キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

質屋とは担保を預けてお金を借りるところ

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

皆さんこんにちは、馬三郎です。

街中を歩いているとたまに質屋の看板を見かけると思います。

改めて思い返すと、結構いろんなところに質屋はありますが、外から私たちが目にするのは、ショーウインドウの中にブランド物の財布やバッグ並んでいるところだけです。

それを見ただけではタダのリサイクルショップとどう違うのか分からない人もいるようです。

という訳で今回は、そもそも質屋がどういった場所なのか意外と皆さん余りよく知らないのではないか、ということで詳しく調べてみました。

不要な物を持って行ってお金に変える買取り店や、同じくお金を借りるカードローンとの違いも解説しますので、目次から読みたい部分を選択してください。

まずはそれぞれの違いを簡単にまとめたのでご覧ください。

 買取質屋カードローン
担保・品物
(返ってこない)

(返済すれば返ってくる)
不要
審査
利用額品物次第品物次第最低1,000円~
利息最高年109.5%最高年20%
返済時期不要3ヶ月後1ヶ月後から
期限を過ぎた場合返済不要担保を失うだけで、支払わなくて良い遅延損害金が発生して支払いが増える
信用情報の登録

なお、カードローンの最低利用額は金融機関ごとに異なるため、1000円から利用できない場合もあることに注意が必要です。

関連記事をチェック!

352view

30日間無利息カードローンで借りる

無利息のカードローンを紹介します。30日間無利息サービスがあると、たとえ長期の借入でも実際に支払う金額はグッとさがります。 なおレイクALSAの場合、初回利用者に限り、5万円まで180日間無...

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額60日間無利息(2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了の方)、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

質屋とは簡単に言うと担保を預けてお金を借りる場所

質屋とは簡単に言うと担保を預けてお金を借りる場所※高山質店公式WEBサイトより引用

質屋とは、利用者が所有する品物を担保として預かり、定められた期間金銭の貸付を行う業者のことです。

もし期限内に返済が行われない場合でも品物の所有権が質屋に移るだけで、利用者には返済の義務はありません。

質屋ではなく〇〇質店や△△質舗というお店もたまにありますが、酒屋と酒店のように、すべて営業内容は同じ物です。

質屋と聞くと、中古品を売っているところというイメージを皆さん抱くかと思いますが、それは預入期間が過ぎて店の物になった商品なのです。

日本では鎌倉時代には既に質屋が存在していたらしく、戦後までは個人が借入を行うところと言えば質屋がほとんどだったようです。

そのため、時代劇などでも質屋はよく登場しますので名前自体はよく聞くのではないでしょうか。

現在の質屋は査定を行って融資をするだけの店舗と、融資以外にも預かり期限が過ぎたものの販売もしているところの2種類があります。

皆さんがイメージする質屋は販売を行っている店舗ではないでしょうか。

少額融資が大半、20代利用者も

質屋とは簡単に言うと担保を預けてお金を借りる場所※大黒屋公式WEBサイトより引用

上のグラフの通り、年齢層は40代や50代の利用者が多いようです。

20代の方は余り質屋となじみがなさそうに思えますが、利用している人はある程度いることが分かります。

男性だけではなく女性の方も利用しています。

女性の方が宝石やブランドアイテムなど、高く売れそうなものを多く持っているということも関係しているのかも知れません。

一回当たりの利用額は10万円未満という人が約3分の2を占めており、少額の利用が多くなっています。

特に1万円未満の利用が2番目に多いというのは皆さん意外なのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

57view

30万円が必要な場合の正しい調達方法を教えます

30万円は1ヶ月の給料に相当するほどの大金ですが、正しい方法を取れば、多くの人は用意できる金額です。 但し調達方法のなかには、やってはいけない方法もありますから注意が必要です。 ここでは3...

どんなときに利用するのか

質屋を利用する人の多くは、急ぎでお金が必要な人です。

カードローンの審査も消費者金融によっては、最短1時間で完了する会社が増えていますが、会社や申込者の条件によっては1日以上かかることもあり、短期間で確実に利用できるか不安が残ります。

しかし、質屋を利用する場合には、審査に必要な時間が非常に短く基本的にはその場で現金化が可能です。

したがって、「冠婚葬祭の資金がたりない」、「給料日までつなぎの資金が欲しい」など、急に現金が必要になった人などが質屋を利用しています。

質入れは買取りの8割程度の価格

質屋は担保を預けてお金を借りるところと説明しましたが、質屋の中には最初から買取りを選択して品物を売れるところもあります。

同じ店で同じ物を査定してもらった場合でも査定金額は異なり、大黒屋では査定を行ってもらえば、質に入れる場合と買取りしてもらう場合でそれぞれ幾らの価格になるのか教えてもらえます。

