学生でもおまとめローンで借金を一本化したい!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

学生でも学生ローンや、カードローン、クレジットカードのキャッシングなど、複数件の借り入れを背負ってしまうことがあります。

そんな時のために、学生が借金を一本化できるのかという疑問について、お答えしていきます。

この記事はこんな人にオススメ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • ローンの両親や家族バレが困るので、家族バレ対策をしたい学生の人
  • 学生がローンを利用する場合の審査ポイント・審査基準・審査項目を知りたい人
執筆者の情報
名前: 芦田春馬(39歳)
職歴: 銀行と消費者金融,計15年勤務

学生が利用できる一本化はある?


借金の一本化がどういったものか、学生が利用できる一本化の有無について説明します。

借金の一本化ってなに?

借金の一本化とは、リボ払いなどの複数の借り入れを、1本の新規借り入れで借り換えてしまうことです。

借り入れ先が3つ・4つと複数件になってしまうと、借り入れ残高に対して、返済額が過大になってしまい、返済負担が重くなってしまうことがあります。

カードローンなどの借り入れには、それぞれ「最低返済額」が設けられているため、1件で借り入れするより、複数件で借り入れしたほうが、借り入れ残高に対して返済額が過大になってしまうことがあるのです。

そんな時、借金を一本化することで、返済負担を下げることができます。

利用できる借り入れ商品は限定

結論から言えば、学生でも借金の一本化は可能です。

しかし、学生が借金を一本化するには、いくつかの注意点や、知っておいたほうが良いことがあります。

借金を一本化する際に利用できる借り入れ商品としては、カードローンかおまとめローンが挙げられます。

おまとめローンは、借金の一本化のための専用商品です。

それに対して、カードローンは、既存借り入れと同様の商品を追加で1件借り入れして、既存借り入れを返済してしまおうという方法になります。

借金の一本化をする際に忘れてはいけないのが、「総量規制」という法律です。

総量規制は、個人が無担保で借り入れする場合の借り入れ上限額を「年収の3分の1」に制限する法律です。

つまり、年収が150万円のかたであれば、借り入れできる上限額は、50万円ということです。

カードローンで借金を一本化する場合、一本化の対象となる既存借り入れ額(カードローンの場合は残高ではなく、借り入れ限度額)+新規借り入れ限度額が、この年収の3分の1に収まる必要があります。

この範囲内に収まるようであれば問題ありませんが、学生は本職が学業であり、収入はアルバイトに限定されることが多く、この制限がネックとなることもあります。

一方、おまとめローンは、既存借り入れが完済される前提の借り入れであることから、既存借り入れ額を計算に含める必要がなく、おまとめローンの新規借り入れ額が年収の3分の1以内であれば良いことになります。

そのため、総量規制の制限を越えにくいという点では、おまとめローンのほうが利用しやすくなります。

関連記事をチェック!

5693view

借金の一本化ができるおすすめのおまとめローン会社【口コミランキング】

複数の借金は一本化を行うことがよいとされていますが、一本化はどのような会社で行えばよいでしょうか? また、債務整理という選択肢についても知っておくべきです。 一本化を行うための具体的な方法と債務整...

関連記事をチェック!

5119view

20歳,20代がお金を借りるときの注意点とローンの選び方

「20歳になったらお金が借りられると思うんだけど本当に借りられるのかな」 「初めてお金を借りるときはどこで借りたらいいんだろう」 そんな期待や不安を持ってこのページを開いてくださったのだと思います...

一本化借り入れ選びのポイント


学生が借金を一本化するのに最適な、借り入れ商品の選びかたについてご説明します。

申し込み条件を確認

学生が利用できる借り入れには、制限があります。

学生の利用ができないものもありますので、申し込み条件をよく確認したうえで選ぶ必要があります。

たとえば、東京スター銀行のおまとめローンである「スターワン乗り換えローン」を例として、申し込めるかたの条件を確認しましょう。

スターワン乗り換えローンに申し込めるかたには、以下のような条件が付されています。

①満20歳以上、65歳未満のかた

②給与所得者のかた(正社員・契約社員・派遣社員のかた)

