千葉銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

千葉銀行には「ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>」というフリーローンがあります。

この商品は、他社借入をおまとめや借換えをすることが可能です。

他社借入をフリーローンで一本化できれば、毎月の返済負担を軽減させることができるというメリットがあります。

千葉銀行のフリーローンを他社借入のおまとめに利用する方法や注意点について、徹底解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ

今回の記事は以下の人におすすめの内容です。

  • 千葉銀行でおまとめローンを行いたい人
  • 千葉銀行のフリーローンやカードローンで借り換えができるか知りたい人
  • フリーローンでおまとめをするときの注意点を知りたい人

千葉銀行のおまとめローンを利用するメリット

おまとめローンを利用する人の多くは、銀行のみならず、消費者金融のカードローンも利用していることが多いです。

複数社からカードローンを借りていると、それぞれに対して返済義務が発生することは当然です。 また、借入の返済によって金欠になることは珍しくはありません。

しかし、金欠となってしまった人でもおまとめローンを利用することで、多くのメリットが得られ、それまでよりも楽に返済していける可能性があります。

では、いろんな会社でローンを組んでいる人にとって、借金を一本化すると、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

支払利息の負担を軽減できる

ローンを組めば返済義務が発生し、必然的に利息を払うことになります。

この利息を減らすことが、おまとめローンを利用する最大のメリットです。 利息の軽減は、毎月の負担だけでなく、完済までに支払う利息の総額も減らせる可能性があるのです。

実際に、どのようにして利息負担が減るのかと言いますと、1社当たりの借入金額にあるのです。

ローンにおける金利というのは、利息制限法という法律によって上限が決められています。

この上限は1社ごとに設定されているため、1社でまとめて借金をしている人ほど金利は低くなりやすいです。

利息制限法で決められている金利の上限は、以下のようになっており、借入金額が多くなるほど上限が下がっていきます。

借入元本上限金利
10万円未満20%
10万円以上100万円未満18%
100万円以上15%

例えば、カードローンを消費者金融3社から合計で100万円借りている場合、それぞれの金利は18%となっていることが多いです。

3社で100万円ということは、1社当たりが100万円以下となるため、15%の金利でなくとも法律違反ではありません。

しかし、3社からの借金を一本化することで、1社から100万円を借りたことになるため金利の上限が15%となり、必然的に金利が下がります。

当然、それまでよりも金利が下がれば利息負担も減りますので、おまとめローンを利用することのメリットが得られるというわけです。

毎月の返済額が少なくなる

カードローンの返済額は、毎月決められた金額を支払うだけで良いのです。 しかし、複数社から借りていれば1件当たりの返済額は少なくても、合計すると結構な金額になりますよね。

また、それぞれの金利が高ければ、それに見合った利息も返済していかなくてはならず、今以上に返済額を減らすことはほぼ不可能です。

おまとめローンを利用して借金を一本化することで、金利が低くなることも手伝って、同じ借入総額でも毎月の返済額は少なくなる可能性があります。

同じ借入総額でも毎月の負担が少なくなれば、浮いたお金を他の支払いに充てることも可能です。

返済計画が立てやすくなる

複数社から借入があると、返済日を忘れたり返済額を間違えたりといったことが起こりやすくなります。

このようなリスクは、おまとめローンを利用することで、減らせる可能性があります。

例えば、3社からカードローンを借りていると、それぞれの会社に対応した返済日に返済しなくてはいけません。

カードローンの返済日は金融機関が指定するケースが多いため、返済する日付が違う可能性もあります。

おまとめローンによって借金がひとつになると、これまで3回あった返済日も1回となり、返済管理がしやすくなります。

返済管理がしやすくなると、月の収入から「いつ」「いくら」返済に充てれば良いかが簡単に把握でき、返済計画も立てやすくなりますよね。

フリーローンでおまとめや借換えOK!

千葉銀行で取り扱われている「ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>」は、他社での借入をおまとめできるほか、借換えにも利用可能です。 千葉銀行フリーローンでのおまとめをおすすめする理由と、利用する場合の注意点について紹介していきます。

フリーローンの利用がおすすめな理由

千葉銀行は、千葉県千葉市に本店を置く地方銀行です。

この千葉銀行では、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」というフリーローンを提供しています。

フリーローンは、必要な資金を一括で借入し、その後は返済のみとなりますので、カードローンをおまとめローンとして利用するよりも計画的に借り換えができます。

また、消費者金融のおまとめローンでは、銀行ローンなどは、まとめられないことも多いです。 しかし、銀行のフリーローンでは借り換えの対象とすることができて、そのうえクレジットカードのリボ払いなどもまとめることが可能です。

信販系や銀行系クレジットカードいずれでもおまとめが可能です。

銀行のローンの中では、フリーローンが最もおまとめローンに適していると言えますので、今回は千葉銀行のフリーローンでカードローンなどを借り換えするときの審査基準、審査に通るポイントなどを紹介していきます。

ただし、フリーローンをおまとめローンとして利用する場合には、注意しなければならないことも幾つかありますので、次の記事で解説していきます。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンは融資金額が高額になりやすいローンですので、審査は厳しいです。

ですので、審査によって実際の融資金額が希望額よりも減額されてしまう可能性もあり、全てを借り換えできるだけの金額が借りられないこともあるのです。

また、申し込みできる人に制限を設けているものや、資金使途を限定しているものもありますので、基準に該当しなければ申し込みもできなくなってしまいます。

千葉銀行には、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」の他にも、「多目的ローン(フリーローン)」という商品を取扱っており、これもおまとめローンとして利用できますが、資金使途が限定されている商品です。

このように、一口にフリーローンと言っても、商品によって基準が異なりますので、利用時は十分に注意しましょう。

関連記事をチェック!