質屋とは簡単に言うと担保を預けてお金を借りる場所

質屋とは簡単に言うと担保を預けてお金を借りる場所※大黒屋公式WEBサイトより引用

大黒屋では公式サイトに査定の例が掲載されていますが、質と買取りの価格を比較すると、目安としては質の価格は買取りのおおよそ8割程度になると判断することができます。

他店ではどうなるのか、はっきりとは分かりませんが、8割程度という値はひとつの参考になるのではないでしょうか。

そのため、質屋と買取りでは、一般的に買取りの方が多くのお金を手に入れることができると言えます。

預けておける期間は大体3か月

質屋に品物を預けておける期間(つまり借入から返済までの期間)は、大体3か月に設定されているところがほとんどです。

個人との契約では預けておける期間は、3か月未満としてはいけないと法律で決められています。

3か月未満に設定されている質屋があったら違法ですので利用しないようにしましょう。

もし期限内に返済ができなかった場合は担保として預けた品物は質屋のものになり、店舗で販売されることになります。

こうして皆さんがよく目にする質屋で販売される商品が生まれるのです。

通常は期限が過ぎると質屋の物になりますが、利息の一部を支払えばその分期限が延長されるというシステムを行っている質屋もあります。

質屋とは簡単に言うと担保を預けてお金を借りる場所※新川質店公式WEBサイトより引用

返済できなくても取立てなし

カードローンだと期限までに返済ができない場合、ドラマのような取立てはないにしても、督促の電話がかかってきます。

質屋では担保を預けているため、もし返済できなくても預けた品物が質屋の物になるだけなので支払いの督促はありません。

その場合借入したお金を返済する必要はなく、特にこちらから連絡をしなくても構いません。

期限が来れば自動的に質屋の物になるので、放置していて問題ありません。

関連記事をチェック!

21view

偽装質屋について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 質屋について調べていましたら偽装質屋という言葉を何回か目にしました。 なお、前回執筆した質屋に関する記事はこちら。 偽装質屋という言葉ですが、今まで聞いたこと...

質屋に預けられるもの

質屋に預けられるもの

質屋を利用してお金を借りようというのであれば、やはりたくさんお金を借りたいものです。

そこで質屋で高額査定されやすいものはどういった物があるかを紹介していこうと思います。

  • ブランド品
  • 腕時計
  • 宝石類
  • ゴールド、金貨
  • 金券類
  • パソコン

特にブランド品や宝石類などは査定で高値がつきます。

また保証書や保存箱といった附属品を一緒に持って行くとより高値で査定を受けることが期待できます。

また質屋が取り扱っているものには、装飾品の他にも楽器類やお酒などもあります。

さらに、質屋によってはさらに着物やゲーム機器、電動工具など様々な物を受け付けているので実に様々なものを取り扱っているのです。

こうしてみると質屋では生物以外でしたら質入れできる可能性があると言えそうです。

各質屋が査定を行っている物の例

質屋取扱製品
大黒屋腕時計、指輪、宝石類、金プラチナ、バッグ、財布、キーケース、デジカメ、ノートPC等
高山質店宝石、貴金属、時計、バッグ、スポーツ用品、ゲーム、楽器、贈答品、玩具類、絵画、カー用品、電動工具、家電、衣類等
東京ぶらんどバッグ、時計、宝石、貴金属、食器、贈答品、各種金券、チケット類、スマホ等
さのや金、プラチナ、時計、財布、雑貨・食器、ダイヤモンド、ブランドバッグ、ブランド古着、ブランド宝石

また質屋は基本的にタダで査定を行ってくれます。

価値が付くかどうかは別として、質入れできそうな物があれば試しに持って行ってもいいでしょう。

ほとんど値が付かないこともあれば、思いもよらない価格を付けてくれるかも知れません。

関連記事をチェック!

308view

【どこがお得?】大手質屋を徹底比較してみました

皆さんこんにちは馬三郎です。 以前の記事で、質屋とはどういったものか、私が質屋に実際に行ってみたときの様子を紹介しました。 私が行った質屋は大黒屋と大蔵質店の2つだけだったので、今...

質屋は品物と身分証明書があればOK

ここまで読んで、質屋を利用してみようという人もでてきたかも知れません。

そういう方が質屋を利用するときに必要なものは、下記のふたつになります。

  • 質に入れる品物
  • 身分証明書(免許証や保険証など)

