70歳から75歳でもお金を借りれるカードローンはあるの?

 4.1  (8)
+ この記事を評価する
×
 4.1  (8)

この記事を評価する

決定

70歳以上でも借り入れ可能なカードローンはあるのか。定年退職しても年金だけで生活するのは大変ですよね。

冠婚葬祭など急にお金が必要になることも長年生きていれば度々訪れるものです。

しかし多くのカードローンは申込み年齢を65歳以上70歳未満としているところが多いのが現状です。

高齢になっても借りることができるローンはわずかながら存在します。

高齢になってどのようなローンを組むことができるのか、解説していきたいと思います。

70歳以上でも組めるローンはある?

ローンは69歳まで。

ほとんどの人がそう思っており、実際に多くのローンが確かにそうなっています。

しかし、カードローンの中には、74歳までなら申し込むことができるローンは数多く存在します。

メガバンクやネット銀行などのメジャーなカードローンは70歳以上になると借りることは難しいですが、地方銀行の中には、高齢者でも借りられるカードローンが実は多く存在します。

さらに、80歳以上でも借りることができるローンも存在します。

高齢になっても借りることができるローンについて以下で詳しく解説していきます。

関連記事をチェック!

909view

65,67歳以上の人はどこで借入できる?

大抵のローンには、利用できる年齢が設定されています。 通常ローンとは働いて給料を得ている現役世代が給料から返済することを前提として設計されていますので、満20歳以上60歳以下にを融資対象として設定し...

関連記事をチェック!

382view

消費者金融を利用できる年齢制限は何歳から何歳まで?

消費者金融は、緊急でお金を調達したい場合などに非常に重宝するサービスですが、誰でも利用できるというわけではありません。 利用条件としていくつか制限が設けられていますが、その中には年齢による制限も含ま...

80歳以上でも融資OKなローンがあった

80歳以上でも融資OKなローンがあった

カードローンではありませんが、85歳まで申し込みすることができる消費者金融があります。

その名をプランネルと言い、テレビショッピング通信販売で有名な日本文化センターグループ企業ですから闇金業者ではありませんので安心していいですよ。

融資限度額は100万円まで、返済回数は最長で72回となっていて、借入金額返済プランは自由に選ぶことができます。

もちろん無担保無保証で契約することができます。

インターネットから申し込むことができて、審査に通れば契約書が郵送されてきて必要事項を記入の上本人確認書類を添えて変装するだけで、指定する銀行口座に振込融資を行ってくれます。

例えば70歳で20万円必要となり、3年で借金を完済する場合の返済金額は毎月7,400円です。

高齢者になればいつ体調の変化が現れるのか予測することができませんので、返済回数は短くするのがいいでしょう。

年金収入の中から無理なく返済でき、自分が健康な間に完済することができるような返済計画を立てて利用するようにしましょう。

ただしちょっと気がかりなのは金利です。100万円未満の場合は金利が年18.0%と決して安くはありません。

早期の借金完済を目指すのならもう少し金利の安い金融機関を選びたいですね。

関連記事をチェック!

1255view

年齢制限なしのカードローンは存在する?

銀行で融資を受けたいと考えたとき、年齢制限について気になる人もいるのではないでしょうか。 多くのカードローンでは、年齢制限が設けられているため、未成年や高齢者のかたの場合、申し込み資格がないケースも...