768view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

フリーローン(クイックパワーアドバンス)の特徴

千葉銀行のフリーローン(クイックパワーアドバンス)は、千葉銀行の口座を持っていればすぐに利用できます。

口座を持っていなくても申し込みはできますが、契約までに口座を作っておく必要があります。

後述しますが、公務員や会社員以外の雇用形態で働いている人も融資の審査対象なので、利用対象者は幅広いです。

フリーローン(クイックパワーアドバンス)のスペックは以下の通りです。

利用対象者
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
  • 安定した収入のある方(年金収入のみの方は対象外)
  • 住まい、または勤め先の所在地が千葉銀行本支店の営業地域内にある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自由
(事業性資金は除く)
借入金額10万円以上800万円以内
(1万円単位)
借入期間6か月以上15年以内
(6か月単位)
金利1.7%~14.8%
保証会社エム・ユー信用保証㈱

では、千葉銀行のフリーローン(クイックパワーアドバンス)と他銀行のおまとめローンとを比較してみましょう。

今回比較するのは、おまとめローンで有名な東京スター銀行のおまとめローン(スターワン乗り換えローン)です。

利用対象者
  • 申し込みの年齢が満20歳以上65歳未満の方
  • 給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員)
  • 年収200万円以上の方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途金融機関のローンの借り換え
(東京スター銀行の個人向けローンは除く)
借入金額30万円以上1,000万円以下
(1万円単位)
返済期間最長10年
金利12.5%

比較してみると、千葉銀行の方が「利用対象者」「金利(下限金利)」「返済期間」において優れていますが、借入金額は東京スター銀行の方が高いですので、この点については劣っています。

しかし、千葉銀行でも最高で800万円まで借りられますので、おまとめローンとしては十分な金額です。

総合的なスペックでは、東京スター銀行のおまとめ専用商品よりも、千葉銀行のフリーローンの方がおまとめにおけるメリットは多いと言えます。

関連記事をチェック!

705view

WEB完結で契約可能!東京スター銀行のおまとめローン徹底解説!

複数の借入金を抱えている人は、返済額が多く毎月の返済に困窮したり、信用状態が悪くなり、他のローンやクレカの審査い不利になるなどの様々なメリットがあります。 また、お金に困っているからと言ってクレジッ...

固定金利で比較的低い金利

フリーローン(クイックパワーアドバンス)の金利は、年1.7%~14.8%となっており、適用される金利は審査で決定されます。

この金利は銀行フリーローンの中では比較的低金利なので、金利の負担は少ないと言えるでしょう。

また、固定金利ですので契約中に金利が変わることはありません。

固定金利は適用される金利によってメリットにもデメリットにもなるのですが、完済まで返済額が変わらないことはメリットです。

途中で返済額が変わると、特に金利が高くなったときは負担が多くなってしまい、返済計画を立て直さなくてはなりません。

フリーローンでは常に一定の返済額で金額を固定費と捉え、安定した返済をしていくことが可能です。

フリーローンは70歳まで利用可能

満20歳以上満70歳未満の安定した収入がある人であれば、パートやアルバイトでも借りることが可能です。

つまり、定年を迎えた後に年金の他に、パートやアルバイトで収入を得て生活している人でも、利用できるということです。

また、フリーローンで設定できる返済期間は最長で15年となっていますので、商品概要上は69歳で借り始めてから84歳の返済までフリーローンを利用できます。

しかし、実際にはそれまでパートやアルバイトを継続することは難しいですので、最長の返済期間で申し込んでも審査に通れる可能性は低いです。

それでも、返済期間をきちんと考えて申し込めば、高齢の方でも借りられる可能性がありますので、利用できる人の範囲は広いです。

公式サイトでおまとめの利用をおすすめしている

千葉銀行のフリーローン(クイックパワーアドバンス)の公式サイトには、利用者の声として複数のローンをひとつにまとめることができたというものを掲載しています。

また、商品概要の資金使途には「他のお借入れのおまとめにもご利用になれます」と明記しており、この商品でのおまとめをおすすめしています。

これだけおまとめに対して積極的な広告をしているということは、千葉銀行がおまとめに力を入れているからです。

銀行によってはフリーローンでのおまとめを資金使途から除外しているところもありますが、おまとめに力を入れている千葉銀行のフリーローンは複数の借金がある人にとって利用しやすいローンです。

関連記事をチェック!

718view

千葉銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

千葉銀行には「ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>」というフリーローンがあります。 この商品は、他社借入をおまとめや借換えをすることが可能です。 他社借入をフリーローンで一本化できれば...

申し込みから借入までの6つのポイント

まず、フリーローン(クイックパワーアドバンス)は、インターネットや電話などで申し込むことができます。

口座を持っていればWEB完結で利用できるので、忙しくて窓口まで行く暇がない人でも簡単に申し込めるのはうれしいですね。

次に、カードローンの申込みはフリーローン同様にインターネットや、電話などで申し込むことができます。

こちらに関しても、口座を持っていればWEB完結できるので、千葉銀行の口座を持っている人はすぐに利用できます。

まだ千葉銀行に口座がないという人は、契約までに口座を開設する必要があります。

なお、いずれも千葉銀行の窓口で申込むことも可能ですので、借入に不安がある人は担当者と相談しながら手続きすることもできます。

①申込みはスマホがおすすめ

フリーローン(クイックパワーアドバンス)とカードローン(クイックパワーアドバンス)の申込みは、いずれも以下の方法で行うことができます。

  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 窓口

これらの申込方法の中でおすすめなのは、スマホなどからインターネットで申込む方法です。

インターネットからの申込みは、千葉銀行は24時間365日受け付けており、日中や平日に手続きのために時間が取れない人でも申込が可能となります。

また、既に千葉銀行に口座を持っている人であればWEB完結で契約できますので、融資を受けるまでの時間が短く、手続きも簡単です。

ただし、WEB完結での契約の場合、書類の郵送がないこともメリットです。

関連記事をチェック!

