みずほ銀行カードローンの借入限度額を増額する方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

みずほ銀行カードローンの借り入れ限度額は800万円までと、個人がカードローンで借りるには十分な金額ですね。

できるだけ多くの金額を借りたいのであれば、消費者金融よりも銀行カードローンが有利です。

ただしみずほ銀行カードローンの借り入れ限度額を借りることは、一般のサラリーマンではかなり難しいと言わざるを得ません。

ある程度の年収以上がなければ借りることはできませんし、厳しい審査も待っています。

今回は、みずほ銀行カードローンで借り入れ限度額を増額するための方法について、説明していきたいと思います。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

みずほ側から増額案内が来ることも!

借り入れ限度額を増額するためには、利用者側から申請するのが一般的ですが、利用実績が評価されたなどの場合、みずほ銀行側から「増額案内」がくることもあるようです。

案内方法は以下の2つのいずれかになるとのことです。

  • みずほ銀行のATM画面に表示
  • 増額案内の郵送物が届く

なお、「コンビニATM」では増額案内が表示されません。

コンビニATMでしか利用していない場合、増額案内に気づかない可能性がありますので気をつけておきましょう。

関連記事をチェック!

1757view

みずほ銀行カードローンの利用でハガキが届くことはある?

カードローンの利用を周囲に知られたくない人もいますよね。 そのような人は、ハガキなどの郵送物があるのか気になると思います。 今回は、みずほ銀行カードローンの利用でハガキが届くことあるのかを紹介しま...

増額案内が来た場合、増額は確実!?

ただし、増額案内が来たからといって必ずしも増額できるとは限りません。

しかし、増額案内が来ているということは、みずほ銀行側から利用実績を評価され、「優良顧客」と判断されている可能性が高いです。

このため、通常よりは審査に通る見込みが高くなっていると思います。

なにせ、みずほ銀行側から「増額しませんか?」提案しているのですから、「やっぱり無理でした」ということにはそうそうならないでしょう。

増額には審査を受ける必要がある

みずほ銀行カードローンの増額には再申し込みが必要ですので、当然再度審査を受けなくてはいけません。

審査は通常とおなじように、「みずほ銀行」と保証会社である「株式会社オリエントコーポレーション」が行うことになります。

増額審査の方法

増額審査の方法は、通常の審査とおなじように「スコアリング」で「返済能力」をチェックされるかと思います。

スコアリングとは、年収や職業などの個人情報、他社借り入れや返済記録などの信用情報をもとに、申し込み者の返済能力をスコア化する審査方法になります。

このスコアリングをもとに、「増額に値する返済能力があるか?」という点を確認される可能性が高いです。

関連記事をチェック!

2779view

消費者金融の限度額を上げるなら増額審査に通る条件を知っておこう

あ消費者金融でお金を借りていてももっと増額したいな、と思う場合がありますよね。しかし増額するためには審査を受けなければなりません。 増額とは現在利用している利用限度額を増やすことです。今まで以上に消...

増額審査に必要な書類

増額審査に必要な書類は、基本的にありません。

ただし、限度額50万円超を希望する場合は「収入証明」が必要となり、以下のいずれか1点を提出する必要があります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

なお、「本人確認書類」は前回の申し込み時に提出済みですので必要はありません(住所などが変わっている場合は必要になるケースもあります)。

関連記事をチェック!

1546view

収入証明書なしでも増額できる?

増額しようと思ったけど、収入証明書を用意するのは面倒だという人は多いと思います。 今回は収入証明書がなくても増額できるのかということや、増額のやり方や難易度について見ていきたいと思います。 収入証...

