馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

カードローンとは

当サイトは「馬でもわかる!カードローンのすべて」というタイトルですから、当然カードローンの解説をしています。

ですが、そもそもカードローンとは何なのか、ご存じない方もいらっしゃると思います。

カードローン自体の説明をしないわけにはいきませんので、このページではカードローンとはなんなのか、本当にカードローンについて何も知らない初めての方にも分かるように説明します。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

カードローンは「『カード』が発行される『ローン』」

FireShot Capture 151 - カードローン「バンクイック」 I 三菱UFJ銀行 - http___www.bk.mufg.jp_kariru_card_banquic_※三菱UFJ銀行公式サイトより引用

カードローンはローンの中の1つの種類です。

ローンとは日本語で貸付という意味なので、利用者する側から見ると借入ということになります。

皆さんは住宅ローンやカーローン、教育ローンという言葉を聞いたことがあるはずです。

住宅ローンは住宅を購入するためのローン、カーローンはカー(車)を購入するためのローン、教育ローンは教育資金として用いるためのローンですよね。

ではカードローンはカードを購入するためのローンでしょうか?

いいえ、カードローンは契約時に発行された専用のカードを使って借入するので「カードローン」という名前となっています。

カードローンを使用する目的は、一部の使い方(事業資金など)を除き、基本的に自由なのです。

借入のタイミングも、必要な時に行うことができます。

返済は決められた日までに毎回一定以上の金額を行わなければなりません。

余裕がある場合はそれ以外のタイミングでも返済ができます。

つまり、カードローンとは「カードを使って好きなときに借入・返済する、使用目的が自由なローン」なのです。

カードローンを発行しているところ

  • 都市銀行:三菱UFJ銀行、みずほ銀行など
  • 地方銀行:横浜銀行、千葉銀行、福岡銀行など
  • 消費者金融:三菱UFJフィナンシャルグループ アコム、SMBCモビットなど

電車や街に掲載してある銀行や消費者金融の広告で、有名人がカードを持って金利〇〇~〇〇%と書かれているのものを見たことがあるかもしれません。

関連記事をチェック!

キャッシュカードとクレジットカードの違い

キャッシュカードとクレジットカード、よく似ていますが、両者の違いが分からないという人もいるでしょう。 クレジットカード、キャッシュカード、さらにカードローンの3つの違いは以下の表のようになってい...

身分証のみでOK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

カードローンの限度額は審査によって変わる

カードローンを運営している金融機関は利用者に貸付を行い、利用者は返済の時に借りた金額にプラスして利息分を多く払います。

その金額が金融機関の利益となって運営されています。

カードローンは申込に保証人が必要なく、保証会社が保証を行います。

申込者は信用情報(過去の借入やクレジットカードの利用歴など)や属性(収入や職種、勤続年数などの個人情報)を元に保証会社によって審査され、それを通過しなければなりません。

信用情報は、専用の機関に保管されていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

審査を無事に通過すればローンカードが発行されて利用することができるようになります。

いくらまで借入できるのかというのは、それぞれのカードローンごとにも決まっていますし、利用者によっても変わります。

例えば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は最高500万円までと書かれていますが、契約すれば全ての人が500万円まで借りられるというわけではなく、情報を総合的に判断した上である人は400万円まで、別の人は50万円まで、と利用者ごとに個別で決定されます。

最高限度額は、申込時に希望を申請できますが、審査によってある程度変動します。

審査結果が出たら郵便や自動契約機などの方法でローンカードが発行され、借入と返済が可能になります。

発行されたカードを対応ATMで使用したり、電話で指定の口座に振込の依頼をすることで利用できます。

関連記事をチェック!

カードローン借入限度額と年収.借金できる金額

消費者金融には年収の3分の1を超える借り入れを行うことができない総量規制という、借り入れ額に対する決まりがあります。 一方、銀行は総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える借り入...

関連記事をチェック!

極度額と限度額の違いを知ってる?

