北陸保証サービスの銀行ローン保証審査は厳しい?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

北陸銀行からの借入で北陸保証サービスのローン保証審査を受けるケースはそれほど多くはありません。しかし学資ローンやマイカーローン、フリーローン、ブライダルローンを利用する人にとっては北陸保証サービスのローン保証審査は厳しいのか気になりますね。

北陸保証サービスは主に北陸銀行のローン商品の保証会社として使われています。北陸保証サービスの保証審査の基準についてご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

ローン保証審査を行っている商品

銀行からの借入と聞くとすぐに住宅ローンやリフォームローン、銀行カードローンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし北陸銀行が提供する上記ローンについては、北陸保証サービスは保証業務していません。

住宅ローンやリフォームローンは団信に加入することを条件に審査は北陸銀行が行います。

銀行カードローンは2種類あり、北陸銀行カードローンNOWの保証会社は①北陸カード、②アコムの2社で、カードローンクイックマンの保証会社はアコムです。

ほくぎんフリーローンの保証会社はオリックスクレジットで、北陸保証サービスがローン保証審査を行っている商品はかなり限定的です。

北陸保証サービスが保証している金融商品は、北陸銀行が扱う次のローン商品です。

・ブライダルローン
・フリーローンらくらクイック
・マイカーローン
・学資ローン

北陸銀行で以上のローンを必要としない人は北陸保証サービスの保証審査を受けることがないため、それほど頻繁に北陸保証サービスの名前を聞くことはないでしょう。

しかし金利の安さから、ブライダルローンやマイカーローンを銀行で契約する人が増え始めているため、もしかしたら将来北陸保証サービスの保証審査を受けるかもしれませんね。

そのためにも北陸保証サービスのローン保証審査が厳しいのか、どの程度まで審査されるのか知っておいても損することはありません。

関連記事をチェック!

2427view

全国保証株式会社の審査は申込する金融機関によって違う

金融機関で住宅ローンを申し込む場合、全国保証株式会社(以下、全国保証)という機関の名前を耳にすることがあると思います。 全国保証は住宅ローンに関する「保証」をする機関で、利用するためには、銀行などの...

全国保証株式会社の審査は申込する金融機関によって違う

審査基準の目安となる北陸保証サービスの加盟信用情報機関

保証会社の審査がどの程度厳しいのか目安となるのが、どこの信用情報機関に加盟しているのかです。

信用情報機関は3機関あります。

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・CIC
・日本信用情報機構(JICC)

ローンの保証審査は加盟している信用情報機関が多ければ多いほど、より多くの情報を得られるため借入申込者の信用力や返済能力を細部にわたって審査可能です。

北陸保証サービスが加盟する信用情報機関はCICとJICCだけで、銀行が利用するKSCには加盟していません。

もちろんKSCに加盟していなくても、各信用情報機関はお互いに情報の共有を行なっていますので、銀行ローン審査においてそれほど不利になるわけではありません。

しかし銀行を中心とした金融機関が加盟する信用情報機関KSCがJICCやCICに情報共有を行うデータは金融事故情報が中心です。

銀行による貸付の種類や、毎月の返済状況までは情報共有されません。

銀行の貸付は個人向けもあれば事業者向けもあり、事業者向けの貸付を行っていれば当然企業情報も豊富に持っています。

銀行ローンの保証審査に企業情報を含める必要はないと思うかもしれませんが、いくら個人信用情報に全く問題がないとしても、勤務している企業が赤字経営になっていたのでは将来倒産や社員のリストラの問題が浮上してくるでしょう。

万が一銀行から融資を受けた個人の勤める会社が倒産してしまったら、たちまち返済不能となりますね。

会社の倒産やリストラの情報を事前に取得できれば、銀行ローンの保証審査はかなり有利になることは言うまでもありません。

関連記事をチェック!

78view

信用情報機関の一覧

消費者金融や銀行などの金融機関が、カードローンなどの信用取引を行う際に、必ず確認するのが個人信用情報です。 また、金融機関は契約後も定期的に信用情報を確認し、契約更新や契約内容の変更を検討しています...

関連記事をチェック!

16915view

CIC、JICC、全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 信用情報機関に登録されている情報は個人で照会できる 日本で「信用情報機関」というと、CICとJI...

北陸保証サービスではどこまで保証審査ができる?

