無担保借入残高とは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

新しくクレジットカードやカードローンの申込を行うときに無担保借入残高を申請しなければなりません。

しかし、中には無担保借入残高とは何なのかが分からないという人が多いようです。そこで今回は無担保借入残高の意味、何が無担保借入残高に含まれるのかを説明します。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

他社借入に含める無担保ローン

住宅ローン以外は大体無担保借入

このページを読んでいる人は、早く申込をしたいという人が多いでしょうから、とりあえず言葉の説明よりも先に一体何を無担保借入残高に記入すればいいのかを説明しましょう。

無担保借入有担保借入
カードローン住宅ローン
クレジットカードキャッシング
フリーローン
カーローン質屋
ブライダルローン
教育ローン

※一部例外もあります。

無担保借入残高に記載しなければならない項目は上の表の左の列に書かれている項目です。

この表からもわかる通り、銀行や信用金庫などの金融機関で利用できるローンの多くは無担保借入残高に記入しなければならないことがほとんどです。

一方、無担保借入残高に記入しない物は住宅ローンや質屋の借入など、ごく一部の物に限られています。

ですので、この二つ以外であればほとんどの場合において記入する必要がありません。

どうしても心配な人は申込先に確認したほうが良いですが、ちょっとくらいの間違いであればそこまで問題にならない場合もあります。

金融機関が確認してくれる

なぜちょっと間違えても問題ないのかというと、クレジットカードやローンの審査では、金融機関が申込者の借入残高を調べることができるからです。

信用情報機関という名前の機関には、借り入れに関する情報(信用情報)が登録されています。

おそらくほとんどの方は申込時の同意事項や規約は読まずに飛ばしていると思いますが、信用情報機関への登録や照会を認めるという項目が書かれているため、同意すれば知らない内に信用情報の確認を許可していることになるのです。

そのため、もし本来無担保借入残高に記入する必要のない住宅ローンを加えてしまったせいで本来記入するべき金額よりも多くなったとしても、金融機関は正確な金額をちゃんと把握しています。

電話での本人確認でも借り入れについて詳しい質問がありますから、悪意を持って嘘をつかなければ、それが原因で審査に通らないということはありません。

他社借入に含めるのは総量規制分

他社借入欄に含めるローンが無担保なのか有担保なのか判断できない場合は、当該ローンが総量規制に含まれるのかどうかで判断すればほぼ間違いはありません。

総量規制とは個人に対する融資で、基本的に無担保無保証でお金を貸す上限を年収の1/3までと定めたものです。

また総量規制に含まれないローンには以下のものがあります。

・クレジットカードのショッピング利用代金
・自動車ローンやショッピングローン
・担保融資ローン
・住宅ローン
・手形融資
・奨学金

他にも銀行が行う貸付はカードローンを含めて全て総量規制の対象外となります。

しかし厳密に言えば、教育ローンや目的ローンを含めてカードローンも他社借入に含める無担保ローンとなりますので他社借入に含めなければならない場合があります。

関連記事をチェック!

3033view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

無担保借入残高の意味

無担保借入残高の意味

では続いて、そもそも無担保借入残高とはどういう意味なのかを解説します。

おそらく漢字を見ればほとんどの方は、「無担保借入残高」というのが担保が無い借入の残高だということはわかるでしょう。

  • 担保:返済ができない場合にお金の代わりに相手に譲るもの
  • 借入:人や機関からお金を借りること
  • 残高:借入の内、まだ返済が残っている部分

それぞれの言葉は簡単に説明するとそれぞれこういった意味です。

借入と残高に関しては特に問題ないでしょうから担保について説明します。

例えば質屋でお金を借りるとき、お金の代わりにバッグや貴金属などを預けておき、問題なく返済ができれば預けたものは返ってきます。

しかし、もしお金を返せない場合には、お金の代わりに預けたものを質屋に渡さなければならず、これを担保と呼ぶのです。

担保を利用してお金を借入する場合は質屋が多く、金融機関では物件や土地を担保とする住宅ローンくらいとなっています。

先ほどの表の通り、金融機関からの借入はほとんどが無担保・無保証人となっているため、担保についてよく知らなかったという人も多いでしょう。

無担保借入では返済能力が重要

担保は借入金額よりも高価なものでなければならず、最悪の場合返済してもらえなくても担保が手に入れば損することはありません。

そのため、担保さえしっかりしていれば問題なくお金を借りられることが多いのですが、無担保の場合はそうではありません。

無担保借入は返済ができなくなると代わりに手に入るものがないため、ちゃんと借入を返済することができるのかどうかが重要です。

関連記事をチェック!