できるだけ低金利で借りたいなら

先ほどご紹介したプランネルは、確かに80歳以上でも利用することができるローンです。

しかし、金利が高いのが難点です。

ただでさえ年金収入で生活が苦しいのに、18%もの高金利を負担していくことは大変です。

そこで、高齢者の方ができる限り低金利でお金を借りたいのであれば、以下のような公的な融資制度を利用することをおすすめします。

高齢者を対象にした生活福祉資金

できるだけ低金利で借りたいなら

年金受給額がそれほど多くない高齢者は年金担保でお金を借りることや、シニアローンを利用しても返済が難しくなりますね。

そのような場合は社会福祉協議会が行っている生活福祉資金貸付制度を利用してはいかがでしょうか。65歳以上なら利用することができますよ。

お金を借りても連帯保証人がいれば金利はかかりません。たとえ連帯保証人がいなくても金利は年1.5%と低金利です。

生活資金が足りないなら生活福祉資金制度の中にある生活支援金を利用することができます。

単身世帯でも毎月15万円、夫婦世帯なら毎月20万円お金を借りることが可能です。ただし生活福祉資金は借りたら返さなければならない義務があります。

無理のない借り入れを行うために民生委員と相談するのも良い方法です。

いくら低金利でも少ない年金受給額から返済しなければならないのですから、無計画な借入れは無謀ですね。

相談窓口は民生委員でも市区町村役場の福祉課でもすることができますので、どうしてもお金に困ったら相談してみましょう。

関連記事をチェック!

2839view

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法と借りれない原因や対処法

今得ている収入では、どうしても生活していくことができない。 しかし、今の状態では金融機関に融資を申し込んでも、審査に通る見込みがないでしょう。 そんな時に利用検討してもらいたいのが、生活福祉金貸付...

年金担保借入なら低金利

できるだけ低金利で借りたいなら

年金生活している高齢者がお金を借りるにはできるだけ低金利がいいですよね。

それなら年金を担保にして借り入れすることができる公的機関を利用してみてはいかがでしょうか。

独立行政法人福祉医療機構(WAM)が行なっている年金担保貸付の金利は年1.9%です。

嬉しいことに申し込みには70歳までや75歳までの年齢制限がありません。

借入れできる金額は年金受給額の80%まで、最低返済額は1万円(月額相当5,000円)です。なお返済回数は最長で2年6か月、また連帯保証人が必要です。

仮に最低支払金額の1万円で借りることができる金額は約15万円です。もっと返済金額を多くすることができれば多額の金額を借りることも不可能ではありません。

申し込み先は年金が振り込まれる口座の銀行や信用金庫などの金融機関になります。

ただし、年金担保融資制度は平成34年3月末で新規受付が停止されることになっています。

34年4月以降は高齢者が低金利融資を受けるのであれば、生活福祉資金などを利用するなど、方法が限られてしまうことになります。

関連記事をチェック!

3868view

年金受給者がお金を借りるには~即日融資も可能~

年金を受給している人も、急な出費などで時にはお金が必要になります。 そのような時に「年金でお金を借りることはできるのか」「即日で融資を受けることはできるのか」と心配になってしまいます。 結論を言い...

70歳以上でも借りれる銀行系カードローン

70歳以上であれば、利用することができるカードローンは数多く存在します。

代表的なカードローンとしては、但馬銀行と、スルガ銀行のカードローンを挙げることができます。

それぞれの商品の特徴について詳しく解説していきます。

但馬銀行の「セカンドライフ応援カードローン」

70歳以上でも借りれる銀行系カードローン

カードローンなら利用限度額内で自由に追加借入れできる利便性があります。

返済するにつれて残高減ってくれば、急にお金が必要になったときに銀行やコンビニATMから借り入れすることができますね。

実際にお金を借りなくても、枠さえ作成しておけば、資金の必要性が生じたときにはいつでもキャッシングができるので、急なお葬式が入るような緊急でお金が必要になる状況でも、カードローン1枚持っておくだけで安心です。

融資金額は100万円までと決まっています。

さらに、金利は限度額に関わらず9.8%となっていますので、通常の銀行カードローンよりも低い金利で借りることができるという点も大きなメリットです。

ただし、申込ができるのは、但馬銀行で公的年金を受け取っている人だけになりますので、但馬銀行の支店が近くにある兵庫県の居住者でないと、利用することは実質的に難しいと言えるかもしれません。

