借金していると携帯契約できない?注意したい2つの事とは?

スマホを購入する時の手続き…、普段何気なくお店で行っている携帯の契約ですが、実はその裏で色々な審査が行われています。

そして、「もし携帯くらいで審査落ちしたら、格好悪いな…」という事も、誰もが思う事だと思います。

特に、カードローンやクレジットカードで借金をしている人の場合は、余計に心配になるのも無理はありません。

そこで、今回は借金をしている人が携帯を契約する場合、借金がどのような影響を与えるのか?いくつかの情報をお届けしたいと思います。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短30分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介する記事は、こんな人におすすめの内容となっております。

  • 携帯電話の購入を検討している人
  • 携帯電話の分割契約に借金が関係するか知りたい人

借金があると携帯契約できない?

結論を先に言いますと、借金があるというだけで、携帯契約ができないわけではありません。

しかし、借金の有無が全く関係ないのかというと、そうでもありません。

携帯契約には「分割審査」と「回線契約審査」の2種類がありますが、それまでの携帯契約取引に関する情報だけで審査しているのではなく、あらゆる情報から総合的に審査しています。

借金の有無や支払い状況はチェックされる

後述しますが、携帯会社はCICなどの信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関には、分割契約やクレジット契約などの情報だけでなく、借金の情報についても登録されています。

そのため、借金の有無やその支払い状況についてもチェックすることができ、言ってしまえばカードローンなどのローン審査と同様の審査が行われています。

つまり、借金の状況によっては、携帯契約審査に大きな影響が出てしまうということです。

携帯電話の分割契約の場合

最近のスマホは、本体価格が5万円~8万円程度する機種が多い為、分割で購入される方がほとんどだと思います。

場合によっては、機種代が10万円を超えることもあり、この「10万円超」というのが分割審査では分岐点とも言える金額です。

10万円を超える分割審査では、年収などの属性だけでなく、ローン審査でも使用される信用情報についても厳しくチェックされることになります。

これまでは機種代で10万円を超える機種は少なかったのですが、最近では高性能となっていることもあり、厳しい分割審査に通ることができない人も少なくありません。

信用情報がネガティブだと審査落ち

携帯電話の分割購入の場合、通常の商品をローンで買う場合と同じ事になりますので、信用情報機関などへの照会が行われ、万一そこにネガティブな情報が登録されていると、審査落ちする可能性があります。

それを証拠に、以下参考リンクにある通り、auの代理店向けの書類「個品割賦販売契約(分割払い)にあたって」という書面の中には、以下の文言が明記されています。

「個品割賦販売契約のお申し込み時および契約後に、ご契約者の個人情報(お支払い状況等を含む)を、経済産業省の指定する信用情報機関に照会・登録します。」

「au」を運営するKDDIは、信用情報機関のCIC(※株式会社シー・アイ・シー)に加盟していますし、 全国銀行個人信用情報センターとも情報連携しています。

では、具体的にどのような状態だと分割審査に落ちてしまうのでしょうか。

  • 既存の機種代分割を滞納している
  • 借金の返済を延滞している
  • 信用情報に事故情報が載っている
  • 信用情報が全くない

まず、分割審査をした時点で、既存の機種代金の分割を滞納している、または既存の借金を延滞しているという場合は、現状で支払い能力がありませんので審査落ちします。

また、現状では滞納・延滞していないが、過去の支払いを度々遅れているようであれば、審査落ちする可能性があります。

さらに、過去に金融事故(債務整理や強制解約など)を起こしたために事故情報が記載されていると、いわゆる「金融ブラック」として審査落ちしてしまいます。

逆に、全く信用情報がない状態(これを「スーパーホワイト」といいます)では、過去に金融事故を起こしていて、その情報が最近になって消えたのではと予想することもできますので、審査落ちする原因になることもあります。(特に30歳以降などで信用情報がない人は要注意)

◆au公式サイト:「個品割賦販売契約(分割払い)にあたって」

関連記事をチェック!

