三井住友銀行のカードローンで減額される時とは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンを利用していて突然限度額が減額される場面も珍しくはありません。

今回は三井住友銀行のカードローンを利用中に限度額が減額されるタイミングとその理由を調べました。

減額されるタイミングと問題点

カードローンは、利用申し込み時に審査が行われ限度額が決定されます。

基本的には、その限度額内であればいくら使っても良いわけなのですが、利用していると突然利用限度額が減額されるタイミングがあります。

ここでは、限度額が減額されるタイミングとその時の問題点をご紹介します。

信用を失った時

三井住友銀行のカードローンが利用できるという事は、三井住友銀行から限度額内であれば利用しても問題ないと信用されているからです。

三井住友銀行から、お金を貸しても問題なく返済してもらえると判断されているわけです。

利用限度額が減額されるという事は、利用して問題なく返済できる額が当初よりも少ないと判断された場合になります。

この減額しなければならないと判断される要因には、返済が遅れる事や延滞してしまった事が切っ掛けとなっているケースが多いです。

つまり、返済できる金額が少ない、もしくは返済を定期的に行える信用がないと判断されるわけです。

例えば、返済日を間違えていた場合や勘違いなどをしてしまった、もしくは返済の手続きを忘れていた場合などです。

様々な理由が考えられますが、返済が行われていない場合には貸し手側からすると返済の意思がない、もしくは返済するだけの余裕がないと判断されてしまいます。

利用者からすると、やむにやまれぬ理由があったとしても、貸し手側にはその理由はわかりません。

もし、返済ができない状況になってしまった場合には、三井住友銀行に返済日までに返済できない理由と、返済できる日付だけは報告するようにしておきましょう。

ただし、何度も返済が延期されるような場合は信用されない原因になります。

関連記事をチェック!

226view

滞納するとカードローン増額ができないって本当?

カードローンを利用していて「限度額が少ない」と、感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 もう少し利用できる枠を増やしたい、限度額を増額できないかと考える人も多いと思います。 カードローンの...

貸付金が減らない時

カードローンは基本的に限度額以内であれば、いついくら借りてもいいことになっています。

返済に関しても約定返済さえしていれば、基本的には問題ありません。

しかし、何度も借りて返してを繰り返している場合には、注意が必要になります。

それは、一定期間借入金が減らない状態の時です。

必要な時に借り入れをすることになるのですが、返済をするために借り入れをしていると利用残高が減ることはありません。

長い間借入金が減ることがない場合には、かなりの確率で多重債務者となってしまったり自己破産をしてしまう傾向があります。

借りて返しているので問題ないだろうと思うかもしれないですが、貸し手側からすると貸しているお金が長い間減らない場合には完済されるのか疑問に思ってしまいます。

お金を借りるときにもメリハリをつけて、返済できるときには返済をしてしまうようにするのが良いですね。

関連記事をチェック!

1989view

約定返済とは

約定返済とは一体何なのかご存じでしょうか。 カードローンなど金融機関からお金を借りる契約を結ぶときに必ず書いてある用語ですが、知らずに何となく借金を毎月返済している人も多いことでしょう。 しかし、...

個人の状況が変わった時

申込時には、その時の資産状況や他社からの借入金等から返済能力を判断します。

その返済能力があると判断した環境に変化があると、利用限度額を増減させることになります。

収入状況が良くなったとか、個人の資産状況が良くなったことで積極的に利用限度額を増額されるケースは少ないです。

ですが、収入が減ってしまった、他社からの借入金が多くなったなどの場合には、利用限度額を減額することはよくあります。

貸し手側からすると、貸したお金が返済されない状況は避けなければならないことになりますので、仕方がないといえますね。

このきっかけになるのは、勤務先の経営状況が分かるような場合や、利用限度額の増額を申し込んだときになります。

特に増額申請の場合には、申込時と同じような審査がされますので限度額が変わるきっかけになりやすいです。

関連記事をチェック!

516view

返済能力で借入金が決まる!金額の目安の決め方

銀行の企業への融資審査では、3期分の決算書が重点的に確認されています。決算書は下記の3つによって構成され、企業が決めた決算日までの1年間の売上や利益を確認することができます。 ・損益計算書 ・...

