銀行カードローン契約でオリコが保証会社になっている際の注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

銀行カードローンの契約には必ず、「保証会社の保証を受けることができる方が貸付対象」という条件があります。

そしてみずほ銀行などの銀行は、オリコが保証会社になっている場合があります。 銀行の保証会社はオリコに限らず、消費者金融やクレジットカード会社などが引き受けていることが多いのです。

今回は、オリコが保証会社を行っているカードローンの契約で、注意したい点をご紹介します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営
この記事はこんな人におすすめ

今回の記事は以下の人におすすめの内容です。

    • 銀行カードローンの契約時にオリコが保証会社になっているのが気になる
    • 保証会社がオリコであるときに注意するポイントがあるか知りたい
    • 保証会社とはそもそもどのような役割を持っているか気になる

銀行カードローンと保証会社オリコの関係とは?

消費者金融から借入する場合は、保証会社の存在を気にする必要はありませんが、銀行カードローンの借入には保証会社を通さなくてはなりません。

消費者金融の審査は消費者金融そのものが行い、審査に通ればお金を借りられます。

しかし銀行カードローンの場合は、銀行の審査に通っても保証会社の審査に通らなければお金を借りられないのです。

つまり、保証会社の審査に通ることが銀行カードローン審査の必須条件であって、銀行自体が申し込み者の審査をして、契約するわけではありません。

銀行カードローンなのにどうして銀行が審査を行わないのか不思議ですよね。 それは、銀行の融資体制が担保融資に特化しているためです。

住宅ローンや事業税貸付など、銀行から借入する場合は、連帯保証人を立てることや不動産などの担保を必要とする場合がほとんどです。

個人向けカードローンは無担保無保証が原則で、担保融資を得意とする銀行にとっては不得意の分野になります。

しかし、個人向けカードローンは金利が高く、銀行が利益を得るにはもってこいの金融商品です。 そこで銀行は、無担保無保証の審査を確実に行う、保証会社を利用するのです。

カードローンと同じように、クレジットカードの契約も無担保無保証の契約ですよね。

オリコはクレジットカード会社として大手であり、個人向けの審査の実績も豊富に持っていることから、みずほ銀行カードローンを中心にオリコを保証会社としている銀行カードローンが多いです。

保証会社オリコの役割はなに?

銀行カードローンと保証会社の関係は、癒着などの黒い関係ではありません。

保証会社の役割は、銀行カードローンの借入申込者の審査を行うことと、銀行カードローン会員が返済不能になった場合に借金の肩代わりをすることです。

    • オリコは銀行から保証料をもらうことで、その役割を担当しているのです。 保証会社としてのオリコがどのような役割を担っているか、詳しく見て行きましょう。

関連記事をチェック!

7249view

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 保証会社がどこかによって、カードローンの審査難易度も変わりますので、保証会社はしっかりチェックしておくべきですが、カードローン選びの際になかな...

銀行カードローン会員の保証人

銀行カードローンの契約は商品説明によると担保なし、保証人不要となっています。

しかし、銀行カードローン会員が返済を長期間滞った場合には、保証会社であるオリコは会員に代わって銀行に返済をします。

したがって、オリコは銀行カードローン会員の保証人の役割を果たしているとも言えるのです。

銀行の不得意分野である無担保無保証の審査をして、万が一不良債権となった場合でも借金を全部支払ってもらえるのは、銀行にとって大変な安心材料です。

なお、オリコが借金を代わりに支払ってもらえるからと言って、会員に返済の義務がなくなるわけではありません。 銀行の代わりに、オリコから請求がくるので気を付けましょう。

銀行収益の大きな役割を果たしている

銀行カードローンは保証会社が付いていることで、貸付金利を低くして集客し、豊富な資金源を利用しています。 銀行カードローンで貸せば貸すほど利益を出せるのですから、銀行にとってもメリットは大きいですね。

銀行が保証料金を保証会社であるオリコに支払っても、住宅ローンや自動車ローンなどの目的ローン、事業性貸付よりも、カードローンは金利が高いため銀行にとって大きな収益源となるのです。

また銀行カードローン会員の全員が不良債権となるわけではありませんので、保証会社であるオリコにとっても貴重な収益源になっているのです。

例えば、アコムやプロミスなども銀行カードローンの保証会社を請け負っていますが、決算資料を見ると保証料だけでも全体の収益源のおよそ20%を占めています。

銀行と保証会社は銀行カードローンにおいて、お互いに利益が得られる関係にあると言っても良いでしょう。

オリコが保証会社だと審査は厳しめ?