増額審査で注目される3つのポイント

増額審査で重要となってくる可能性が高いのが、以下の3つの項目です。

期日を守って返済しているか

当たり前ですが期日を守らない人は信用できないため、増額するには不安があります。

また、返済期日を守れないということは返済能力がないともとれます。

このため、期日を守って返済しているかという点は、確実にチェックされます。

これはみずほ銀行カードローンだけでなく、他社のカードローン、クレジットカード、携帯電話端末の分割購入などの支払いも含まれますので要注意です。

他社からの借り入れが増えてないか

他社からの借り入れが多くなるほど、月々の返済負担も増えるため、返済できる余力も少なくなります。

返済できる余力が少ない人ほど「延滞」や「貸倒れ」の可能性が高くなるため、この部分はしっかりとチェックされます。

もし、前回審査を受けたときよりも他社からの借り入れが増えている場合は、審査に不利になります。

また、増額審査に通ったとしても増額額が少なくなる可能性も高いです。

収入が増えているか

収入が増えているということは、返済能力が上がっているということでもあります。

増額するにはそれに値するだけの返済能力が必要ですので、この点も確認されます。

以上が、増額審査でとくに重視される可能性が高いポイントとなります。

増額審査に通過するには、この3つの点がとくに重要となってくるかと思いますので、ぜひ覚えておいてください。

増額審査は自分でも希望できる?

ここまでは、みずほ銀行から増額の案内が来た場合を中心に説明してきましたが、自分自身のタイミングで増額を希望することももちろん可能です。

みずほ銀行が「増額してもいいだろう」と判断するタイミングと、利用者が「増額したいなぁ」と思うタイミングは、必ずしも一致するわけではありませんからね。

ただし、利用者自身のタイミングで申し込む場合はみずほ銀行から案内が来る場合とは異なり、審査に通りやすいというわけではありません。

増額を希望する事情がある場合は、自身の属性や信用情報を客観的に判断して、審査通過の可能性が多少なりともあると思うのであれば、増額申請を行うようにしましょう。

増額審査には在籍確認がある!?

みずほ銀行カードローンの増額は再申し込みですので、「前回とおなじように在籍確認があるの?」と気になっている人も多いかと思います。

結論からお伝えしておくと、増額のために再申し込みする場合も在籍確認があります。

在籍確認は前回とおなじく、申し込み時に申告した勤務先の電話番号にされます。

審査担当者の個人名で電話がかかってくる点もおなじです。

このため、カードローンの在籍確認とは分からないので安心してください。

増額完了するまでに必要な日数

増額希望を申請したと言っても、実際には審査を受けたのちの増額となるので、申し込んですぐに増額してもらえるわけではありません。

みずほ銀行カードローンに初回申し込みする場合は、最短で翌営業日に融資を受けられますが、増額審査はより時間がかかる傾向にあります。

利用限度額が増えるということは、みずほ銀行にとってはリスクを増やすことでもあるので、より慎重な審査が求められるからです。

そのため、増額審査の結果が出るまでには最短でも2~3営業日程度は見ておいたほうがいいでしょう。

審査の結果、増額が認められた場合は、増額された利用限度額がすぐに反映されます。

増額すると金利が下がる可能性あり!

みずほ銀行カードローンの金利は、限度額によって決まります。

限度額が大きくなるほど、反比例して金利は下がっていきますので、増額すると金利が下がる可能性があります。

限度額ごとに設定される金利は、以下のとおりです。

限度額適用金利
10 万円以上100万円未満年 14.0%
100 万円以上200万円未満年 12.0%
200 万円以上300万円未満年 9.0%
300 万円以上400万円未満年 7.0%
400 万円以上500万円未満年 6.0%
500 万円以上600万円未満年 5.0%
600 万円以上800万円未満年 4.5%

上記のように限度額が100万円以上になれば、確実に金利が下がるようになっています。

このように設定される限度額によっては、現在よりも金利が下がることがあるため、金利を下げる目的で増額するのも良いかと思います。

関連記事をチェック!

2779view

消費者金融の限度額を上げるなら増額審査に通る条件を知っておこう

あ消費者金融でお金を借りていてももっと増額したいな、と思う場合がありますよね。しかし増額するためには審査を受けなければなりません。 増額とは現在利用している利用限度額を増やすことです。今まで以上に消...

