メルペイスマート払いの審査がなしになる人の特徴と審査通過のコツ

メルペイスマートマネーとは、以下のように2021年8月3日から開始した株式会社メルペイが提供するローンサービスです。

株式会社メルペイ(以下、メルペイ)は、同社が運営する、フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」において、2021年8月3日(火)から、「メルカリ」の利用実績等を元に金利・利用限度額が決まり、「メルカリ」アプリで申し込みと利用が完結する少額融資サービス「メルペイスマートマネー」の提供を開始いたしましたのでお知らせします。

引用元:メルペイ、「メルカリ」の利用実績等で金利・利用限度額が決まる少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を提供 – 株式会社メルペイ

フリマアプリ「メルカリ」で申し込み・利用完結が可能な少額融資サービスで、スマートフォンから借り入れができたり、借りたお金をメルペイにチャージできたりします。若年層でも使いやすく、金融機関や消費者金融カードローンのような審査なしで利用できる点が特徴です。
しかし、メルペイやメルカリの利用状況次第では借り入れが困難になる場合がある点に注意しないといけません。

この記事では、メルペイスマートマネーの審査について詳しく解説します。審査通過に重要な点をはじめ、審査に落ちる人に共通する特徴や審査に通過するためのコツをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

メルペイスマート払いの審査はメルカリの利用実績が影響しやすい

メルペイスマート払いの審査を受けるに当たって重要なのが、メルカリの利用実績や利用状況。メルカリの出品や購入などの取引でトラブルを起こしていないことが大前提なのです。

メルペイスマート払いの審査では、人工知能(AI)が取引実績を瞬時に判断します。そこでメルカリの取引が滞った履歴が検出されなければ、優良顧客として認識される可能性が高いです。

メルカリの取引でトラブルを起こしていないユーザーなら、メルペイスマート払いでお金を借りても支払いが滞るリスクが低いと判断されて評価が高くなるでしょう。
一方、メルカリの取引でトラブルを起こしていると、メルペイスマート払いの返済が遅れると疑われてしまい、マイナスの評価につながります。

審査が不利にならないためにも、メルペイスマート払いに申し込む前にメルカリの取引をスムーズに完結させ、良好な利用実績を築くようにしてください。

メルカリでスムーズに取引が完結しているユーザーの具体例は、以下の通りです。

【出品商品の自己都合キャンセルや発送遅れがない】

メルカリに出品した商品が売れた際に、出品者都合によるキャンセルや発送遅れがなく、スムーズに取引を完了させているユーザーなら、審査でプラスの評価を得るのに有利です。
逆に、出品者都合でキャンセルしたり、発送遅れを繰り返したりするユーザーは信用が低下して評価がマイナスになる可能性が高いでしょう。

【取引の受取評価を速やかに行っている】

メルカリの出品者・購入者のそれぞれに共通しますが、取引完了時の評価を迅速に行っているユーザーは優良顧客として判断されやすいです。

メルカリで商品の売買をする際には、評価が遅れると取引がいつまでも完了しません。売上が反映されないだけでなく、メルカリ事務局側の事実確認作業が増える場合もあります。
手間をかけさせないという点において、速やかに受取評価を行うユーザーの方がメルカリからの評価が高いです。

【出品者または購入者から受けた評価が高い】

株式会社メルペイではユーザーのメルカリ評価の内容を審査に反映。審査を実施する際に出品者または購入者から受けた評価の内容を重視します。

出品者・購入者からの評価を高くしたいなら、誠意を持って取引を進めるのはもちろん、取引メッセージを通して相手に感謝を伝えるといいでしょう。顔の見えない相手との取引なので、気持ちの良い対応を心がければ、低評価を受ける可能性は低いです。

【しつこい値引き交渉やコメント逃げをしていない】

メルカリで取引する際に、しつこい値引き交渉、常識の範囲を超えた値下げ要求、コメント逃げなどの迷惑行為をしていないユーザーは、メルペイスマートマネーの審査通過において有利です。
取引相手とトラブルになるようでは、メルペイスマート払いでお金を貸すには信用度が欠けると判断されてしまいます。