その他に用意するものは必要なく、後は質入れをしたい品物を持参するだけで質屋の利用ができます。

それでは、質入れする品物はどのようなものが良いのでしょうか。

また、高額査定をしてもらえる商品の特徴も気になるところです。

ここでは、質入れに持参する商品について確認していきましょう。

品物はどんなものでも大丈夫

質に入れる品物ですが、宝石や貴金属、バッグがメインですが、それ以外にも多くの物に質屋は対応してくれます。

もちろん品物によって価値が異なりますので、ある程度の値段が付かないと預かりをしてくれないということはありますが、値段が付くのであれば質に入れられます。

めったに身に着けないジュエリーや使わないカメラなど、現在必要ではない高価なものが家の中に眠っていないか探してみると意外と見つかるかも知れません。

査定は無料ですので試しに質屋に持って行ってみると良いでしょう。

どのようなものが質屋に預けられているか見ていきましょう。

質屋は品物と身分証明書があればOK※大黒屋公式WEBサイトより引用

預けられているものはやはり、時計や貴金属、バッグが多いです。

カメラやパソコンなどの電化製品を預ける人もいるようです。

鑑定書があると査定で有利

絶対に必要なものではありませんが、宝石などを質に入れる場合、鑑定書をお持ちの方は必ず持って行くようにしましょう。

当然質屋で査定してもらう際に本物かどうかの鑑定は行いますが、やはり鑑定書があれば信頼性も増すので、査定が有利になり、融資額が増える可能性があります。

持って行って損になることはありませんので是非持って行きましょう。

カメラや時計に付いているケースやストラップなどの附属品もあるのとないのとでは査定金額に差が生まれますので、持っている方は忘れないようにしましょう。

パソコンやゲーム、スマホの場合は、箱や取扱い説明書の有無でも査定金額に影響がでます。

購入直後の取扱時に捨てたり、傷を付けたりしないよう、丁寧に取り扱うことをおすすめします。

質屋で高く売れるものは?

質屋ではお金を返せば預けたものは返ってきますが、買取り店では売ったものは返ってきませんので、完全に手元からなくなるのが嫌な大事な品物であれば質屋を選択した方が良いです。

では、単純に金額という点だけで考えると、質屋と買取りはどちらに持って行った方がより高値を付けてくれるのでしょうか。

質屋と買取り店は共に、貴金属からおもちゃ、楽器まで、様々な商品を受け付けています。

取扱品においては両者に違いはほとんどありませんが、メインで受け付けているものが微妙に異なります。

質屋はブランド品や貴金属がメイン

質屋は品物と身分証明書があればOK
質屋は品物と身分証明書があればOK

どんなものでも手広く取り扱っている質屋ですが、ショーケースに飾られている商品はブランドバッグや財布、貴金属が多いです。

やはり多く並んでいるブランドアイテムを持ってくる人が多く、メインで取り扱っていると言えるのではないでしょうか。

質屋は品物と身分証明書があればOK

大蔵質店のように、地金の買取り価格を毎日店頭に看板で掲示している業者もあります。

こういったところは地金の取扱いに力を入れているのでしょう。

質屋の特徴として、質入れした品物も返済をすれば取り戻すことが可能なため財布やバックなど思い出や愛着がある身の回り品を、質屋に持ち込む人が多くなります。

質屋がブランド物の身の回り品や指輪などの貴金属の取扱いが多いこともこれらの理由があるようです。

質屋の預かり相場を知る方法とは

質屋の預かり相場を知る方法とは

質屋に何かを査定に出すのであれば事前に相場を知ることができれば非常に便利です。

ただ相場は日々変化しますし、査定金額は査定を受けたお店や担保に差し出した物の状態によっても変化してしまいます。

ですから一概に相場はこれくらいと言うことはできません。

ただ査定価格の相場についてホームページなどに掲載している質屋もあります。

ですから事前に査定の相場を知りたいのでしたら、質屋のホームページなどをのぞいてみるのが良いでしょう。

関連記事をチェック!

142view

【馬三郎が】質屋を体験してみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回の記事で質屋について調べてみましたが、読んでいただけましたか? 調べただけでは実際のやり取りなどが全く分かりませんでしたので、今回は私が質屋を体験してみて皆...

