馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

銀行系カードローンの審査は厳しい?口コミも調査

 5.0  (4)
この記事を評価する+ 評価する
×
 5.0  (4)

この記事を評価する

決定

カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、一般的には銀行系カードローンの方が審査に厳しいと言われています。

それぞれ法律や商品設計によって審査のポイントなどは異なりますが、では一体どのように銀行系カードローンと消費者金融の審査は異なるのでしょうか?

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

低金利で総量規制対象外

消費者金融のカードローンは貸金業法という法律によって、貸付について様々な規制がされています。

消費者金融のカードローンには年収の3分の1以上の金額は他社との合計で借りることができない総量規制という決まりがあります。

また、1度に50万円超の借入れを行う場合や他社との合計借入額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が義務付けられます。

さらに専業主婦などの本人に収入がなく配偶者に収入がある人は、配偶者の年収確認や同意書の提出が必要であるなどの様々な規制があります。

一方、銀行系カードローンにはこのような決まりは一切ありません。

収入確認資料の提出基準は銀行各社によってバラバラで、貸付金額についても年収の3分の1以内という縛りは全くなく、金融機関個別の審査によって融資金額を決定します。

また、銀行系カードローンの中には専業主婦への貸付も行っているカードローンも存在します。

つまり、消費者金融カードローンの方が、融資金額や書類の提出基準などのきまりはガチガチに法律によって縛られているため審査は緩い傾向にあります。

しかし、その反面、銀行系カードローンの方が商品内容に柔軟性がある分、独自の判断によって審査が消費者金融よりも厳しい傾向にあると言われています。

関連記事をチェック!

総量規制対処外の銀行カードローン、自主規制で借りれない!?

カードローンなどの借入額の限度は年収の3分の1までという総量規制の決まりについては、今は多くの人が理解しています。 銀行カードローンは総量規制対象外ですが、今は多くの銀行で年収の3分の1を超える...

他社からの借入に敏感

他社から借入している状態では銀行カードローンと消費者金融カードローンでは審査難易度に違いが出ます。

先に消費者金融からお金を借りている利用者が銀行系カードローンの審査に申し込んだ場合は銀行系カードローンの審査は難しくなりますし、

その反面、銀行系カードローンを借りている状態で消費者金融の審査に申し込んだ場合には、返済状況に問題があるか、よほど多数の銀行系カードローンを借りていなければ審査上特に問題ありません。

つまり、銀行系カードローンの審査はすべての他債務を審査の際に気にしますが、消費者金融のカードローンは総量規制の対象である他の消費者金融からの借入れだけを主に審査の際に気にしていると言えます。

多くの信用情報を照会する

銀行系カードローンも消費者金融のカードローンも審査の際には個人信用情報への照会を行います。

この際、消費者金融が照会をかける信用情報機関は主にクレジットの情報を集めたCICと、主に消費者金融の情報を集めたJICCの2社だけで、両社はどんな情報であれ最長5年間しか記録しません。

一方、銀行系カードローンは上記2社に加え、全国銀行個人信用情報センターという銀行や信用金庫などの金融機関の情報を集めた信用情報機関への照会を行います。

全国銀行個人信用情報センターは自己破産などの官報記載情報は10年間保管しています。

つまり、消費者金融の審査の際には照会されてこなかった情報が、銀行系カードローン審査の際には出てくるということが考えられ、この点が銀行系カードローンの方が審査に厳しいと言われる所以でしょう。

関連記事をチェック!

他社借入にクレジットカードショッピング枠は入る?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36歳) 職歴:過去7年,地銀の...

関連記事をチェック!

2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良く...