銀行カードローンの保証会社は消費者金融とクレジットカード会社、及び保証業務専門の会社が引き受けています。

審査の厳しさから言うと、保証業務専門の会社>クレジットカード会社>消費者金融の順番です。

クレジットカード会社の審査が消費者金融に比べて厳しくなっているのは、業務形態の違いにあります。 消費者金融はお金を貸すことを専門分野としているのに対して、クレジットカード会社はショッピングとキャッシングの両方を行わなければならないのです。

消費者金融で借入できるのは、日本国内のみに限定されています。

一方で、クレジットカード会社は、ショッピングもキャッシングも海外でも利用できるのが大きな特徴です。

さらにETCカードの発行や、海外旅行及び国内旅行の附帯保険が充実しているのも消費者金融にはないことです。

消費者金融は安定した収入があれば、年齢条件や信用情報に問題がなければ、総量規制の範囲内で貸付額を決めます。

対してクレジットカード会社は消費者金融の審査条件の上に、割賦販売法によっても利用限度額を決めなければならないため、より慎重に審査を行わなければならないのです。

ただし、審査否決になる基準は消費者金融や、信販会社という単位ではなく、会社ごとに決まっています。 一概にクレジットカード会社の審査が厳しいとは言えないのです。

関連記事をチェック!

7249view

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 保証会社がどこかによって、カードローンの審査難易度も変わりますので、保証会社はしっかりチェックしておくべきですが、カードローン選びの際になかな...

オリコはCICとJICCの両方で保証できるかどうか審査する

オリコが加盟している個人信用情報機関は、クレジットカード会社ならどこでも加入しているCICとJICCです。

JICCと言うと消費者金融の指定個人信用情報機関となりますが、オリコはクレジットカード会社であるため、CICの信用情報を重点的に利用して審査を行います。

CICに登録されている個人信用情報は、クレジットカードの利用状況はもちろんのこと、自動車ローンやショッピングローン、携帯端末機器代を含んだ携帯電話料金の割賦購入などローン関係の利用状況も登録されています。

毎月の支払い状況は過去24か月にわたって、正常に支払期日までに返済されているのか一目で分かるようになっています。

オリコは、カードローンの支払いに遅れがなくても、クレジットカードの利用料金の支払いや各種ローンの支払いに遅れがあると、信用に不安があるとしてあっさり審査に落としてしまいます。

また、携帯端末機器代の分割料金の請求は携帯会社が行っているのではなく、割賦販売業者やクレジットカード会社との提携によって携帯電話料金に含めて請求されます。

支払期限までに携帯料金を支払わないと、その時点でCICに「滞納」情報が登録されてしまうのです。

カードローンだけではなく、これまで利用してきた、様々な金融商品の情報が、個人信用情報を通じて確認されるので注意が必要です。

保証会社であるオリコは、銀行カードローンの会員が返済不能になった場合に借金を立て替えなければならない役割を持っています。

そのため、ちょっとでも信用情報に不安を感じれば保証を引き受けるわけには行きませんよね。

関連記事をチェック!

2413view

オリコは信用情報に傷があると借りられない?理由と解決策を紹介!

株式会社オリエントコーポレーションが運営するオリコカードは、様々なタイプのカードがあり幅広い人に利用されています。 他社のカードと同様に申し込むと審査を受け、個人信用情報を確認されます。 過去の取...

関連記事をチェック!

29869view

CIC、JICC、全国銀行協会(KSC)の違いを徹底解説

日本では、JICC、CIC、全国銀行協会という3つの個人情報機関があるのをご存知ですか? 個人信用情報機関の違いは以下2点です。 加盟している金融機関 登録されている情報の保管期...