増額する際の注意点

増額の申し込みをするうえで注意しなければならないことが、借り入れ上限です。

借り入れ上限とはその人が借りることができる最大の金額のことであり、基本的には年収をベースに上限が決まります。

銀行では「自主規制」という規制を独自に定めて、規制をしています。

増額をする場合にはみずほ銀行が自主規制で定めている金額を超えることはできず、これを超える増額の申し込みであれば審査に通ることはできません。

年収の3分の1が上限

銀行全体がカードローン事業を拡大させてきたことを要因として、貸金業者や国から非難される結果となりました。

これを受けて銀行では自主規制の強化を迫られることになり、2017年4月から規制の強化をしています。

自主規制の内容は多くの銀行で公表されていませんが、みずほ銀行では公表しており、以下のような強化内容とすることとしています。

  • 融資額の上限を「年収の2分の1」から「年収の3分の1」へ引き下げ
  • 収入証明書類の提出を厳しく求める

このような内容となっており、簡単にいえば貸金業法に準じたような内容の自主規制としています。

関連記事をチェック!

11980view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

限度額の変更はどこでできる?

みずほ銀行カードローンで増額を申し込みたい場合は、「みずほダイレクト」「電話」「店頭窓口」のいずれかで申し込みを行います。

申し込み方法によって審査の通過率が変わってくるようなことはありませんので、お好きな方法で申し込むといいでしょう。

店頭窓口は平日の15時までしか営業していませんので、みずほダイレクトやみずほ銀行カードローン専用ダイヤルへの電話で申し込むのがおすすめです。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤルの受付時間は、平日の9時~20時(12/31~1/3を除く)です。

みずほ銀行カードローンの増額審査はオリコが行うことに注意

みずほ銀行カードローンの保証会社は、オリエントコーポレーションです。

オリエントコーポレーションはクレジットカード会社の大手企業です。

加盟している信用情報機関は消費者金融が加盟しているJICCと、クレジットカード会社や割賦販売業者が加盟しているCICの2つです。

つまり、みずほ銀行カードローンの返済だけで優良な会員であると認められても、オリコの審査によって増額審査に落ちてしまうということもあるのです。

消費者金融の借り入れ件数家金額、クレジットカードの利用額や支払い状況、自動車ローンの支払い状況、ショッピングローンの支払い状況も個人情報を取得すればすぐにわかってしまいます。

それに加えて注意したいのは、携帯端末機器代を含んだ電話料金の支払い状況です。

携帯端末機器代を電話料金と一緒に分割している場合は、必ずCICに支払い状況が登録されます。

携帯電話料金をコンビニ払いしている人で、うっかりして支払い期限に1日遅れてしまった、でもすぐに支払ったとしても、正常な入金とはなりません。

必ず利用料金を遅滞して支払った情報がCICに登録されてしまいますので、保証会社のオリコが見逃すはずはありません。

みずほ銀行はメガバンクでありながら、老舗の銀行です。

老舗であるということはそれだけ信用力のない人にはお金を貸さない方針です。

保証会社のオリコもみずほ銀行の方針に従って、増額審査はとくに細心の注意を払って細かいところまでチェックが入るでしょう。

カードローンの支払い状況に遅れがある、クレジットカードの支払いに遅れがあるのでは、増額審査に通ることは難しくなることは間違いありません。

みずほ銀行カードローンの借り入れ増額を成功させるには、信用情報に全く問題がない状態でないと審査に通ることは難しいのです。

関連記事をチェック!

1984view

銀行カードローン契約でオリコが保証会社になっている際の注意点

銀行カードローンの契約には必ず、「保証会社の保証を受けることができる方が貸付対象」という条件があります。 そしてみずほ銀行などの銀行は、オリコが保証会社になっている場合があります。 銀行の保証会社は...