③年収200万円以上のかた

②の条件により、アルバイト収入の学生は、スターワン乗り換えローンへの申し込みができないことが分かります。

さらに、③アルバイト収入で年収200万円というのは、かなりハードルが高いように考えられます。

また、他の借り入れでは、そもそも「学生の利用は不可」としていることもあります。

学生が借金を一本化するためには、こういった条件の無いおまとめローンや、カードローンを探して選ぶ必要があります。

低金利の借り入れが望ましい

借金の一本化のための借り入れを選ぶ際には、低金利であることが理想的です。

借金を一本化する際には、返済負担額を減少させることが大切です。

そのために、最も効果的なことは、既存借り入れよりも低い金利の借り入れで、一本化することです。

借り入れする元本は変わりませんが、金利が下がることで、総返済額を減少させられます。

逆に、一本化の際に金利が高くなってしまうと、返済負担を下げるために一本化したにも関わらず、実際には総支払額が増加して、返済負担が重くなってしまうこともあります。

一本化のための借り入れを選ぶ際には、少しでも金利の低いものを選ぶことが重要であることを、覚えておきましょう。

おまとめローンは家族バレする?

学生という身分で借り入れを行っていることを、家族にバレたくないと考えている人は多いと思います。

ましてやおまとめローンは、既存の借り入れを一本化するためのローンですから、おまとめローンを利用していることがバレてしまえば、それまでに別のローンを利用していたことも、芋づる式にバレてしまいます。

おまとめローンの利用が家族バレするかについて、説明していきましょう。

郵送物でバレる

おまとめローンの契約を行うと、後日契約書が郵送されてくるので、それを家族に見られてしまうと、おまとめローンを利用したことがバレてしまいます。

カードローンをおまとめ目的で利用する場合でも、契約書やローンカードが郵送されてくるので、家族にバレてしまうリスクという点ではおまとめローンと変わりありません。

一人暮らしではなく家族と一緒に生活している場合は、郵送物をいかに処理するかが、おまとめローンの利用がバレないようにするための、もっとも重要なポイントとなるでしょう。

関連記事をチェック!

3897view

おまとめローンでも郵送なしのウェブ完結で家族バレの心配なし!

おまとめローンを申込みたいけど、自宅へと届く郵送物で家族にバレてしまうのが心配だという人も多いでしょう。 ローン契約時だけでなくローン返済中も郵便物が送られてくることがありますので、郵便物でローンの...

電話連絡でバレる

おまとめローンにしろカードローンにしろ、申し込み内容に気になる点があった場合は、確認のために申し込み者が申告した連絡先に連絡を行います。

連絡先として、自分のスマホの番号などを申告しておけば問題ありませんが、万が一家の電話番号を申告していた場合は、ローン会社からの電話が自宅にかかってくることになります。

ローン会社の人は、申し込み者以外の人にローンの話をすることはないため、その電話で直接バレてしまうことはありませんが、後で問い詰められたら結局話さざるを得なくなるでしょう。

家族バレしたくない場合は、連絡先を自分のスマホなど、家族が対応する心配のない電話番号にしておくのが賢明です。

関連記事をチェック!

2272view

在籍確認なしでおまとめローンってマジか?

おまとめローンをしたいけれども在籍確認がちょっと心配という人も多いのではないでしょうか。 会社にバレたらどうしよう、と考えてしまう人もいるようです。 何とか誰にも内緒で、借金を一本化したいおまとめ...

内緒で利用できるおすすめは?

このように、おまとめローンでもカードローンでも、家族バレしてしまう危険性はありますが、申し込み方法や契約方法を工夫することで、家族に内緒で利用することが可能な場合もあります。

家族バレしないためのおすすめ申し込み方法は、WEB完結での申し込み方法です。

WEB完結申し込みを利用すれば、申し込みから契約までのすべての手続きをインターネット上で行えるので、郵送物からの家族バレを防げます。

また、申し込みは普通に行って、契約とローンカードの受け取りを自動契約機で行うのもおすすめです。

自動契約機でローンカードと契約書を受け取ってしまえば、それらが自宅に郵送されるのを防げるため、WEB完結申し込み同様に、家族バレの危険性をグッと下げられるでしょう。

ただ、WEB完結申し込みや自動契約機を利用できるのは、おまとめローンよりもカードローンのほうが多くなっています。

家族に内緒で借金を一本化したい場合は、おまとめローンよりもカードローンを利用するほうがいいかもしれませんね。

関連記事をチェック!