質屋でお金を借りるシステム

質屋でお金を借りるシステム

ここまでの質屋についての解説を聞いて、「カードローンや買取りではなく質屋を利用してみようかな」と思った人もいると思います。

しかし、質屋を初めて利用する場合、どのようなシステムや利用の流れになるか気になるところです。

そこで、質屋の借入と返済のシステムを利用の流れとともに、解説していきます。

借入について

質屋でお金を借りるシステムとしては次の通りになります。

まず、お金を借りたい人が質屋に担保として所有物を預けます。

持込みをした品物内容や品物の量によって、査定時間が前後しますが15分~30分程度で査定が完了することが多いようです。

査定金額に問題がなければ契約へとすすみます。

そして質屋は担保と引換えにお金を貸します。

その際に本人確認書類が必要になります。

ですから免許書やパスポートといった住所が記載された本人確認書類を忘れずに持って行きましょう。

借りられる金額の上限は担保に出した物品に依存するので、希望する金額をまるまる借りられない可能性もあるので注意が必要です。

返済について

質屋での返済期間は基本的に3か月程度に設定されています。

それまでに無事に借りた金額と利子を返済することができれば預けた物は返ってきます。

ただ期限つまり3か月後に返済することができなければ、預けた品物の所有権は質屋に移されることになってしまいます。

こうして質屋に所有権が移動した物がよく質屋の店先に並べられて売られているのです。

担保に出した物の所有権が質屋に移ると、借りたお金の返済義務はなくなります。

ただし担保に出した物が戻ってくることは買い取らない限り二度とありません。

もちろん質流れだけは阻止したいものの、全額返済できないということもあるかとあるでしょう。

質屋の中には利息分だけでも返済すると、その分だけ期間が延長してくれる業者もあります。

他にも最初から担保に出したものを預けるのではなく、買い取ってもらうという選択肢もいいでしょう。

買取りを選択した場合は融資を選択した場合よりも高値で買い取ってくれます。

以上が大まかな質屋を利用するときの流れとなっています。

質屋利用時の利息の仕組みについて

質屋は持参した品物を担保に入れて、お金を借りることになるため、カードローンと同じように毎月利息がかかります。

しかし、カードローンと質屋では法律が違うため、利息の金利や計算方法、返済の仕組みについて大きく違います。

カードローンと同じように考えていると、利息の金額が想像と大きく違い戸惑うこともあるかも知れません。

そこで、質屋の利息の仕組みについて、細かく確認していきましょう。

金利の目安は幾らになるのか

質屋の金利は法律上では、月に最大9%、年率は109.5%まで設定することが許されています。

カードローンの年率が最大20%であるため、質屋の金利は高いと感じることもありますが、決して法律違反ではないので気を付けてください。

ただし、カードローンと同じように金利については、お店ごとに設定が違ってきます。

同じ査定金額でもお店によって利息が違うこともあります。

また、査定金額が大きければ金利が低くなる店舗も多いため、金利を減らしたい人は狙ってみるのも良いでしょう。

質屋によっては「初めてのお客様に限り1か月利息無料」といったサービスも行っていることがあります。

質屋の金利を見比べるときには、併せて確認をおすすめします。

利息の計算方法と注意点

質屋の利息は査定金額の金利を査定金額にかけることで求めることができます。

例えば、質入れしたバッグの査定金額が10万円で月利が5%だとすると、次のような利息額になります。

100,000×0.05=5,000

1か月の利息額は5,000円です。

もしも、1か月で返済を行ったときには105,000円、3か月で返済を行えば115,000円の返済が必要です。

ここで注意が必要なポイントが、質屋によって借入日数の数え方が違うことです。

カードローンの場合、日数の計算はほぼ日割計算であることが多いため、借入日から1日単位で利息を計算します。

しかし、質屋は満月計算と呼ばれる計算方法が採られることが多いため、月単位で利息を計算されます。

例えば、7月20日に借入を開始したときには、8月20日までに返済をすれば1か月分の利息で済みますが、8月21日からは2か月分の利息が必要です。

他にも暦月計算という数え方をしている質屋もあるので、契約時には確認しておきましょう。

返済方法

質屋に返済を行い、預けた品物を引き取ることを出質と呼ばれますが、出質を行うための返済方法は基本的に現金のみとなっています。

クレジットカードでの返済はできないので気を付けてください。

また、返済は本人が来店する必要があり、質入れのときに受け取った質札と本人確認書類が必要なため忘れずに持参しましょう。

質流れになってしまう時期とは

質屋に返済を行うことで品物を受取ることができますが、一定期間を過ぎると質流れとなり品物の回収が不可能となります。

質流れの時期については最短流出期限が3か月と法律によって決められているため(質屋営業法第17条)、基本的には3か月以内に質流れになることはありません。

設定されている期限を越えてしまうと、強制的に質流れとなるため、完全に回収不可能となることも多いので、質流れをしたくない場合に返済期間を過ぎないように中止しましょう。

質流れさせない方法

「返済期間までに全額返済をすることができないけど、質流れはさせたくない」という状況になったときに、防ぐ手段はあるのでしょうか。

実は、利息の支払いを行うことで、質入れした商品を延長して保管してもらえます。

例えば、毎月の利息が5,000円の場合、質流れの期限までに5,000円を支払えば1か月、10,000円を支払えば2か月と保管期限が延長されます。

また、質屋によっては全額を一気に返済せずに、分割での支払いに応じている会社も多いです。

支払いごとに金利の計算を行ってもらえるため、一括での返済よりも利息を安くできる点も魅力です。

返済期間に間に合わない場合や、少しでも利息を安くしたい場合には検討してください。

質屋をお得に利用するコツ

質屋をお得に利用するためには、押さえておきたい幾つかのコツが存在します。

知っているかどうかで、査定金額に大きく影響を与える可能性もあるため、詳しく確認していきましょう。

高く査定してもらいたいなら複数持込み

「できる限り査定金額を高くしたい」という希望があるときには、質入れする品物を複数用意することがおすすめです。

例えば、1万円の査定金額の品物が3つあるときには、3点まとめて査定することで、ほとんどの場合3万円以上の金額がつきます。

また、購入金額が安いものや査定金額が付くか不安なものも、まとめて持ち込むことで査定金額が高くなる可能性があります。

クローゼットや化粧台の回りに眠っているものも、併せて持込みしてみましょう。

多くの現金が欲しいなら買い取り

高額査定をしてもらいたい場合で、最悪質流れをしても大丈夫と考えているときには、思い切って買取りに出すこともひとつの手です。

買取りは質屋よりも査定金額が1~2割価格があがるのが一般的です。

ただし、買取りに品物を出してしまうと取り返すことはできないため、よく考えてから利用してください。

利息を減らしたいなら返済額を多くする

「全額返済するためには3か月かかるが、毎月一定金額を払うことはできる」という人は、こまめに質屋に返済を行うと良いでしょう。

こまめに返済を行い、査定額を減らすことで再度利息の計算を行ってもらえます。

カードローンよりも利息の金額が高いことが多いため、返済額が少額でも大きく影響するので、大切なテクニックです。

関連記事をチェック!