スルガ銀行の「リザーブドプラン」

スルガ銀行カードローンは、申込は70歳までしかできませんので注意してください。

しかし、70歳で審査に通過し、カードローンに契約すれば、新規の借入が75歳まで利用することが可能となっています。

つまり、老後に備えて、70歳になるまでにお金を借りておけば、75歳まではいざというときにお金を借りることができます。

スルガ銀行は静岡県の地方銀行です。

しかし、スルガ銀行はインターネット支店が非常に充実しているので、日本全国の人が申込をすることが可能です。

繰り返しになりますが、申込ができるのは70歳までとなりますので、注意しましょう。

西京銀行の「資産活用型カードローン」

西京銀行はシニア向けの融資が充実している銀行として有名です。

カードローン・自動車ローン・教育ローンなど高齢者向けの商品ラインナップがありますが、いずれのローンも西京銀行で年金を受け取っている必要があります。

このうち、資産活用型カードローンは、申込年齢は60歳以上で、上限の年齢制限はありません。

さらに、限度額も500万円までと高額借入に対応しています。

戸建住宅やマンションを担保にして、お金を借りる高齢者向けの不動産担保ローンと言えるでしょう。

金利は長期プライムレート+2.0%ですので、2018年11月現在では3%前後の低金利で借りることができるというメリットがあります。

一見するとメリットは大きいですが、登記費用が必要になることや、抵当権が設定されている物件は利用できないこと、年金振込が必要になることなどから、カードローンなどと比較すると、気軽に借りることはできないと言えるでしょう。

75歳でも借りれる低金利なシニアローン

ここまで70歳以上でも借りることができるローンを紹介してきました。

この中には、年齢制限も設けない西京銀行のような金融機関もありますが、金融機関の中には、さらに高齢者へフォーカスした商品展開を行っているところもあります。

75歳でも借りることができるローンにはどのような商品があるのでしょうか?

関連記事をチェック!

2990view

80歳でも借入できるローンはあるの?

少子高齢化現象が進む現代。わたしたちは誰しも老後資金について真剣に考えなくてはいけません。 退職時期によっては、働かないまま30年以上過ごすことにもなりますし、老後資金が不安になるのも当然のことです...

福島銀行の「シニアサポート」

75歳でも借りれる低金利なシニアローン

カードローンではありませんが、75歳まで申し込み可能な年金受給者向けシニアローンがあります。

例えば福島銀行なら借入額は10万円以上100万円以内で、金利は年4.8%と低金利の設定になっています。

返済期間は10年と余裕があり、年金受給日に合わせた返済をすることができます。

ただし申し込みするには年金受給者ではなければならず、しかも年金担保で借り入れしていない高齢者が対象となります。

西京銀行の「年金受給者専用ローン」

75歳でも借りれる低金利なシニアローン

先ほど説明したように、西京銀行は年金受給者向けのローンが非常に充実していますので、75歳でも借りることができるローンが数多くあります。

もし近くに西京銀行があるなら年金受給者専用ローンを利用することができます。金利は年3.8%と低金利です。

借入金額も10万円から100万円まで、返済期間は10年以内となっています。返済日は年金が支給される偶数月で良いのも助かります。

もちろん年金受給者対象ですから、借り入れするには年金受給証明書が必要です。また年金担保でお金を借りていると利用することはできません。

70歳以上が借りれる消費者金融系カードローン

ここまでは、銀行と公的期間を中心に高齢者あが借りることができるローンをご紹介してきました。

しかし、銀行のローンは比較的審査が厳しいため、例えば国民年金しか収入がないような高齢者が借りることができるのかと言えば、難しい場合が多いでしょう。

銀行よりもより審査が緩い消費者金融では、高齢者はお金を借りることができないのでしょうか?