92view

来店不要なWEB完結フリーローンの審査ポイント

少しまとまったお金が必要になった、生活していればそんな事態に直面することは珍しくありません。 そんな時に便利に利用できるのがフリーローンです。 マイカーローンや学資ローンといった資金使途が...

②必要なのは身分証明書だけ

カードローンを借りるときの必要書類が、基本的に本人確認書類だけでいいというのは、知っている人も多いのではないでしょうか。

フリーローンに関しては、カードローンよりも必要書類が多いと思っている人が多いのですが、千葉銀行のフリーローン(クイックパワーアドバンス)でも基本的には本人確認書類だけで借りられます。

つまり、どちらのローンを利用するにしても、取りあえずは本人確認書類だけを準備すれば良いということです。

ただし、いずれのローンも、借入の金額によっては本人確認書類の他に、所得証明書類が必要となる場合もあります。

借入金額がこれから解説する金額を超える場合は、本人確認書類だけでは借りられない点には注意が必要です。

③50万円を超えるときは収入証明書を提出

借入金額が50万円を超える場合は、申し込みのときに申告した年収が正しいかを確認するために、収入証明書類の提出が必須となります。

給与所得者の代表的な収入証明書類は「源泉徴収票」なのですが、以下の書類も書類として有効ですので、源泉徴収票がない給与所得者の方や、元々源泉徴収票がない個人事業主の方はいずれか1点を提出しましょう。

  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書、賞与明細書
  • 確定申告書の第一表(収入金額等が確認できるもの)

なお、審査によっては借入金額が50万円以下の場合でも上記の収入証明書類を求められる場合があります。

必要書類がそろわなければ審査がすすみませんので、求められたときは速やかに提出しましょう。

関連記事をチェック!

5316view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

④職場への在籍確認と郵送物に注意

フリーローンやカードローンに申し込みをすると、申告した勤務先に電話が来ることになります。

これを「在籍確認」と言い、本当に申告した勤務先に申込者が勤務しているのかを確認します。

フリーローンやカードローンは基本的に申込者からの申告された情報をもとに審査を行うのですが、中には無職にも関わらず仕事をしているかのように装って申し込みする人もいます。

リスク管理上、無職で無収入の人へ融資することはできませんので、間違いなく収入を得ている人なのかを確認しなくてはなりません。

審査のひとつとして在籍確認を行いますので、確認が取れなければ審査通過はできません。

申し込みをしたら、在籍確認が確実に行われるように事前に対策しておくようにしましょう。

また、フリーローンをWEB完結以外の方法で利用する場合や、カードローンを利用する場合は自宅に郵送物が届きます。

家族に内緒でお金を借りる場合は、自宅に届く郵送物に注意しましょう。

消費者金融などから郵送物が送られているときは、差出人はすぐに消費者金融とは分からないように送られてくるのですが、千葉銀行からの郵送物には「千葉銀行」と記載されています。

銀行からの郵送物であるため、消費者金融よりもカードローンを疑われる心配は低いですが、口座を利用しているだけでは千葉銀行から郵送物が届くことはそんなにありませんので、家族が受け取った際に怪しまれる可能性があります。

関連記事をチェック!

590view

カードローンで会社に在籍確認の電話される?言い訳はどうする?

カードローンの申し込みは、会社にばれる可能性があります。 それは、在籍確認があるからです。 在籍確認は、金融機関が申し込み人の勤務先に電話をすることで行われます。 この在籍確認について対策するこ...

⑤フリーローンは口座に振込、カードローンはATMで借入

フリーローンとカードローンは融資方法が異なりますので、それぞれのローンで借入方法も違います。

まず、フリーローンの場合は、契約時に融資金が一括で、普通預金口座へ振り込まれます。

カードローンの場合も、振込で普通預金口座へ入金してくれるサービスがありますが、それは借入た人がローンカードが手元に届くまでに借りたいときです。

それ以外は、ローンカードを使ってATMから必要な分のお金を引き出すことで、借入することになります。

⑥返済は毎月1日に口座から自動引落

フリーローンやカードローンを利用するために普通預金口座が必要なのは、その預金口座を返済口座に設定し、返済をその口座から行うためです。

具体的な返済方法を確認しておきましょぅ。

まず毎月の約定日はいずれのローンも毎月1日となっていますので、その日にち(休日の場合は翌営業日)になると口座から自動で引き落としされます。

口座にきちんとお金を入れておけば、返済し忘れることもないので、安心して利用できます。

もちろん、口座振替で返済するのに手数料は発生しませんので、純粋に返済額だけを入金しておけば延滞なく返済していくことができます。

また、カードローンの場合はATMや、インターネットバンキングなどで臨時の返済も可能となっています。 生活に余裕があるときには、積極的に返済をしていきましょう。

ただし、カードローンについては約定返済日前日(前月末)の借入残高によって、返済額が変わりますので、月末には借入残高と返済額を確認することをおすすめします。

千葉銀行フリーローンの口コミ

千葉銀行が提供する「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」には多くの口コミがあり、全体的に高評価のものが多いです。

口コミの一部を紹介しますと、

  • 主婦でも利用できた
  • 自宅にいながら借入できた
  • 審査が早い
  • 低金利で借りることができ、ローンをまとめることができた

というものがあり、商品性だけでなく、審査や融資のスピードにも満足している人が多いようです。

その一方で、千葉県や東京都など、千葉銀行の営業地域内の人でなければ利用できないことに不満を持っている人もおります。

口コミは、実際に利用した人の意見を見ることができますので非常に参考になるのですが、人によって状況などは異なります。 したがって、飽くまでも参考として見るだけにして、自分でもしっかりと内容などを確認しましょう。

