借金完済後にクレジットカードを作成することはできる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

多重債務者が借金を完済した後、自己破産や債務整理などの法的措置によって借金を完済した後は住宅ローンを組むことや、クレジットカードを作ることが難しくなると思っている人が多いようです。

借金完済後に別のローンが組めるか、カードを作成することができるのかは、どのような形で完済に至ったのか、完済してからどのくらいの年数か経過しているのかなどということに関係します。

借金完済後にクレジットカードを作成するためにはどのような条件が必要になるのでしょうか?

また、審査に通過するためのコツなどはあるのでしょうか?

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

クレジットカードの審査基準

34ee1ece55241e592617255b21b2dfdf_t

クレジットカードを作る際には必ず審査が行われます。

クレジットカードは「この人は支払いに問題がない」と判断できる人に対してしか作ることはできません。

買い物代金の立て替えを行ってくれるのがクレジットカードですから、現金を借りなくても借金は借金です。

そのため審査があるのは当然といえば当然です。

返済能力は大きく分けて以下の6つの基準に基づいて判断されます。

関連記事をチェック!

166view

クレジットカードの審査に通るか不安な人が読む記事

クレカの審査はカードローンの審査よりも厳しく、審査に通るかどうか不安に思っている人も少なくありません。 実際のところ、クレカの審査に通るかどうかは申し込んでみなければわからないというのが実情ですが、...

ブラックか否か

信用情報に、自己破産、代位弁済、長期延滞、債務整理等のいわゆる金融事故と呼ばれる情報がある人のことを通称でブラックと言います。

信用情報がブラックとなっている人はこの情報が信用情報から消去されるまでの期間はクレジットカードの審査に通過することはほぼ不可能であると考えておきましょう。

事故から5年経過しなければ金融事故の情報は消去されません。

関連記事をチェック!

5098view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

借入状況・契約状況

銀行や消費者金融からの借入がどの程度か、他のクレジットカードの契約状況などはどうなっているかということも審査が行われます。

クレジットカードの契約については、支払いに遅れがない限り契約本数が多くても審査上それほど問題はないですが、借入金については借入金額や借入本数が多いと、支払能力に問題があると判断され、審査に通過できないこともあります。

関連記事をチェック!

1293view

借入状況がいくらあるか調べる確認方法【借金総額知りたい】

家族に内緒で借金をしている人は意外と多いですね。たとえお金を借りていることがバレても正直に話すことはなかなかありません。 借入先が分かっても本当にそれだけなのか、他に隠している借金はないのかなど...

勤務先

クレジットカードは専業主婦でも本人名義で契約できるため、限度額が高額でない限りはそれほど重要な審査項目ではありません。

しかし、やはり属性が良い職業であればあるほど審査に有利となることは間違いありません。

具体的には、上場企業会社員・公務員が最も審査に有利な属性とされており、自営業者・小規模法人代表者は審査に不利とされています。

その他の職業はその中間に位置すると考えておきましょう。

年収

クレジットカードのお買い物に使用する枠であるショッピング枠は総量規制の対象ではありません。

したがって年収が高いと必ず審査に有利になるわけではありませんが、限度額の大きなクレジットカードを契約する場合には、年収は高ければ高いほど審査には有利になりますし、審査の当落線上にいる場合にも「年収が高い」という理由から審査に通過できる可能性があります。

申込情報

信用情報には、過去6か月以内のローンやクレジットカードへの申込に関する情報と、審査結果が記録されています。

この中で1か月以内に3回以上の申込情報がある人を「申込ブラック」と言い、審査に通過することが困難になります。

ローンやクレジットカードへの申込が多い人は「よほどお金に困っているに違いない」とか「信用情報には出てこない隠れた借金があるかもしれない」いうように判断され、審査に通過させることに躊躇してしまいます。

借金完済後で、審査に通過できるかどうか不安だからと言って、2社同時にカードを申し込むなどということは審査には不利になるだけですので、止めておいた方がよいでしょう。

クレジットヒストリー

借金完済後の審査でブラック情報と並んで審査で重要になるのがクレジットヒストリーです。

信用情報には借入金やクレジットカードの支払状況に遅れがあったか否かについて、過去24か月分の情報が記録されており、この情報をクレジットヒストリーと言います。

借金完済後にクレジットカードへ申し込むのであれば、完済した借金の返済状況に遅れがなければ審査に通過できる可能性がありますし、遅れ遅れになりながらなんとか完済に至った場合には審査には通過できない可能性が高くなります。

関連記事をチェック!

