ブラックリスト入りでもORIX MONEYを利用できる?審査に通るためのポイントを紹介!

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

「ORIX MONEY​​(オリックスマネー)」の審査を受ける際に注意するべき点は、ブラックリスト入りしているかどうかです。ブラックリストに入っていると審査で不利になります。それでは、ブラックリスト入りでORIX MONEYを利用できるのでしょうか。

本記事では、ORIX MONEYの審査でブラックリスト入りはどれくらい不利になるのか説明します。ORIX MONEYの審査に通るのか不安な方は参考にしてください。

ORIX MONEYの審査で不利になるブラックリストとは?

ブラックリストとは何なのか、説明します。

ブラックリスト=信用情報機関にネガティブ情報が登録されること

過去にクレジットカードの利用で延滞したなどネガティブな情報があると、信用情報機関に登録されます。ネガティブ情報が信用情報機関に登録されたことをブラックリスト入りしたというのです。

「ブラックリスト」と呼ばれるリストがあるわけではありません。ネガティブ情報が信用情報機関にあると審査などで不利になるため、「ブラックリスト入りした」と表現されます。

信用情報機関には金融機関を利用した情報が登録される

信用情報機関にはネガティブ情報だけではなく、金融機関を利用した時のさまざまな情報が登録されます。例えば、カードローンへの申し込みも含まれるのです。

ORIX MONEYなどカードローンの会社が審査を行う際には、信用情報機関の情報を参照します。そのため、信用情報機関にどんな情報が登録されているのかが審査に大きく影響するでしょう。

金融機関は信用情報機関の登録情報を照会できる

金融機関はローンの審査などの際に信用情報機関の登録情報を自由に照会できます。審査を行う際の判断基準として利用されるのです。

日本には、全部で3つの信用情報機関が存在しています。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

それぞれの信用情報機関に加盟している金融機関は、信用情報の登録と照会を行えるのです。加盟している信用情報機関に対して金融機関は信用情報を登録し、信用情報機関は金融機関に信用情報を提供する関係にあります。

また信用情報は、金融機関を利用している人が開示を受けることも可能です。信用情報を開示すれば、自分がブラックリスト入りしているかどうか分かります。

金融事故情報が登録されると審査で不利になる

信用情報として登録される情報のうち注意が必要なものは金融事故情報です。金融事故とは延滞や強制解約、債務整理などが含まれます。金融機関との取引の中で何か問題を起こせば、金融事故として登録されると考えましょう。

金融事故を起こしたことがある人は、金融機関から警戒されます。金融事故を起こす主な要因は多重債務であり、返済能力が低い人が起こしやすいです。金融機関は、金融事故の有無から申込者の返済能力を判断できます。

ブラックリスト入りの基準は曖昧

ブラックリスト入りする際の基準は曖昧な部分があります。それぞれの信用情報機関ごとに金融事故として登録される基準が異なっていたり、基準が公開されていないからです。

ただし、基本的には3ヶ月以上の延滞をすれば登録されると考えられます。債務整理をした場合は、確実にブラックリスト入りすると考えてよいでしょう。

ブラックリスト入りでORIX MONEYの審査が不利になるケース

具体的にどのような要因でブラックリスト入りするとORIX MONEYの審査で不利になるのか、紹介します。

過去にローンの返済を延滞したことがある

過去にローンを利用していて返済を延滞したことがあれば、ブラックリスト入りします。
ローンの返済を延滞する人は、金融機関から信用されません。そのような申込者にお金を貸しても、きちんと返済されず、トラブルに発展する可能性が高いです。そのため、ローンの返済に延滞したことのある人に金融機関はわざわざお金を貸しません。

ただし、数日程度の延滞であれば問題ありません。たまたま口座にお金が入っていなかったという可能性もあるからです。ブラックリスト入りするのは、3ヶ月以上の延滞の場合であるとされています。

もし、現在返済しているローンがあって延滞しそうになったら、事前に金融機関に伝えておきましょう。そうすれば登録を避けられます。

債務整理をしたことがある

過去に債務整理をしたことがあるとブラックリスト入りして、審査はかなり不利になります。債務整理とは、借金を返済する負担を軽減するための手続きです。

債務整理には、以下の4つの手続きが含まれています。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 特定調停

いずれも借金の返済に苦労する人が利用する手続きです。そのため、債務整理をしたことのある人は返済能力が低いとみなされ、審査で不利になります。

代位弁済に切り替わったことがある

代位弁済とは第三者が本人の代わりに返済することです。保証会社が代わりに借金を返済するケースはよくあります。代位弁済は第三者が借金を肩代わりしただけであり、返済は残るので注意しましょう。金融機関がお金を貸す際のリスクを軽減するための制度です。

借金の返済が滞ると催促が行われ、最終的には代位弁済に移行します。3ヶ月程度の滞納が続くと代位弁済に切り替わるケースが多いです。
代位弁済を経験したことのある人は返済能力が低く、金融機関にとってはリスクがあるため、審査で落とされる可能性が高いでしょう。

短期間に複数のローンへ申し込みをしたことがある

短期間に複数のローンの申し込みをしたことがあると、審査で不利になります。お金に困っているから多くのローンに申し込みをしているとみなされるからです。

ローンの申込状況は全て信用情報機関に登録されており、金融機関は全て把握しています。お金に困ったからといって、短期間に複数の金融機関でローンの申し込みをするのは避けた方がいいでしょう。

関連記事をチェック!

2658view

ORIX MONEYは総量規制が適用される?総量規制の仕組みや注意点を紹介します!