減額を回避する対応策

利用限度額が実際の利用額を満たしている場合には問題になることはありませんが、利用限度額いっぱいまで使っている場合には減額されてしまうと困ってしまいます。

そのような困った状況にならないためにはどんなことに気を付けるようにしたらいいのでしょうか?

ここでは、利用限度額が減額されないための対応策をご紹介します。

最低でも約定返済は行う

利用額の減額がされる一つの原因に返済を延期したり滞納したりすることがあります。

ですので、減額されない第一の対策として、返済は必ず約定とおり行っていく事が上げられます。

借り入れを行った後は、決まった返済日に決まった額の返済を続けていくことを契約しているのですからこの約定返済だけは必ず行うようにします。

返済日を忘れてしまう事や返済金額を間違える事のないように、契約通りの返済を続けましょう。

もし、返済日を忘れてしまうことがある場合には、スマホの日時指定のアラームなどを利用して返済日を忘れないようにすると良いですね。

または、給与振り込みが行われている口座が違うのであれば、定額自動振り込みサービスなどを利用しておくのもいいですね。

必要な時以外の借り入れはしない

借入金が多くなってしまうと、多くのお金を返済に使うことになりますので返済自体が難しい状態になります。

ですので、借入金を増やさないためにも必要な時以外は借り入れをしないようにします。

どうしても難しい場合には仕方がないのですが、必要のない、または我慢できる範囲であれば借り入れをしないようにします。

借りているお金を少しずつでも返済できているようだと、時間はかかりますが完済できることになります。

新しい契約はしない

1社のカードローンだけは正常な返済が行われていたとしても、新しいカードローン等の契約をして借り入れをしてしまうのもダメです。

借り入れがあることはわかりますし、新しい契約がなされたことも信用情報機関に問い合わせればすぐにわかります。

三井住友銀行だけではなく、どこの金融機関も利用者の動向は一定期間ごとに監視していると考えられます。

ですので、新しい契約を結んでそこからお金を借りている状態も情報を確認する事で分かってしまいます。

新しい契約があるとその限度額まで借りているものとして限度額が妥当なのかを審査します。

その結果限度額を減額する決定を下す結果になることもあります。

例え返済の遅延や滞納がない場合でも、返済能力に疑問がある場合には限度額の減額につながります。

そう判断されないためにも、新しいカードローン等の契約は結ばないようにしましょう。

関連記事をチェック!

11640view

CIC、JICC、全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 信用情報機関に登録されている情報は個人で照会できる 日本で「信用情報機関」というと、C...

どうしてもお金が必要な時

カードローンの限度額が減額されても必要になる金額が減ることはありません。

三井住友銀行のカードローンで補えない金額で、どうしてもお金が必要な時には以下の方法でお金を用意するようにしてください。

消費者金融のカードローンの利用

三井住友銀行のカードローンの利用限度額が減額されてしまっても、他の銀行や消費者金融のカードローンはまだ使える可能性があります。

どうしても急にお金が必要になった場合には、審査時間も短い消費者金融のカードローンの利用を考えてみてください。

具体的には、プロミスやアコム、アイフルなどがあります。

ただし、この方法はその場しのぎの一時的なものというのを忘れないようにしてください。

その場をしのいだ後には、必ず収入と返済のバランスが取れるようにしてください。

関連記事をチェック!

4897view

一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか。 大手消費者金融は借りやすい? 大手消費者金融は、銀行と比べて借りやすいとよく言われます。 大手消費者金融では、IR情報として新規貸し付け率...

売れるものは売る

今は使っていないようなものでも、リサイクルショップなどに売ることができるものがあります。

また、ゲームやCD、DVDなどのハードウェアやソフトウエアも高く買い取ってもらえるところがあります。

また、使っていないようなバイクや自家用車などがある場合には、それらも売るようにするとより多くのお金を手にすることができます。

バイクや自家用車などは、地域によっては必ず必要とされる場合もありますが、多くの場合は工夫次第で代わりになる交通手段は見つけられるものです。

関連記事をチェック!

77108view

意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

お金がないとき、最も手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日の内にお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不...

まとめ

カードローンの限度額が減額されることはよくありますので、できるだけ減額されない様にしておきたいですね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談