14444view

携帯料金の滞納がCICに登録され、最悪ブラックになる!?

携帯料金の滞納がまさかCICに登録されるなんて知らなかった、と言う人も多いのではないでしょうか。 最近のスマホ機器代は高く、携帯料金と一緒に請求してもらう分割払いで、契約することが一般的です。 携...

消費者金融からの借金も確認される

信用情報が登録されている信用情報機関には、なにも分割契約だけの情報しかないというわけではありません。

分割契約だけでなく、消費者金融など貸金業者からの借金情報が記載されていることもありますし、特に重要な情報(事故情報など)については国内3つの信用情報機関で情報交流されています。

つまり、消費者金融からの借金についても確認され、その返済状況についてもチェックされます。

機種代の分割は総量規制の対象とはならないのですが、上述したように、支払い状況や事故情報など、過去に行った取引までも審査の対象となっています。

機種代の分割、借金ともに「信用取引」という大きな分類に分けられますので、それぞれで行っている取引がそれぞれの審査に影響を与えているのです。

これまでの携帯料金支払いも審査対象

借金の情報は信用情報機関への照会で確認される、という事をお伝えしましたが、それとは別に携帯電話の料金支払いについても、各通信業者は情報連携をしています。

その情報を共有しているのが「一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)」というところになります。

この機関には、大手3大キャリアと呼ばれる「au」「ドコモ」「ソフトバンク」の料金不払い情報はもちろん、地域のケーブルテレビの会社などの不払い情報も共有されています。

したがって、これまで何らかの通信事業者と契約をしていて、料金の滞納を繰り返したり、不払いの結果、強制解約に至っているような状況の場合は、どこの会社でも契約できない可能性が高くなります。

◆一般社団法人電気通信事業者協会公式サイト:「不払者情報の交換」

新規契約できるようになるには

分割審査で落ちてしまったために、携帯契約ができなかった場合、その原因となったものを特定しなければ対策のしようがありません。

ただ、審査に落ちてしまった際に、それを携帯会社に聞いたとしても、その原因を教えてくれることはなく、自分で分析するしかありません。

とはいえ、大抵は自分で落ちてしまった原因を薄々でも気づいているはずです。

借金があるのであれば、返済日を忘れていて延滞中だということもあります。

現状で滞納中・延滞中だったという場合、それを解消することで審査通過できる可能性があります。

しかし、滞納・延滞を解消したとしても、これまで(過去24ヶ月)に複数回にわたって遅れがあるようであれば、少なくとも2ヶ月~3ヶ月、できれば6ヶ月は正常に支払いをするまで携帯契約は待ったほうが良いです。