445view

返済能力で借入金が決まる!金額の目安の決め方

銀行の企業への融資審査では、3期分の決算書が重点的に確認されています。決算書は下記の3つによって構成され、企業が決めた決算日までの1年間の売上や利益を確認することができます。 ・損益計算書 ・...

無担保借入残高は審査に影響

無担保借入残高は審査に影響

無担保借入では、有担保借入とは異なり、利用者の信用が審査結果、借り入れ額に非常に大きな影響を与えます。

審査では利用者の属性(年収や勤務先、勤続年数)などが大きな要素となりますが、それに加えて無担保借入残高も審査結果を左右します。

クレジットカードやローンの申込などで無担保借入残高を申請しなければならないのは、審査の判断材料とするためなのです。

皆さんが知人にお金を貸す際も、他の人からたくさん借金をしている人より、借金を全くしていない人の方が貸しやすいのと同じことです。

これら信用情報によって確認することができるため、嘘をついても意味がありません。

無担保借入残高があっても審査には通る

では、無担保借入残高がある場合は審査に通過できないのかというと、そんなことはありません。

他社借入残高の申告欄には、金額と共に借入件数を記入する欄も用意されており、審査では借入件数が少なければ審査通過は可能となっています。

例えば、無担保借入が1件や2件であればそこまでの影響はなく、逆に4件や5件となると審査通過は難しくなります。

同じ無担保借入の中でも、カードローンやクレジットカードのキャッシングのように金利の高いものは審査への影響が大きく、金利の低い借入は影響が小さいという違いもあります。

総量規制を超えると利用できない

無担保借入件数が多くても絶対に審査に落ちるということはありませんが、無担保借入残高が一定を超えると審査に通らないということがあります。

消費者金融や信販会社などの貸金業者には貸金業法という法律が適用されており、その中に総量規制という項目があります。

これによって貸金業者からの借入は年収の3分の1までに制限されています。

そのため、貸金業者から行っているカードローンやクレジットカードキャッシングといった無担保借入が年収の3分の1に達している場合、貸金業者に新規でカードローンの申込を行っても審査には通りません。

クレジットカードの申込であれば、審査に通ったとしてもキャッシング枠は0円で発行されることになりますし、もちろんクレジットカード自体発行されないということもあり得ます。

このように種類次第では無担保借入残高によって絶対に審査に通らなくなる場合もあるということも覚えておいてください。

関連記事をチェック!

4623view

総量規制超えた!オーバーした場合やギリギリでも借りれる消費者金融

貸金業者は年収の1/3以上貸し付けることができないことになっております。 今回は消費者金融から総量規制をオーバーした借入を可能にすることはできないのか、元審査担当者が業界事情を交えて説明します。 ...

自分で申告させる理由がある

無担保借入残高や件数が審査に影響することは理解してもらえたでしょうか。

ここまで読んだ人の中にはもしかしたら「信用情報で調べることができるのなら、無担保借入残高を申告する必要はないのではないだろうか?」と考えた人がいるかもしれません。

確かに仮に申告しなかったとしても調べることができますし、金融機関は申告内容が正しいのかしっかり確認します。

しかし、自分で無担保借入残高を申告することには、借金などの金銭管理をできるかどうかを確認する意味合いもあるため、無駄なことではないのです。

正直に答えるかどうかも含めて審査材料となっているので、虚偽申告は絶対にしないようにしましょう。

他社借入の審査への影響はこちらで詳しく解説しています。

利用していないカードローンは申告不要

利用していないカードローンは申告不要

実際に借入はしていないが契約中のカードローンがある方や、利用中のクレジットカードにキャッシング枠が付いているという方は珍しくないと思います。

カードローンやクレジットカードキャッシングの利用は無担保借入残高に含まれますが、実際に借入していないのであれば申告する必要はありません。

あくまでも無担保借入「残高」を申告すればよいのです。

ただし、間違って申告しても電話で確認してくれるとは思います。

関連記事をチェック!

