確かに銀行は、カードローン以外にも住宅ローンや自動車ローンなど、たくさんのローンを取り扱っているため、ローン審査に関しては十分なノウハウがあるように思われます。

しかしそれらのローンは、無担保無保証人のカードローンとは異なって、担保や保証人を設けることを前提としているローンであり、銀行は無担保無保証のローンに関しては、ほとんど審査のノウハウを持っていないのです。

そのため、カードローンの審査に関しては、無担保無保証のローンの審査に精通している消費者金融やクレジットカード会社を任命することで、審査を代わりに行ってもらっているんですね。

関連記事をチェック!

892view

イオン銀行カードローンで他社借入があっても審査に通る条件

イオン銀行カードローンは金利も低く、専業主婦でも借り入れ可能なため、幅広い層から需要のある銀行カードローンです。 しかし、肝心なのは審査に通るかどうかということでしょう。 イオン銀行カードローンの...

電話やハガキでの催促の連絡

保証会社が保証を行うということは、「この申し込み者はきちんと返済を行ってくれるでしょう」という、お墨付きを与えることに他なりません。

そのため、万が一返済が滞ってしまった場合、保証会社としても保証を与えてしまった立場上、ただ傍観しているわけにはいきません。

カードローン利用者に対して、電話やハガキで返済を催促する連絡を行うのもまた、保証会社の役割なのです。

カードローンの返済を遅延すると、カードローンを取り扱っている銀行とは違うところから、返済を催促する連絡が来て驚くかもしれませんが、その会社こそがカードローンの保証会社なのです。

不良債権になった場合の借金の肩代わり

カードローン利用者の中には、返済を催促する連絡がいくら届こうともそれらを無視して、最終的に返済を行わないままとんずらしようとする人もいます。

このように不良債権化してしまった借金の対応を行うのも、保証会社の役割の1つです。

この場合、返済をしない人に対して保証を行ってしまった責任を取る形で、その借金の返済は保証会社が代わりに行うことになります。

ただし、保証会社がカードローンの借金を肩代わりしてくれたからと言って、カードローン利用者の返済義務がチャラになるわけではありません。

保証会社が銀行に対して借金を肩代わりしたことで、カードローン利用者が返済を行わなければならない相手が、銀行から保証会社に変わっただけのことです。

保証会社からは、引き続き債務を返済するように連絡が届き、最終的には裁判に発展するようなケースも考えられるので、できるだけ早く返済することをオススメします。

関連記事をチェック!

658view

銀行カードローン契約でオリコが保証会社になっている際の注意点

銀行カードローンの契約には必ず、「保証会社の保証を受けることができる方が貸付対象」という条件があります。 そしてみずほ銀行などの銀行は、オリコが保証会社になっている場合があります。 銀行の保証会社は...

関連記事をチェック!

1495view

アイフルの保証会社はどこがやっているの?

アイフルのカードローンは無担保無保証で借りることができる商品として認知されています。 でも保証会社はどこなの?疑問ですね。 無担保無保証だからこそ保証会社が必要なのではないか。 銀行...

保証会社と金融事故の関係

2e27b2679d60db1d9b85a626b41b4c29_t

返済期日に遅れることなく支払っていれば、カードローンの審査に通過したあとは、保証会社が登場することはありません。

しかし、カードローン会員が全員借金を返済期日までにきちんと支払うとは限りませんよね。

いくら審査を行っても、何らかの理由で返済が滞ってしまう場合もあるわけです。

返済が滞ってしまって3カ月経過すると、イオン銀行側から保証会社へ会員の借金が焦げ付いたことの連絡が行き、保証会社は借金の肩代わりを行います。

ということは、3カ月以上の返済滞納は金融事故になるということを意味します。

信用情報機関に金融事故ありと登録されてしまえば、向こう5年間は最低でもブラック入りです。

つまり、保証会社が登場したということは金融事故を起こした、と判断できるわけです。

金融事故を起こしてブラックになったら、お金に関する契約はできなくなってしまいますね。

保証会社の取り立ては、法律に則っていたとしても厳しいですよ。

カードローンの返済もできない相手に対して、分割返済はまず望めませんから、当然ながら一括返済が基本ですね。

もちろんただ取り立てを行うだけではなく、裁判を起こして財産や給料の差し押さえのようなことも行なってきますので、くれぐれもご注意ください。

関連記事をチェック!

7490view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

関連記事をチェック!

2240view

信用情報機関は銀行系カードローンと消費者金融で違うの?

カードローンに限らず、ローンを利用すると信用情報に登録されます。 その中でも銀行系カードローンの信用情報について知りたいというかたのために説明します。 この記事はこんなひとにおすすめ 今回ご紹介...

イオン銀行カードローンの審査に通りやすい条件は?