金融ブラックによって審査落ちした場合は、信用情報から事故情報が消えるまでは審査通過は望めません。

また、事故情報が消えた直後などでスーパーホワイトになっている場合は、先に審査通過率の高いクレジットカード(楽天カードなど)を作り、クレヒスを築くと良いでしょう。

審査落ちするのは、それ相応の原因がありますので、原因の特定・解消を経て再度携帯契約の申し込みを行いましょう。

携帯回線の契約の場合

携帯の海鮮を契約するためにも、実は審査を受けています。

ここで審査をしていること自体あまり知られてはいませんが、分割審査ほど厳しくはありませんが、審査は行われているのです。

実際、携帯回線契約の審査で落ちる人は多くありませんが、状況によっては落ちてしまいますので注意しなければなりません。

未払があると他社契約は難しい

携帯の回線契約審査では、主に他社における未払の有無をチェックされます。

機種代金の分割は、携帯の利用料金に合算されていますので、実際には携帯料金を未払にしていると、機種代金についても未払になっています。

上述しましたように、他社の未払は電気通信事業者協会(TCA)で管理されていますので、未払を隠すことはできません。

回線契約審査の際に、他社で未払があると判明した場合は、危険人物と判断されて審査落ちとなります。

回線契約審査において審査落ちする人は、ほとんどが他社での未払によるものです。

なお、未払情報は契約解除後5年間記録されることになり、未払によって契約解除されて5年を経過した場合は、その情報を他社で知ることはできません。

新規契約できるようになるには

回線契約審査で落ちてしまった場合、そのほとんどが他社の未払によるものです。

新規契約をするためには、まずはその未払を解消しなければなりません。

未払を解消すると、その後すぐにでも回線契約審査に通過できる可能性があります。

というのも、TCAの未払情報は、解消すれば多少のタイムラグはありますが、すぐに情報が消えるようになっています。

そのため、解消後すぐに回線契約に申し込みをすると、最近まで未払だったという情報を携帯会社が知ることはできません。

ただし、信用情報には未払(滞納)の情報が残っていますので、分割審査に通過できるかは別問題となります。

滞納していても契約できたという人もいるけど?

携帯を未納していると、ドコモやソフトバンク、auといった、いわゆる3大キャリアと呼ばれるところでは、ほぼ確実に契約することはできません。

しかし、UQモバイルなどのいわゆる格安SIMと呼ばれるところであれば、契約できる可能性はあります。

こうした会社も、大抵はTCAに加盟していますので未払の情報は確認しますが、あらゆる情報を見ていると、未払でも審査通過して契約できているケースがあるようです。

格安SIMの会社は、利用者の増加を急務と捉えているのか、3大キャリアよりも多少審査が甘いのかもしれません。

もし、滞納がっても契約ができたという人がいれば、それは3大キャリアでの話ではなく、格安SIMの話ではないでしょうか。

携帯契約できるか確認する方法

携帯契約ができるかどうかというのは、主に信用情報と未払によるところが大きいです。

そのため、携帯契約ができるかどうかを知るためには、まずご自身の信用情報および未払がどうなっているかを調べる必要があります。

まず、信用情報については「本人開示請求」を行うことで、自分の信用情報に何が登録されているのかを確認できます。

本人開示請求の請求方法は、各信用情報機関によって異なりますが、KDDIも加盟するCICでは以下の方法で請求できます。

  • インターネット
  • 郵送
  • 窓口

基本的には、その携帯会社が加盟する信用情報機関にだけ開示請求をすればいいのですが、金融ブラックであった場合は、すべての信用情報機関に対して開示請求することをおすすめします。

なお、開示請求には手数料(500万円または1,000円程度)がかかります。

次に、TACの未払情報についてですが、TACには信用情報機関のような開示請求というものがありません。

未払金があるかどうかを確認するためには、各携帯会社のサイト(会員専用のサイト)を見ると、未払金の有無を調べられることが多いです。

また、未払情報は、契約解除となってから5年以上が経過すると消えますので、サイトで確認できなくても解除から何年経っているかでほぼ正確に情報の有無を知ることができます。

調べた結果、信用情報または未払情報いずれかに問題がる場合は、それを解消することで回線契約審査には通過できる可能性があります。

いずれにしても、現状を知らなければ対処のしようもありませんので、それぞれ適した方法で情報を確認しましょう。

携帯が契約できない人の対処法

以上の事から、「借金しているだけなら携帯電話は購入できるが、滞納や債務整理の事実がある場合には、審査に通らない事がある」という事はご理解いただけたかと思います。

では、もし借金の延滞などが理由で、携帯電話の購入が出来ない場合には、他にどんな対処方法があるのでしょうか?

本体は中古品、回線はSIMのみ契約にする

一つ目の方法は、中古スマホを購入するというやり方です。

ソフマップなどの中古PCを扱っているお店や、中古携帯販売店には、中古のスマホが10,000円~30,000円程度で販売されています。

これらの中古スマホの本体を購入し、SIMについては格安SIMカードにすれば、3大キャリアよりも甘い審査で比較的簡単に契約できる可能性があります。

格安スマホは審査無し?