1717view

消費者金融の他社借入に銀行カードローンは含むの?

消費者金融カードローンに申し込むときに他社借入額を申告しますが、銀行からの借入れが消費者金融の審査にどのように影響するのかについて、詳しく解説していきます。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄...

リボ払いのキャッシングは無担保ローン

リボ払いのキャッシングは無担保ローン

クレジットカードの利用状況は申込時に迷われる方が多いようです。

クレジットカードは申告するものと申告しないものに分かれています。

クレジットカードはキャッシングだけ申告する

まず、クレジットカードのキャッシングは無担保借入に含まれますが、ショッピングは含まれません。

キャッシングとはATMで現金を借入する機能、ショッピングは買い物の代金を立て替えてもらって後払いにする機能の事です。

このことを理解している人でもクレジットカードのリボ払いについては迷う人も多いようですが、リボ払いは無担保借入残高には含まれません。

リボ払いは商品の購入代金を一括で支払わず、毎月少しずつ決まった金額を返済していく方式のため、借入と勘違いしやすいようです。

しかし、リボ払いはあくまでもショッピング機能であり借入ではないため、無担保借入残高として申告する必要はないのです。

関連記事をチェック!

513view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

無担保ローンじゃないのは「ショッピング」リボ払い

先ほど、リボ払いのショッピングは無担保借入残高には含まないと説明しました。

リボ払いであってもクレジットカードのショッピング枠の利用は借入とは別物なので無担保借入残高として申告する必要はありません。

しかし注意して欲しいのは、リボ払いだと無担保借入に含まないということではなく、ショッピング枠は無担保借入に含まないということです。

ショッピング枠だけではなくキャッシング枠にもリボ払いが利用可能となっているクレジットカードがあります。

もしキャッシングをリボ払いで利用している人がいたら、キャッシングリボの利用は無担保借入に含まれるので借入残高としてちゃんと申告しましょう。

審査にはしっかり影響する

借入残高として申告しなければならないということは、もちろん審査にも影響があります。

また、ショッピング枠とは違い、クレジットカードのキャッシングは総量規制の計算にも含まれます。

ショッピングもリボ払いが多すぎると良くない

一方、ショッピングリボが審査に影響しないということではありません。

確かにショッピングリボは総量規制の計算の対象外ではありますが、信用情報では利用状況を利用金額や返済状況などを調べることができます。

リボ払いの支払いだけで精一杯の人ではお金を貸してもしっかり返済できないことが予想されるため、審査には悪影響を与えます。

そのため、審査に関係ないからとあまりに利用中のショッピングリボの金額が大きくなりすぎないように気を付けましょう。

関連記事をチェック!

64view

リボ払いとカードローンは何が違うの?

クレジットカードのキャッシング返済や、カードローンの返済方式にリボ払いという支払い方法があります。 リボ払いは損だからカードローンでキャッシングした方が得だという意見もありますが、同じ返済方式ならど...

奨学金は無担保借入?

奨学金は無担保借入?

奨学金についても迷う人が多いですが、奨学金の場合はどうなのでしょう。

奨学金は借入に含まないことが多い

日本学生支援機構やあしなが育英会などが提供している奨学金も無担保借入は含まないことがほとんどです。

実際に、馬三郎は以前金融機関に奨学金を返済している設定で「審査に影響があるのか」と質問しましたが、その際に「問題なく返済していれば審査への影響はない」という回答を得ることができました。

クレジットカードやローンの申込で申告するのは金融機関からの借入だけであり、奨学金を利用することができる機関は金融機関ではありません。

なので金融機関以外が提供している奨学金については無担保借入として申告する必要はないのです。

無担保借入額は少ないほど審査には有利なので、必要のない奨学金を加えて審査を不利にしないようにしましょう。

関連記事をチェック!