478view

消費者金融を利用するとクレヒスにキズがつく?

消費者金融からお金を借りるとクレヒス(クレジットヒストリー)にキズがつき、銀行からの大型融資、例えば住宅ローンや自動車ローンの審査に通らなくなる、という話をよく聞きますね。 一見すると本当のような噂...

どのように借金を完済したのか

IMGL8673171031_TP_V1

借金完済後にクレジットカードを作成できるか否かについては、どのような形で借金を完済したのかによって、審査が大きく左右されます。

自己破産や債務整理や個人再生

借金完済と言っても、自己破産や債務整理や個人再生などの方法で完済した場合には、「金融事故によって借金を完済した」とみなされてしまいます。

あえて乱暴な言い方をすれば借金の残金を踏み倒して完済に至ったということです。

このような情報が信用情報に記録されている人は審査には通過できません。

クレジットカード審査においては、CICという信用情報機関に照会を行います。

CICでは、事故情報は事故から5年間保存しますので、事故後5年は経過しないとクレジットカードを契約することは難しいでしょう。

自己破産すれば全ての借金返済義務がなくなるの?

多重債務状態から自力返済

多重債務者だったからクレジットカードを作れないと思っている人が多いようですが、完済後であれば多重債務者であったか否かは関係ありません。

ただし、完済後に利用残高0円となったカードローンの枠は解約を行ったほうがよいでしょう。

関連記事をチェック!

669view

借金250万!債務整理と自力で全額返済する方法

カードローンで借金を繰り返し行った結果、借金が250万円にものぼってしまった。 このように、借金の金額が高額になりすぎて、返済することができずに絶望としている人も多いです。 そこで、借金の金額が2...

完済までに遅れがあったか否か

自力で返済した人にとって重要なことは、借金完済前に借金が何本あったかよりも、完済に至るまでの支払状況がどうであったのかが重要になります。

先ほども述べたように、審査の際にはクレジットヒストリーと呼ばれる返済状況を記録した情報が非常に重要視されます。

完済前の借金が1本でも複数本でも、完済に至るまでに遅れがなければクレジットヒストリーが綺麗な状態で審査には通過しやすいですし、遅れ遅れで何とか完済に至ったような人はクレジットヒストリーが良好とはいえないため審査に通過するのは難しくなります。

関連記事をチェック!

2110view

消費者金融の上手な借金返済にはコツがある!確実に減らす方法

借金を減らすには何かコツがあるのか、と返済しながら考えている人は多いのではないでしょうか。現実的に考えましょう。 1回でも借金してしまうとなかなか完済出来ないのが借金です。お金は魔力を持っており、今...

完済後カード審査に通るパターン

26949e6b93acede68eef809bd8e69170_t

借金完済後のクレジットカードの審査に通るパターンとしては以下の3つのパターンを挙げることができます。

事故から5年以上経過

先ほど述べたように、事故から5年は経過していないとブラックとみなされ審査に通過できません。

このため、事故から5年経過していれば信用情報からブラック情報が消去されるため、完済後にカード審査に通過できる可能性が高くなります。

最終返済日から24か月以上経過

借金の完済に至るまでに遅れがあっても、完済してから24か月を経過していれば審査に通過できる可能性があります。

クレジットヒストリーは完済してから24か月保存されるため、完済後2年間は遅れがあった情報が残りますが、24か月以上経過すれば遅れがあったという情報が残りません。

事故情報もなければ全くのクリアな状態で審査を行ってもらえる可能性があります。

期日通り完済すれば問題ない

借金の返済を期日通りにしっかりと返済して完済に至れば審査には特に問題ありません。

むしろクレジットヒストリーは非常にきれいな状態ですので、「支払いはしっかりとした人だ」という高評価となり、クレジットカードの審査に有利となる可能性もあります。

関連記事をチェック!