カードローン借入する契約書には極度額が記されていますよね。でもその額を利用することはできません。不思議ですね。 キャッシングをする場合の極度額と限度額とは何がどう違うのか、カードローンを利用する...

主な申込条件は満20歳以上で安定した収入

では、カードローンを利用するためには何か条件があるのでしょうか。

下の画像は三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込条件です。

FireShot Capture 152 - カードローン「バンクイック」:お_ - http___www.bk.mufg.jp_kariru_card_banquic_moushikomi.html※三菱UFJ銀行公式サイトより引用

保証会社の保証を受けられるかというのは審査を埋めてみなければわかりませんので、

  • 年齢が満20歳以上~満65歳未満
  • 安定した収入がある

実質この2点が三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込条件といえます。

満20歳以上という条件はどこもほぼ同じで設定されています。

中には、満25歳以上などのように20歳より高く最低年齢を設定している商品もありますが、20歳未満でも借入できるカードローンというものはありません。

上限年齢は60歳、65歳、69歳のどれかで設定されているものが多いです。

もう一つの条件である安定した収入は、毎月大体同じくらいの金額が手に入るということです。

その条件を満たしていればアルバイトの学生ややパートの主婦の方でも申込可能となっています。

ただし、カードローンによっては学生不可という条件が存在することもありますので申込前によく確認してください。

居住地や勤務先が制限されている場合がある、地方銀行カードローン以外は、基本的に「満20歳以上〇〇歳未満で安定した収入がある」ということだけが条件のものが多く、それを満たしていれば大体のカードローンは申込むことができます。

関連記事をチェック!

未成年者でも金融機関からお金を借りることは可能?

未成年でもお金が必要なことはあります。学生でも1人暮らしをすることもありますし、海外旅行や、就職活動のために地方から都心へ頻繁に上京することもありますよね。学生でも、借入できるのか、説明いたします。 ...

関連記事をチェック!

今すぐお金が必要な中学生や高校生必見~未成年者はネットで稼ぐ~

今すぐお金が必要な学生のキャッシング法 ◆高校生 ◆高校卒業した無職の未成年者 ◆高校卒業し未成年者であっても収入のある方 ◆高校卒業し専門学校生や短大生、大学生となった方 以上...

何度も借入可能

カードローンは必ずしも契約時にお金を借りるわけではありません。

最初に○○万円までお金を借りることができるという枠を作成し、その枠の範囲内でATMからお金を引き出すことができるローンカードを発行します。

最初に枠を作成する際に審査を行っているため、カード発行後はいつでも自分の必要な金額だけ自由にお金を引き出すことができるという商品になっています。

ローンの限度額や金利は審査によって決定するため、自分の希望通りの金額を借りることが必ずできるわけではありません。

振込でも借入できる

消費者金融などは、カードを使用しなくても枠の範囲内であれば電話やインターネットなどから振込を依頼すれば指定口座へ必要金額を振り込んで融資してくれます。

返済は基本的にはカードを使用してATMから返済金を入金する方法ですが、口座振替や、振込でも返済に対応しています。

消費者金融は年収の3分の1まで

また、消費者金融には総量規制という融資金額に対する法律的な縛りがあり、消費者金融やクレジットカード会社からの借入額の合計が年収の3分の1を超えることができないため、注意が必要です。

返済日が土日祝日などの休日の場合は基本的には返済日は翌営業日(返済日が日曜だった場合には月曜など)になります。

返済金額はカードローンの利用金額に応じて変動する残高スライドリボルビング方式という方法になるのが一般的です。

例えばある銀行カードローンの場合は

50万円以下:毎月10,000円

50万円超100万円以下:毎月15,000円

100万円超150万円以下:毎月20,000円

150万円超200万円以下:毎月20,000円

となっており、カードローンの限度額に関わらず借入残高に比例して返済額も増えていきます。

関連記事をチェック!

