審査甘いフリーローンをランキングで紹介

 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

「銀行のフリーローンを借りたいから、審査が甘いところを知りたい!」

そう思ってこのページを開いていただいた方には残念ですが、審査が甘いフリーローンは存在しません。

「誰でも通る」フリーローンはありませんが、審査難易度がフリーローンによって異なるため、審査に通りやすいフリーローンは存在します。

今回は、審査に通りやすいフリーローンや、フリーローンの審査難易度を見分ける方法を紹介しましょう。

また、審査に不安を抱えている人が多いと思いますので、審査に通りやすくなるポイントも伝授します。

審査に不安な皆さんでも借りられるフリーローンが見つかるはずです。

審査難易度は最大金利によって変わる

フリーローンの審査は厳しいってほんと?

フリーローンの審査基準は一切公表されていませんが、公開されている情報から推測することができます。

貸付金利が低いほど審査は厳しくなるので、審査難易度を知りたいときは最大金利をチェックするようにしましょう。

例えば、100万円の貸付を行う場合、金利が10%なら1人当たり10万円の利息を受け取ることができます。

10万円×10=100万円なので、10人が正しく返済してくれれば1人が返済をしなくても損はしません。

一方、金利が1%だと利息は1万円になり、返済しない人1人に対して100人の返済が必要です。

金利を低くすると、「絶対に返済してくれる人」にしか貸すことができず、審査は厳しく行われるということです。

逆に、最大金利の高いフリーローンは、審査が比較的甘いと言えます。

審査が甘いフリーローンランキング

どこの銀行フリーローンの金利が高く設定されているのか、ランキングにしました。

金利だけで決まるわけではありませんが、一つの参考にしてください。

 銀行名商品名金利
1ジャパンネット銀行フリーローン14.75%~17.75%
2仙台銀行スーパーフリーローン4.5%~14.8%
3千葉銀行ちばぎんフリーローン4.3%~14.8%
4横浜銀行横浜銀行フリーローン1.9%~14.6%
5八十二銀行はちにのフリーローン7.0%~14.5%
6青森銀行あおぎんフリーローンゆとり王6.0%~14.5%
7北日本銀行フリーローンASUMO4.0%~14.5%
8りそな銀行りそなプライベートローンJ6.5%~14.0%
9イオン銀行イオンアシストプラン3.8%~13.5%
10住信SBIネット銀行ミスターフリーローン3.775%~12.0%

ジャパンネット銀行のフリーローンは、金利がかなり高く設定されていますが、その分審査には通りやすくなっていると予想できます。

日本中どこからでもネットを通して申し込みを受け付けているので、とにかく審査に通りやすい銀行フリーローンが良いという方は利用しましょう。

ただし、フリーローンのメリットである低金利での借り入れは出来ません

メガバンクよりも地方銀行の方が通りやすい

メガバンクは公共性が高く、健全な経営をしていかなくてはならないため、リスクの高い貸付を行うことができません。

地方銀行がリスクを冒すというわけではありませんが、日本中から申込が集まるメガバンクよりはリスクを取ることができます。

そのため、全体的に見ると、メガバンクよりも地方銀行の方が審査に通りやすくなっています。

また、地方銀行よりもさらに集客力の少ない信用金庫や信用組合は地方銀行よりも審査に通りやすくなります。

口座を持っている銀行に申し込む

給料の振込先口座がある銀行のフリーローンに申し込むと審査に通る確率が上がります。

銀行側は、毎月きちんと給与が振り込まれていることを把握していますので信用してもらうことができます。

フリーローンの返済口座を給与振込口座にすれば、銀行は真っ先に支払ってもらうこともできますね。

さらに、定期預金や積立預金をしていると、さらに審査に通りやすくなるでしょう。

フリーローンの審査が通りやすくするポイント

信用を高くするためのポイント

審査に通りやすい銀行に申し込むのも重要ですが、加えて、審査に通るためのポイントも押さえておかなければなりません。

また、既に審査に落ちた人は改善できるポイントがないか確認してみましょう。

フリーローンの審査に通るためには以下のようなポイントがあります。

安定継続的な収入

審査で一番重要なのは収入が安定しているかどうかです。

例えば、年収1,000万円でも、ほとんどがインセンティブ収入の場合は収入の安定度が低いとみなされ、高い評価を得ることができません。

アルバイトの人は、一時的にシフトに入る回数を増やして毎月の変動を少なくすると審査に通りやすくなります。

勤続年数は少なくとも1年以上

フリーローンは返済期間が長いので、長期にわたって返済できるような人にしか貸すことができません。

それを判断するために、長く同じ勤務先で働いているかということが重要になります。

勤続年数が長ければ長いほど、長期返済が可能な人と評価され、融資審査に通りやすくなります。

勤続年数は少なくとも1年以上あることが望ましいですので、現在の勤務先に勤めて1年未満の場合には、申し込みをせずに勤続年数が1年を超えるのを待つ方が良いでしょう。

他の支払いで遅延や延滞がない

すでに他のローンやクレジットカードを利用している人は、それらの返済状況も信用情報によって確認されます。

ここで延滞の情報が見つかると審査にはかなり不利になります。

また、過去に自己破産、債務整理、長期延滞、代位弁済などがあると、5~10年間はフリーローンの審査には通過できません。

関連記事をチェック!