高齢の方でも融資対象としている以下の2つのカードローンをご紹介していきたいと思います。

78歳まで借りられるベルーナノーティス

通信販売大手のベルーナの金融会社であるベルーナノーティスはなんと78歳まで融資対象としています。

消費者金融ですので最高金利は18%と決して低くはありませんが、銀行審査に通過できないシニアの方でも借入ができるかもしれません。

また、融資までのスピードが最短30分審査回答の即日融資ですので、急いでお金が必要になった場合でも、力強い味方です。

お金が急いで必要になる高齢者の方にはベルーナノーティスはおすすめです。

70歳までならレイクALSAで借入可能

70歳以上が借りれる消費者金融系カードローン

年齢70歳までならレイクALSAで借入れすることができます。

レイクALSAは申込後すぐに審査の回答が表示されるので、ベルーナノーティスよりもさらに早く審査結果を知ることができます。

また、金額無制限で60日まで無利息と、5万円まで180日間無利息という2つの無利息期間を選択することができるので、一時的にお金が必要になった場合であれば、無利息で必要資金を借りることができる可能性もあります。

70歳からの車購入にカーローンは組める?

地方に住んでいれば、高齢になっても自動車は生活必需品です。

70歳以上になって自動車を購入したいという場合には、カーローンを組むことはできるのでしょうか?

70歳以上にカーローンは難しい

基本的に70歳以上になってカーローンを組むことは難しいと考えた方がよいでしょう。

ディーラーローンも銀行のカーローンも70歳までに対応している商品はほとんどありません。

また、ここまでご紹介したようなカードローンなどでも、自動車を購入することができるほどの数百万円のお金を借りることは不可能です。

唯一、西京銀行だけが高齢者向けの自動車ローンの取り扱いを行っていますが、西京銀行で年金受取が融資条件になるので、日本中の人が誰でも利用することができる訳ではありません。

このため、基本的には高齢者が利用することができる自動車ローンはないと考えた方がよいでしょう。

カーローン無しで車を買う方法

自己資金がないのに自動車をローンで購入する方法は非常に限られています。

以下の方法を考えることができます。

  • 子供名義でローンを組む
  • 年金担保貸付を利用する
  • リバースモーゲージを利用する

考えられる方法としてはこのくらいです。

この中で、誰でも利用することができる方法としては、年金担保貸付だけになります。

あまり、高額な車を買わずに、生活に支障がない範囲で利用するようにしましょう。

70歳以上がローンを組みにくい理由

70歳以上がローンを組みにくい理由

健康長寿大国と言われる日本でもカードローン借入年齢の上限が決まっています。

消費者金融なら69歳まで、銀行カードローンなら64歳までが申し込みできる上限となっていることがほとんどです。

唯一銀行カードローンで70歳まで申し込みができるのは、レイクALSAくらいなものです。

どうしてカードローンの借入は最高でも70歳なの?

お金を貸す側からすれば継続安定した収入があって、仕事もバリバリこなすような高齢者であればお金を貸しても大丈夫と判断することでしょう。

しかし借入審査に必要な書類は本人を確認することができる運転免許証やパスポート、健康保険証だけであって、健康診断書を追加書類として求める金融機関はありません。

借入審査は個別に行うのではなくて、おしなべて画一的に、それも客観的にコンピューターによる自動審査になってしまいます。

結局客観的な審査は高齢者に対する貸付をリスクが大きいと判断することが、70歳を超えると借入れすることができない理由となります。

確かに平均寿命は世界有数でも健康寿命となるとあながちそうでもありません。

いつまでも現役通りに働くことができない、いつ病気になるか分からない不安がつきまといます。

カードローンは無担保無保証のため、高齢者本人が支払不能になっても家族に対して請求することができません。

債権保全のためにはできるだけリスクを少なくしたいと考えるのは当然のことです。

70歳でも家のローンは返済可能?