3049view

WEB完結で契約可能!東京スター銀行のおまとめローン徹底解説!

複数の借入金を抱えている人は、返済額が多く毎月の返済に困窮したり、信用状態が悪くなり、他のローンやクレカの審査い不利になるなどの様々なメリットがあります。 また、お金に困っているからと言ってクレジッ...

収入の有無がポイント


ここで、学生が借金を一本化できるために重要となるポイントを、整理しておきましょう。

学生が借り入れする際に必要なことは、就業していて収入があることです。

各銀行や消費者金融で取り扱われている、おまとめローンやカードローンを借り入れできるかたの条件には、「安定収入がある」ということが例外なく設けられています。

学生でも借り入れできる融資商品はありますが、収入がなくては借り入れできません。

学生の場合、本業は学業であるため、当初借り入れ時は「アルバイト収入」があったけど、現在は辞めてしまってアルバイト代もないということも少なくありません。

こういった場合には、残念ながら借り入れできません。

借り入れするためには、就業している必要があることを覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

4009view

安定した収入とは?借入申込の収入条件

カードローンでお金を借り入れする場合、借り入れ申し込みの収入条件に「継続安定した収入」と書いてあるのを見たことがあるでしょうか。 お金を借りるには、返済することを考えて収入がなければなりませんが、お...

おまとめローンの審査の流れ

では、実際におまとめローンに申し込んで審査を受ける際の流れを、確認していきましょう。

申し込みから借り入れまで

まずは、申し込みを行います。

申し込み方法は金融機関によってまちまちですが、インターネット経由・郵送・窓口などで申し込めることが多いです。

その後審査を受けて、問題なければ審査通過の連絡が来ますが、審査結果が分かるまでの期間も金融機関によって即日~数日・1週間近くと、さまざまです。

審査結果の連絡は、電話やメールなどで来ることが多いので、電話の着信履歴や受信したメールはしっかりチェックするようにしましょう。

その後契約手続きを行えば、無事借り入れを行えます。

関連記事をチェック!

4013view

おまとめローンの審査にかかる時間や日数や期間はどのくらい?土日は?

ローンの本数が多いと、返済金額が多くなり大変です。 この記事では、おまとめの方法と、それぞれの審査や契約までの時間について解説して行きます。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36...

必要書類は?

主に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類です。

本人確認書類としては、運転免許証やパスポート・健康保険証などが利用できます。

収入証明書類としては、源泉徴収票や課税証明書・給与明細書などが利用できます。

実際に利用できる書類や、これらの書類を提出するタイミングは金融機関によって異なるので、それぞれの金融機関の指示に従って提出するようにしてください。

また、おまとめローンの中には、既存の借り入れ金額が分かるような書類を提出しなければならないものもあります。

これに関しても、実際に利用するローンの商品詳細などにしっかり目を通して、提出が必要かどうかを確認するようにしましょう。

バイト先への在籍確認は?

在籍確認は、バイトとして働いている場合にも行われ、電話がかかってくる先は当然バイトで働いている職場ということになります。

バイトとして働いている場合、職場にかかってくる電話に申し込み者自身が対応するようなことはほとんどないと思いますので、在籍確認に自分で対応するのは難しいでしょう。

そのため、あらかじめ社員の人などに「自分あてに電話がかかってくるかもしれません」ということを、伝えておいたほうがいいですね。

なぜ電話などかかってくるのかと怪しまれた場合は、「クレジットカードに申し込んだのでその在籍確認です」と言っておけば、怪しまれずにスッと乗り切れると思いますよ。

延滞してはいけない!