千葉銀行にはカードローンもある

千葉銀行のおまとめローンとして、フリーローン(クイックパワーアドバンス)を紹介してきましたが、もちろんカードローン商品も存在します。

都市銀行のカードローンで、生活や趣味などの利用の他にも、借り換えやおまとめローンとしての利用も可能です。 千葉銀行のカードローンにどのような特徴があるか確認していきましょう。

千葉銀行カードローンの概要

千葉銀行カードローンの特徴は以下の通りです。

利用対象者
  • 契約時の年齢が満20歳以上65歳未満
  • 安定した収入のある人(年金収入を除く)
  • 千葉銀行の営業地域内に居住もしくは勤務している
  • エム・ユー信用保証の保証を受けられる
資金使途自由
(事業性資金を除く)
借入金額10万円以上800万円以内
借入期間1年
(自動更新あり)
金利年率1.7~14.8%
保証会社エム・ユー信用保証

利用限度額や金利の条件はフリーローンとほぼ変わりませんので、フリーローンとの大きな違いは返済方式や借入方法についてです。

返済は毎月1日に自動引き落としされますが、返済日以外にも千葉銀行のATMやインターネットバンキングなどから、追加返済をいつでも行えます。

毎月の返済額はクレジットカードなどと同じように、カードローンの利用金額に応じて決定する仕組みです。 そのため、約定返済日の前日の利用金額によって返済金額が変わってきます。

千葉銀行カードローンに申し込める人

千葉銀行カードローンに申し込みするためには、先ほど記載した利用対象者の条件を満たしている他に、千葉銀行の普通預金口座を開設していなければなりません。

千葉銀行カードローンは、毎月の返済を預金口座から引き落としを行わなければなりません。 また、この指定預金口座は千葉銀行となっているため、カードローン利用時点までに口座開設が必要です。

また、申込条件を全て満たしたうえで、エム・ユー信用保証の審査に通過しなければいけないため、他社借入金額や年収の項目が重要となります。

もしも、審査に通過できるかの目安が知りたい場合には、千葉銀行カードローンの10秒クイック診断で借入の目安を把握できます。 借入金額が高額で不安な人は一度確認しておくと良いでしょう。

10秒クイック診断│千葉銀行

申し込みから返済までの流れ

千葉銀行カードローンに申し込みをした後は、審査が行われてから契約に移ります。

申し込みについては、フリーローンの項目でも解説しましたが、インターネットや窓口など5種類の方法から申込可能です。

また、カードローンの審査は「仮審査」と「本審査」の2種類に分かれており、仮審査では申込書類に記入した内容で審査が行われます。

なお、本審査は本人確認書類や在籍確認などの審査が行われます。

審査通過後はローンカードが郵送で送られてきますが、口座振込でお金を貸付してもらえるため、審査通過直後に借入れが可能です。

返済は基本的に口座から毎月1日に、利用額に応じた金額が引き落とされます。

追加返済も受け付けているため、増額して返済したい人はATMやネットバンキングを活用してください。

ただし、借入れや返済を提携ATMで行う場合には利用手数料が必要なので、借入や返済方法として選択するときは気を付けてください。

申し込みに必要な書類

千葉銀行カードローンに申込時には、フリーローンと同じく本人確認書類と所得証明書が必要です。

千葉銀行カードローンのメリット

千葉銀行カードローンのメリットは、限度額が800万円とおまとめローンやローンの借り換えに利用しやすい金額である点です。

地方銀行のカードローンの中には、借入限度額が低めに設定されている商品も多く、高額なおまとめローンに活用できない可能性もあります。

また、千葉銀行の口座を持っていれば来店不要で、WEBで手続が完了するため、平日日中に銀行へと向かわずに済む点もメリットですね。

千葉銀行カードローンのデメリット

千葉銀行カードローンのデメリットは、地方銀行であるため、千葉銀行の営業地域内に居住していなければ利用できない点にあります。

千葉銀行の営業地域は、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県と神奈川県の一部となっています。

この営業地域外であれば、たとえ関東に住む人であっても千葉銀行カードローンを利用できません。

また、千葉銀行の普通預金口座も必要となるため、口座開設を行う必要があり、利用開始が1週間以上遅れる可能性もあります。

プレミアクラスもある

千葉銀行カードローンには、プレミアクラスと呼ばれる通常のカードローンよりもワンランク上のカードローン商品があります。

プレミアクラスの内容や特徴は以下の通りです。

利用対象者
  • 申込時の年齢が満20歳以上60歳未満
  • 同一勤務先に3年以上勤務されている人
  • 千葉銀行の口座を給与振込先に指定している
  • 同一勤務先に3年以上勤務しており年収600万円以上
    など
資金使途自由
(事業性資金を除く)
借入金額300~500万円
借入期間1年
(自動更新あり)
金利4.0~5.5%
保証会社ちばぎん保証、ジャックス

利用者の条件を見てもらえれば分かるように、年収や勤続年数の制限があるため、誰でも利用できるカードローン商品ではありません。

しかし、借入限度額は最低でも300万円で金利も5%代と非常に条件面で優れています。 年収や職業などのハードルは高いですが、申込条件を満たしているのであれば検討してみてましょう。

千葉銀行ローンの審査基準

ここで、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」と千葉銀行カードローン、「多目的ローン(フリーローン)」の審査基準を紹介していきます。

【フリーローンで借り換えする際の注意点】のところでもお話ししましたが、フリーローンは商品によって基準が異なります。

「多目的ローン(フリーローン)」は、資金使途が限定されている商品ですので、きちんと確認するようにしましょう。

また、審査の結果連絡が来るまでの期間や、融資されるまでの期間についても紹介していきたいと思います。

ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>

「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」は、WEB完結で申し込みできて、契約をするときも来店する必要がありません。

