80歳でも借入できるローンはあるの?

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定

少子高齢化現象が進む現代。わたしたちは誰しも老後資金について真剣に考えなくてはいけません。

退職時期によっては、働かないまま30年以上過ごすことにもなりますし、老後資金が不安になるのも当然のことです。

また、近年は元気な高齢者が多いですから、楽しく活動するためにもお金が必要になりますよね。

老後、お金がなくなったときにはどうすれば良いのか、借りることができるのかについて徹底的に解説してまいります。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下に当てはまる方へとても参考になる記事です。

  • 老後資金が不安な方
  • お金を借りたい高齢の方
  • お金に困ったときに取り得る手段について知りたい方
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

カードローンには年齢制限がある

カードローンの貸付条件には、申込者の年齢についての記載があります。

カードローン会社にもよりますが、消費者金融のカードローンなら満20歳以上満69か70歳以下、銀行カードローンなら満20歳以上満64歳か65歳以下であることが一般的です。

稀に年齢についての条件を公式サイトで公開していないカードローンもありますが、電話などで尋ねてみると「満20歳から70歳までの方を想定しています」などと答えてくれることがあります。

つまり、公開・非公開に関わらず、どのカードローンも年齢に一定の制限を定めていると言えるのです。

銀行シニアローンも75歳が上限

銀行では、高齢者向けのシニアローン(銀行によって呼び名は変わります)を提供していることがあります。

しかし、シニアローンも上限年齢は75歳程度ですので、80歳を超える方の利用は困難です。

関連記事をチェック!

2633view

70歳から75歳でもお金を借りれるカードローンはあるの?

70歳以上でも借り入れ可能なカードローンはあるのか。定年退職しても年金だけで生活するのは大変ですよね。 冠婚葬祭など急にお金が必要になることも長年生きていれば度々訪れるものです。 しかし多くのカー...

80歳以上に融資をしたがらない理由

カードローンは無担保無保証の契約ですから、高齢者になればなるほど健康上の問題や収入的な問題で貸し倒れリスクが高くなってしまうのは無理もありません。

いくら平均寿命が長いといっても、80歳から借入してきちんと最後まで返済してくれるのかという不安が金融機関にはあるのです。

当然ながら年齢が80歳になると、夫婦ともに健在というわけにはいかないこともありますね。

どちらかが先に逝ってしまうと生活環境が変わってしまい、生活リズムパターンが大きく変化してしまいます。

病気で返済が滞るリスクもある

80歳でもパート収入アルバイト収入を得るくらいの元気さがあれば良いのですが、人によっては物忘れや認知症など、程度は軽くても就業に差し支える病気が発生することがあります。

そうなってしまうとお金を借りたことすら忘れてしまい、返済期日も忘れてしまうリスクも金融機関が警戒するところです。

軽度の認知症であればお金を貸した金融機関も説明することで、お金を借りた事実を思い出すかもしれません。

病気が原因であっても、返済期間に遅れると遅延損害金を支払わなければなりませんよね。

高齢者でお金を借り、なおかつ遅延損害金まで支払うようになると、生きている間に完済できるのかすら疑わしくなります。

関連記事をチェック!

58view

借主死亡時には、借入金が分割されるのか

お金を借りている人が亡くなった場合には、資産も借入金も相続の義務が相続人に生じることはよく知られています。 しかし、法定相続人が複数いる場合に、借入金はどのように分割されるのでしょう? また、借入...

80歳~85歳でも借り入れ可能なローンがある!

少子高齢化は元気な高齢者を作る反面、どうしても体力的に現役世代とは異なり弱くなるのが普通です。

なんでもない道で転んで骨折してしまうと完治するまでには相当な期間を要する場合があります。

いくら医療費が1割負担だとしても、入院生活が長引けば高額医療費制度を利用しても年金収入だけでは賄えないことがあるのです。

高齢者向けのローンを消費者金融で探す

ちょっとした風邪でも、すぐに肺炎などの重篤な病気になってしまうのが高齢者の不安なところです。

病気になってしまった、でもお金が無い。親戚でお葬式ができてしまった、でもお金が無い、となることは避けようがありません。

年金から捻出してしまえば今度は生活費が足りなくなってしまう可能性があります。

どこかお金を貸してくれる所はないかと悩む方も多いでしょう。

しかし、ご安心ください。銀行にこだわらず消費者金融も含めて探すなら、なんと80歳以上の方でも借りることができるローンがあるのです。

関連記事をチェック!