年収の3分の1以上でも借りれる方法【総量規制対象外でキャッシング】

総量規制が2010年6月の貸金業法で法律が改正され、消費者金融では年収の3分1以上のお金は借りる事が出来なくなってしまいました。 執筆者の情報 名前:小川 馬吉(仮名) 年齢:3...

カードローンの申し込み条件

カードローンには誰でも申し込むことができるわけではなく、カードローンから借入を行うにはいくつか条件があります。

必ず必要な条件

カードローンの借入に必ず必要になる条件は以下の通りです。

  1. 20歳以上であること
  2. 安定した収入があること(本人にない場合には配偶者に安定した収入があること)
  3. 日本に居住していること
  4. 外国人である場合には永住権を取得していること

カードローンの借入条件は商品によって若干異なりますが、基本的にはどの商品であれ、以上4つの基準を満たしていない場合には審査通過は難しいと考えた方がよいでしょう。

関連記事をチェック!

収入証明不要でキャッシング【審査甘いカードローン】

収入証明不要でカードローン申込みやキャッシングできる条件をご存知でしょうか。お金を借りるなら知っておきたいです。 急いでお金を借りたいというときに運転免許証だけでキャッシングできるには一定の条件...

必要となる場合がある条件

専業主婦が消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りようとする場合には配偶者の収入確認と同意書が必要になります。

専業主婦の借入OKの銀行から借入を行う場合には配偶者関係の書類は一切必要ありません。

学生の場合で、学生専用の学生ローンのような商品を申し込む場合には学生証が必要になりますし、場合によっては親が連帯保証人となる必要がある場合もあります。

学生ローンではなく、アルバイトなどで一定の収入を得ている学生が一般的なカードローンで借入を行う場合には学生証も親の保証も原則的には必要ありません。

専業主婦や学生でも大丈夫

専業主婦でも学生でも通常の一般的なカードローンから借入を行う場合には特別な手続きは一切必要ありません。

しかし、専業主婦が消費者金融からお金を借りる場合には

  1. 配偶者の収入確認の提出
  2. 配偶者の同意書の提出
  3. 借入金額は夫婦合わせて配偶者の年収の3分の1以内

と定められているため、少し手続きが煩雑です。

配偶者の同意書が必要で、借入金額も配偶者の年収の3分の1以内ということはわざわざ専業主婦名義でお金を貸さなくとも、夫に貸した方が手続きが簡単です。

そのため、アコムやプロミスなどの大手消費者金融では専業主婦への貸付は行っておらず、パートやアルバイトなどで自分個人の収入を得ている主婦にしか大手消費者金融は貸付を行っていません。

また、学生はそもそもアルバイトなどで収入を得ている人しか借入ができないため、審査の際にはフリーター扱いとなるので、特別に必要な提出書類はありません。

関連記事をチェック!

無収入の専業主婦に貸付!銀行系カードローンはキャッシング可能

銀行ローンは総量規制の対象外 キャッシングの商品を取り扱っている機関は、銀行・信用金庫・消費者金融などがあります。金融機関によって商品内容も様々であるため、目的や希望に合った商品を利用するこ...

関連記事をチェック!

学生が学費でお金を借りる方法

学生はデート、合コン、飲み会、旅行などで何かとお金の入用があるものです。 アルバイトや親からの仕送りだけでは交際費が足りないという学生も少なくありません。 また、学生の平均生活費は月11万...