2452view

奨学金は総量規制対象外で他社借入扱いにはなりません

カードローンやクレジットカードに申し込むときに、記入する他社借入欄に奨学金も含まれるのでしょうか。 たしかに奨学金もお金を借りる教育ローンと似ているため、他社借入となるのかそれとも他社借入とはならな...

教育ローンは無担保借入

注意してほしいのは、金融機関から借り入れしている教育ローンは奨学金とは異なり無担保借入になるということです。

学業に必要な費用として使うという意味では奨学金と似たようなものでも、金融機関の教育ローンは無担保借入になりますのでしっかり申告しなければなりません。

ただし、教育ローンは無担保借入として申告しなくて良いと書かれている場合もありますので、利用する金融機関の指示に従ってください。

教育ローンと言えば通常は銀行からの借入なので総量規制には関係ありませんが、もし消費者金融のカードローンや学生ローンから学費として借りている場合、それは無担保借入だけではなく総量規制にも含まれます。

奨学金は信用情報にも記録されない

日本学生支援機構などから借り入れする、いわゆる奨学金は無担保借入残高に含まれないというだけではなく、そもそも信用情報に記録されることがありません。

そのため、金融機関は利用者が奨学金を借り入れしているのかどうかという事を知ることができず、金額に関わらず審査に影響するということがありません。

ショッピングリボは金額が大きすぎると審査に影響する可能性があるのに対し、奨学金が審査に影響することはないのです。

関連記事をチェック!

78view

日本学生支援機構からの借入が信用情報に登録されるのはどのタイミング?

日本学生支援機構は奨学金を融資している公的な機関です。 最近では、大学卒業後に借金地獄に陥る学生が増えていると話題となっており、2015年末の延滞金額の合計は880億円を超えていると言われており...

支払いが遅れると信用情報に記録される

しかし、奨学金が審査に影響する場合があります。

それは、奨学金の返済が遅れたときです。

日本学生支援機構の公式サイトを見ると以下のように記載されています。

個人信用情報の取り扱いに関する同意書を提出していただいている方のうち、現在奨学金を返還されている方は、延滞3か月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。

※日本学生支援機構公式サイトより引用

基本的には信用情報に登録されることのない奨学金の借入ですが、3ヶ月以上の長期延滞が発生した場合には信用情報に登録されると明言しています。

延滞の事実はもちろん、借入額や、金融事故が起きた場合は事故内容なども記録されます。

一般的な金融機関が信用情報に登録する記録はすべて登録されると考えてください。

「問題なく返済していれば審査への影響はない」というのはおそらくこういった事実から来ているのではないでしょうか。

仮に信用情報に登録されたとしても無担保借入には含まれませんが、審査に悪影響があるのは間違いありません。

奨学金は毎月3万円ずつだとしても大学4年間で144万円という高額になります。

何よりも3ヶ月以上の長期延滞が発生したということは非常に大きなマイナスです。

関連記事をチェック!