235view

騙されないで!闇金による詐欺の手口【被害者続出】

闇金といえば、取立ての厳しい違法な高利貸しですが、今や闇金による詐欺も横行している世の中です。 どんな詐欺の手口があり、どんな人が狙われやすいのでしょう? 闇金の詐欺の手口に騙されない対策...

質屋のメリット

質屋のメリット

質屋のメリットとしては次の点をあげることができるでしょう。

  • 担保さえあれば即日借りられる
  • 返済できなくても信用情報に傷が付かない

この2点について以下で詳しく解説します。

担保さえあれば即日借りれる

お金を借りようと考えている人の中にはカードローンなどを利用することを検討している人もいると思います。

ただカードローンですと、カードローン会社などは借りようとしている人に返済能力があるかを審査します。

そのためお金を借りるまでに時間がかかってしまうことは珍しくありません。

それだけでなく審査で返済能力が疑問視されると、借り入れすら行えない場合もあります。

一方で質屋は担保を差し出すだけでお金を借りることができます。

そのためカードローンのように返済能力の有無を、確認するための審査は存在しません。

ですから審査の手間が存在しないため、その日のうちにお金を借りることが可能となっています。

またカードローン審査で返済能力が疑問視された人でも、担保さえ用意できれば質屋ではお金を借りることができます。

このように担保さえ用意できれば、カードローンよりも柔軟にお金を貸してくれることが質屋の強みと言えます。

また最近の質屋の中には初回利用者特典として低金利キャンペーンなども行っていたり、利便性の向上も見られたりします。

返済できなくても信用情報に傷が付かない

消費者金融や銀行カードローンを利用していると、気を付けなくてはいけないことがあります。

それは返済の遅延等によって信用情報に傷が付いてしまうことです。

信用情報に傷があると、新規にクレジットカードを作ろうとした際や住宅ローンを組もうとした際に審査落ちしてしまうことがあります。

そのためカードローンからお金を借りた際に、延滞などを行ってしまうと一定期間悪影響を及ぼす危険性があります。

一方で質屋から借り入れをして返済に遅れてしまった場合どうなるのでしょうか。

質屋で返済に遅れてしまった場合、カードローンと違って信用情報に傷が付くことはありません。

返済できなければ担保として預けた物品の所有権が質屋に移るだけとなります。

ですからカードローンのように返済の遅れが、他のローン審査に悪影響を与えるということがないことも質屋利用の大きなメリットと言えます。

質屋のデメリット

質屋のデメリット

メリットがあればデメリットもあります。

質屋利用のデメリットとしては次のものをあげることができるでしょう。

  • カードローンと比べて利息がかなり高い
  • 質流れになった物を取り返すことは難しい
  • 偽装質屋の存在

デメリットについても、メリットと同じように確認していきましょう。

利息が高い

質屋の最大のデメリットと言えるのが、利息の高さです。

どのくらい利息が高いかと言うと、質屋は法律によって利息を実質年率109.5%までかけることを認められています。

カードローンでは金利が最高で20%までということを考えると、質屋の金利の高さがよく分かります。

もちろん、質屋で借り入れを行うと金利が常に法で定められた上限いっぱいまで課せられるという訳ではありません。

そこは質屋と利用者の間で合意形成が図られることになります。

ただし質屋でお金を借りて返済をするとなると、基本的にカードローンで借りるよりも金利は高くなるということをよく覚えておきましょう。

質流れになった物を取り返すことは難しい

返済期日までに返済できないと、担保として差し出したものは質流れということで質屋のものになってしまいます。

そうなると質屋に担保として預けた物を取り戻すには、自分で買い戻すしかありません。

こうなってしまうと、質に出した物を取り戻そうと考えていたのであれば大きな痛手と言えます。

そのため大切なものを質屋に担保として預けて返済できなかった場合は、返済額以上のお金を支払って買い戻す必要もでてくるのです。

しかも、最悪の場合他の人に買われて、取り返すことができないことも十分にありえます。

ただ質に出した物を最初から取り返すつもりがないのであれば、このデメリットは問題になりません。

偽装質屋

質屋を利用するに当たって偽装質屋には注意しなくてはいけません。

普通の質屋ではノンブランド品などを持って行っても少額しか借りることができないことがほとんどです。

しかし、偽装質屋ではそうしたノンブランド品を持って行っても10万円を貸してくれることがあります。

ただし高額なお金を借りるとそれだけ金利も高くなります。

そして、こうした偽装質屋では返済を口座引落で行っており高額な利息を延々と支払うことになる危険性があります。

さらに、通常の質屋では契約期日が過ぎれば、返済の義務がなくなりますが、偽装質屋では契約期日が過ぎても返済を請求されることがほとんどです。

それどころか、悪徳業者のように返済の催促がエスカレートすることもあります。

そのため、このような偽装質屋には注意が必要です。

質屋、買取りやカードローンとの違い

質屋の他にお金を手に入れることができるところは、同じく不要な物を持って行く買取り店、お金を貸してくれるカードローンがありますが、どのように異なるのでしょうか。

それぞれの特徴を確認して、自分がどこを利用すればいいのか決めるための参考にしてみてください。見てみましょう。

関連記事をチェック!