「ORIX MONEY(オリックスマネー)」を利用する際に注意しておきたい点が総量規制です。総量規制が適用されると年収の3分の1までしかお金を借りられなくなります。それでは、ORIX MONEYは総量...

ORIX MONEYは総量規制が適用される?総量規制の仕組みや注意点を紹介します!

ブラックリストに入ると絶対にORIX MONEYを借りられないのか?

ブラックリスト入りするとORIX MONEYの借り入れができなくなるのか、どんな不利益を被るのか紹介します。

ブラックリスト入りするとORIX MONEYの審査が不利になる

ブラックリスト入りするとORIX MONEYの審査でかなり不利になります。信用力が著しく低下しているからです。過去にローンの延滞や債務整理などをしたことのある人は金欠の状態にあると判断されます。

そのような人にお金を貸しても、返済に問題が起きる可能性は高いでしょう。金融機関はわざわざリスクの高い者に融資をすることはなく、ブラックリスト入りすると不利な状態で審査を受けることになります。

ブラックリスト入りでクレジットカードの新規作成が難しくなる

ブラックリスト入りすると、クレジットカードの審査も厳しくなります。基本的にブラックリスト入りすることで、クレジットカードの新規作成は不可能とされているのです。

クレジットカードのショッピング枠の利用は後払いであり、クレジットカード会社がお金を立て替えています。
返済に遅れれば、クレジットカード会社はお金を回収できず大きな損失が生じるのです。そのため、リスクのある利用者にクレジットカードを作ることはありません。

ブラックリスト入りでクレジットカードが利用できなくなる

ブラックリストに入れば、既存のクレジットカードが利用できなくなるかもしれません。

クレジットカード会社は定期的に利用者の信用情報をチェックしており、その結果、クレジットカードの利用が停止になることがあるのです。ブラックリストに入っていて返済できない可能性のある者にクレジットカードを使わせるのはリスクがあるため、利用を停止します。

ブラックリストに入ると賃貸住宅の契約でも不利になる

ブラックリストに入っている人は、さまざまな契約の審査で不利になります。例えば、賃貸住宅の契約をする際に、ブラックリストに入っていると審査で落ちる可能性が高くなるでしょう。

多くの賃貸住宅では保証会社の利用を要求され、賃貸物件の入居審査ではあらゆる情報がチェックされます。支払い能力のない者を入居させれば、家賃を滞納するリスクがあるからです。保証会社は審査の際に信用情報機関を照会するため、そこでブラックリスト入りしていることがバレてしまいます。

ただし、連帯保証人を用意できれば、ブラックリストに入っていても賃貸住宅を借りられます。また、保証会社が不要の物件の場合は、ブラックリスト入りでも審査に通るケースはあるのです。

ブラックリスト入りの人がORIX MONEYの審査に通るには?

ブラックリスト入りしている人がORIX MONEYの審査に通るにはどうすればいいのか、解説します。

ブラックリストに掲載された事故情報は一定期間で削除される

ブラックリスト入りしたとしても、信用情報機関に登録された事故情報は一定期間で削除されます。ただし、どのくらいの期間で削除されるのかは、信用情報機関により異なるため注意しましょう。

基本的には延滞や代位弁済、任意整理といった情報については5〜10年程度で削除されます。そのため、ブラックリスト入りした情報が生涯残るということはありません。
それでも数年は事故情報が残り続けて、その間はあらゆる審査で不利になるため、金融事故を起こさないことを心がけましょう。

ブラックリスト入りした情報に身に覚えがない場合は訂正・削除を依頼できる

ブラックリスト入りした情報が事実とは異なるケースがあった場合はどうすればいいでしょうか。もし、身に覚えのない情報が登録されている場合は、信用情報機関に依頼をして訂正・削除を依頼できます。

例えば、これまで一度もローンの契約をしていない、返済の対応をしたことがないのに、クレジットカードが利用停止になったなどのケースの場合。このケースは誤った情報が登録されている可能性があるため、一度調べてみましょう。
信用情報機関が調査を行い、誤りがあると判明すれば、その時点で速やかに事故情報は削除されます。

ブラックリスト入りしているか調べる方法

信用情報機関に請求すれば、登録されている情報を調べられます。ただし、それぞれの信用情報機関ごとに請求方法は異なります。情報請求の方法を事前に確認しておきましょう。電話で確認できる場合もあれば、郵送での対応になる場合もあります。

信用情報に登録された内容によっては審査に通るケースも

信用情報として登録された内容の全てがブラックリストに該当するわけではありません。中には、特に審査に影響を与えない情報もあります。基本的には、金融事故に該当する情報が審査で不利になる要因です。
信用情報には、それ以外にも本人の氏名や生年月日、住所、勤務先の名称などの情報も掲載されています。「信用情報への登録=ブラックリスト入り」というわけではないのです。

また、同時に複数のカードローンを利用している場合などのケースでも、金融機関によってはお金を貸してくれる場合があります。最終的に審査に通すかどうか、判断するのは金融機関の考え方次第なのです。

関連記事をチェック!

1799view

ORIX MONEYの審査に在籍確認はある?会社に電話されるのか教えます!

「ORIX MONEY(オリックスマネー)」の審査を受ける際に在籍確認が行われるか気になる人は多いでしょう。在籍確認があると都合が悪い場合、できれば避けたいものです。 本記事では、ORIX MO...

ORIX MONEYの審査に在籍確認はある?会社に電話されるのか教えます!
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事