キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

アコムの契約者が死亡!借金の返済義務は残る?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「アコムを借りていた夫が無くなってしまった」など、借金の借入残高があるにもかかわわず、契約者本人が死亡してしまうことは珍しいことではありません。

「契約者本人が死亡すれば、借金もなくなる」と安易に考えている人が多いのですが、これは実は大きな間違いです。

契約者死亡によって借金がなくなるのは、実は限られたケースだけで、基本的に、契約者が死亡しても借金がなくなることはありません。

では、誰が残った借金を返済していくのか?それは相続人です。

アコムなどの借金の契約者が死亡した場合の、借金の行方についてしっかりと理解をしておかないと、気づいた時には借金まみれになっているなんてことも十分にありえます。

アコムの契約者が死亡した時の相続の方法などについて詳しく解説していきたいと思います。

相続は資産も負債も相続される

被相続人(死亡した人)の相続を行うと、相続されるのは、資産だけではありません。

資産も負債も相続されることになります。

借金があれば借金も相続される

相続の際に被相続人に借金がある場合には、借金も相続されることになります。

このため、アコムの契約者が死亡した場合には、その相続人の配偶者や子供はアコムの借金も相続することになるが基本で、相続をした場合には返済を行なって行かなければなりません。

「契約者が死亡したら、借金は消滅する」と考えている人が非常に多いのですが、そのようなことはありません。

死亡した人に借金があった場合には、その借金も相続することになるのが基本ですので、死亡した人が借金を抱えたまま亡くなっていないかどうかということには十分に注意する必要があるのです。

相続には3つのパターンがある

親や配偶者が亡くなってしまい、その人が多くの借金を抱えたまま亡くなってしまった場合には、無条件で借金を背負って行かなければならないのでしょうか?

そのようなことはありません。

相続には以下の3つのパターンがあり、相続の方法によっては被相続人が残した借金から逃れることもできます。

  • 単純承認
  • 限定承認
  • 相続放棄

それぞれの相続の方法について理解しておくことは、借金を抱えた人が亡くなった場合の対処方法として非常に重要ですので、しっかりと理解しておきましょう。

全ての資産と債務を相続する「単純承認」

単純承認とは、全ての資産も借金も相続する方法です。

この場合には、被相続人が資産を大きく超えるような借金を抱えて亡くなったら、その借金を相続人が背負い、返済の義務を背負って行かなければなりません。

単純承認は、被相続人が亡くなってから何も手続きをしないと、自動的に単純承認したことになってしまいます。

相続する資産の範囲内だけ債務も相続する「限定承認」

限定承認とは、相続する資産の範囲内まで負債を相続するという方法です。

例えば、アコムから100万円の借入がある人が、50万円の資産を残して亡くなった場合には、50万円の資産と、50万円のアコムへの借金を相続することができます。

この場合、50万円の返済義務は残りますが、返済してしまえば50万円の資産を自分のものとして相続することができます。

相続する資産以上に借金を背負うことがないのが限定承認のメリットですので、資産よりも多くの借金を抱えたまま亡くなった人の相続に利用することができる方法です。

全ての資産と負債の相続を放棄する「相続放棄」

相続放棄とは、資産も借金も全ての相続を放棄する方法です。

この場合は、資産は1円も相続することができない一方、借金の返済も1円も残りません。

相続する資産がなく、借金だけ残るような場合には相続放棄が有効ですし、換金価値がないにも関わらず評価額だけは高い不動産を多く保有し、借金も多く抱えている場合などは限定承認でも残る借金は多くなるので相続放棄の方がメリットがあります。

相続放棄を行えば、借金の返済から相続人は完全に免れることができます。

単純承認でも借金が残らないのは団体信用生命保険に入っているから

よく「契約者が亡くなったから借金もチャラになった」などということを聞きます。

しかし、契約者が亡くなって、借金だけ残るケースというのは、ローンに団体信用生命保険をつけている場合のみです。

団体信用生命保険とは、ローンの借主が亡くなった時に、保険金から借金の残高を返済するための保険で、団体信用生命保険に加入しておくことで、借金が家族に残らないというメリットがあります。

住宅ローンなどは、団体信用生命保険に加入しておかなければ、借主にもしものことがあった時に、家族は住む家が亡くなってしまうか、借金の返済義務が残ってしまうことになるので、加入は必須になっています。

しかし、団体信用生命保険をつけることができるのは、住宅ローンなどの金額が大きく生活にも密接に関係する一部のローンだけに限られています。

このため、団体信用生命保険に加入することができない、他の多くのローンは、借金が残ったまま、契約者が死亡してしまうと、相続の際の負債として残ってしまうことになります。