25view

質屋は金貸し?消費者金融とどっちがお得?

質屋は質屋営業法によって営業規制されている金貸し業です。質屋に担保となる質草を持っていくことで、担保の評価額によりお金を借りることができます。しかし単にお金を借りるという目的で質屋を利用するのはお得で...

物を手放したくない人はカードローン

質屋、買取りやカードローンとの違い※高山質店公式サイトより引用

買取りは名前の通り物を売ってお金に換えるので、どんなに高価なものを持っていても、完全に要らないものでなければ利用できません。

ですので、返ってこなくても問題がない品物がない場合は質屋かカードローンで借入することになるのですが、その際に質屋では担保が必要になり、カードローンは無担保で借入を行うことができます。

▲身分証のみで最大300万円まで借入可▲

これが質屋とカードローンの最大の違いです。

担保がなければ質屋も利用することはできないのですが、買取りとは異なり、返済をすれば担保は返ってきます。

質屋か買取りなら審査なし

カードローンでは担保が必要ない代わりに、借入のために審査が行われ、過去に金融事故を起こして信用情報に問題がある人や、属性が不十分な方は審査を通過できず借入ができません。

しかし、質屋や買取りなら高価な品物さえあれば十分なので、カードローンの審査に通らない方でも問題なく借入することができます。

返済義務はない

カードローンで借入を行った場合、返済は翌月から行う必要があります。

しかし、質屋での借入ならば、返済期限は最も短くても3か月以上先にしなければならないと定められています。

ですので、すぐには返済のめどが立たないが、2~3か月待てば返済が可能になるという状況の人は質屋での借入ならば返済に追われることがありません。

さらに、お金の管理が余り得意ではない人は毎月のカードローンの返済金をしっかり残しておくことができないかも知れません。

カードローンは返済ができなければ、最悪の場合法的手続きが取られることもあります。

ただし、返済が少し遅れても待ってくれるカードローンとは異なり、質屋の場合は1日でも返済が遅れるとすぐに売りに出されてしまう店もあるため、手元から失いたくない物を預ける場合は絶対に期限までに返済するように気を付けてください。

カードローンは質屋よりも低い金利で利用できますが、毎月の返済管理ができない、全額返済できそうもないといった人は返済をする必要がない買取り店か、もし返済できなくても預けている物の所有権を失うだけで済む質屋を利用しましょう。

もし返済ができない場合は特に質屋へ連絡などをする必要もなく、放置してれば自然に手続きは完了します。

質屋ではカードローンと異なり、利息だけでも支払いを行っていれば、月々利息を支払っていれば返済期限を延期することができます。

将来の住宅ローンへの影響は心配無用

質屋、買取りやカードローンとの違い

カードローンを利用して借入を行うと信用情報にその内容が記録されます。

信用情報はカードローン以外にも、住宅ローンやカーローンなどを利用する際にも照会されます。

そのため、将来の住宅ローンやカーローンへの影響を心配して、信用情報に記録が残るのは嫌だという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

実際には返済をしっかりしていればカードローンの利用歴が他のローンに悪影響を与えることはないのですが、それでもやはり不安に思うのであれば、カードローンの利用はやめておきましょう。

関連記事をチェック!

183view

カードローン他社借入による住宅ローン審査への影響

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであると言われていますが...

買取りはもちろん言うまでもありませんが、質屋も信用情報に利用が登録されることはありませんので、将来への影響は心配する必要がありません。

金利は圧倒的に高い

質屋、買取りやカードローンとの違い

買取りとは異なり、質屋とカードローンは借入を行うところのため、返済を行わなければなりません。

その際に決められた金利に応じた利息を払わなければならないのですが、この金利は質屋とカードローンでは大きく異なります。

なぜかと言うと、両者は別々の法律が適用されているからです。

カードローンを取り扱う消費者金融や銀行は、貸金業法と銀行法という法律が適用され、質屋は質屋営業法という法律が適用されます。

そのため、定められている金利の上限も違う値が設定されています。

カードローンの利息の上限は、貸金業法によって最高でも実質年率20%までしか認められていませんが、質屋の利息は、質屋営業法によって最高で実質年率109.5%まで認められています。

実際に金利が実質年率109.5%になっているところはほとんどないのですが、それでも質屋の金利はカードローンと比較するとかなり高いです。

そのため、利息を余り払いたくない方はカードローンや買取りを利用しましょう。

買取りなら返済がありませんので、もちろん利息もありません。

関連記事をチェック!

43view

【金歯も売れる!?】買取店を調べてみました。

皆さんこんにちは、馬三郎です。 押し入れや物置の中に、いらない物が入っていませんか? 使う予定はないけど、捨てるのももったいないということなら買取店に持って行って、少しでもお金にした方がよいでしょ...