ちょっとの延滞が銀行カードローンでは命取り

銀行系カードローンの審査も消費者金融カードローンの審査も重要な審査項目はほとんど変わりません。

個人信用情報への照会、勤務先、年収、勤続年数などが重要な審査項目として挙げられます。

個人信用情報に対する考え方が銀行の方が若干厳しいと言えるでしょう。

銀行系カードローンは消費者金融からの借入れが複数あったら審査上マイナスとなりますし、返済の遅れが複数回あるだけでも審査の際にはマイナスです。

一方、消費者金融は4本以上の借入れがある多重債務者でないこと、すでに年収の3分の1の総量規制上の融資限度額に達していないことが最も重要視され、返済の多少の遅れは銀行に比べて甘くみてくれる傾向にあるようです。

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は時効期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

申込む前に消費者金融カードローンは解約する

基本的に消費者金融から2社以上の借入がある場合は銀行系カードローンの審査に通過するのは厳しくなります。

また、たとえ銀行からであっても借入本数がすでに4本以上ある場合には多重債務者と見做され審査通過は困難です。

これらの条件をクリアしている人であれば年収の2分の1程度の限度額のカードローンであればそれほど難しくなく作成することが可能です。

また、複数本の借入れがある人はまずおまとめを行ってから申し込むことで、審査に通りやすくなることが可能です。

保証会社を務めるときと直接融資をするときは審査難易度が違う

銀行系カードローンには保証会社の保証が付くのが融資条件となっています。

この保証会社は三菱UFJ銀行であればアコムなど、消費者金融である場合が多く、もしも返済に滞りがあった場合には銀行は債務者の代わりに返済金を保証会社に残金全額を立て替えてもらう(代位弁済)ため、銀行は保証会社の保証さえ得られればほぼ100%融資を行います。

この保証会社の保証はタダではなく、実は銀行に支払っている金利の3割~5割程度は保証料として保証会社へ支払っていると言われています。

つまり14%の金利であれば4%~7%程度は保証会社への保証料なのです。

一方、消費者金融のカードローンは保証会社の保証などなく、金利の全額は消費者金融のものになります。

アコムカードローンの金利は18%ですが、18%は全額アコムに入ります。

実質的には審査を行っている保証会社である消費者金融は、銀行系カードローンの保証であれば貸し倒れ確率4%~7%程度のリスクしか取れないのに対して、自社のカードローンでは貸し倒れ確率18%までリスクが取れることになり、消費者金融にとって銀行系カードローンは低リスク低リターンで、消費者金融のカードローンはハイリスクハイリターンであると言えます。

そのため、より多くのリスクが取れる消費者金融の方が審査に甘いと言われています。

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査難易度はココを見よ【融資担当者直伝】

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回のテーマはカードローン審査難易度です。 審査の難易度なんて電話で聞いても「総合的に判断する」としか教えてもらえませんので、実際に申込まないと分からないよ...

銀行カードローンと消費者金融の違いとは?

銀行カードローンと消費者金融の違いとは?

カードローンは銀行や信用金庫、信用組合、消費者金融、信販会社など選択する金融機関によって金利も審査も全く違っています。

特に人気のある銀行カードローンと消費者金融は、違いがどのようになっているか確認をしていきましょう。

総量規制の対象外なのは?

お金を借りる場合に必ず知っておきたいのが、貸金業法の「総量規制」です。

総量規制とは改正された貸金業法のひとつで、消費者金融などの貸金業者からは年収の3分の1以上の借入ができないというものです。

この規制は貸金業法であるため、消費者金融や信販会社などの貸金業者のみが対象となっています。

そのため銀行法で運営している銀行カードローンは、総量規制の対象外となります。

しかし、総量規制の対象外であることが、銀行カードローンの過剰貸付による多重債務者の増加につながり大きな問題となりました。

そのため、2017年以降、自主規制により年収の3分の1以上の借入をしない銀行もあらわれており、今後の動きに注意が必要です。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンは貸金業法の対象?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 銀行「系」は貸金業法の対象になる 総量規制やグレーゾーンの撤廃など、2010年の改...

即日融資ができるのは?