アコムには団体信用生命保険はない

アコムには団体信用生命保険などはありませんので、契約者が死亡した場合にも借金はチャラになりません。

相続の際に負債として残ってしまいます。

【結論】アコムの契約者が死亡すると相続人に借金返済義務が残る

結論的に言えば、アコムの契約者が死亡すると、相続人が相続放棄の手続きを行わない限りは借金は家族や親族や子供に残ってしまうことになります。

アコムは、高齢になっても借りることができますが、もしも借金が残った状態で死亡してしまうと、家族に迷惑がかかってしまうということをよくよく理解した上で、借入をするようにしましょう。

借金を相続しないためには相続放棄を

死亡した被相続人の借金を相続しないためには相続放棄の手続きを行う必要があります。

先ほど述べたように、何も手続きをしないと、単純承認になってしまうので、相続放棄や限定承認を行う場合には、自分で手続きを行わなければなりません。

ここが最も重要です。

相続放棄や限定承認は、自分から一定期間内に手続きを取る必要があります。

そうでないと、無条件で借金を相続してしまうことになりますので、相続放棄の手続きをしっかりと理解しておくようにしましょう。

相続放棄は相続の発生を知ってから3ヶ月以内

相続放棄や限定承認は、相続の発生を知ってから3ヶ月以内に行わなければなりません。

3ヶ月を過ぎてしまうと、相続放棄の手続きを行うことはできませんので、借金を背負ってしまうことになります。

「相続の発生を知ってから3ヶ月以内」ここが最も重要ですので、よく覚えておくようにしましょう。

家庭裁判所に届け出る

相続放棄や限定承認を行うには、家庭裁判所に書類を持って届け出る必要があります。

必要書類は状況によっても異なりますので、詳しくは裁判所に確認するか、弁護士に任せてもよいでしょう。

主には以下のような書類が必要になります。

  • 相続放棄申述書、限定承認の申述審判申立書(限定承認の場合)
  • 被相続人(亡くなった人)の住民票の除票(戸籍附票)
  • 届け出をする人の戸籍謄本
  • 収入印紙800円分
  • 返信用の郵便切手(裁判所により費用は異なる)
  • 相続人の認印

無くなった人の借金を知るためには

「借金を抱えているかもしれない」と考えられる被相続人が亡くなった場合には、まずは、どこにいくらの借金があるのかを明確にしなければなりません。

これも弁護士などに依頼すれば最も早いのですが、自分で簡単に行う方法としては、信用情報機関に開示請求を行うという方法があります。

信用情報機関に開示請求

亡くなった人の信用情報を信用情報機関へ開示請求をかけることができます。

日本には以下の3つの信用情報機関が存在しますので、借主が死亡したら、以下の3つの信用情報機関全てに開示請求を行いましょう。

  • CIC:主にクレジットカードの情報を収集
  • JICC:主に消費者金融の情報を収集
  • KSC:主に銀行などの金融機関の情報を収集

3つの信用情報機関全てに照会を行うことによって、信販会社、消費者金融、銀行、信用金庫、信用組合、農協などの公的な金融機関からいくらの借金があるのかについて全て知ることができてしまいます。

開示の方法は、必要書類を記入して、戸籍謄本などと共に郵送するだけになりますので、詳しくは、それぞれの信用情報機関へ電話で確認するとよいでしょう。

ただし、信用情報機関への照会で知ることができるのは、金融機関からの借入だけですので、個人間の借金や闇金からの借金を知ることはできません。

不安な人は、弁護士などの専門家に依頼した方が確実かもしれません。

アコムの借金を相続する方法

単純承認や限定承認によってアコムの借金を相続する場合の手続きについて、最後に説明したいと思います。

アコムに連絡を入れ必要書類を揃える

まずは、アコムに連絡を入れて、アコムに依頼される必要書類を揃えましょう。

基本的には、戸籍謄本などの書類が必要になりますが、詳しくはアコムの担当者へ確認するようにしてください。

必要書類が揃えばカードやIDなどが発行される

必要書類が揃って、アコムが借金の相続を認めた場合には、新しいローンカードやIDなどが相続人名義で発行されることになります。

発行されるIDでインターネット返済をすることもできますし、カードでATMから返済をすることもできます。

金利が高いですので、できる限り早めに返済してしまうようにしましょう。

まとめ:状況に見合った相続を

団体信用生命保険に加入しているローン以外は、契約者が死亡した場合には、相続人に借金も相続されてしまいます。

アコムには団体信用生命保険はないので、契約者が死亡すると、相続人が相続することになります。

借金がいくら残っているのか、資産がいくらなのかによってどのような形で相続するかを判断する必要があります。

  • 借金しか残っていない→相続放棄
  • 借金を返済しても資産を相続したい→限定承認

など資産と借金の状況に合わせて相続の形を決めましょう。

何もしないまま3ヶ月を経過してしまうと、自動的に単純承認になってしまうので、借金がある人がなくなった場合には、まずは現状把握に努めるようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談