保証会社がオリコになっていることでメリットもある

銀行カードローンの保証会社がオリコになっていると、審査が厳しいデメリットがある反面、メリットも十分に受けることが可能です。

オリコの審査に通った人は消費者金融でお金を借りるよりも、かなり有利な条件で借入できるのです。

カードローンの金利を安くできる

消費者金融の借入金利の上限は年18.0%ですよね。 オリコが保証会社を引き受けている、みずほ銀行カードローンの借入金利上限は年14.0%です。

なお、みずほ銀行住宅ローンを利用すればみずほ銀行カードローンは金利が年0.5%引き下げられます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

同じ金額を借入しても借入金利が安ければ利息負担が少なく済みます。 わずか年4.0%の違いとはいえ、借入金額によってはかなりの利息の差が出ます。

◆50万円を30日間借りた場合の利息
・金利年18.0%:7,397円
・金利年14.0%:5,753円

わずか30日で1,644円もの差額が出るのですから、返済期間が長くなれば確実に金利が安い方がお得ですよね。

消費者金融よりも多く借りることが可能

オリコの審査によって返済能力が十分にあると判断されれば、消費者金融よりも多くの金額を借りられるというメリットがあります。

消費者金融は総量規制の関係で、年収の3分の1までと決まっていますが、銀行カードローンはそうではありません。

カードローンで大口融資を受けたい人にとって銀行カードローンはおすすめです。

ただし、2017年以降銀行カードローンの高額融資を抑える、自主規制を銀行が行っているため、年収に対して3分の1以上の借入ができない可能性もあります。

【豆知識】オリコは賃貸保証も請け負う

今回の話の本筋とは少し違いますが、オリコは賃貸物件の保証業務もカードローンの保証とは別に行っています。

賃貸の保証もカードローンの保証と仕組みが似ており、入居者が家賃を支払えなかった場合に、滞納している賃料を代わりに支払うというサービスです。

オリコは賃貸保証の中でも大手であるため、不動産業界全体を見ても利用している大家さんや不動産会社が多く存在します。 そこで、オリコの賃貸保証業務についても、簡単に見て行きましょう。

オリコフォレントインシュアとは

先ほど紹介したオリコの賃貸保証業務は、オリコの子会社であるオリコフォレントインシュアが行っています。

賃貸物件や賃貸住宅を利用するときには、借主は賃貸不動産会社や管理者と契約するときに多くの場合、保証人を付けなければいけません。

しかし、家庭の事情や高齢者など年齢の問題で保証人を引き受けてもらえる人がいない人も、時代がすすむにつれて増えています。

また、親権者同意書が必要になる未成年の場合には、本人の収入を認めてもらいにくく、本人が賃貸を借りるのが難しいです。 そこでこのような保証人がいない人のために代わりに保証人となる法人が、オリコフォレントインシュアです。

オリコフォレントインシュアは親会社の信販系である、オリコのノウハウを駆使して、正確な保証の審査を行います。

また、利用者が家賃の支払いを滞納してしまった場合には、代わりに賃貸の経営者へと家賃を支払うので、経営者の負担が減り管理費の削減にもつながっています。

入居には審査がある

賃貸物件に入居するときには、入居者は事前に不動産会社や保証会社の審査を受けることになります。

審査は勤務先や収入の確認や、保険証などの本人確認書類の提出や面談をもとに行われます。 また、信販系の保証会社の場合、個人信用情報の内容も審査基準に加わるため、過去に借金の滞納をしていると入居審査に落ちてしまう可能性があるのです。

審査に無事通過すれば、契約者は賃貸借契約を不動産会社、もしくは大家さんと結ぶことになるので、契約書などの書類記入に移ります。

また、審査内容によっては収入証明書などの書類提出が求められるケースもあるため、申込書と同じタイミングで提出が必要です。

家賃滞納してしまうと

家賃滞納を行うと、オリコフォレントインシュアなどの保証会社から代わりに支払いを行ってもらえます。 しかし、滞納したままだと保証会社から督促が行われます。

督促の連絡がきているにもかかわらず、支払いを拒否し続けると賃貸からの退去を要求されてしまうのです。

また、退去を拒む場合や退去後に滞納した家賃の支払いを行わない場合には、訴訟や財産の差し押さえをされるため、生活や仕事に大きな影響をあたえてしまいます。

保証会社は飽くまでも、大家さんや不動産会社へ家賃の支払いを保証するだけで、賃貸契約者に対して保証をしてもらえるわけではありません。

まとめ

オリコは様々な銀行の保証会社として、厳しくカードローンの審査を行っていることが分かりました。

収入や職業が安定して、過去の個人信用情報に問題がなければ、審査に通る可能性は十分ありえます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談