143view

消費者金融は柔軟審査してくれる?

消費者金融などからお金を借りるとき、なるべく審査に通りそうなところを選ぶのではないでしょうか。 各金融機関の審査はそれぞれが独自の審査基準を持っているため、A社では落ちたけどB社から借りられたという...

消費者金融は柔軟審査してくれる?

高齢者対応プランネルフリーローン

どうしてもお金が必要と言うときは85歳まで借りることができるプランネルフリーローンを検討してみてはいかがでしょうか。

プランネル?ちょっと聞いたことがないけれど闇金じゃないの?と思われるかもしれませんが、心配する必要はありません。

テレビショッピングやカタログ販売で長年実績を持つ株式会社日本文化センターのグループ企業で、もちろん正規の貸金業者です。

お昼間のワイドショーの時間帯に頻繁にプランネルを利用できるテレビ通販のコマーシャルが流れていますので、名前を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

関連記事をチェック!

3185view

プランネルを徹底解説

皆さんこんにちは、馬三郎です。 高齢化が進む中、高齢者が借りられるように工夫されたローン商品も誕生しています。 その中の1つに、テレビショッピングで知られる日本文化センターのグループ会社「プランネ...

85歳まで申し込みが可能!

買い物や老人会などの旅行、及び食事会、習い事、冠婚葬祭や医療費、車検費用など資金使途は自由ですので、他人には言いにくい使途にも対応します。

申し込み方法はインターネットか電話ですが、電話で申し込むにしてもフリーダイヤルですから電話料金を気にする必要はありません。

年中無休で9時から20時まで受付していますので、必要なときに電話で相談してみましょう。

<プランネルの貸付条件・利用条件>

融資限度額10~100万円
適用金利
(実質年率)
  • 100万円未満:年18.0%
  • 100万円:年15.0%
遅延損害金利率年20.0%
返済期間最長6年
(72回まで)
担保・保証人不要
申込者の年齢条件20~85歳
申込者の収入条件安定した収入があること

金利や限度額

プランネルでは、審査結果によっては10万円から100万円まで借りることができ、担保や保証人は不要です。

返済期間も12回から72回まで自由に選ぶことができますので、ライフスタイルに合った計画的な利用が可能です。

ただし、100万円未満を借りるときの金利は年18.0%、100万円を借りるときは年15.0%と、利息制限法で定められている上限金利が適用されます。

合法ではあるものの高金利であることは間違いありませんので、プランネルよりも低金利の銀行ローンを利用できる方は、比較してから申し込むようにしてください。

毎月の返済方法

返済方法は銀行口座からの自動引き落とし、または郵便振込のどちらかを選ぶことができます。

必要な書類は運転免許証を持っているなら運転免許証、持っていない人は健康保険証があれば十分です。

なお審査の内容によっては収入証明書を提出しなければならないこともありますので、詳しいことは電話でご確認ください。

毎月の返済額は借入金額や返済回数によって異なってきますが、80歳と言う年齢のことを考えると返済期間はあまり長くしない方が良いでしょう。

関連記事をチェック!

490view

街金では収入証明書不要で融資を受けることができる?

街金はスピード融資が可能なところも多く、融資を検討する場合には頼りになる存在です。 そんな街金で融資を受ける場合には、本人確認書類や収入証明書などを提出しなければなりませんが、本人確認書類はとも...

借入額を抑えて返済額を減らそう

また借入額も必要最小限にとどめておくようにすれば無理なく返済することができますね。

例えば20万円を借りて3年払いとした場合の毎月の返済額は7,400円です。

30万円を借りて3年払いとした場合は毎月の返済額は1万1,000円です。

なお借り入れ上限額は総量規制が適用されますで、年金受給額によって自ずと借りれる金額が決まってきます。

年金受給額が100万円なら30万円、受給額が200万円なら60万円が上限額です。

プランネルでは即日融資は受けられない

プランネルフリーローンからお金を借りるには、契約書を作成しなければなりません。

インターネットから申し込みすることができたとしても、オンラインでそのまま契約まで行うことはできませんので即日融資とはなりません。

電話で申し込むのと同じように、契約書を取り寄せ必要事項を記入してから返送します。

審査によって貸出可能と判断されれば、貸付書面の交付を受けその後に申込者の口座にお金が振り込まれる方式です。

書類が郵送される日数を考えると、お金を借りるまでには申し込みから1週間から10日程度必要とする場合があります。

借り入れするには計画的に早めに申し込んでおくことが重要ですね。

関連記事をチェック!

