三井住友銀行は消費者金融とつながりがあるってホント?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

三井住友銀行は日本を代表するメガバンクですが、同じく金融関係の事業を行っている消費者金融と何らかのつながりがあるという話を聞きます。

銀行と消費者金融では同じ金融のジャンルでも事業内容が異なっている気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか。

今回は、三井住友銀行が消費者金融とつながりがあるのかどうかについて、説明を行っていきたいと思います。

同じグループ内に消費者金融がある

結論から申し上げておくと、三井住友銀行は確かに消費者金融とつながりがあり、しかもいろいろな形でつながっています。

そのつながりについて順番に説明していきましょう。

まず1つ目は、三井住友銀行は「SMBCグループ」という金融持株会社の傘下企業なのですが、同じグループの傘下企業に「SMBCコンシューマーファイナンス」と「SMBCモビット」という消費者金融があるのです。

SMBCモビットは、以前は単に「モビット」という企業名でしたが2017年12月に社名を変更して、SMBCグループであるということをより鮮明に打ち出しました。

また、SMBCコンシューマーファイナンスという企業名に聞き覚えがないというかたもいらっしゃるかもしれませんが、同社が取り扱っている消費者金融のブランドである「プロミス」であれば知っているという人はグンと増えるはずです。

このように、三井住友銀行は同じグループ内に消費者金融2社を有しているため、消費者金融と関りがあると言えるでしょう。

保証会社が消費者金融でもある

2つ目はより直接的なつながりなのですが、三井住友銀行が取り扱っているカードローンである「三井住友銀行カードローン」の保証会社は、同グループの消費者金融であるSMBCコンシューマーファイナンスとなっています。

保証会社は、カードローンの審査においても大きな役割を果たす非常に重要なポジションなので、三井住友銀行は消費者金融と業務上かなり密接な関係にあると言ってもいいかもしれません。

関連記事をチェック!

542view

SMBCコンシューマーファイナンスは保証会社?消費者金融?

銀行系カードローンや消費者金融系カードローンに申し込んだことがある人なら、「SMBCコンシューマーファイナンス」という会社名を一度は耳にしたことがあるでしょう。 「SMBC」と頭につくので三井住...

このような例は珍しいわけではない

ただ、このような例は決して珍しいわけではありません。

三井住友銀行が三井住友銀行フィナンシャルグループに属しているように、同じメガバンクの一行である三菱UFJ銀行は「三菱UFJフィナンシャルグループ」という金融持株会社の傘下企業です。

そして三菱UFJフィナンシャルグループの傘下企業には消費者金融のアコムがいますし、三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックの保証会社は、そのアコムが務めています。

このように、銀行と消費者金融がお互いにつながりあっているのは決して珍しいことではないのです。

三井住友銀行カードローンの特徴は?

三井住友銀行が個人向け融資を主に行っている消費者金融とつながりがあることは分かりましたが、先ほどお伝えした通り三井住友銀行自身でも、「三井住友銀行カードローン」というカードローンを取り扱っています。

ここからは、三井住友銀行カードローンの特徴について簡単に説明していきたいと思います。

三井住友銀行カードローンの利用限度額や融資利率などは、以下の表のようになっています。

利用限度額10万円~800万円
借入利率4.0%~14.5%
返済方法残高スライド元利定額
返済日毎月5日・15日・25日・月末から選択
遅延損害金利率19.94%
担保・保証人不 要

余裕を持った利用限度額設定

三井住友銀行カードローンは非常に「銀行カードローンらしい銀行カードローン」と言うことができますが、その最大の特徴はやはり余裕を持った限度額設定にあります。

最大で800万円という利用限度額は、銀行カードローンの中で比べてみても非常に高い設定になっており、どのような資金需要でも満たすことができるでしょう。

4,0%~14.5%という金利設定も消費者金融等と比べると低めの設定になっており、返済時の負担を和らげることが可能です。

返済日も4つの選択肢の中から好きな日にちを選択することができるため、給料日のタイミングなどを考えてもっとも都合のいい日にちを選ぶといいでしょう。

このように三井住友銀行カードローンは、利用者にとってありがたい特徴をいろいろと兼ね備えたカードローンとなっています。

即日融資は行えなくなったので注意

ただし1つだけ注意しておいていただきたいのは、2018年1月より銀行カードローンの審査に対する規制が強化された影響で、即日融資を行うことができなくなってしまっているということです。

この規制は三井住友銀行カードローンだけでなくすべての銀行カードローンに影響する内容なので、しばらくの間は即日融資を受けたい場合には、銀行カードローンではなく消費者金融を利用しなければなりません。

即日融資の消費者金融と、高限度額と低金利の銀行カードローン、というような形で住み分けが行われていると考えるといいでしょう。

同じグループ内にあることの影響は?

三井住友銀行は同じグループ内に消費者金融がありながら、自行でも三井住友銀行カードローンで融資業務を行っています。

同じグループ内に似たような業務を行う会社があることで、どのような影響があると考えられるでしょうか。

保証会社での借り入れには注意

結論から申し上げておくと、三井住友銀行カードローン・SMBCコンシューマーファイナンス・SMBCモビット、それぞれで借り入れを行ったからといって、お互いに借り入れが行いやすくなったり逆に行いにくくなったりということはありません。

ただし三井住友銀行カードローンを利用する場合は、その保証会社となっているSMBCコンシューマーファイナンスでの借り入れには注意しなければなりません。

保証会社は審査を行う際に信用情報機関に登録されている信用情報を確認しますが、申し込み者が自社で借り入れを行っているor行っていたことがあった場合には、自社で独自に管理している信用情報も同時に確認します。

そのため、三井住友銀行カードローンを利用しようと思う場合は、その保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスで返済遅延があったりすると、審査落ちになってしまう可能性が非常に高いのです。

異動情報が登録されるとすべて×

先ほどの例は、あくまでも信用情報機関に異動情報が登録されない程度の返済遅延があった場合を想定していました。

もしこれが信用情報機関に異動情報が登録されるほどの返済遅延であった場合には、同じグループであるとか保証会社かどうかとかいったことは関係なく、もれなく審査落ちになります。

そのため、ちょっとした返済遅れ程度であればその消費者金融が保証会社となっているカードローンを利用しなければ済む話ですが、長期間の返済遅れの場合にはそれ以降しばらくの間は新たにカードローン等を利用することは諦めなければなりません。

まとめ

以上、三井住友銀行が消費者金融とつながりがあるのかどうかについての説明を行ってきました。

同グループ内に消費者金融があったり自行が取り扱うカードローンの保証会社だったりと、かなり密接なつながりがあることがお分かりいただけたと思います。

だからと言って、三井住友銀行カードローンやSMBCコンシューマーファイナンスを利用することに何か影響が出るかと言われれば決してそんなことはないと思いますが、知識として知っておくと役立つときが来るかもしれませんね。

関連記事をチェック!

520view

SMBCコンシューマーファイナンスの保証審査は厳しいの?

SMBCコンシューマーファイナンスは、多くの銀行カードローンの保証審査を行っています。 保証審査で気になるのは、審査基準の厳しさですよね。 SMBCコンシューマーファイナンスと言えば、プロミスをカ...

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談