保証会社のお眼鏡に適わなければ、イオン銀行カードローンの審査には通過できません。

では、イオン銀行カードローンの審査に通りやすい条件としては、どのようなことが考えられるでしょうか。

年収

まずは年収からですが、年収に関しては「○○万円以上」というような具体的な数値を挙げるのは難しいでしょう。

と言うのも、年収は返済能力に関わる重要な要素ではありますが、申し込み者の融資希望金額によって審査通過可能と判断される年収は異なるからです。

年収800万円の人が、10万円の融資を希望しているのと500万円の融資を希望しているのでは、話が異なるというのは何となく想像が付きますよね。

ただ1つ基準を挙げるとするならば、最近の銀行カードローンではできる限り「総量規制の範囲内」の融資を行うようにしているので、融資希望金額の3倍以上の年収があることが好ましいと言えそうです。

自分自身の年収と融資希望金額のバランスを、一度見比べてみるといいでしょう。

もちろん年収が「融資希望金額の3倍」より高くなればなるほど、審査にプラスに働くことは間違いありません。

勤続年数

勤続年数に関しては、少なくとも1年以上は同じ企業で働き続けていることのが望ましいでしょう。

安定した収入を得られるかどうかは、同じ企業での勤続年数と深く関わってきますが、審査においてその目安となるのが「1年」という単位だと考えられているようです。

転職を検討しているのであれば、転職前にイオン銀行カードローンに申し込んでおくのがよさそうですね。

関連記事をチェック!

878view

勤続年数が短くてもお金を借りるには?転職するとローン審査は不利になる?

カードローンの審査項目には勤続年数の長さも無視することのできない重要な項目です。しかし終身雇用制が崩壊している状態で勤続年数を語るのはナンセンスなような気もします。 勤続年数が長ければそれだけきちん...

他社借り入れ

他社借り入れは、金額も件数も極力減らせるようにすることが重要です。

借り入れ金額はもちろんのこと、借り入れ件数も多ければ多いほど、カードローンの審査においてはマイナス評価となってしまうからです。

そのため、イオン銀行カードローンに申し込む前に他社借り入れを整理できるのであれば、金額と共に件数も減らせるような形で返済を行いたいですね。

必要書類

イオン銀行カードローンに申し込む際に必要な書類は、「本人確認書類」・「年収を確認できる書類(必要なかたのみ)」です。

必要とされている書類を不備なくきっちり提出できれば、何の問題もありません。

本人確認書類として利用できるのは運転免許証・パスポートのいずれかですが、外国籍のかたの場合は、在留カード・特別永住者証明書のいずれかを利用します。

年収を確認できる書類として利用できるのは、「源泉徴収票」「給与明細(直近3か月以内に発行された給与明細2ヵ月分)」「住民税決定通知書」のいずれかです。

申し込み前にあらかじめこれらの書類を用意しておくと、審査がスムーズに進められるでしょう。

関連記事をチェック!

2056view

銀行や消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借り入れできると思っている人も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借り入れるときは、面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

関連記事をチェック!

688view

イオン銀行カードローン~金利や申し込み・借入・返済方法~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はイオン銀行カードローンについて説明したいと思います。 この記事が参考になるかた この記事は次のような人に向けたものとなっていますので、ぜひ参考にしてください...

保証会社は保証人であるということ

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_t

イオン銀行カードローンは無担保無保証のカードローンですが、前項でご説明した通り不良債権になった場合に借金の肩代わりをするのが、保証会社の仕事です。

もちろん無料ではありません。

きちんと保証料として手数料を支払って、審査と保証を行なってもらっています。

言ってみれば、保証会社はカードローン会員の保証人的な立場になりますね。

名目上は無担保無保証のカードローンでも、バックに保証会社が保証人として控えていれば、イオン銀行は安心してお金を貸すことができるわけです。

保証会社もしっかり審査を行うことで、優良な顧客を選ぶようにすれば、保証料をまるまる収益とできるわけですね。

銀行にとっても保証会社にとっても、双方に利益があるため成り立つ商売と言えるでしょう。

なお、イオン銀行カードローンでお金を借りる人は、保証会社と直接契約する必要はありません。

イオン銀行カードローンに申し込む際に、保証委託契約を行うことについての同意を得ることで、契約が成立します。

保証料についても、イオン銀行カードローンの金利に含まれていますから、別途保証料を支払うこともありません。

このツイートにもあるように、銀行カードローンの審査は銀行と同じ金融グループに属している会社が担うケースが多くなっています。

こういったケースの場合は、融資を行うことで銀行と保証会社双方に利益が出れば、グループ全体としては非常に大きな利益になります。

そのため、通常の場合よりも審査が甘くなりがちになるということは、覚えておくとカードローン選びの際の参考になるかもしれませんね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談