433view

75歳でも即日融資を受けられるキャッシングとは

銀行カードローンや消費者金融など、融資を受けることのできるサービスはたくさんありますが、利用できる人の年齢には制限が設けられています。 特に75歳のような一般的には定年退職をされている年齢ともなると...

セゾンファンデックスのかんたん安心カードローン

高齢者ローンに対応している消費者金融は、株式会社プランネルだけではありません。

クレディセゾングループの株式会社セゾンファンデックスが提供しているかんたん安心カードローンも、高齢者が利用できる使途自由の個人向けローンです。

関連記事をチェック!

992view

クレディセゾンは保証会社も兼ねている!カードの特徴を紹介

信販会社である株式会社クレディセゾンは、クレジットカードのセゾンカードやカードローンサービスを扱っています。どのサービスも利用するには、審査を受け通らなくてはなりません。 審査を行う保証会社とカード...

80歳までキャッシング可能!

セゾンファンデックスのかんたん安心カードローンは、満80歳までの方が申し込めます。

75歳以上のキャッシングは多くはありませんから、ぜひ覚えておきましょう。

申込方法はインターネットと電話、郵送(資料請求後、申込)ですが、お急ぎの方はインターネットか電話で申し込みましょう。

インターネットは24時間受付、電話は平日9:00~19:00の間なら受け付けています。

<かんたん安心カードローンの貸付条件・利用条件>

融資限度額1~500万円
適用金利
(実質年率)
年6.5~17.8%
遅延損害金利率年9.49~20.00%
返済期間最長5年
(60回まで)
担保・保証人不要
申込者の年齢条件20~80歳
申込者の収入条件毎月定期収入があること

金利や限度額

借入金額によって一律に金利が決定するプランネルフリーローンとは異なり、セゾンファンデックスのかんたん安心カードローンは審査によって金利が決定します。

審査結果によっては低金利が適用されることもありますから、予想以上にお得に利用できる可能性もありますね。

また、限度額が500万円と大きいのもかんたん安心カードローンの特徴です。

カードローンですので、限度額までなら何度でも借入・返済を繰り返すことができ、突然の支出にも対応できます。

毎月の返済方法

借入残高に応じて最低返済額が決まり、契約時に指定した銀行口座から最低返済額が引き落とされます。

ところで、最低返済額だけを返済していると返済期間が長くなって支払う利息額も高くなってしまいますよね。

家計に余裕がある月は、多めに返済したり残額と利息を一括で返済したりして、利息による負担を減らしたいものです。

セゾンファンデックスのかんたん安心カードローンでは、返済日の前月の14日までにセゾンファンデックスデスクに連絡すれば、繰上返済全額返済を実施することができます。

利息を減らしたい方は、ぜひ繰上返済や全額返済を活用してください。

不動産があるならリバースモーゲージ

プランネルフリーローンもかんたん安心カードローンも、いずれも無担保・無保証人のローンです。

そのため、高齢の方にも対応しているとはいえ申込可能な年齢は制限されますし、金利も決して低くはありません。

担保にできる不動産をお持ちなら、リバースモーゲージを検討してみてはいかがでしょうか。

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは不動産担保ローンの一種で、現在居住している住宅でも担保として利用できます。

ただし、通常の不動産担保ローンは毎月返済をしますが、リバースモーゲージではお金を借りても毎月返済しません

契約者の死後に不動産を売却したお金でまとめて返済が支払われることになります。

そのため、お金を借りても、返済による負担で普段の生活が苦しくなるということがありません。

また、不動産を担保とするため、申込者の年齢が高くても利用できる点(契約者の死後に返済となるため、年齢下限も60歳程度と高く設定されていることが多い)ことも特徴です。

申込みから融資までの流れ

リバースモーゲージは銀行で申し込むことが一般的です。

担保となる不動産の審査がありますので、申込から契約・借入の手続きを電話やインターネットだけで済ますことは難しいでしょう。

審査に通過すると融資を受けることになりますが、通常はフリーローンのように契約時にまとめてお金を借ります

関連記事をチェック!