また、おまとめローンなど、既存の借金の一本化を希望しているなら、既存借り入れに対する返済を延滞してはいけません。

既存借り入れに対する返済を延滞している(したことがある)ことが判明すると、新規の借り入れ審査には通過できません。

延滞の履歴は、個人信用情報で判明することもありますが、おまとめローンの審査では、それ以外に銀行口座からの返済履歴を確認されることもあります。

返済履歴を確認して、たとえ数日単位の入金遅れであっても、延滞の履歴が判明すると、それだけで新規借り入れの審査に通過できなくなることがあります。

銀行や、消費者金融の審査では、「延滞」されるかたを、敬遠することが多いのです。

そのため、借金の一本化をするために、既存借り入れを絶対に延滞させてはいけないということを留意しておきましょう。

借り換えローン手続きが終わったら返済を忘れずに

借り換えローンやおまとめローンは、既存の借金を一本化するために利用するものであり、ローンの借り入れはあくまでも「手段」にすぎません。

しかし、ローンに申し込んで審査を受けて契約をするというのは、なかなか手間がかかることなので、借り入れできたらそれで一息ついてしまいたくなるものです。

ただ、そこで手続きをストップしてしまうと、既存の借り入れに対する返済が行われません。

借り換えローンやおまとめローンが利用できたら、すぐに既存の借金に対する返済を行うようにしましょう。

おすすめは?

学生が借り入れ可能な、一本化のための融資をご紹介しましょう。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行のカードローン(バンクイック)は、他社からの借り換え資金として使用可能なカードローンです。

また、満20歳以上で、就業していれば、学生の借り入れ申し込みも可能となっています。

借り入れ金利は、1.8%~14.6%の範囲内となり、借り入れ可能額は最大500万円までとなります。

低めの金利設定であり、一本化のための借り入れには適していると考えられます。

ただし、バンクイックはカードローンですので、既存借り入れ額+新規借り入れ額が、年収の3分の1以内である必要があります。

そのため、借り入れ可能額は少なくなってしまいます。

この条件にあてはまらない場合は、利用できませんので注意してください。

関連記事をチェック!

1982view

三菱UFJ銀行バンクイックのおまとめローンで借金一本化

借金が複数件に膨らんで、返済負担や手間暇が辛くなったと言うかたには、借金の一本化がおすすめです。 その際、「低金利」で利用できる可能性のある三菱UFJ銀行の「カードローン」は魅力的です。 三菱UF...

プロミス

消費者金融大手である「プロミス」のおまとめローンも、ご紹介しておきます。

プロミスのおまとめローンは、学生でも、就業していれば借り入れできる商品です。

こちらは、「おまとめローン」ですので、新規借り入れ額が年収の3分の1以内に収まっていれば問題なく、既存借り入れ額を含めて計算する必要がありません。

そのため、カードローンに比べて、大きな金額の一本化ができる可能性があります。

プロミスのおまとめローンの借り入れ金利は6.3%~17.8%で、最大300万円までの借り入れが可能です。

実際の適用金利は、審査結果に応じて決定されます。

プロミスのおまとめローンの上限金利は17.8%ですので、審査結果によっては、高めの金利設定となってしまう可能性があります。

金利が上昇してしまうと、借金の一本化が逆効果になってしまうこともありますので、注意が必要です。

アコム

プロミスと同じく消費者金融大手のアコムでも、「貸金業法に基づく借換え専用ローン」というおまとめローンを取り扱っています。

こちらもおまとめローンであり、総量規制に縛られることなく融資を受けられるので、まとまった金額を借り入れられる可能性があります。

金利は7.7%~18.0%で、最大で300万円までの借り入れが可能と、プロミスのおまとめローンとよく似たローン商品となっています。

その他にも、銀行カードローンではじぶん銀行カードローンがおまとめ目的で利用できたり、消費者金融ではアイフルが「おまとめMAX」「かりかえMAX」というおまとめローンを取り扱ったりしています。

こういったいくつかのローン商品の中から、自分がもっとも利用しやすそうだと感じるものを選んで、申し込むといいでしょう。

返済が苦しい学生さんへアドバイス

学生であっても、借金の一本化は可能です。

しかしながら、学生が借り入れ申し込みできる一本化のための借り入れ商品は、限定されています。

雇用形態や、年収に関する条件を設けているものもありますし、そもそも学生では借り入れ不可としているものも少なくありません。

限られた利用可能な借り入れのなかから、極力低金利で借り入れできるものを選ぶことが重要です。

学生が借金を一本化するためには、借り入れ商品選びがポイントとなります。

また、アルバイトでも構いませんが、就業していないと学生では借り入れできませんので、その点に注意して借金を返済していってくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)