融資額の最高は800万円となっているので、他社借入を全額まとめられるだけの金額を借りることが可能となっています。

また、最低金利が1.7%と非常に低いことも魅力であり、金利面で多くのメリットを得ることもできます。

では、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」の商品詳細を見ていきましょう。

利用対象者
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の個人の方
  • 安定した収入(パート・アルバイトを含む)のある方
    ※年金収入のみの方は申し込みできません
  • 住まい、または勤め先が千葉銀行本支店の営業地域内にある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
    ※外国人の方は永住許可を受けている方が対象
資金使途自由
(ただし、事業性資金は除く)
融資金額30万円以上800万円以内
(1万円単位)
融資期間6か月以上7年以内
(6か月単位)
融資利率固定金利:1.7%~14.8%
返済方法元利均等毎月返済
(ボーナス返済の併用も可)
返済日毎月1日
担保・保証人不要
保証会社エム・ユー信用保証株式会社
在籍確認あり

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンは、収入に対して借入金額を計算するため、審査結果によっては借入希望額全額を借り入れできない可能性があります。

また、おまとめローンとして利用したい場合でも、銀行側はおまとめローンの利用を考慮してもらえないため、現在の他社借入の金額を考慮して金額を算出されます。

もしも、他社借入金額が年収に対して高額すぎる場合には、千葉銀行カードローンの審査基準を満たせない可能性もあるため、他のローンで借金の一本化を行いましょう。

資金使途自由
(ただし、事業性資金は除く)
融資金額30万円以上800万円以内
(1万円単位)
融資期間1年間(自動更新あり)
融資利率固定金利:1.7%~14.8%
返済方法残高スライド定額返済
返済日毎月1日
(土日祝日は翌営業日)
担保・保証人不要
保証会社エム・ユー信用保証株式会社
在籍確認あり

多目的ローン(フリーローン)

「多目的ローン(フリーローン)」は、目的に合わせて利用する商品であり、借り換えや引っ越しなどの資金を借りたい場合は「ちばぎんその他フリーローン」に申し込みをします。

借入金額は最大500万円であり、WEB完結はできませんが、郵送で手続きをすることで来店せずに借入れができます。

しかし、先ほどからお話ししていますように、資金使途(借り換え対象のローン)は制限されており、利用対象者も限定されています。

ローンの利用対象者に該当するか、きちんと確認してから利用するようにしましょう。

では、「多目的ローン(フリーローン)」の商品詳細を見ていきましょう。

利用対象者
  • 融資の年齢が満20歳以上満65歳未満、最終約定返済時満70歳未満の個人の方
  • 安定継続した収入のある方
    ※パート・アルバイト・年金収入のみの方は利用できません
  • 住まい、または勤め先が千葉銀行本支店の営業地域内にある方
  • その他、千葉銀行が定める基準を満たし、保証会社の保証を受けられる方
資金使途原則自由
(ただし、事業性資金・投機性資金・カードローンの借換資金は除く)
融資金額10万円以上500万円以内

※資金使途・所要金額が書面により確認できない場合は、200万円以内
融資期間6か月以上10年以内(6か月単位)

※借換資金については、借り換え対象の融資の「残存期間+6か月以内」とし、最終返済時の年齢は満70歳未満となります
融資利率変動金利:5.2%または6.2%
返済方法元利均等毎月返済
(貸出金額の50%以内でボーナス返済の併用可)
担保・保証人不要
保証会社ちばぎん保証株式会社または株式会社ジャックス
在籍確認あり

審査時間や融資スピード

「多目的ローン(フリーローン)」は、最短で申し込みの翌営業日には結果を連絡し、およそ2週間で融資するとしています。

しかし、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」に関しては、審査や融資までの期間については触れておらず、どのくらいで審査の結果や融資されるのかは分かりません。

ですが、より審査の厳しい「多目的ローン(フリーローン)」で翌営業日には連絡が来ることを考えると、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」でもほぼ同じ期間となると考えられます。

銀行によっては、審査結果の連絡までに1週間程度かかるところもありますので、千葉銀行の審査・融資スピードは速いと言えます。

ただし、土日祝日に申し込みをしても審査が行われるのは銀行の営業日だけとなっているため、注意が必要です。

仮審査と本審査について

千葉銀行のフリーローンに申し込むと、まずは仮審査があり、仮審査に通過すると本人確認書類などを提出して、本審査となります。

まず仮審査では、申込書に記入された内容をもとに審査が行われます。

特に、収入状況や他社借入状況などは重要な審査項目となっています。

仮審査に通過したら、必要書類を提出して本審査が行われます。

本審査では仮審査では行われなかった勤務先への在籍確認など、収入状況の詳細な確認などが行われます。

審査に通過するためには、申込書の記入間違いをしないこと、また他社借入額を少なめに申告するなどの虚偽申告をしないことをおすすめします。

金利は一律または審査によって決まる

「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」は、1.7%~14.8%と非常に幅広い金利が設定されています。

借入限度額が大きいほど低金利で借りることができます。

しかし借入限度額や借入金利は審査によって決まりますので、申し込みをする段階では金利を知ることはできません。

一方で、「多目的ローン(フリーローン)」では、5.2%または6.2%のいずれかが適用されることになりますが、この違いは資金使途を確認できる資料の有無で決まります。

資金使途を確認できる資料がある場合は5.2%、資料がない場合は6.2%が適用されますので、借り換え対象とするローンの返済予定表などを提出できるのかによって金利が変わってきます。