2961view

信用情報機関に滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

無担保ローンの長所と短所

無担保ローンの長所と短所

無担保ローンのメリットとは

担保の確認が必要ないので審査が早いのが最大のメリットです。

担保がない分、確認作業も提出書類も少なくて済みます。

それに、担保が必要なければ不動産などを所持していなくても借り入れが可能ですね。

また保証人がいなければ、返済不能になったとき必要以上に人に迷惑がかからないという特徴もあります。

有担保ローンにも、金利が低いと言うメリットはあるのですが、担保となる不動産に抵当権を設定する必要があるので、どうしても審査に時間がかかってしまいます。

また保証料や、抵当権の設定、登記に関する費用の他に手数料が必要となります。

無担保ローンのデメリットとは

貸し付けのリスクが高くなるので金利が高くなる傾向があります。

そのため無担保ローンの場合、消費者金融では上限金利でもある18~20%での貸し付けが殆どとなるでしょう。

18~20%と言っても利息の高さを感じることはないかもしれませんが、有担保ローンの利息が現在おおむね1~3%であることを考えると、高いと言わざるをえません。

利息の算出方法
利息 = 利用残高×実質年率 ÷ 365 × 利用日数

50万円を年率18%で借り入れた場合と、年率1%で借り入れた場合を比べてみましょう。

利 息1年後の利息5年後の利息
年率18%9万円45万円
年率1%5千円2万5千円

こうやって見比べてみると、その差は一目瞭然ですね。

年率18%がいかに高いかがお分かりいただけると思います。

10万円未満の貸し付けの場合、上限金利は20%、10万~100万円未満は上限金利18%で貸し付けることができます。

また無担保ローンは長期の返済には対応しておらず、5年以内に完済できそうな額しか貸し付けをしないことが多いので、希望額を借り入れできないこともあります。

そのため大口の融資を受けることができず、多額の資金の確保は難しくなります。

また無担保ローンは、返済不能になった場合差し押さえを受けたり、破産になったりする可能性もありますので、必要な金額のみ、返済できる額のみを借りることが大切です。

関連記事をチェック!

356view

金貸しの利息は法律でどう決まっているの?

お金を貸した場合の利息はどうやって決まるのか気になりませんか?消費者金融から借りるのと銀行カードローンで借りるのでは金利が違いますよね。 また個人から借りる場合の上限金利は最高いくらまでなら有効なの...

無担保ローンは即日融資うけやすい

担保を取る場合は、それが土地にせよ建物にせよ、担保に値する物件か審査時に詳しく調査しなくてはいけません。

その分提出書類も多く、申し込み自体に時間がかかります。審査結果が出るまでに、数日~1か月を要することもあります。

下の関連記事では、土地を担保に銀行からお金を借りる例を紹介していますが、即日融資には程遠い内容です。

関連記事をチェック!

3040view

土地を担保に銀行からお金を借りる方法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 そもそも担保(たんぽ)って何? 担保という言葉はよく耳にするものの、具体的な仕組みを知らないと...

一方、消費者金融の無担保のローン審査は、申し込み者の属性や、個人信用情報の照会、在籍確認が審査のメインです。

特に個人信用情報については、システマチックに管理されており、照会をかければものの数分でチェックが完了します。

実際、当サイトのカードローン申し込み体験談の中でも、自動契約機でオペレーターと会話している間に、個人信用情報を照会されていたという事実が判明した経緯があります。

詳しくは下記記事の「アコムはむじんくんで手続き中に信用情報照会」を御覧ください。

関連記事をチェック!

3285view

【馬太郎が】CICの信用情報開示申請~報告書の見方も徹底解説~

信用情報ってよく聞く言葉ですが、実際どんなものでしょうか? 今回は私(馬三郎)と馬太郎のCICの信用情報を開示し、情報の意味など画像つきで見方を説明します。 CICにスマートフォンで開示申請してみ...

このため、個人への融資は今や、保証人なし・無担保のカードローンがメインとなっています。

無担保ローンの金利とは

先に無担保ローンは、審査及び融資スピードに優れていると述べましたが、金利においては担保がある場合と比較して不利となります。

無担保ローンは、いわゆる信用貸しの状態ですから、万が一返済が滞った場合のことを考えて、金利が高めに設定されるのが常なのです。

また有担保の場合は土地などの評価額の60~70%の額を借りられるわけですから、額が大きければ金利が低くなるのも業界の常識です。

融資の額にもよりますが、有担保の場合は年利が一桁台も珍しくないのに対し、無担保のカードローンは初回融資額が少額になる上、年利は14%~18%程度となります。

銀行と貸金業者とでは限度額が違う

無担保ローンの借入限度額は、銀行で借りる場合と貸金業者で借りる場合とでは限度額は違います。

この違いというのは、皆さんもよく知っているように総量規制によって借りることができる上限が定められているということです。

総量規制は貸金業者に対して適用される法律ですので、貸金業者ではない銀行には適用されず、貸金業者にしか適用されません。

ですので、貸金業者からの借入は総量規制によって年収の1/3までという上限があるものの、銀行に適用される銀行法では年収に対する借入上限というものは定められていません。