82view

来店不要なWEB完結フリーローンの審査ポイント

少しまとまったお金が必要になった、生活していればそんな事態に直面することは珍しくありません。 そんな時に便利に利用できるのがフリーローンです。 マイカーローンや学資ローンといった資金使途が...

担保があるから借入審査に通りやすい

不動産という担保がありますので、申込者自身の収入や年齢はそこまで厳しく審査されません。

収入が安定していない方や多額を借りたい方にとっては、申し込みやすいローンと言えるでしょう。

しかし、1点注意すべき点があります。

契約者の死後にスムーズに返済ができるためにも、担保となる不動産の相続人すべての同意を得なくてはならないことが多いという点です。

申込者が自分自身の不動産をリバースモーゲージとして利用するということは、相続人にとっては相続対象の財産が減るということを意味しますので、同意を得られない可能性もあるでしょう。

90歳でもローン審査に通る?

契約者の意思がはっきりとしており、不動産の相続人すべての同意を得られるなら、90歳や100歳といった高齢の方でもローン審査に通る可能性は充分にあります。

年齢ゆえに無担保ローンの利用が難しくなったときは、ぜひリバースモーゲージを検討してみましょう。

リバースモーゲージの注意点

リバースモーゲージは融資期間が長引くことが多いため、契約時に利息をある程度計算できる固定金利型ではなく、返済時の実勢金利に合わせた変動金利型であることが多いです。

そのため、思った以上に利息が高額になることもあり、不動産を売却したお金がほとんど残らないこともあります。

また、長生きすればするほど融資期間は長引きますから、利息もかさんでしまいます。

借入額と利息額が増えすぎて担保となる不動産で借りられる金額を超えてしまい、追加融資を受けられなくなることもあるでしょう。

年金担保でお金を借りる

高齢者が利用できるローンの1つに、年金を担保にして借りる方法があります。

国が認可している独立行政法人福祉医療機構(略称WAM)が請け負っており、年金の振込に利用している銀行窓口で申し込むことができます。

年金担保貸付とは

借りることのできる金額は受給している年金額の80%までで、最高借入額は200万円までです。

ただし生活用品の購入のために借入する場合の融資限度額は、80万円までに制限されます。

年金担保でお金を借りるメリットは金利が安いことです。

金利は年2~3%(変動金利)と住宅ローン並みに安いですから返済しやすいとなりますね。

<年金担保貸付の貸付条件・利用条件>

融資限度額10~200万円(生活費に関しては10~80万円)で年金年額の0.8倍以内
適用金利
(実質年率)
  • 年金担保貸付:年2.8%
    (2018年10月3日時点)
  • 労災年金担保貸付:年2.1%
    (2018年10月3日時点)
返済期間おおむね2年6ヶ月以内
担保・保証人担保不要、連帯保証人は必要
(保証料は必要だが機関保証も利用できる)
申込者の年齢条件年齢は決まっていないが公的年金受給者であること
申込者の収入条件収入は決まっていないが公的年金受給者であること

毎月の返済方法

毎月の返済額は1万円からすることができます。

なお返済期間はおおむね2年6カ月と定められていますので、毎月1万円の返済だと30万円までの借り入れなら出来ると言うことですね。

連帯保証人は必要ですが、どうしても引き受けてくれる人がいない場合には保証機関の保証を受けることができます。

ただし、機関保証を利用するときは、保証料が必要となりますので、実質年率が若干高くなってしまいます。

返済計画を含めて無理のない借り入れができるように相談するようにしましょう。

関連記事をチェック!

430view

年金収入の主婦でも借り入れ

年金を受給するようになってからでもまとまったお金が必要になる事はありえます。 そんな時にはどこかからカードローンで一時的に借り入れをしたいと考えるでしょうが、果たして年金受給者でも借り入れできるのか...

申込みできるのは令和4年3月末まで

年金担保貸付を利用した借入の申込受付は、令和4年(2022年)3月末までと予定されています。

リフォームや自動車の買い替えなどでまとまったお金が必要な方や生活費が不足している方など、低金利でお金を借りたい方は、早めに申し込むようにしてください。

ところで、年金担保貸付は生活保護受給中の方は利用できません

借入審査はとくに厳しいものではありませんが、年金や生活保護の受給状況は詳細に調査されることになります。

生活保護を受け、なおかつ融資が必要な方は、以下の記事を参考に臨時特例つなぎ資金貸付制度を検討してみましょう。

85歳までの借り入れに関するQ&A

70歳くらいまでなら、大手消費者金融のカードローンで借入することができます。

中小消費者金融や銀行の中にも、70歳前後の方が利用できるローンを提供していることがあるでしょう。

しかし、申込者が80~85歳くらいになると、やはり無担保かつ無保証人となると利用できるローン商品は少なくなり、不動産や年金といった担保を求められることが多くなります。

年齢ゆえに借入先が見つかりにくい方によくある質問とその答えをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

①厚生年金を担保に融資を受けられる?

