みずほJCBデビットカードで審査落ち!原因は何?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

金融ブラックでも、「必ず持てる」と言われているのがデビットカードです。

デビットカードは口座にある預金分の金額しか利用できないので、使いすぎ防止にもつながり、ネットで買い物するときもデビットカードを利用すれば便利に買い物ができます。

しかしデビットカードは申込みをしても、審査落ちしてしまう人が存在します。

審査落ちしてしまう原因は何なのか見ていきましょう。

デビットカードって審査なしなんじゃないの?

デビットカードは通常のクレジットカードのように、買い物した代金が後から引き落とされるシステムではありません。

デビットカードに登録している銀行口座から、商品の代金がすぐに(多少のタイムラグは発生します)引き落とされます。

また、カードに登録している銀行口座に入っている、預金額が支払いに使える上限額なので、使いすぎてカードに支払期日がきても返済不能の心配はありません。

つまり、クレジットカード会社が商品の代金を立替え払いする必要がないので、基本的には無審査で発行できるのです。

しかし、そうは言ってもデビットカードに申込みをしても、審査にとおらない人も一定数はいます。

デビットカードは基本的には無審査なのにどのような理由で審査落ちしてしまうのか、みずほ銀行JCBデビットカードを例に見てみましょう。

申込み条件に当てはまっているか

デビットカードは誰でも、持てるカードではありません。

みずほ銀行JCBデビットカード(以下みずほJCBデビット)の申込み条件は、以下のとおりです。

  • みずほ銀行にて普通口座を保有しており、日本国内在住で満15歳以上(中学生を除く)の個人のお客さま
  • 口座につき1枚まで、発行可能(別口座での保有は可能)
  • インターネット申し込み受付を、ご利用いただける方
  • 日本国内に居住しており、みずほ銀行にお届けていただいている住所でみずほJCBデビットを受取可能な方

以上の要項をすべて満たさないと、カード発行までに至りません。

またインターネットからの口座開設申し込みの場合、みずほJCBデビットに同時に申し込むことはできません。

みずほ銀行の店頭、もしくはスマホアプリ「かんたん口座開設アプリ」にて同時に申し込みをするか、インターネットで口座開設後に別途みずほJCBデビットに申込む必要があります。

銀行口座が作れない

みずほJCBデビットの申込み条件のひとつに、みずほ銀行普通預金口座を持っていることがあげられます。

口座をまだ持っていなくても申込の手続きをして開設すれば問題ないのですが、「口座を作れない」という状態ならば審査落ちの原因となります。

みずほ銀行の口座を作ることができない理由は、幾つかあげられます。

作れない原因として多いのは、申込のときに提出する本人確認書類の不備や、反社会的勢力に加担しているケースです。

銀行口座を開設するときには、申込者が過去の犯罪歴や反社会的勢力に加担しているのかを必ず調べられますので、そこで口座を作れないことも考えられます。

また反社会的勢力に加担しているか、申込者本人のみではなく家族も調査対象です。

申込み不備

インターネットからの申込時に、特に注意をしたいのが申込み不備です。

銀行の店頭であれば、もし用意した書類や記入方法に不備があったとしても、窓口にいる銀行員が確認し一緒に訂正を行えます。

しかし、インターネットの申込では、誰も確認をしてくれません。

不備があればその時点で審査落ちになってしまいますので、インターネットで申し込むときは申込フォームの入力などに十分気を付けておきましょう。

判断をするのはJCBではなくみずほ銀行

「JCBだから審査が厳しいのかな」と思ってしまいますが、デビットカード発行を許可するのはJCBではなくみずほ銀行です。

JCBは飽くまでもカードを使って、商品を購入した場合の購入窓口であるという立ち位置です。

みずほJCBデビットは、JCBが商品代金を立て替えるということではありません。

商品代金はみずほ銀行の預金口座から、引き落とされるだけです。

もし、個人信用情報に料金の延滞などでキズが付いたり、30歳を超えてスーパーホワイト属性だったり、職業が正社員じゃなくてもデビットカードの審査には関係しません。

カード発行の権限があるのは、みずほ銀行でありカードのブランドがJCBでもVISAでもあまり関係がない、ということを覚えておくといいでしょう。

デビットカードは審査なしで発行できるって本当?

キャッシュカードとデビットカードの違いと利用法

みずほJCBデビットカードのお得度はイマイチ?

JCBデビットは元々みずほ銀行に口座を所有している、みずほ銀行ユーザーならばまだ使い勝手はありますが、新しく口座を作ってまでも欲しいデビットカードなのか、という点で考えてみましょう。

ご存じのように、みずほ銀行以外でも、デビットカードを取り扱っている金融機関は多いものです。

その中から、みずほ銀行JCBデビットカードを選択する価値はあるのか、みずほJCBデビットはその他にどのようなサービスを設けているのかを一度確認してみましょう。

みずほJCBデビットカードの基本情報

みずほJCBデビットカードの基本情報は以下のとおりです。

  • 年会費初年度無料
  • 2年後も年に1回以上利用すれば年会費(税込み1,080円)が無料
  • 満23歳以下の場合、無条件に年会費無料
  • 利用金額の0.2%キャッシュバック
  • 毎月1回以上利用すれば「みずほマイレージくらぶ「うれしい特典」」が利用可能
    ※みずほマイレージうれしい特典内容…ATM(みずほ、イオン)時間外手数料無料、コンビニATM時間外手数料が月4回まで無料、振込手数料無料
  • ショッピングカード保険(海外)年間最大100万円
  • 旅行傷害保険(海外、国内)最大3,000万円
  • 不正利用時の補償

みずほJCBデビット最大のメリットは、デビットカードを利用した場合に発生する、キャッシュバックと旅行時の補償です。

カードはいつ届く?