即日融資ができるのは、現在では消費者金融などの貸金業者のみとなっています。

銀行カードローンも、かつては消費者金融のように即日融資が可能でした。

しかし、反社会的勢力へ資金が流入しないように規制が強化されたため、2018年1月以降は警察庁のデータベースへの照会などが必要となり、審査に時間がかかるようになりました。

そのため銀行カードローンは即日融資が不可能となり、急ぎで融資を受けたい人にとって銀行カードローンは利用しづらい状況となっています。

専業主婦が借りられるのは?

総量規制は、消費者金融で年収の3分の1以上の借入ができないというものですが、収入がない専業主婦は消費者金融などの貸金業者からは借入できません。

アルバイトやパートなどで、少しでも収入があれば、消費者金融を利用することができますが、全く無収入の専業主婦は利用できません。

では、銀行カードローンは借りられるのかというと、全ての銀行というわけにはいきませんが、銀行によっては専業主婦であっても利用できる場合があります。

ただし通常の借入額ではなく、50万円程度を限度額とした少額利用のみとなっている銀行がほとんどです。

消費者金融の審査は銀行カードローンよりも甘い

消費者金融の審査は銀行カードローンよりも甘い

消費者金融の審査は世間一般で言われているように銀行カードローンよりも甘い部類に入るでしょう。

貸金業法改正によって総量規制が導入されたことで審査が厳しくなったと感じる人もいるかもしれませんが、そもそも総量規制は借入申込者の信用度をはかるものではありません。

消費者金融の審査において必要なのは信用情報機関に登録されている個人信用情報です。

個人信用情報にはお金の取引全般について契約件数や金額、毎月の返済状況、金融事故の有無などが登録されています。

消費者金融などの金融機関はお金を貸す場合に必ず信用情報機関に個人信用情報を照会し、契約しても大丈夫なのか信用度や返済能力を調査します。

お金を借りても毎月きちんと返済していれば、この人は信用がおけるとして信用度が高まり、どこに勤めているのか、年収はいくらあるのか、勤続年数はどのくらいなのかを見ればある程度返済能力の有無についても判断できます。

消費者金融は総量規制対象貸付のため、年収の1/3を越えてお金を貸すことができません。

これは消費者金融1件ごとに年収の1/3までではなく、あくまでも無担保無保証で借りている借金総額が年収の1/3以下であることが条件です。

例えば年収が300万円の人がすでに100万円の借金をしていれば消費者金融はそれ以上お金を貸すことができないため、借入申込みを行っても審査に落とされます。

関連記事をチェック!

年収3分の1の計算方法とは?総量規制だけを鵜呑みにしない!

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行さ...

消費者金融の総量規制は直接審査とは関係がない

消費者金融の総量規制は直接審査とは関係がない

もちろん審査は総量規制に抵触しているかどうかも関係してきますが、信用度を見るには借金と年収のバランス、及び毎月の返済状況が重要になるわけで、総量規制は信用度がどのくらいあるのか判断するものではありません。

つまり総量規制は借入申込者の信用度の尺度をはかるものではなく、過剰貸付とならないように返済能力を見るものです。

当然ながら他社借入がある状態で消費者金融に申込んでも、総量規制オーバーとなるなら審査に通ることはありません。

しかし消費者金融の審査は、普通に働いて安定した収入があり、年齢が20歳以上なら信用情報に問題がない限りほとんどの場合審査に通ります。

消費者金融はパート収入やアルバイト収入でも申込み可能

消費者金融はパート収入やアルバイト収入でも申込み可能

消費者金融の審査が銀行カードローンに比べて甘いと言われるのは、銀行カードローンは正社員を貸付対象者とみているのに対して、消費者金融はパート主婦やアルバイト学生でも貸付対象者としているところです。

確かに銀行カードローンもパート収入やアルバイト収入でも申し込み可能とはしていますが、実際申し込んでみると年収の低さや勤続年数の短さから審査に落ちてしまう場合が少なくありません。

しかし消費者金融は比較的年収が低いパート収入やアルバイト収入の人でも、安定継続した収入があれば審査に通りやすいとの噂や評判も高いですね。

もちろん個人信用情報にキズがあったのでは審査に通ることはほとんどありませんが、大手消費者金融の審査に落ちれば中小消費者金融に申込むようにすれば審査に通る可能性も出てきます。

ところが銀行カードローンは、A銀行の審査に落ちてしまえばほとんどの場合B銀行に申し込んでも審査に落ちてしまうのが一般的です。

消費者金融には大手消費者金融と中小消費者金融とで審査基準が異なっていても、銀行カードローンはメガバンクと地方銀行で審査基準が違うことは期待できないのです。

それは保証会社の存在があるからです。

関連記事をチェック!