年金担保貸付は、国民年金だけでなく厚生年金も船員保険年金、労災保険年金も対象となります

融資金額は、受給している年金から所得税額を除いた金額の0.8倍が上限となりますので、厚生年金を受給している方は多額を借りられる可能性がありますね。

なお、共済年金保険と恩給、石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金は年金担保貸付の対象とはなりません。

②保険の契約者貸付で借りられる?

解約返戻金のある保険に加入している場合は、返戻金の80~90%を上限額として契約者貸付を利用できることがあります。

加入している民間業者の生命保険や終身保険の商品説明書をご覧になり、契約者貸付に対応している場合はインターネットの会員ページかカスタマーセンターで申請手続きをしましょう。

契約者貸付は契約者の年齢に関わらず利用できる制度ですので、高齢の方も利用できます。

ただし、解約返戻金のないタイプの保険、例えば掛け捨て型の医療保険では契約者貸付に対応していませんのでご注意ください。

関連記事をチェック!

326view

養老保険でお金を借りるには?契約者貸付制度とは?

急にまとまったお金が必要になったとき借りるほかに、今まで貯めてきた定期や保険の解約をするという方法もあります。 しかし、せっかく積み上げてきたものが、なくなってしまうと一からスタートしなければいけま...

③年金生活で他に収入がなくてもローンは組める?

銀行や消費者金融のローン商品は、それぞれ利用者の条件が定められています。

年金収入以外の収入がないと申し込めないローンもありますし、年金収入のみの年金生活者向けローンもあります。

また、専業主婦の妻がローンに申し込む場合、夫の収入が年金のみのときは利用できないこともあります。

ローン商品によって本人や配偶者の収入条件が異なりますので、かならず詳細にチェックしてから申し込むようにしてください。

関連記事をチェック!

122view

セディナの配偶者貸付の詳細をわかりやすく解説

配偶者貸付とは収入のない専業主婦でも、一定の条件のもとにキャッシングできるように配慮した制度です。しかし配偶者貸付は手続きが面倒な上にリスクが高く対応している業者は少ないの現状です。 クレジット...

④年金生活の場合の融資額はどのくらい?

消費者金融の無担保ローン(おまとめローンや目的別ローン等を除く)は、総量規制が適用されるため、収入の3分の1が融資額の上限となります。

年金収入のみで生活している方なら、年金による年収の3分の1が融資額の上限となるでしょう。

また、銀行ローンやそのほかの総量規制が適用されないローンでも、無担保で借りるときは年収の3分の1程度が融資額の目安となります。

たくさん借り入れてしまうと毎月の返済額が増えて生活に支障をきたすこともありますので、必要最小限のみ借りるようにしてください。

⑤返済途中に死亡したらどうなる?

ローン返済中に死亡すると、借金も財産の一部として相続の対象となります

そのため、相続者は不動産や預金、保険金といった正の財産とともに、借金などの負の財産も相続することになります。

負の財産が正の財産よりも多額のときは相続放棄の手続きをすることができますが、手続きできる期間が決まっていますので、長く放置していると相続者が借金を抱えることにもなりかねません。

死後に遺族が損をしないためにも、不動産や預金、保険金だけでなく借金についても情報をまとめておき、分かりやすい場所に置いておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

745view

アコムの契約者が死亡!借金の返済義務は残る?

「アコムから借入していた夫が亡くなってしまった」など、借金の返済中に、契約者本人が死亡してしまうことは珍しいことではありません。 「契約者本人が死亡すれば、借金もなくなる」と安易に考えている人が多い...

アコムの契約者が死亡!借金の返済義務は残る?