メルカリから迷惑行為と判断されやすいケースは以下の通りです。これらの行為をしないように気を付けて利用してください。

  • しつこい値引き交渉
  • 常識の範囲を超えた値下げ要求
  • コメント逃げ
  • 支払期限内に落札代金を支払わなかったことによる注文キャンセル
  • ユーザー都合の出品キャンセル
  • 商品の発送遅れ
  • 受取評価をしなかった
  • 購入者が受取評価を完了後、出品者は評価をしなかった
  • 詐欺と判断される行為(偽ブランド物の出品など)
  • 取引相手に対する侮辱、脅しと判断できる発言をした

メルペイスマート払いとクレジットカード・カードローンの審査との違い

メルペイスマート払いの審査とクレジットカードやカードローン審査との大きな違いは、メルペイスマート払いが審査時に信用情報の照会を実施しない点です。
クレジットカードやカードローンの審査では、申込者が過去に金融事故を起こしていないかどうかを信用情報で確認しますが、メルペイスマート払いはメルカリの利用状況などを参考に審査通過可否を判断します。

クレジットカードやカードローンの審査に落ちた、安定収入がなくて申込条件に該当しないユーザーでも、メルペイスマート払いの審査なら通過できるケースがあるのです。

メルペイスマート払いの審査に落ちる人に共通する特徴

メルペイスマート払いの審査に落ちる人に共通する特徴は、以下の通りです。

  • 本人確認の登録が済んでいない
  • 年齢制限をクリアしていない
  • メルカリで規約違反をした

メルペイスマート払いは、審査に通過しないと利用できません。正しい方法で申し込み手続きを行っているにもかかわらず審査に落ちるようなら、気付かない部分で何らかの過失があるのです。ここで解説する内容を参考に、現在の自分の状況を見直してみましょう。

本人確認の登録が済んでいない

メルペイスマート払いの審査を受ける前に、本人確認の登録が完了しているかどうかを確認してください。本人確認の登録が完了していないと、メルペイスマート払いの審査に通過しないからです。

本人確認の登録は、支払時に使用する銀行口座を登録する、またはアプリで「かんたん本人確認」のいずれかを選んで行いましょう。登録手続きは簡単なので、メルペイスマート払いの利用を検討した時点で完了させておくとスムーズです。

年齢制限をクリアしていない

メルペイスマート払いは、18歳未満の方は利用できないと定められています。どんなに年収や地位が高くても、年齢制限をクリアできなければメルペイスマート払いを利用できないので注意してください。

メルカリで規約違反をした

メルカリで規約違反をしたユーザーは、審査に通過する可能性を低くしてしまいます。実際にメルペイスマート払いを利用できない方について、メルカリガイドで以下のように伝えています。

  • メルカリまたはメルペイの利用を制限されている方
  • メルペイスマート払いで精算期限を過ぎて未精算がある方

メルカリで規約違反を行うと、メルペイスマート払いの審査に通過しないだけでなく、利用そのものが制限される場合があるので注意してください。また、未精算がある場合、過去に精算期限に支払いができなかった場合も審査落ちにつながりやすいです。

メルペイスマート払いの審査はメルカリの信用スコアを最重視します。審査通過の可能性を高めたいなら、メルカリ内のルールを確実に守りましょう。

メルペイスマート払いの審査に通るコツ

メルペイスマート払いの審査に落ちる人に共通する特徴を解説しましたが、審査に通るコツを知っておきたいと考える人もいるのではないでしょうか。メルペイスマート払いの審査に通るコツは主に以下の2点です。