フリーローンの金利は、少しでも低い方が多くのメリットを得ることができますので、できるだけ低金利で借りたいところです。

金利で審査の通りやすさが分かる

フリーローンを金利ではなく、審査の通りやすさで選ぶ人も多く、ローンなどをひとつにまとめて返済しやすくするために利用する人もいます。

審査の通りやすさを重視したい場合は、できるだけ金利の高いローンに申し込みするようにしましょう。

審査は、金利に含まれている保証料が大きく関係しています。 保証料が多くなるとそれに比例して金利も高くなりますが、その分だけ保証会社はリスクの高い人も保証できるようになります。

これをもとに、千葉銀行のフリーローンを見てみると、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」は上限金利が14.8%と高いですので、「多目的ローン(フリーローン)」よりも審査は通りやすいです。

また、他の銀行のフリーローンと比べても金利は高いですので、他の銀行よりも融資が受けやすいです。

金利優遇制度でより低金利に

「多目的ローン(フリーローン)」には、取引などで金利が優遇される制度があり、条件を満たすことで金利が引き下げられます。

金利が引き下げられる条件は、

  1. 子育て家庭優待カード「チーパス」をお持ちの方
  2. 千葉銀行で住宅ローンを利用している

の2つであり、Aに該当する場合は、ローン金利が5.1%または6.1%となり、Bに該当する場合は5.0%または6.0%となります。

審査に通るためのポイント

フリーローンに限ったことではありませんが、ローンの審査で最も重要なのが「信用」です。

ですので、審査に通るためには信用を高くしなければなりません。

特に、ローンやリボ払いなどが複数ある人は、借入の件数や総額によって信用が低い状態となっている人が多いです。

信用を高くするための方法としては、

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

という対策をする必要があります。

また、申し込みをするときには、適切な方法で手続きしなくてはならないため、間違った方法で手続きをした結果、融資を断られてしまうこともあります。

適切な申し込みの仕方としては、

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 返済計画をしっかりと立てる

ということが大事です。

適切な申し込みをし、信用を高くしておけば、審査によって金利も低くなる可能性があります。

では、これらのポイントをさらに詳しく解説していきます。

他のローンを延滞なく返済する

既に借入をしている人が信用を高めるためには、延滞せずに返済していくことが大事です。

延滞をしてしまうと、信用に傷が付くと言われますが、これは審査によって返済能力が低いと判断されるためです。

フリーローンを主に審査する保証会社も事業としてローンの保証を行っていますので、不良債権は抱えたくありません。

ですので、返済されないリスクが高い人まで保証することはなく、きちんと返済できる人と判断できる人でなければ審査に通ることはできません。

信用を高めるためには、ふだんから延滞をしないということが大事ですので、きちんと返済の管理をして確実に返していくようにしましょう。

少額のローンは完済する

ふだんから延滞なく返済することで、少しずつ信用は高くなっていきます。

この他にも、ローンを解約することで、信用を高くすることもできます。

しかし、高額のローンをいきなり完済して解約することは現実的ではありませんので、少額のローンを解約するようにしましょう。

こうすることで、ローンの完済実績を作ることができますし、フリーローンでまとめる金額を少なくさせることができます。

フリーローンの審査では、申込金額が少なくなるほど通りやすくなりますので、2つの効果で融資を受けやすくできます。

ただし、カードローンなどの極度型ローンを完済する場合は、解約しなければ完済とはなりませんので、注意しなければなりません。

申し込みの内容を正確に記入する

フリーローンは、基本的に仮申し込みと正式申し込みの2つの段階を経て融資を受けます。

仮申し込みは、気軽に手続きをできますが、記入する内容は全て審査で重要な項目です。

ですので、仮申し込みの段階から、きちんとした内容で申し込み手続きをしなくてはなりません。

仮申込時の内容と正式申込時の内容に相違がある場合には、仮審査で保証を得られていたとしても、本審査で保証を取消しされてしまいます。

特に、インターネットで申し込みをする場合には、入力ミスによって間違った内容となっていることもありますので、きちんと確認してから送信するようにしましょう。

返済計画をしっかりと立てる

「多目的ローン(フリーローン)」で借り換えを行う場合には、借り換えするローンの残り期間に6か月をプラスした期間までしか返済期間を設定できません。

ただし、「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」の場合には、最長で7年の返済期間を設定できます。

しかし、審査によって上限金利である14.8%が適用されてしまうと、返済の総額が多くなり、場合によっては借り換えする前よりも多くなってしまうのです。

また、借り換え前より返済金額が多くなると、審査で返済計画がきちんと立てられていないと判断さ、保証してもらうことが難しくなってしまいます。

返済計画は非常に重要となりますので、申し込みをする前に、シミュレーションをしてしっかりと計画を立てるようにしましょう。

同時に他社に申し込まない

審査に通るために、とにかく様々な金融機関のおまとめローンやフリーローンに申込する人がいます。

しかし、同時に複数のローンの申し込みをすると、その後審査落ちをする確率があがるため、絶対に止めてください。

同時に複数の申し込みを繰り返した人を、申し込みブラックと呼びますが、一度申込みブラックになると最低でも6か月間は、どの金融機関のローンも利用できなくなってしまいます。