17013view

信用情報のブラックリストを回復する方法

ブラックリストに入った人は、借入やクレジットカードの利用が難しくなります。 それでもどうにか利用したい人はブラックリストを回復させなければなりません。 そんな皆さんのために、このページでは信用情報...

他社借入件数や借入総額を減らしておく

返済状況と同じように、借入件数や借入総額も信用情報でチェックされています。

借入件数や借入総額が多いということは、すぐにお金を借りてしまうという印象を与えます。

フリーローンに申し込む前に、借入件数や借入総額をできるだけ減らしておきましょう

借りる金額を必要最低限にする

同じスペックの人が同じフリーローン審査に申し込んでも、希望融資額によっては審査結果は変わります。

金額が少ないほど審査に通りやすくなるのは言うまでもありません。

審査に通るか不安な人は、希望融資額を必要最低限にしておくようにしましょう。

資金使途

フリーローンでは、お金を何に使用するかも審査の際には重視されます。

具体的には使い道が正当なものか、年収から考えて身の丈に合った買い物かどうかです。

例えば、株やギャンブルなどのためにお金を借りようとしても、審査通過は難しくなります。

また、年収がそれほど高くないのに100万円もするブランド品を購入するというような場合も審査では厳しく判断されます。

関連記事をチェック!

4512view

銀行からお金を借りる理由は何がよい?【審査担当者が暴露】

銀行からお金を借りる時には、審査に有利なる理由や不利になる理由はあるのでしょうか? この記事では、銀行からお金を借りる際の「良い理由」と「だめな理由」について、自由な資金に利用できるカードローンやフ...

申込内容に嘘や間違いがないこと

申し込んだ内容に嘘があった場合、あなたを信用してもらうことができません。

うっかり間違ったとしても、銀行には故意かうっかりかは分かりませんので審査に通過するのは困難になってしまいます。

申し込みフォームを提出する前に何度も記入内容を見返して、うっかりミスがないように確認してください。

もちろん意図的に嘘をつくのは論外です。

関連記事をチェック!

2953view

借入申込みの虚偽記載は詐欺!?他人事でない融資詐欺とは

カードローンなどの借入申込書の虚偽記載は詐欺になるかもしれないってご存知ですか? 借入申込書には正確な情報を記入しましょう。 詐欺であることを立証するには難しい面もあって、虚偽記載はすべて詐欺行為...

申込は1社ずつ行う

審査の時には、あなたが他社にも申し込みしていないかチェックされます。

他社への申込みが多いと、「この人はお金に困っている」、「他社で借りられると自社の返済に影響が出る」と判断されます。

こうなると審査に通りづらいので、申し込みは1社ずつ行うようにしましょう。

なお、既に何件も申し込んで審査に落ちた場合、申込履歴は6カ月で消滅します。

関連記事をチェック!

4600view

CICの申込情報の履歴や申し込みブラックは半年で消える?

信用情報に全く問題がないはずなのにクレジットカードの審査に落ちてしまうという人は、CICの申込情報の履歴を疑ってみましょう。 申込情報は半年間CICに記録が残り、短期間の複数申込が原因になっている場...

銀行フリーローンがだめならカードローン

銀行のフリーローンに通らない場合は、カードローンに申し込んでみてはどうでしょう。

カードローンの金利はフリーローンよりも高いですが、金利が高い分、審査に通りやすくなります。

そしてフリーローンと同じく、使い道を制限されることがありません。

また、返済後に再びお金が必要になったとき、カードローンならATMからすぐに借入することができます。

フリーローンでは改めて審査を受けなければなりませんので、カードローンは非常に便利と言えます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

まとめ

銀行フリーローンは便利な商品ですが、その分審査は慎重に行われます。

「審査が甘い」と言えるほど誰でも通るフリーローンは存在しません。

しかし、一般的には金利が高いほど審査難易度は下がります。

比較的審査に通りやすいフリーローンを見つけたければ金利をチェックしてください。

また、メガバンクよりも申込数の少ない地方銀行の方が審査は通りやすく、給与振込に利用しているメインバンクを選ぶと審査で有利になります。

審査では以下の点を重視されますので、できる限り対策をとってから申し込むようにしましょう。

  • 安定継続的な収入
  • 勤続年数は少なくとも1年以上
  • 他の支払いで遅延や延滞がない
  • 他社借入件数や借入総額を減らしておく
  • 借りる金額を必要最低限にする
  • 資金使途
  • 申込内容に嘘や間違いがないこと
  • 申込は1社ずつ行う
 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)