借入は最終手段とすること

お金を借りたら返済しなければなりません。

年金収入のみの方は年金から返済することになりますから、年金で生計を立てている方はできれば新たな借金はしないほうがよいでしょう。

無計画にお金を借りすぎてしまうと、今以上に生活が苦しくなってしまうだけです。

本当にお金が足りないと言う場合は、まずは生活福祉資金貸付制度などの公的貸付制度が利用できないか役場に行って相談することから始めてみましょう。

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-10-09 08:36:37

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    競売にかけられそうなのか、それとも競売にかけられたのか、によって対処法がことなります。

    まだ競売にかけられていない
    →任意売却

    すでに競売にかけられた
    →親戚に落札してもらう

    文面からするとまだなようですから、不動産屋ではなく任意売却支援協会がいいと思います。
    そのかわり弁護士に相談することを忘れないようにしてください。
    これは不利な条件で売却されないようにするためです。

  2. 田中さん|2019-10-06 21:31:53

    父(85歳)が不動産で裁判沙汰になり家を売らなければならなくなりました、1ヶ月以内に200万のお金を用意しないと土地は競売にかけられるみたいです。土地を売るように不動産屋にはお願いしてあるのですが200万のお金を用意する事ができません、何かいい方法ありませんか?

  3. 小林修さん|2019-09-04 08:10:33

    こんにちは。

    借入のすべて、小林です。

    質問主様の名前の一部を伏字にさせていただきました。

    この記事をご覧になったということは年齢が80歳以上ということですよね。

    そうなると民間の金融機関ではなかなか借りられません。

    中小消費者金融の中には高齢者でも借り入れできるところはありますが、審査はかなり厳しいものとなります。

    医療費とのことですが、その病院は市民病院などの公的病院でしょうか。もしそうなら病院のケースワーカーと相談することによって、医療費の支払いの猶予や分割払いに応じてもらえるでしょう。

    病院が個人病院だとしても、同じようにケースワーカーがいます。ケースワーカーと相談してみてください。

  4. 小林修さん|2019-09-04 08:07:41

    こんにちは。

    借入のすべて、小林です。

    質問主様の名前の一部を伏字にさせていただきました。

    この記事をご覧になったということは年齢が80歳以上ということですよね。

    そうなると民間の金融機関ではなかなか借りられません。

    中小消費者金融の中には高齢者でも借り入れできるところはありますが、審査はかなり厳しいものとなります。

    そこでおすすめするのが、社会福祉協議会が行なっている生活福祉資金貸付制度です。

    窓口は役場の福祉課、 またはお近くの社会福祉協議会です。

    金利は連帯保証人がいればかかりませんし、連帯保証人を立てることができなかったとしても金利は年1.5%とかなり低金利です。

    お住まいの近くの民生委員と相談してみてください。あらかじめ民生委員と打ち合わせを行っておけばその後の手続きはスムーズです。

  5. 〇澤〇男さん|2019-09-03 13:42:06

    病院の支払いがあるのでよろしくお願いします。

  6. 田〇常〇さん|2019-09-03 09:00:24

    医療費、生活費などで15万~20万借りたいのですが、

  7. 小林修さん|2019-08-21 08:01:32

    こんにちは。

    借入のすべて、小林です。
    記事内でご紹介している「プランネル」か、年金を受け取る口座がある銀行で相談しましょう。

  8. 川〇〇〇子さん|2019-08-20 21:22:26

    80歳でも借りられる所がありとても嬉しいです。年金は遺族年金と国民年金を貰ってます。生活に必要なお金でなくて勉強したいことがありそれの入学金です。何処へ申し込めばよろしいでしょうか?

  9. 飛雄馬先生さん|2019-04-29 10:48:03

    こんにちは。飛雄馬えす。

    多重債務者であることの自覚があり、この記事を読んでいるということは年齢も高齢なのでしょうか。

    お金を借りるとすれば連帯保証人を立てて、社会福祉協議会が貸付をしている生活福祉資金貸付制度を利用してみてはどうでしょう。

  10. 向田せつ子さん|2019-04-28 12:50:43

    個人営業をしていますが多従債務つですが どうしても 50万 必要になり こんな私でも 借りられるでしょうか?

  11. 飛雄馬先生さん|2019-03-18 10:21:44

    こんにちは。
    高齢者さんですか。
    生活のためにお金が必要でしたら、社会福祉協議会の窓口で相談しましょう。
    年金担保で借りてしまうと、返済回数が短いため、かなり年金額が減ってしまいますからね。
    または、不動産があるならリバースモーゲージも検討してみてください。

  12. 開セイコさん|2019-03-16 13:01:31

    どうしてもお金が必要です。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談