審査に通りたい人ほど、同時の申し込みを避けて1社ごとに対策を立てながら申込みをしてください。

借入希望額は必要な分だけ

フリーローンでおまとめローンを利用する場合には、カードローンのように、追加借入が気軽にできないので、借り入れ希望額を高額に設定したくなりますよね。

しかし、これまでも紹介してきたように、借入希望額を高額にするほど審査は厳しくなります。

また、他社借入金額よりも、高額な借入希望額を提示すると、「この人は借金返済以外にお金を使うのでは」と銀行側に判断される可能性まであるのです。

審査を不必要に厳しくしないためにも、借り入れ希望額は必要な分だけでとどめておくことにしましょう。

フリーローンやカードローンの審査が通らない理由

フリーローンやカードローンは、申し込みをすれば誰でも審査に通るわけではありません。

千葉銀行をはじめとする金融機関や消費者金融などの金融会社は、慈善事業として融資を行っているわけではなく、融資で得る収入を、主な収益として営業しているのです。

金融機関は収益を得るためにある程度のリスクは負うことができるのですが、やはりリスクが高いと、収益を得るための行為が損失を生むことになります。

収入の少ない人や借金の多い人にお金を貸すことは、返済不能となるリスクが非常に高まるため、金融機関としてはできる限り避けたいと言えます。

こうしたリスクを増やさないためにも、審査によって融資可能かを判断しているのです。

では、どのような人がお金を貸すリスクが高いと判断されて、フリーローンやカードローンの審査に落ちてしまうのでしょうか。

審査の実態は金融機関や金融会社、保証会社が内部で行っていることであり、その内容は公表されていません。

しかし、傾向から審査に落ちる確率が高い人の特徴は分かりますので、ここでは審査落ちしやすい人の特徴や理由を解説していきます。

関連記事をチェック!

11443view

ローンが通らない理由を調べるには信用情報開示が一番

ローンに申し込んで審査に落ちても、落ちた理由を教えてくれることはありません。 ローンが通らない理由を知りたいと懇願しても、審査基準はブラックボックスとなっているため、教えてくれることはないのです。 ...

借入件数が多すぎる

借金のおまとめをする人は、少なくとも借入件数が2件ありますよね。

2件程度であれば審査に大きな影響がでることはないのですが、借入件数が4件、5件と増えていくほど、無計画に借入をしていると判断されやすくなります。

また、1件当たりの借入極度額(借入限度額)が少額でも、それが何件もあれば借入総額は多くなります。

借入総額が多くなれば当然、毎月の返済額は多くなり、返済が困難になっている可能性も高くなります。

おまとめローンでまとめられる借入件数に具体的な件数はありませんが、数が少ないほど審査通過しやすくなります。

関連記事をチェック!

14148view

他社借入件数とは?~クレジットカードショッピング枠は入る?~

すでにカードローンを利用している人が他社で新規に借入をする場合、審査で借入件数が影響するのではと考える人も多いでしょう。 他社借入件数に入るものとはなにか、またクレジットカードのショッピング枠...

他社への返済に問題あり

借入件数や借入総額が多い場合や、借入件数や借入総額が少なくても現状で既に返済に困窮していると、融資をしても回収できないリスクが高いと判断されます。

金融機関や金融会社では、審査の際に個人信用情報機関に借入状況などを照会して確認しますので、申込者が現状で返済に困窮しているのかは簡単に把握できるのです。

フリーローンやカードローンによって借り換えをして原状を回復できる可能性がある場合でも、現状できちんと返済できていない人に融資するほど良心的ではありません。

金融機関は、融資したお金をきちんと返済できる人に融資しますので、返済は確実に行っていなければなりません。

関連記事をチェック!

11061view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

過去にエム・ユー信用保証で問題を起こした

千葉銀行のフリーローンとカードローンを保証しているのは、エム・ユー信用保証です。

エム・ユー信用保証に限ったことではありませんが、金融機関や金融会社、保証会社は過去に自社で行われた情報のうち、特に危険度の高い金融事故の情報は半永久的に残しています。

保証会社などが審査の際に照会をする個人信用情報機関では、金融事故の情報は一定期間が過ぎれば消え、その後は金融事故を起こしたことがない人と同じと判断されます。

しかし、自社のデータベースに金融事故を起こした人だということが残っていれば、その人を危険人物としていますので審査で通すことはありません。

もし、過去にエム・ユー信用保証との取引で金融事故を起こしたことがある人は、別の保証会社が保証をする銀行ローンか、金融会社でしか審査通過できなくなります。

関連記事をチェック!

6514view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

公式サイトの「10秒クイック診断」はあてにならない

千葉銀行の公式サイトには、審査申込前に借入が可能かを確認できる「10秒クイック診断」というものがあります。

入力する項目は、以下の5項目です。

  • 年齢
  • 年収
  • 借入れ希望金額
  • 希望返済期間
  • 現在の借入の年間総返済額

これら5項目に入力して「診断する」というボタンをクリックすると、すぐに診断結果が表示され、借入できるかどうかがすぐに分かります。

これだけすぐに診断結果がでますので、千葉銀行やエム・ユー信用保証の審査スピードは非常に速いと思ってしまうのですが、この診断結果をうのみにしないようにしましょう。

千葉銀行でも「この10秒クイック診断は、お借入を検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください」と明記しています。

それもそのはずで、この10秒クイック診断では、入力された情報のみで融資可能かを判断しており、個人信用情報機関に登録している情報は加味していません。

つまり、現状で延滞をしている人が診断をしても、結果が「借入可能」となることもあり、実際に申し込んで審査を受けると審査落ちとなります。

診断結果は飽くまでも目安とするようにし、借りられると過度に期待を持たないようにしましょう。

千葉銀行でおまとめできないときは

千葉銀行のフリーローンやカードローンに申し込んでも、審査通過できずに借金をまとめられないこともあります。

このとき、フリーローンで審査落ちしたからと言って、すぐにカードローンに申し込んでも審査通過できる可能性はほぼなく、結局はおまとめできないことになります。

では、千葉銀行ではおまとめできない場合には、どのようにしたら良いのでしょうか。

利用中のカードローンを増枠する

現状よりも多く借入したい場合の方法として、新たにローンを組むことも間違いではありません。

しかし、既に利用しているカードローンの借入極度額を増枠することでも、現状よりも多く借りられるようになります。

この場合、利用中のカードローンに増額申請をすることになるのですが、こちらに関しても審査があります。

正直なところ、新規でカードローンに申し込みをするよりも、増額の審査の方が厳しいですので、千葉銀行で審査落ちした人が簡単に増額できる可能性は低いです。

しかし、それまでの取引状況が良ければ審査通過できて増額してもらえる可能性もあります。

ただ、信用情報によっては、増額申請によって逆に減額や利用停止となる可能性もありますので、状況が悪化することを避けたい人にはあまりおすすめではありません。

関連記事をチェック!