みずほJCBデビットカードは、申込みから2~3週間程度で登録した住所宛てに、簡易書留で届きます。

転居した場合に転送はされず、期限内に受け取れない場合は再申し込みが必要です。

年末年始やゴールデンウィークなど銀行そのものが休業の場合は、さらに日数を要しますから、必要な場合には早めに申込みをした方が安心です。

みずほJCBデビットカードとApple payが連携できる?

結論から言うと、デビットカードとApple payは連携できません。

同じみずほ銀行の商品でも、「みずほマイレージクラブカード」であれば可能です。(iPhone7とApple Watch Series 2上のApple payでiOS10.1以降であることが条件)

Apple payの連携方法は、iPhoneのアプリのウォレットを開き、「カード追加」を選択、その後「クレジットカード」を選択します。

みずほマイレージクラブカードiPhoneのカメラで撮影し、セキュリティコードを入力すれば完了です。

三菱UFJデビットカードとの比較

みずほJCBデビットカードの基本情報を確認したところで、次は他の銀行との違いを見てみましょう。

みずほJCBデビットと同じブランドのJCBデビットカードを取り扱っている、三菱UFJデビットカードの基本情報は以下のとおりです。

  • 申込対象は三菱UFJ銀行に普通口座を保有する中学生を除く15歳以上の人
  • ATM手数料が時間内(8:45~21:00)なら何回でも無料
  • 年会費、初年度無料
  • 24歳以上の場合は2年目の年会費(1,080円)は年間10万円の利用で無料
  • Oki Dokiポイントが1,000円ごとに1ポイント付与
  • 海外旅行傷害保険、最大3,000万円
  • 海外ショッピング保険、最大100万円
  • 不正利用時の補償額、1事故あたり最大500万円

みずほJCBデビットカード同様に23歳までは年会費無料ですが、それ以降になると、年10万円以上使わないと年会費が発生してしまいます。

北洋デビットカードとの比較

札幌市に本店がある北洋銀行からも、JCBデビットカードが発行されています。

気になる基本情報は以下のとおりです。

  • 中学生を除く15歳以上が申込対象
  • 年会費、初年度無料
  • 2年目以降の年会費は540円。ただし満23歳以下、1年の利用金額が10万円以上であれば無料
  • Oki Dokiポイントが1,000円ごとに1ポイント付与
  • 海外旅行傷害保険、最大3,000万円
  • 傷害による治療(海外)最高100万円
  • 疾病による治療(海外)最高100万円
  • 賠償責任(海外)最高2,000万円
  • 救援者費用等(海外)最高100万円
  • ・携行品の損害(海外)1旅行につき20万円程度(1事故3,000円の自己負担額が必要)

基本的なスペックは他銀行のデビットカードと同じですが、注目は海外旅行時の補償の強さです。

その分、普段使いに便利な、ATM手数料無料などのサービスはありません。

デビットカードを使用して海外旅行する機会が多いのであれば、北洋デビットカードがオススメです。

ちばぎんスーパーカード(デビット)との比較

千葉銀行が展開しているデビットカード、ちばぎんスーパーカード(デビット)もブランドはJCBになります。同じく基本情報から見てみましょう。

  • 申込対象は中学生を除く15歳以上の人
  • 取引内容に応じてATM手数料が無料
  • 年会費、初年度無料
  • 2年目以降の年会費(1,350円)は、条件付(※)で無料
  • Oki Dokiポイントが1,000円ごとに1ポイント付与
  • 海外旅行傷害保険、最大3,000万円
  • 国内旅行傷害保険、最大3,000万円

(※)…1年間の利用料金が12万円以上、携帯料金の支払いがカード決済、本人会員で有効期限の末日時点で満20歳未満

ちばぎんスーパーカード(デビット)も、他銀行と同様に千葉銀行の口座を所有することが条件です。

ただ千葉銀行は地方銀行なので、全国誰でも申込みが可能ではありません。

千葉銀行の営業管轄内のみになるので、既に千葉銀行の口座を持っている、もしくは、営業管轄内ということであれば検討してみましょう。

デビット機能付きのキャッシュカード

スルガ銀行とイオン銀行はデビット機能付きキャッシュカードを発行していますが、このカードはデビット機能が付いているキャッシュカードです。

デビット機能付きキャッシュカードは商品の支払いの他に、ATMから出金もできるというカードで、中学生を除く15歳から申込ができてます。

デビットカードと同じように口座にある金額が支払いの上限で、支払代金はカードと連携している口座から引き落としがされます。

まとめ

みずほJCBデビットカードは、基本的に申込時の審査は発生しません。

もしカードが作れないときは、口座を開設できない事情や、申込みに不備があることが可能性としてあげられます。

「JCB」というブランドにこだわりたいのであれば、他銀行でもJCBのデビットカードを展開しているので、サービス内容を確認し検討してみることをオススメします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談