こういった違いによって無担保ローンの借入限度額は借りるところによってその上限が違います。

銀行は自主規制によって規制している

銀行法によって年収に対する上限が定められていない銀行は何の規制もなく貸付しているというわけではありません。

銀行は自主規制というそれぞれで自主的なルールを定めた規制によって無担保ローンの借入限度額などを貸付しています。

この自主規制によって現在では総量規制と同じように年収の1/3までを貸付けの上限としている銀行もあります。

ですが、あくまでも自主的な規制となりますので、銀行によってはこれまでのような貸付を行っている銀行もある可能性があり、どういった規制となっているのかを公表していない銀行も多いです。

総量規制対象外の無担保ローン

銀行からの無担保ローン借入は総量規制の対象となることはありませんが、貸金業者からの無担保ローン借入であっても総量規制の対象外となるローンがあります。

総量規制には「除外」と「例外」という規制の対象外となるものがあり、それらに該当する借入であればたとえ年収の1/3を超える場合であっても借りることができます。

総量規制の「除外」とは、担保を必要とする借入や高額療養費支払いのために借入などが該当しますので、有担保ローンはこの「除外」に該当しますので規制の対象外となります。

総量規制の「例外」とは、利用者が一方的に有利となる借入や緊急の医療費支払いのための借入、個人事業主の借入などが該当し、無担保ローンであってもこれらの「例外」該当すれば規制の対象外となります。

おまとめローンや事業者ローンは規制対象外

総量規制の「例外」となる借入の代表格がおまとめローンです。

おまとめローンは複数の無担保ローンを借入している場合にそれらを1つにまとめて借りて返済していくことによって月々の返済額や総返済額を軽減することができるため、多重債務者の救済ローンのような借入です。

このおまとめローンは総量規制の「例外」となる利用者が一方的に有利となる借入によって借りることになりますので、基本的に無担保ローンとなるおまとめローンでは年収の1/3を超える借入も可能となります。

また、個人事業主が借りることができる事業者ローンも総量規制の「例外」となりますので、個人事業主がこのような専用のローンで借りたものは規制の対象外となります。

カードローンは最初限度額が少ない

カードローンはまとめまったお金を1度に借りるというわけではなく、契約した借入限度額の範囲内で借入することができるローンです。

ですので、他のローンで自主規制や総量規制の上限となる借入がすぐにできるものと違い、カードローンの場合には最初は10万円~30万円、多くても50万円といった少額の借入限度額となることがほとんどです。

こういったことはたとえ高い年収があり信用も高い人であっても同じことがいえ、最初から規制の上限金額での借入限度額で契約することはありません。

自主規制や総量規制はあくまでも借りることができる上限を定めたものでありますので、必ずしもその上限金額を借りることができるというわけではなく、信用があって初めて借りることができます。

増額によって借入限度額を増やす

最初こそ少額での借入限度額となるカードローンですが、最初の契約後一定の期間が経つと借入限度額を増額させてそれまでよりも多く借りることができるようになります。

増額は、増額専用の申し込みをして審査を受けたうえで増額することができます。

また、銀行や消費者金融の方から増額できることの連絡が来て増額することも多く、この場合にはほぼ審査がされた状態となっていますので申し込みをすると高い確率で増額することができます。

ですが、増額の場合であっても規制を超える金額までは借入限度額を増やすことができませんので注意しなければなりません。

関連記事をチェック!

106view

カードローンの増額審査に通るコツは?

使っているうちにカードローンの利用限度額を増額したいということも出てきますよね。そんなときは増額審査を受けましょう。 カードローンの利用限度額は申し込み当初は少なく設定されることが一般的です。継続的...

まとめ

クレジットカードやローンはインターネットから申込むことができるようになりました。

しかし、窓口や電話での申し込みなら分からないことがあってもオペレーターに質問することができますが、インターネットから申し込むときは分からない部分があると困ります。

特に申込でわからない人が多いのが無担保借入残高に関する部分のようです。

無担保の借入が多いため、住宅ローンで土地や物件を担保に設定していないのであればほとんどは無担保借入と思って問題ないでしょう。

金融機関は申込者の借入を必ず調べていますので、多少間違いがあってもそれだけで審査に落ちることはありません。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談