639view

借入の返済方法の種類

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入返済方法とは 銀行などから融資を受けるときに、その融資の返済方法についてあらかじめ契約書におい...

不安な人は銀行系カードは避けよう

b30c27e9ead4c58647e8a3cbfa61ea83_t

クレジットカードの審査に通過できるかどうか心配な人は、銀行系のクレジットカードへ申し込むことは避けたほうがよいでしょう。

同じクレジットカードであっても銀行系のクレジットカードは審査難易度が高いためです。

消費者金融系のクレジットカードは比較的審査が甘い傾向があり、アコムのACマスターカードなどがその代名詞的な存在です。

このような、比較的審査が甘いクレジットカードに最初に申込を行い、このようなクレジットカードである程度の利用実績を作ってから審査難易度の高い銀行系などのクレジットカードへ申し込んだ方が無難です。

関連記事をチェック!

35view

銀行系カードローンはクレジットカードの審査に悪影響?

クレジットカードの審査に影響する クレジットカードを申し込んだ際に受ける審査では、銀行系カードローンの利用状況は審査にどのような影響を与えるのでしょうか。 銀行系カードローンとは、銀行の子会社...

銀行系カードローンはクレジットカードの審査に悪影響?

カードが作れない人への代用方法

3f0e9a28f5d3a1d4aa9f4f687bfcdb84_t (1)

上記いずれの方法でもクレジットカードが作成できない人の対処法として、以下の2つの方法が残されています。

最終手段として一応理解をしておきましょう。

デビットカード

デビットカードにはカード番号があるため、クレジットカードの代用品として利用できる場合が多くあります。

カードの利用金額が利用と同時に紐付けされている預金口座から引き落としとなり、預金残高以上の利用を行うことができないため、クレジットカードのように買い物代金を立て替えた状態にはなりません。

このため、審査なしにカード番号が付与されます。

クレジットカードを持つことができない人の代用品としてデビットカードは重宝されています。

デビットカードの使い方を分かりやすく説明!コンビニや海外でも使えるの?

家族カード

家族カードの審査対象となる人は親カードの契約者です。

つまり、自分がクレジットカードの審査に通過することができなくても、親カードの契約者が審査に通過することができ、そのカードに家族カードを作れば本人は審査に通過できなくても家族カードを所有することができます。

ただし、家族カードの場合には請求は親会員の元に行きますので、使い過ぎなどには十分注意しましょう。

関連記事をチェック!

694view

家族カードと信用情報の関係は?家族がブラックでも利用できるの?

クレジットカードには、本人以外の家族も利用できる家族カードがあります。 クレジットカードを作るのに審査を受けますが、家族カードを発行してもらうときに審査をされるか知らない人も多いようです。 審査で...

まとめ

借金を完済した後でも、完済の方法がどのように行われたのかによって、クレジットカードが作れるかどうかが変わってきます。

金融事故にあたる事象によって完済したのであれば、事故情報が信用情報から削除されるまでは残念ながらカードを作成することはできません。

借金完済前に多重債務者であった人でも、自力で遅れなく完済したのであればクレジットカードを作れる可能性は決して低くありません。

まずは自分が借金を完済に至るまでの過程について自己分析を行ってみましょう。

どうしてもクレジットカードが必要だという人は、デビットカードや家族カードで代用するという方法も検討してみましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-06-19 14:17:58

    こんにちは。
    借入のすべて。小林です。

    和解したということは、任意整理と同じ効果です。和解後の借金完済から5年で異動情報が消えます。
    金融機関によっては和解締結後から5年でブラックでなくなりますが、和解前の長期返済滞納していることを考えると、やはり借金完済後5年と考えるのが妥当ですね。

  2. 遠藤さん|2019-06-19 12:47:27

    6年前に消費者金融から2社50万ずつ借り色々あり返済をずっとできていませんでした
    1社は一括和解で返済しました。
    もう一社は利息なしの96万返済で和解しました。ただ本日、残46万を残して一括で返済しました。
    ローンはいつ頃から組めるようになりますか?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談