借りやすい!?中小消費者金融は大手で落ちても可能性がある

「大手の消費者金融に申し込んだけどどこもダメだった・・・」このようなときに、次に借り入れの候補として、中小消費者金融を選ぶ人も多いようです。 その理由として「中小消費者金融は審査が甘い」という噂...

銀行カードローンの審査が厳しいのは保証会社があるから

銀行カードローンの審査が厳しいのは保証会社があるから

話を元に戻しますが、信用情報にキズがなくても借金総額が年収の1/3に達していれば消費者金融の審査に通ることはありません。

しかし銀行カードローンは総量規制対象ではないため、年収の1/3までを上限とする総量規制の縛りを受けません。

となると消費者金融の借入枠がいっぱいでも、銀行カードローンならもう少しお金を借りれるのではないかと甘く考えてしまいそうですね。

新規の借入先として銀行カードローンを選択してしまうのは、年収の1/3よりも多く借りれるという発想ですが、その考え自体無理があり甘いと言わざるを得ません。

銀行カードローンの申し込み条件に「保証会社の保証を受けることができること」と書いてありますよね。

これはすなわち保証会社の審査に通らなければ、銀行カードローンの審査は通らないということと同じ意味です。

銀行融資は担保や保証人を立てる担保融資を得意としており、個人向けカードローンのように無担保無保証の審査には慣れていません。

そこで無担保無保証の審査にノウハウを持っている消費者金融やクレジットカード会社と契約し審査を任せているのです。

保証会社とは銀行カードローンの審査と、銀行カードローンの会員が持っている借金が焦げ付いた場合に借金を立替払いする役割を持っています。

ということは保証手数料としていくらかの金額をもらっていても、保証会社の審査基準を甘くしてしまったのでは営業収益を伸ばしていけません。

かといってあまり審査を厳しくしてしまうと収入源である保証料が入ってこないため、どのような申込属性なら貸倒れ率が低いのか統計データによって審査の合否を決めています。

個人信用情報を調査した結果信用度が低い、返済能力が低い人に審査OKとしてしまっては保証業務モデルのを立てられませんね。

仮に消費者金融が銀行カードローンの保証会社をしていたとしても、自社が貸付を行う場合の審査と保証会社としての審査に違いが出てくるのは当然です。

専業主婦にとって銀行カードローンの審査は甘い

専業主婦にとって銀行カードローンの審査は甘い

消費者金融は配偶者貸付を利用しない限り収入のない専業主婦と契約しません。

しかし銀行カードローンは収入のない専業主婦でも利用限度額30万円や50万円など貸付しているところも少なくありません。

配偶者に安定した収入があり、専業主婦の信用情報に問題がなければ審査内容に応じてある程度の金額を借りられます。

これは消費者金融の審査が厳しいのではなく、法律的に収入のない人にはお金を貸せない消費者金融の事情があるからです。

でも専業主婦は消費者金融の審査は厳しいなと考えるかもしれませんね。

銀行より審査甘い極甘審査ファイナンス?