みずほ銀行カードローン

pexels-photo-462368

みずほ銀行カードローンは年齢が20歳以上で66歳未満、継続安定した収入があり、みずほ銀行カードローンの保証会社のオリコの保証を受けられる人であれば申し込めます。

年収がいくら以上でなければダメだとか、正社員でなければならない条件はありません。

しかし申し込むことができたとしても審査に通るかはまた別の話で、十分な返済能力がなければ審査に通ることは難しいでしょう。

みずほ銀行カードローンの借り入れ限度額は800万円と十分な利用枠がありますね。

しかも金利は※年2.0~14.0%と、銀行カードローンの中でも金利は低い部類に入ります。

インターネットから申し込むことができ、お金を借りるためにわざわざみずほ銀行窓口まで出かける必要はありません。

契約までをWEBで完結できる

みずほ銀行のカードローンが人気である理由の1つが、申し込みから契約までをWEBで完結できるということです。

また、すでにみずほ銀行の普通預金口座を持っているという場合には、WEBで契約をするとすでに持っている普通預金のキャッシュカードですぐに借りられるようにもできます。

これにより、カードローン専用のキャッシュカードを持つ必要がなく、1枚のカードだけで利用できます。

もちろんみずほ銀行の窓口に直接行くことでも申し込みや契約もできますし、他にも郵送や電話での申し込みも可能です。

みずほ銀行カードローンの金利

PAK85_singadoll20140531_TP_V

銀行カードローンの特徴として、金利の設定は利用限度額によって異なってくることが挙げられます。

みずほ銀行の最低金利は年2.0%ですが、最低金利で借りるためにはみずほ銀行の借り入れ限度額である800万円を借りなければ適用されません。

みずほ銀行カードローンの最低融資額は10万円からで、100万円未満までの借り入れの場合に適用される金利は※年14.0%です。

100万円以上200万円未満での借り入れ金利は、年12.0%です。

みずほ銀行カードローンの金利が低いからといって、100万円未満の借り入れでも年2.0%の金利が適用されるわけではありませんので、注意が必要ですね。

しかしたとえ※年14.0%の借り入れ金利だとしても、銀行カードローンとしては低金利の部類に入ります。

利用限度額が少ない人でも、また利用限度額800万円まで借りることができる人でも低金利で借りることができるのが、みずほ銀行カードローンの大きな特徴ですね。

もちろん初めて申し込みをするのに、最高融資限度額である800万円を借りることはできません。

通常は年収の10%程度が利用限度額となり、多くの場合は100万円未満の借り入れ限度額となりそうです。

みずほ銀行カードローン適用金利表

実際にみずほ銀行でカードローンを借りる場合に、利用限度額によって適用される金利を表にしました。

なお、先ほどもお話ししましたように、みずほ銀行では住宅ローンの利用者であればカードローンの金利を年0.5%引き下げしていますので、そちらについても表にしました。

利用限度額基準金利引き下げ適用後の金利
10万円以上100万円未満年14.0%年13.5%
100万円以上200万円未満年12.0%年11.5%
200万円以上300万円未満年9.0%年8.5%
300万円以上400万円未満年7.0%年6.5%
400万円以上500万円未満年6.0%年5.5%
500万円以上600万円未満年5.0%年4.5%
600万円以上800万円未満年4.5%年4.0%
800万円年2.0%年1.5%

このように契約をする利用限度額に応じて金利が適用され、最も金利幅が下がるのが100万円以上200万円未満と、200万円以上300万円未満の年3%となります。

同じ借り入れ額での支払利息の違い

たとえば同じ50万円を借りる場合であっても借り入れ限度額によって金利は違いますので、当然支払う利息も違ってきます。

その違いを、50万円の借り入れで30日間にかかる利息で計算しました。

利用限度額基準金利での利息引き下げ適用後の金利での利息
10万円以上100万円未満5,753円5,547円
100万円以上200万円未満4,931円4,726円
200万円以上300万円未満3,698円3,493円
300万円以上400万円未満2,876円2,671円
400万円以上500万円未満2,465円2,260円
500万円以上600万円未満2,054円1,849円
600万円以上800万円未満1,849円1,643円
800万円821円616円