審査の通過が借入には必須

カードローンはだれでも必ず借入ができるとは限りません。

借入には必ず審査があり、審査に通過した人だけが借入ができます。

銀行や消費者金融などのお金を貸す側の立場としては貸したお金は返してもらわなければなりません。

そのためにカードローンへ申し込みを行うと「この人はお金を返せる人かどうか」という審査が行われるのです。

審査の基準は主に5つ

審査の際には以下の5つのポイントに主に着目して審査が行われます。

  1. 個人信用情報
  2. 勤務先
  3. 年収
  4. 勤続年数
  5. その他
個人信用情報

個人信用情報とは過去5年程度の申込人のお金を借りたということに関するあらゆる項目が記録されている情報です。

日本には個人信用情報機関が3つありCICとJICCと全国銀行個人信用情報センターの3社です。

CICは主にクレジットカードに関する情報、JICCは主に消費者金融に関する情報、全国銀行個人信用情報センターは主に銀行取引に関する情報を記録収集して3社間で情報を交換しあっています。

クレジットカードを作った、クレジットカードを利用した。クレジットカードの支払いをした、お金を借りた、お金を返済したなどの事象が起こるとそれらの情報は個人信用情報センターへ登録されます。

また、支払いを長期間延滞した、保証会社に返済金を立て替えてもらったなどの事故の情報はブラックと呼ばれ、銀行や大手消費者金融はブラック情報が見つかって時点で審査に通しません。

個人信用情報には借入金残高、借入金やクレジットカードの支払状況も記録されており。借入残高が多すぎたり、支払状況に遅れが多い場合にも審査に落ちてしまう場合もあるようです。

関連記事をチェック!

【馬三郎が教える】信用情報機関が管理する情報~CRIN,FINEで情報共有~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...

関連記事をチェック!

CIC,JICC,全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

3つの信用情報機関、CIC,JICC,JBA(全国銀行協会)の違いとは何なのかがよくわからないと思っているのではないでしょうか。 そもそも信用情報というものをご存じない場合は先にこちらのページを...

勤務先

審査の際には勤務先は非常に重要で、審査の際には申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認する勤務先の在籍確認という審査が、ほぼすべてのカードローンで行われます。

確認方法は審査担当者が個人名で会社へ電話をかけて確認する方法で、電話をかけて本人に繋がった場合や、同僚が電話に出て不在や休みをとっているなどの言質が取れれば確認完了となります。

審査の際には、公務員、上場企業会社員が最も審査に通りやすい属性であると言われています。

反対に、事業資金と生活費が一体化しており収入的にも安定しない自営業者や小規模会社の経営者が最も審査には不利であると言われています。

年収

収入は消費者金融の場合には勤務先よりも上位に来る審査項目です。

消費者金融は年収の3分の1以内までしか融資ができないため、収入は非常に重要です。

銀行では収入確認を必要としない融資金額までは収入はそれほど重視していませんが、一応、年収の2分の1程度までしか融資を行わないということが暗黙の了解となっています。

関連記事をチェック!

借入における必要年収の基準

消費者金融や銀行から借入するにはある程度の年収がなければできないのでしょうか。 もしそうならどれだけの年収があれば希望額を借りられるのでしょう。 今回は借り入れのための必要年収について説明...

関連記事をチェック!

お金を借りる時年収のいくらまで借りられる?【借金限度額の目安は何%?】

執筆者の情報 名前:山本馬元 年齢:30歳 性別:男性 職歴:平成21年3月より信用金庫勤務 消費者金融の上限は年収3分の1 総量規制とは 総量規制とは貸...

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど、今後も同じ勤務先に勤務する蓋然性が高く、今の給料が継続的に入ってくると考えれ、最終的には退職金も期待できるため審査の際には有利となります。

反対にコロコロと勤務先を変えている人は審査担当に「今の勤務先もすぐに辞めて収入が安定しなくなるかもしれない」という疑義を持たれるため審査には不利になります。

最低でも勤続年数は1年以上あった方がよいと言われており、3年以上勤続していれば審査的には全く問題ないようです。

関連記事をチェック!

お金を借りるには勤続年数は長い方が有利なの?

カードローンなどでお金を借りるときに気になるのが、勤続年数は長い方が有利なのかということですね。 勤続年数が長いと審査に通りやすい、転職を繰り返していると審査に落ちやすいという話は本当なのでしょ...

関連記事をチェック!

勤務年数が短いとローン審査には不利なの ?