消費者金融と比べ、銀行カードローンの審査は厳しく行われます。

銀行カードローンの審査に通らなかった人は消費者金融を利用するのが基本的な方法ですが、一度銀行カードローンの審査に落ちた人は他社に申込むのも心配になってしまいます。

そこで、審査の甘いカードローンをインターネットで探してみると、「極甘審査ファイナンス」という言葉を見つけることができます。

極甘審査ファイナンスとして貸金業者や銀行を紹介していることが多いようです。

確かに銀行と比べて審査に通りやすい業者はありますが、誰でも審査に通るというほど審査が緩いわけではありませんので自分の属性を確認したうえで申込をするようにしましょう。

極甘審査をアピールする業者は闇金

また、中には業者自らが広告などで極甘審査をアピールしている場合もありますが、その場合は絶対に利用しないようにしましょう。

金融機関自ら審査が甘いということをアピールするのは貸金業法によって制限されており、正規の業者であれば行政の指導が入っているはずです。

にもかかわらず極甘審査を謳っているということはそういった指導を無視している、あるいはそもそも貸金業者として届出を行っていないということになります。

いずれにしても法律に則った正規の業者ではなく、闇金ということになります。

闇金は貸金業法に違反した業者なので、法外な金利設定や取り立てを行っており、安全に利用することができません。

いずれにしても「極甘審査ファイナンス」という言葉につられて安易に利用することがないようにしましょう。

関連記事をチェック!

審査なしで即借り入れ、は闇金でもありえません

どうも馬太郎です。今回は即日借入できるところで審査なし、が存在するか調査しました。 結論から言うと、即日借入できるところは存在しますが、審査なし、というのは存在しませんでした。 審査なし、が存...

口コミで人気の銀行カードローンは?

口コミで人気の銀行カードローンは?

銀行カードローンは色々な銀行から金利面やサービス面などで比較して選択することができます。

特にネットの口コミで人気がある銀行カードローンを見ていきましょう。

銀 行金 利限度額
楽天銀行スーパーローン
スーパーローン
年1.9%~14.5%800万円
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
年0.99%~14.79%1,200万円
三菱UFJ銀行バンクイック年1.8%~14.6%500万円

楽天銀行スーパーローンは、楽天会員であればカードローン利用で楽天ポイントが貯まるサービスが魅力的です。

また、不定期に金利が半額になるキャンペーンをしているため、その時に借りることができればかなりお得に利用することも可能です。

住信SBIネット銀行は、銀行カードローンの中でもかなりの低金利で利用が可能ですが、プレミアム会員でないと低金利で借りることができないというデメリットがあります。

プレミアム会員を選択することは自分ではできないため、審査結果によってはスタンダード会員になってしまうことに注意が必要です。

三菱UFJ銀行バンクイックは、ネットやテレビ窓口など色々な申し込み方法が選択できます。

テレビ窓口であればその場でローンカードや契約書類を受け取ることができるため、家族に内緒で借りたい場合にはおすすめです。

ただし、受け取ったローンカードの利用開始は、翌日以降の審査結果がでてからとなります。

関連記事をチェック!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は楽天銀行カードローン「スーパーローン」について説明したいと思います。 楽天銀行カードローン「スーパーローン」について 楽天銀行は、楽天株式会社が10...

関連記事をチェック!

バンクイックの借入方法まとめ【振込入金とATM】

バンクイックは三菱UFJ銀行が行っているカードローン商品です。銀行カードローンならではの低金利、安心感などから人気があります。 利便性よくお金を借り入れするにはどのような借入方法があるのか知って...

まとめ

銀行カードローンの審査難易度が厳しいといわれるのは、消費者金融カードローンよりも、信用情報の取扱いや他社からの借入、延滞などの部分を重視していることが原因となっています。

しかし、収入や勤続年数の条件が厳しいというわけではありませんので、過去のカードローン利用に問題がなく、安定した収入を得ていれば十分契約することは可能なのです。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その...

この記事の執筆者

手塚 龍馬
1982年生まれ33歳
成蹊大学卒業後、地方銀行へ就職。
個人、法人への営業担当として8年勤務し、預金業務、融資業務を行い、住宅ローン、自動車ローン、フリーローン、カードローン、事業性ローンなどを7年行う。
保険業務、投資信託販売業務なども多数取り扱いを行う。
現在は飲食店経営の傍ら、金融関係のライター活動も行っている。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談