質屋の大黒屋と三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利を比較しました。

借入残高大黒屋三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
3万円以下月7%
(年84%)
年12.6%~年14.6%
3万円超~50万円以下月6%
(年72%)
50万円超~100万円以下月5%
(年60%)
100万円超~応相談年9.6%~年12.6%

大黒屋の金利は月率、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利は実質年率の値です。

こうしてみると、質屋の金利はカードローンよりも、高く設定されているのが分かると思います。

ただし、質屋の預かり期間は基本的に3か月ですので、金利が高くてもそこまで利息が膨れ上がることはありません。

▲期間内に返せば金利0円。最短即日▲

幅広く使えるカードローン

ここまでカードローンと質屋や買取りの違いを幾つか紹介しました。

お金が必要になっている人は、それぞれ希望額があるかと思いますので、幾ら手に入れることができるのかというのも非常に大事なことです。

質屋や買取りはカードローンと比べると、希望通りの額は手に入れることができない場合がありますので注意をしましょう。

カードローンの限度額は、申込時に希望額を申請して審査によって決められます。

また、利用は1,000円単位で行えます。

限度額は1,000万円や500万円までなど、銀行によって異なりますが、審査に通れば最低でも10万円で設定されることが多いです。

関連記事をチェック!

260view

【え、意外】人気のおすすめ借り入れランキングを徹底比較

どこでお金を借りればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか? カードローンの選び方は、審査の難易度や融資までのスピードなど様々です。 このページでは人気のおすすめ借り入れ先を...

一方、質屋や買取りの査定額は完全に質に入れる品物の価値によって決定しますので、手に入る金額を断言できません。

物によっては100万円くらいになるかも知れませんし、中には受け取ってもらえない物もあるでしょう。

ですので、高値が付くものを持っていない場合は、借入額や売却額が希望に満たない場合が多いかも知れません。

私が質屋に持って行った馬太郎のコートのように、購入時高額だったものでも、査定してもらうとほとんど値が付かないという結果になる可能性もあります。

やはり査定してもらわないと幾らになるかは分かりませんので、査定は無料なので一度試しに持って行ってみましょう。

質屋に関してよくある質問

ここまでで、質屋がどういうところなのかということはわかったかと思います。

しかし、同じ物を使い、お金を得る方法には、質屋以外にも買取もあります。

また、オークションを利用して個人間でも売ることができますので、物を売ってお金を得る方法にはさまざまあります。

そのため、実際にどれを利用した方がよいかわからないという人も多いと思います。

ここでは、そんな疑問などにお答えしていきたいと思います。

Q.宅配買い取りと店舗買い取りで買い取り価格にさは出ませんか?

A.買い取り価格にさは出ません

宅配で買い取りしてくれる業者は多くあり、中には宅配買い取りを専門で行っているところもあります。

宅配買い取りでは、宅配にかかる費用などを無料としているところも多いですので、どうしても買い取り価格が低くなってしまうのではと思ってしまいます。

しかし、同じものを同じ業者に買い取ってもらう場合、店舗と宅配とで買い取り価格に差が出ることはありません。

店舗と宅配で大きく差が出るのは、お金を得るまでの時間です。

店舗で買い取りしてもらえば、その場でお金を得ることができますが、宅配であれば荷物を届けなければなりませんので、店舗よりも時間がかかってしまいます。

今はお金に困っていない場合や必要なにまでにまだ時間があるという場合は、宅配買い取りの方が店舗に行く手間を省くことができます。

逆に、今すぐお金が必要だという人は、店舗へ直接行って買い取ってもらうほうが良いでしょう。

Q.ブランドバックなどは質屋とブランド買取店どちらに持っていくのが良いですか?

A.後日買い戻すなら質屋、完全に売るなら買取店

ブランドバックを査定してもらう場合、質屋と一般的な買取店であれば、より専門的な知識と経験がある質屋の方が高く査定される可能性が高いです。

しかし、質屋とブランドを専門とする買取店とを比べた場合、どちらで査定してもらっても価格はそれほど変わりません。

そのため、選ぶ基準としては、そのバックを後日買い戻すのか、それとも完全に売ってしまいたいのかで選ぶことが大事です。

質屋の場合、バックを担保にしてお金を借りられますので、利息とともに返済すれば買い戻すことができます。

しかし、買取店に買い取ってもらったバックは、所有自体が買取店に移ることになりますので、買い戻そうと思っても簡単にはいきません。

もし、そのブランドバックが手放したくないような物であれば、迷わず質屋を選べば良いでしょう。

逆に、今後使う予定のないバックであれば、買取店に持っていき、できるだけ多くのお金が得られるようにしましょう。

Q.宝石付の場合は貴金属買取店の方が良いですか?