格安スマホの場合でも審査は行われますので、場合によっては審査落ちする可能性はあります。

しかし、格安スマホはもともと本体代金が安いケースも多いですし、先ほどの方法のように中古スマホ本体+格安スマホでSIMのみを契約する…と言う方法においては、割賦審査は行われず、料金不払いの審査のみという事になりますので、審査落ちする可能性は低くなると言えます。

また、未払がある場合でも審査通過できているケースもありますので、全く審査がないわけではありませんが、試してみる価値はあると思います。

一括0円機種を狙う

以上の方法以外にも、大手3大キャリアの「一括0円機種を狙う」という方法もあります。

ただ、最近では携帯ショップの一括0円施策や、過剰なキャッシュバックは行われないようになった為、中々一括0円で購入できる機種は少なくなってきました。

しかし、中には型落ちのスマホや、新機種が出た後の一部機種においては、限定で一括0円が適用されるケースもあるようです。

このような情報はなかなか広告などには出ない為、こまめに店舗を訪ねるか、お店のツイッターなどの個別情報を確認するようにしましょう。

関連記事をチェック!

5166view

ブラックでも借りれる携帯電話料金滞納者がたよるところは?

最近携帯電話料金の長期滞納返済でブラックになってしまい、お金を借りることができなくなったという話をよく聞くようになりました。 なぜ携帯電話料金の返済滞納とカードローンの審査が関連しているのか不明です...

プリペイド携帯を使う

通常、携帯電というのは、その月に利用した分や定額サービスの料金を後払いします。

その一方でプリペイド携帯は、事前に通話料や通信料に使う金額をチャージし、残高がなくなるとほとんどのサービスが利用できなくなる携帯であり、料金の未払というのがほぼ起きない携帯なのです。

そのため、携帯会社としても信用をそこまで気にする必要はなく、信用情報に問題がある人や未払がある人でも契約しやすいです。

もちろん、契約にあたって全く審査がないというわけではありませんが、ほんとんどは審査通過できます。

現在、プリペイド携帯で有名なのは、ソフトバンクの「シンプルスタイル」ですので、審査通過できずに携帯契約できない人は、こちらを検討してみると良いでしょう。

身内の名義で契約してもらう

自分名義で契約しようとすると、どうしても自分の信用情報や未払情報を見られてしまいます。

しかし、自分ではなく親名義で契約しようとすると、親の信用情報や未払情報が見られることになります。

そのため、親に信用情報の問題や未払がない場合は、親に頼んで契約してもらうのも1つの方法です。

携帯契約は、たとえ別居していても親を契約者とすることができますので、自分の携帯は親の携帯の子回線とすればいいだけです。

契約の際には主回線である親の同意などが必要となりますが、自分では契約できない場合は親にお願いしてみましょう。

なお、親と同居している場合、住所や電話番号で親の信用情報に自分の事故情報がヒットしてしまうこともありますので、分割契約は審査落ちする可能性もあることには注意しなければなりません。

まずは借金返済を優先しよう

ここまで、借金している場合の携帯電話の購入審査について、いくつかの情報をお届けしました。

しかし、今後も携帯電話を安心して契約できるようにしていくためには、このような知識を知ることよりも「一日も早く借金を返済する」という事が重要だと思います。

そこで、最後に「借金の早期完済」についても触れておきたいと思います。

借金早期返済の重要性

借金と一言で言っても、10万円程度の借金から何百万という借金まで色々ですし、その金利も様々です。

しかし、例えば100万円程度の大金を消費者金融カードローンで借りている場合、毎月少しずつの返済を続けていると完済まで6年以上かかる場合もありますし、金利負担も50万円を超える計算になります。(※100万円を実質年率15%で借り、毎月2万円を返済した場合で計算)