住宅ローンは完済時年齢を75歳〜79歳程度まで設定することができます。

しかし、退職して年金生活になったときに住宅ローンが残っている状態はあまりおすすめできるものではありません。

住宅ローンを払っている60~70歳代の生活

これから住宅ローンを組もうと考えている人で、完済時年齢が60歳を超えるような35年ローンを組む場合には、よく考えてから住宅ローンを組むことをおすすめします。

住宅ローンは借入期間を長くすれば、毎月返済額が短くなり、返済負担比率が下がるので、所得が低い人でも希望額を借りることができる場合があります。

ハウスメーカーは家を売りたいですし、銀行は住宅ローンを融資したいので、「月々の返済が家賃よりも安くなる」という謳い文句で35年ローンをすすめてきます。

しかし、銀行やハウスメーカーの言いなりにならずに、老後の生活設計をしっかりと考えた上で長期のローンを組むようにしてください。

現役の時は問題ないかもしれませんが、年金生活になったときに年金収入の4割〜5割程度を住宅ローンの返済に持っていかれてしまったら、生活はかなり苦しくなります。

高齢で住宅ローンの返済が残っている人は「住宅ローン返済のために一生を終えるようなもの」と口にする人もいるほどです。

また、住宅ローンを返済できずに、老後破産に追い込まれる人もかなり増えています。

年金収入だけではタダでさえ生活が大変なのに、その上ローンの返済があると生活は困難を極めるでしょう。

長期の住宅ローンを組む場合には、老後のこともしっかりと計画した上で住宅ローンを組むようにしてください。

繰り上げ返済するのがベスト

住宅ローンは返済期間を短くしたら、毎月返済額が大きくなるので、現役時代の生活が苦しくなる恐れがありますし、返済負担率オーバーでそもそも住宅ローンを借りることができないかもしれません。

毎月の負担を軽くし、住宅ローン審査に通過するためには、長期返済も止むを得ないかもしれません。

しかし、借りた後も老後のことを考え、例え月に数千円でも住宅ローンの繰り上げ返済をするように心がけましょう。

今は繰り上げ返済手数料無料の住宅ローンも増えていますので、節約して余ったお金やボーナスで余ったお金などはコツコツと返済していくのがよいでしょう。

また、定年退職時には、退職金で住宅ローンを完済し、老後に借金が残らないようにした方がよいでしょう。

まとめ

高齢になって借りることができるローンは存在します。

しかし、年金収入しかないような状態で、無計画に借金をしてしまうと、逆に性格が困窮する場合もあるので、くれぐれも借りた後に生活設計をした上でローンを借りるようにしましょう。

また、申込は70歳まで、借入は75歳までというローンもあるので、老後のことも考え、70歳までにローンの枠だけを作っておくというのも1つの方法です。

高齢だからこそ、「借入は計画的に」を心がけるようにしてください。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。無利息期間経過後は通常金利適用。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

 4.1  (8)
+ この記事を評価する
×
 4.1  (8)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-12-02 09:25:20

    こんには。
    借入のすべて、小林です。

    年齢的に考えて、借金のない生活を目指すべきです。無駄を省いた生活を心がけてください。

  2. 〇島〇一さん|2019-11-26 01:58:42

    借り換えと運転資金が至急欲しい。どうぞよろしくお願いします。

  3. 飛雄馬先生さん|2019-03-29 08:23:08

    こんにちは.
    ローン残債がいくら残っているのかわかりませんが、74歳で自動車ローンの借り換えは難しいと思います。借り換えするにあたって調べなければならないのは金利です。借り換えした後の金利が年5%以上安くなっているなら、借り換えするのも良いでしょう。
    ちなみに借り換えしたい理由は、毎月の返済額を減らしたいのですか?たとえ金利差が年5%以上あったとしても、年齢から考え長期間の返済期間は望めません。
    よって返済額に差が出たとしても、月に1000円から2000円程度ではないでしょうか。それくらいの金額だったら生活を見直した方が早いと思います。
    どうしても借り換えしたいのなら子供さんの名義にして借り換えする方法もありますがね。

  4. 平城修身さん|2019-03-28 13:23:27

    74歳車のローンを借り換えたい

  5. 飛雄馬先生さん|2018-11-05 09:15:14

    こんにちは。
    返信遅れてしまいました。タイミングが悪かったですね。70歳以上でも一時的借りるなら中小消費者金融がおすすめです。10万円の少額なら銀行カードローンにこだわる必要はないでしょう。

  6. 内田由利子さん|2018-11-04 04:51:47

    本日午前中までにお金が必要になり年齢制限があり悩んでます。金額は10万です。