みずほ銀行カードローンの借り入れ限度額

achievement-bar-business-chart-40140

みずほ銀行カードローンの借り入れ限度額は800万円ですが、800万円を借りるためにはそれなりの年収がなければなりません。

基本的に銀行カードローンの貸付上限額は年収の1/3までとなっており、年収の1/3以上を貸す場合はかなり厳しい審査に通らなければなりません。

したがってみずほ銀行から借り入れ限度額である800万円を借りるためには、少なくても年収は2,400万円以上は欲しいところですね。

しかしいくら年収が2,400万円以上あったとしても、最初から借り入れ限度額の800万円を借りれるわけではありません.

銀行カードローンでも消費者金融でもそうですが、初回借り入れ限度額の設定は年収の10%程度です。

たとえ年収が2,400万円あったとしても、審査条件が良くてとくに問題になる点がなければ、240万円から300万円になります。

しかしみずほ銀行カードローンの利用方法によっては、徐々に利用限度額を引き上げる増額をすることで、借り入れ限度額である800万円まで引き上げることも不可能ではありません。

ただし貸付上限額年収の1/3としている以上、借り入れ限度額いっぱいまで借りるためには、どうしても年収が2,000万円以上なければ審査に通ることはかなり難しくなってくることが予想できます。

関連記事をチェック!

1803view

貸付限度額はいくらまでなのか簡単解説

カードローンを契約するときに知っておきたいのが貸付限度額です。 お金が必要になったとき借入の上限額はいくらまでなのか知っておきたいです。 どうして消費者金融業者と銀行では借りることのできる上限額に...

新規申し込みでは少額となることが多い

みずほ銀行のカードローンは最高利用限度額が800万円ですが、新規の申し込みからいきなりこのような高額な契約をすることはまずありません。

さらに、100万円以上の利用限度額で契約することもそう多くはありません。

ほとんどの場合には100万円未満の利用限度額でしか契約できず、大抵は50万円以下の少額契約となります。

カードローンは利用限度額の範囲内であればいつでも借りることができるローンであり非常に利便性の高いローンですので、利用限度額が高くなるほど無計画な借り入れによって、多額の借金を作ってしまう可能性があります。

もちろん銀行も返済能力がある人にしか貸付はしませんが、審査時に照会をする信用情報だけでは本当の信用を判断することが難しく、そのために新規申し込みでいきなり高額契約はできないということです。

借り入れ限度額の増額

借り入れ限度額を増額するためには、一定期間みずほ銀行カードローンの利用実績を積まなければなりません。

初回申し込みから最低でも1年間は返済期日に遅れることなく支払っていることが、利用限度額を増額するための基準です。

しかも返済額はみずほ銀行が定めるミニマムペイメント(最低返済額)では不十分であり、十分な返済能力があると認めてもらうためには、ミニマムペイメントの1.5倍から2倍程度支払っておくことです。

みずほ銀行の最低返済額は限度額200万円以上なら、100万円を借りた場合は1万円です。

それ以降20万円借り入れ額が増えるごとに、2千円を追加していきます。

よって200万円を借りた場合の返済額は2万円、300万円を借りた場合の返済額は3万円です。

仮に最高借り入れ限度額である800万円を借りた場合の毎月の返済額は、毎月8万円です。

いくら借り入れ金利が年2.0%の適用となっても、毎月の返済額を減らすことはできません。

カードローンの支払いだけで毎月8万円を出費できるのは、やはり年収が多くなければ無理だということですね。

関連記事をチェック!

2779view

消費者金融の限度額を上げるなら増額審査に通る条件を知っておこう

あ消費者金融でお金を借りていてももっと増額したいな、と思う場合がありますよね。しかし増額するためには審査を受けなければなりません。 増額とは現在利用している利用限度額を増やすことです。今まで以上に消...