  • メルカリルールを守りながら利用回数を増やす
  • 申込情報を正しく入力する

それぞれのコツについてまとめたので、参考にしてください。

メルカリルールを守りながら利用回数を増やす

メルペイスマート払いの審査において、メルカリの利用実績と同様に重要なのが取引を行う頻度です。出品や購入を頻繁に行っていたり、取引期間が長ければ長かったりするほど、信用の証明につながって審査に通過しやすくなるでしょう。

しかし、単にメルカリの利用頻度が高ければいいわけではありません。スムーズに取引を完了しているのはもちろん、取引相手とのコミュニケーションを適切に行っていたり、取引評価が高かったりするのが審査通過において重要です。

申込情報を正しく入力する

メルペイスマート払いの審査通過のために、本人確認書類の内容、申込情報に間違いがないか、事実と異なった情報を申告していないかどうかを確認してください。本人確認書類や申込情報に不備があると審査落ちにつながる理由に直結するからです。

なお、必要となる本人確認書類は以下の通りです。写真撮影の際に光が反射していないか、必要情報の確認は可能かなどに気をつけてください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険被保険者証
  • 住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

本人確認書類や申込情報に不備や確認事項があると、訂正のための時間がかかります。メルペイスマート払いをスムーズ、かつ早いタイミングで利用するためにも、事前の本人確認と申込情報の内容確認を慎重に行いましょう。

メルペイスマート払いの審査に落ちた時の対処法

「メルペイスマート払いの審査に落ちた=後払い決済ができない」わけではありません。メルペイスマート払いの審査はメルカリの利用実績が重要視されるため、メルカリでトラブルを起こしていたり、利用状況が良好でなかったりすると審査に落ちる理由に直結します。

しかし、メルペイスマート払い以外の方法なら、審査通過に重要なのはメルカリの利用実績ではありません。
申込者自身に安定した定期収入と返済能力を証明できたり、過去に金融事故を起こして信用情報機関に金融事故の登録がなかったりする人なら、審査通過の可能性が高いのです。

メルペイスマート払いの審査に落ちた時に有効な借入方法が、以下の通りです。

  • スマホアプリローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

スマホアプリローン、クレジットカードのキャッシング枠は、スピーディーかつスムーズに借り入れできる方法なので、ぜひ選択肢として検討してみてください。

スマホアプリローン

消費者金融や銀行が提供するカードローンをはじめ、AIスコアを用いて融資基準を設定するスマホアプリローンの利用を検討してみてください。スマートフォンで申し込み~融資までの手続きを完結できたり、1万円からの少額融資に対応していたりするからです。

また、消費者金融カードローンなら初回のみ「金利0円無利息サービス」を利用できます。次の給料で完済できる見込みがあるなら、元金の返済のみで済む金利0円無利息サービスはお得です。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには、以下の2つの機能が付帯します。

  • 買い物の支払いに利用できるショッピング枠
  • 現金を借りられる機能のキャッシング枠

そのうち、キャッシング枠を利用すれば、すぐに銀行やコンビニエンスストアのATMから利用限度額の範囲内で現金を引き出せます。すでにクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、申し込み手続きはもちろん、審査なしで利用できるのです。

キャッシング枠はクレジットカードを持っていれば必ず付帯しているわけではありません。キャッシング枠が付帯していない場合、会員サイトやクレジットカードのコールセンターで申し込み手続きを行う必要があります。
また、クレジットカードにキャッシング枠が付帯しているかどうかが分からない場合、会員サイトや利用明細書で確認してください。

注意点として、クレジットカードのキャッシング枠は便利に利用できる反面、利息の負担が大きくなりやすいです。

利息制限法で上限金利が定められていて、以下のように高金利です。

  • 借入額10万円未満:20.0%
  • 10~100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15.0%

実際に、三井住友カードが定めるキャッシング枠の金利は15.0~18.0%です。無計画にキャッシング枠を利用したり、必要以上にお金を借りたりしているようでは、返済困難に陥ってしまうでしょう。

参考元:クレジットカードのキャッシングの金利について解説|クレジットカードの三井住友VISAカード

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事