816view

消費者金融の限度額を上げるなら増額審査に通る条件を知っておこう

あ消費者金融でお金を借りていてももっと増額したいな、と思う場合がありますよね。しかし増額するためには審査を受けなければなりません。 増額とは現在利用している利用限度額を増やすことです。今まで以上に消...

取りあえずおまとめしやすいところを選ぶ

おまとめに利用できるフリーローンやカードローンは多くの金融機関で取り扱っていますし、おまとめ専用の商品は金融機関だけでなく消費者金融でも取り扱っています。

消費者金融のおまとめローンは、金融機関と比べると金利などの条件は劣りますが、審査難易度は低いです。

そのため、借金のおまとめを最優先したい人は、消費者金融で借りることをおすすめします。

そして、きちんと返済して実績を作り、信用情報が回復してから再度千葉銀行に申し込むことで、今度は審査通過できる可能性があります。

借金を一本化するのがおまとめローンなのですが、必ず最初に借りたところで完済しなければならないというわけではありません。

金利などの条件にこだわって、いつまでも複数の借金を抱えているよりも、条件が劣っていても取りあえずまとめておいてきちんと返済しましょう。

返済をすることで、最終的に好条件のおまとめローンで借りられるようになります。

こうした借り方もひとつの方法ですので、金利や借入先にこだわらずにより良い方法で借金の完済を目指しましょう。

関連記事をチェック!

999view

おまとめローンに積極的で審査が甘いところは存在するのか!?

おまとめローンの申込みをして審査には手間取らずに、すぐに借りたい、誰でも通るような激甘なおまとめローンに申し込みたいと思うものです。 しかし、現実にこのような激甘なおまとめローンは存在するのでしょう...

千葉銀行とその他2行のおまとめローン比較

ここまで、千葉銀行のフリーローンについて見ていきましたが、他行ではどのような商品がおまとめローンに利用できるのか、確認していきましょう。

京葉銀行

京葉銀行は千葉県に本店を置く地方銀行です。 京葉銀行のフリーローンは「ファスト」「モア」の2つから選択でき、どちらも他社のおまとめが可能です。

ファストとモアの概要を確認しておきましょう。

商品名フリーローン「ファスト」フリーローン「モア」
金利年3.9%~14.0%年3.9%~14.0%
限度額800万円500万円

どちらも金利は同じですが、限度額がファストの方が多く設定させています。

ファストは申込時に京葉銀行の口座がなくても手続きができます。

ただし契約までに口座開設手続きが必要です。

モアは申込時に京葉銀行の口座があれば、Web完結での申し込みが可能となっています。

イオン銀行

イオンをよく利用する人に便利なイオン銀行のフリーローンも、他社のおまとめが可能です。

イオン銀行のフリーローン(イオンアシストプラン)の概要を確認しておきましょう。

商品名金利限度額
イオン銀行フリーローン
(イオンアシストプラン)
年3.8%~13.5%700万円

イオン銀行のフリーローンは、上限金利が千葉銀行フリーローンよりも低めに設定されているので、比較的少額のおまとめに利用する場合には千葉銀行よりお得に利用できる可能性があります。

イオン銀行の口座を持っている場合は、イオン銀行のフリーローンも検討してみることをおすすめします。

千葉銀行おまとめローンに関するQ&A

最後に千葉銀行のフリーローンやカードローンで、おまとめローンを利用するときに良くある質問に関して回答します。 気になる情報や知らない情報がないか是非確認してください。

①在籍確認はある?回避する方法は?
在籍確認自体を避けることは原則できません。 在籍確認は申込者が会社に勤務をして、収入があるかを確認するための大切な審査項目であるため、申込者の要望でなくすことはできないのです。
②銀行口座開設は必要?
千葉銀行のフリーローンは、千葉銀行の口座がなくても申し込み自体は可能です。 しかし契約までに千葉銀行の口座開設が必要です。
③審査申し込み時に借り換え目的であることは伝えた方が良い?
申込時に借り換え目的であることを伝えておくと、ある程度借入希望額が多くても納得してもらえる理由になります。 伝えずにいると単にお金に困って借りたいだけだと思われる可能性があります。
④審査状況は問い合わせできる?
審査状況の問い合わせは可能ですが、申込みをしてすぐの状況では問い合わせをしても審査中ですと回答されるだけです。 申し込みをしてかなり時間が経過しても審査結果の連絡がないときだけ問い合わせをするようにしましょう。
⑤千葉銀行おまとめローンの保証会社はモビット?
ネット上に、千葉銀行フリーローンの保証会社はモビットという記述があるようですが間違いです。 千葉銀行フリーローンの保証会社は三菱UFJフィナンシャル・グループのエム・ユー信用保証(株)です。

まとめ

千葉銀行のフリーローンで借り換えする場合、多くは「ちばぎんフリーローン クイックパワー<アドバンス>」を利用することになります。

この商品は、低金利で借りたい人だけでなく、金利が高くてもまとめたいという人にもおすすめの商品です。

また、WEBだけで契約できますので、仕事で日中は忙しいなど、様々なニーズに応えることができる商品となっています。

関連記事をチェック!

718view

千葉銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

千葉銀行には「ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>」というフリーローンがあります。 この商品は、他社借入をおまとめや借換えをすることが可能です。 他社借入をフリーローンで一本化できれば...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談