A.質屋の方が高くなる可能性があります。ただし、状態によって使い分けた方が良いです。

貴金属買取店では、重量によって査定します。

一方、質屋では重量だけでなく、すべてを見て査定していますので、こちらのほうが査定額が高くなる可能性があります。

ただし、その宝石がダイヤ以外の場合、年数が経つにつれて劣化してしまいます。

これにより、質屋では査定額が低くなってしまいますが、重量で査定する貴金属買取店では査定額に差が出ません。

状態によってどちらが良いかは変わりますので、どちらでも査定してもらって決めることをおすすめします。

Q.領収書が必要なことは買取担当者に伝えればいいですか?

A.物を売った場合は領収書は出ません

物を売って、いくらになったのかということの証明として領収書を求める人もいるようです。

ですが、領収書というのは、そもそもお金を受け取った側が発行するものです。

物を買い取ってもらった場合、お金を受け取るのは客の方であり、店側はお金を払っています。

お金をもらっているわけでもなく、さらにお金を払っている方に領収書を求めるのは、そもそもが間違いなのです。

売ったという証拠が欲しい場合には、領収書ではなく、明細書をもらうようにしましょう。

基本的に、店舗に物を売りに行った場合、店側が保管する書類にサインはしますが、基本的に明細書が出てくることはありません。

そのため、明細書が欲しい場合には、そのことを買取店の店員に伝えましょう。

明細書であれば、伝えることで作成してくれます。

Q.オークションに出すのとネット買取をお願いするのとどちらが良いですか?

A.基本的にはネット買取の方が良いです

オークションに出す場合、写真を自分で撮影し、落札されると発送も自分で行わなければなりません。

また、宝石や時計などの高価な物をオークションに出すと、買う人はパソコンなどの画面を通して見ることになります。

もし、写真の取り方に問題があれば、状態が悪いと思われ、期待した金額では売れない可能性もありますし、場合によってはクレームがきてしまうこともあります。

ネット買取であれば、査定はプロが行いますので、適切な価格を出してくれますので、安心して買い取ってもらうことができます。

その一方で、洋服や靴の場合は、オークションの方が高く売れる可能性もあります。

オークションとネット買取とでは、基本的には買い取りの方が良いのですが、物によってはオークションの方が高い値が付くこともあります。

まとめ

今回は質屋とは何なのか、買取りとカードローンと比較したときにどれが良いのかを紹介しました。

ここまで紹介した3つについて主な違いを、まとめましたので参考にしてください。

質屋のメリット
  • 担保を預けることで、信用情報や属性が原因でカードローンの審査を通過できなかった人でも借入を行うことができる
  • 返せなくても担保を失うだけなので督促や利息が膨れ上がる恐れがないため安心
  • 利用記録が信用情報にのらない
質屋のデメリット
  • 借入できる金額が担保次第で決定されるので、カードローン以上に希望通りの金額が借入できるかわからない
  • カードローンと比較して金利が高い
  • 同じものを持って行くと買取よりも金額が低くなる
買取のメリット
  • 返済のことを考えなくて良い
  • 利息も払う必要がない
  • 質屋よりも高く査定されやすい
買取のデメリット
  • 売った物が返ってこない
  • 希望額が手に入らない可能性が高い
カードローンのメリット
  • 最高限度額は10万円以上になることが多く、審査を通過すればある程度借りられる
  • 質屋よりは金利が低い
カードローンのデメリット
  • 審査を通過しないと借入ができない
  • 支払ができないと督促が来たり、利息が膨れ上がる
  • 利用記録が信用情報に記載される

結局どれがおすすめ?

質屋をおすすめする方
  • カードローンの審査をいくつか申込んだが通過できなかった方
  • 高価なものを持っているが、完全に失うのは嫌な方
  • すぐには返済のめどが立たない方
買取をおすすめする方
  • 手元に返ってこなくても構わない、高価なものを持っている方
  • 返済のことを考えるのが嫌な方
カードローンをおすすめする方
  • 質屋や買取に持って行くものがない方
  • 金利は安く抑えたい方

となります。

持って行くものがない方はカードローンを利用するしかありませんし、まだ手元に置いておきたい物を持って行くなら質屋しかありません。

希望額が大きいのならカードローンを利用するのが一番手に入る可能性が高いでしょう。

査定金額だけで考えると、質屋で借りるよりも買取りしてもらった方が高くなるようですので、とにかく現金が必要な方は買取りを選択しましょう。

質屋はブランド品や貴金属に力を入れているところが多く、専門買取り店の方が総合買取り店よりも高く買取りしてくれやすいなどの傾向があります。

質屋は、ブランド外の衣類はほとんど値が付きませんでしたが、買取り店で査定してもらうと多少は値が付きました。

査定だけであればどこも無料で行えますので、できる限り多くの店で査定してもらい、各社の査定額を比較し、それを伝えて値段交渉に利用し、少しでも高額で質入れ、買取りしてもらえるようにしましょう。

今回紹介したそれぞれの違いを参考にして、皆さんに適した利用先を選択してください。

関連記事をチェック!

98view

どうしても明日までに10,20,50万円必要

今日明日中にお金が欲しい… この記事ではまず確実にお金を工面できる「借りる方法」を紹介します。(その後、稼ぐ方法を紹介します) 明日までに必要ならカードローン どうしてもお金が必要な...

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    カードローン申込体験談