お金を借りるには勤務年数が短いとローン審査に不利だと言われています。勤務年数が短いと収入が不安定なのではないかとの評価です。 確かに勤務年数はローン審査において重要な条件とはなりますが、必ずしも...

その他

その他の項目としては、持ち家に住んでいるか、家族と同居しているかも審査の際にはプラスポイントとなります。

持ち家に住んでいる人はカードローンの返済ができなくなったからと言って、家を捨てて逃げてしまうというリスクが借家に住んでいる人と比べて圧倒的に低くなります。

また、家族(特に親)と同居している人は本人が返済に苦しくなっても返済を助けてくれる親がいるため、審査の際にはプラスとなるようです。

審査の際にはこれらのポイントをスコアリング(点数化)して融資を行うか否か、いくらまで貸すのか、金利をどうするのかなどを決定します。

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査難易度はココを見よ【融資担当者直伝】

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回のテーマはカードローン審査難易度です。 審査の難易度なんて電話で聞いても「総合的に判断する」としか教えてもらえませんので、実際に申込まないと分からないよ...

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

低金利、銀行カードローン

銀行カードローンの特徴は低金利で大きな金額を安心して借りられるということです。

普段自分が使用している銀行や資金力のある銀行でお金を借りるのは安心感があるでしょう。

低金利

お金を借りるならできるだけ安く借りたいと思うのは自然なことかと思います。

銀行は審査を厳しくして、より安定してそうな人に貸すことで貸し倒れのリスクを減らしています。

リスクが低ければ、金利を低くしても十分に経営できるため、低金利で貸し出すことができます。

そのため、銀行カードローンは基本的に金利が低い傾向があります。

貸金業法

消費者金融などの貸金業者は貸金業法という法律に従って運営しています。

この法律に基づけば、全体で収入の1/3未満以下までしか貸してはいけない上に、50万円以上貸す場合は収入証明書を提出しなければなりません。

しかし、銀行は貸金業者とは別の区分となっているので、この法律に従う必要はありません。

そのため、他の貸金業者よりも大きな金額を借りることができたり、収入証明書が必要となる基準の金額が高くなったりと制限がゆるくなっています。

主な銀行カードローン

ここまでは特徴を説明してきましたが、具体的に主な銀行カードローンを簡単な表でまとめてみました。

金融機関最高限度額利息(実質年率)収入証明書不要限度額
バンクイック500万円1.8%~14.6%200万円
新生銀行レイク500万円4.5%~18.0%
三井住友銀行カードローン800万円4.5%~14.5%
イオン銀行カードローン800万円3.8%~13.8%300万円
ゆうちょ銀行カードローンしたく500万円7.0%~14.9%不要
みずほ銀行カードローン800万円※年2.0~14.0%
オリックス銀行カードローン800万円1.7%~17.8%

また、表には記載していませんが、新生銀行レイクなどは初回契約時に限り一定期間の無利息期間を設けています。

単に利息が高い低いだけではなくこういったサービスも上手く利用していくことで、安くお金を借りることができそうです。

関連記事をチェック!

少額融資希望なら銀行カードローンでお金を借りる?【即日融資は可能?】

10万円以内の少額融資だからこそ選びたいのが金融業者です。給料日の前になって必ず5万円足りなくなる人も多いのでは? 少額だからといって友人からお金を借りることはやめておきたいですね。人間関係にヒ...