北陸保証サービスが加盟する信用情報機関はJICCとCICです。

JICCは消費者金融やクレジットカード会社のキャッシング情報を保有し、CICはクレジットカードの利用状況やオートローン、各種ショッピングローンや携帯端末機器代を含んだ電話料金の情報を保有しています。

銀行ローンの保証会社にアコムやプロミス、アイフル、クレジットカード会社が多いのは、もちろん銀行が不得意とする無担保無保証の審査ノウハウがないためですが、加盟している信用情報機関がJICCとCICの2つだからです。

2つの信用情報に加盟していれば、カードローンや各種ローンの利用状況がわかるだけでなく、それぞれに登録されている個人情報(勤務先情報、年収、勤続年数、保険証の種類、免許証の番号など) に相違がないか確認可能ですね。

JICCには年収400万円、勤続年数5年と登録されていても、CICには年収350万円、勤続年数3年と登録されていればどちらが本当なのか、保証会社は本人に再確認できます。

北陸銀行のローンに申込んだ際に記入する申込フォームと、信用情報機関に登録されている情報を照合し、虚偽申告がされていないか簡単にチェックできるわけです。

北陸銀行のローンに申込むのに虚偽申告するようでは、信用情報機関から個人信用情報を取得するまでもなく社会的に見て信用を置くことはできませんね。

それにいくらカードローンの支払状況だけを良くしていても、クレジットカードや各種ローンの支払状況に遅れがあるとか、携帯電話料金の支払いに遅れがあるようで保証審査を通ることはできません。

北陸保証サービスはJICCとCICから取得する個人信用情報によって、必要十分な保証審査が可能であることもこれでおわかりでしょう。

関連記事をチェック!

58view

北陸銀行「ブライダルローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は北陸銀行「ブライダルローン」について説明したいと思います。 北陸銀行「ブライダルローン」とは ※北陸銀行公式WEBサイトより引用 創業は明治10年と歴...

北陸銀行「ブライダルローン」

保証審査の特徴は安全性を重視

北陸保証サービスが行う北陸銀行のローン保証は、どちらかと言うと貸し倒れの少ない安全性の高い金融商品です。

北陸銀行のマイカーローンの審査に通るには、北陸銀行に口座があって給与振込口座として利用していることや、住宅ローンかカードローンの取引をしていなければなりません。

つまり北陸銀行口座が給与振込口座として利用していれば、万が一マイカーローンの返済が滞っても優先的にローン返済を回収できるわけです。

また住宅ローンの審査に通っているということは、かなり厳しい審査基準をクリアしていることにもなりますので、それなりに信用力が高く返済能力もあると考えることもできますね。

カードローンの審査にしても北陸カードやアコムの保証審査が終わっているため、個人信用情報的には問題がないと見ることも可能です。

その上でもう一度JICCとCICの個人信用情報をチェックすれば、ほぼ完璧に保証審査ができると考えても良いでしょう。

関連記事をチェック!

3038view

借り入れ審査に通る基準とは【銀行融資審査員が語る】

借り入れにおける「属性」とは 借入において、属性とは、申込者の年収、勤務先、勤続年数、家族状況などの本人を取り巻く状況のような意味で使われます。 例えば、審査に通りやすいとされる公務員がローンに申...

関連記事をチェック!

1009view

銀行系カードローンの審査は甘い?口コミも調査

カードローンには、銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、一般的には銀行系カードローンのほうが審査が厳しいと言われています。 それぞれ法律や商品設計によって審査のポイントなどは異...

北陸銀行フリーローンらくらクイックはおまとめできない

※北陸銀行公式WEBサイトより引用

北陸銀行のフリーローンはおまとめローンとして利用できる商品もありますが、その商品の保証会社はオリックスクレジットです。

借金を借金で返済するおまとめローンは銀行にとってあまり歓迎ではありません。

北陸保証サービスが保証するフリーローンは他社借金をおまとめできない商品で、しかも収入証明書類が必要のため、多重債務者には保証審査を下ろさない意向が見え隠れしますね。

関連記事をチェック!

353view

北陸銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

北陸銀行には3つのフリーローンがありますが、フリーローンを他社からの借り入れのおまとめに利用したいと考える人も多いでしょう。 しかし、フリーローンの中にはおまとめに利用できない商品もあります。...

ブライダルローンや学資ローンは貸し倒れリスクが少ない

銀行貸付で貸し倒れが多いのは個人向けカードローンですね。

目的ローンであるブライダルローンや学資ローンは、年収条件もあるため必ず収入証明書類を提出しなければなりません。

安定した収入があることがわかって初めて北陸保証サービスが保証しますので、低リスクと見ることもできますね。

もちろん北陸保証サービスの保証審査が甘くはないのは当然ですが、保証する金融商品は貸倒れが少ない安全性の高い金融商品のみであることも事実でしょう。

関連記事をチェック!

515view

消費者金融の貸し倒れ率(デフォルト率)と審査の関連性とは?

消費者金融のビジネスモデルは一定の貸し倒れ率(デフォルト率)を考えた上で営業貸付残高や金利、審査基準などが考慮されています。いくら信用情報を調べても利用者が最後まできちんと借金を支払ってくれるかどうか...

消費者金融の貸し倒れ率(デフォルト率)と審査の関連性とは?
 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談