そのように返済に長い時間を要していると、返済途中に急な出費などで延滞してしまう事もあり得ますし、病気等をした場合にも途中で返済が滞る場合があります。

したがって、携帯審査などのリスクも限りなく減らす為には、借金の早期返済はとても重要なポイントになります。

繰上げ返済を考えたカードローン選びも重要

以上の事を考えると、カードローンを選ぶ際にも、後々の繰上げ返済を考慮したカードローンを選ぶ事が大切になってきます。

例えば、いくら金利が低いカードローンであっても、繰上げ返済の為にわざわざATMに行く必要があったり、返済の度に手数料がかかるようでは、ついつい返済も億劫になってしまいます。

したがって、カードローンを選ぶ際には、「インターネット返済が無料で出来る」「いつでも随時返済が出来る」という事を念頭に入れて、ローンを選ばれる事をおすすめします。

借金と携帯契約に関するQ&A

最後に、借金と携帯契約に関して、特に質問の多いことにお答えしていきたいと思います。

①携帯料金未払いが時効で新規契約可能になる期間は?

携帯料金の未払情報は、契約が解除されてから5年残りますので、解除後5年以上が経過すれば新規契約が可能になります。

また、未払した携帯料金に機種代の分割が含まれていた場合、長期延滞や強制解約の情報が5年間残ることになります。

こちらについても、5年以上が経過すれば情報は消えますので、分割契約も利用できる可能性があります。

ただし、未払した携帯会社には5年以上経過していても情報が残っている可能性が高いですので、別の携帯会社で契約することをおすすめします。

②携帯が強制解約になった事があっても新規契約できる?

携帯が強制解約になったとしても、その原因が未払ではない場合、他社であればすぐに契約は可能です。

しかし、強制解約となった原因が未払によるものであった場合、その情報はTCAで共有されていますので、すぐには新規契約することができません。

未払によって強制解約されてから5年間は待つ、または格安SIMやプリペイド携帯など審査通過しやすい携帯を利用するようにしましょう。

③自己破産や任意整理すると、今後ずっと携帯契約できない?

自己破産によって免責となった債務の中に銀行ローンがある場合、KSC(全国銀行個人信用情報センター)に10年間、事故情報が登録されます。

主に貸金業者やクレジット会社が加盟するCICやJICC(日本信用情報機構)の場合、自己破産でも5年間しか登録されませんが、情報共有していますのでこちらについても10年は事故情報が残ると考えておいたほうがいいです。

任意整理の場合は、いずれの信用情報機関でも5年間で事故情報は消えることになります。

従って、自己破産の場合は10年、任意整理の場合は5年間、分割契約はすることができません。

ただし、未払がなければ回線契約の審査には通過できる可能性が高いです。

④ブラックだとプリペイド携帯が契約できないなんてことはある?

前払い式のプリペイド携帯は、信用情報に問題があっても契約できる可能性が高いです。

ただし、ブラックとなった際に迷惑をかけた携帯会社のプリペイド携帯であれば、審査落ちする可能性はあります。

そのため、全く迷惑をかけていない会社のプリペイド携帯に申し込むようにしましょう。

⑤携帯料金を滞納していても機種変更できる?

基本的に、携帯料金を滞納中に機種変更することはできません。

当然のことですが、料金を支払っていない人を信用することはできず、まずは滞納分を回収しなければ何も始まりません。

そのため、機種変更を考えているのであれば、先に滞納している料金を支払いましょう。

なお、機種代金を一括で支払う場合は機種変更できる可能性があります。

ただし、機種代金は決して安くはありませんので、そのお金があるのであれば滞納分を支払いましょう。

それによって強制解約されるリスクもなくなります。

まとめ

以上、今回の借金と携帯電話審査に関する記事は、参考になったでしょうか?

以前、筆者の知り合いにも携帯電話を分割で購入できない人が居て、事情を聞くとやはり「過去にキャッシングの延滞をしていた」という事でした。

携帯電話の審査はほぼ通る…と思っている方が殆どだとは思いますが、この記事でもお伝えしたとおり携帯電話の分割購入はローンと一緒です。

通常のカードローンと同じような審査が行われる事を忘れずに、普段のローン返済などもきちんと行っておきたいものですね。

携帯が買えない5つの理由と、その対処方法

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事