即日融資、消費者金融カードローン

今日中にお金を用意しないといけない、というような時間がない場合は消費者金融のカードローンがおすすめです。

先程触れたような貸金業法の制約はありますが、消費者金融は審査のスピードを売りにしていることが多く、スピーディーに手続きを終えられます。

銀行のものは審査が厳しく遅いという欠点があるので、それを気にする方には向いています。

金融機関最高限度額利息(実質年率)即日融資手続完了期限
アイフル800万円3.0%~18.0%平日14:00
SMBCモビット800万円3.0%~18.0%平日14:50
ノーローン300万円4.9%~18.0%12:30(電話)
プロミス500万円4.5%~17.8%平日14:50
アコム800万円3.0%~18.0%14:00(電話)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

このように多くの消費者金融ではお昼ごろまでに手続きを終えられれば即日融資をしてもらえます。

表では細かい部分は省きましたが、特定の口座をもっている場合はもう少し遅くまで対応してくれます。

また、各金融機関の持っている自動契約機を使えば、その自動契約機が稼働している時間は基本的に即日融資ができます。

ただ、審査に手間取ることも考えられるので、即日でお金を借りたいのであれば、できるだけ早く申し込んだ方がいいです。

関連記事をチェック!

即金が可能な消費者金融カードローン

即日即金の融資、ということで今回は即日中に現金が手に入る消費者金融カードローンとその条件を紹介します。 消費者金融で即金が手に入るかどうかという点では、無人契約機があるか、在籍確認を書類で代行で...

返済できないと?

お金は自分がしっかりと返せるように計画的に借りなければなりません。

期限までに返済できないと様々な不利益が生じることになります。

信用

まず一つ目が信用の喪失です。

初めの方で信用を担保にしてお金を借りるのがカードローンだといいましたが、お金を返せないとその担保を失うということです。

具体的には信用情報にキズがつき、一定期間金融ブラックの状態になり、同じ金融機関からお金を借りることは二度とできないようになります。

カードローンは今後利用しないから別にキズがついてもいいと思う人がいるかもしれませんが、住宅ローンやクレジットカードなどにも影響してくるため後々困ることになります。

遅延損害金

二つ目が遅延損害金です。

遅延損害金とは支払いが遅れた分のペナルティです。

利息と同じように年率で割合が決まっていて、元々返すはずだった元金+手数料+利息に加えて遅れた日数分の遅延損害金を支払わないといけません。

会社ごとにこの割合は異なりますが、年率20%程度であることが多く、それだけ払う額が増えてしまうのです。

無利子期間がなくなる

これは無利子期間があるようなカードローンの場合だけですが、遅延した時点で無利子期間が終わってしまいます。

せっかくの無利子というサービスがなくなってしまうばかりか、遅延損害金も増えていきます。

このようにカードローンを返済できなくなると様々な不利益が生じてしまいます。

借金を減らす方法には借り換えやおまとめというものもありますが、返さなければならないことに変わりはありません。

自己破産という方法を使えば、返さなくても良くなりますが、家などの資産をすべて手放すことになり、著しく信用を損なうことにもなります。

お金を借りる際には余裕を持って返せる計画をきちんと立てておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

お金がない!借金返済できない場合どうなる?

お金がなくて借金返済をすることができない。 返済することはもう無理と自暴自棄になるのは得策ではありません。 お金がなくて返済することができないのか、ある程度努力することで返済することができるのか...

まとめ

カードローンが何なのか大体わかってもらえましたでしょうか。

説明をまとめると、

  • カードローンとは「カードを使って好きなときに借入・返済する、使用目的が自由なローン」
  • 借入限度額が審査によって決定される
  • 満20歳以上で安定した収入があれば大体のカードローンに申込むことができる

となります。

今回はカードローンの基本的な説明をしましたが、他のページでもう少し詳しく説明していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

借入とローンの違いとは?

借入とは 借入は、お金や物を借りること全般を指し、基本的には金融機関からお金を借りることを意味します。 しかし、友人からお金を借りる場合にも、大金であれば借入と表現することもありますの...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

コメントを投稿できます!

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 【大至急】明日までにお金が必要!

      理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

    2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

      どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

    3. 消費者金融会社一覧

      日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

    4. 2社目,3社目キャッシングOK!他社借入/貸入ありでも借りれるカードローン 

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    5. どうしても100万円借りたい!借りる方法【消費者金融と銀行の金利比較】

      早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談