みずほカードローン返済方法

ME_biz20160902112916_TP_V

みずほ銀行カードローンの返済方法は、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)にみずほ銀行口座からの自動引き落としです。

他のカードローン返済方法にありがちな、ATMでの返済方法は選べません。

ただし任意返済することは可能です。

ボーナスが入ったなど臨時収入があった場合は、ATMから元金分を減らすことが可能です。

ここで注意したいのは任意返済を行ったからといっても、毎月の返済に充てることはできないということです。

口座引き落としは毎月10日に行われますので、くれぐれもご注意ください。

関連記事をチェック!

3493view

みずほ銀行カードローンの引き落とし時間~返済はいつになる?

「みずほ銀行カードローンの引き落とし時間はいつ?」このような返済日や時間についての疑問がある人は多いようです。 そこで今回は、みずほ銀行カードローンの「返済はいつになるか」という点を詳しく解説してみ...

みずほカードローンの返済金額

PPC_1manensatu4mai_TP_V

みずほ銀行カードローンの返済額は残高スライド方式となり、借り入れ残高が少なくなるにしたがって返済額が少なくなります。

たとえば借り入れ残高が100万円の場合の返済額は、利用限度額が200万円未満の場合毎月2万円です。

借り入れ残高が50万円以下になって、ようやく1万円になります。

一般サラリーマンで利用限度額200万円を与えられるためには、最低でも年収が600万円以上なければなりません。

よってサラリーマンの平均年収を考えると、みずほ銀行から200万円以上の借り入れは難しそうですね。

借り入れ限度額の決まりかた

MS251_kokotestnideruyo_TP_V

みずほ銀行カードローンの借り入れ限度額の決まりかたは、複数の項目によって決定されます。

その中でも借り入れ限度額の審査に大きく影響を与えるのは、次の4つの項目です。

  • 年収
  • 職業と勤続年数
  • 家族構成
  • 住居形態
  • 他社借り入れ件数や金額

年収が多ければ借り入れ限度額を大きくできることは、既に説明した通りです。

当然ながら公務員や大企業に勤めていて勤続年数が長ければ、それなりに信用力を高めることはできます。

しかしいくら年収が多くても住宅ローンや自動車ローンなど、他社借り入れ件数や金額が多いのは、返済能力という点から見ても劣ってしまいます。

みずほ銀行カードローンは収入証明書を提出しなければなりませんので、申し込み時に年収を水増しして申告することはやめておきましょう。

もちろん他社借り入れ件数や金額についても、信用情報機関からデータを取得すれば分かってしまうことですので、絶対に虚偽申告はいけません。

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

関連記事をチェック!

12816view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

関連記事をチェック!

1879view

みずほ銀行カードローンの他社借入があっても審査に通る条件

様々な目的のために利用でき、さらに低金利で借りられるのが銀行カードローンです。 銀行カードローンの中でも、特にみずほ銀行カードローンは低金利で借りられて高額な借入もできます。 また、みずほ銀行で住...

みずほ銀行カードローンで増額するには?

みずほ銀行カードローンで増額するには、契約してから6ヶ月以上たっていることが大前提です。

そして、カードローンの「再申し込み」が必要になります。

申し込み方法は以下の4つの方法があります。

  • パソコン・スマートフォン
  • カードローン専用ダイヤル
  • みずほ銀行の窓口
  • スマートフォンアプリ「みずほ銀行アプリ」

みずほ銀行カードローンの場合、増額するには再度申し込みをして、再契約をしなくてはいけません。

このため、他社のように気軽に増額とはいかないため気をつけておく必要があります。

関連記事をチェック!

2071view

みずほ銀行カードローンの問い合わせ~困ったらどこに連絡すべき?

「みずほ銀行カードローンに関して分らないことがある」このように困ったときは、どこに連絡すればいいでしょうか? たとえば、スマートフォンで調べても公式サイトに載っていない情報も多く、解決できなくて困る...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談